ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「HONEY BEE 2」最新記事一覧

ソフトバンクモバイル、「HONEY BEE 201K」を1月25日に発売
ソフトバンクモバイルは、京セラ製のAndroidスマホ「HONEY BEE 201K」を1月25日に発売する。“ちょい足しリング”を備え、さまざまなストラップを取り付けて楽しめる。(2013/1/23)

開発陣に聞く「HONEY BEE 201K」:
“イケメン”に進化した2代目HONEY BEEスマホ 機能もアップ
ソフトバンクから“スマホのHONEY BEE”が登場して早1年。4Gやおサイフケータイに対応した新モデルが間もなく発売される。ただカワイイだけでなくスマホらしくイケメンに進化したという。(2013/1/18)

開発陣に聞く「HONEY BEE 5」:
新型HONEY BEEが追求した2台目端末としての“最適解”
女子高生を中心に根強い人気を集めるPHSの「HONEY BEE」シリーズ。2012年11月に発売された最新モデルは、HONEY BEEというブランドを見直すことから開発がスタートしたという。(2013/1/16)

ウィルコム、ソフトウェア更新で約635万円の誤課金――97万3443回線に影響
2012年7月18日2時から8月23日20時まで、ウィルコムの97万3443回線に、約635万円の誤課金が発生していた。原因は、本来課金をしないソフトウェア更新に誤って課金をしてしまったため。(2012/9/7)

開発陣に聞く「HONEY BEE 101K」:
すべては“カワイイ”のために PHSからスマホへ生まれ変わった超個性派モデル「HONEY BEE 101K」
女子高生に人気のPHS「HONEY BEE」。そのコンセプトはそのままに、Androidスマートフォンへ生まれ変わったのがソフトバンクモバイルから発売された「HONEY BEE 101K」だ。京セラに、開発経緯などを聞いた。(2012/3/16)

ウィルコム、HONEY BEE初の折りたたみ端末「HONEY BEE BOX」を発表
ウィルコムが、ツインカメラ搭載の折りたたみ端末「HONEY BEE BOX(WX334K)」を発表。2月16日から順次発売する。(2010/2/9)

写真で解説する「HONEY BEE 3」
ウィルコム端末の中でも、HONEY BEEシリーズは売れ筋モデルとして人気を集めている。その最新モデルとして登場した「HONEY BEE 3」は、“超広角”のインカメラを搭載し、新たにJAVAにも対応した。もちろん、ポップなカラーやコンパクトなボディも健在だ。(2009/10/16)

Twitterにも簡単アクセス:
ツインカメラ搭載の「HONEY BEE 3」登場――512色のオーダーメイドも
ウィルコムが、ポップなストレート端末「HONEY BEE 3」を11月12日から順次発売する。あわせて、512通りの中からオリジナルカラーを選べるキャンペーンも実施する。(2009/10/15)

国内通信事業者では初:
「Twitter」がウィルコムの公式コンテンツに
ウィルコムが10月15日、Twitterを公式コンテンツとして採用すると発表した。15日16時以降に、公式サイトのメニューリストからアクセスできるようになる。フィルタリングの対象からは除外される。(2009/10/15)

ウィルコム、HONEY BEE 2の「GRAND SALE」を実施
ウィルコムが「HONEY BEE 2」の基本料金を3カ月間半額とする新たなキャンペーンを発表した。特定の条件を満たして新規契約すると恩恵にあずかれる。(2009/10/8)

ふぉーんなハナシ:
ウィルコム社員ブログに「ケータイ業界で最も有名なアノ被写体」
たまたま開いた「ウィルコム社員ブログ」に気になるエントリーが……。(2009/8/27)

ふぉーんなハナシ:
キャリアが提供する人気端末ランキング
NTTドコモが8月26日、同社のWebサイトのアクセス数を集計した端末の注目度ランキングを公開した。これに合わせ、ほかのキャリアが提供している端末の人気ランキングや販売ランキングも調べてみた。(2009/8/26)

“いくら使っても2800円”の世界をぜひ体験してほしい──ウィルコム 寺尾氏
ウィルコムがコンテンツサービスの拡充を発表した背景には、パケット通信料の安さや、ウィルコムが提供するコンテンツサービスをもっと知ってほしい、という意図があった。リニューアルによってユーザーにはどのような恩恵があるのか、寺尾洋幸氏に聞いた。(2009/7/29)

