ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「企業サイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「企業サイト」に関する情報が集まったページです。

企業サイトでセンスが分かる:
転職活動の「企業研究」はどうしている? 1万人に聞いた結果は……
転職活動中のビジネスパーソンは、どんな情報を、どんな方法で入手しているのか。人材会社エン・ジャパンが調査結果を発表した。参考にしている情報は「仕事内容」、情報源は「企業サイト」がそれぞれトップだった。(2018/9/10)

「ラジオの記事化」ネット配信で浸透 コツは「単なる書き起こしではなく……」
音声媒体のラジオ局が、放送した番組内容を記事化するなどしてインターネット上で情報発信する動きが活発化している。自社サイトでのネット広告の収入増や新規リスナーの開拓、ネットでラジオ番組を配信する「radiko(ラジコ)」への誘導などが狙いだ。音声を活字で届ける“ラジオの記事化”が着実に浸透している。(大塚創造)(2018/8/28)

Playストア外で提供の「Fortnite Android Beta」のセキュリティ問題をGoogleが指摘
Epic Gamesが自社サイトで限定公開したバトルロイヤルゲーム「Fortnite Android Beta」のインストーラアプリに脆弱性があるとGoogleが指摘し、Epic Gamesは2日後に修正。Googleは脆弱性の詳細を既に公表している。(2018/8/27)

たったの1万7000円:
日本人の個人情報2億件、中国の闇サイトで販売か
中国の反社会的な掲示板で、2億件以上の日本人の個人情報が取引されていた。セキュリティ企業のファイア・アイが発見した。日本のアダルトサイトや企業サイトから流出したという。(2018/5/17)

ゴールドマン・サックス、同社との関係装う仮想通貨詐欺に注意喚起
ゴールドマン・サックスとの関係を装う仮想通貨の投資勧誘などが報告されているとし、日本法人が自社サイトで注意喚起。元ゴールドマン・サックスのアナリストを名乗る瀬尾恵子という人物がICOを行うとしているが、この人物が同社に在籍した事実はないという。(2018/5/10)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
日本の上場企業のWebサイトは「多言語対応」に課題あり──WIPジャパン調査
海外にも進出している有力上場企業のWebサイトを調査したところ、「英語以外」について課題が見えてきました。(2018/4/11)

グリーンハウスが発売:
「市場最安」4万9800円の50V型4Kテレビ、即完売
グリーンハウスが市場最安という4万9800円(税別)の4K表示対応50V型液晶テレビを自社Webサイトで発売したところ、アクセスが殺到し、即完売。(2017/12/13)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年8月版:
インターネットで大規模障害、DDoS攻撃か?
8月のセキュリティクラスタは毎年恒例となっている「セキュリティ・キャンプ」の話題が大盛り上がりでした。この他、大きな動きが2つ。1つ目はいろいろなWebサイトでSQLのダンプファイルが公開されており、企業サイトで情報漏えいが発生したこと。2つ目は大規模な接続障害が発生したことです。一時はDDoS攻撃かもしれないと疑われました。(2017/9/11)

日本はスマートフォン専用サイト比率が高め:
世界の主要企業、8割のWebサイトがスマートフォン対応――あとらす二十一が調査
あとらす二十一は「世界・国内主要企業サイトスマートフォン対応状況調査」2017年8月版の結果を発表した。(2017/9/4)

企業サイトの4割が容易に攻撃可能、CMSなどの容易なサイト構築に潜む脅威
NRIセキュアテクノロジーズは、企業の情報セキュリティ対策の実体と推奨する対策をまとめた「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2017」を発表した。(2017/7/27)

企業と生活者が「ID」を軸につながる:
LINEアカウントを各企業サイトと連携、フィードフォースが「Next ID Alliance」を発表
フィードフォースは、より最適なワンツーワンコミュニケーションを実現できる世界を目指す「Next ID Alliance」を開始した。(2017/5/30)

【連載】小川 卓の高速PDCA“超”入門 第3回:
「追っても意味のない指標」を見極めるPDCA自体の中間評価──「@nifty不動産」の場合
現場で実際に施策を回す企業のWeb担当者はどのようなKPIを設定してPDCAを運用しているのか。今回は「@nifty不動産」にお話を聞きました。(2017/5/18)

