ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「決算」最新記事一覧

プレミアム会員数減少も止まらず:
カドカワ、3日連続で年初来安値 赤字転落で失望売りか
カドカワ(東証1部)が3日連続で年初来安値を更新。8月10日に発表した決算への失望売りか。(2017/8/16)

29期連続増益へ:
ドンキホーテHD、18年6月期は3.9%営業増益計画
ドンキホーテホールディングスの18年6月期連結営業益は前年比3.9%増の480億円になる見通しだ。(2017/8/15)

不調タイトル終了で違約金:
スマホゲームのマイネット、赤字転落でストップ安
スマホ向けゲームアプリを運営するマイネットが、ユーザー数が伸び悩むゲームタイトルの運営を終了した影響などで特別損失を計上。純損益は1億7700万円の赤字となった。決算内容を受け、株価は年初来安値を更新した。(2017/8/14)

AppBank、最終赤字は2億6600万円 通期予想も赤字転落へ
AppBankが2017年1〜6月期の連結決算を発表。最終損益2億6600万円の大幅な赤字となった。(2017/8/10)

18年度は回復見込み:
不測の事態続いた湖池屋、ジャガイモ不足で業績苦戦
湖池屋が、2017年6月期通期の連結決算を発表。台風被害によって原材料のジャガイモが不足し、ポテトチップスを休売した影響で売上高・営業益ともに減少した。【訂正】(2017/8/10)

17年度1Qは好調:
東芝、「限定付き適正」で16年度決算発表
東芝が「限定付き適正」との監査意見のもと、2016年度通期と2017年度第1四半期の決算を発表した。(2017/8/10)

Q1として過去最高の営業益計上:
東芝17年度Q1決算、メモリの営業利益率35%に
東芝は2017年8月10日、2018年3月期(2017年度)第1四半期(2017年4〜6月)決算を発表。メモリ事業が好調だったことなどから第1四半期として過去最高の営業利益967億円を計上した。(2017/8/10)

マック、17年ぶり最高益更新へ 今期3.7倍200億円 予想を上方修正
株式上場前年の2000年12月期(単独決算)の168億円を超え、過去最高益を2017年ぶりに更新する見通し。(2017/8/10)

有報提出期限は8月10日:
東芝の16年度決算、監査意見は「限定付き適正」か
東芝の2017年3月期の有価証券報告書について、PwCあらた有限責任監査法人が「限定付き適正」との監査意見を出す方針だと一部が報じた。(2017/8/9)

デリバティブ損失で純利益98%減も:
ソフトバンクの1Q、大規模ファンドと復活のSprintが好調
ソフトバンクグループの2018年3月期 第1四半期(17年3〜6月)の連結決算は、売上高・営業利益がともに前年同期比を上回ったものの、中国Alibaba株のデリバティブ取引関連で巨額の損失を計上。純利益は98%減となった。(2017/8/8)

石野純也のMobile Eye:
分離プランやユーザー還元策の影響は? 3キャリアの決算を振り返る
新料金プランが好調のドコモとau。一方、Y!mobileブランドが好調なソフトバンクは、分離プランに対しては静観の構えを見せる。ドコモは減益、国内通信事業に限るとソフトバンクも減益となるなど、ユーザー還元策の影響が出ている。(2017/8/8)

ソフトバンクの孫正義社長「UberおよびLyftとの議論に関心」
ソフトバンクの孫正義社長が第1四半期決算説明会の質疑応答で、Uber出資のうわさを認めた。「UberあるいはLyftのいずれと提携あるいは出資することになるかまだ分からないが、関心があることは確かだ」と語った。(2017/8/8)

製造マネジメントニュース:
「2期連続の減収減益を回避したい」、トヨタが積み重ねる収益改善活動
トヨタ自動車は、2018年3月期(2017年度)第1四半期(4〜6月期)の決算を発表した。売上高と連結販売台数は増加したが、営業利益は前年同期比で減少。トヨタ自動車の大竹氏は「残念な結果」としつつも、2期連続の減益を回避すべく収益改善を一層強化する。(2017/8/7)

円安が寄与:
トヨタ、利益予想を上方修正 北米の収益回復が課題
トヨタ自動車は、2018年3月期の連結営業利益を上方修正。想定為替レートを円安に見直したほか、原価改善活動の成果などを織り込んだ。収益で苦戦する北米は、新型「カムリ」で回復を狙う。(2017/8/4)

通期としては減収減益:
グリー、低迷期から復活なるか 新規タイトル好調
グリーが2017年6月期の通期連結業績を発表。長い低迷期にあったグリーだったが、新規にリリースしたスマートフォン向けアプリゲームが好調。さらなる成長に期待を寄せる。(2017/8/4)

コロプラ減収減益 既存タイトル不振で 来期は「他社IP」活用に本腰
コロプラの17年9月期第3四半期は、売上高が前年同期比40.8%減の382億円、営業利益が61.6%減の98億円と減収減益に。主力スマホゲームの不振が続いた。(2017/8/2)

