レビュー
» 2013年01月04日 10時00分 UPDATE

県庁付近はやや苦戦?:Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【香川県編】

ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は香川県での調査結果をお届けする。

[AppComing]
AppComing

 11月16日にNTTドコモがサービスを開始した「docomo LTE Xi下り最大100Mbps」のフィールドテスト特集第4弾は、香川県での測定結果リポートです。電波測定の背景や計測方法などについてお伝えした「【はじめに】」と併せてご参照ください。

※スピードテスト結果の表は、標準計測回数を7回とし、未計測の場合は空欄、計測1度の場合は平均値表記なしとしている。 LTE接続できない場合は計測回数が0または1回としている。

 午前中の愛媛での計測を終え、松山自動車道から高松自動車道に入り、府中湖パーキングエリアにある、ETC専用出口から測定ポイントの綾川町に向かった。

photo

香川県綾歌郡 綾川町

 測定ポイントは、高台というか山の中という印象で、基地局がそびえ立つ地点近くからカメラの望遠レンズ見下ろすと、ショッピングモールが確認できた。

photophoto
香川県綾歌郡綾川町陶
下り(Mbps) 上り(Mbps) ping(ms)
2012/12/4(火) 14:09〜14:35 計測ツール ベスト 平均 ベスト 平均 ベスト 平均
GALAXY Note II SC-02E/1.5GHz 15MHz RBB Today 65.89 54.25 20.13 14.75 147 168
Speedtest 91.19 79.42 23.78 18.83 105 112
Optimus G LGL21/au 4G LTE RBB Today 26.42 22.97 15.85 13.89 115 198
Speedtest 29.36 24.43 15.99 13.6 89 129
GL04P/EMOBILE LTE RBB Today 5.76 5.51 1.85 1.84 168 394
Speedtest 4.24 4.18 2.4 2.32 167 190
RAZR M 201HW/SoftBank 4G RBB Today 5.29 1.43 206
Speedtest 4.9 0.56 125
GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D/Xi 2.1GHz RBB Today 31.41 14.88 6.14 4.59 193 216
Speedtest 23.22 17.03 5.83 5.57 126 138
GALAXY NEXUS SC-04D/FOMA RBB Today
Speedtest 2.85 0.38 277

photo

 電波は間違いなくモールに向かっているが、基地局からの角度的に計測する位置では、やや低い位置ということで、徐々に計測端末を高く掲げて計測を行った結果、下り最速91.19Mbpsという結果が得られた。四国5箇所目の計測で愛媛松山市内に次ぐ2番目に高速さは、平日の午後で、ショッピングモールのユーザを含め、対象となるユーザがまだ少ないということだと考えられる。

 他の回線については、au 4G LTEも電波強度の良いポジションを見つけるのに苦労をしたが、GALAXYのServiceModeの代わりにXenSurveyなど他のネットワークツールで-65dBm程度のポイントを見つけて計測をしたところ、下り最速29.36Mbps・上り最速15.99Mbpsと良好な結果であった。

photo

 GALAXY TabのXi 2.1GHz帯・10MHz幅でも、下り最速31.41Mbps・上り最速6.14Mbpsと、この場所としてはかなり良好な結果だったと言える。

 その他、SoftBank 4GおよびEMOBIEL LTEはLTE圏外の3G接続であった。いずれも四国内において、街中や高速道路沿いなどでは接続が良好なことが多いが、一般道や山に近い位置では、LTE接続ができないことが多いという現状と言えるだろう。

香川県高松市内

 綾川町からクルマで移動して、高松市内に入ると、かなりの交通量・人通りがあり、さらに測定ポイントに到着すると、県庁などから至近距離にあることから、上限に近い速度は望めないであろうと予想しつつ、計測を実施した。

香川県高松市番町
下り(Mbps) 上り(Mbps) ping(ms)
2012/12/4(火) 15:08〜16:03 計測ツール ベスト 平均 ベスト 平均 ベスト 平均
GALAXY Note II SC-02E/1.5GHz 15MHz RBB Today 75.04 56.58 16.58 10.39 146 171
Speedtest 76.78 72.71 19.81 11.51 104 114
Optimus G LGL21/au 4G LTE RBB Today 34.85 28.68 15.76 11.05 127 193
Speedtest 33.54 25.75 17.23 14.14 112 149
GL04P/EMOBILE LTE RBB Today 14.01 10.87 9.72 9.55 109 169
Speedtest 10.5 7.93 11.3 10.31 85 100
RAZR M 201HW/SoftBank 4G RBB Today 19.64 16.29 1.23 0.7 114 239
Speedtest 46.61 32.56 7.47 3.96 78 86
GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D/Xi 2.1GHz RBB Today 30.26 19.59 8.79 7.32 144 169
Speedtest 27.6 24.24 9.65 8.22 116 136
GALAXY NEXUS SC-04D/FOMA RBB Today
Speedtest

photophoto
photo

 電波強度もSNRもかなり良い条件だが、やはり下り最速76.78Mbpsと、100Mbpsエリアの計測結果としてはやや惜しいが、仕方ない。これが昼食時や夕方17時以降であれば、より遅い結果になったと想定される。

 一方、au 4G LTEは、四国4県でのベストとなる下り最速34.85Mbpsという結果が出た。残念ながら上りは最速9.08Mbpsということで、平均的に15Mbps以上出ているau 4G LTEの上りだけに惜しいところだ。

photo

 その他、EMOBILE LTEはまずまずの下り最速14.01Mbps・上り最速11.3Mbps、SoftBank4Gは得意とする県庁付近の市街地ということで下り最速46.61Mbps・上り最速7.47Mbpsという結果となった。

 GALAXY TabでのXi 2.1GHz帯・10MHz幅も下り最速30.26Mbps・上り最速9.65Mbpsという結果となり、4回線種ともに非常に快適なエリアだった。

まとめ

 県庁付近は最も先にエリア対応を進める重点ポイントだけに、各社シッカリとしたネットワークを提供することが多い。

 県庁がビジネス街に近いということもあり、基地局あたりで実際に収容するユーザ数は、首都圏以外であっても、ターミナル駅と同様に、非常に多いエリアとなるであろうことから、今回のようなスピードテストなどには向いていないかもしれないが、東京のターミナル駅のようにツカエナイという状態にはならず、安定して快適なネットワークを提供しているはずだ。

 各社の販促キャンペーンなどは、主にコンシューマに向けたものが目立つが、安定かつ多くの回線を保有する法人ユーザのニーズに応えるためには、こういったビジネスエリアでしっかりつ使い続けることができることが前提となる。

 現時点では、LTEによる高速通信が必須という法人ユーザは少ないかもしれないが、徐々にエリアの拡大や品質について求められる時代がくることが想定され、今、手を抜いているエリアの法人がまとめてMNPされてしまうリスクもあることも踏まえ、着実なエリア拡大と品質向上に努め、4社が健全な競争を継続することを期待する。

Xi100Mbps測定ポイント


より大きな地図で Xi100Mbps測定ポイント を表示

© 2016 HEXYZ INC. ALL RIGHTS RESERVED.