ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国内旅行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

若者の旅行離れを防げ:
テーマは「ルーズ」 星野リゾートが開業する20代の若者向けホテルとは?
若者の旅行離れが叫ばれる中、星野リゾートは20代をメインターゲットにした「星野リゾート BEB 軽井沢」を2019年2月に開業する。テーマは「ルーズ」だという。(2018/9/27)

離れて絆が強まる家族も:
家族がいるのに「単身赴任」が決まってうれしい人は2割 「仕事に集中できる」「自由だ」などの声
オンライン総合旅行サービスを運営するエアトリが単身赴任に関する調査を実施。家族がいるにもかかわらず「単身赴任が決まってうれしい」人は19%いたことが分かった。一方、離れて絆が強まる家族も多かった。(2018/9/21)

行き先は海外より国内が吉?:
異性と「一緒に旅行」した際、約半数の男性が相手に恋 ただ交際に発展は2割
オンライン総合旅行サービスを運営するエアトリが「男女での旅行」について調査を行った。男性は女性より一緒に旅行した異性にほれやすい事実が分かった。ただ、交際に発展するケースは2割にとどまっていた。(2018/9/14)

達成できない人も多数:
働く人が「定年までにためたい資金」はいくら? 7000人に聞いた結果は……
ビジネスパーソンが、定年までにためておきたい資金は?――日本生命調べ。(2018/9/11)

今日のリサーチ:
「トリップアドバイザー」「フォートラベル」などが躍進、旅行業界Webサイト訪問者数――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは、同社がまとめるネットユーザー行動分析トレンドreportにおいて、「2018夏の旅行」に関する調査結果を発表しました。(2018/8/2)

子連れ旅行の不安を軽減 子どもとの移動をスムーズにする6つのアイデア
子どもを連れてのお出掛けは「ベビーカーを使って大丈夫か」「おむつ替えできる場所はあるかなど、不安なことがたくさん。そこで帰省や旅行など何かと子連れ移動が増えるこの時期におすすめなサービスや製品を子育て中の母目線で紹介します。(2018/7/28)

「スーパーマリオ」がトラベルグッズに変身 イヤッフーなかわいさ
全16種類が夏に登場!(2018/7/3)

JALが自転車輪行用の箱「SBCON」を開発 自転車ファンが「泣いて喜ぶ」のはなぜか?
そもそも「輪行」って、何?。「いきなりロングライド!!」著者アザミユウコさんにも対策を聞きました。(2018/7/2)

ニュースの深層:
病院悲鳴! 訪日外国人の医療費未払い続出で「経営圧迫」 一人数百万円も……
訪日客の増加を受け、けがや病気で病院を受診した外国人患者が医療費を支払わないケースが続出している。(2018/6/13)

1両まるまるフリースペース、女性専用席や個室も JR西日本が新しい長距離列車のデザイン公開
各車両でデザインが違う斬新なレイアウト。(2018/5/23)

東京メトロ、1日乗り放題乗車券などAlipayで購入可能に 訪日外国人旅行者向け
東京メトロが1日乗り放題乗車券「Tokyo Subway Ticket」と訪日外国人旅行者向け乗車券「Greater Tokyo Pass」をオンライン決済サービス「Alipay」で購入できるようにする。上野駅旅客案内所で4月27日から。(2018/4/23)

休み方改革、半数が「知らない」 「誰と過ごしたいか」で男女差 DeNAトラベル調べ
休暇の在り方を見直す「休み方改革」が国の政策として進められているが、DeNAトラベルの調査では半数近くが「知らない」と回答。休暇を「パートナーと過ごしたい」という意識には男女で大きな差が見られたという。(2018/4/16)

携帯番号で支払える「Paidy」がホテルの予約にも対応 “キャンセル”抑止にも
携帯電話番号とメールアドレスを使った後払いの決済サービス「Paidy」が、宿泊施設の支払いにも対応。ダイナテックのホテル予約システム「ダイレクトイン」との連携で実現。ユーザーはクレジットカードを使わずに事前決済ができるようになる。(2018/3/1)

H.I.S.と日本通信、旅行者向け「格安SIM」でタッグ 新会社「H.I.S.Mobile」設立
H.I.S.と日本通信が新会社「H.I.S.Mobile」を設立。格安スマートフォン、SIMなどの販売事業を手掛ける。(2018/2/15)

民泊解禁の影響は?:
2018年の旅行業界はどう動く? JTBの予測は……
2018年の旅行業界はどう動く?――JTBが予測を発表。(2018/1/5)

歌舞伎町でじっくり読書 泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」 2018年春、新宿にオープン
静かな時間を過ごせそう。(2017/12/20)

