ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キッズケータイ」最新記事一覧

「mamorino」が“スマートウォッチ”に進化した理由
auのキッズケータイ「mamorino」の新製品が3年ぶりに登場。4世代目となる新機種は、通話もできるスマートウォッチとなった。なぜケータイ型ではなく腕時計型を採用したのだろうか。(2016/2/4)

CES 2016:
LG、サブディスプレイ搭載のフラッグシップモデル「V10」やミッドレンジ新製品「K10」「K7」を展示
CES 2016のLGブースでは、ミッドレンジモデル「K10」「K7」や、2015年秋発売の新しいフラッグシップモデル「V10」、そして北米で展開中のキッズケータイなどを展示していた。(2016/1/11)

長持ちバッテリーの「P-01G」とMILスペック対応の「キッズケータイ HW-01G」、11月7日発売
ドコモは、長持ちバッテリーとワンプッシュオープンボタンを搭載した最新ケータイ「P-01G」と、耐衝撃性能も備えた「キッズケータイ HW-01G」を、11月7日に発売する。(2014/10/30)

MIL規格準拠:
防水・防じん・耐衝撃性能を備えた「キッズケータイ HW-01G」
ドコモが、通話やSMSに機能を絞った「キッズケータイ HW-01G」を11月上旬に発売する。防水と防塵(じん)性能に加え、米国のMIL規格に準拠した耐衝撃性能を備えている。(2014/9/30)

ファーウェイ、キッズケータイ累計出荷100万台突破記念キャンペーンを実施
ファーウェイは「キッズケータイ HW-01D」の累計出荷台数100万台突破を記念し、5月12日より「キッズケータイ100万台突破 ありがとう! 夢へのトビラ キャンペーン」を実施する。(2014/4/21)

STYLEシリーズ:
防犯ブザーや“親子モード”搭載、使いやすさを追求したケータイ――「SH-03E」
シャープ製のドコモ向けiモードケータイ「SH-03E」は、使いやすいケータイを求めるユーザーをターゲットに開発されたモデル。キッズケータイ以上、スマートフォン未満のジュニアユーザーにも配慮した機能を備える。(2012/10/11)

ドコモ、「AQUOS PHONE sv」と「キッズケータイ」のソフト更新を開始
ドコモは、シャープ製「AQUOS PHONE sv SH-10D」とHuawei製「キッズケータイ HW-01D」のソフト更新を開始した。キッズケータイ向けでは、特定条件で着信音が鳴らなくなる不具合を改善する。(2012/10/4)

ドコモ、「キッズケータイ HW-01D」を9月5日に発売 ガードマン派遣サービスも提供
ドコモは「キッズケータイ HW-01D」のブルーとピンクを9月5日に発売する。また10月からは、防犯ブザーが鳴った場合にALSOKのガードマンを派遣する専用サービスも提供する。(2012/8/27)

ドコモ、「キッズケータイ HW-01D」の事前予約を8月15日から受け付け
通話・防犯・GPS機能に絞ったドコモの「キッズケータイ HW-01D」の事前予約が8月15日から開始される。(2012/8/13)

エレコム、「らくらくスマートフォン」「キッズケータイ」用ケースなど6製品を発表
エレコムは、ドコモの「らくらくスマートフォン F-12D」「キッズケータイ HW-01D」用のケースなど6シリーズを発表した。端末の発売に合わせて、順次販売を開始する。(2012/7/24)

ドコモ、「Xperia NX/acro HD」「GALAXY Tab 7.0 Plus」「MEDIAS ES」などのソフト更新を開始
ドコモは、ソニーモバイル製の「Xperia NX SO-02D」「Xperia acro HD SO-03D」と、NECカシオ製の「MEDIAS ES N-05D」、Samsung電子製の「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」、Huawei製「キッズケータイ HW-02C」のソフト更新を開始した。(2012/5/17)