「プロ野球VS」リリースも:
コロプラ、大幅な減収減益 来期は「他社IP」活用に舵切り
コロプラが2016年10月〜17年6月の連結決算を発表。既存タイトルの落ち込みを新規タイトルが補えず、大幅な減収減益に。自社IPで知られるコロプラだが、来期は他社IPの積極活用に舵を切る。(2017/8/2)

テザリング料金は「もうしばらくお待ちを」――KDDI田中社長と一問一答
8月1日、KDDIが2017年度第1四半期決算を公表した。報道関係者向け決算説明会における記者と田中孝司社長のやりとりを見てみよう。(2017/8/2)

ソニー10年ぶり最高益 電機7社、アジア好調 3社黒字転換 4〜6月期
経営再建中の東芝を除く電機大手7社の2017年4〜6月期連結決算が1日、出そろった。(2017/8/2)

Apple決算は予測超の増収増益 秋のiPhone発売についてクックCEOは
Appleの4〜6月期決算は、Apple Payなどのサービスが過去最高の売上高で、iPad売り上げも数四半期ぶりの増加で増収増益だった。次期iPhoneが発売されるとみられる7〜9月期の売り上げ予測はかなり強気だ。(2017/8/2)

製造マネジメントニュース:
ソニー1Qで過去最高の営業益、ただ経営陣は危機感強める
ソニーは2018年3月期(2017年度)第1四半期の決算を発表。第1四半期としては過去最高の営業利益を達成した。(2017/8/2)

ソニー吉田副社長「イメージセンサーのニーズ高まっている」
「スマホに搭載されるCMOSイメージセンサーの数、ニーズは高まっている」――ソニーの吉田副社長が決算説明会でそう話した。(2017/8/1)

4〜6月期は増収増益:
ホンダ、営業利益を上方修正 円安方向に見直し
ホンダは、2018年3月期の連結営業利益予想を期初計画から上方修正。為替を円安方向に見直した。販売台数計画は据え置き。北米、アジアを中心に、新型車投入で販売台数を増やす。(2017/8/1)

三菱電機 FAシステムの受注が好調 18年3月期、過去最高益見通し
アジアでの設備投資需要の増加を背景に、工場を自動化する設備の受注が高水準で推移しているほか、ユーロの為替想定を円安方向に見直した。(2017/8/1)

営業利益率14.6%:
ルネサス17年4〜6月売上高、30%成長を達成
ルネサス エレクトロニクスは2017年7月28日、2017年12月期第2四半期(2017年4〜6月)の業績を発表した。(2017/8/1)

業績は好調:
ZOZOTOWN、26時間サーバダウンの影響は「限定的」
スタートトゥデイが決算会見で6月の長時間サーバダウンについて「業績への影響は限定的」と説明。業績は好調で、新規購入者とアクティブ会員が安定して増加している。新規ブランドの増加やツケ払いなど決済手段の拡充が好調の要因。(2017/8/1)

「ステマ」指摘も:
ヤフー通販の広告問題 宮坂社長「メディアと小売りは別物」
ヤフーがコマース事業に注力。業績好調の一方で、「Yahoo!ショッピング」の広告に関する問題も指摘されている。ヤフーはどのようにコマース事業を展開していくのか、決算会見で宮坂学社長が語った。(2017/7/29)

ヤフー宮坂社長「Eコマースにパワーを集中」「ニーズないサービスやめる」
「ニーズがなくなっているサービスはやめ、Eコマースなどにパワーを集中させる」――ヤフーの宮坂学社長が、決算説明会で今後の展望を語った。(2017/7/28)

ヤフーのスパコン「kukai」 ヤフートップや音声認識技術に活用
7月28日の決算説明会で、ヤフーの宮坂社長がスーパーコンピュータ「kukai」の活用について言及。コンテンツのパーソナライズ精度向上などに役立てるという。(2017/7/28)

ガンホー減収減益 「パズドラ」の売上減響く
ガンホーの2017年1〜6月期の連結決算は、2割以上の減益に。主力のスマホゲーム「パズドラ」の売上高減少が響いたという。(2017/7/28)

「docomo with」などは好調:
ドコモ、減益も「計画通り」 クーリングオフ問題は「改善」
NTTドコモが2018年3月期 第1四半期の連結決算を発表。顧客還元施策の影響で減益となったが、吉澤社長は「計画通り」と自信を見せる。6月に問題となった、端末のクーリングオフ時にスタッフが説明を怠っていた問題は改善に向かっているという。(2017/7/28)

Amazon.com、売上高は2桁増も技術投資がかさみ77%の大幅減益
Amazon.comの4〜6月期決算は、AWSが好調で25%の増収だったが、新技術開発のための投資などがかさみ、77%の減益だった。(2017/7/28)

ドコモ 1Qは減益でも「計画通り」 MVNOを除いた契約数は「横ばい」
ドコモの2017年度第1四半期は増収減益となった。吉澤社長はこの結果は「計画通り」と話す。MVNOを抜いたドコモブランドの契約数は横ばいとのこと。(2017/7/28)

