ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「出資」最新記事一覧

2020年後半メドに完全子会社化:
富士通セミコン会津200mm工場、オンセミが買収へ
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)と富士通セミコンダクターは2017年10月10日、ON Semiconductorによる富士通セミコンダクター会津若松200mmウエハー対応工場運営会社への出資比率を段階的に引き上げ、2020年後半をめどに同工場運営会社をON Semiconductorの完全子会社とすることで基本合意したと発表した。(2017/10/11)

プリペイドカード事業に参入:
JALとSBI、フィンテックで新会社 共同事業スタート
日本航空とSBIホールディングスは、フィンテックを活用した新サービスを展開する共同出資会社を設立した。(2017/10/3)

民泊のダイニング版? シェフの自宅で手料理を食べられる「EatWith」 トリップアドバイザーも出資
地元のホストシェフの自宅で、シェフの手料理を食べながら交流できるサービスが、今注目を集めている。(2017/9/30)

製造マネジメントニュース:
東芝メモリの譲渡契約を締結、売却先はアップルやSKハイニックス含む日米韓連合に
経営危機の東芝は、ベインキャピタルを中心とした企業連合で設立した買収目的会社「Pangea」と東芝メモリの譲渡契約を締結した。Pangeaは日米韓の企業連合により構成され、ベインキャピタルの他、HOYA、SKハイニックス、アップル、シーゲイトなどが出資する予定。(2017/9/29)

自動運転技術:
パイオニアとHEREが業務資本提携、23億円を相互出資し位置情報技術の協力を強化
パイオニアと地図データ大手のHERE Technologies(以下、HERE)は、業務資本提携に合意したと発表した。これまでの協力関係を資本提携によって強化していく。(2017/9/20)

「Vision Fund」経由で:
ソフトバンク、チャットツールの米Slackに280億円出資
ソフトバンクグループが、法人向けチャットツール「Slack」を開発する米Slackに約280億円を出資したことを明らかにした。(2017/9/19)

「リング」「呪怨」のJホラー巨匠高橋洋が最新作「霊的ボリシェヴィキ」のクラウドファンディング実施中
出資者には作品集DVDや短編共同制作権利プレゼント。(2017/9/17)

Samsung、3億ドル(約331億円)の自動運転技術向けファンド設立
Samsung Electronicsが、自動運転技術への投資を目的とした3億ドル規模の「Samsung Automotive Innovation Fund」を設立し、まずはオーストリアのADAS企業TTTechに出資した。(2017/9/15)

製造マネジメントニュース:
躍進するオープンソースPLM、ArasにGEとシルバーレイクが4000万ドルを出資
アラスジャパンはユーザーコミュニティイベント「ACE 2017 Japan」を開催。同イベント内で新たにGEベンチャーズとシルバーレイクから4000万ドルの資金調達を行うことを発表した。(2017/9/8)

給料前払いサービス「Payme」開始 スマホで申請して最短で即日受け取り
ベンチャーキャピタルIncubateFundや起業家の家入一真さんなどが出資。(2017/9/4)

ユーザーの属性に合わせて最適なタイミングでメッセージ配信:
LINEユーザーにセグメント配信可能なメッセージ配信ツール、トランスコスモスとLINEの共同出資会社が提供
transcosmos online communicationsは、エンドユーザーの趣味嗜好に合った情報配信ができるLINE@対応のメッセージ配信ツール「KANAMETO」の提供を開始した。(2017/9/4)

「LINEチケット」を展開:
LINE、アミューズら3社で新会社「LINE TICKET」設立
LINE、アミューズ、テイパーズ3社が共同出資し新会社「LINE TICKET」を設立。新サービス「LINEチケット」を展開する。チケットの不正転売や公式リセールの課題を解決するという。(2017/9/1)

カーシェアリング:
ホンダの出資受けた東南アジアのGrab、トヨタ自動車とも協業
トヨタ自動車は、トヨタファイナンシャルサービスやあいおいニッセイ同和損害保険とともに、東南アジアの配車サービス大手であるGrabと協業を開始する。(2017/8/31)

ソフトバンク、コワーキングスペースのWeWorkに44億ドル出資
ソフトバンクが10兆円ITファンドで、米コワーキングスペース企業WeWorkに44億ドル出資する。両社は7月、合弁会社設立と日本進出を発表している。(2017/8/25)

訴訟リスク回避:
東芝の半導体売却、米WDが15%出資で調整=関係筋
東芝は半導体子会社の売却交渉で、Western Digitalとの本格協議を始めた。(2017/8/24)

ジェネシスヘルスケアを支援:
楽天、遺伝子検査サービス大手に出資
楽天が、遺伝子検査サービス大手のジェネシスヘルスケアに出資したと発表。約14億円の第三者割当増資を楽天が引き受ける形で行う。出資比率は非公開。【訂正】(2017/8/21)

楽天、遺伝子検査のジェネシスヘルスケアに14億円出資
楽天が、遺伝子検査サービスを手掛けるジェネシスヘルスケアに出資。遺伝子検査はDeNAやヤフーなども参入している。(2017/8/21)

