ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「扇風機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

寝苦しい夏の夜に デロンギが作った“風変わり”な扇風機
今年の夏は、とある扇風機が涼しい夜を約束してくれるかもしれません。デロンギの空気清浄機能付きファン「HFX85W14C」扇風機、ファンヒーター、空気清浄機の1台3役。コアンダ効果を利用した優しい風も特長です。(2018/7/12)

外でも涼しい USB対応“ウェアラブル扇風機” サンコーから
サンコーが、ベルトなどに装着できるフック付きの携帯用扇風機を発売。USB充電に対応する。(2018/7/9)

扇風機やエアコンの思わぬ火災に注意 動きが悪い扇風機や、電源コードの延長接続をしたエアコンに発火の可能性
毎年夏に扇風機とエアコンの事故が発生しています。(2018/6/30)

小さな親切、大きなお世話? 無償で配られるUSBデバイスやメモリのリスク
米朝首脳会談では、プレス向けにさまざまな「ノベルティ」が配られましたが、その1つ、USBで給電できる扇風機が話題に。ネット上では、USB扇風機を接続したPCがマルウェアに感染するのではないか、とリスクを指摘する声が上がりました。(2018/6/29)

扇風機に向かって「ア”ア”ア”〜」 綾瀬はるかが童心に返る新CM、汗だくなのに爽快感しかない仕上がりに
“透明なコーラ”こと「コカ・コーラ クリア」のテレビCMで。(2018/6/11)

協力会社の作業員にも提供:
建設業者が「ミニ扇風機」付き作業着導入 スタッフの熱中症防ぐ
大和リースが、上着に小型のファンを搭載した「空調服」を導入。自社の社員のほか、協力会社の作業員にも提供する。外気を取り込んで体の表面を冷やす機能を持つ作業着で、熱中症を予防する狙い。(2018/5/22)

「冬に扇風機を動かすと寒い問題」を解決したダイソンの空気清浄ファン 空気を浄化する様子も“見える化”
ダイソンが空気清浄機能付き扇風機「Dyson Pure Cool」の新製品を発売。「冬に扇風機を動かすと寒い」というユーザーの声を受け、風の吹き出し口を切り替える機能を設けた。(2018/4/12)

扇風機に挑む電動うちわ、防御力が高すぎる花粉症対策グッズ 斜め上の発想力でニッチを突き進むサンコーレアモノショップの世界
不思議な商品の数々について取材してきました。(2017/12/10)

Wired, Weird:
面白回路にも出会えた! 壊れた扇風機の制御回路を考察
15年ほど前に購入した扇風機がついに動かなくなった。そこで、回路や構造を勉強しようと分解することにした。すると思いがけず、ユニークな回路に出会うことができた。今回は、この壊れた扇風機の制御回路をじっくり考察していく。(2017/7/14)

ヘッドフォンのような首かけ扇風機「ヘッドフォンなクーラー」がサンコーより発売
ハンズフリーで首もとや顔に涼しい風を受けることができます(2017/6/21)

ボールペン/簡易扇風機としても使える1台3役のタッチペン
ドスパラは、ボールペン/タッチペン/ミニ扇風機の3機能を備えたタッチペン「DN-914965」を発売した。(2017/6/20)

ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから
(2017/6/20)

回転する羽根にLEDメッセージを表示できるUSB扇風機
ドスパラは、LED発光ギミックを搭載したUSBバスパワー動作対応のミニ扇風機「DN-914992」の取り扱いを開始した。(2017/6/19)

LEDでメッセージを表示する扇風機 ファンが回ると文字に
最大13文字まで登録できる。(2017/6/19)

扇風機の経年劣化やエアコンの電源コードのねじり接続で火災のおそれ 使用前の確認をNITEが呼びかけ
夏になる前に。(2017/5/27)

風で髪がなびく様子を爽やかに撮影 扇風機を搭載した自撮棒
サンコーは、扇風機で風を起こしながら撮影できる自撮棒を発売。モバイルバッテリー機能も搭載し、スマートフォンを充電可能だ。(2017/5/11)

髪をなびかせクールに決める 風で涼みながら撮影できる「扇風機付き自撮り棒」がサンコーから発売
モバイルバッテリー機能も付いてます。(2017/5/11)

ウォルナットを使ったプレミアムな扇風機、12万円で発売
(2017/3/30)

高級木材など使用:
1台12万円の高級扇風機、パナソニックが発売
パナソニックが、素材とデザインにこだわった高級扇風機「RINTO(リント)」を5月20日に発売すると発表。(2017/3/30)

