ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「求人」最新記事一覧

バラエティー番組「カイジ」が圧倒的求人! “黒服”のアルバイトを募集……! 趣味はボウリングを推奨……!
黒ネクタイとサングラスは支給……! 圧倒的感謝っ……!(2017/11/15)

業務開始1秒で終わるバイトで1万円? 求人サイト「マッハバイト」がユニークすぎる“超超超超ド短期バイト”企画を開始
元中二病の方は「中学生の時に描いた黒歴史イラストを送るバイト」を是非……。(2017/10/25)

キャリアニュース:
20代が仕事に求めること――1位は「プライベートを大切に働けること」
20代の男女を対象とした「仕事の価値観」についてのアンケート調査結果を総合求人・転職支援サービス「エン転職」が発表。仕事に求めることの1位は「プライベートを大切に働けること」で、59%が回答した。(2017/10/10)

キャリアニュース:
転職後のギャップ低減には「風土・社風」の情報獲得が有効
求人サイト「ミドルの転職」が「転職後のギャップを避ける方法」についての調査結果を発表。ギャップを感じる原因として、59%が「入社前の情報収集不足」を挙げた。また、ギャップを避けるには「風土・社風」の情報獲得が有効と70%が回答した。(2017/9/27)

リモートワーク、時短勤務など:
「新しい働き方」特化の求人サービス「REWORK」スタート
キャスターが「新しい働き方」に特化した求人サービス「REWORK」をスタート。リモートワーク、時短勤務、副業、フリーランスなどの募集を掲出する。(2017/9/25)

キャリアニュース:
ミドル層の求人、転職コンサルタントの81%が「増えている」と回答
転職求人サイト「ミドルの転職」が「人手不足の影響」についてのアンケート調査結果を発表した。転職コンサルタントの81%が、人手不足の影響でミドル層の求人が増えていると回答。特に中小企業、メーカー、営業職で求人が増加しているようだ。(2017/9/11)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
大手企業の高給与求人、中小出身でも応募できる?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。9月は、中小企業で着実にスキルを積上げてきた方なら必見の「中小から大手企業への転職」をご紹介します。(2017/9/7)

AI関連事業を日本で展開する企業をリストアップ:
「AI業界マップ2017年夏最新版」、ディップが公開
求人情報大手のディップが、AI関連技術を開発し、その機能やサービスを日本で提供する企業をまとめた「人工知能業界マップ 2017年夏最新版」を公開した。(2017/9/6)

キャリアの選択肢広げる:
逆求人サービス「OfferBox」に“博士向け”新サイト登場
就活サイト「OfferBox」を運営するi-plugが、博士号を持つ人材に特化した就活サイト「OfferBox Ph.D.」を開設。(2017/8/31)

米国企業が採用を手控え?
大統領令でH-1Bビザの今後は? IT企業の外国人採用に影響が出始める
求職・求人サイトを運営するHiredが実施した調査によると、専門技能を持つ外国人向けの査証(ビザ)「H-1B」の今後が不透明になっている状況を受け、米国企業はIT系専門職への外国人労働者採用を手控えている。(2017/8/31)

求人サービス運営「ウォンテッドリー」批判ブログ、ツイートするだけで削除対象? 「封殺」とも取れる対応に批判集中
Wantedlyは「当社でも反省」とコメント。(2017/8/25)

「会話型」AIサービス拡大、求人やごみ分別案内 人間同士のような自然な会話
人工知能を活用し、文字を使って自然に“会話”するプログラム「AIチャットボット」を使ったサービスが広がっている。(2017/8/21)

警視庁が特殊詐欺の「受け子」求人広告に注意喚起 「バイク便・電車便」と称した配達アルバイトとして募集
詐欺に加担することになります。(2017/8/16)

キャリアニュース:
3人に1人は現職にとどまるべき人――転職コンサルタントの44%が回答
ミドル層専用の転職求人サイト「ミドルの転職」が「現職にとどまるべき人材・転職すべき人材」についてのアンケート調査結果を発表。転職コンサルタントの約半数が、面談したうちの3人に1人は、転職せずに現職にとどまるべき人材だと回答した。(2017/8/14)

Wantedlyがマザーズ上場 求人サイト運営
求人情報サービス「Wantedly」を運営するウォンテッドリーがマザーズ上場へ。(2017/8/10)

トヨタ「あの先端メーカーにお勤めなんですか! それならぜひ弊社に」 南武線エリアを狙い撃ちした求人広告が新しい
すごい直球。(2017/7/31)

キャリアニュース:
2017年下半期の転職市場予測――上半期に続いて増加傾向
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職市場予測2017下半期」を発表。転職市場は上半期に続いて増加傾向にあり、転職希望者に有利な売り手市場が続く見込みだ。特に「電気・機械」「企画・マーケティング」、管理部門で求人が増えている。(2017/7/21)