FREETELの「業界最速」は何が問題だったのか? プラスワンと消費者庁に聞く
「FREETEL SIM」の「業界最速」「シェアNo.1」などの表記が景品表示法違反だとして、消費者庁が措置命令を出した。プラスワンと消費者庁は、今回の問題について自社サイトで説明しているが、「業界最速」を巡る両者の考えに溝があると感じた。(2017/4/28)

老舗温泉旅館「一の湯」、Oracle Service Cloud導入でカスタマーサービスを拡充
300年以上続く箱根温泉旅館の老舗「一の湯」が、オラクルのカスタマーサービス支援クラウド「Oracle Service Cloud」を採用。自社Webサイト経由の予約客増加とインバウンド需要に向けたサービス拡充を目指す。(2017/3/10)

広告やWebサイト来訪が来店・購買に与える効果を包括測定:
電通デジタル、オンラインと店舗横断のカスタマージャーニー分析サービスを提供開始
電通デジタルはシナラシステムズジャパンと協業し、Web広告への接触や自社サイトへの来訪が実店舗への来訪と購買に与える効果を包括測定するサービスを提供開始した。(2017/3/6)

Google、企業向け有料カスタム検索サービス「Google Site Search」終了へ
Googleが有料の企業サイト内検索サービス「Google Site Search」の新規受付を3月30日で終了する。現行顧客は契約期間終了後、無料でGoogleロゴや広告が表示されるCSEに自動移行される。(2017/2/22)

「SSL技術セミナー」イベントレポート
GoogleやMozillaの「SHA-2移行運動」で自社サイトが“危険サイト”になる?
Webサイトの安全性を確保するために、企業が取り得る手段とは何か。暗号アルゴリズムや攻撃の動向といった技術的な背景を踏まえて、具体策を探る。(2017/2/20)

名機復活の予感? フォステクスが“small reference”の発表を予告
フォステクスが自社サイトにティーザー画像を掲載した。大きな凹凸のある黄色い振動板のようで、ネット上では「NFシリーズの復活」を予想する声も上がっている。(2017/1/19)

テレビ局各社、Webでも地震情報配信 自社サイトやYouTubeで
余震および津波にご注意ください。(2016/11/22)

【連載】コンテクストマーケティング序論 第2回:
手軽なツールの導入でマーケティングを余計に難しくしていないだろうか
企業のWebサイトにおいて、コンテンツを的確に届けるというニーズが高まっています。今回はそれを実現する上で、どういうツールを選定すればよいのかを考えます。(2016/11/23)

コンバージョン率の同率1位はインド:
日本の企業サイト、スマホ経由のコンバージョン率と訪問率で世界をリード──アドビ調査
アドビの調査で、日本の企業サイトが他国に比べてスマホ経由のコンバージョン率と訪問率が高いことが分かった。上位20%の企業サイトでは、60%の訪問者がスマホ経由でアクセスしていた。(2016/10/5)

FeliCa対応はどう? Siriの「関ジャニ∞発音問題」はどうなった?:
「iOS 10」の新機能/APIに関する開発者向けTips 100本、クラスメソッドのエンジニアが公開
クラスメソッドが、「iOS 10」に関する100本の技術情報を自社サイト「Developers.IO」で公開。FeliCaに対応した「Apple Pay」、プログラミング言語「Swift 3」、開発ツール「Xcode 8」に関する技術情報を集約している。(2016/9/15)

「LINE」アプリ上で自社のユーザー獲得やプッシュメッセージ配信を実現:
「LINE」と企業のWebサービスを連係する「Official Web App」、一部機能を提供開始
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」を企業のWebサービスと連係させてユーザーのシームレスなサービス利用を実現する「Official Web App」を、今秋の本格ローンチに先駆け一部提供開始した。(2016/8/22)

週刊「調査のチカラ」:
「オウンドメディアは動画」 企業の4割が重視、でもユーザーは?
魅力的な企業Webサイトのポイントから最近人気の「ちょい飲み」、シニア世代の意識の変化まで、今週も幅広くお送りします。(2016/7/1)

