ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Clearwire」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Clearwire」に関する情報が集まったページです。

いまだ健在なり:
米国でどっこい生きてたVirgin Mobile WiMAXを使う
「もう電波止まっているんじゃないですか?」といわれるほどに影が薄くなった米国のWiMAX。しかし、ラスベガスでエリアを確認できた。再開からWiMAXの現況を報告する。(2015/2/2)

“飛び道具”でドコモ超え実現のソフトバンク、次は「世界一になる」――孫社長
2013年度3月期第2四半期の連結業績で、ソフトバンクは売上高、営業利益、純利益でNTTドコモを超えることに成功した。次は「コンテンツ、端末、ネットワークで世界一になる」と孫社長は語る。(2013/11/1)

石野純也のMobile Eye(7月22日〜8月2日):
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの決算会見を振り返る――今後の高速通信サービスは?
7月27日にドコモ、30日にKDDIとソフトバンクが決算会見を開き、今後の戦略も語られた。今回は3社の決算会見を振り返るとともに、ここで明らかになった重要なトピックを取り上げていく。(2013/8/3)

ドコモ超えは「ほぼ明確に見えてきた」、次は世界ナンバー1を目指す――ソフトバンク孫社長
300年成長する企業へ――これを実現するための第1章にかかげた「国内ナンバー1になること」が明確に見えてきた、とソフトバンクの孫社長は話す。そして孫氏が次に見据えるのが「世界ナンバー1」。2014年3月期第1四半期の決算発表で、その具体策を語った。(2013/7/30)

AT&T、Leap Wireless買収でLTE向け周波数帯獲得へ
Verizon Wirelessを追う米通信キャリア2位のAT&Tが、LTE向け周波数帯を保有する通信キャリアLeap Wireless Internationalを約14億ドルで買収すると発表した。ソフトバンクが買収を完了した3位のSprintを迎え撃つ狙いだ。(2013/7/14)

ソフトバンク、7月10日にもSprint買収完了へ S&Pが2段階格下げ
ソフトバンクが、7月10日のSprint買収完了を見込んでいると発表した。格付け会社のS&Pは、この買収でソフトバンクの債務が膨らむとして、同社の長期信用格付けを2段階下げて「BB+」とした。(2013/7/9)

ソフトバンクによるSprint買収とSprintによるClearwire完全子会社化をFCCが承認
米連邦通信委員会(FCC)がソフトバンクのSprint買収と、SprintによるClearwireの完全子会社化を承認した。後はClearwireの株主がSprintによる完全子会社化を承認すれば、すべてが完了する。(2013/7/6)

石野純也のMobile Eye(6月10日〜22日):
ドコモ、ソフトバンク、KDDI――三者三様の株主総会で見えたもの
6月18日にはドコモ、19日にはKDDI、21日にはソフトバンクが株主総会を開催し、新たなトピックも見えてきた。今回は3社の株主総会で明らかになったニュースをピックアップしてまとめていきたい。(2013/6/22)

ソフトバンク、イー・アクセス/ウィルコムとの通話も無料に 株主総会で孫氏が「やりましょう」
ソフトバンクの株主総会で孫正義氏は、現在ソフトバンクモバイルで提供している同社間の無料通話について、イー・アクセスやウィルコムの回線にも広げる考えを示した。(2013/6/21)

石野純也のMobile Eye(4月30日〜5月10日):
ソフトバンク夏モデルと“最強のネットワーク”の中味/au LTEエリア化の今後
連休の狭間を挟んだ今回は、4月30日にKDDIとソフトバンクが決算会見を開催し、5月7日にはソフトバンクモバイルが夏商戦向けの機種他サービスを発表した。今回はソフトバンクの新機種やau決算会見で挙がったトピックを解説したい。(2013/5/11)

「世界最強のネットワークにつながるスマホ」 ソフトバンク夏モデルにフルセグ対応機 機種数は絞り込み
ソフトバンク夏モデルはフルセグ対応機やシニア向けスマホなどを投入したが、機種数は絞り込んだ展開に。孫社長はネットワーク品質の高さを訴え、Sprint買収に向けたアピールも。(2013/5/7)

