ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「鳩山由紀夫」最新記事一覧

関連キーワード

4年間で約1300万〜2600万円:
パイロット不足問題が深刻 私大養成の最大のネックは高い「授業料」
パイロット不足問題が深刻となっている。そんな中、パイロット養成に日本体育大学が参入した。すでに6つの私立大が行っているが、高い授業料がネックとなっている。(2016/8/17)

世界を「数字」で回してみよう(14) 環境問題:
日本の総エネルギー消費量はどれくらい? E=MC^2から計算してみる
環境問題の最終回では、まず、日本の1日当たりの総エネルギー消費量を計算し直しました。その結果、“広島型原爆600発分”ということが分かったのです。その他、「日本に必要な電力を全て原発で発電したら、どれくらいCO2が削減できるのか」、「少子化問題を放置した場合、エネルギー消費量はどれくらいになるのか」について、いつものように、電卓とエクセルを使って検証します。(2015/4/20)

鳩山由紀夫元首相、ニコ生に出演 クリミア訪問について語る
クリミアに同行したジャーナリストの高野孟氏も出演。(2015/3/16)

ブログで話題のアスリート、1位は浅田真央選手 アメブロ7年分11億件を分析
過去7年分のアメーバブログの約11億件の記事で最も多く言及されていたアスリートは、フィギュアスケートの浅田真央選手だった。(2014/4/25)

今のところ大半は冷静──2013年、尖閣問題で揺れる中国対日ネット世論はどうなった?
尖閣諸島問題で日中関係は緊張状態が続いたが、反日デモの嵐が吹き荒れた昨年とは変わって、中国のネット世論の大半は冷静。中国の“ネット右翼”こと「憤青」を「中国ネットの反応」として取り上げる報道には注意したいところだ。中国事情に詳しい山谷氏によるリポート。(2013/12/27)

ニコファーレに鳩山由紀夫さん、マック赤坂さんら集結 言論企画「決着2013」
言論コロシアム年末企画「決着2013」をライブ配信する。鳩山由紀夫さん、岩崎夏海さん、マック赤坂さんら13組の「2013年に決着をつけたい面々」が登壇。それぞれの決着を14時間にわたって熱く語る。配信は12月26日13時30分〜。(2013/12/25)

ニコファーレで言論コロシアム年末企画「決着2013」 上杉隆、岡田斗司夫、鳩山由紀夫ら13組が2013年を熱く振り返る
勝間和代さんが完全に「黒猫のウィズ」の人に……。(2013/12/25)

窪田順生の時事日想:
鳩山元首相が中国に「友愛」を感じる理由
鳩山さんがまたまたダイナミックにやらかした。尖閣諸島に対する中国側の主張に「おっしゃるとおりで」とモミ手で追随するような発言を連発したのだが、なぜ鳩山さんはそんな行動に出たのか。(2013/7/2)

窪田順生の時事日想:
マインドコントロールを最もつかうのは誰か、そして解けていないのは誰か
活動休止中のお笑いコンビ「オセロ」の中島知子さんが、久しぶりに情報番組に出演した。芸能マスコミは「まだマインドコントロールが解けていない」などと報じているが、心配なのは彼女だけではない。元首相も……。(2013/4/2)

ビジネス英語の歩き方:
日本人英語のここが外国人に笑われている
グローバル化が進み、世界中で活躍するようになった日本人。しかし、その英語の使い方の危うさがネタになることも少なくないようです。(2013/3/12)

藤田正美の時事日想:
ネガティブキャンペーンばかりの衆院総選挙でいいのか?
衆議院総選挙に向けて、各党のアピール合戦が激しくなっている。しかし、誇れる成果がないからか、各党ともにお互いの批判ばかりに精を出しているように見える。(2012/11/26)

鳩山由紀夫氏の記者会見をライブ配信 自由報道協会主催
鳩山由紀夫氏の記者会見をライブ配信する。主催は自由報道協会。配信は11月27日17時0分〜。(2012/11/22)

藤田正美の時事日想:
日本外交に戦略はあるか?
中国で開かれている共産党第18回党大会。5年に1度の指導部の交代を決める重要な大会だ。この大会に向けて権力闘争が活発だった時期に、日本は尖閣諸島を国有化したが、それがもたらす影響について民主党政権に「読み」はあったのだろうか。(2012/11/12)