抽選で1名さまに:
ダイソン「羽根のない扇風機」(空気清浄機能付き)、ITmedia マーケティング無料メルマガ購読で当たる
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選で1名さまに、空気清浄機能も付いた「Dyson Pure Hot+Cool Link」をプレゼントします。(2017/4/1)

間接照明にもなる“創風機”「Q」
扇風機やサーキュレーターとして使える球形の送風機「Q」にLEDライトを搭載した新製品が登場。青やオレンジに光り、空間を演出するという。(2017/2/6)

パナソニック、壁掛扇風機およそ14万台のリコール実施 首振り動作で断線する発火事故が発生
実験では再現性が確認できなかったものの、事故が続いたことを受けた対応。(2017/1/25)

こんなのあったの? 意外と使える涼みアイテム
冷房や扇風機以外でも、こんな方法で涼むこともできるのです。(2016/8/17)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ダイソン「ピュア クール リンク」を2カ月使って分かったこと
空気の質を質をチェックし、その対策にもなるダイソンの空気清浄機能付き扇風機「ピュア クール リンク」。記事執筆のために試用したあと、即座に自腹購入した。スマート家電が生活に欠かせない生活家電に変わるまでの長期使用リポートをお届けしよう。(2016/8/12)

amadanaのウォーターサーバーをWebで契約すると扇風機も付いてくる
CLYTIAブランドで天然水の宅配サービスを提供しているプレミアムウォーターが、amadana × CLYTIAのウォーターサーバー契約者を対象に、amadanaの扇風機をプレゼントするキャンペーンを実施中です。(2016/7/22)

299円:
スマートフォンが扇風機に早変わり――「USB/microUSB モバイルファン」
上海問屋が、USBもしくはmicro USBポートに接続して利用できるモバイルファンを発売した。価格は299円。(2016/7/7)

ランプやファンに早変わり、フラワーポッド型のBluetoothスピーカー「スマートリーフ」
エレスは、emoiブランドの新製品として、Bluetoothスピーカー「SMART LEAF SPEAKER」(スマートリーフスピーカー、H0021)を発売した。リーフ部分を外して別売オプションを取り付ければ、卓上扇風機や照明器具に早変わり。(2016/6/6)

京急のドレミファも! 「電車の駆動音」奏でる扇風機をファンが工作 再現度も高いが風圧もマジやばい
電車と同種のモーターと自作のVVVFインバーターを組み合わせた本格的な工作。(2016/6/5)

マインツ、360度回る扇風機「ピルエット」を発売――燕市加工のステンレス素材を使ったモデルも
ツインバード工業100%出資の子会社マインツは、プレミアム家電ブランド「MAINTS」を立上げ、第1弾としてDCモーター搭載扇風機「PIROUETTE」(ピルエット)を6月15日に発売する。価格は5万円から。(2016/6/1)

ノジマ、1万円を切るDCモーター搭載扇風機
ノジマは、プライベートブランド「ELSONIC」の新製品として、DCモーター搭載の扇風機「EY-DCF18」を発表した。(2016/5/18)

カーボン調デザインが素敵:
山善、カーボン調のスタイリッシュな扇風機「クールカーボンシリーズ」を発売――2980円から
山善からカーボン調のスタイリッシュなデザインが特徴の扇風機「COOL CARBON SERIES」(クールカーボンシリーズ)4モデルが登場。直販価格は2980円(税込)から。(2016/5/9)

ダイソンがヘアードライヤー発売 羽根のない扇風機の技術も利用
従来のドライヤーとは違った外観。(2016/4/27)

4色カラバリ:
±0、幅を20センチちょっとに抑えたコンパクトな卓上扇風機
±0は、新作の卓上扇風機「コンパクトファンA220」を4月中旬に発売する。価格は4000円(税別)。4色カラバリで、”すっきり”としたデザインが特徴だ。(2016/4/14)

丸い送風機「Q」に首振り機能を追加――漆塗りの限定モデルも登場
パナソニックは、扇風機とサーキュレーターの機能をあわせ持つ球形の送風機「Q」(キュー)に首振りスタンド機能を追加する。首振り対応のスタンドを同梱(どうこん)したモデルに加え、従来機ユーザーに向けてスタンド単体の販売も行う。(2016/4/6)

クラウド連携が提供する“新しい価値”とは?――「ダイソン ピュアクールリンク」の狙い
ダイソンが発売する「Dyson Pure Cool Link」(ダイソン ピュアクールリンク)は、無線LANでインターネットに接続し、同社のクラウドサービスと連携する空気清浄機能付き扇風機だ。その機能と利便性について、開発担当者に話を聞いた。(2016/3/30)

