ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サイバーナビ」最新記事一覧

車載情報機器:
最新型「サイバーナビ」は車上荒らしからクルマを守る
パイオニアは、カロッツェリアブランドのカーナビゲーションシステム「サイバーナビ」の新モデルを発表した。専用の車載カメラや同社のサーバと通信するモジュールをサイバーナビと併用する簡易な緊急通報システムといえる機能を搭載。車上荒らしなどの異変や事故発生時にユーザーや家族などに画像付きのメールを送信できるようにした。(2016/5/11)

車載情報機器:
国内の10年分の急ブレーキ記録をパイオニアが提供、事故情報よりもヒントが多い
パイオニアは、急ブレーキが多発した地点をまとめた日本全国のデータの有償利用を受け付ける専用Webサイトを開設した。急ブレーキの記録は、同社独自のプローブデータ活用システム「スマートループ」を通じて、2006年5月から蓄積しているもの。交通安全対策として道路形状や周辺環境の分析での応用を見込んでいる。(2016/4/12)

車載情報機器:
パイオニアが車載エンタメサービス拡充、同期歌詞データのベンチャーに出資
パイオニアは、アーティストの公式音源に合わせた同期歌詞データを国内最大規模で有するシンクパワーと、資本出資と業務提携に関する契約を締結した。2015年5月に発表した「ミュージッククルーズチャンネル」のような車載エンタテインメントサービスを拡充させたい考え。(2015/9/15)

車載情報機器:
「サイバーナビ」の車載音楽ストリーミング機能、「MIXTRAX」で差異化
パイオニアは、レコチョクと共同開発した車載情報機器向けの音楽ストリーミング機能「ミュージッククルーズチャンネル」と、同機能を搭載したカーナビゲーションシステム「サイバーナビ」の2015年夏モデルを発表した。約100万曲の楽曲から、ドライブの状況や目的に合わせてレコメンドする機能が特徴の1つだが、パイオニアは独自技術「MIXTRAX」によって差異化を果たしたという。(2015/5/11)

年間3000円で100万曲を聴き放題:
パイオニアとレコチョクが車載向け音楽配信で協業 「サイバーナビ」ほか新商品も多数お披露目
パイオニアとレコチョクが、車載向け定額制音楽配信サービスで協業を発表。合わせて専用サービス「replay」対応のカーナビカロッツェリアの新商品も発売する。(2015/5/8)

カーナビ向け定額制音楽配信、パイオニアとレコチョクが開発 ドライブ中の気分に合わせて曲を推薦
車載器向け定額制音楽ストリーミングサービス「ミュージッククルーズチャンネル」をパイオニアとレコチョクが開発した。気分や好みに合わせたチャンネルで計100万曲以上を楽しめる。(2015/5/8)

3Dプリンタニュース:
パイオニア、ヘッドアップディスプレイ「AR HUDユニット」でストラタシスの3Dプリンタ活用
ストラタシス・ジャパンは、パイオニアが開発したカーナビ向けヘッドアップディスプレイ「AR HUDユニット」の3次元モデルによるシミュレーション検証において、同社のPolyjet 3Dプリンティング技術が活用されたことを発表した。(2014/10/6)

東京モーターショー2013:
ルームミラーにAndroidスマホ!? パイオニアが開発中のテレマティクス端末を披露
パイオニアは、「第43回東京モーターショー2013」の併催イベント「SMART MOBILITY CITY 2013」において、開発中のミラー型テレマティクス端末を披露した。端末の右側が液晶ディスプレイになっており、NTTドコモのドライブ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」などの機能が利用できる。(2013/11/22)

車載情報機器:
パイオニアが車載用ヘッドアップディスプレイを欧州展開、投影デバイスはDLPに
パイオニアは、スマートフォンのカーナビゲーションアプリのナビゲーション情報を表示する車載用ヘッドアップディスプレイ(HUD)を欧州市場に投入する。価格は699ユーロ(約9万2000円)。ドイツ ベルリンで開催中のエレクトロニクスショー「IFA 2013」(2013年9月6〜11日)で先行公開している。(2013/9/5)

車載情報機器 パイオニア インタビュー:
「サイバーナビ」はプローブ情報で進化する、「カメラプローブ」とは何か
カーナビの渋滞予測サービスなどに用いられているプローブ情報。パイオニアは、このプローブ情報を活用して、同社の「サイバーナビ」に新たな機能を追加した。その新機能「スマートループ アイ」はどのようにして誕生したのか。また、ビッグデータとも見なされるプローブ情報をどのように活用しようと考えているのか。担当者に聞いた。(2013/8/9)

