ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「HP Software(OpenView)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HP Software(OpenView)」に関する情報が集まったページです。

スピーディなビジネス展開を実現する「新たな仕組み」とは?:
PR:デジタルビジネス時代、「勝てる開発・運用」に変革する12の要件
IoT、X-Techをはじめ、国内でもデジタルビジネスが活発化し、システム開発・運用には一層のスピードと柔軟性が求められている。だが従来型のやり方では、現在の市場環境変化に追従することはもはや難しくなりつつある。では、デジタル時代に即した開発・運用の新しい「仕組み」とはどのようなものなのか? 日本ヒューレット・パッカードに話を聞いた。(2017/1/31)

DevOps時代のテスト自動化カンファレンス(後編):
「三権分立」で1年に200リリースを達成した楽天トラベル、150人規模のチームで実現できた秘訣とは
2016年12月6日に開催されたセミナー「DevOps時代のテスト自動化カンファレンス〜はやく、いいものを届けよう〜」のレポート第3弾では、楽天トラベルにおけるDevOpsとテスト自動化の取り組みを中心に、最適な開発ライフサイクル実現のヒントを紹介する。(2016/12/27)

OpenViewの名は消えても魂は消えず:
PR:さらば「裏方さん」、ネットワーク管理者が新時代の創造者たる理由
ITインフラを支えるネットワーク管理は地味な存在かもしれないが、歴史をひも解けばITのドラスティックな変化へ対応しながら、その潮流をリードしてきた。ネットワーク管理の代名詞にもなった「OpenView」の26年の歴史を通じて、ネットワーク管理がITの未来を担う理由を解き明かしたい。(2016/5/18)

「スタイル変革を支援する会社に」 HPEが経営戦略を説明
分社化でエンタープライズ事業を継承した日本ヒューレット・パッカード(HPE)が新体制における経営方針を発表した。(2015/11/2)

DevOpsの目的は「現場の効率化」ではなく、サービスの「スピーディな」差別化:
PR:既存資産を“ビジネスに役立つDevOps環境”に変えるには
ビジネス展開にスピードが求められている今、あらためてDevOpsが注目されている。すでに取り組んでいる企業もあるが、「各開発・運用現場の効率化」という部分最適でとどまっていて、本来の目的である「リリースサイクル短縮によるビジネスの差別化」にうまくつながっていないケースが多いという。その理由とは何か? 確実に「成果」を獲得できるDevOps成功のポイントを聞いた。(2015/9/1)

実践! IT資産管理の秘訣(7):
IT資産管理、ツールとベンダーの正しい選び方〜推奨機能の詳細資料も無償ダウンロード提供〜
一定規模以上の企業では必要不可欠となるIT資産管理ツール。複数のベンダーがツールを提供している中で、自社の目的に合うツールはどのように選べばいいのか? ツール選び、ベンダー選びの失敗しないチェックポイントを徹底解説する。(2015/9/16)

分析プラットフォーム「Haven」が示唆する有効な分析体制の作り方:
「ビジネスの改善フィードバックループを作るには“分析の共有基盤”が不可欠」、米HP
“ビッグデータ活用”という言葉がここ数年で企業、社会に浸透するとともに、そのためのテクノロジも着実に進展している。だが成功事例はいまだ多いとは言えないのが現実だ。分析を収益・ブランド向上に変えるための一つのアプローチを米HPに聞いた。(2015/6/17)

特集:DevOpsで変わる情シスの未来(9):
DevOpsが浸透しない「本当の理由」
欧米では業種を問わず、多くの企業に浸透しているのに対し、国内ではいまだバズワードと見られているDevOps。その真因とは何か? アジャイル開発、DevOpsに深い知見を持つ、日本HPの藤井智弘氏が「DevOpsの誤解」の真因を喝破する。(2015/3/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
IoT時代の人材育成と技術伝承――情報を使いこな人を増やすためには?
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2015/3/16)

「ソフトウエア品質向上の"変" 2015 江戸〜今、変革の時〜」リポート:
「第3のIT」へと変革する時代に考えておきたい「品質」との付き合い方
2015年2月4日に行われた@IT主催セミナーより、JJUG会長鈴木氏による基調講演の模様や、弥生とYahoo!ショッピングの品質向上事例、各品質向上ツールの概要をお届けする。(2015/3/10)