ウィルコム、公式サイトをリニューアル──着信ボイス、無料コンテンツポータルなども開始
ウィルコムのPHS・スマートフォン向け公式サイトが、7月29日にリニューアルした。音声端末向けに、新たに「着信ボイス」サービスを開始するほか、無料のコンテンツを多数用意したポータルサイトなども用意し、ユーザー向けのコンテンツサービスを拡充する。(2009/7/29)

ワイヤレスジャパン2009:
“4つのリソース”――京セラの次世代通信への取り組み
ワイヤレスジャパン2009の京セラブースでは、発表された端末の展示に加え、WiMAX、XGP、LTE、iBurstに関する同社の取り組みを紹介している。(2009/7/23)

ふぉーんなハナシ:
最も電磁波が低いケータイはどれ?
ケータイなどの無線機器が発する電磁波の吸収率を示す「SAR値」をご存じだろうか。この数値、機種によって微妙に異なる。SAR値が最も低い機種は?(2009/7/7)

ウィルコム、HONEY BEE 2に「LIZ LISA」コラボモデルを追加
ウィルコムは、京セラ製PHS端末「HONEY BEE 2」に、人気アパレルブランド「LIZ LISA」(リズリサ)とコラボレートした新カラーバリエーション「LIZ LISA Pure White」「LIZ LISA Paris Pink」を追加した。6月26日から順次発売する。(2009/6/22)

「HONEY BEE 2」のカメラにフレーム機能を追加するアップデート
京セラは4月22日、ウィルコム向けのストレート型PHS「HONEY BEE 2」のカメラにフレーム機能を追加するアップデート用ソフトウェアを公開した。(2009/4/22)

ウィルコム、「HONEY BEE 2」の新色「レッド」を追加――3月19日発売
ウィルコムは、京セラ製のストレート端末「HONEY BEE 2」の新色「レッド」を3月19日に発売すると発表した。(2009/3/16)

バウムクーヘンがモチーフのおサイフケータイ「BAUM」、3月19日発売
バウムクーヘンをモチーフにしたという、ウィルコムのおサイフケータイ第2弾、「BAUM」の販売が3月19日から始まる。(2009/3/16)

「HONEY BEE2」にビックカメラとベスト電器向けのオリジナルモデルが登場
ウィルコムは、京セラ製のストレート型PHS「HONEY BEE2」にビックカメラとベスト電器向けのオリジナルモデルを追加し、3月13日から販売を開始する。ボディカラーはオレンジを採用。購入特典としてオリジナルストラップが付属する。(2009/3/9)

写真で解説する「BAUM」
おサイフケータイに対応した京セラ製のストレート端末「BAUM」。大ヒットしたHONEY BEEのコンセプトを引き継ぎつつ、お菓子の“バームクーヘン”を開発コンセプトとし、より幅広いユーザー層を想定した。(2009/1/23)

料金改定とおサイフケータイで「定額・低額・あんしん」をさらに推進──ウィルコム 喜久川社長
ウィルコムの代表取締役社長 喜久川政樹氏は、1月22日に発表した新料金プランとおサイフケータイについて、ウィルコムの特徴をさらに際だたせるものだと胸を張った。WILLCOM COREのサービスは、2009年4月下旬に試験サービス、10月に本格サービスを開始する。(2009/1/23)

ウィルコムは不況時にいかに役に立てるか──新定額・新端末発表、COREは「順調」
FeliCa対応の新“京ぽん”やデータ定額を利用しやすくする新プランなどを発表したウィルコム。同社の本領という低料金と安全安心に磨きをかけ、不況下でも存在感を示していく考えだ。(2009/1/22)

“バウムクーヘン”がモチーフのストレート型おサイフケータイ──「BAUM」
ウィルコムが発表したストレート型のおサイフケータイ端末「BAUM」は、お菓子のバウムクーヘンをモチーフにしたデザインを採用したおサイフケータイ。「HONEY BEE 2」に似たボディにウィルコムの最新スペックを盛り込んだ。(2009/1/22)

端末代+基本料金980円の「nico.スペシャルモデル」発売――「HONEY BEE 2」の“0円”販売も
ウィルコムは、W-VALUE SELECT新規契約時の端末代と「ウィルコム定額プラン」を最大24カ月にわたり月々980円とする「nico.スペシャルモデル」を発売した。また、「HONEY BEE 2」の端末代を実質0円とするキャンペーンも実施した。(2009/1/19)

