ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Pocket WiFi LTE(GL04P)」最新記事一覧

製品分解で探るアジアの新トレンド(2):
Qualcommにも真っ向勝負、手ごわい中国メーカー
今回は、急成長する中国の半導体メーカーを紹介したい。これらのメーカーは、勢いや脅威という点では、米国を中心とする大手半導体メーカーのそれを上回るほどだ。Android Media Playerを分解しつつ、中国の新興半導体メーカーに焦点を当てていこう。(2016/2/4)

業界最安:
「楽天スーパーWiFi」1周年記念キャンペーン――月額料金が最大2年間2880円に
楽天イー・モバイルは、モバイルデータ通信サービス「楽天スーパーWiFi」の1周年を記念して、月額料金を最大2年間2880円にするキャンペーンを開始した。(2013/10/31)

楽天イー・モバイル、楽天ポイントがたまるLTEサービスに新モデル──「Nexus 7」セット割引販売も
楽天イー・モバイルが「利用で楽天ポイントがたまる」データ通信サービスにLTE+AXGP対応の新モデルを追加。「Nexus 7 2013」とのセットを割引販売するキャンペーンも実施する。(2013/8/29)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
2013年後半に相次いで開始予定の「100Mbps超」新サービスをおさらい
2013年7月〜8月上旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。今回は「2.5GHz帯追加割当」「ドコモの150Mbpsサービス」「ソフトバンク+イー・モバイルのハイブリッド機器」などを解説する。(2013/8/23)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
ソフトバンクの「もう1つのダブルLTE」対応ルータとは
スマホもPCもタブレットも、何より快適快速なモバイルデータ通信環境が必須!──そんな人に向けたポータブルルータの「今」を解説する。第1回目のテーマは「もう1つのダブルLTE」と「LTEのMVNOが活発化」。(2013/6/13)

ICT総研調べ:
LTEモバイルルーターの全国速度調査、下りはソフトバンク、上りはauに軍配
ICT総研が、全国でモバイルルーターの速度調査を実施。下り速度はソフトバンクが最速だった。auは下りでソフトバンクに肉薄しつつ、上りで他を一回りリード。ドコモは苦戦したが、下り最大100Mbpsエリアでは良好な結果に。(2013/2/22)

2013年6月までに50都市以上に拡充:
ドコモ、国内最速112.5MbpsのLTEサービスを開始──対応ルータ「HW-02E」は小型で多機能、かなり万能そうだ
ドコモがLTEサービス「Xi」の最大速度を高めた、最大112.5Mbpsのサービスを開始。2013年3月中旬より順次、112.5Mbps通信対応のルータ/スマホを計2機種投入する。(2013/1/22)

下りは厳しいが上りは高速:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【福井県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は福井県での調査結果をお届けする。(2013/1/16)

75Mbpsの屋内エリアでも計測:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【石川県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は石川県での調査結果をお届けする。(2013/1/16)

上りは最高速度を記録:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【富山県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は富山県での調査結果をお届けする。(2013/1/15)

雪が残る高台でチェック:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【新潟県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は新潟県での調査結果をお届けする。(2013/1/15)

下り90Mbps超えも:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【徳島県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は徳島県での調査結果をお届けする。(2013/1/4)

県庁付近はやや苦戦?:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【香川県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は香川県での調査結果をお届けする。(2013/1/4)

ドコモとauの一騎打ち?:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【愛媛県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は愛媛県での調査結果をお届けする。(2013/1/4)

Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【高知県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は高知県での調査結果をお届けする。(2012/12/28)

Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【はじめに】
いよいよ開始されたドコモの下り最大100MbpsのLTEサービス。まだ利用できるエリアは限定的だが、対応エリアで実際どれほど速度が出るのかが気になる。そこでAppComing編集部では、100Mbps対応エリアを訪れ、実効速度を徹底調査した。(2012/12/27)

PR:人気の7インチタブレットとも相性抜群! 「Pocket WiFi LTE(GL04P)」のススメ
多くの製品が登場し、盛り上がりを見せる7インチタブレット市場。そのベストパートナーともいえるのが、モバイルWi-Fiルーターだ。タブレット端末や電子書籍リーダーを好きな場所に持ち出して活用できる。(2012/12/19)

イー・アクセス、「Pocket WiFi LTE(GL04P)」に新色を追加――機能向上のアップデートも
イー・アクセスが、LTE対応ルーター「Pocket WiFi LTE(GL04P)」の新色を12月6日に発売するほか、バッテリー持ちを伸ばすなどのアップデートを5日に開始する。(2012/11/21)

イー・アクセスの上期決算は増収減益、ソフトバンクとの統合は前倒しで
ソフトバンクとの経営統合を控えたイー・アクセスは、増収減益で上期を終えた。統合は前倒しで進んでいるといい、2013年1月1日にはソフトバンクの子会社になる見込みだ。(2012/11/12)

キーは独自の“楽天経済圏”:
楽天がLTE市場に参入する狙い 合弁するイー・アクセスのメリットとは
新会社「楽天イー・モバイル」の設立とLTE通信サービス「楽天スーパーWiFi」の開始を発表した楽天とイー・アクセス。その狙いを、三木谷氏と千本氏が説明した。(2012/9/20)

