ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM PureApplication System」最新記事一覧

Weekly Memo:
IBMが新ソフトに込めたクラウド市場攻略のシナリオ
IBMがシステム環境の構築・運用を自動化するソフトウェアの新製品を投入した。この新ソフトから、同社のクラウド市場攻略に向けたシナリオが浮かび上がってくる。(2015/6/22)

PureApplication System LIVE オンラインセミナー
たった1時間でシステム構築! “激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とは
(2015/2/18)

OpenStack超解説セミナーリポート:
OpenStack、結局企業で使えるものになった?
OpenStackを採用することで、企業のITインフラはどう変わるのか、導入のシナリオや注意点は何か。そんな問題意識の下で開催した@IT主催セミナー「OpenStack超解説 〜OpenStackは企業で使えるか〜」ではOpenStackの企業利用の最前線を紹介した。(2014/10/30)

The Microsoft Conference 2014レポート:
マイクロソフトとIBM、クラウドで提携
MicrosoftとIBMが、クラウドでの提携を発表。それぞれのエンタープライズソフトウェアをMicrosoft Azure、IBMクラウドそれぞれのクラウドプラットフォームで使えるようにする。(2014/10/23)

IBMとLenovo、10月からx86サーバ事業の新体制に移行
LenovoによるIBMのx86サーバ事業の買収が10月1日に完了することになり、同日から新体制に移行する。(2014/9/29)

日本IBMがPaaS展開をアップデート、アプリ開発の新形態を促す
オンプレミスとクラウドの両面からPaaSを推進する日本IBMが直近の動向を説明した。アジャイル型のアプリケーション開発の普及を一段と加速させたい考えだ。(2014/8/28)

日本IBM、オンプレアプリのクラウド展開を可能にする新サービス
垂直統合型システム「PureApplication System」で提供しているアプリケーションの“パターン”を同社のIaaSで利用できるようになった。(2014/6/13)

IBM Impact 2014 Report:
「照準はMicrosoft Azure」、IBMに聞くパブリッククラウドの行方
IBMはラスベガスで開催中の「Impact 2014」で、βサービスで提供するPaaSの「BlueMix」に関するさまざまな強化を発表している。パブリッククラウドの今後の展開について聞いた。(2014/4/30)

相互運用性がカギ、「オープンクラウド」を推進する日本IBM
日本IBMがベンダーに囲い込まれないオープンなクラウドを推進していくことを改めて強調した。同社でクラウド事業を統括する小池氏は、「肝心なのは必要に応じて異なるクラウド環境を行き来できるかどうかだ」と話す。(2014/2/10)

日本IBM、2014年度のソフトウェア事業戦略は「SMACS」
日本IBMの2014年度のソフトウェア事業は「SMACS」に注力。このための施策として、パートナーと広く協業、エンドユーザーへの直悦的なアプローチも推進する考えを示した。(2014/2/5)

あらゆる製品が「SMACS」に対応 日本IBMがソフトウェア事業戦略を発表
2014年のソフトウェア事業に関する戦略説明会を日本IBMが開催。クラウドやビッグデータを軸にさらなるビジネス拡大を図る。(2014/2/4)

IBMがサーバ事業をレノボに売却 23億ドルで
LenovoはIBMのx86サーバ事業を23億ドルで買収する。(2014/1/23)

Database Expertレポート(3):
DB正規化のムダがない「マルチバリューデータベース」の使いどころ
2013年11月1日、BeaconIT FORUM 2013が開催された。リレーショナルデータベースの課題と現在のビジネスロジックの難しさ、マルチバリュー型データベースの利点を聞く。(2013/11/8)

POWER7+搭載のPaaS向け統合型システムのエントリーモデル、日本IBMが発表
日本IBMは「IBM PureApplication System W1700」のエントリーモデルを発表した。(2013/8/27)

PaaS向けに特化:
日本IBM、POWER7+搭載のPureApplication Systemエントリーモデルの提供を開始
日本IBMは、統合型システム「IBM PureApplication System W1700」のエントリーモデルを発表した。「POWER7+」を搭載し、PaaS(Platform as a Service)向けに特化した。(2013/8/27)

Server & Storageイベントレポート:
IT環境の変化を先取りする企業事例とIBMのねらい
モバイル・ビッグデータ・ソーシャルネットワーク……、そして史上最速の対応スピードを求められる世界。企業を取り巻くIT環境の変化に、IBMはどのような対応を提案している?(2013/8/7)