「ARCツアー」のアバンティリゾートクラブが事業停止 「資金繰り・業績の悪化に伴い業務継続が困難」
セルフブッキングスタイルの浸透も要因。(2017/10/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
インバウンドを盛り上げる「日本海縦断観光ルート」胎動
京都丹後鉄道を擁するWILLERと日本海沿岸の新潟市、敦賀市、舞鶴市、豊岡市は「日本海縦断観光ルート・プロジェクト」を発表した。豊かな観光資産を持つ地域が連携し、従来の拠点往復ではない「回遊の旅」を提案する。成功の条件は「移動手段の楽しさ」だ。交通事業者にとって大きなチャンスである。(2017/9/29)

週刊「調査のチカラ」:
なぜ山に登るのか――そこに「山ガール」がいるから? それとも「山の日」だから?
待ちに待ったサマーバケーションが到来。で、この夏の旅行やレジャーの動向を調査データから探ってみます。(2017/8/5)

SNSなど利用しやすく:
携帯各社、17年も富士山頂をLTEエリアに
7月1日に予定されている富士山の山開きを前に、携帯電話事業者(キャリア)が山頂や登山道でデータ通信サービスを提供することを発表した。(2017/6/26)

40万〜80万室を提供へ:
物件数でAirbnb超え目指す 楽天とLIFULLが民泊参入
LIFULLと楽天が、ジョイントベンチャー「楽天 LIFULL STAY」を設立し、国内での民泊事業に参入すると発表。両社の豊富な物件データと顧客基盤を生かし、国内では民泊サービス大手の米Airbnbを上回る物件数の提供を目指すという。(2017/6/22)

庭山一郎の「欧州マーケティング紀行」 【前編】:
英語の国で生まれたB2Bマーケティング、欧州各地の最新事情
「InterDirect Managers Meeting 2017」に参加するため2017年5月に欧州に出張したシンフォニーマーケティング代表取締役の庭山一郎氏。かの地におけるB2Bマーケティングの現状を解説する。(2017/6/20)

40〜60代の女性は“自分爆発レディ” 博報堂がダイナマイトな命名を生み出しTwitterのレディたちが爆発
男版はバンマーマンかな。(2017/6/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
伸ばせば3メートル以上! ジャバラ地図『全国鉄道旅行』の存在意義
出版不況と電子地図の普及によって、紙の地図には向かい風が吹いている。しかし、日本の鉄道路線図を1枚に収めた『全国鉄道旅行』が毎年1万部以上と堅調な売れ行きだ。正縮尺ではないデフォルメ地図に、一定のファンが付いている。実は筆者もそのひとりだ。(2017/5/26)

富裕層向け:
全席窓側の10席 JTBの豪華バス、高級国内旅行の武器に
JTB首都圏は、4月に導入するオリジナルラグジュアリーバス「ROYAL ROAD PREMIUM(ロイヤルロード・プレミアム)」を公開。全席窓側のシートなど、豪華な設備を見学した。(2017/3/30)

マネーの達人:
プレミアムフライデーで生活はどう変わる?
2017年2月24日の金曜日から「プレミアムフライデー」が始まります。「月末最後の金曜日をいつもと違う豊かさを楽しむ日にしよう」という官民一体の取り組みですが、果たして私たちの生活に大きな変化は現れるのでしょうか。(2017/2/17)

訪日外国人は過去最多:
2017年の旅行市場はこうなる JTBが予測
JTBが調査結果を発表。訪日外国人旅行者が増加し過去最多となる一方、海外旅行のコスト増などが原因で日本人の旅行者数は昨年から変動が少ないと予測する。(2017/1/13)

週刊「調査のチカラ」:
「プレミアムフライデー」のビジネスチャンスはどこにある?
忘年会にお歳暮に、お金が動くシーズンが到来。2017年2月には「プレミアムフライデー」がスタート。2016〜2017年、日本の「消費」はどう変わるのか。調査データで探る。(2016/12/17)

航空機のような有人機で宇宙旅行へ H.I.SとANA、宇宙輸送事業化に向けた開発会社との提携を発表
もうすぐ国内旅行、海外旅行、宇宙旅行の3択になるかも……!?(2016/12/2)

なぜ今女子高生に人気? 新しい「韓流ブーム」の実態
なぜか今、女子高生の間で「韓流ブーム」が来ています。(2016/11/26)

“読書中の寝落ち”を最高とする「泊まれる本屋」、京都店は12月2日オープン 今度は地ビールも飲める
ホステル「BOOK AND BED TOKYO」の第2店舗目が京都・祇園にやってくる。(2016/11/25)

SNS、曲がり角? 「よく使う」人が初めて減少 JTB調査
JTB総合研究所がスマートフォンの使用目的などに関する調査結果を発表した。(2016/11/11)

