ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

HOYA に関する記事 HOYA に関する質問

「HOYA」最新記事一覧

ホワイトペーパー:
続・ユーザー企業自身が語る、AWSを選んだ理由
国内の一般企業は、なぜAWSを採用し、どのような用途に使っているのか。AWS Summit Tokyo 2014 におけるユーザー企業自身の説明を、前号に引き続き紹介する。(2014/8/8)

AWS Summit Tokyo 2014:
「AWSをなぜ使うか」、一般企業22社が自ら語った採用の理由
2014 年7 月17、18 日に開催されたAmazon Web Services(AWS)の国内イベント「AWS Summit Tokyo 2014」では、基調講演、個別講演、パネルディスカッションに多数の一般企業が登場、自社がなぜ、どのようにAWS を使っているのかを自ら語った。(2014/7/30)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
エッジの効いた弱者の戦略で戦う コニカミノルタ
キヤノン、リコー、ゼロックス、自社の倍以上の規模を持ち、体力も市場での認知度もある競合と戦って、いかにグローバルで競争優位を築くか。コニカミノルタは、エッジの効いた差異化戦略で強力なライバルと互角以上の戦いをしている。(2014/7/8)

「モヤさま」でおなじみショウ君の後輩登場!?:
HOYAサービス、日本語男性音声の新話者「TAKERU(タケル)」を販売
HOYAサービス 音声ソリューション事業部は、同社Webサイトにてデモンストレーションを先行公開していた、音声合成ソフトウェア「VoiceTextシリーズ」の新製品「VoiceText TAKERU」の販売開始を発表した。(2013/10/29)

週末は悪天候でも物欲解放:
ここから選ぶ! 「Xperia Z1」ケース&保護シート
日本のメーカーが作るスマートフォンでは人気トップクラスのXperia Z1の出荷が始まった。となれば、この週末は本体と周辺機器をセットで購入するしかないね。(2013/10/25)

Xperia Z1向け液晶保護用カバーガラス「Z'us-G」が登場
優れた耐衝撃性を持つ液晶保護用カバーガラス「Z'us-G」にのXperia Z1向け製品が登場した。(2013/10/25)

スマホ用カバーガラス「Z’us-G」シリーズにXperia A向けハイクリアタイプ登場
優れた耐衝撃性を持つHOYAのスマホ向け液晶保護用カバーガラス「Z’us-G」に、ドコモの「Xperia A SO-04E」専用クリアタイプが追加された。(2013/8/30)

落としてもぶつけても無事に済ます:
ここから選ぶ! スマートフォン用「耐衝撃」ケース
最新スマートフォンのほとんどは、IPX57クラスの防水防じん性能を有する。しかし! 野に山に川に海に持ち出すなら! 「耐衝撃性」は必要不可欠なのであーる!(2013/8/13)

ペンタックスリコーイメージング、社名を「リコーイメージング」に変更
ペンタックスリコーイメージングが8月1日から社名を「リコーイメージング」に変更。製品ブランドは今後も「ペンタックス」「リコー」の両方を使用する。(2013/7/2)

「ペンタックス」社名から消える 社名は「リコーイメージング」に
「PENTAX Q」や「GR」などを擁するペンタックスリコーイメージングが、社名を「リコーイメージング」に変更する。(2013/7/2)

HOYAサービス、HDD用ガラス基板技術を応用した液晶保護用カバーガラス「Z’us-G」発売
表面硬度9Hのアルミノシリケートガラス製の液晶カバーガラス「Z’us-G」が発売。指紋などの汚れが付きにくく、飛散防止加工やブルーライトカットも施している。(2013/7/1)

TCO30%削減を達成、浮いたお金で災害対策も
【事例】日通のカルチャーを変えた、クラウドを支える仮想化共通基盤
日本通運が2009年から取り組むプライベートクラウド導入プロジェクト。このプロジェクトの鍵になるのが共通の仮想化基盤だ。懸念されたUNIXサーバ(SPARC機)の移行やTCO削減効果などをリポートする。(2013/4/16)