“システムのパフォーマンスは、ビジネスのパフォーマンス”:
PR:デジタルビジネス時代、あらためて疑う運用管理の在り方
ほとんどのビジネスをITが支えている今、システム運用管理の在り方が企業の収益やブランドに大きな影響を与えるようになった。だが仮想化、クラウド、またマルチデバイスの浸透などを受けて、システムは年々複雑化している。では人的リソースも限られている中、仮想化、クラウドのメリットを引き出し、ビジネス要請に迅速に応えていくためには何が必要なのか? 運用管理製品を包括的にラインアップしている日本HPに、新時代の運用管理の在り方を聞いた。(2015/1/13)

HPエバンジェリストに聞く、オリンピックに向けてITができること:
PR:こうすれば、社内SaaS活用は成功する〜事例から学ぶクラウド活用術
企業内システムのクラウド化が進む昨今、「クラウドを活用して競争力を上げたい」と考える企業は多いものの、「でも、どうすればよいのかが分からない」と途方に暮れる担当者も多い。ここでは事例からクラウドの活用法を探る。(2014/9/24)

非構造化データ分析でヘルプデスクを強化、HPとアシストがSaaS提供
HPはSaaS型のITサービス管理ソリューション「HP Service Anywhere」にデータ分析による品質向上機能を追加し、アシストが販売を開始する。(2014/8/1)

もはやウォーターフォールだけでは通用しない:
PR:エンタープライズアジャイルが難しい理由と、実践の「現実解」
市場変化が速い現在、インフラを柔軟・迅速に整備できる仮想化・クラウドは企業にとって大きな武器となった。特にOpenStackのテクノロジはより効率的なシステム展開を狙う上で注目を集めている。だが、それだけでは十分とはいえない。アプリケーション開発にもアジリティを担保できなければ、インフラの俊敏性・柔軟性を収益に直結させることは難しい。「HP Helion」でOpenStackベースのインフラ整備を包括的に支援する日本HPは、ウォーターフォール開発中心の日本において、この課題にどう応えるのだろうか?(2014/7/14)

システム運用管理に関する読者調査リポート
増大するシステムに人員/スキル不足……、読者調査が示す運用管理の課題
TechTargetジャパンは2013年11、12月にシステム運用管理に関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、システム運用管理業務の状況、システム運用管理ツールの導入・検討状況についてリポートする。(2014/1/9)

日本HP、クラウド対応を強化した運用自動化製品群を発表
運用管理分野に力を注いできたHPが、ますます異種混在化する企業のハイブリッドクラウド環境に対応すべく、運用自動化製品群を強化した。(2013/7/10)

TechTargetジャパン プレミアムレビュー
Amebaの人気も支えている「DevOps」とは何か?
「DevOps」という言葉が注目されている。開発と運用が連携してリリースサイクルを加速させるという概念だが、その解釈は立場によって大きく異なる。結局、DevOpsとは何か? 国内DevOpsトレンド最前線に真の姿を探った。(2013/6/28)

日本HP、DevOpsの浸透を図る機能を取り入れたALM統合プラットフォームを発表
アプリケーションライフサイクル管理製品の最新版に、開発から本番環境への実装までの期間を短縮する「DevOps」を実現するための機能を盛り込んでいる。(2013/5/30)

小規模向けネットワーク統合管理製品も発表:
日本HP、データセンターに便利な10GBASE-T対応スイッチ発表
日本ヒューレット・パッカードは3月18日、10GBASE-Tポートを増設可能な、OpenFlow対応のボックススイッチと、小規模ネットワーク向けネットワーク管理ソフトウェアを発表した。スイッチはデータセンターでの利用に適している。(2013/3/19)

運用自動化製品紹介【第4回】
全体最適に向けた自動化を実現する「HP Operations Orchestration software」
本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は日本HPの運用自動化製品群「HP Business Service Automation」の中核となる「HP Operations Orchestration software」を紹介する。(2013/1/18)

