ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インフルエンザ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

インフルエンザを診断するAI、ディープラーニングで実現へ 医療機器ベンチャー「アイリス」の挑戦
タイミングの制限があり、精度もそこまで高くはないインフルエンザの初期診断。これをディープラーニングで支援できないか、と挑むベンチャー企業がある。(2018/9/18)

医療機器ニュース:
写真現像の銀塩増幅技術を応用した感染症検査装置
富士フイルムは、インフルエンザやマイコプラズマ肺炎などの感染症を引き起こすウイルスや細菌の有無を自動判定する感染症検査装置「富士ドライケム IMMUNO AG2」を発売した。(2018/3/15)

インフルエンザ予防に一番効果的なのは「手洗い」 コミュニティーサイトが医師1000人によるアンケート結果を発表
「人ごみに行かない」なども有効との回答が多かった。(2018/1/30)

スピン経済の歩き方:
インフル大流行は「風邪でも絶対に休まないおじさん」のせい?
インフルエンザが猛威を振るっている。大流行している要因として、「ワクチン不足があった」「A型とB型が同時に流行した」といった意見が出ているが、筆者の窪田氏は「風邪でも絶対に休まないおじさん」のせいではないかという。どういうことかというと……。(2018/1/30)

医療技術ニュース:
インフルエンザウイルスが子孫に遺伝情報を伝える仕組みを解明
東京大学は、インフルエンザウイルスが子孫ウイルスに遺伝情報を伝える仕組みを明らかにした。ウイルス内の8本のRNAを「1+7」に集合させる過程が重要であることが分かった。(2018/1/29)

米国で流行した「ネコインフルエンザ」、ヒトにも感染の可能性 東大の研究グループ
東京大学の研究グループが米国ニューヨーク市で流行した「ネコインフルエンザウイルス」が、低病原性H2N2鳥インフルエンザウイルスに由来すると発表。ネコを介してヒトなどにも感染する可能性も指摘している。(2017/12/28)

インフルエンザによる小児・未成年者の「異常行動」、厚労省が注意 「治療開始後2日間は一人にしない」
抗インフルエンザウイルス薬の種類や服用の有無関係なく注意しましょう。(2017/11/27)

鳥インフルエンザ、哺乳類間で飛沫感染 パンデミックの可能性 東大など研究
鳥インフルエンザウイルス(H7N9)を東大などが分析したところ、哺乳類間で飛沫感染することが分かった。(2017/10/20)

サンシャイン水族館、屋外エリアのリニューアルを春から夏に延期 鳥インフルエンザ懸念
動物達の健康が一番。(2017/1/17)

医師に聞く「意外なインフルエンザ予防法」
インフルエンザ予防法といえば、うがいや手洗い、マスク着用などが一般的ですが、近年、ちょっと変わったインフルエンザ予防の方法が発案されています。(2016/12/23)

名古屋の東山動植物園で鳥インフルエンザの疑い 横浜市では対策でイベントの変更も
世界各地で発生後、渡り鳥によって国内への侵入が危惧されていました。(2016/12/7)

インフルエンザ、すでに流行入り? 昨年より2カ月早く……ヤフーがビッグデータ分析で予測
「Yahoo!JAPAN」の検索データから分析したインフルエンザの感染状況の予測で、14日に流行ラインに到達した可能性があることが分かった。(2016/11/16)

はやってからでは遅い! 早期から始めたいインフルエンザ対策
毎年、12月〜3月頃にかけて流行するインフルエンザ。予防するには早期から免疫力を上げるなど対策をとっておきたいものです。その具体的な対策を一通り確認しておきましょう。(2016/10/11)

医療技術ニュース:
マイタケ由来タンパク質がインフルエンザウイルスの増殖を抑制
理化学研究所は、食用キノコのマイタケから、脂質ラフトと呼ばれる動物細胞膜上の脂質構造に結合するタンパク質を発見。その存在下ではインフルエンザウイルスの増殖が抑えられることを明らかにした。(2016/9/9)

インフルエンザで熱が下がった後「出社できるタイミング」は?
インフルエンザで休んだ後、いつから出社しますか? 発症後、3日〜7日間は注意が必要です。(2016/4/1)

倖田來未さん初の47都道府県ツアー、インフルエンザのため初日から延期に
お大事に。(2016/3/29)

オノ・ヨーコ退院 インフルエンザだった
一時は重症説も流れていたがインフルエンザだった。(2016/2/28)

