ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「下町」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「下町」に関する情報が集まったページです。

世界を「数字」で回してみよう(49) 働き方改革(8):
私を「疾病者」にしたのは誰だ? 労働と病(やまい)の切っても切れない関係
現代の社会において、労働と病(心身の)の関係は切っても切り離せません。会社組織には、「労働者」を「疾病を抱える労働者」へと変貌させる機能が備わっているのかと思うほどです。今回は、「労働者の疾病」に焦点を当ててシミュレーションを行ってみました。(2018/5/22)

【連載】浅草ソーシャルおじさんが教える、小さな組織のメディア運営 最終回:
訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わりつつあるようです。(2018/4/20)

えんやの銭湯イラストめぐり:
熱々サウナにマイナス5度の外気浴! 本場フィンランドの公衆サウナ「SAUNA ARLA」が最高すぎた
今回は番外編! サウナの本場、フィンランドの公衆サウナを体験してきました。(2018/4/15)

「こち亀」を読んでまだ見ぬ東京に憧れていたあの頃
頭の中にあった浅草。(2018/4/14)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
熱意ある情シスが組織を変える、まずはITで“風穴”をあけろ――LIXIL CIOの小和瀬浩之氏
情報システム部門こそ事業や組織をドラスティックに変える力を持つと語るLIXILのCIO 兼 情報システム本部長 小和瀬浩之氏が語る、情シス像とは?(2018/3/30)

えんやの銭湯イラストめぐり:
スカイツリーを見上げながらハンモックでゆらゆら…… 押上「大黒湯」の露天風呂が全力で人をダメにしにきている件
人をダメにする銭湯だこれ!(2018/2/27)

きっかけは「下町ボブスレー」 日本の町工場、東京五輪で“雪辱”へ
東京五輪に向け、東京都内の町工場が中心となって競技用具を開発するプロジェクトが相次いで進行している。そのきっかけは「下町ボブスレー」。「日本のモノづくりの素晴らしさを世界に」という関係者の思いが広がっている。(2018/2/26)

大田区、ジャマイカ色のご当地ナンバープレートを交付終了へ
今後は黒を基調としたソリをデザインしたものに。(2018/2/21)

タイムアウト東京のオススメ:
ジャパンブルーに染める
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/2/15)

「我々にとっても苦痛です」下町ボブスレーがジャマイカへの法的措置を予告 五輪で採用なければ損害賠償請求へ
法的措置の予告に至った経緯は下町PJのサイトでも公開されています。(2018/2/8)

歴史が感じられる、あの下町:
東西線の「はやりそうな駅」、2位は「神楽坂」 1位は……?
東西線沿線に住む人が「これからはやりそう」と考える駅は?――LIFULL調べ。(2018/1/29)

夏目の「経営者伝」:
「あと3カ月で資金が尽きます」 “ステーキ王”を生んだ苦難と覚悟
2017年8月15日、ペッパーフードサービスは東証一部上場を果たした。1970年に誕生したたった12坪の店は大企業へと成長。だが、同社社長の一瀬邦夫氏は新たな目標を掲げている。「アメリカでチェーン展開し、全米制覇を目指す!」と言うのだ。一瀬氏の人物伝、第2回はズバリ「夢のかなえ方」だ。(2017/12/28)

「悲鳴を上げて泣き崩れた」 神田沙也加、長年の夢を実現させ感無量の思いを明かす
ミュージカル「マイ・フェア・レディ」のイライザ・ドゥーリトル役決定に歓喜。(2017/12/26)

えんやの銭湯イラストめぐり:
女性サウナーは今すぐ行くべき! 南千住「湯どんぶり栄湯」を今一番オススメしたい理由
今回はえんやさんが「絶対紹介したい!」と熱く語る「湯どんぶり栄湯」をご紹介。女性サウナーに特にオススメしたい理由とは(2017/12/16)

えんやの銭湯イラストめぐり:
しょ、昭和だああああ! 赤じゅうたんの宴会場が風情たっぷり「蒲田温泉」は焼きそばがうまい
「えんやの銭湯イラストめぐり」11回目は東京都大田区の「蒲田温泉」を紹介。赤絨毯の宴会場がイイ味出しています。(2017/12/2)

えんやの銭湯イラストめぐり:
えっと、ここ銭湯ですよね? 1万冊の漫画が壁にびっしり! 立川「梅の湯」のこだわりに震えろ
「えんやの銭湯イラストめぐり」、第10回はアニメ・マンガの街として有名な立川から、膨大な漫画書庫で有名な「梅の湯」を紹介します。(2017/11/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コメダが“コッペパン”に注力し始めた理由
コメダ、ドトールがコッペパン専門業態に進出。幅広い層に支持されており、ヒットしている。大手コーヒーチェーンがコッペパンに力を入れる狙いとは?(2017/11/7)