ACTAがデジタル社会に与える影響 津田大介さん、八田真行さんが講演
ACTA(Anti-Counterfeiting Trade Agreement:偽造品取引防止に関する協定)に関する講演会の模様をライブ配信する。「ACTAがデジタル社会に与える影響」をテーマに、津田大介さん、八田真行さんが語る。主催は、鳩山由紀夫元内閣総理大臣が会長を務める、政権公約を実現する会。配信は8月28日11時15分〜。(2012/8/28)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
店ざらしになる「国会事故調報告書」
「そんなことはありえない」と言っているうちは将来にわたるシナリオを描ことはできない。(2012/8/22)

藤田正美の時事日想:
なぜ日本政府は外交下手になったのか
日米同盟によって大きなメリットを享受してきた日本。しかし、米ソ冷戦の終了や民主党政権の“政治主導”により、外交の軸が見出せなくなっている。(2012/8/20)

藤田正美の時事日想:
“決められない政治”は民主党だけの問題ではない
消費税増税法案への賛否で揺れる民主党。しかし、国の財政は消費税を少し上げただけでは改善は不十分で、根本的には社会保障費に手を付けなければならない。しかし、日本にはそこに切り込める責任政党は存在しないのである。(2012/6/25)

東京の1票の価値は鳥取の4分の1:
「1人1票でないと多数決は保障されない」――1票の格差裁判の升永英俊弁護士に聞く
2011年の最高裁判決で、前回衆議院議員選挙の1票の格差は違憲状態にあると断じられた。しかし、与野党の対立などもあり、いまだ選挙制度改革はなされていない。裁判を主導した升永英俊弁護士に現状をどのように見ているのか聞くと、ただ1票の格差を縮めるだけでは不十分なのだという。(2012/6/15)

誠VOICE 第16回「2000年以降の首相であなたが一番評価する人は?」
(2012/5/25)

ネット選挙運動解禁への課題は“国民の無関心”?――与野党議員と津田大介さんら議論
2010年に審議入りして結局不成立となったネット選挙運動解禁法案。成立に向けてどのような課題があり、どう乗り越えていくのか。各党の議員と津田大介さんらが議論した。(2012/5/25)

誠 Weekly Access Top10(2011年8月27日〜9月2日):
首相官邸Webサイトは進化するか
首相がメディアに頼らず、直接自分の言葉を広く発信できる首相官邸Webサイト。過去の首相交代時には大幅にリニューアルされたこともあったが、今回は特に大きな変更はないようだ。(2011/9/9)

何が改革を妨げるのか?――現役官僚が語る、官僚や東京電力の問題
改革派官僚として知られ、国家公務員制度改革推進本部事務局で関連法改正などを進めてきた経済産業省の古賀茂明氏。1か月で16万部が売れた『日本中枢の崩壊』の刊行記念会見では、改革を妨げている公務員制度の問題点や、電力会社が各業界を支配する構造について語った。(2011/6/22)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
菅首相の大罪
菅首相はよく自民党に対して「歴史への反逆」という言い方で攻撃していた。しかし今、歴史に大きな汚点を残そうとしているのは、菅首相その人自身である。(2011/6/22)

まとめ読み!誠 PDF:
全国紙の記者が、高年収であるワケ
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回はジャーナリストの上杉隆氏と窪田順生氏の対談をまとめました。(2011/5/12)

アニメで“お金”と“未来”の話を描く――ノイタミナ『C』中村健治監督インタビュー
フジテレビの木曜深夜で、数々のヒットアニメを送り出してきた“ノイタミナ”枠。その最新作として4月14日から放送されるのが「お金と未来」をテーマにしたオリジナルアニメ『C』だ。お金をテーマにした作品をなぜ、そしてどのように作ろうとしているのか。中村健治監督に尋ねた。(2011/4/14)

誠 Weekly Access Top10(2011年3月26日〜4月1日):
日本人のフォロワー数1位は蒼井そら氏、孫正義氏の倍
先日、フォロワー数が100万人を超え、Twitterの日本ユーザーではトップとなったソフトバンクの孫正義CEO。しかし、“マイクロブログ”という枠で考えると、フォロワー数トップは蒼井そらさんになるようだ。(2011/4/8)