ファーウェイ、2in1タブレット「HUAWEI MateBook」を使用したイラストコンテストを開催――11月22日まで
華為技術日本は、同社製2in1タブレットPC「HUAWEI MateBook」を使用した「『キミの夢を描いて!掴め!』イラストコンテスト」の開催を発表した。(2016/10/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR収益増の秘策「JRデスティネーションキャンペーン」に新たな展開?
旅行会社を対象に優秀な鉄道旅行企画を表彰する「鉄旅オブザイヤー」は、今年度から一般部門「ベストアマチュア賞」を創設した。応募条件は「JRデスティネーションキャンペーンをからめた旅行企画」だ。このJRデスティネーションキャンペーンは地域観光に絶大な効果があるのだが……。(2016/9/30)

2016年シルバーウイーク、何日休める?
2016年のシルバーウイークは短め?――ウェブクルー調べ。(2016/9/13)

TwitterやInstagramで人気の旅先を地図上でオススメ:
H.I.S.が「みんなで作ろう!ソーシャルマップ」を提供開始
エイチ・アイ・エスは、SNSで特に反響のあるスポットを地図上に表示するサービスSNAPLACEと共同で、「みんなで作ろう!ソーシャルマップ」を始動したと発表した。(2016/7/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
英国で“爆買い”が増える? 外国人がたくさんやって来るかもしれない
EUの離脱をめぐって、英国が混乱している。しばらくゴタゴタは続きそうだが、そんな中でも盛り上がりの兆候を見せている分野がある。その分野とは……。(2016/7/14)

読書中に“寝落ち”できる「泊まれる本屋」2店目が京都に
「泊まれる本屋」がコンセプトのホステル「BOOK AND BED TOKYO」の2店目が京都市内に。(2016/7/8)

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が関西初進出! 京都の街を歩いた後は本に囲まれて夢の中へ
※本は売りません。(2016/7/8)

LGBTに該当する人は5.9%
「LGBT」という言葉に触れる機会が多くなってきたが、実際のところどのくらいの割合で存在しているのだろうか。全国の20〜50代の男女に聞いたところ……。LGBT総合研究所調べ。(2016/6/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
列車の車内販売を終わらせてはいけない理由
鳥取県の若桜鉄道で2016年5月から車内販売が始まった。山陰地方で唯一の車内販売だという。全国的に車内販売は縮小傾向にある中で、地方のローカル線やJR東日本の首都圏のグリーン車で車内販売を実施している。車内販売の廃止と開始、その違いは付帯サービスか付加価値か、という考え方の違いでもある。(2016/5/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「TRAIN SUITE 四季島」の価格は世界トップクラス、サービス内容は見合っているか?
JR東日本がクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」の運行概要を発表した。同期デビューの「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」、運行中の「ななつ星in九州」と合わせて、「クルーズトレイン御三家」が出そろった。お互いにライバル、そして海外の観光列車との競争になる。(2016/5/13)

GW、2日休めば10連休 実現できる人はどのくらい?
今年のGWは、2日(5月2日と6日)休むと10連休となる。しかし、それを実現できる人は少ないようだ……。(2016/3/23)

PR:まさに現代のゴールドラッシュ!――「dのオーラ」をまとい明るく楽しい錬金生活
「dの世界」の入口に立つことができたカネナシ。しかし、この世界の深さはまだまだこんなものじゃない。dポイントの「使う」「ためる」をマスターしなければ、dの神髄は味わえない。カネナシの運命や、いかに!?(2016/3/1)

KDDI、ネットで24時間申し込み「auのほけん・ローン」 通話料とのセット割も
KDDIが「auのほけん・ローン」の提供を4月にスタート。auのスマホとのセット割引や、ネット申し込みによる保険料の削減が特徴だ。(2016/2/17)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
一円電車から6400キロ超えの弾丸ツアーまで 「鉄旅オブザイヤー2015」をおさらい
旅行会社による鉄道系企画旅行を品評する「鉄旅オブザイヤー」の表彰式が開催された。受賞作品、ノミネート作品から、旅行会社が取り組む市場が見えてきた。それは鉄道、旅に限らず、趣味性の市場に共通のキーワードかもしれない。(2016/1/29)

インテリジェンス 平均年収ランキング:
前年比2万円減――2015年の平均年収は440万円
転職サービス「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンスは、「平均年収ランキング2015」を発表した。(2016/1/13)

キャリアニュース:
2015年の平均年収は440万円――管理部門が年収アップ
転職サービス「DODA」が、ホワイトカラー系職種の男女約22万人を対象にした調査結果を発表。2015年の平均年収は440万円で、前年比2万円減となった。(2016/1/13)

サラリーマンの平均年収はいくら? 2015年ランキング
転職サービス「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンスは12月7日、「平均年収ランキング2015」を発表した。それによると……。(2015/12/7)

HIS、中国の旅行会社と合弁会社 訪日観光客事業を強化
HISが中国の旅行会社LY.comと合弁会社を設立。訪日中国人向けの事業を拡大する。(2015/11/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。