パフォーマンスは落ちるのか
悩めるデータベース管理者に贈る「SQL Server仮想化の利点と欠点」
サーバを仮想化することで、事業継続性が向上したり、無駄のないITインフラを構築できるなどのメリットが得られる。だが、まだ多くのデータベース管理者がSQL Serverを仮想化すべきかどうかを迷っている。(2013/4/5)

「サーバ仮想化」導入完全ガイド
物理サーバを統合することでさまざまなメリットをもたらすサーバ仮想化。その基本機能を解説した上で、製品に関する最新動向を紹介。さらに主要な製品や導入/運用時の注意点などをまとめた。(2012/12/4)

単一ベンダー製品でシステムを統合
混在環境はもうリセット、Electronic Artsが取り組む「標準化ゲーム」とは
業務にマッチしなくなったERPをリセットするため、ゲーム会社のElectronic Artsがアプリケーションやミドルウェアなどの環境を単一ベンダーの製品に統合した。それはどのようなゲームだったのだろうか?(2012/11/5)

知財で学ぶエレクトロニクス(1):
「SiC」と「GaN」、勝ち残る企業はどこか?(前編)
品質やコストと並んで、設計開発者が関心を持たなければならないのが、「特許」だ。製品設計の前段階から、自らの新たな視点に基づく特許出願を心掛けることが重要だが、まずは技術者が自ら特許について調べるためのヒントが必要だろう。本連載では、特定分野を毎回選び出し、その分野に関する特許の企業別、国別の状況を解説しながら、特許を活用する手法を紹介する。(2012/8/6)

リコー、個人向けカメラはペンタックスリコーに集約
リコーがデジタルカメラ事業を再編。リコーブランド、ペンタックスブランドとも、コンシューマー向けは子会社のペンタックスリコーイメージングに集約する。(2012/2/9)

【IFRS】任意適用5社目
モバゲーのディー・エヌ・エーがIFRS適用へ
2013年3月期の第1四半期(4〜6月)から適用し、開示する。(2012/2/8)

加速するSAP基盤の仮想化、クラウド導入も視野に
【事例】眼鏡のHOYA、グローバル化に向けてSAP基盤を仮想化
クリティカルな基幹システムを仮想化基盤に移行させる企業も増えているようだ。SAPシステムをVMware製品に適用した際のベンチマークテスト結果、VMware vSphereを使った国内企業のSAP基盤仮想化事例を紹介する。(2011/12/5)

【IFRS】「連結先行はキャンセル」の意見も
「連単分離」に傾くIFRS議論、金融庁審議会はまとまるか
委員の意見はIFRSは連結財務諸表だけに適用し、単体は日本基準を維持する「連単分離」に傾く。(2011/11/10)

「リコーはリコー、ペンタックスはペンタックス」 統合の意向示さず
PENTAXを買収したリコーだが、三浦副社長は「リコーはリコー、ペンタックスはペンタックス。マージすることは考えていない」とあくまでも別の存在として経営していく意向を示した。(2011/10/28)

Tポイントアプリ、ロケーションバリューの時限クーポン配信プラットフォームを採用
カルチュア・コンビニエンス・クラブが、スマホ向けTポイントアプリの開発にロケーションバリューの時限クーポン配信プラットフォームを採用した。(2011/10/11)

「ペンタックスリコーイメージング」発足
リコーは10月1日付で「ペンタックスリコーイメージング株式会社」を発足させた。(2011/10/3)

【IFRS】キーパーソンに聞く【3】
IFRS財団 島崎氏「2012年中にIFRSにコミットを」
IFRSの動向を長く見てきた識者は不透明感を増す日本のIFRSの状況をどう考えているのか。IFRS財団の評議員でIFRSを巡る国際動向にも詳しい島崎憲明氏に、米国の状況や日本の今後の議論、IFRS財団の取り組みなどについて聞いた。(2011/9/28)

