ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「うなぎ」最新記事一覧

幻の和製スーパーカー「NSX」10年ぶり復活! きょう国内投入
ホンダは、10年ぶりの復活となる高級スポーツカー「NSX」を25日に国内投入。ファンのみならず熱い注目が注がれている。(2016/8/25)

10年ぶり:
幻のスポーツカー「NSX」が復活! ハイブリッド車で573馬力、値段は15万6000ドルから
ホンダは、高級スポーツカー「NSX」を25日に国内投入する。10年ぶりの復活にファンのみならず注目を集めている。(2016/8/23)

庵野秀明監督の妻、安野モヨコがついに「シン・ゴジラ」登場人物を描く 「嫁画伯筆、つまり実質上の公式」
「安野モヨコ先生が尾頭ヒロミをアップされる日の事を考えると、今からRTといいねの数が怖い!」(2016/8/18)

夏バテの食欲不振に効く「ナイアシン」とは?
夏バテで食欲がわかないときには、どんな栄養素が不足しているのでしょうか?(2016/8/16)

夏バテで食欲がないのに太る理由
猛暑の中、食欲がなく食べていないのに体重が増えるということはよくあることです。その理由を探ってみます。(2016/8/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
夕張市がJR北海道に「鉄道廃止」を提案した理由
JR北海道が今秋に向けて「鉄道維持困難路線」を選定する中、夕張市が先手を打った。市内唯一の鉄道路線「石勝線夕張支線」の廃止提案だ。鉄道維持を唱える人々は「鉄道がない地域は衰退する」「バス転換しても容易に廃止される」という。夕張市の選択はその「常識」を疑うきっかけになる。(2016/8/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
てんやが天丼チェーンとして“唯一”全国展開できた理由
圧倒的なコストパフォーマンスの高さで人気を博しているてんや――。なぜ天丼チェーンとして“唯一”全国展開できたのか、そのビジネスモデルを解説する。(2016/8/12)

週刊「調査のチカラ」:
オリンピックに「関心ある」は半数以下、「夏は太る」は4割――調査が明かす“うすうす気付いていた”真実
サッカーを皮切りにリオデジャネイロオリンピックが幕を開け、この夏は世界中が熱くなりそうです。今週も「調査のチカラ」のストックから、オリンピックから夏太りまで旬の話題の調査データをご紹介します。(2016/8/6)

Sprintは「と金」、ARMは「本業」、その他の事業は「禅譲」――海外事業により注力するソフトバンクグループ孫社長
7月18日、電撃的に英ARMの買収意向を表明したソフトバンクグループ。その10日後に行われた同社の2016年度第1四半期決算説明会で、孫正義社長は米Sprintと合わせて海外事業により注力する姿勢を示した。(2016/7/30)

週刊「調査のチカラ」:
「ポケモンGO」で日本人のライフスタイルは(いきなり)変わったか?
梅雨が明け、土用丑の日に甲子園と、いよいよ夏本番。そして今、熱い夏をもっとホットにしているものといえば、あのゲームでしょう。今週も旬の話題にまつわる調査データをご紹介します。(2016/7/30)

くら寿司 お米で作った炭酸飲料「シャリコーラ」を発売 その味は……
くらコーポレーションは回転寿司チェーン「無添くら寿司」で、お米の素材を使った炭酸飲料「シャリコーラ」を発売する。(2016/7/26)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
人気うなぎ登り! 石田三成は豊臣家の学級委員長キャラ
滋賀県とのコラボCMや三成タクシーなど、今ブームが巻き起こっている戦国武将が石田三成です。これまで長らく虐げられていた三成でしたが、実に優秀な人物でした。(2016/7/23)

【ネタバレ注意】「OMG! OMG!! NOOOO!!!」 「リゼロ」15話を見た海外アニメファンたちの反応が鬼がかった絶叫で腹筋崩壊
最後のスバルと同じ顔になる人まで。(2016/7/20)

時に静岡おでんの黒さよりも腹黒くあれ ご当地ネタで静岡県民に訴えかける「超ドS憲章」がぶっ飛んでる
静岡県を盛り上げようという趣旨なのに、内容がおかしすぎる。(2016/7/20)

ローソンのからあげクンに「蒲焼味」 甘辛だれに和山椒!
「うなぎまぶし」おにぎりも登場。(2016/7/19)

0時スタート:
Amazon、1日限定でプライム会員向けのタイムセール 6000以上の商品が対象
アマゾンジャパンは、7月12日にプライム会員限定のタイムセールを実施する。(2016/7/11)