【連載】データと調査で“愛されWeb”を作る 第2回:
NPSで可視化、そのユーザーは優良顧客? それともただのポイント目当て?
自社のWebサイトがユーザーに愛され、「あのサイト、いいよね」と、他の人にも薦めてもらえるポイントはどこにあるのでしょうか。今回は、顧客の声を聴くためのリサーチ手法「NPS」について解説します。(2016/6/9)

月額基本料7万9800円:
オウンドメディアを4ステップで構築、トライベック・ストラテジーが新サービスを提供開始
トライベック・ストラテジーは、企業サイト、採用サイト、キャンペーンサイト、LPなどを簡単に構築できるサービス「HIRAMEKI experience」の提供を開始した。(2016/6/1)

ホワイトペーパー:
1秒未満で改ざんを検知、復旧。常時監視ツールでWebサイト改ざんをほぼゼロに
企業のWebサイトの改ざんによる個人情報の流出やフィッシング詐欺の被害が増えている。ますます巧妙化する手口は、検知までにタイムラグが生じる定期監視型の製品では、防げない。(2016/5/19)

ホワイトペーパー:
Webサイトが改ざんされた! そのとき、企業が迅速に取るべき8つの行動とは
企業のWebサイト改ざんの被害は、2013年に7000件を超え、2014年も月400件のペースで被害が報告されている。Webサイトが改ざんされた時、企業はどのような対応を行えばよいのか。8つの対応策を順を追って紹介する。(2016/5/18)

スライド認証にも対応:
IIJ、企業およびサービス事業者向けの二段階認証サービスを提供開始
IIJは2016年3月29日、二段階認証サービスの「IIJ SmartKeyマネージメントサービス」を発表した。これは、一般企業およびWebサービス運用者向けのサービス。一般企業は、自社で業務上利用しているWebサイト/クラウドサービスへのログインを二要素認証へ移行し、セキュリティを強化できる。また、Webサービス運用者も、自社サイトを同サービスと連携させるだけで二要素認証に対応できるという。(2016/3/29)

GMOリサーチが訪日外国人に調査:
日本の企業サイト「母国語対応すれば利用」の意向、各国平均91%
GMOリサーチは、中国、韓国、台湾、フィリピン、香港の各国・地域で訪日経験のある人を対象に「Webサイトの多言語化に関する調査」を実施した。(2016/2/17)

「どこどこJP」と連係:
自社サイトを訪問したユーザーの企業情報を自動取得、フロムスクラッチが「B→Dash」に機能追加
フロムスクラッチはマーケティング管理ツール「B→Dash」に、Webサイト訪問ユーザーのIPアドレスで企業情報を自動で取得できるなどの新機能を追加したことを発表した。(2016/1/13)

Webサイトセキュリティ対策に関する調査レポート
「自社Webサイトが攻撃されても分からない」が半数、情報漏えいに約6割が関心
TechTargetジャパン会員を対象に、「Webサイトセキュリティ対策に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2016/1/6)

Web広告研究会が調査:
B2B企業の取引先変更、4割は企業Webサイトがきっかけ
日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会は2015年12月17日、「企業顧客による取引先変更状況に関する調査」について発表した。(2015/12/18)

Teslaのイーロン・マスクCEO、「ハッカーが1カ月で自動運転カーシステムを自作」報道に“訂正”
iPhoneのハッキングなどで知られるジョージ・ホッツ氏が1人で自動運転カーシステムを開発したというBloombergの記事に関し、Tesla Motorsが自社サイトで“記事の訂正”を掲載した。イーロン・マスクCEOは「あの記事は正確じゃない」とツイートした。(2015/12/18)

主要企業Webユーザビリティランキング2015:
使いやすいサイト1位はKDDI、2年連続
トライベック・ブランド戦略研究所は2015年12月3日、「主要企業Webユーザビリティランキング2015<企業サイト編>」を発表した。(2015/12/4)

PR:HTML/CSS不要で“プロ級”Webサイトってほんと? 「BiND8」で“化石”企業サイトをレスポンシブWeb対応最新サイトにリニューアル
(2015/10/21)

Palmi:
ロボット「Palmi」などがAmazonで購入可能に
DMM.comが自社サイトのみで販売していたロボットを、EC大手のAmazonでも販売開始する。(2015/10/8)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】企業のWebサイトセキュリティ対策に関するアンケート調査
本調査は、セキュリティ製品/サービスの導入に関与する方を対象に「Webサイトセキュリティ対策」についてお伺いします。社内システムではなく、社外向けWebサイトのセキュリティ対策を対象とします。(2015/10/5)