【IFRS】国内企業で4社目の任意適用
日本板硝子、IFRS適用の第1四半期決算短信を公表
同社は2012年3月期にIFRSを適用するとしていて、この第1四半期決算がIFRSによる初めての開示。(2011/8/4)

HOYA、PENTAX新会社「ペンタックスイメージング」の一部人事など告知
HOYAは10月にリコーへ事業譲渡するデジタルカメラ事業についての経過報告を行った。新会社「ペンタックスイメージング」の代表取締役社長にはHOYAのCOOである浜田宏氏が就任する。(2011/7/21)

「ペンタックスのマウントは強い資産だ」──リコー、買収でカメラ事業に注力
コンシューマー事業の確立を目指すリコーがペンタックスを買収。今後はレンズ交換式カメラを強化していく方針で、キヤノン、ニコンに伍していくために投資も行っていく。(2011/7/1)

リコー、PENTAX買収に「お嫁に来てもらったようだ」
リコーが「PENTAX」ブランドを展開するHOYAのデジタルカメラ事業を買収する。カメラ事業の強化を通じ、コンシューマ向け事業基盤の強化を図る考えだ。(2011/7/1)

HOYA、「PENTAX」デジカメ事業をリコーへ譲渡
HOYAはデジタルカメラ事業のリコーへの譲渡を発表した。(2011/7/1)

HOYA、リコーにペンタックス売却 正式発表
HOYAがリコーへのペンタックス売却を正式発表。(2011/7/1)

ペンタックスがリコーに? HOYAが売却検討と報道
HOYAが「ペンタックス」ブランドのカメラ事業をリコーに売却することを検討していると各紙が報じた。(2011/7/1)

新製品チェック:
「赤道儀なしで天体追尾撮影」の仕組みは? ペンタックスの一眼レフ用GPSユニット
ペンタックス「K-5」「K-r」に装着すれば天体を自動追尾撮影し、長時間露光でも星を点像で撮影できるというGPSユニットが登場する。(2011/6/2)

【IFRS】IFRSを会計×業務×ITで理解する【10】
IFRSの初度適用:IFRS移行まで残された時間は少ない
投資家の視点から作られ、現在の日本基準からの考えの転換が求められるIFRS財務諸表の作成。業務プロセスやITシステムを適切に構築するための情報をお届けする。最終回の今回はIFRSの初度適用について解説する。(2011/4/26)

【IFRS】IFRS動向ウォッチ【7】
徹底分析――HOYAのIFRS財務諸表
IFRSの初度適用を行ない、監査も受けているHOYAの連結財務諸表は、これからIFRS適用を目指す企業にとって貴重な情報を提供してくれます。本稿ではHOYAのIFRS連結財務諸表を詳細に分析します。(2011/4/15)

【IFRS】月刊IFRSフォーラム【15】
2月:「包括利益」に戸惑わないために
新しい利益概念として日本の会計基準に導入される「包括利益表示」。日本基準をIFRSに近づけるコンバージェンスの一環として導入されますが、新しい考え方のために財務諸表の作成者、利用者とも戸惑いがあるようです。企業はどう考えるべきなのでしょうか。1、2月の記事ランキングと合わせて紹介します。(2011/3/9)

Mobile World Congress 2011:
NFCから同時通訳電話まで――MWCで技術力を披露するドコモ
スペインで開催されているMobile World Congress 2011でNTTドコモは、同社の端末やサービスの展示に加え、NFCに対する取り組みや、LTEを見すえた同時通訳電話サービス、さらには筆跡や顔といったユーザーの個性を反映したコミュニケーションサービスの研究などを紹介している。(2011/2/15)