車載情報機器:
車載HUD市場が急拡大、新型「アクセラ」やGARMINのスマホナビ連携品も
車載ヘッドアップディスプレイ(HUD)の市場が急拡大している。パイオニアが「サイバーナビ」の機能を拡張するHUDユニットを2012年7月に発売してから、2013年に入ってJVCケンウッドの「彩速ナビ」やマツダの新型「アクセラ」が採用。GARMINは、スマートフォン向けカ―ナビゲーションアプリと無線接続するHUDを130ドルという安価な価格で販売するという。(2013/7/11)

車載カメラで撮った画像をドライバー間で共有 パイオニアの新「サイバーナビ」
車載カメラで撮影した画像をドライバー間で共有し、渋滞の状況などを実写で確認できるカーナビが登場。(2013/5/8)

パイオニア HUDカーナビ インタビュー(後編):
未来に追いついた? 映画や漫画に出てきそうなカーナビ
パイオニアがカーナビ向けに開発したHUD(ヘッドアップディスプレイ)が大きな反響を呼んでいる。「『ドラゴンボール』に出てくるスカウターのようだ」「『宇宙兄弟』に出てくる宇宙ナビのようだ」……。漫画やSFに出てきそうなこのカーナビ、開発にはどのような苦労があったのか。同社の開発担当者に話を聞いた。(2012/8/2)

パイオニア HUDカーナビ インタビュー(前編):
なぜ映像が浮かび上がるの? 近未来のカーナビが登場した
近未来のカーナビが登場した。それはパイオニアが開発した「サイバーナビ」。ルート情報が走行風景と重なって見えるモノだが、本当に安全なのだろうか。実証実験を行った北里大学の教授とパイオニアの開発担当者に話を聞いた。(2012/7/30)

仕事をしたら“未来”が見えてきた(後編):
未来に追いついた? 映画や漫画に出てきそうなカーナビ
パイオニアが開発したカーナビ「HUD」は大きな反響を呼んだ。「ドラゴンボールに出てくるスカウターのようだ」「宇宙兄弟に出てくる宇宙ナビのようだ」と。漫画やSFに出てきそうなこのカーナビ、開発者はどのような苦労があったのか。話を聞いた。(2012/7/7)

仕事をしたら“未来”が見えてきた(前編):
なぜ映像が浮かび上がるの? 近未来のカーナビが登場した
近未来のカーナビが登場した。それはパイオニアが開発した「サイバーナビ」。ルート情報が走行風景と重なって見えるモノだが、本当に安全なのだろうか。実証実験を行った北里大学の教授とパイオニアの開発担当者に話を聞いた。(2012/7/4)

インクリメントP、モバイル版有料会員なら割引価格でカーナビ地図を更新できる「カロッツェリア地図割」
モバイル会員向けの、カーナビ地図更新割引サービス「おトク地図更新」の対象機種に、パナソニック「カロッツェリア」を追加。同時にAmazonギフト券が当たるキャンペーンもスタートした。(2012/6/21)

世界初:
フロントガラスの前方にAR情報が浮いて見えるナビ、カロッツェリアから
パイオニアは、カロッツェリアブランドの新製品として、フロントガラスの約3メートル前方にAR情報が浮いて見える「AR HUD ユニット」搭載の「サイバーナビ」を発売する。(2012/5/8)

未来的カーナビ:
パイオニア、フロントガラス前方にAR情報を表示するカーナビ
パイオニアの新しいカーナビはヘッドアップディスプレイを備え、フロントガラス前方にルート情報などを表示する。(2012/5/8)

パイオニア、カーナビ「サイバーナビ」シリーズに普及モデル「AVIX-ZH07」を9月上旬発売
パイオニアの高機能カーナビシリーズ「サイバーナビ」に、「ロードクリエイター」機能、通信サービス対応の普及型モデルを9月上旬に発売する。(2011/8/18)

パイオニア、サイバーナビに7V型ワイドVGA液晶搭載の低価格モデル「AVIC-ZH07」を追加
パイオニアは、サイバーナビのラインアップに7V型ワイドVGA液晶搭載の低価格モデル「AVIC-ZH07」を追加、9月上旬より発売する。2014年4月まで追加料金のかからない地図データ更新も特長だ。(2011/8/18)

ケータイ向け「MapFan」にスカウター機能付きナビとの連携機能
ケータイ向け「MapFan」サービスのカーナビ連携機能「マップクリップ」が強化される。パイオニアの「ARスカウターモード」搭載“サイバーナビ”の発売に合わせ、車を降りてからの徒歩ナビ機能を充実させた。(2011/5/25)