夏バテ解消メニューは他にあり!? 「スタミナ料理」に対する誤解3つ
夏バテといえば「スタミナ料理」ですが、むしろ「お粥」のほうが正解だったという説も……。(2016/7/5)

土用の丑の日は「ポテトチップス うなぎの蒲焼き味」でいいじゃない
これうまいやつや。(2016/6/30)

ファーストクラスのフルコースは1万300円:
ミシュラン“七つ星”に近大ナマズ 機内食の最新事情
「空の旅」の最大の楽しみである機内食に変化が起きている。京都発祥の老舗料亭の特別食や近大の「ウナギ味のするナマズ」を導入するなど、航空各社が差別化のため特色を競っている。(2016/6/24)

コンビニ探偵! 調査報告書:
えっ、うなぎじゃなくて「恵方巻き」? コンビニ商戦、夏の陣
「土用の丑の日」と言えば、昔から「うなぎ」と決まっているのだが、ここ数年、コンビニ業界では違う風が吹いているようだ。それは……。(2016/6/20)

若者も人ごとじゃない! 気を付けるべき「現代病」まとめ
「若いから」と安心していて、いいのでしょうか。若者でも気を付けるべき「現代病」を紹介します。(2016/6/16)

すし、ステーキ、フライにも:
近大、今度は「におわないブリ」で売り出す? 
「ウナギ味のナマズ」の開発者として知られる近畿大学世界経済研究所の有路昌彦教授が考案した「におわないブリ」の試食会が、大阪市内で開かれた。冬に脂が乗った状態で冷凍したブリを夏に提供することで、販路を開拓する狙いだ。(2016/6/9)

Uber打倒の“刺客” 美女の正体は……「異例中の異例」Apple出資の中国企業
Uberが独走してきた配車アプリ業界に異変。中国市場で誕生した滴滴出行は米IT企業と相次いでタッグも組み、世界包囲網の構築に乗り出した。同社の美人総裁の正体は……(2016/5/31)

センベイダコやラブカも! 深海魚デザインのポーチ、フェリシモから登場
深海魚クラスタに朗報。(2016/5/28)

21世紀に仮面を売ってやっていけるのか 仮面専門店「仮面屋おもて」が東京にオープン、店主の意図は
東京都墨田区に日本で唯一と思しき仮面専門店がオープン。仮面で生計は立てられるのか取材してきた。(2016/5/14)

知っておきたい医療のこと:
日本のがん医療の現状と課題
日本では社会の中核となって活躍している世代で、がん死の割合が大きくなっている。治療はもちろんだが予防も重要。余生をまっとうするために、今できることとは。(2016/4/27)

仕事でミスをするのは〇〇が足りていないから? 医師に聞く対処法4選
男性ホルモンの「テストステロン」は加齢と共に減り、それによって気力や筋肉、総合的な「男性力」が下がるといわれています。そこで、男性更年期外来の担当医にテストステロンを増やすテクニックを聞いてみました。(2016/4/19)

あなたは大丈夫? 今増えている「新型栄養失調」をセルフチェック
3食きちんと食べていても、意外と栄養が足りていない現代日本人。自分の傾向をチェックしてみましょう。(2016/4/19)

これがグランプリのお弁当だ 国内最大級の“食べもの”イベント開催
国内最大級の業務用食品、食材、機器、容器の総合イベント「ファベックス2016」が開催された。各ブースで展示されているおいしそうな食べ物を紹介しながら、イベントの様子をお伝えする。(2016/4/15)

Keyからひぐらし、ボカロまで:
音のコミケ「M3」 1万人動員のイベント主催者に聞く「同人音楽の20年」
今年で18年目を迎える音のコミケ「M3」。同人音楽の20年に迫る。(2016/4/7)

週末サイエンス:
古生代の珍生物「タリーモンスター」、半世紀の“謎”に終止符 実はヤツメウナギの仲間
古生代の謎の生物「タリーモンスター」の復元図が公開。半世紀以上、無脊椎動物とされてきたが、最新の研究で、脊椎動物の仲間だと分かったという。(2016/3/18)

ナムコが「ポテトチップス味コーラ」を開発 クレーンゲームの景品になる
ポテトチップスのコーラ味じゃないよ、ポテトチップス味のコーラだよ。(2016/3/15)

水曜インタビュー劇場(サクサク公演):
お客はチラホラなのに、なぜビアードパパはインドネシアで絶好調なのか
甘い香りに誘われて、ついついビアードパパのシュークリームを買ったことがある人も多いのでは。目の前でクリームを詰める“実演販売スタイル”で店舗数を拡大してきたが、海外でも売れているとか。その理由は……。(2016/3/9)