えんやの銭湯イラストめぐり:
銭湯猫のタタミちゃんがお出迎え 川口のオシャレ銭湯「喜楽湯」にみんなも来るニャ
お風呂も猫も楽しめるとか控えめに言って最高じゃないですか?(2017/10/28)

えんやの銭湯イラストめぐり:
これは事件だ 銭湯マニアがざわついた、銭湯界の超新星「萩の湯」は何がそんなにすごいのか全力で解説します
「今度できる萩の湯はすごい」「あそこはやばい」――今年の春ごろから、銭湯マニアの間で話題になっていた「萩の湯」のすごさとは。(2017/9/30)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<後編>
作品づくり、ロジカルとイロジカル、そして死について。(2017/9/23)

新業態パルコやTOHOシネマズ入居:
「上野フロンティアタワー」11月開業 下町盛り上げる
2014年に閉館した松坂屋上野店南館の跡地に建設中の商業ビル「上野フロンティアタワー」が11月4日にオープンする。百貨店ではなく、新業態の「PARCO」や「TOHOシネマズ」が入居した複合施設として運営する。新たな顧客層を取り込み、地域の活性化につなげる狙い。(2017/9/14)

えんやの銭湯イラストめぐり:
ダイナミックな露天岩風呂が魅力 三鷹「のぼり湯」は体重計にも注目!
実は隠れた優良銭湯スポットでもある三鷹。その中でも露天岩風呂がステキな「のぼり湯」を紹介します。(2017/9/9)

えんやの銭湯イラストめぐり:
都内最大級の露天風呂は開放感満点! 下町の銭湯好きが集まる名店「寿湯」
「えんやの銭湯イラストめぐり」、第5回は銭湯好きの間でも有名な上野(稲荷町)の銭湯「寿湯」です。(2017/8/12)

もうホリエモンロケットとは呼ばせない:
民間初の宇宙到達を目指すロケット「MOMO」、その挑戦の意義を探る
インターステラテクノロジズ(IST)は、観測ロケット「MOMO」の打ち上げを2017年7月29日に実施する。実業家の堀江貴文氏が創業に関わっているためホリエモンロケットと呼ばれることも多いISTのロケットだが、今回のMOMOの挑戦は、日本の宇宙開発にとって大きな一歩になるかもしれない。(2017/7/25)

小売・流通アナリストの視点:
日本の百貨店はまた同じ道をたどるのか?
インバウンド消費によって支えられている日本の百貨店だが、この恩恵が未来永劫続く保証はない。客離れという本質的な問題にメスを入れ、大変革を遂げるのは今しかないのではなかろうか。(2017/7/20)

世田谷区の人気タウン:
勢いがあるのはどっち? 三軒茶屋VS. 下北沢
三軒茶屋駅と下北沢駅は双方とも同じ世田谷区にある。両駅とも個性的なスポットとして人気があるが、街の勢いはどちらにあるのだろうか。比較してみた。(2017/7/17)

北千住と赤羽が浮上:
住みたい街の基準、潮目は変わったのか?
毎年発表されている「住みたい街(駅)ランキング」に、異変が起きている。「北千住」や「赤羽」など、これまであまり見向きもされなかった街が、人気エリアとして浮上している。今後、どんな街が浮上して、どんな街が寂れていくのだろうか。(2017/7/10)

中小企業イベントレポート:
まるで下町ロケット! 大企業を捨て町工場を継ぎ手にした“ワクワク”する生き方
東京都の下町、葛飾区にある小川製作所の小川真由(まさよし)さん。新卒で大手重工業メーカーに就職するも、家業を継ぐために中小企業に転職して修行。現在、メーカー勤務時代に習得した設計技術と、修行時代に培った営業力を生かし、家業の町工場を切り盛りしている。一体、なぜ町工場を継ぐ道を選んだのか。就職活動を控えた学生たちを前に、小川さん本人が語った。(2017/7/7)

えんやの銭湯イラストめぐり:
源泉100%の「美肌の湯」でツルツル肌に! 下町情緒漂う蒲田の名店「はすぬま温泉」
「えんやの銭湯イラストめぐり」、第2回は「美肌の湯」で有名な蒲田・はすぬま温泉を紹介します。(2017/7/1)

タイムアウト東京のオススメ:
夏は祭り三昧する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/6/13)

名作野球漫画「キャプテン」「プレイボール」の続編が連載開始 「グラゼニ」作者が絵柄を再現
これはアツいおっさんホイホイ。(2017/4/5)