ARスカウターモードの実現をサポート:
AR技術を搭載したパイオニアの最新カーナビ専用カメラユニットにイーソルの「eCROS」が採用
イーソルは、パイオニアが開発したAR技術を搭載するカーナビの車載カメラ「クルーズスカウターユニット」に、「eCROS」が採用されたことを発表した。(2011/5/20)

パイオニア、実写映像を使ったカーナビを発売
(2011/5/9)

戦闘力は測れませんが:
カメラ映像にナビ情報を重ねる「AR スカウターモード」搭載、カロッツェリア新“サイバーナビ”
パイオニアは、車載カメラで撮影したフロントガラス越しの映像にリアルタイムでナビ情報を重ねて表示する機能を搭載したカーナビ4機種を発売する。(2011/5/9)

ウィルコムの「カーナビ専用サービス for carrozzeria」、最新サイバーナビに対応
ウィルコムは5月7日、パイオニアのカーナビ向け定額通信サービス「カーナビ専用サービス for carrozzeria」を、5月下旬発売予定のサイバーナビ3モデルに対応させると発表した。合わせて新規契約キャンペーンも実施する。(2009/5/7)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「近ごろのカーナビ」――快適性を高める新技術
カーナビの目的は「目的地への誘導」だが、一方では車内で過ごす時間を充実させる「快適性」も求められている。今回はその最新動向について解説する。(2008/5/22)

神尾寿の時事日想:
次のトレンドは「つながる」――カーナビを変える2つのキーワード
パイオニアとパナソニックは、夏の新商品でいずれも“つながる”コンセプトを強く打ち出してきた。通信への対応は従来、メーカー純正カーナビが得意としてきたジャンルだ。ここに市販カーナビメーカーが参入することでカーナビは大きく変わっていく可能性がある。(2008/5/18)

日立の組み込みデータベース、パイオニアのカーナビに採用
日立製作所はデジタル情報家電向け組み込みデータベース「Entier」が、パイオニアが5月下旬に発売するカーナビゲーション「サイバーナビ」のデータ管理基盤に採用されたと発表した。(2008/5/15)

ウィルコム、カロッツェリア用モジュールと「カーナビ専用サービス for carrozzeria」を発表
ウィルコムは5月9日、パイオニアのカーナビゲーションシステム「カロッツェリア」向けに、専用の通信モジュールと定額のデータ通信サービス「カーナビ専用サービス for carrozzeria」を提供すると発表した。月額1050円でスマートループサービスが利用できる。(2008/5/9)

パイオニア、定額HSDPA通信が可能な「エアーナビ AVIC-T10」を発表
パイオニアが5月9日、データ通信機能を備えたパーソナルナビゲーションデバイス(PND)の新モデル、「エアーナビ AVIC-T10」を発表した。通信機能を利用し、リアルタイムコンテンツの検索や「ナビポータルサービス」が利用可能。(2008/5/9)

CEATEC JAPAN 2007:
KURO THEATERでKURO体験
パイオニアといえばプラズマテレビ「KURO」。CEATECの同社ブースには「KURO THEATER」が設けられており、新製品の画質を余すことなく体感できる。AVアンプとBDプレーヤーの“KURO兄弟”も展示中。(2007/10/2)

インクリメントP、地図ソフト「MapFan PLANNER 2」の最新版をリリース
インクリメントPは、同社製地図ソフト「MapFan PLANNER 2」の最新版「MapFan PLANNER バージョン2.0.3」を発表、ダウンロード販売を開始した。(2007/7/10)

神尾寿の時事日想:
携帯電話との連携を強化する市販カーナビ
25〜30万円の高価格・高機能モデルが主流の日本のカーナビ市場。新しく盛り込まれる機能には、オーディオ、通信、地デジ対応など毎年“トレンド”があるが、今年のトレンドはずばり「携帯対応」だ。(2007/5/18)

カロッツェリア、6.1chサラウンド対応のフラグシップカーDVD
パイオニアは、車載用DVDプレーヤー「AVH-P900DVA」などカーAV製品3機種を5月下旬に発売する。AVH-P900DVAは、6.1chサラウンドや2chステレオの高音質再生が可能なフラグシップモデル。(2007/5/9)

パイオニア、携帯で渋滞を予測する新「サイバーナビ」
パイオニアがカーナビ「カロッツェリア サイバーナビ」の新製品を発表。携帯電話で利用者同士がリアルタイムに情報を共有する「リアルタイムプローブ」を搭載し、高精度な渋滞予測が可能に。(2007/5/9)