PaaSはロックインが常識? TOSCA標準で実現近づくクラウドの相互運用性
企業にとってクラウドの本命は「PaaS」。相互運用性がないことから採用に踏み切れない企業が多いが、OASIS TOSCA標準仕様のリリースによって「PaaSはロックイン」という常識は早晩過去のものになりそうだ。(2013/5/14)

クラウドにオープンスタンダードを取り入れるIBM その狙いとは?
IBMは3月、クラウドサービスとクラウドソフトウェアにオープンスタンダードを採用すると表明した。その狙いや背景を日本IBMが説明。IaaSやPaaSにおける「オープン・クラウド」を推進するという。(2013/5/13)

ベンダロックインのないクラウドの第2ステージへ:
オープンクラウドに舵を切るIBM、OpenStack/TOSCAでIaaS/PaaSの相互運用性を強化
日本IBMは5月13日、同社製品・サービスに対するオープンクラウドの積極的展開に向けた記者説明会を開催した。クラウド間の相互運用性を高めていく狙いだ。(2013/5/13)

インフラ基盤を作り込む時代は終わった
情報システムは分散から再び垂直統合にトレンドが移りつつある。その急先鋒の1社、IBMが語る垂直統合システムの利点とは――。(2013/3/14)

微妙に異なる提供各社のスタンス:
統合システムはどこまでベンダロックインなのか
「統合システム」「垂直統合システム」などと呼ばれる製品が増えている。1社ですべてのハードウェアおよびソフトウェアの要素を提供するというのであれば、「ベンダロックイン」という言葉が浮かぶ。実際にはどこまでベンダに「ロックイン」されるのだろうか。(2013/3/11)

サービス事業者が重要なターゲット:
「クラウドDevOps」サービスを国内で正式発表、日本IBM
日本IBMは2月26日、アプリケーションの開発から検証、デプロイメント、運用までのプロセスを同社クラウドサービス上で完結できるサービス、「IBM SmarterCloud Application Services(SCAS)」を国内で正式発表した。2012年12月に提供開始していたという。(2013/2/26)

Database Watch(2013年2月版):
PureData3兄弟、誰が誰の子?/SQL2016策定の動向は? 芝野先生に聞いた
いろいろ出てきたPureSystems製品群のうち、PureDataラインアップの特徴を整理しよう。後半はSQL標準策定の動向を識者に突撃取材。(2013/2/26)

PureSystemsが生まれたワケ:
第3回 新たなパラダイムを生むPureApplication System、パターンで企業の情報システムを変革
続々と新たなモデルが追加されるPureSystemsファミリー、それはハイブリッド化されたzEnterpriseメインフレームと同じ思想で開発され、オープン系分散型システムの混沌を解決しようと生み出された。短期連載の最後は、パターンで情報システムを劇的に変えるPureApplication Systemを中心に見ていこう。(2013/2/15)

中規模企業も視野に 日本IBMがPureSystemsの新モデルを発表
日本IBMは、アプリケーションプラットフォームやデータアプライアンスなどから成るシステム統合基盤シリーズ「PureSystems」に新たな製品ラインアップを追加した。(2013/2/14)

PureSystemsが生まれたワケ:
第2回 メインフレーム譲りの包容力と仮想化のベストプラクティスが自慢のPureSystems
PureSystemsが生まれた背景を探る短期連載の第2回は、「Fabric-based Architecture」を採り入れ、zEnterprise譲りの包容力と仮想化環境のベストプラクティスが盛り込まれたIaaS基盤の「PureFlex System」を中心に見ていこう。(2012/12/25)

運用管理の負荷増と情シスのスキル低下が背景
【市場動向】“ハード/ソフト統合システム”に、ユーザー企業の期待大
システム導入・運用管理を効率化できるとして、ハードウェアとソフトウェアを統合した垂直統合型製品が注目を集めている。IDCジャパンの福冨里志氏の話を基に、その市場動向とユーザーの期待を俯瞰した。(2012/11/1)

PureSystemsが導く最適解:
PR:VMware vSphereとの連携で大規模な仮想化プラットフォームを実現
システムプラットフォームの観点から見た「IBM PureSystems」は、仮想化を強く意識した製品だ。その仮想環境における自動化・自律化を実現するために、PureSystemsではVMware vSphereの多くの機能が有効活用できる。(2012/10/22)