防水・防塵機能を備えた子ども向け端末――「キッズケータイHW-01D」
NTTドコモが、通話・防犯・GPSに機能を絞った子ども向け携帯電話「キッズケータイHW-01D」を発表した。7〜8月に発売する。防水・防塵ボディには傷つきにくい加工を施し、文字入力機能を新たに搭載している。(2012/5/16)

ドコモ、「キッズケータイ HW-02C」をアップデート――エリアメールに対応
ドコモは、Huawei製の子供向け端末「キッズケータイ HW-02C」の機能アップデートを12月14日から提供する。(2011/12/12)

ドコモ、「F-02D」「キッズケータイ HW-02C」のソフトウェアアップデートを開始
NTTドコモは、富士通製のiモード端末「F-02D」とHuawei製の「キッズケータイ HW-02C」のソフト更新を開始した。F-02D向けのソフト更新では、端末がフリーズしたり、再起動するなどの不具合を改善する。(2011/11/21)

ドコモ、「キッズケータイ HW-02C」を9月28日から販売
ドコモの子ども向け携帯電話「キッズケータイ HW-02C」が9月28日から販売される。iモードには対応せず、通話、防犯ブザー、GPSに機能を絞っている。(2011/9/16)

ドコモ、通話・防犯ブザー・GPSに機能を絞った「キッズケータイ HW-02C」を発表
NTTドコモが、小学校低学年の子ども向け携帯電話「キッズケータイ HW-02C」の開発を発表。9月〜10月に発売する。HW-02Cはiモードを搭載しておらず、通話、防犯ブザー、GPSに機能を制限している。(2011/7/22)

PHS&データ通信端末販売ランキング(5月24日〜5月30日):
“Pocket WiFi”が上位占めるデータ端末ランキング
データ通信端末のランキングでは、“Pocket WiFi”ブランドの2モデルがワンツーフィニッシュを果たした。PHSのランキングでは、2006年に登場した「キッズケータイpapipo!」がトップ10圏外からランクイン。(2010/6/4)

キッズケータイ「F-05A」に不具合 ソフトウェア更新で対応
NTTドコモは、キッズケータイ「F-05A」のソフトウェア更新を開始した。着信イルミネーションのカラーをレインボーに設定すると、不在着信時のお知らせランプが点灯しない不具合が改善する。(2009/12/17)

SO905iCS、SO905i、SO906i、キッズケータイ F801iに不具合
ドコモの「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」「キッズケータイ F801i」に不具合があることが判明。同社はソフト更新を開始した。(2009/12/16)

リリースダイジェスト(3月31日)
「EZニュースフラッシュ増刊号」の新機能、世界一の美女を決める「美女採点」、「モバイルgoo」の新サービス、ANAのキッズケータイ向けコンテンツなど。(2009/3/31)

キッズケータイ「F-05A」、バリュー一括3万1500円、分割1225円/月から
ドコモの子ども向け端末「F-05A」が発売された。都内量販店価格はバリューコースの選択で一括3万1500円、24回分割で1225円/月から。(2009/2/6)

買ってすぐ使えるのは防犯ブザー、通話、GPSだけ――ドコモ、キッズケータイ「F-05A」発売
ドコモが2月1日から「キッズケータイ F-05A」を発売。初期状態で使える機能を防犯ブザー、通話、GPSに制限し、親に付与される暗証番号の入力で、他の機能の設定が可能になる。(2009/1/28)

Mobile&Movie 第300回:
クロサギ「キッズケータイって知ってますか?」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、人気コミックを映画化した『クロサギ』。ケータイやインターネットを駆使した詐欺のテクニックに驚かされます。【ネタバレ注意】(2008/3/28)

Mobile Weekly Top10:
写真で見る「キッズケータイ F801i」スリッパ
「キッズケータイ F801i」の発表会が行われたのは、新宿にある「芸能花伝舎」という建物。ここは元小学校で、体育館や教室を使ったデモは、なんとも不思議な雰囲気に包まれていた。(2007/12/28)