上野の博物館&美術館10施設を2000円で回れる! 共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」4月1日発売
新たに「特別展チケット」付きも登場。(2017/3/23)

水曜インタビュー劇場(ピョーちゃん公演):
だからブラック企業の「生産性」は低い、いくつかの理由
「欧米企業に比べて、日本の生産性は低い」といった話をよく耳にするようになったが、多くのビジネスパーソンはピンとこないかもしれない。世界の常識と日本の常識はどこがズレているのか。グーグルなどで人材育成に携わったピョートルさんに聞いたところ……。(2017/3/15)

オンリーワン技術×MONOist転職(9):
高精度技術はスマホから宇宙へ――中島田鉄工所
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第9回。今回は、スマホの極小ネジ製造装置から航空宇宙関連事業まで、高精度な加工・組み立て技術で挑戦を続ける中島田鉄工所を紹介する。(2017/3/3)

フェリシモ「500色の色えんぴつ」の新シリーズ 東京下町の職人さんが手掛けた「TOKYO SEEDS」誕生!
オリンピックを迎える街をスケッチしたい。(2017/2/17)

実写映画「3月のライオン」場面写真公開 走る桐山零(神木隆之介)、川本家3姉妹とのだんらんシーンも
神木きゅんがプロ棋士の顔になっている……ッ。(2017/1/23)

今年で4回目! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい! 2017
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」、毎年恒例の特別企画。2016年に発表された作品の中でUKお気に入りのマンガベスト10を発表!(2017/1/14)

ねとらぼレビュー:
すごいドラマが始まった……! おじさんたちのテラスハウス「バイプレイヤーズ」が第1話からぶっこみまくり
「どんな現場も誇りを持ってやってますんで!」(2017/1/14)

永井豪「鋼鉄ジーグ」へのオマージュ映画「皆はこう呼んだ、『鋼鉄ジーグ』」、2017年5月より日本公開
日本版ではナレーションを遠藤憲一さんが担当。(2016/12/27)

CAEニュース:
米MSC、国産CFDソフトベンダー クレイドルを買収
熱流体解析ソフトウェアで知られる国産CFDベンダー ソフトウェアクレイドルが米MSC Softwareに買収された。MSCがクレイドルの全株式を取得し、MSC傘下のグループ企業となった。(2016/12/26)

どこからでも好きな景色を楽しめる? のぞくと360度映像が広がる「VR望遠鏡」が開発される
この発想があったか……。(2016/12/24)

センス・オブ・ワンダー? 知りたきゃこれを読め!
この本を読め。これを読んで感じた驚きがセンス・オブ・ワンダーだ!(2016/12/21)

実写ドラマ「弱虫ペダル」続編が早くも制作決定! 1年目のインハイ戦描く
主演の小越勇輝さんは「更にペダルを回し、熱く」と気合十分。(2016/12/15)

ドラマ「逃げ恥」、見逃し配信で新記録 総再生数1000万回突破で「下町ロケット」超え
一番人気はキスシーンに沸いた第6話。(2016/11/29)

14年ぶりアニメ復活「機動警察パトレイバー REBOOT」期間限定でWeb公開
短編アニメ「機動警察パトレイバー REBOOT」が、日本アニメ(ーター)見本市のWebサイトで公開。パトレイバーが14年ぶりにアニメ版として復活した。(2016/11/24)

○○駅の拠点力(赤羽編):
交通の便がいい「赤羽」は、どんな街なのか
街歩きの番組で「庶民的な街」「昼から飲める街」として、東京都・北区の赤羽がよく取り上げられている。そんな赤羽は、どのような特徴があるのだろうか。(2016/10/21)

TBSオンデマンドで月額900円の定額見放題サービス開始 「けいおん!」「下町ロケット」など
バラエティも「マツコの知らない世界」など充実。(2016/10/3)

実写映画「3月のライオン」 神木隆之介演じる主人公の場面カットが公開! 本人だこれ
大友監督は神木さんについて「零のキャラクターと重なる部分が多い」とコメント。(2016/9/24)

水曜インタビュー劇場(水泳帽子公演):
なぜ学校のプールで「水泳帽子」をかぶるのか 知られざる下町企業のチカラ
プールの授業で使っていた「水泳帽子」はどこのメーカーでしたか? このように聞かれて、即答できる人はほとんどいないはず。多くの人は考えたこともないだろうが、いまから50年ほど前に水泳帽子が生まれ、市場をつくってきた会社がある。東京の下町にある「フットマーク」という会社だ。(2016/8/31)

厳しい要求に応えるのは「それが面白いから」:
iPhoneの白は荒川区の下町で作られている
「Appleとの取引は未知との遭遇」――その始まりはイタズラメールのようだった。(2016/8/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。