ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NEC レノボ・ジャパン グループ」最新記事一覧

大阪のMacのシェアは12.6%:
「大阪にはチャンスがある」 米アップル副社長の心斎橋視察からみえた世界競争の予兆
米アップルのブライアン・クロール副社長が、大阪のアップルストア心斎橋を視察。米本社の役員が大阪を視察するのは初めて。(2016/2/25)

データのマーケットプレイス的機能も提供:
さくらのIoT Platformの概要が明らかに。料金がマイナスになる可能性も
さくらインターネットは2016年2月8日、同社が開発中のIoTプラットフォームサービス「さくらのIoT Platform」について、報道関係者に説明した。2016年度中の正式提供開始を予定している。このサービスでは、データのマーケットプレイス的機能も提供する。(2016/2/9)

ニュース解説:
PC事業統合は決定的? 見え隠れする東芝、富士通、VAIO各社の思惑
12月初頭に一部報道のあった東芝、富士通、VAIOのPC事業統合。PC業界に詳しいジャーナリストの大河原克行氏は一連の動向をどう見るか――。(2015/12/15)

国内PC出荷、1998年度以来の1000万台割れへ 落ち込み止まらず MM総研
MM総研によると、4〜9月の国内PC出荷台数は前年同期から3割減の474.1万台に。通期では1998年度以来の1000万台割れを予測する。(2015/11/18)

レノボ・ジャパンとNEC PCが社長交代人事、新社長に留目真伸氏
レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータが社長交代人事を発表。新社長に留目真伸氏が就任する。(2015/3/2)

14年度下期の国内PC市場、大幅落ち込み予測 部品価格高騰がメーカーに追い打ち MM総研
14年度下期(10〜3月)の国内PC市場はXP需要の反動減で前年同期から大幅に落ち込むとMM総研が予測。部品価格の上昇も追い打ちをかけ、PCビジネスは厳しい局面を迎えるとみている。(2014/11/12)

VAIOはやっぱり……:
Dellは好調、ソニーは苦戦――明暗分けた2013年国内PC市場
国内クライアントPC市場の2013年の年間出荷台数は、辛うじて前年比プラス成長(0.2%増)となった。しかし、国内クライアントPC市場をセグメント別で見てみると、家庭市場とビジネス市場とで明暗がはっきりと分かれていることが分かる。(2014/2/12)

NEC PCとレノボ・ジャパンが社長交代、ロードリック・ラピン氏が就任
NEC PCとレノボ・ジャパンで社長交代、ロードリック・ラピン現Lenovo NEC Holdings会長がそれぞれの社長に就任する。(2013/6/18)

2013年1QのPC国内出荷は4.6%減の412万台――IDC調べ
1〜3月期のクライアントPC出荷台数は、ビジネス市場で前年同期比9.0%増となる一方、家庭市場では同比20.0%減になった。(2013/5/27)

国内PC出荷、6年ぶり減少 タブレットに個人需要流出
12年度の国内PC出荷数は、個人向けPCの需要減が顕著で6年ぶり減少。割安なタブレットの需要が流れている。(2013/5/9)

アジア太平洋州とラテンアメリカのトップがTokyoに:
本体の薄さはキーボードに優先する──Lenovo幹部が語る“これからのThinkPad”
2012年になって、ThinkPadはその姿を大きく変えた。「ThinkPadのコンセプトは変わらない」と内藤氏は語るが、その思いはLenovo全体で共通なのだろうか。(2012/9/5)

2011年度のPC出荷台数は5%増、金額は2けた減――MM総研調べ
2011年度の国内PC出荷台数は5.0%増の1529万4000台、金額は11.5%減の1兆1272億円だった。(2012/5/10)

これが、国内トップPCメーカーの役割:
“1日修理”から“8時間修理”へ──「簡単、安心、快適」、NEC製PCサポート体制の裏側
価格、スペック・機能、サイズ、デザイン。PCの購買ポイントは多々あるが、NEC製PCは「ココも知ってほしい」という。月間約6000台の“1日修理”体制を構築した、NECのPC修理拠点「群馬事業場」の裏側を見た。(2012/3/27)

NECパーソナルコンピュータ新社長に高塚栄氏、Lenovo NEC Holdings社長も兼任
NECパーソナルコンピュータは、現常務の高塚氏を新社長とするトップ人事を発表。2012年1月1日に就任する。(2011/12/21)

それなら、NECは「米沢モデル」ですね:
NECのマザーファクトリー「米沢事業場」、国内メーカーのPCが良品質である理由
「マジメで何が悪い」。徹底したIT管理の中に日本人的なアナログ管理がふと混在するNECのPC生産拠点「NEC米沢事業場」を例に、国内メーカーのPCがなぜ良品質なのかを再確認する。(2011/9/28)