「キッズケータイ F801i」発売、価格は1610円/月から
防水機能やGPS、緊急通知機能などを備える子ども向け携帯「キッズケータイ F801i」が発売された。価格はバリューコースの分割払い選択で、頭金0円/月額1610円から。(2007/12/21)

富士通、「キッズケータイ F801i」にSymbian OSを採用
(2007/12/20)

写真で解説する「キッズケータイ F801i」(ソフト編)
2代目となったドコモのキッズケータイが、富士通製の「F801i」だ。端末には、佐藤可士和氏がデザインしたコンテンツや、秋元康氏原作のケータイ絵本などがプリセットされている。(2007/12/12)

写真で解説する「キッズケータイ F801i」
ドコモの「F801i」は、“子どもにも人気”というスクエアでシャープなデザインを採用した富士通製のキッズケータイ。新たに防水機能を持ったほか、ケータイの置き忘れや紛失を防ぐ「おまもリモコン」が付属する。(2007/12/10)

2代目キッズケータイは「親バカが集まって作りました」――ドコモの夏野氏
ドコモの夏野剛氏、デザイナーの佐藤可士和氏、プロデューサーの秋元康氏、キッズアドバイザリーボードメンバー、そして初代キッズケータイユーザーの親たち――。子供を持つ親たちの声を聞いて機能を強化したのが2代目キッズケータイ「F801i」だ。夏野氏いわく、「親バカが集まって作りました」(2007/12/10)

防水、GPS、緊急通知機能で“あんしん”を強化──「キッズケータイ F801i」
ドコモは子ども向け携帯の新機種「キッズケータイ F801i」を発表。子どもが「楽しい」と思えるデザインや内蔵コンテンツとともに、防犯ブザーや緊急通知機能、「おまもリモコン」、相手に気づかれずに居場所を保護者に通知できる「ちょこっと通知」、そして雨や水に濡れても安心の防水性能などを搭載する。(2007/12/10)

「コドモバイル 812T」の“ここ”が知りたい(1):
防犯ブザー用のノブは取り外せるか――「コドモバイル 812T」
ソフトバンク初のキッズケータイとして登場した東芝製の「コドモバイル 812T」。子供に安心して使ってもらうための機能を備えていることから、制限機能や防犯ブザーなどについての質問が多かった。(2007/4/26)

「キッズケータイpapipo」に新色登場――たまごっちスクールバージョン
バンダイは「キッズケータイpapipo!」の新色「たまごっちスクールバージョン」を発売した。「たまごっち」の最新版「たまごっちスクール せーとぜーいんしゅーごっち!」のデザインを採用している。(2006/12/15)

キッズケータイ「SA800i」の新色、12月1日から発売
ドコモのキッズケータイ「SA800i」の新色「チェリー」と「ライム」が12月1日から店頭に並ぶ。(2006/11/27)

“鮫”“ドラゴン”──「キッズケータイpapipo!」に男児バージョン
ウィルコムはバンダイ製子ども向け端末「キッズケータイpapipo!」に男児バージョンを追加。小学生男児への調査で支持の高かった柄を採用し、男児向けゲームなども搭載する。同時に女児向けとなるハローキティなどをモチーフとした新柄も追加する。(2006/11/1)

佐藤可士和氏デザインのキッズケータイ「SA800i」に新色が登場
NTTドコモは、三洋電機製のキッズケータイ「SA800i」の新色として、「チェリー」と「ライム」の2色を12月上旬以降に発売する。新色は、7月1日から7月31日に実施された人気投票により決定したもの。(2006/10/31)

ドコモの三洋電機製端末2機種に不具合──ソフト更新を実施
ドコモの三洋電機製端末「キッズケータイSA800i」および「SA702i」に、一定期間電源オン状態下で一部機能のボタン操作を受け付けなくなる不具合が発生すると告知。ソフトウェア更新を実施する。(2006/8/30)

