ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「グリーン・ニューディール」最新記事一覧

自然エネルギー:
2020年に市場規模は半減、主要な再生可能エネルギー関連市場の展望
調査会社の富士経済が再生可能エネルギー関連システムの市場調査結果をまとめた。2016年度の市場規模は3兆円を超える見込みだ。一方、太陽光発電市場の縮小などにより、2020年度に市場規模は約半分まで縮小すると予測している。一方、蓄電池などのポストFIT市場を見据えた製品市場は拡大する見込みだ。(2016/9/16)

蓄電・発電機器:
リチウムイオンが躍進、電力貯蔵向け蓄電池市場は2025年に5.7倍へ
再生可能エネルギーの普及やそれに伴う系統安定化、エネルギーのさらなる効率活用ニーズなどの高まりを背景に需要が増大している蓄電池。富士経済が発表した電力貯蔵システム向け二次電池市場の調査結果によると、2025年には2015年比で約5.7倍の7423億円にまで拡大する見込みだ。(2016/5/27)

「雪害」から「利雪」へ:
次世代データセンターは新潟に経済効果をもたらすか?
いま新潟県で官民一体のデータセンターが相次いで新設されようとしている。なぜ新潟なのか? そこには他の地方ではなかなか実現が難しい理由があった。(2016/4/4)

蓄電・発電機器:
京都最大級のイベント会場に蓄電システム、複数電源の同時利用を可能に
京都最大級のイベント会場である「みやこめっせ」には出力30kWの太陽光発電システムが導入されている。今回、同施設に新たにアイケイエスが開発したSiCパワーデバイスを採用する蓄電システム「I_DENCON(アイデンコン)」の導入がきまった。太陽光や電気自動車など複数の電源を同時利用できるのが特徴だ。(2015/10/7)

自然エネルギー:
温泉発電が兵庫県で始まる、70度以上の温泉水を入浴前に利用
兵庫県で初めての温泉水を使ったバイナリー発電設備が運転を開始した。地元の自治体が日帰り温泉施設に導入したもので、入浴に利用する前の70度以上の温泉水で発電する。蓄電池を併設して災害時にも施設内に電力を供給することができ、避難所としての機能向上に役立てる。(2014/4/14)

ビジネスニュース 事業買収:
A123事業買収のNEC「2020年蓄電システム事業規模1000億円が目標」
NECは2014年3月24日、中国の万向集団(Wanxiang Group)の傘下の電池メーカー・A123 Systems(A123システムズ)の蓄電システム事業の買収に関する会見を開き、蓄電システム事業規模を2020年に1000億円規模へと引き上げる方針を明らかにした。(2014/3/24)

電気自動車:
NECがA123システムズの蓄電システム事業を買収、入札で負けた中国企業から
NECは、中国の大手自動車部品メーカーである万向集団(Wanxiang Group)の傘下にあるリチウムイオン電池メーカー・A123 Systems(A123システムズ)の蓄電システム事業を約1億米ドルで買収する。NECと万向集団は2012年12月、A123システムの資産売却入札で競合。万向集団が落札したという経緯があった。(2014/3/24)

電気自動車:
PHEVベンチャーのフィスカーが中国企業傘下で新生、新型車「Atlantic」投入へ
破綻した米国のプラグインハイブリッド車(PHEV)ベンチャーFisker Automotive(フィスカー)。2014年3月、フィスカーの再出発を知らせるWebサイトが開設された。その名も「The New Fisker」である。(2014/3/14)

電気自動車:
米国グリーン・ニューディールの成果は中国企業の下へ、PHEVベンチャーも買収
プラグインハイブリッド車(PHEV)「カルマ」を展開する米国のベンチャー企業Fisker Automotive(フィスカー)を、中国の大手自動車部品メーカーである万向集団(Wanxiang Group)が買収することになったと複数の米国メディアが報じている。(2014/2/17)