まとめ読み!誠 PDF:
記者クラブ問題が存在しないワケ
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回はジャーナリストの上杉隆さんと人気ブロガーのちきりんさんの対談をまとめました。(2011/4/8)

あなたの隣のプロフェッショナル:
国際会議を支える同時通訳者、その知られざる世界――浜瀬優重さん
政府・産業界・学界を問わず、国際会議などの黒子として重要な役割を果たしている「同時通訳者」。多国間での折衝には欠かせない存在であるが、その仕事はどのようなものなのだろうか。COP15で日本政府代表の同時通訳者を務めた浜瀬優重さんにその内情をうかがった。(2011/4/1)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
なぜ私たちは理想のリーダーに巡り合えないのか?
ここ数年、毎年変わっている日本の首相。長期にわたって国政を任せられるリーダーがなぜ日本には生まれないのか。ちきりんさんは、そのためには“一定数以上のリーダー候補の母集団”を育てる仕組みを社会に埋め込む必要がある、と説きます。(2011/2/28)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
日本の借金1000兆円はどう返済すればいいのか?――ジャック・アタリ氏の処方箋
日本が背負っている1000兆円の借金。フランスの知性、ジャック・アタリ氏は「2500年にわたる過去の歴史から、これほどの公的債務を抱えて悲惨な運命をたどらなかった国はない」という。アタリ氏はどのようにして借金を返せばいいと考えているのだろうか。(2011/1/20)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
言葉の耐えられない軽さ
言葉を重要視せず、その場限りの言い繕いに終始していては、国民の信頼は得られない。(2010/12/6)

誠 Weekly Access Top10(2010年11月20日〜11月26日):
ブログ検索で調べてみると、今年の流行語大賞は「〜なう」
11月12日に発表された2010年の流行語大賞ノミネート候補60語。その中で本当によく使われた言葉は何なのか? この1年間のブログを検索することで“真”の流行語を調べてみることにした。(2010/11/30)

PR:iPadで触れる“HTML5のタンポポ” 慶應SFCの「安住なき先駆」、ORF 2010で確認せよ
慶應SFCの研究発表イベント「ORF 2010」のテーマは、「安住なき先駆」。常に最先端を走り続けてきたSFCの今を、展示やセッションを通じて体感できる。(2010/11/15)

本田△からAKB48まで――2010年流行語大賞候補発表
世相を反映し、強いインパクトを残した言葉に贈られる「流行語大賞」。ノミネートされた60語が発表されたが、小沢一郎前民主党幹事長やサッカー南アフリカW杯に関わる言葉が多く選出されたようだ。(2010/11/12)

藤田正美の時事日想:
中国とロシアが、強硬な姿勢に変化した理由
尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件、そしてロシアのメドベージェフ大統領の国後島訪問。日本は近隣諸国からの“圧力”を受け続けているが、なぜこうした問題が次々に起こるのだろうか。(2010/11/8)

藤田正美の時事日想:
TPPに参加するならば、2つの“地雷”に注意せよ
太平洋周辺の国が参加して、自由貿易などの話し合いを行う環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)。菅首相はTPPへの「参加を検討している」と表明したが、2つの地雷があることを忘れてはいけない。その地雷とは……。(2010/11/1)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
日本で二大政党制が成立するために必要なもの
昨年の衆議院選挙で民主党が政権交代を実現したことから、二大政党制の時代に入ったとしばしば言われます。しかし、ちきりんさんは、政権交代可能な大政党が2つあるだけでは二大政党制は成立せず、そこには基本思想の対立がないといけないと説きます。(2010/9/20)

PR:ペーパーレスが切り拓く未来型企業への道のり
ペーパーレス化が企業の重要な課題になっている。セキュリティ、コンプライアンス、グローバル化、業務効率向上など、企業の行く末を左右するさまざまな要因とかかわっており、「未来型企業」への道のりを切り拓く重要な取り組みといえる。ただし、安易に紙をなくすこと自体を目的にしては意味がない。経営戦略実現の武器としてペーパーレスを位置づけ、現場の業務効率の向上を目指す必要がある。(2010/9/13)