キッズケータイ「SA800i」の電源OFF検索機能に注意──ANA、JAL、ドコモが呼びかけ
学校が夏休みに入り、会社もお盆休みになる時期には、子連れで飛行機に乗る家族も多いだろう。もし子供にキッズケータイ「SA800i」を持たせているなら、飛行機に乗る前に“確実に電源が切れているか”を確認したい。(2006/8/2)

「キッズケータイpapipo!」、新規価格は1万4800円
バンダイとウィルコムの子ども向けW-SIM端末「キッズケータイpapipo!」が店頭に並んだ。新規価格は1万4800円。(2006/7/14)

キッズケータイ「SA800i」に不具合、キー操作を受け付けなくなる恐れ
ドコモは、子供向け端末「キッズケータイ SA800i」に不具合が見つかったと告知。「ソフトウェア更新」機能によるアップデータ提供を開始した。(2006/7/6)

新色はユーザー投票で決定──ドコモのキッズケータイに新色
ドコモは、キッズケータイ「SA800i」に新色を追加すると発表。新色はユーザー投票で決めるとし、7月1日から投票を受け付ける。(2006/6/30)

「キッズケータイpapipo!」、7月14日発売
バンダイとウィルコムは、2006年3月に発表したW-SIMを用いる子ども向け端末「キッズケータイpapipo!」を7月14日から発売する。(2006/6/23)

3月11日〜17日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
独ハノーバーで開催されたCeBIT 2006のニュースで始まった1週間。金曜日には、ソフトバンクによるボーダフォン買収について正式発表が行われた。また、バンダイはウィルコムのW-SIMを利用したキッズケータイを発表した。(2006/3/17)

Mobile Weekly Top10:
W-SIMは人と一緒に成長する?
バンダイ製のキッズケータイにも採用された、ウィルコムの通信モジュール「W-SIM」は、対応端末に差し替えて使えるのがポイント。「人と一緒に成長する」という、その心は?(2006/3/16)

写真で解説する「キッズケータイpapipo!」
ウィルコムのW-SIMを採用したバンダイの「キッズケータイpapipo!」が登場。子供には楽しさを、親には安心感を提供するという、この携帯の機能を見ていこう。(2006/3/16)

バンダイが「キッズケータイ」市場に参入する理由
ウィルコムのW-SIMを用い、「キッズケータイpapipo!」でキッズケータイ市場に参入するバンダイ。バンダイが考える「親が持たせたいだけでなく、子どもも持ちたくなるキッズケータイ」とは?(2006/3/16)

バンダイ「キッズケータイpapipo!」発表
バンダイが、子供が楽しく使えることを目指して開発した独自の子供向けPHS端末、「キッズケータイpapipo!」を発表した。W-SIMを採用しウィルコムの通信網を利用する。(2006/3/16)

ドコモのキッズケータイ「SA800i」、新規は1万円台半ば
ドコモのキッズケータイ「SA800i」が、都内で店頭に並んだ。新規価格は1万円台半ば。(2006/3/6)

バンダイ、「キッズケータイ」を開発──ウィルコム網を利用
バンダイが、「キッズケータイ」と銘打った子供向けPHSのサイトをオープンした。位置情報通知や料金制限サービスに加え、子供にとっての楽しさを追求した端末と見られる。(2006/3/1)

キッズケータイ「SA800i」を3月4日に発売
ドコモは、子供を守る機能を搭載した携帯「SA800i」を3月4日に全国発売する。合わせて3月1日から「キッズiメニュー」と「イマドコサーチ」を提供する。(2006/2/23)

韓国携帯事情:
子どもを守る携帯電話 韓国版“キッズケータイ”
ドコモがキッズケータイ「SA800i」を発表し、日本でも盛り上がる“子供向け携帯”。韓国には、緊急時に自動でカメラが起動して周囲の写真を親に送る──といった携帯もある。(2005/12/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。