Apple、「機械学習ジャーナル」ブログ立ち上げ
Appleが、人工知能(AI)関連の社内研究成果を披露するWebサイト「Apple Machine Learning Journal」を立ち上げた。Webページ末にはフィードバック用と求人ページへのリンクが設置されている。(2017/7/20)

キャリアニュース:
退職を考えたきっかけのトップは「給与が低かった」――46%が回答
総合求人/転職支援サービス「エン転職」が、「退職理由」についてのアンケート調査結果を発表した。退職を考え始めたきっかけとして「給与が低かった」を挙げた人が46%と最も多かった。(2017/7/6)

サービスに付加価値与える人材が人気:
17年の転職市場、下半期も求人増 企画職など需要高まる
2017年下半期の転職市場では、どのような業種・業界で求人が増加するのだろうか――パーソルキャリア調べ。(2017/7/5)

Google検索で職探しできる「Google for Jobs」、米国でスタート
Google検索で「近くの求人」「技術職」などと検索すると、対応する求人情報のリストが表示される「Google for Jobs」がまずは米国でスタートした。LinkedInやFacebookに投稿された求人情報が自動的に検索結果に表示される。(2017/6/21)

上がり幅は「50〜100万円」:
30〜50代、転職で給与が上がる傾向 管理職不足で
30〜50代のミドル世代向け求人の給与が上昇している理由は?――エン・ジャパン調べ。(2017/6/2)

失業率2.8%で横ばい:
有効求人倍率、4月は74年2月以来の高水準
4月の有効求人倍率は1.48倍と前月から上昇し、1974年2月(1.53倍)以来、43年2カ月ぶりの高水準となった。(2017/5/30)

キャリアニュース:
転職希望者向けに業界動向や競合情報のレポートを提供
転職求人サービス「MIIDAS(ミイダス)」は、企業/業界分析情報サービス「日経バリューサーチ(ValueSearch)」内の「業界レポート」を、転職希望者が閲覧できるサービスを開始した。業界の情報が効率的に収集でき、志望動機形成に活用できる。(2017/5/29)

キャリアニュース:
ミドル層の職務経歴書――「改善すべき点がある人が多い」が54%
転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の「職務経歴書・履歴書のポイント」に関する調査結果を発表。ミドル層の職務経歴書や履歴書に対し、転職コンサルタントの54%が「改善すべき点がある人が多い」と回答した。(2017/5/26)

スマホやPCから仕事を探せる「dジョブ」 ドコモが今秋提供開始
NTTドコモは、アルバイト・派遣社員・正社員の「求人情報」からクラウドソーシング・アンケート回答などの「スマホワーク」まで幅広い仕事情報を検索・応募できる「dジョブ」を今秋に提供開始。スマートフォンやタブレット、PCから利用できる。(2017/5/24)

エン・ジャパン 人材育成調査:
「部下の育成に自信あり!」――マネジメント経験者の76%が回答
転職求人サイト「ミドルの転職」は、「人材育成」についてのアンケート調査結果を発表した。(2017/5/15)

企業が求める人材像
クラウド分野の“花形職種”4選、必要なスキルは?
クラウドコンピューティングがますます普及し、関連する仕事の求人は非常に多い。最も一般的な4つの職種と求職者の面接対策を紹介する。(2017/5/10)

キャリアニュース:
マネジメント経験者の76%が「部下の育成に自信がある」と回答
転職求人サイト「ミドルの転職」が「人材育成」についてのアンケート調査結果を発表した。「部下の育成に自信がある」と全体の76%が回答。部下を育成する上で気をつけていることは「コミュニケーションを多く取る」が最も多かった。(2017/4/25)

好条件の求人を掲載:
「年収400万円以上の20代」限定の転職サイト登場
エン・ジャパンが、高収入の若手ビジネスパーソン向け転職サイト「AMBI(アンビ)」を開設。年収500万円以上の求人案件のみ取り扱う。(2017/4/24)

40人の大規模募集:
「ZOZOTOWN作り直しにつき職人求む」のワケ
「ZOZOTOWN作り直しにつき、40名の職人(エンジニア)求む!」――スタートトゥデイが出している一風変わった求人。募集のワケを聞いた。(2017/4/13)

便乗するフレンズなんだね! オタク婚活パーティーのアエルラ、求人ページ「けだものスタッフ」を公開
「ジャパリまんじゃなくて日本円のお給料とお昼ごはんも支給します」(2017/4/5)