藤田正美の時事日想:
政治や行政の失敗責任は誰がとるのか?
メキシコ湾で海底油田から石油漏れというかつてない大事故を起こしたBPでは、その責任をとってトニー・ヘイワードCEOが辞任することになった。一方、日本の政治や行政を見てみると、失敗の代償を誰かが支払ったという例はそれほど見当たらないが、それは正しいことなのだろうか。(2010/8/2)

藤田正美の時事日想:
参院選で、民主党が惨敗したワケ
参院選で民主党が惨敗した。連立与党で過半数を達成できないばかりか、菅首相が目標としていた現有議席を下回った。この結果を受け、菅首相は「新たなスタートラインに立った気持ちで」と続投に意欲を示したが、今後の舵取りは厳しいはずだ。(2010/7/12)

藤田正美の時事日想:
民主党も自民党も、“同じ穴のムジナ”かもしれない
会社と同じように、政治の世界でも「情報公開」は必要だ。しかし鳩山政権がお金の問題でつまづいたとき、その対応に国民はがっかりした。そして菅政権。一国のトップはこの問題について、どのように考えているのだろうか。(2010/7/5)

誠 Weekly Access Top10(2010年6月12日〜6月18日):
閣僚の去り際の言葉
しばしば、「人は去り際に本性が現れるもの」と言われる。そこで、鳩山内閣の閣僚の退任会見が各省Webサイトで公開されていたので、閣僚の本性を見極めるために読んでみた。(2010/6/24)

ねとらぼ:
ガチャピン、鳩山前首相を抜き返す Twitterフォロワー数日本一に返り咲き
ガチャピンのTwitterフォロワー数が鳩山前首相を超え、日本一に返り咲いた。(2010/6/23)

藤田正美の時事日想:
いきなり“けつまずく”菅首相、トップになって何をしたいのか
鳩山首相が退陣し、菅首相が誕生した。菅首相はいわゆる“華麗なる一族”ではなく、市民運動出身ということもあって、国民の支持率は高い。しかし消費税の増税をめぐる発言で、「つまずいた」のではないだろうか。(2010/6/21)

高年収者に聞いた“入閣してほしい民間人”、トップは「孫正義」氏
かつて内閣の一員として、堺屋太一氏(経済企画庁長官)や竹中平蔵氏(経済財政政策担当大臣など)ら民間人が登用されたことがあったが、年収750万円以上のビジネスパーソンが入閣してほしいと思っている民間人は誰なのだろうか。ビズリーチ調べ。(2010/6/16)

「Twitterやめるだう!」――ハマコーが次に目指すものとは
Twitterで17万人以上からフォローされている元国会議員の浜田幸一氏(@555hamako)。始めてから半年足らずでTwitter界の有名人になった浜田氏だが、Twitterはそろそろやめるのだという。それはなぜなのか聞いてみた。(2010/6/10)

ネット選挙解禁法案、成立は絶望的か 鳩山首相退陣で
鳩山首相の退陣表明で国会審議がストップし、重要法案の成立が不透明に。ネットを使った選挙運動の解禁を盛り込んだ公職選挙法改正案の成立も、極めて厳しい状況だ。(2010/6/3)

「総理の立場を離れ、人間としてつぶやきたい」――鳩山首相、辞任表明後初のツイート
「これからは総理の立場を離れ、人間としてつぶやきたい」――鳩山首相が辞任表明後初めてTwitterに投稿した。(2010/6/2)

ほぼ全文:
“普天間”と“政治とカネ”の問題が政権を揺るがせた――鳩山首相、退陣表明演説
鳩山由紀夫首相は6月2日、民主党の緊急両院議員総会で退陣を表明した。2009年秋の歴史的な政権交代から8カ月、鳩山氏はどのような思いのもと政権運営し、今後の政権にどのようなことを期待しているのか。退陣演説の詳細をお伝えする。(2010/6/2)

Twitterで見る、鳩山首相辞任表明
6月2日、Twitterは鳩山首相の辞意表明に関連する話題一色に。東国原英夫宮崎県知事は「え?総理、辞任?」と驚いた様子。夏野剛さんや松尾貴史さんも感想や思いをコメントしている。(2010/6/2)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。