ヨーグルトが風邪やインフルエンザ予防に効く理由
風邪やインフルエンザ予防になぜ「ヨーグルト」や「乳酸菌」がおすすめなのか? その理由や効果に迫ります。(2016/2/16)

東京都でインフルエンザ「流行警報」
こまめに手洗いやうがいを!(2016/2/12)

今年はインフルエンザと花粉症のダブルパンチ? 暖冬の弊害で
暖冬といわれる2016年。インフルエンザ流行のシーズンが後ろ倒しになり、花粉症の時期と重なる可能性が……。(2016/2/7)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」:
Bluetoothでスマホと連携する体温計を使ってみた
そろそろインフルエンザなども気になり始める季節。専用アプリをインストールしたiPhoneやAndroidスマートフォンと連携して、データを記録・管理することができる電子体温計を購入したので紹介しよう。(2015/11/12)

医療IT最新トピック
急増する介護疲れを防げ 拡大する「高齢者見守り・緊急通報サービス」市場
福岡市のオープンデータを活用したiOSアプリ、熱中症やインフルエンザの危険性を警告する温湿度計、拡大する高齢者見守り・緊急通報サービスの市場予測など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/3/12)

エボラ陰性、シエラレオネ居住の70代女性
インフルエンザだったとのこと。(2015/1/19)

医療イベントレポート:
インフルエンザも未病状態で検知! 実世界のカオス現象と数理モデル化
複雑系数理モデルを解析することによって、病気や電力ネットワークの不安定化、交通渋滞などの予兆を捉えられるようになるという。(2015/1/13)

東京都でインフルエンザの「流行警報」発令 全国的にも流行拡大
手洗いうがいなどの予防を心がけてください。(2015/1/7)

医療IT最新トピック
インフルエンザや熱中症の危険性が分かる室内見守りサービスが登場
医療・ヘルスケア業界のITベンチャー支援プロジェクト、インフルエンザ感染の危険性を知らせる「室内環境見守りサービス」の提供など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2014/12/17)

効果と副作用:
全世界75%のタミフルを消費する日本人、インフルエンザになる前に知っておくべき薬の話
インフルエンザにかかったら必ず薬を服用すると思っている人は少なくありませんが、世界的に見るとこのような認識があるのは日本ぐらいです。今回は、抗インフルエンザ薬における日本と世界のズレについて紹介します。(2014/12/9)

東京都内でインフルエンザの流行開始と発表
予防を心がけてください。(2014/11/27)

男性は女性よりインフルエンザや風邪に弱い――ハーバード大
女性ホルモンが関係しているそうです。(2014/10/21)

医療機器ニュース:
エボラ出血熱向けの抗インフル薬、富士フイルムが追加生産を決定
富士フイルムは、エボラ出血熱患者への投与拡大に備え、抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠200mg」(一般名はファビピラビル)の追加生産を決定した。2014年11月中旬より、ギニアで臨床試験を始める予定だ。(2014/10/20)

プラズマイオンで空気をキレイに:
イーバランス、空気清浄機能を持つセラミックヒーターを発売
これから暖房が恋しくなる季節になる。カゼやインフルエンザの流行期もやってきてしまうのが困ると思う人は多いだろう。そのような方にはこの製品はいかがだろうか。(2014/9/29)

インフルエンザがやばい 流行レベルマップが赤く染まってきた……
うがい手洗いは念入りに!(2014/2/7)

インフルエンザ・ノロの流行と検索数の関係は? ヤフーがビッグデータ分析公開
Yahoo!JAPANの検索データを利用したインフルエンザの感染状況と拡大予測リポートを同社が公開。検索数の増加に伴って患者数が増え、全国的に流行が広がっていく様子が分かるという。(2014/1/23)

App Town ヘルスケア/フィットネス:
当日の警戒度を簡単にチェックできるiOS向けアプリ「インフルエンザアラート:お天気ナビゲータ」
日本気象は、気温や湿度から算出した4段階の警戒レベルを確認できる「インフルエンザアラート:お天気ナビゲータ」をリリース。プッシュ通知にも対応する。(2013/12/17)

NTTドコモ、「あなたの街のインフルエンザ情報」を機能強化
NTTドコモは、インフルエンザ感染予防アプリ「あなたの街のインフルエンザ速報」をバージョンアップして、11月6日から配布を開始する。(2013/11/6)