キャリアニュース:
異業種への転職に成功したミドル層は59%
転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の異業種転職についてのアンケート調査結果を発表した。転職コンサルタントのうち、異業種転職に成功したミドル層がいると59%が回答。異業種転職が多い業種は「メーカー」だった。(2017/3/17)

エン・ジャパン 獲得スキル調査:
20〜40代が取得したいスキル・資格の一番人気は?
アルバイト求人サイト「エンバイト」は、2017年に身に付けたい「スキル」に関するアンケート調査結果を発表した。(2017/3/13)

これはレアな求人! 日本郵便が切手・はがきなどをデザインする「切手デザイナー」を募集
3年以上の実務経験が必要です。(2017/3/6)

キャリアニュース:
2017年ミドル層の求人動向調査――「求人は増加する」が78%
転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の求人動向についてのアンケート調査結果を発表した。2017年のミドル層を対象とした求人について、78%が「増えると思う」と回答。増えそうな求人トレンドは「首都圏から地方へ」と予想されている。(2017/2/24)

早く誰か応募してあげて! ある会社のダサすぎる「デザイナー求人ページ」が切実すぎると話題に
「デザイナー募集します(切実)」(2017/2/22)

キャリアニュース:
20〜40代が身につけたいスキルは「語学力」
アルバイト求人サイト「エンバイト」が「2017年に身につけたいスキル」に関するアンケート調査結果を発表。身につけたいスキルとして最も多く挙がったのは「英語などの語学力」だった。取得したい資格も英語関連に人気が集まった。(2017/2/21)

キャリアニュース:
転職理由の1位は「会社の考えや風土が合わない」――30%が回答
転職求人サイト「ミドルの転職」が「転職理由」についてのアンケート調査結果を発表。転職の理由やきっかけとして最も多かった回答は「会社の考えや風土が合わない」だった。また、年代によって転職の理由や不安要素に違いが見られた。(2017/2/17)

エン・ジャパン ミドル層の面接:
ミドル層の転職で求人企業の面接官が見ているポイントは?
転職サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンは、ミドル層の面接で「面接官が見ているポイント」のアンケート調査結果を発表した。(2017/2/15)

DODA調べ:
転職の求人数、26カ月連続増 「売り手市場」の傾向続く
転職希望者の「売り手市場」の傾向が続いている――「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンス調べ。(2017/2/13)

キャリアニュース:
2017年上半期の転職市場予測――求人数は高水準のまま緩やかに上昇
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職市場予測 2017上半期」を発表。転職市場の求人数は、2016年下半期の高い水準のまま、緩やかに上昇を続けると見られる。また、11の業種・職種について求人の動向を示した。(2017/1/26)

App Town ビジネス:
リブセンス、転職求人サイト「ジョブセンスリンク」公式アプリのiOS版を提供開始
リブセンスは、転職求人サイト「ジョブセンスリンク」公式アプリのiOS版を提供開始した。アプリでは転職コンシェルジュがアドバイスを行うほか、機械学習を活用した最適な求人情報をすすめる。(2017/1/24)

売り手市場の傾向:
17年転職市場、求人数増加へ 働き方改革など影響
インテリジェンスによると、中途採用求人数は25カ月にわたって伸び続け、2016年12月の求人数は過去最多となった。17年も転職市場は活発化を続けると予測する。(2017/1/17)

慢性的な人材不足:
2016年、飲食店で最も人手不足だった職種は?
2016年、飲食店で最も人手不足だった職種は?――飲食店専門の求人情報サイト「求人@飲食店.COM」(シンクロ・フード運営)調べ。(2017/1/13)

オバマ大統領の就職先はSpotify?
1月20日に8年間の任期を終えるオバマ大統領にぴったりの求人が提供されている。(2017/1/11)

ヘイズ 求人予測:
2017年、最も求人が増加する「5つの職業」とは?
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは、2017年の国内転職市場で求人が増加すると思われる5つの職業について発表した。(2017/1/6)

エン・ジャパン 退職のきっかけ:
退職を考えるきっかけは? 年代問わず「給与・待遇への不満」が最多
エン・ジャパンが運営する総合求人・転職支援サービス「エン転職」は、「退職のきっかけ」についてのアンケート調査結果を発表した。(2016/12/28)

IoT/AI/自動運転/データサイエンティストの需要が拡大:
「2017年に求められる職業/職種」とは ヘイズ調査
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが2016年下半期の求人件数の動向を基にした、2017年の国内転職市場で求人が増えると思われる5つの職業を発表。IoTやAI、ロボット、データサイエンティストなどの職種の求人が増えるという。(2016/12/19)

バイト資格は「逮捕されたい人」 求人広告を装った啓発ポスターが「センスがいい」と評判
「おれは 求人広告を読んでいたと 思ったら いつのまにか八王子市から注意喚起されていた」(2016/12/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。