「企業名」「住所」「電話番号」まで分かる:
自社サイトに訪問した人の企業名をGoogle Analyticsで計測――「brick」に新機能
テクロコは2015年9月16日、Google Analytics連係のWebマーケティングツール「brick」の新機能として、自社サイトを訪問した企業名を計測する「brick 訪問企業計測」の提供を開始したと発表した。(2015/9/16)

ビッグデータ/オープンデータの活用を楽しく簡単に:
アイズファクトリー、クラウド型解析プラットフォーム「bodais」をメインに自社サイトをリニューアル
アイズファクトリーは、2015年8月18日よりコーポレートサイトを全面リニューアルすることを発表した。(2015/8/14)

iPhone 6/6 Plus向け「なつ(72)いろケース」が最大72%オフに――Spigenのセール
Spigenは、Amazon自社サイトオープン記念セール第4弾として、iPhone 6/6 Plusを対象とした「なつ(72)いろケース」の最大72%オフセールを開催する。(2015/7/10)

Spigen Amazonストアオープン記念、車載ホルダーの土日限定46%オフセール開催
Spigenは、Amazonの自社サイトオープンを記念した車載ホルダー「ステルス」の土日限定46%オフセールを開催する。(2015/7/10)

Spigen、Amazonサイトオープン記念第3弾セール開催――Galaxy向けアクセサリーが最大50%オフ
Spigenは、Amazon自社サイトオープン記念セール第3弾として「Spigen Galaxyシリーズアクセサリー最大50%オフセール」を開催する。(2015/7/3)

Spigen、Amazonサイトオープン記念第2弾セール開催――Xperia&Nexusアクセサリー最大59%オフ
Spigenは、Amazonの自社サイトオープン記念第2弾として「Spigen Xperia Z2/Z3/Z4&Nexus 5/6アクセサリー最大59%オフセール」を開催。商品購入ごとにタッチペンをプレゼントする。(2015/6/26)

Spigen、Amazonサイトオープンを記念したGalaxy S6用アクセサリー最大40%オフセールを開催
Spigenは、Amazonの自社サイトオープン記念第1弾として「Spigen Galaxy S6アクセサリー最大40%オフセール」を開催する。期間は6月25日まで。(2015/6/18)

ガイアックスがWeb改善指導サービスを提供:
自社サイトの改善点をプロが「ツッコミ」、15万円で
ガイアックスは2015年6月15日、リンクライブが提供するUI/UXの改善提案をクラウドで行うWebコンサルティングサービス「プロツッコミ」の提供を開始した。(2015/6/15)

世界の主要企業と同水準に:
国内主要企業サイト、マルチデバイス対応が半数超え
あとらす二十一は2015年6月8日、日経225に選定されている国内主要企業の公式サイトのマルチデバイス対応状況調査結果を発表した。(2015/6/9)

週刊「調査のチカラ」:
人にオススメしたくなる企業サイト、第1位はあの会社
人気企業サイトの条件とは? トイレ掃除で実は菌が増える? 親の経済格差と子どもの肥満に関係はある? 今どきのテレビの見られ方って……? 切なくて震える今週の調査結果をお届けします。(2015/6/5)

ホワイトペーパー:
3000万円の個人情報漏えい損害想定賠償額をどう防ぐ?最初の1歩はセキュリティ診断から
情報漏えいや、Webサイトの改ざんニュースを目にするたびに自社のWebサイトは本当に安全なのか気をもむ情シス担当も多いだろう。本資料では、セキュリティ診断リポートの詳細サンプルを情報漏えい被害額などの最新調査情報とともに紹介する。(2015/4/3)

専門家に聞くWebサイトセキュリティの基本
そのWebサイトセキュリティ対策、間違っていませんか?
巧妙かつ執拗なサイバー攻撃が猛威をふるう昨今、企業のWebサイトがWebアプリケーションの脆弱性を狙った脅威にさらされている。効果的なWebサイトセキュリティ対策に欠かせないポイントを探る。(2015/1/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。