ソフトバンクのSprint買収に暗雲──DISH Networkが255億ドルの買収提案
ソフトバンクが昨年10月に201億ドルで買収すると発表したSprintに対し、米衛星放送大手のDISHが255億ドルでの買収を申し入れた。(2013/4/16)

「WiMAXもプリペイドOK」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「アメリカ・シカゴ2013年」編
アメリカの各都市では2013年現在、4G──LTEやWiMAXサービスが、海外渡航者に便利な“プリペイド”でも普通に利用できるようになっている。今回はシカゴでWiMAXと、1日3ドルで利用できる3G SIMカードを購入してみた。(2013/1/31)

ソフトバンクのSprint買収に待った――米衛星放送Dish、FCCに異議申し立てか
モバイル事業に参入予定の米衛星放送Dish Networkが、FCCに異議申し立て期間の延長を申請。国外企業が国内キャリアより多くの無線周波数帯を手にすることについて、懸念を示している。(2012/12/27)

Softbankが買収するSprint、高速無線サービスのClearwireを22億ドルで完全子会社化
Sprintが株式の過半を保有する高速無線サービス企業のClearwireの残りの株式も取得し、完全子会社化する。これにより、ソフトバンクによるSprint買収が完了すれば、ソフトバンクは米国に広大なTD-LTE網を獲得することになる。(2012/12/18)

ソフトバンクの米Sprint買収にAT&Tが声明――規制当局に慎重な対応を求める
ソフトバンクの米Sprint Nextel買収について、米AT&Tが自社の見解を示す声明文を発表。規制当局に慎重な対応を求めるとした。(2012/10/19)

「成功する自信あり」――ソフトバンクのSprint買収、孫社長の勝算とは
「リスクは大きいが、成功する自信がある」――米携帯電話会社3位のSprint買収を発表した孫社長。「一番良いタイミングで投資した」と胸を張る。(2012/10/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Ivy BridgeでWindowsとMacのノートはどう変わるか?
TDP 17ワットの第3世代Coreが発表されるとともに、各社からUltrabookの新モデルが続々と登場している。MacBook Proの刷新が期待されるWWDCも来週に迫ってきた。この新CPUでWindowsとMacのノートはどのように進化していくのだろうか。(2012/6/5)

PR:トラフィック爆発、土管化の危機――課題山積の通信キャリア、エリクソンが示す解決策は
スマートフォンの急増に伴うトラフィックの爆発、ビジネスモデルの変化に伴う土管化の危機、新たな収益源につながるビジネスの開拓――。通信インフラを手がけるエリクソンは、山積する通信キャリアの課題に対してどのような支援策を用意しているのか。(2012/3/1)

2012 International CES:
CES開催“前前前日”に“プリペイドのWiMAX”を買ってしまった
2012年も仕事始めはCES! PC USER取材班は何のトラブルにも遭遇することなく、会場のラスベガスに到着した。よーし、ならば“高速”接続環境を調達するか。(2012/1/8)

“実測100Mbps以上”で世界観が変わる――UQ野坂社長に聞く「WiMAX 2」の展望
UQコミュニケーションズが2013年の商用化を目指して開発中のWiMAXの次世代規格「WiMAX 2」は、20MHzで下り最大165Mbpsもの速度を実現する。同社はどんなロードマップでWiMAX 2を実現していくのか。端末、料金、インフラを中心に聞いた。(2011/8/2)

次世代の無線技術、LTEの仕組みが分かる(7):
世界で広がるLTEサービス
次世代無線技術のLTEの仕組みを紹介する。NTTドコモ、イー・モバイル、ソフトバンクモバイル、KDDIの来年の無線技術はどうなる?(2011/3/29)

「1日数百円」で海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「アメリカ」編
アメリカは複数の通信方式が採用され、ヨーロッパやアジアとは携帯電話の販売方式が若干異なる。ただ、プリペイド端末を手軽に購入できるので、海外渡航者も難なく海外データ通信環境を整えられる。(2011/3/23)