ドコモが初のMNP転入超過、純増トップのソフトバンクモバイルにも肉薄──12月契約数
電気通信事業者協会が2008年12月末の携帯・PHS契約数を発表。12月は冬商戦と新機種効果でいずれのキャリアも純増を記録し、累計契約数が1億1000万件を超えた。NTTドコモは番号ポータビリティ開始以来、初の転入超過。純増トップは20カ月連続でソフトバンクモバイル。(2009/1/9)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター小山編):
高機能かシンプルか――ケータイ新時代の扉が開いた年
何かと暗い話題の多かった2008年のケータイ業界。そんな中でも、明るい話題を提供してくれた端末がいくつか登場した。iPhone 3Gはもちろん、独自路線を行くシャープや2台目端末として定着したシンプルケータイなどが新時代を切り開いてくれるのだろう。(2008/12/29)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(編集部平賀編):
よく考えると「N906iL onefone」ってすごいなと思う
マルチキャリア戦略で日本のスマートフォン市場を席巻したHTC端末や、2台目シンプル需要を狙い打ちした「HONEY BEE」も注目だが、コンシューマーに無線LANでケータイを使わせようとした「N906iL onefone」の試みはすごいと思う。(2008/12/24)

KDDIとドコモのMNP状況逆転、ドコモは過去最少の転出数に──11月契約数
電気通信事業者協会が2008年11月末の携帯・PHS契約数を発表。11月は後半から各キャリアが2008年冬商戦向け新機種を発売したものの契約者の増加には大きく結びつかず、前月の結果を下回った。純増シェアトップは19カ月連続でソフトバンクモバイル。(2008/12/5)

京セラ、HONEY BEE 2の発売記念イベント「HAPPY HONEY FES!」を12月20日に開催
京セラが12月20日に、東京・渋谷のSHIBUYA109の「SBY」にてウィルコム向けの音声端末「HONEY BEE 2」の発売を記念した特別イベント「HAPPY HONEY FES!」を開催する。また12月1日から28日まで、HONEY BEE 2のタッチ&トライコーナーも開設する。(2008/12/4)

ウィルコム、29歳以下の新規加入者に契約事務手数料をキャッシュバック
ウィルコムは2008年冬モデルの発売を記念して、29歳以下の新規加入者に契約事務手数料をキャッシュバックするキャンペーンを開始した。(2008/11/14)

写真で解説する「HONEY BEE 2」
愛らしい“ミツバチ”をイメージしたポップなデザインで若者を中心に人気のあった「HONEY BEE」。最も要望の高かったカメラを搭載し、細かな改善改良を加えたモデルが「HONEY BEE 2」だ。(2008/11/4)

「弾はそろった、11月を境に純増に転じる」──新端末と新サービスの連携で魅力をアピールするウィルコム
ウィルコムは10月28日、2008年冬モデルとして、音声端末3機種、WILLCOM 03のカラバリ1機種、データ通信カード1機種の計5機種と、各端末に関連する新サービスを発表。特認、端末と連携した独自のサービスを投入することで、ユーザーにPHSの魅力を訴求する。(2008/10/29)

データ通信は「我慢の時」 好調「HONEY BEE」新機種投入のウィルコム
人気の音声端末「HONEY BEE」の新機種など、新端末を投入するウィルコム。データ通信サービスで携帯3Gとの競合し、純減に陥る厳しい状況が続くが、音声サービスは拡大。「ウィルコム ミーティング」など新サービスも投入し、巻き返しを図る。(2008/10/28)

31万画素カメラ搭載、ラメが輝くカジュアルストレート――「HONEY BEE 2」
厚さ9.9ミリのスリムなストレートボディに31万画素カメラを搭載――。「HONEY BEE 2」は、新たに31万画素カメラを搭載した、カジュアルなストレートケータイ。ディスプレイの周囲にあしらったラメが、遊び心を演出する。(2008/10/28)

PCカード&USB接続データカードもラインアップ:
ウィルコム、2008年冬モデル3+1機種を発表――WILLCOM 03新色、スライド、防水、カメラ付き「HONEY BEE」など
ウィルコムが、2008年冬モデル3機種とデータ端末1機種、スマートフォンの新色1機種を発表。初の音声スライド端末や防水ビジネスケータイ、シンプルケータイのカメラ付きモデル、PCカード&USB接続の8xパケット通信カードが登場する。(2008/10/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。