バイヤーズガイド:
いまが買い時? ワンセグ対応カーナビをチェック
携帯と同じ、ひょっとするとそれ以上のペースでデジタルテレビへの対応が進んでいるのがカーナビ/カーAVシステム。既に多くのモデルでワンセグ/地デジを楽しめるようになっており、その選択肢も幅広い。(2006/12/22)

地上デジタルTVチューナー標準搭載の「サイバーナビ」「楽ナビ」
パイオニアは、地上デジタルチューナーを標準搭載した「サイバーナビ」の新製品2機種を発表した。「HDD楽ナビ」にも地上デジチューナーをセットにしたモデルをラインアップ。(2006/10/3)

Windows Embedded採用事例(1):
Windows移行を決断したカーナビ開発の現場から
パイオニアは2004年から順次、HDDカーナビのOSに「Windows Automotive」を採用。現在ではHDDカーナビ全機種を同OSベースで開発している(2006/9/15)

第2回ネットKADEN大賞の一般投票が受け付け開始
昨年行われた1回の大賞はソニーの“ロケフリ”。今年の大賞は?(2006/7/14)

インタビュー:
自宅のブロードバンドを車内で活用――パイオニア「サイバーナビ」
パイオニアの新しいカーナビ「カロッツェリア サイバーナビ」は家庭に普及したブロードバンド環境を車内でも活用する試み「スマートループ」を実装した製品だ。これによって、どのようなナビゲーションが提供されるのか、話を聞いた。(2006/6/5)

パイオニア、6.1chサラウンド対応のカーDVDフラグシップモデルなど
パイオニアはカーナビゲーション/AVシステム“カロッツェリア”のカーDVD/テレビ製品を発売する。カーDVDのフラグシップモデル「AVH-P90DVA」は多彩なファイル形式に対応するほか、6.1chサラウンドの再生も行える。(2006/5/10)

パイオニア、地デジや音楽配信にも対応した新「カロッツェリア サイバーナビ」
パイオニアはカーナビゲーションシステム「カロッツェリア サイバーナビ」の新製品を6月上旬より販売開始する。地デジや音楽配信への対応などAV機能の強化が行われたほか、「ブレインユニット」を利用した情報収集/フィードバック機能もそなえた。(2006/5/10)

A&Vフェスタ2005:
車でも高品質な音楽と映像を――次世代カーオーディオはどうなる?
A&Vフェスタ2005では、車載AV機器の出展も多い。音響と映像の展示会だけに「いかにきれいな音で、きれいな映像を車内で実現するか」という点に焦点が当てられている。(2005/9/22)

ITmedia Shopping バイヤーズガイド
今買いたい人のための──2005年夏版最新カーナビ購入のポイント
高精度地図表示や渋滞回避機能から、iPod連携、音楽・DVD再生機能、そしてPC連携機能まで、物欲&チェックポイントが多い2005年夏のカーナビ各製品。そのような“今買い時”な最新カーナビ主要15モデルをピックアップ、その特徴機能や最安値を探っていく。(2005/7/29)

通信カーナビ対応FOMAアダプタにカロッツェリア用など追加
(2005/6/15)

“エージェント”がさらに進化――最先端HDDナビ「新・サイバーナビ」
パイオニアが、HDDカーナビゲーション「カロッツェリアHDDサイバーナビ」4機種を発表。ドライバーの行動を予測して必要な情報を先に提示する「エージェント」機能がさらに進化した。(2005/5/11)

インクリメントP、登録地点の事前設定を可能とするカーナビ連携サービス開始
インクリメントPは、同社運営のインターネット地図サイト「MapFan.Net」にて、今夏発売予定のパイオニア製カーナビと連携してドライブプランが作成可能なサービス提供を開始する。(2005/5/11)

神尾寿の時事日想:
回線交換の終焉は「通信モジュール時代」の幕開けか
KDDIは、秋以降の新機種に回線交換方式のデータ通信機能を搭載せず、パケット通信にシフトしていくことを決めた。しかし回線交換を必要とする分野が今もある。(2005/4/13)

神尾寿の時事日想:
古くて新しい「ジャケットフォン」構想の課題
端末ラインナップの強化が課題のウィルコム。コアユニットをモジュール化し、さまざまなジャケットに差しかえる「ジャケットフォン」構想は、実は古くからあるコンセプトだ。その課題とは?(2005/3/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。