ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「上場廃止」最新記事一覧

東芝は二度のM&Aに失敗:
買収が一転、窮地に 東芝、DeNA「失敗M&A列伝」
上場廃止の瀬戸際にある東芝、謝罪会見が記憶に新しいディー・エヌ・エー(DeNA)を含め、「失敗M&A列伝」に名を連ねる事例を振り返る。(2017/4/26)

債務超過は2257億円:
東芝に迫る「上場廃止」 監査意見なしの決算発表
東芝が2度の延期の末、2016年4〜12月期の連結決算を発表。最終損益は5325億円、債務超過は2257億円に上った。(2017/4/12)

製造マネジメントニュース:
東芝、監査の意見なしで2度延期の第3四半期決算発表
経営危機の東芝は、既に2度延期していた2016年度第3四半期決算を、監査人が結論を出していない段階で発表した。既に同社は、東京証券取引所と名古屋証券取引所から監理銘柄(審査中)に指定され、上場廃止の可能性が示されており、3度目の延期は許されない状況だった。(2017/4/12)

メモリ事業直近利益率は23%超:
東芝、上場廃止危機もメモリ事業は好調
東芝は2017年4月11日、2017年3月期第3四半期(2016年4〜12月期)決算を発表した。(2017/4/11)

期限は11日:
東芝、上場維持に3つのハードル 廃止の危機感広がる
経営再建中の東芝の株式が上場廃止になることへの警戒感が、市場関係者の間で広がっている。上場廃止ともなれば、影響は東芝の株主に限らず幅広く及ぶとの不安が出ている。(2017/4/7)

1949年上場の老舗:
日本コロムビア、上場廃止へ フェイスが完全子会社化
フェイスが連結子会社の日本コロムビアを8月1日付で完全子会社化する。(2017/3/28)

「新生東芝」うたうも……:
「二部降格は覚悟している」東芝の危機的状況
東芝が危機的状況にある。東証一部から二部への降格はほぼ確実で、上場廃止の可能性も十分にある。原発事業の巨額損失を抱え、主力のメモリ事業を手放す必要に迫られている同社は、今後どのような生き残りの道を選ぶのか。(2017/3/15)

製造マネジメントニュース:
東芝二部落ちへ、決算発表を再延期し監理銘柄に指定
経営危機の東芝は、「不適切なプレッシャーの影響範囲」の再審査が必要との判断から2016年度第3四半期の決算発表を再延期することを発表した。同時に東京証券取引所と名古屋証券取引所から監理銘柄(審査中)に指定され、上場廃止の可能性を示されている。(2017/3/15)

東芝・綱川社長「東証2部降格を覚悟」 「核となる事業」なく……どう立て直すのか
上場廃止の危険と隣り合わせの東芝。「東証2部降格は覚悟している」――半導体事業など「核となる事業」がなくなる東芝を、綱川社長はどう立て直すつもりなのか。(2017/3/14)

東芝が決算発表再延期へ 間に合わなければ上場廃止も
経営再建中の東芝が、14日に予定していた決算発表を再延期する。間に合わなければ上場廃止が現実味を帯びる。(2017/3/14)

なっていない:
東芝、東証2部降格も 内部管理体制に厳しい声
東京証券取引所第1部に上場する東芝は、決算期末の平成29年3月末に債務超過を回避できなければ8月1日付で東証2部に降格となるが、30年3月末も債務超過となれば2部への降格にとどまらず、上場廃止の懸念も。(2017/2/17)

東芝の内部管理は「まったくなっていない」 上場廃止の可能性も
東芝は今年3月末に債務超過を回避できなければ8月1日付で東証2部に降格。実際にそうなればシャープ以来となる。(2017/2/17)

大手証券会社社員が「上場廃止になるまで追い込まないと」とツイートしたとして炎上 会社側は「把握しているが……」
大手証券会社の社員が、主幹事を務める企業について「上場廃止になるまで追い込まないと」とTwitterに書き込んだとして炎上。会社側は「把握しているが……」。(2016/11/8)