日本HPがDWH事業を強化へ、ソフトウェアの単体展開も
日本HPはデータウェアハウス(DWH)ビジネスの「Vertica事業本部」を設立。IBMやTeradata、EMCに挑む。(2012/12/19)

Maker's Voice:
HPが提案、「企業にはセキュリティ監視システムが不可欠」
HPが実施した調査から、サイバー攻撃やITを悪用した内部不正などに対応するコストが上昇していることが分かったという。同社は「インシデントに即応できるセキュリティ監視システムを活用すべき」という。(2012/11/21)

システムの障害発生を予測する分析ツールを発表 日本HP
システムの稼働状況を独自に分析して障害発生を事前に予測できるという。米Sprintでは発生の30分前にアラートを出せるようになった。(2012/3/7)

ニュース解説 日本HPが統合運用管理製品を発表:
「RDBやAPサーバは品揃えしない」―― 日本HP幹部が明言
統合運用管理ツール群の最新版投入を機に、日本HPのソフトウェア事業責任者が語ったHPのソフトウェア事業戦略とは――。(2011/10/26)

日本HPがネットワーク監視ソフトの最新版、統合管理機能を強化
「NNMi 9.10」では1台のサーバで複数のネットワーク環境を監視できる「マルチテナンシー」機能や、障害時での分析作業を効率化するための機能が搭載された。(2011/6/27)

NEWS
日本HP、アプリケーションの脆弱性を開発段階で対処可能とするソフトウェア
従来の動的解析、静的解析に加え、両手法を組み合わせたハイブリッド解析を可能とした。アプリケーションの脆弱性を開発時に早期発見、対応可能とする。(2011/6/14)

HP決算、増収増益だが震災とPC販売減速で通年見通しを大幅引き下げ
HPの2〜4月期の業績は増収増益だったが、東日本大震災の影響とiPadなどタブレット端末の台頭によるPC販売の減速を受け、通年の見通しを10億〜15億ドル引き下げた。(2011/5/18)

コンバージドデータセンター市場の鍵を握るシステム管理ツール(前編)
混戦状態のシステム管理市場の覇権を握るのは?
現在、多くのベンダーがデータセンターIT市場のシェアを奪い合っている。激しい争いの中から、一歩抜け出して生き残るために各社が取り組んでいることとは何だろうか。(2011/2/28)

HP決算、企業向けが好調で増収増益だが慎重な今期予測
HPの11〜1月決算は、サーバ、ストレージ、ネットワーキング部門が好調だったが、サービスと消費者向けは前年同期比減となった。(2011/2/23)

28%のコスト削減:
ユナイテッド航空がたどるIT変革の旅
ユナイテッド航空のIT部門変革に取り組んだシルビア・プリッケル氏は「ビジネス部門とIT部門のギャップを埋める取り組みから始めよう」と指摘する。(2010/9/21)

HPのハード氏後任CEOの課題とは
突然の辞任となったマーク・ハードCEOだが、同氏が5年間に築き上げた業績は大きい。後任となるCEOに求められるものは何か、アナリストが分析する。(2010/8/9)

HP Software Universe 2010 Report:
ランタイム サービスモデルはCloud-Readyを加速するか?
HPはそのプライベートカンファレンスにおいて、サービスマネジメントツールの新版を発表。既存IT環境の“Cloud-Ready”化を図るとした。日本における“対JP1”戦略についても聞いた。(2010/6/18)

HPのベクティ氏、クラウドやMicrosoftでの経験を語る
6月にHPの執行副社長に就任した元MicrosoftのWindows Business担当副社長が、クラウド、データ処理、Microsoftでの経験について語った。(2010/6/17)

パナソニック電工IS、「BTO Club」に協賛を表明
1月に開設したソフトウェア開発とテスト技術者向けコミュニティーサイト「BTO Club」に、パナソニック電工ISが協賛を表明した。(2010/3/2)

HPの戦略に沿ったコミュニティーサイト「BTO Club」が開設
HPのBT戦略に沿ったコミュニティーサイト「BTO Club」がBTO Club事務局によって開設された。まずはBTO(Business Technology Optimization)の領域でコミュニティー化を狙う。(2010/1/26)

