ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Buzz」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Buzz」に関する情報が集まったページです。

Googleさん:
Googleはなぜ「混沌」を放置するのか
「Gmail」が久しぶりの大幅アップデートで、そういえば「Inbox」はどうするのでしょう。「Allo」と「Duo」と「ハングアウト」の関係は? 「Android」と「Chrome OS」は? Google混沌の謎。(2018/4/29)

Googleさん:
次に終了するのは「Google+」……ではなさそうです
役割を終えたと判断したサービスはさくっと終了させてきたGoogleさん。そろそろ「Google+」も? と思いきや、まだまだ生きながらえそうなヒントを見つけてしまいました。(2017/7/29)

Google、また1つソーシャルサービスを終了──「Spaces」を4月17日に完全停止へ
Googleが昨年6月に立ち上げたソーシャルサービス「Google Spaces」を4月17日に終了し、コンテンツも完全に削除する。Orkut、Buzz、Waveと同じ運命をたどる。(2017/2/27)

4chan創業者がGoogle入り「オンラインコミュニティ構築の経験を生かしたい」
15歳で匿名掲示板を立ち上げ、月間ページビュー約6億のコミュニティに育て上げたMootことクリス・プール氏がGoogle入りし、ソーシャルチームに参加する。(2016/3/8)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

Google、最初のSNS「Orkut」を終了へ Google+にフォーカス
Googleが2004年に立ち上げたSNS「Orkut」を9月30日に終了する。2011年にスタートした同社の「Google+」に“追い越された”ためとしている。(2014/7/1)

Gmailでメールアドレスを知らないGoogle+ユーザーへのメールが可能に
Google+の普及に注力するGoogleが、Gmailのメールの宛先として自動的にGoogle+のアカウント名を示唆する機能を追加する。(2014/1/10)

Googleのシュミット会長、2014年を語る
Googleのエリック・シュミット会長がBloombergのインタビューで「ソーシャルネットワークの興隆を予測できなかったのは私の最大の失敗だった」と認め、このような失敗は二度としないと語った。(2014/1/2)

Google Buzz、7月17日に完全終了 データはGoogleドライブに自動保存
Googleが2010年2月にスタートし、2011年11月に終了したソーシャル機能Google Buzzのデータが、7月17日に自動的にユーザーのGoogleドライブに保存される。(2013/5/27)

FTCが“検索結果不平等”でGoogleを近く提訴か──Bloomberg報道
Googleが検索市場における優位性を不正に利用して競合他社に損害を与えているかどうかを1年以上調査している米連邦取引委員会が、数日中にGoogleを提訴する可能性が高まっているとBloombergが報じた。(2012/11/13)

Google、Safariユーザーの無断追跡問題でFTCに2250万ドル支払い
2月に発覚したGoogleによるSafariユーザーの無断Web履歴追跡問題で、米連邦取引委員会が過去最高額の制裁金を科した。(2012/8/10)

プライバシー擁護団体EPIC、Googleのポリシー更新めぐりFTCを提訴
Googleの「Search plus Your World」に関してFTCに調査を申し立てたEPICが、今度はGoogleのプライバシーポリシー更新で必要なアクションを起こさなかったとしてFTCを提訴した。(2012/2/9)

Facebook、プライバシー設定を「オプトイン」に変更へ――Wall Street Journal報道
Facebookがプライバシー問題について、FTCとの和解に近づいている。和解案の条件の1つとして、プライバシー設定を従来のオプトアウトではなく、オプトインにすることが含まれる。(2011/11/11)

Google、画像検索にも「+1」を追加
検索結果の画像をGoogle+のサークル内などの友達が+1している場合は、画像にその友達の名前が表示される。(2011/11/10)

Google、「Google Reader」刷新で共有機能を削除 共有機能はGoogle+に統合へ
フィードリーダーの「Google Reader」から気に入った記事を友達と共有したり、他のユーザーをフォローする機能がなくなり、そうした機能はGoogle+に統合される。(2011/10/21)

Google、「Buzz」や「Code Search」も終了へ
製品担当副社長のホロビッツ氏は、「Google Buzz」で学んだ多くのことを「Google+」に反映させていくと語った。(2011/10/15)

カイ士伝のアプリライフ(1):
WPのPeople Hubは相手に何を伝えたいかでツールを選ぶ
だれよりもアプリを使いアプリを愛する著者が、独自の視点から、そのユーザビリティについて言及していく。初回は話題のWindows Phoneについて。相手に何を伝えるかによってールを選ぶ。人間関係に徹底的にこだわった姿を見てみよう(2011/9/9)