「タブレットがPCを侵食? それには違和感がある」:
タッチ+PC「2Wayタブレット」、新ユーザーに新しい使い方を提案──NEC、PC秋冬モデル発表会
NECが秋冬商戦向け新モデルを発表。今回は、既存シリーズに加えて新シリーズ「Windowsタブレット」も製品化し、一般PC層に対して「安心・簡単・快適」を訴求するラインアップに仕上げた。新CMキャラクターは武井咲さんが努める。(2011/9/12)

「NEC レノボ・ジャパングループ」発足 3年で国内シェア30%目指す
NECとLenovoの国内PC事業を統合した「NEC レノボ・ジャパン グループ」が発足。国内PC市場シェアを現在の25%から3年後をめどに30%に引き上げる目標を掲げる。(2011/7/5)

ニュース解説:
NEC レノボ・ジャパン グループ発足、“捲土重来”を期すNECのPC事業
「NEC レノボ・ジャパン グループ」の発足は、NECのPC事業にとって捲土重来を期す新たな戦いの始まりでもあるようだ。(2011/7/5)

まずはNECユーザーのサポート無償化から:
「開発、ブランド、ラインアップ、販売体制は現状維持」──NEC レノボ・ジャパングループ発足説明会
レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータは、7月4日に、両社グループ発足の説明会を行った。それぞれのPCラインアップは現状維持が確認された。(2011/7/4)

相場英雄の時事日想:
NECとレノボの提携報道に見る、経済ニュースの“ガラパゴス化”
NECとレノボが、合弁会社を発足した。各メディアはこのニュースを大きく報じたが、果たしてその“価値”はあったのだろうか。各社が前向きな論調をした背景には、後追い報道の弊害があったのかもしれない。(2011/2/3)

2011年PC春モデル:
“地デジ+3D”のラインアップを強化、Sandy Bridge、新モバイルノートも──NEC「LaVie/VALUESTAR」新モデル
NECのPC春モデルは、新CPUを積極採用した地デジ+BD+3Dの“地デジPC”、家でも外でも使える“新モバイルノート”など「1台複数役」で使える新生活向けのモデルを多数用意。2011年2月3日より順次発売する。(2011/2/1)

Weekly Memo:
NECとレノボが組んだ提携スキームの勘所
PC事業合弁に向けて交渉を進めていたNECとレノボ・グループが先週、戦略的提携を正式に発表した。両社が組んだ提携スキームの勘所とは――。(2011/1/31)

「これまでのブランドはそれぞれ現状維持、買収ではなくイコールパートナー」──NEC遠藤社長、レノボとの合弁会社設立で
NECとレノボが国内PC事業を統合する合弁会社設立を正式発表。発表会にNECの遠藤社長、中国レノボ・グループのヤンCEOらが出席し、提携による戦略的効果や狙いを述べた。(2011/1/28)

「NECにとって大きな広がりのある提携だ」──NECとLenovoの合弁会社
NECとLenovoの提携で、国内で2位以下を大きく突き放すトップシェアのPC事業グループが誕生する。NECの遠藤社長はスケールメリットによる価格競争力の向上などを期待し、対等な提携だと強調。(2011/1/28)

国内最大のPC事業グループへ:
NECとレノボが合弁会社を設立
NECとレノボがPC事業に関する戦略的提携を正式に発表、両社出資による新合弁会社を設立する。NECとレノボの提携により、国内最大のPC事業グループが誕生する。(2011/1/27)

NECとレノボ、合弁会社設立で合意――国内最大のPC事業体が誕生へ
NECとレノボが合弁会社の設立で合意。2011年6月を目処に「NEC レノボ・ジャパン グループ」を発足させる。(2011/1/27)

NECとLenovo、国内PC事業を統合 合弁会社設立、国内最大グループに
NECとLenovoがPC事業で合弁会社設立を正式発表。合弁会社がNECのPC事業子会社とレノボ・ジャパンを傘下にする形で統合する。(2011/1/27)

Weekly Memo:
レノボとPC事業合弁に動くNECの思惑
NECと中国のレノボ・グループがPC事業合弁に向けて交渉を進めているようだ。両社の思惑はどこにあるのか。さらにこの動きは何を意味しているのか。(2011/1/24)

NECとレノボ、合弁報道にコメント
NECとレノボは、PC事業の合弁に関する一部報道に対して「決定した事実はない」と発表。(2011/1/21)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。