自然エネルギー:
温泉の排水を使って発電、豪雪地帯で自立型のエネルギー供給
兵庫県には全国に知られる有馬温泉をはじめ各地に温泉がある。その中でも日本海に近い「湯村温泉」は高温の温泉水が大量に湧き出ることから、県内で初めての温泉発電を開始する。公共の温泉施設に発電設備と蓄電池を導入して、豪雪地帯における防災拠点としての機能を強化する狙いだ。(2014/1/17)

電気自動車:
プラグインハイブリッド車「カルマ」の米フィスカーが破産申請、投資会社が買収
プラグインハイブリッド車「Karma(カルマ)」を展開する米国のベンチャー企業Fisker Automotive(フィスカー)は、投資グループのHybrid Tech Holdingsによる買収と、連邦破産法11条の適用申請を発表した。(2013/11/25)

自然エネルギー:
厩舎跡地で4MW、新潟県で続々立ち上がるメガソーラー
新潟県は豪雪地帯にありながらもメガソーラーの取り組みでは先進的な事例が目立つ。2013年11月には新潟県企業局が厩舎跡地を利用した4MWのメガソーラーについての公募結果を発表。企業局が取り組むメガソーラーの容量は21MWに達する。(2013/11/14)

和田憲一郎の電動化新時代!(2):
ベタープレイス破綻で電気自動車の発展は遠のくのか
バッテリー交換方式の電気自動車(EV)を提唱していたBetter Place(ベタープレイス)が、裁判所に会社の解散と清算を申し出た。日本国内で華々しい実証試験を行うなど一時話題となった同社だが、何が原因でこのような事態に陥ったのだろうか。さらに、バッテリー交換方式EVの持つ課題は何なのか、ベタープレイスに代表されるEVベンチャーの破綻によってEVの発展は遠のくのか、考察してみたい。(2013/6/5)

スマートシティ:
もう需要ピークは起こさない、会津若松で始まるデマンドレスポンス
富士通と東北電力、会津若松市が始めたスマートシティの取り組みは、再生可能エネルギーと系統電力を組み合わせ、デマンドレスポンスで取り持つ。デマンドレスポンスの目的はピークカットやピークシフトを自動化すること。電力危機を避ける取り組みである。(2013/5/8)

電気自動車:
氷河期を迎える米国EVベンチャー、CODA Automotiveが経営破綻
米国の電気自動車(EV)ベンチャーであるCODA Automotiveが連邦破産法11条の適用を申請した。同社のセダンタイプのEV「CODA」は、2012年3月の発売から100台程度しか売れていなかったという。(2013/5/2)

電気自動車:
PHEVベンチャーのフィスカーが全社員の75%を解雇、破産準備へ
プラグインハイブリッド車(PHEV)「Karma(カルマ)」を展開するベンチャー企業のFisker Automotive(フィスカー)は、全社員の75%を解雇した。今後同社は、連邦破産法11条の適用を申請する準備に入るとみられている。(2013/4/8)

自然エネルギー:
アップルがエネルギー戦略を加速、再生可能エネルギーの利用率75%に到達
米国のIT企業が再生可能エネルギーの利用を拡大している中で、アップルも急ピッチで対策を進めている。主力のデータセンターに大規模なメガソーラーを建設するなどの施策を実行して、再生可能エネルギーの利用率を2010年の35%から2012年に75%まで高めた。(2013/3/27)

電気自動車:
中国企業の米国電池ベンチャー買収を米当局が承認、1年におよぶ迷走は決着へ
米国の外国投資委員会は、中国の大手自動車部品メーカー・万向集団による、リチウムイオン電池ベンチャー・A123システムズの買収を承認した。2012年初頭の資金繰りの悪化から始まったA123システムズの迷走は、中国企業による買収という形で決着しそうだ。(2013/1/30)

A123システムズのことはさておき:
米政府が次世代電池研究の集中拠点を設立へ、5年間で1億2000万ドルを投入
米国エネルギー省は、電気自動車やスマートグリッドに用いる次世代二次電池の研究開発を目的に、アルゴンヌ国立研究所を中心とした研究拠点を設立する。5年間で1億2000万米ドル(約98億8000万円)を投資する計画だ。(2012/12/3)