楽天とイー・アクセス、月額3880円のLTE「楽天スーパーWiFi」展開
楽天とイー・アクセスが合弁会社を設立し、月額3880円のLTEサービスを開始。契約するともれなく「楽天スーパーポイント」5000ポイントか「kobo Touch」をもらえる特典も。(2012/9/19)

イー・アクセス、「Pocket WiFi LTE (GL04P)」の最新ソフトを公開
イー・アクセスは、LTE対応ルーター「Pocket WiFi LTE (GL04P)」のソフト更新を開始した。動作の安定性が向上するほか、microSDXCへの対応や、ファームウェアの更新を通知する機能が追加される。(2012/9/11)

Qualcommインタビュー:
LTE対応からクアッドコア、発熱問題まで――Snapdragonの“今と未来”を聞く
スマートフォンの普及に伴って注目を集めるようになったのが、端末内部に搭載されている「CPU」や「チップセット」だ。今回、モバイル向けプロセッサーの分野で大きなシェアを持つQualcommに、LTE、クアッドコア、発熱、コンテンツなどの面から話を聞いた。(2012/9/11)

人力名刺リーダー「KYBER SmartCardBox」、Pocket WiFiとセット販売
オーリッドとイー・アクセスは、9月10日にクラウド型名刺リーダー「KYBER SmartCardBox」とモバイルルータのセット販売を開始する。(2012/9/7)

ニフティ、@nifty EMOBILE LTE用ルータを「GL04P」に切り替え
ニフティのLTEサービス向けポータブルルータが「GL04P」に切り替わった。@nifty EMOBILE LTE 定額にねんプラン加入で1円で購入できる。(2012/9/6)

LTE基地局、シールドルーム、車載型基地局――イー・アクセスが東京エンジニアリングセンターを公開
イー・アクセスが、東京都江東区にあるエンジニアリングセンターをメディア向けに公開した。運用中のLTE基地局、基地局を監視する設備、端末のリペアセンター、端末テスト用のシールドルーム、車載型基地局などが披露された。(2012/8/8)

足踏みアンテナ仕様のイー・モバ移動基地局も公開:
「これまで大規模障害は一切起こしていない」──イー・モバイル“心臓部”の裏側を見た
他通信事業者の通信障害が目立つ中、イー・アクセスが同社の通信拠点・心臓部となる施設を公開。安心・快適・つながるを目指すサービスの裏側を見た。(2012/8/7)

イー・アクセス、「Pocket WiFi LTE(GL04P)」を7月6日に発売
LTE通信規格「UE Category4」に対応したイー・モバイルのモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi LTE(GL04P)」が7月6日から販売される。(2012/7/3)

Mobile Asia Expo 2012:
150Mbps対応LTEルーターやクアッドコアCPU搭載機――Huaweiが最新製品を展示
Huaweiブースは端末中心の展示。薄型モデルやクアッドコアCPU搭載機、またLTE端末など最新製品を中心に披露していた。(2012/6/25)

石野純也のMobile Eye(5月28日〜6月8日):
プラチナバンドとウィルコム連携に注目のソフトバンク/LTE強化を目指すイー・アクセス
前回のドコモとauの夏モデルに引き続き、今回はソフトバンク、ウィルコム、イー・モバイルの夏モデルについてお伝えする。ソフトバンクモバイルは900MHz帯を使う「プラチナバンド」、ウィルコムはPHS+3G対応の「DIGNO DUAL」、イー・モバイルは新型LTEルーターが話題を集めた。(2012/6/8)

「MediaPad 10 FHD」のイー・モバイル版――写真と動画で見る「GT01」
イー・モバイルの新型Wi-Fiタブレット「GT01」は、クアッドコアCPUやワイドUXGAディスプレイなど高いスペックが目を引く。Huaweiが発表したグローバルモデル「MediaPad 10 FHD」がベースになっているが、イー・モバイル向けのカスタマイズはあるのだろうか。(2012/6/6)

「LTEが好調」とイー・アクセス、対応スマホは「年度内に」
イー・アクセスは、夏商戦向けに高性能版のLTE対応「Pocket WiFi」など3機種を発表した。3月スタートのLTEサービスの好調ぶりをアピールしたが、スマートフォンの発売はまだ先になる。(2012/6/6)

Android 4.0のWi-Fiモデル:
クアッドコアCPU+10.1インチフルHD対応タブレット「GT01」――イー・アクセス
イー・アクセスが、クアッドコアCPUと10.1インチのフルHDディスプレイを搭載したタブレット「GT01」を8月以降に発売する。OSはAndroid 4.0。(2012/6/6)

LTE Category4をサポート:
イー・アクセス、下り最大150Mbpsに対応した「Pocket WiFi LTE」を発表
イー・アクセスは、LTEの“UE Category4”をサポートし、下り最大150Mbpsの超高速通信が可能なHuawei製のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi LTE(GL04P)」を発表した。(2012/6/6)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。