ソフトバンク、ARMの買収を完了 ARMは上場廃止
ソフトバンクグループは9月5日、7月に発表した約3.3兆円でのARM Holdingsの買収を完了したと発表した。ARMは6日付で上場廃止し、ソフトバンクグループの完全子会社になる。(2016/9/6)

ニフティ、富士通がTOBで再び完全子会社化へ 上場廃止 ISP事業は「抜本的施策」検討
富士通がTOBでニフティを完全子会社化へ。ISP事業は「抜本的施策」を検討する。(2016/4/28)

楽天、ケンコーコムを完全子会社化
楽天がケンコーコムの株式をTOBで取得し、完全子会社化すると発表した。ケンコーコムは上場廃止となる見込み。(2015/11/26)

安川電機、ワイ・イー・データを完全子会社化
安川電機はワイ・イー・データを株式交換で完全子会社化する。ワイ・イー・データは東証2部上場廃止となる見通し。(2015/3/17)

スカイマークが民事再生法申請、上場廃止に 運航は継続
支援を受けながら事業再生に取り組んでいく。(2015/1/29)

FAニュース:
オリックス、経営再建中の金型大手アークを株式公開買付で買収へ
地域経済活性化支援機構の保有するアークの株式を取得することで、総議決権の過半数を取得、アークを連結子会社とする。今回の公開買付は、アークの株式の上場廃止を目的とするものではなく、企業価値向上を目指すとしている。(2014/7/3)

マクロミルを米投資会社が買収 上場廃止へ
マクロミルをBain Capital系ファンドが買収。ネットリサーチ市場は競争が激化しており、非公開化で短期の業績に左右されずに投資などを進められる体制を構築する。(2013/12/11)

デザインエクスチェンジ、5月1日付けで上場廃止
素材集「具満タン」などを販売するデザインエクスチェンジがマザーズ上場廃止に。時価総額が基準を上回れなかった。(2011/3/31)

テレビ東京、TXBBなど経営統合 認定持ち株会社体制に
テレビ東京が認定持ち株会社体制に。経営統合するテレビ東京ブロードバンドはマザーズ上場廃止となる予定。(2010/3/29)

ゴンゾの上場廃止が正式決定
東証は、ゴンゾのマザーズ上場廃止を正式に決定した。上場廃止日は7月30日。(2009/6/29)

ネクステックの上場廃止が決定
製造業に特化したソリューション事業を展開するネクステックだが、債務超過を解消できず、東証マザーズ上場廃止が決まった。(2009/6/22)

ゴンゾ、マザーズ上場廃止の見通し 債務超過解消できず
GDHから社名変更したゴンゾが債務超過を解消できず、東証マザーズの上場廃止基準に抵触。6月提出予定の有報で確認後、上場廃止が決まる見通し。(2009/4/1)

旧リキッドオーディオ、上場廃止 マザーズ1号企業、2社とも姿消す
東証マザーズ上場1号企業として知られた「ニューディール」(旧リキッドオーディオ・ジャパン)が上場廃止。(2009/3/27)

ビックカメラ、監理ポスト指定解除 上場を維持
東証がビックカメラの監理ポスト指定を解除。過去の決算の訂正について「その影響が重大であるとまでは認められない」として上場維持を認めた。(2009/3/24)

ビックカメラが監理ポストに 前期21億円の最終赤字に訂正
ビックカメラが決算数値の訂正を発表。前期の最終損益は41億円の利益から21億円の損失に訂正した。東証はビックを監理ポストに割り当てた。(2009/1/16)

トランスデジタルが2回目不渡り JASDAQ上場廃止
トランスデジタルが2回目不渡りを出して事実上倒産し、JASDAQは上場廃止を決めた。(2008/9/1)