日本列島エネルギー改造計画(15)山梨:
日本有数の山に囲まれて、小水力発電から太陽光発電へ
富士山をはじめ3000メートル級の高い山に囲まれた山梨県は水資源が豊富で、さまざまな方式の小水力発電が展開されている。さらに甲府市は全国の県庁所在地の中で日照時間が一番長く、太陽光発電に適した自然環境を生かして大規模なメガソーラーも動き始めた。(2012/11/20)

電気自動車:
グリーン・ニューディールは失敗? 米車載リチウムイオン電池ベンチャーが倒産
車載リチウムイオン電池ベンチャーのA123 Systemsが、連邦破産法11条の適用を申請した。同社の自動車関連事業は、米国の大手自動車部品メーカーJohnson Controls(ジョンソンコントロールズ)に1億2500万米ドル(約99億2000万円)で売却される。A123 Systemsは、グリーン・ニューディール政策の一環で、米国エネルギー省の助成金を受けていた企業である。(2012/10/19)

NIWeek 2011現地リポート:
PR:スマートグリッドの進化形「デジタルグリッド」がもたらす未来とは?
世界各国でエネルギーインフラの見直しが進んでいる。米国ではオバマ大統領の掛け声でスマートグリッド化が進行中だ。日本では3月に発生した大震災の影響でエネルギー政策の見直しが迫られており、再生可能な自然エネルギーの大量導入を見据えた議論が活発化している。NIWeek 2011では、新たな時代のエネルギーシステムに取り組む研究者や開発者が未来展望や成果を披露するとともに、NI製品を適用するメリットについて語った。(2011/9/7)

城繁幸の「辞める前にこれを読め」:
リストラでも「大丈夫、またなんとかなるさ」――米国の強さを学べる本
2009年ごろ米国の労働生産性が四半期で6%以上上昇したことがあった。理由は簡単で、生産性の低い仕事をどんどん切り捨てているからだ。リストラされた労働者は需要のある産業で再チャレンジしているのである。(2011/5/13)

電子ブックレット(製造マネジメント):
電力の情報化はどこまで進むか 〜スマートグリッドの可能性〜
環境産業に対して政策投資、民間投資が活発化しており、技術開発・実証・ビジネスモデルの創出等の活動が世界各国で行われている。本稿では特に注目されているスマートグリッドの概要を紹介する。(2011/2/14)

伴大作の木漏れ日:
スマートグリッドの行方
スマートグリッドは、米国の老朽化したインフラの更新にとどまらず、中国や日本を巻き込んだ「エネルギー革命」へのシフトを表す構想である。これは見過ごせないテーマだ。(2010/7/7)

何かがおかしいIT化の進め方(45):
持続可能社会とITシステムはどう在るべきか(前編)
年々、関心が広がっている地球温暖化問題。日本は「2020年までに1990年比でCO2を25%削減する」と国際社会の場で世界から突出した約束をした。しかし、それをそのまま受け入れてしまっても良いものだろうか? CO2削減の動きを作り出している“背景”について、われわれが自ら考えてみる必要があると思う。(2010/4/7)

新しい技術から使える技術へ:
ZigBeeで実現する日本版スマートグリッド
日本版スマートグリッドはあるのか――本稿では、ZigBeeをはじめとするワイヤレスM2M対応のモジュール・製品を数多く提供するディジ インターナショナルの江川 将峰氏に聞いた、日本版スマードグリッドの可能性とワイヤレスM2M市場における同社の取り組みを紹介する。(編集部)(2009/12/11)

アクセンチュア、スマートグリッドの実践を支援:
“もったいない”が、日本を低炭素化し産業変革を救う!?
(2009/8/27)

2014年の太陽光発電導入量は2008年の4倍超に――シードプランニング推計
(2009/8/7)

スマートグリッド:
スマートグリッドに積極的に関与しなければ日本の産業は取り残される――スマートグリッドセミナー基調講演
米オバマ政権のグリーン・ニューディール政策によって、にわかに注目を浴びている次世代電力網「スマートグリッド」の海外最新動向と国内先進企業の取り組みを紹介するセミナーが開催された。 (2009/8/3)