センシング技術:
スマホ連動の小型病原体センサー、インフルエンザも高感度で検出
産業総合研究所(産総研)は、光計測器をスマートフォンで操作し、病原体を検出するシステムのデモンストレーションを行った。操作をスマートフォンのみで行うことにより、光計測器を小型化できたという。(2013/10/21)

センシング技術:
エアコンがインフルエンザを検知!? 産総研が小型高感度のウイルスセンサーを開発
産業技術総合研究所は、インフルエンザウイルスを検出できる小型高感度センサーの開発に成功したと発表した。従来1日半以上を要したウイルス検出時間を数十秒レベルに短縮でき、将来は空気中のウイルス検知も可能になるという。(2013/8/21)

Microsoft、Excelでインタラクティブな3D地図上グラフを作れるアドイン「GeoFlow」を発表
営業所別の売り上げ実績やインフルエンザの流行などをBing Mapsの3D地図上のグラフでビジュアル化できるExcel 2013用アドイン「"GeoFlow" Preview for Excel 2013」が無料で公開された。(2013/4/15)

きれい? それとも……ウイルスをガラス細工で再現
豚インフルエンザやマラリアなど、ウイルスをかたどったガラス細工は一見きれいだけど……。(2013/2/11)

インフルエンザ流行、警報レベルに
予防をしっかり。(2013/2/1)

インフルエンザ拡大、09年の大流行超えか 「Yahoo!ビッグデータ」検索数調査より
「インフルエンザ」の検索数が、2009年の大流行時を超えた――ヤフーがインフルエンザの検索数に関する分析を公表。検索数と患者発生には相関があり、「今年のインフルエンザが今まさに例年以上に拡大を続けている」としている。(2013/1/29)

インフルエンザに“予防”格差!? 予防接種と所得の関係
大人なら1回あたり3000〜3500円ほどかかるインフルエンザの予防接種。世帯所得によって、その接種意欲には違いがあるようだ。QLife調べ。(2012/11/26)

ET2012:
鳥インフルエンザのまん延も防げる? ルネサスが重さ1.1gのセンサーモジュールを展示
ルネサスは、生体管理や自然災害モニタリングなどの用途に向けた、小型かつ低消費電力のセンサーモジュールを展示した。(2012/11/19)

免疫力改善で大切なのは「睡眠」「気分転換」
風邪やインフルエンザが流行する時期が近付いてきたが、体を壊さないよう免疫力を高めるには「睡眠」や「気分転換」が大切になるようだ。ゼスプリ インターナショナル ジャパン調べ。(2012/10/17)

大往生したけりゃ医療とかかわるな(5):
ワクチンを打っても、インフルエンザにはかかる
「インフルエンザのワクチンを打ったので、自分は大丈夫」と思っている人も多いのでは。しかしそのワクチンはどのくらい効果があるのだろうか。厚生労働省によると……。(2012/3/6)

インフルエンザ感染防止のポイントは? 専門家が徹底解説
インフルエンザ流行警報が全国各地で発令されていることを受け、インフルエンザ感染防止のポイントから食生活までを専門家が徹底解説する。出演者は日本臨床内科医学会インフルエンザ研究班副班長で医学博士の廣津伸夫さん、管理栄養士の浅野満美子さん。配信は2月10日20時0分〜。(2012/2/9)

Biz.ID Weekly Top10:
インフルエンザの季節、予防接種以外でできる対策は?
インフルエンザ流行の季節。誠 Biz.IDで過去に紹介した予防策の記事がランキングに再浮上しました。予防接種を受ける時間がない! という人でもできる4つの予防策を確認しておきましょう。(2012/1/24)

風邪対策のおともに 「インフルエンザアラート」
忙しいビジネスパーソンなら、治るまでに時間がかかるインフルエンザにはかかりたくないもの。このAndroidアプリを使えば、警戒指数をホーム画面でチェックできる。(2012/1/18)

説明書を書く悩み解決相談室:
見出し一言、値千金――インフルエンザ対策をどう分かりやすく説明する?
説明書を書く悩み解決相談室。今回の相談者はインフルエンザ対策に頭を悩ます自治体の保健衛生担当者の1人、藤原さんです。(2011/12/8)

音・アイコン・光の3つで危険サインを――エレコム、警告機能付き温湿度計「goud」を12月上旬発売
室内が乾燥しやすい冬に役立つ、インフルエンザ警告機能付きの温湿度計がエレコムから発売に。冬場だけでなく、夏の熱中症向けの警告機能も搭載される。(2011/12/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。