YOZAN、上場廃止 有報未提出で
JASDAQはYOZANの株式を9月1日付けで上場廃止にする。有価証券報告書が、JASDAQの上場廃止基準の期限までに提出されなかったため。(2008/8/1)

旧アスキーソリューションズ、民事再生申し立て
有価証券虚偽記載でヘラクレス上場廃止になっていた旧アスキーソリューションズが民事再生法の適用を申し立てた。(2008/7/14)

アスキーソリューションズ、上場廃止に
過去に架空売り上げを計上するなどしていたアスキーソリューションズのヘラクレス上場廃止が決まった。(2008/4/22)

SBI、イー・トレを完全子会社化 イー・トレは上場廃止
SBIホールディングスは、SBIイー・トレード証券を8月に完全子会社化する。SBIイー・トレード証券は7月末でJASDAQ上場が廃止される予定。(2008/1/15)

SCOが上場廃止に
9月の破産保護申請を受け、NASDAQはSCOの上場廃止を決定した。(2007/12/27)

三洋電機が監理ポストに 三洋、過去決算を訂正
三洋電機が6年間にわたる過去の単独決算を訂正。関係会社株式の減損に適用していた「三洋ルール」を見直した。東証は同社株式を監理ポストに割り当てた。(2007/12/25)

サイバードがMBO JASDAQ上場廃止に
サイバードホールディングスがMBOを実施し、JASDAQ上場は廃止となる見通し。「短期的な業績に左右されない先行投資が必要」と説明している。(2007/10/31)

クインランドが民事再生申し立て 負債203億円
ヘラクレス上場でWebサイト構築コンサルティングなどを手掛けていたクインランドが民事再生手続きを申し立て、経営破たんした。ヘラクレス上場廃止も決まった。(2007/10/18)

NEC、NASDAQ上場廃止へ
(2007/9/21)

SCOに上場廃止勧告、破産保護申請で
SCOは上場継続を求めるつもりだが、その要望が認められる保証はない。(2007/9/20)

Dell、NASDAQでの上場継続
Dellは、決算報告書の提出の遅れを理由にNASDAQから株式上場廃止勧告を受けているが、NASDAQが上場継続可否についての判断を保留。同社は当面、市場にとどまる。(2007/7/18)

Dell、4度目の上場廃止勧告
決算報告書提出の遅延から、Dellが再度NASDAQ上場廃止勧告を受けた。(2007/6/20)

IRIがオリックスの完全子会社に
東証マザーズ上場廃止が決まったIRIを、オリックスが完全子会社にする。(2007/6/4)

上場廃止決定のIRI、売り殺到で寄り付かず
東証マザーズ上場廃止が決まったインターネット総合研究所(IRI)に売り注文が殺到し、25日は売買が成立しなかった。(2007/5/25)

IRIがマザーズ上場廃止
インターネット総合研究所の東証マザーズ上場廃止が決まった。同社は1999年12月、リキッドオーディオとともに新規公開したマザーズ第1号企業。(2007/5/23)

Dell、決算報告書提出遅延でまた上場廃止勧告
Dellは、決算報告書提出が遅れているとして、またもNASDAQから上場廃止勧告を受け取った。(2007/4/11)

IRIが監理ポストに
東証は、マザーズ上場のインターネット総合研究所を上場廃止基準に該当する恐れがあるとして監理ポストに割り当てた。(2007/3/30)

ファンダンゴ上場廃止 吉本興業が完全子会社化
(2007/3/19)

HP、NASDAQ市場から撤退
NYSEとの二重上場解消のため、上場廃止に踏み切った。(2007/2/6)

Novell、再びNASDAQ上場廃止の危機
昨年9月に続き、NovellがNASDAQから遵守違反通知を受け取った。(2007/1/30)

Dell、NASDAQ上場廃止の危機か
上場廃止勧告を受けていたDellの上場継続希望が受理されたが、依然として予断を許さない状況だ。(2007/1/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。