ALMベンダーの動向を探る:第4回 日本HP
ビジネス駆動型ALMで目指す“アプリケーション品質の向上”
ユーザー要求に合致しないシステムは“無用の長物”となり、その投資も回収できなくなる。こうしたビジネスとITのギャップはシステムの寿命を縮め、企業の体力も浪費する。ALM導入はその解決策となるだろうか。(2009/12/21)

InfoWorld、2009年のオープンソースソフトウェア・ベスト40を発表
IDG傘下のInfoWorld Media Groupが発表した2009年のオープンソース40選には、モバイルアプリケーション開発ブームを象徴するソフトウェアも含まれるなど、新たな風が吹き始めている。(2009/9/7)

2件が存在:
HPのOpenViewに脆弱性、修正パッチ公開
悪用された場合、リモートで任意のコードを実行される恐れがある。(2009/3/25)

NEWS
日本HP、「ユーザー要件とテスト間の矛盾を防ぐ」品質管理ソフト
要件管理/テスト管理の機能を統合し、両プロセス間を双方向で確認することによって、ソフトウェアの品質向上を支援する。(2009/2/27)

LaserJetプリンタにも:
HP OpenViewにコード実行の脆弱性
HPがOpenViewの脆弱性を修正するパッチを公開。LaserJetプリンタの脆弱性に対処するファームウェアアップデートも公開した。(2009/2/9)

日本HPがシステム構成情報の管理ソフトを発表、ITIL V3準拠を支援
日本HPは、連携したシステムの依存関係や構成情報を収集・管理するソフトウェア製品群の新版を発表した。ITIL V3に準拠した運用ができるようになるとしている。(2009/2/4)

NEWS
HP、ピンポイント障害管理が可能なネットワーク管理ソフト「NNM」新版
新バージョンのHP Network Node Manager 8.1では、マップ構成図のカスタマイズやネットワーク機器のハードウェア性能監視、クラスタ化など、より大規模なシステムへの対応を図った。(2008/12/12)

AdminIT Daily News:
日本HP、ネットワーク管理ソフト「NNMi v8.1」を発表――ITILベースの運用に対応
日本HPはネットワーク管理ソフトウェアの最新版を発表。変更管理ソフトウェアとの連携や性能監視を強化し、ITIL V3ベースのインシデント管理に対応。管理者の運用負荷軽減を図る。(2008/12/11)

Webアプリの脆弱性を管理――HPが開発から運用までをカバーする新製品
日本HPは、Webアプリケーションの開発から運用フェーズまでをカバーし、脆弱性の検出と対処を可能にする製品群を発売する。(2008/9/9)

サービスセントリックな企業ITを目指す:
日本HP、ITILv3準拠のプロジェクト管理ソフトウェアをリリース
日本HPはITILv3ベースのプロジェクト管理ソフトウェアでユーザー企業のビジネス部門とIT部門のギャップ解消を目指すという。(2008/7/29)

企業ポケコンユーザーを呼び戻せるか?:
ケータイ目線で開発が進むシンクライアント
カシオでは、ケータイやスマートフォンのセキュアな業務利用を促進するシンクライアントソリューションを開発している。(2008/7/16)

HPとEDSが合併交渉――ITサービス分野でIBMへ迫る規模に
両社が合併すれば、IBM Global Servicesとほぼ同じ規模の企業になる。(2008/5/13)

HPのソフトウェア更新ツールに脆弱性
HP Software Updateを1度も使ったことがなくても、脆弱性を修正したバージョンに更新する必要がある。(2008/4/28)

情報管理の新しい常識がここに:
PR:最新世代LTO4の暗号化機能が実現する隙のないデータバックアップ
バックアップデバイスの機能強化やストレージ製品の低価格化が進行していることから、企業にとってはどのデバイスを選択するかが難しい課題となっている。古いイメージにいまだにとらわれてしまい、不利な選択をしてしまっている例もあるようだ。ここでは、最新のテープドライブとバックアップソフトウェアがデータ管理にどのようなメリットをもたらすかを見てみよう。(2008/4/17)

HP OpenViewに未パッチの脆弱性
OpenView Network Node Manager(NNM)に未パッチの脆弱性が見つかった。(2008/4/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。