「AbemaTVの先行投資やめない」 増収減益のサイバーエージェント、新事業に手応え
サイバーエージェントが2017年4月〜6月期の連結決算を発表。前年同期比で増収減益となったが、「AbemaTV」への投資は継続する方針だ。(2017/7/27)

Facebook、広告収入4割増で予想を上回る増収増益
Facebookの4〜6月期の決算は売上高、純利益ともにアナリスト予測を上回る2桁台の増収増益だった。月間アクティブユーザー数(MAU)は20億人を突破し、広告収入が47%増だった。(2017/7/27)

ダウンロードやスマホも成長:
任天堂、Switch好調も 通期予想は据え置き
任天堂が2017年4〜6月期の連結決算を発表。売上高は前年同期比約2.5倍の1540億円と大幅に拡大。新型ゲーム機「Nintendo Switch」がけん引した。(2017/7/26)

Switchがけん引、任天堂4〜6月期は黒字転換
任天堂の4〜6月期の連結決算は、Nintendo Switchの好調がけん引し、純利益が212億円の黒字に転換(前年同期は245億円の損失)した。(2017/7/26)

日産との提携効果も:
三菱自、4〜6月期は営業益4.5倍、燃費不正の特損消え最終黒字に
三菱自が発表した2017年4〜6月期の連結決算は、営業利益が前年同期比4.5倍の206億円となった。(2017/7/26)

役員報酬「1億円超え」最多に あの企業には22人も
17年3月期に1億円以上の報酬を受け取った上場企業の役員は457人で最多を更新した。ただ、業績に連動する報酬の割合が相対的に高い欧米と比べると、水準にはなお大きな格差があり、そう簡単には埋まりそうにない。(2017/7/26)

Alphabet、売上高は予想を大幅に上回るもEU制裁金で純利益は28%減
Googleの持株会社Alphabetの4〜6月期決算は、売上高は21%増と好調だったが、純利益はEUへの27億ドルの制裁金支払いが響き、28%減だった。(2017/7/25)

Microsoft、クラウド好調で予想を上回る増収増益
Microsoftの4〜6月期決算は、アナリスト予測を上回る増収増益。Azureなどのクラウド事業が好調で、純利益はほぼ倍増だった。(2017/7/21)

「8月提出に向け全力」:
監査法人が意見表明しないとの報道は事実でない=東芝
東芝は、17年3月期の有価証券報告書で監査を担当するPwCあらた監査法人が意見不表明とすると一部が報じたことについて、そうした事実はないとコメント。(2017/7/13)

うどん・すし・ステーキも人気:
吉野家HDの1Q、営業益が前年比約5倍に拡大 牛丼が躍進
吉野家ホールディングスが、2018年2月期 第1四半期の連結決算を発表。「吉野家」「はなまるうどん」の好調などにより増収増益だった。(2017/7/7)

純利益165億円:
アニプレックス、前期比2.24倍の好業績 「FGO」効果か
アニプレックスが官報に決算公告を掲載。2017年3月期の純利益は前期比2.24倍の165億6200万円に。「Fate/Grand Order」の好調が業績を後押しか。(2017/7/4)

人員削減検討しない:
東芝、株主総会で社長が陳謝 半導体売却は現在も交渉中
東芝の綱川社長は28日の定時株主総会で、決算報告や有価証券報告書の提出が遅れ、8月1日から東証2部への降格が決まったことを陳謝した。(2017/6/28)

債務超過を確認次第:
東芝、8月までに東証2部降格へ
東芝が、2017年3月期の決算内容をまとめた有価証券報告書の提出期限の延期を金融庁に申請したと発表。東京証券取引所は、同社の債務超過を正式に確認次第、上場市場を東証2部へと変更する方針だ。(2017/6/23)

企業動向を振り返る 2017年5月版:
「iPhone10周年」を控える中、足元にくすぶる火種
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届けする「企業動向を振り返る」。5月は各社より決算が発表されましたが、明暗は分かれたようです。iPhoneを巡る、AppleとQualcommの訴訟は「10周年モデル」の登場前に解決するのでしょうか。(2017/6/23)

自身の歴代最高額を更新:
上場企業の役員報酬額、1位は元SBアローラ氏の103億円
東京商工リサーチの調査によると、上場企業の中で最も高い報酬を手にしている役員は、元ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ氏。2017年3月期に計約103億4600万円を稼いだという。(2017/6/21)

「アイケア戦略」は奏功:
メガネスーパー、不振脱却への道は「IoT」と「M&A」
メガネスーパーが、2017年4月期の連結決算を発表。減益だったが、最終黒字に踏みとどまった。今後は「アイケア戦略」のほか、他の眼鏡店の買収・合併と、ウェアラブルデバイス「b.g.」の販売に注力していくという。(2017/6/21)

全世界累計150万本突破だが……:
アトラス、5億7000万円の赤字 「ペルソナ5」大ヒットも
アトラスが決算公告を官報に掲載。2017年3月期には「ペルソナ」「世界樹の迷宮」シリーズ最新作を発売していたが、最終損益は5億7000万円の赤字に。(2017/6/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。