写真展:
公式フェイスブックページ FUJIFILM Xseries Japan 主催「Xシリーズ写真展 −2016春−」
(2016/3/4)

裏方を主役に:
いきなり鼻にツーン! ローソンの" わさび商品”が人気
ローソンが発売した静岡県産の良質な天然わさびを使った「手巻寿司わさびシーチキンマヨネーズ」と「わさびいなり」が話題になっている。わさびが持つ豊かな香りとツーンとした辛みが受け、幅広い年齢層から人気を集めている。(2016/3/1)

人気うなぎ登りの三部けい「僕だけがいない街」、次回で完結へ
悟の長き“再上映”が終わりを迎える。(2016/2/4)

コッペパンに節分豆をそのままぎっしり 変なパンを売るパン屋「翠玉堂」へ「節分パン」を食べに行った
「おせちパン」「お雑煮パン」「七草粥パン」「ひなあられパン」「鯉パン」「うなぎパン」「クリスマスパン」「おはぎパン」「コロッケの中身パン」「ナムルパン」「かに玉パン」「ポトフパン」「カルボナーラパン」「麻婆豆腐パン」「年越しそばパン」もあります。(2016/1/31)

世代間でギャップあり? 「おふくろの味」ベスト3!
あなたにとっての「おふくろの味」は何ですか? ほかの世代からすれば、「え? なんで?」と思われるものもあるようです。(2016/1/23)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニが恵方巻きの販売に力を入れる、もうひとつの理由
正月も明け、コンビニ各社では節分の恵方巻きの予約活動が佳境に入ったころだろう。比較的安価な恵方巻きは手軽な催事商品の1つ。数百本販売する店舗も珍しくない。今回は、コンビニが恵方巻き販売に夢中になる理由を探った。(2016/1/21)

長く使って分かったこと:
2015年、コレ買いました――疲れ気味おっさん記者の場合
各分野の専門家が、実際に長く使ってみて「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。第2回はLifestyle編集部のS記者です。しかし、今回はなにやら年齢を感じさせるモノが多いようで……。(2015/12/30)

スピン経済の歩き方:
なぜクリスマスに「苺と生クリームのケーキ」を食べるようになったのか
クリスマスに「苺と生クリームのケーキ」を食べるようになったのは、不二家の販売戦略があったからだと言われているが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏が歴史をひも解いていくと、実は……。(2015/12/22)

えっ別物じゃん! 関東と関西で異なる食文化3選
関東と関西で、味付けや食べ方が異なるものはたくさんあるものの、なかでも意外と知られていない違いを3つ紹介します。(2015/12/20)

LINEで大人気の“女子高生”、実は人工知能 マイクロソフトの「りんな」、Twitterにも登場
日本マイクロソフトの“女子高生”人工知能「りんな」がLINEのグループ会話に追加できるようになった。Twitterのアカウントも開設し、さらなる利用者拡大を目指す。(2015/12/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車づくりの“日本回帰”を支えているのは?
かつて中国をはじめ海外に生産工場を作った日本の製造業が、再び日本でのモノづくりにシフトチェンジしている。自動車についてはいくつかの点で日本に強みがあるという。(2015/12/14)

白いご飯が全く見えない…… 全国回転寿司「デカ盛り寿司フェスタ」開催
このイクラ丼が500円だと?(2015/12/12)

寒くなったらやっぱりおでん! 実は、大衆文化を体現したオモシロ料理なんです
おでんが今のようなかたちになるまでには、歴史をまたいでいくつもの変遷がありました。(2015/11/26)

「ゆるキャラグランプリ 2015」決戦投票結果が発表 「出世大名家康くん」が地元浜松で念願のグランプリに
家康くんが天下を獲ったぞ! 2位は「みきゃん」、3位は「ふっかちゃん」でした。(2015/11/23)

自撮りが楽しいカシオ「EX-ZR3000」を美女2人に使ってもらったら
自撮りとスマホ連携に強いカシオのEXILIM「EX-ZR3000」は、機能を逐一説明するより、実際に楽しく撮影しているシーンの方がその魅力が伝わると思う。そこで、実際に美女2人に秋の川越で撮影を楽しんでもらった。(2015/11/13)

凶悪ウイルスにハードウェア攻撃――2016年のセキュリティ脅威とは?
セキュリティの脅威は年々拡大しているが、2016年はどんな様相をみせるのか。Intel Securityが予想している。(2015/11/12)

「俺の手料理で落とすまでだ!」 「ドラゴンボール超」でベジータのキャラ完全崩壊、ネット民騒然
Yahoo!リアルタイム検索の1位に「ベジータ」が登場するほど話題に。(2015/10/25)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。