スマホと連携:
空気の状態を知らせ、きれいにしてくれる扇風機――「ダイソン ピュアクールリンク」登場
ダイソンが空気清浄機能付きファン「Dyson Pure Cool Link」(ダイソン ピュアクールリンク)を発表した。同社の空調家電としては初めてWi-Fiを搭載し、スマホアプリと連携する。(2016/3/24)

日立、組み立て不要のDC扇風機「らくらく扇」
日立コンシューマ・マーケティングは、扇風機の新製品6機種を4月中旬に発売する。購入後に組み立てる手間がいらない「らくらく扇」2機種をラインアップ。(2016/3/22)

ネイチャーテクノロジーを活用:
業界初、風を浴びた時の”だるさ感”を抑えた扇風機など5モデル、シャープから
シャープはプラズマクラスター扇風機5モデルを発表した。ハイポジション・リビングファン「PJ-F3DG」「PJ-F3DS」では、ネイチャーウイングの採用で風を長く浴びた時の”だるさ感”を抑制した。(2016/3/10)

ニオイ、こもってない?:
モバイルバッテリーで駆動できる――「どこでも扇風機」
上海問屋が、USBで駆動する換気扇を発売した。価格は2799円。(2015/11/2)

エアコン不要! 扇風機で冷房並みの冷風を手に入れる方法
(2015/10/28)

エアコンも扇風機も使ってOK! 部屋の○○を変えるだけの簡単節約術
(2015/10/24)

1台3役で1年中使える――ダイソンから空気清浄機能付きファンヒーター「Dyson Pure Hot+Cool」登場
ダイソンが扇風機、ファンヒーター、空気清浄という3つの機能を持つ新製品「Dyson Pure Hot+Cool」を11月5日に発売する。一年を通じて利用できるため、収納スペースの心配がいらない。(2015/10/6)

電子ブックレット/自然エネルギー:
まるで巨大な“羽根のない扇風機”、水と風で発電するビルがオランダで計画
“羽根のない扇風機”のような特殊な形状をしたクリーンエネルギービルがオランダのロッテルダム市で計画されている。新たなランドマークとして期待されている一方で、先進的な再生可能エネルギー技術の活用でも注目を集めている。(2015/9/11)

深夜の決闘!――話題の扇風機を夜のアキバでガチ比較
静かな扇風機は? 風を遠くまで届ける扇風機は? 深夜のヨドバシカメラ店内で大実験。バルミューダ、ダイソン、シャープ、東芝の最新型扇風機を横並びで比較してみた。(2015/8/4)

暑がり男の夏対策:
実は省スペース!――空気もきれいにする扇風機、ダイソン「ピュアクール」を試す
「Dyson Pure Cool」(ダイソン ピュア クール)は、扇風機というメジャーなカテゴリーの季節家電でありながら、空気清浄機能や“タワー型”といった従来にない付加価値を持っている製品だ。その特徴を活かし、夏を快適に過ごす方法を考えてみた。(2015/7/10)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
国内だから実現できたスゴイ製造技術――バルミューダ「GreenFan Japan」の工場に潜入した
昨年、発表されたバルミューダの扇風機「GreenFan Japan」。製品については、同社寺尾玄社長のインタビューととも紹介したが、今回はそのときに触れた“made in Japan”の心臓部である製造工場へ潜入。扇風機がどのように作られているのかリポートしよう。(2015/6/25)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
“風の中津川”で生み出された“静かな扇風機”――三菱「SEASONS」
三菱電機が14年ぶりに扇風機の新製品を発表した。その開発設計に携わったのが、同社内でさまざまな風製品の開発に関わり、“風の中津川”の異名を持つ中津川製作所。風の本質を知り尽くす製作所が見つめ直したDC扇風機「SEASONS」のスゴいところとは?(2015/6/15)

「ねこあつめ」アプデ予告キター! Ver1.3.0に夏用グッズ追加 6月中旬を予定
扇風機ほしいにゃ。(2015/6/2)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
朝の食卓においしい革命を起こす?――「BALMUDA The Toaster」のヒミツ
扇風機や空気清浄機など空調家電を進化させてきたバルミューダ。今度は“Hello kitchen!”を合い言葉に、調理家電を手がけるという。その第1弾が5月27日に発表された「BALMUDA The Toaster」だ。そのスゴい技術について、バルミューダの寺尾玄社長に聞いた。(2015/5/28)

カリカリでフワフワ:
とろ〜りすぎる「バルミューダ ザ・トースター」の絶妙なチーズトーストを動画で見る
扇風機やサーキュレーター、空気清浄機などに続き、バルミューダが投入した家電はトースターだった。トーストの仕上がり具合を動画でチェックしよう。(2015/5/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。