Googleの「使命」と電力事情:
スマートグリッド――IT企業が注目するもう1つのネットワーク
インテリジェントな電力供給網「スマートグリッド」が北米を中心にヨーロッパなどで拡大している。(2009/8/3)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
利益確定売りに押されるも住宅指標の好転などを受けて堅調
(2009/7/28)

大出裕之の「まちと住まいにまつわるコラム」:
オール電化賃貸から畑付き賃貸まで――エコ住宅を探してみた
エコ意識の高まりや政府の支援策などから、トヨタ自動車の「プリウス」のようなエコ商品が注目を集めている。そこで、不動産業界でも「エコ住宅」を探してみた。(2009/7/7)

日本のCGO:
環境意識により変化した社会で、存在感を示すのはIT――富士通 高橋常務理事(後編)
環境意識の高まりによる社会の変革を予測する富士通CGO 高橋氏。そこで存在感を高めるであろうIT産業の視点から、行政に対する要望も指摘する――。(2009/7/2)

日本のCGO:
経営戦略と環境戦略は不可分――富士通 高橋常務理事(前編)
国内企業における環境負荷低減への取り組みで一歩先を行く富士通。そのCGO(チーフ・グリーン・オフィサー)ともいえる高橋常務理事は「経営戦略と環境戦略は不可分。環境負荷低減を進めることがビジネスを活性化する」と指摘する。(2009/7/1)

オブジェクト指向の世界(27):
クラウドの潮流を考える――らせん的進化・その2
“らせん的に進化する”のは開発プロセスだけではない。今回はアプリケーション・アーキテクチャの変遷を見てみよう。(2009/5/22)

経営のヒントになる1冊:
日本が世界をリードするための施策――「グリーン革命」
人類が永続的に豊かな生活を享受するためには、地球の環境対策は待ったなしの状況である。オバマ米大統領の「グリーン・ニューディール政策」をはじめ、世界各国の首脳が躍起になって取り組んでいる。エコ技術で世界の半歩先を行く日本はこの追い風をものにしたいところだ。(2009/4/18)

伴大作の木漏れ日:
日本の技術力が生きる「グリーンニューディール」
バラク・オバマ氏が米国第44代大統領に就任した。米国で長年虐げられてきたカラード出身者では最初の大統領だ。彼は就任演説で、幾つかの政策を明らかにしたが、その中で僕が注目しているのは「グリーンニューディール政策」だ。(2009/2/3)

オルタナブログ通信:
オバマ大統領とハドソン川の奇跡――2人のヒーローから見えるアメリカ
180組を超えるブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信しているITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」。今週は、「オバマ大統領」「Twitter」「著作権」「不況」「ケータイ」などを紹介する。(2009/1/30)

新日本石油と三洋電機、太陽電池の新会社を設立
環境エネルギーへの需要が高まる中、新日本石油と三洋電機は業務提携し、薄膜型の太陽電池を製造する新会社を設立した。(2009/1/23)

神尾寿の時事日想・特別編:
これもオバマ効果!? クルマの“電化”が急速に進むシナリオ
深刻化する景気悪化の影響を受け、米国の自動車産業に“明るい”話題は少ない。しかし逆風が吹き荒れる中にも、光明が見え始めている。それはオバマ新政権が掲げた「脱石油」によって、急速にEVの存在感が高まっていることだ。(2009/1/23)

藤田正美の時事日想:
海図なき航海となるのか? オバマ政権の舵取り
1月20日に米国で発足するオバマ政権。緊急の経済対策として、オバマ政権は減税などを行うとしているが、ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツ教授は「減税の景気刺激効果は薄い」と訴えている。その意味とは……?(2009/1/19)

グリーンITコラム(8):
“不況でグリーンITなどやる余裕はない”は正しいか?
昨年の“リーマンショック”以来、景況感は下がる一方だ。そのような状況で、「とても環境に配慮する余裕がない」という企業も出てきている。果たして、そのような考え方は正しいのだろうか。(2009/1/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。