【IFRS】月刊IFRSフォーラム【14】
12月:貴重なIFRS事例が公開されました
原則主義のIFRSで他社が基準をどう判断し、財務諸表に落とし込んだかは極めて重要な情報です。その参考となるIFRSの連結財務諸表が公表されました。日本企業のIFRS任意適用は今後、加速するでしょうか。12月の記事ランキングと併せて紹介します。(2011/1/25)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
真のグローバルカンパニーを目指して――HOYAの浜田宏COO
日本の市場が縮小していく中、海外進出は悲願である。社員の90%近くが外国人で、50%以上が外国人株主であるHOYAの、次なるグローバル展開は。(2010/12/20)

「一太郎第2章の幕開け」 新版「創」はTwitterやポメラと連携、モリサワフォントも
「一太郎第2章の幕開け」――「一太郎2011 創」が新登場。Twitterやポメラと連携できるプラグイン、モリサワフォント、読み上げ機能など新機能満載で、「新鮮な驚きを感じてもらえると思う」と自信をみせる。(2010/12/7)

App Town エンターテインメント:
Twitter読み上げ機能付きアプリ「おしゃべりI-10カメラーマン」登場 APPARE JAPANから
APPARE JAPANレーベルから、ペンタックスのOptio I-10とカメラーマンをモチーフにしたユニークなiPhoneアプリが登場した。(2010/9/22)

ナノブロックでOptioを“デコ” コラボモデル発売
超極小ブロックでOptioをデコレーション――PENTAXのデジカメに、ナノブロックコラボモデルが登場。(2010/9/10)

ビクター、ペンタックスを買収か
JVC・ケンウッドHDが、ペンタックスブランドのデジタルカメラ事業をHOYAから買収すると、読売新聞が報じた。同社は「報道されたような事実はない」とコメントしている。(2009/11/4)

メガネ業界初:
HOYAグループ、新CRM「メガ顧客」を稼働
HOYAグループは富士通のデータセンターを利用したSaaS型の顧客関係管理システムを構築し、店舗で稼働を開始した。(2009/5/8)

HOYAと昭和電工、ハードディスク事業統合交渉を中止
HOYAと昭和電工がハードディスクメディア事業の統合交渉を中止。基本合意後の経済情勢の悪化などから合弁会社の設立が困難と。(2009/3/18)

ペンタックス、デジ一眼向けの超広角対応交換レンズ「smc PENTAX-DA 15mmF4 ED AL Limited」
ペンタックスが超広角撮影に対応するデジタル一眼レフカメラ専用交換レンズ「smc PENTAX-DA 15mmF4 ED AL Limited」を発表した。(2009/3/3)

開発陣に聞く「N-04A」:
ただのコラボでないコラボで「新しい価値」を──「N-04A」で感じるamadana“第2幕”
ハイエンドモデルに劣らない機能を厚さ12.9ミリの極薄スライドボディに凝縮したNECの“New amadanaケータイ”「N-04A」。amadanaコラボのデザインはもちろん、なぜ“コラボ”なのか、なぜ“初”のスライドボディを採用したのか。NECのN-04A企画担当者に聞いた。(2009/1/28)

国内ダイジェスト(10月1日)
昭和電工とHOYAがハードディスクメディア事業を統合、「ドコモコイン」終了、NECがNGN評価センター開設など。(2008/10/1)

MSとペンタックスが特許クロスライセンス
Microsoftと、HOYAのPENTAXイメージング・システム事業部が特許のクロスライセンス契約を結んだ。(2008/5/14)

NEWS
HOYAサービス、「HOYAシンクライアントASPサービス」の提供を開始
ネットワーク環境さえあればサーバ設備や運用担当者なしでシンクライアントを利用できるASPサービスを提供開始(2007/11/5)

ペンタックス吸収合併 新会社は「HOYA」
HOYAは、子会社化したペンタックスを来年3月31日付けで吸収合併する。経営資源を最適化するため、当初計画通り合併による統合が必要と判断。「ペンタックス」という会社名は消えることになる。(2007/10/29)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。