Google、「+1」ボタンと「Google+」を連係 サークルでの共有を簡易化
Google版「いいね!」ボタンにソーシャルサービス「Google+」のサークルでコンテンツを共有するためのオプションが追加される。(2011/8/25)

Google+はクラウド時代のトモダチコレクションなのか?
Googleの新しいソーシャルサービス「Google+」のフィールドテストが始まった。「FacebookやTwitterとどこが違うの?」という声もあるが、実際に使ってみると意外な便利さ、面白さがある。(2011/7/13)

Google、Facebook対抗のソーシャルプロジェクト「Google+」を発表
「Google+」(グーグルプラスと読む)は、Facebookのような友達のグループ分け機能やグループビデオチャット、フィードリーダー、位置情報付きの投稿が可能なモバイルアプリなどで構成される総合的なソーシャルサービスだ。(2011/6/29)

タイムラインをカラムで管理――Twitter中・上級者にオススメのAndroidアプリ「TweetDeck」
Twitterを使いこむユーザーの中には、リストやキーワード検索などさまざまなタイムラインを追う人もいる。こうした複数のタイムラインやFacebookなどのソーシャルサービスの更新を、まとめてチェックできるAndroidアプリが「TweetDeck」だ。(2011/6/24)

Google、ソーシャル分析のPostRankを買収
Googleが買収したPostRankは、コンテンツに関するTwitterやFacebookでの反応をリアルタイムで収集・分析するツールやGoogle Reader向けのランキング拡張機能を提供する新興企業だ。(2011/6/6)

“Google版いいね!”の「+1」、Webサイトへの設置が可能に
Facebookの「いいね!」対抗「+1」ボタンの普及をめざすGoogleが、Webパブリッシャー向けにボタンをWebサイトに設置するためのコードを公開した。(2011/6/2)

Google、Gmailの各メッセージの関連情報を表示する「people widget」を発表
メールの横に、関連する相手先のグループリストが表示され、そのメンバーからの直近のメール内容や会議予定、共有するDocsなどを把握できる。(2011/5/27)

Facebookが大手代理店を通じてGoogle批判記事をメディアに依頼? 米報道
Facebookが米大手代理店のBurson-Marstellerを通じて、Googleのソーシャル機能がプライバシーを侵害しているという記事を書くようメディアやブロガーに依頼していたと複数のメディアが報道している。(2011/5/13)

Androidアプリ「Seesmic」でTwitterとFacebookを一元管理する
TwitterやFacebookなど複数のSNSを利用するユーザーが増える中、それぞれを1つのアプリで一元管理するニーズも高まっている。さまざまなSNSをまとめてシンプルにチェックしたいなら、Androidアプリ「Seesmic(Facebook,Twitter)」を活用してみてはいかが?(2011/4/26)

米Yahoo!、テレビ番組チェックインサービスのIntoNowを買収
Yahoo! VideoやYahoo! Connected TVなどのコンテンツサービスを展開する米Yahoo!が、番組内容をTwitterやFacebookで共有できるサービスを提供する新興企業IntoNowを買収した。(2011/4/26)

Google、「Google Buzz」のプライバシー問題でFTCと和解
和解案は、Googleに包括的なプライバシープログラムの実施と向こう20年にわたる第三者機関による定期的な査察を義務付けている。(2011/3/31)

Google、Facebookの「いいね!」対抗ソーシャルボタン「+1」を発表
ソーシャルサービスでFacebookに後れを取っているGoogleが、「いいね!」に似た「+1(プラスワン)」ボタンを検索結果のリンクとAdWords広告に追加する。(2011/3/31)

Googleのソーシャル戦略は着々と進行中、Google Buzzもその一環
このところあまり話題にならない「Google Buzz」だが、Googleでは大きなソーシャル機能の改造計画が進行中で、Buzzのその中に含まれるようだ。(2011/3/2)

GoogleとApple、モバイルAR市場でも激突へ
モバイルAR(拡張現実)はまだ新興企業が手がけるニッチな市場だが、いずれはGoogleとAppleが競争し合う大きな市場になりそうだ。(2011/2/22)

Google、検索結果をよりパーソナライズ――Social Searchを融合
Googleが英語版検索で提供している「Social Search」をアップデートし、一般的な検索結果にユーザーの友人のコンテンツやコミュニティーが推奨する情報を反映させた。(2011/2/18)

1億ドルはどこへ消えた:
検索広告ビジネスの闇
オンライン広告を土壌とした詐欺の被害額は、年間1億ドル規模になるという。デジタルマーケットの専門家であるベンジャミン・エデルマン氏に、広告詐欺のグローバルトレンドや、GoogleとYahoo! JAPANの技術提携による影響について聞いた。(2010/12/17)