Showcase Capitalがプラスワン・マーケティングに出資
ショーケース・ティービーの子会社であるShowcase Capitalが、FREETELを展開するプラスワン・マーケティングへの出資を決定。モバイル向けコンテンツや特許技術などを供与し、グローバルなスマートフォンサービス分野で協業していく。(2017/8/16)

「Vision Fund」での投資活動加速:
SB、米スポーツ用品ECのFanaticsに1100億円出資か
ソフトバンクグループがインターネット通販事業を手掛ける米Fanaticsへの出資を検討していると、一部が報じた。(2017/8/9)

ソラコムは「第2の創業」:
KDDIはなぜ、ソラコム株式の過半数を取得したかったのか
KDDIは2017年8月2日、ソラコム株式の過半数を取得し、子会社化する合意に至ったことを発表した。KDDIはなぜソラコムを買収したのか。また、少数株主としての出資ではなく、過半数の株式を取得した理由は何なのか。2017年8月8日に両社が行った説明会で聞いてみた。(2017/8/9)

製造マネジメントニュース:
トヨタがPFNに105億円を追加出資、モビリティ向けAI技術の研究開発を加速
トヨタ自動車とPreferred Networks(PFN)は、自動運転技術をはじめモビリティ事業分野におけるAI(人工知能)技術の共同研究・開発の加速を目的に、トヨタ自動車がPFNに約105億円を追加出資することで合意した。(2017/8/9)

ソニー銀行、クラウドファンディングに参入 「新しい資産運用の形に」
ベンチャー企業向けクラウドファンディング「Sony Bank GATE」が登場。ソニー銀行口座を持つユーザーが出資でき、対価として企業の売上高に応じた分配金を受け取れる。(2017/8/8)

ソフトバンクの孫正義社長「UberおよびLyftとの議論に関心」
ソフトバンクの孫正義社長が第1四半期決算説明会の質疑応答で、Uber出資のうわさを認めた。「UberあるいはLyftのいずれと提携あるいは出資することになるかまだ分からないが、関心があることは確かだ」と語った。(2017/8/8)

電気自動車:
章男社長「電気自動車の味つけは難しい」、トヨタが期待するマツダの商品企画力
トヨタ自動車とマツダは、業務資本提携に関する合意書を締結した。互いに500億円を出資することにより、トヨタ自動車に対するマツダの出資比率は0.25%に、マツダに対するトヨタの出資比率は5.05%となる。(2017/8/7)

「新しい『MERY』誕生を目指す」 DeNAと小学館「株式会社MERY」共同設立
DeNAと小学館がデジタルメディア事業を行う共同出資会社「株式会社MERY」を設立。「新しい『MERY』の誕生を目指す」という。(2017/8/3)

刷新して再出発:
小学館とDeNA、共同出資会社「MERY」設立 新「MERY」運営へ
小学館とDeNAがデジタルメディア事業を運営する共同出資会社「株式会社MERY」を設立。新「MERY」を運営する。(2017/8/3)

サッカー本田圭佑選手が「Makuake」に出資 CA傘下のクラウドファンディング企業
「Makuake」にサッカー本田圭佑選手出資。「クラウドファンディングの可能性に関心を寄せ、Makuakeのコンセプトに共感した」という。(2017/8/2)

コーエーテクモ、“最強将棋AI”のHEROZに出資 新タイトルにAI活用へ
“最強将棋ソフト”「Ponanza」開発者をかかえるHEROZにコーエーテクモが出資。AI活用したタイトル開発へ。(2017/7/31)

米メディアなど報道:
ソフトバンク、チャットツールの米Slackに出資検討か
ソフトバンクグループがビジネスチャットツール開発の米Slackへの出資を検討していると、一部が報じた。(2017/7/27)

電力供給サービス:
ソフトバンクが出資を決定、エネルギー×IoTベンチャーに
ソフトバンクは、米Encoredの日本法人エンコアードに出資することで合意したと発表した。宅内設置型のIoT機器を用いてエネルギーデータのリアルタイム収集・分析を行うプラットフォームサービス「エネトーク」を提供しているベンチャー企業だ。(2017/7/27)

両社のデータを活用:
楽天と電通が新会社 データ活用マーケティングで
楽天と電通は、両社が持つデータを活用したマーケティングサービスを企業向けに提供する共同出資の新会社を設立する。(2017/7/26)

ロボットに注力:
ソフトバンク、「ルンバ」の米iRobotに出資か
ソフトバンクグループが掃除用ロボット「ルンバ」開発元の米iRobotに出資したと、一部が報じた。(2017/7/26)

ソフトバンク、配車アプリのGrabにDidi Chuxingと共に20億ドル出資へ
ソフトバンクが、Appleが出資する中国Didi Chuxingと共同でシンガポールの配車アプリ企業Grabに最高20億ドルを出資する。(2017/7/25)

Lyft、自動運転事業部「Level 5」を立ち上げ
UberのライバルLyftが、独自の自動運転技術開発部門「Level 5」を立ち上げた。Waymoと提携し、Jaguar Land Roverから出資を受ける同社は自社の関連データやシステムをパートナーに開放しつつ自動運転による配車サービス実現を目指す。(2017/7/24)