本田雅一のハイスピード・ワイヤレス・チャンネル:
PR:第7回 海外利用サービスで広がる「いつでも・どこでもブロードバンド」のさらなる可能性(前編)
WiMAXはいつでも、どこでも高速・低価格で使えるのが特徴だが、さらに「そのまま海外」でも快適に使えてしまう。今回は海外利用サービス「WORLD WiMAX」が米国・ラスベガスでどう使えたか、そしてその可能性を解説する。(2011/2/4)

UQの「WORLD WiMAX」が韓国で利用可能に
UQコミュニケーションズの海外WiMAX事業者との相互WiMAX利用サービス「WORLD WiMAX」が、韓国の25都市で1月14日から始まる。6月末までは1日約210円で利用可能だ。(2011/1/13)

UQのWORLD WiMAX、ニューヨークやロスで利用可能に
UQコミュニケーションズのWORLD WiMAXが、ニューヨークとロサンゼルス、サンフランシスコで利用可能になる。(2010/10/25)

下り最大330Mbps:
「WiMAX 2」で家庭の固定網は不要に――UQが目指す新しい無線世界
UQコミュニケーションズが2012年に導入予定の次世代通信規格「WiMAX 2」では、下り最大330Mbpsの通信が可能になる。同社の要海氏は「無線で100Mbpsが出れば固定網は必要なくなるのでは」と自信を見せる。WiMAX 2とはどんな規格なのか。そしてWiMAXの優位性とは――。(2010/9/30)

TD-LTEとWiMAXは「マーケットが異なる」――Huaweiヴェヴェガート氏
ファーウェイ・ジャパンがLTEの世界的な動向や同社のLTE製品に関する説明会を開催。「2012年までに上位キャリア50社のうち60%以上がLTEを展開する」など、Huaweiのレネイ・ヴェヴェガート氏がLTEの展望を語った。(2010/9/7)

UQが米国ローミングサービス「WORLD WiMAX」を開始 2011年3月末まで無料
UQコミュニケーションズが9月1日から、米国での国際ローミングサービスを開始する。米Clearwireと提携し、日米で相互にWiMAXサービスを利用可能にする。(2010/8/31)

Nokia Siemens、Motorolaの無線ネットワークインフラを12億ドルで買収
Nokia Siemensは日本や米国でのプレゼンス拡大を狙う。(2010/7/20)

これまでとは違う“ノンPC”の世界を作る――UQが見据えるWiMAXの未来
まもなく商用サービス開始から1周年を迎えるUQコミュニケーションズが、2010年度の事業プランを説明。WiMAX対応ルータを追加してWiMAX製品を拡充するとともに、2010年度までに基地局を8000局増設する。(2010/6/7)

Sprint、WiMAX対応Android「HTC EVO 4G」を199ドルで発売
「HTC EVO 4G」は初のWiMAX対応Android端末。2つのカメラと無料の「Qik Video」でビデオチャットが楽しめる。(2010/6/7)

基地局とアンテナの裏側も披露――“UQの中”はこうなっている
UQがトライアルサービスを開始してから1年が経過した。同社は「UQコミュニケーションズサロン」と題した説明会を開催し、2010年の戦略やUQの内部状況を説明したほか、普段なかなか見る機会のない基地局や屋内用レピータ、アンテナを公開した。(2010/2/26)

「縛らなくても解約率は上がらない」――“業界最安”で攻めるUQの戦略
月額380〜4980円という2段階制の料金プランを発表したUQコミュニケーションズ。同社代表取締役社長の田中孝司氏は、この業界最安の料金プランのほか、「急速に拡大が進んでいる」というエリアも大きな強みになるとアピールした。(2009/12/17)

AMDのルイズ元CEO、GLOBALFOUNDRIESの会長を辞職――インサイダー取引事件の余波続く
3月にAMDから分社したGLOBALFOUNDRIESの会長に就任したヘクター・ルイズ氏、IBMで次期CEOの有力候補とみなされていたロバート・モファット氏、Intelの幹部であるラジブ・ゴール氏などが退職・休職した。(2009/11/4)