“第3のPureSystems”――日本IBM、ビッグデータ処理向け「PureData System」発売
日本IBMがデータ処理製品群「IBM PureData System」の3機種を発売した。同社が提唱する「エキスパート・インテグレーテッド・システム」構想に基づきハードウェアとソフトウェアを高度に統合したことで、ビッグデータの処理を高速化するという。(2012/10/10)

PureSystemsファミリーのデータ分析アプライアンス:
ビッグデータ処理に特化した「IBM PureData System」
日本アイ・ビー・エムは、ビッグデータ処理・分析に特化した新製品群を発表した。SIコストが掛からない「パターン」による早期立ち上げが強みだ(2012/10/10)

IBM InterConnect 2012 Report:
新興国の時代? ビッグデータに最適化されたPureData Systemがアジアから世界デビュー
IBMは10月9日、シンガポールで開催中の「InterConnect 2012」カンファレンスでPureSystemsファミリーの新製品「PureData System」を披露した。新たなテクノロジーの活用は、意外にも新興国が長けているのかもしれない。(2012/10/10)

専門家の知見を組み込んで自動化を推進:
PR:「パターン」が支えるPureSystemsの運用管理
連載第1回で紹介した通り、IBM PureSystemsの特徴の1つが「パターン」だ。パターンとは、ITを容易かつ即座に利用するための知見を集約、応用したものであり、システム構築だけでなく運用管理の課題解決にも効果が期待できるという。(2012/10/9)

コンピューティングの新時代へ:
PR:「IBM PureSystems」に実装された“知見”とは
IBMは2012年4月、業界初の新しいコンピューティング・システム「エキスパート・インテグレーテッド・システム」を発表した。その第1弾製品として投入されたのが、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、管理機能を統合した「IBM PureSystems」だ。(2012/9/7)

ビッグデータいろはの「い」:
ビッグデータは両刃の剣、既存の情報システムをどう守る?
既存の情報システムに多額の投資を行い、それが基幹業務を支えている企業はどのようにビッグデータを扱えばいいのだろうか。そもそもビッグデータは分析の対象だけにとどまらない。ビッグデータ時代の情報システムを考えてみたい。(2012/7/19)

PR:IBM PureSystemsへの対応を加速するISV
4月にIBMが世界で同時に発表した「IBM PureSystems」は、エキスパートの知見を活用することで、ITライフサイクル全体のさまざまな作業負荷を軽減、TCOの削減を可能にする。システムに最適化されたソリューションとして、IBM製品に加え、グローバルで100社以上のISV製品が利用可能だ。日本でいち早く対応した4社のISVからの声をそのソリューションとともに紹介する。(2012/6/29)

PR:PureSystemsはビッグデータ時代に不可欠なITインフラとなるか?
従来では思いもよらない企業経営の武器を手に入れる手段として、多くの企業が注目するビッグデータ。もっとも、ビッグデータの価値を最大限に引き出すためにはシステム環境の見直しが不可欠だ。IBMはその実現に向け、ビッグデータ時代に対応した新たなシステムのビジョンとして「Smarter Computing」を掲げる。このビジョンを具現化する初の製品が「IBM PureSystems」である。(2012/5/17)

Smarter Computingの実現に向けた現実解とは:
PR:企業ITの新たな地平を切り開くPureSystems
企業活動におけるITの重要性がさらに高まる中で、多くの企業がシステム整備や運用にまつわる課題に頭を抱えている。これらのコストをいかに削減すべきか――。その1つの“解”としてIBMが2012年4月に全世界で同時に発表したのが、コンピューティングシステムの新分野と呼ぶ「エキスパート・インテグレーテッド・システム」だ。(2012/5/8)

IBM Impact 2012 Report:
鳴り物入りの切り札、PureSystemsがラスベガスデビュー
ラスベガスで開幕したIBM Impact 2012では、最適なアプリケーション環境を自動的にデプロイできるPureApplication Systemsが初日のジェネラルセッションで披露された。(2012/5/1)

知見を結集してクラウド構築を効率化:
IBMが全世界で同時発表した「PureSystems」とは何か
「歴史的な新しいITのカテゴリ」と語るシステム製品をIBMが打ち出した。(2012/4/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。