TechFactory通信 編集後記:
ホリエモン出資のロケットが「スーパーカブ」を目指す理由
インターステラテクノロジズが自社開発した小型観測用ロケット「MOMO」初号機が、2017年7月29日(予定)に打ち上げられる。同社が目指すロケットは、これまでの宇宙開発の常識を破ることができるのか?(2017/7/22)

渋滞知らずの「天空バス」:
中国発「夢の技術」は詐欺だった 「道をまたぐバス」の顛末
渋滞をものともせず、環境への負担も少なく、経済的にも優れている──中国で「未来の交通システム」として開発が進んでいた新型バス。違法な手段で出資金を募ったとして30人以上が拘束された。(2017/7/21)

中国発「夢の技術」は詐欺だった 世界を驚かせた「天空バス」の顛末
中国で「未来の交通システム」として開発が進んでいた新型バスをめぐり、違法な手段で出資金を募ったとして30人以上が拘束された。技術的にも疑問が呈されており、プロジェクトはこのまま頓挫するもようだ。(2017/7/21)

車載セキュリティ:
カルソニックカンセイが車載セキュリティで新会社、「ITをクルマに合わせていく」
カルソニックカンセイは車載セキュリティの脅威分析やゲートウェイの開発などを手掛ける合弁会社「WhiteMotion(ホワイトモーション)」を設立した。フランスのセキュリティ関連企業のQuarkslabと折半出資。拠点はさいたま市北区のカルソニックカンセイ本社内に置く。(2017/7/20)

子会社がモバイル広告事業に参入:
西日本新聞社、米ジオターゲティング広告企業に資本参加
西日本新聞社は、米Chalk Digitalに資本参加すると発表した。併せて、同社子会社がChalk Digitalと業務提携を行い、モバイル広告配信事業に参入する。(2017/7/12)

良血馬を続々獲得:
DMMが競馬業界に参入 1万円からの一口馬主「DMMバヌーシー」
DMM.comが競馬業界に参入。1万円から出資できる一口馬主アプリ「DMMバヌーシー」を近日中にリリースする。7月10〜11日の競走馬競り市では良血馬を続々落札。(2017/7/11)

「廃墟の保存」を目指すちょっと不思議な試み 摩耶観光ホテルの文化財登録に向けたクラウドファンディング
出資者には建物内部に入って、撮影できるチャンスも。(2017/7/6)

「メルカリファンド」開始 CtoCベンチャーなどに投資
「メルカリファンド」がスタート。CtoCベンチャーなどに出資する。(2017/7/4)

クリエイター支援:
メディアドゥ、MediBangに出資 電子書籍配信で提携
電子書籍取次のメディアドゥが、漫画・イラスト制作ソフトなどを展開するMediBangと資本・業務提携。(2017/6/29)

Pandoraの創業者CEOが退任 元Sling Media社長が取締役会に参加
オンラインラジオの老舗Pandoraを創業したティム・ウェスターグレン氏がCEOを辞任し、取締役会からも退く。SpotifyやApple Musicとの競争に苦戦する同社はSiriusからの出資や新取締役の参加で音楽市場シェア拡大に向かう。(2017/6/28)

安全システム:
エアバッグリコールのタカタ、ついに民事再生法を申請
エアバッグのリコール問題で揺れるタカタは臨時取締役会において、民事再生手続きを行うことを決め、手続きを開始した。経営再建については中国企業傘下の米国KSSの出資において行う。(2017/6/27)

ニコニコ動画で話題になった「液体金属が滴る置物」が商品化! クラウドファンディングで出資募集スタート
開発に4年間、クラウドファンディングまでに5年間かかった労作。(2017/6/25)

車載半導体:
コンチネンタルとBMWがパートナーに選んだインテル、自動運転開発での戦略は
自動運転事業本部を設置して以降、インテルは自動運転に関して自動車メーカーやティア1サプライヤーとの協力を強化している。画像認識技術に強みを持つモービルアイの買収や、地図データ大手のHEREへの出資も記憶に新しい。2050年に7兆ドルを超える“移動の経済”の市場でどう戦うのか。(2017/6/23)

「ぷよぷよ」生みの親、Switch向け新作パズル開発へ クラウドファンディングで「1000年遊べるゲーム目指す」
「ぷよぷよ」開発元の創業者・仁井谷正充さんが新作パズルゲーム「にょきにょき」をSwitch向けに開発へ。クラウドファンディングで開発資金を募り、出資者へのリターンには「ぷよまん」ならぬ「にょきまん」を用意する。(2017/6/22)

ダイナミックマップ基盤に:
革新機構や三菱電など7社、自動運転向け地図会社に出資
産業革新機構や三菱電機など7社は、自動運転向け3次元地図データ会社「ダイナミックマップ基盤企画」に出資。(2017/6/14)

革新機構や三菱電機など自動運転向けデジタル地図に出資 DMPの割当引き受け
DMPは国内の高速道路や自動車専用道路のデータを使い、自動運転に欠かせない精度の高い地図情報を提供する考え。(2017/6/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。