Googleの新しいソーシャル機能は、「Shareボタン」?
Googleのソーシャルサイト「Google + 1」のスクリーンショットとされるものが出回っている。Shareボタンのついたツールバーで、GoogleはFacebookに挑戦しているつもりなのだろうか。(2010/12/9)

Twitterクライアントレビュー:
機能、操作性ともに「twicca」「TWIDROYD」が秀逸――Android無料アプリ編
Androidマーケットの拡大に伴い、Android版のTwitterクライアントにも魅力的なアプリがそろいつつある。今回はAndroidの無料アプリを5本ピックアップし、その使い勝手を検証する。(2010/11/22)

GoogleはTwitterを買収するべきだ――しないだろうが
GoogleはFacebookに対抗するために、Twitterを買収する必要があると一部の専門家は主張している。しかし、GoogleはTwitterなしでも成功しており、買収は不要だとの見方も。(2010/10/6)

FacebookとGoogleのごう慢さは社会文化的無知の表れ
FacebookとGoogle、それぞれのCEOがプライバシーに対する配慮に欠けた発言をしてしまうのは、彼らの恵まれ過ぎた生い立ちのせいかもしれない。(2010/9/14)

「Google Buzz」のプライバシー訴訟、和解へ――850万ドル支払い
「Google Buzz」で意図せず個人情報が公開されてしまうとして起こされていた集団訴訟が、850万ドルの和解金で解決に向かっている。(2010/9/7)

Google、プライバシーポリシーの改訂を発表
Googleが、プライバシーポリシーをユーザーフレンドリーなものに改訂すると発表した。新版は10月3日から適用される。(2010/9/6)

Google、リアルタイム検索専用ページ「Google Realtime Search」を新設 地域指定やスレッド表示機能も
Googleのリアルタイム検索機能が独立したページになった。TwitterやGoogle Buzzの投稿のスレッドをスタート時点から時系列に読める機能などがある。(2010/8/27)

Twitter、公式「Twitter Button」を発表
TwitterはTweetMemeのリツイートボタンなどと競合する公式ボタンを公開した。同時に、TweetMemeとの提携も発表した。(2010/8/13)

Slide買収、Zynga出資――Googleのソーシャルネットワークはどうなる?
GoogleがSlideにZyngaとソーシャル関連企業の買収、出資を進めているが、それをソーシャルネットワーク戦略にどう生かすのだろうか。(2010/8/10)

Google、「SuperPoke!」のソーシャルアプリ企業Slideを買収
Googleが、Facebookアプリ企業のSlideの買収を正式に発表した。Slideのチームは新たなソーシャル機能の開発に従事するとしている。(2010/8/9)

「Google News」がデザイン変更 パーソナライズ機能を強化
ユーザーの興味に合わせたニュースを表示する「News for you」コーナーやTwitterの「トレンド」のようなキーワードリストが追加されたほか、数クリックでTop StoriesのニュースをTwitterやFacebookに投稿できるようになった。(2010/7/1)

Google、「Social Search」のソースとして「Google Buzz」を追加
Googleは、「Googleプロフィール」を利用したソーシャル検索機能を今後も強化していくとしている。(2010/6/30)

Google、新SNSサービス「Google Me」でFacebookに対抗?
GoogleがFacebookに対抗する「Google Me」を立ち上げるとうわさされている。Googleプロフィールのソーシャル機能を強化したものになるのか、それともGoogle BuzzとOrkutを混ぜたようなものになるのだろうか。(2010/6/29)

Googleに音楽サービスは必要なのか?
Googleがオンライン音楽ストアとクラウド音楽サービスを開発していると報じられている。だが、Googleは勝ち目のない戦いをするより、Appleが音楽市場を囲い込んでしまったことを受け入れるべきだ。(2010/6/25)

Google Newsに“人力”取り入れ――「編集者のお勧め記事」をテスト
Google Newsでテスト中の「Editors' Picks」には、アルゴリズムではなく、ニュースメディアのジャーナリストが選んだ記事が掲載される。(2010/6/15)

Google、Gmail内の住所からGoogle Mapsをプレビューできる機能を発表
メールにある住所をGoogle Mapsにコピー&ペーストして場所を確認する手間が省けるようになる。(2010/6/9)

「Google Goggles」のiPhone版が間もなく登場――Google担当者が明らかに
AppleはGoogleの人気ビジュアル検索アプリのiPhone版を承認したようだ。(2010/6/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。