ITU Telecom World 2009:
WiMAXは2009年が離陸の年――普及に自信を見せるWiMAX陣営
“WiMAXは転換点を通過した”――。ITU Telecom World 2009で会見を開いたWiMAX Forumは、こう宣言する。ユーザーがWiMAX搭載製品を見つけやすくするための「Retail Readiness Program」を展開することも明らかにした。(2009/10/8)

Windows Insider用語解説:
モバイルWiMAX
7月1日から有料サービスが開始された「モバイルWiMAX」。下り40Mbit/sのデータ通信が可能になるという。このモバイルWiMAXとはどのようなサービスなのか?(2009/7/27)

月額50ドル:
Comcast、ポートランドでWiMAXサービスをスタート
ClearwireのMVNO業者としてまずはポートランドでサービスを開始し、年内にアトランタ、シカゴ、フィラデルフィアでもサービスを立ち上げる。(2009/6/30)

Clearwireと提携:
Cisco、モバイルWiMAX端末開発へ
Ciscoは、Clearwireが全米で展開するモバイルWiMAXサービス「CLEAR 4G」の主要インフラプロバイダーとなり、同サービス向けモバイル端末も開発する。(2009/5/14)

Samsung、モバイルWiMAX端末「Mondi」を発表
Mondiはポケットに収まる程度の大きさのスライド型の小型端末で、タッチスクリーンとQWERTYキーボードを搭載。ClearwireのモバイルWiMAXサービスに対応する。(2009/4/1)

プレーヤーたちに送る:
モバイル/ワイヤレス分野、2009年の“期待”リスト
年始めにその1年間の予測を行うのは、アナリストにとって毎年の恒例行事だ。Knowledge Centerのモバイル/ワイヤレス担当アナリスト、J・ゲリー・パーディ氏は、モバイル/ワイヤレス市場における2009年のウィッシュリストを作成した。(2009/1/21)

日本で勝たなければ世界で勝てない――ノキアシーメンスのLTE戦略
パナソニック モバイルや富士通とともに、ドコモ向けのLTEインフラを手がけるノキアシーメンスネットワークス。「日本で勝てなければ世界で勝てない」と語る日本法人代表の小津泰史氏に、同社の事業戦略を聞いた。(2008/12/26)

2008年IT業界の10大ニュース
IT業界の2008年はエキサイティングな年だった。Web2.0からWeb3.0への移り変わりが近づく2009年はインターネットにとってどんな年になるのだろう。(2008/12/15)

海外ダイジェスト(12月2日)
オバマ次期大統領のオフィシャルサイトがクリエイティブ・コモンズに、Googleがホリデーショッピング専用サイトを設置、など。(2008/12/2)

SprintとClearwireのモバイルWiMAX合弁会社、設立完了
新会社は、初の全米WiMAXモバイルブロードバンドネットワーク構築を目指す。(2008/12/2)

海外ダイジェスト(11月6日)
openSUSE 11.1 β4がリリース、FCCがVerizon WirelessのAlltel買収を承認、など。(2008/11/6)

Googleが社内文書を検索できないって?
「検索最大手」のGoogleでさえ、裁判に提出する書類を探すために社内の電子ファイルを検索することは過大な負担になると主張している。(2008/10/23)

端末は1台10ドルも視野に:
WiMAX普及への3つの疑問、WiMAX Forum副代表が回答
無線ブロードバンドサービス「WiMAX」は、2007年までに技術面や運用面での準備をほぼ終えた。サービス普及に向けた、事業者や端末、他サービスとの競合など3つの疑問について、WiMAX Forum副代表のシャクリ氏が回答する。(2008/7/24)

今だからこそのWiMAX基礎知識
WiMAXとは何か――技術とアプリケーション
WiMAX業界の成長に伴い、WiMAXにまつわる誇大宣伝と混乱も大きくなった。本稿ではまずWiMAX技術とアプリケーションについて解説する。(2008/7/14)

Cisco、Intelら計6社、WiMAX向けに「Open Patent Alliance」設立
「Open Patent Alliance」は特許プールを構築、WiMAX技術関連の特許をグループ内の企業が相互に利用しやすくする。(2008/6/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。