ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NEC レノボ・ジャパン グループ」最新記事一覧

パナソニック 製造オペレーションオプティマイザー MFO:
実装工程のシミュレーションモデルを活用し、実行計画を自動作成するシステム
パナソニックは、生産性向上システム「製造オペレーションオプティマイザー MFO」(MFO:Manufacturing Operations Optimizer)の受注を開始した。(2017/11/16)

第23回 品質機能展開シンポジウム 講演レポート:
品質を作り込む「QFD」の有効性と課題、そしてさらなる活用に向けたアプローチ
日本科学技術連盟が主催した「第23回 品質機能展開シンポジウム」において、ISIDエンジニアリング 技術顧問の岡建樹氏が登壇。「『QFD-Advanced』〜QFDの更なる深化、更なる活用へ向けて〜」をテーマに、QFDの有効性と現状の課題、そして進化型QFDといえる「QFD-Advanced」について詳しく説明した。(2017/11/15)

ヤンマー/YANMAR America:
顧客体験強化を目的に戦略的拠点「YANMAR EVO//CENTER」をオープン
ヤンマーの米国現地法人であるYANMAR Americaは、北米における顧客体験強化のための戦略的拠点「YANMAR EVO//CENTER(ヤンマーエヴォセンター)」を、ジョージア州アトランタに設立した。(2017/11/8)

住友重機械工業:
自動車ボディーフレーム製造システム「STAF」の評価設備が完成
住友重機械工業は、自動車ボディーフレームの製造システム「STAF」の評価設備が完成したと発表した。(2017/11/1)

TechFactory通信 編集後記:
「中華品質」などとやゆできない、「日本品質」を巡る厳しい現実
世界が日本をどう見ているのか……。(2017/10/28)

富士通 SMT-Assist:
表面実装ラインの段取り替え作業を支援し、約30%の生産性向上を実現
富士通は、電子部品/デバイス/電子回路製造業向けに、SMT(表面実装技術)ラインの段取り替え作業の効率化を支援する「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA Service SMT-Assist」の提供を開始した。(2017/10/23)

グローバル製造業/エグゼクティブセミナー2017:
勝ち残るため「何」を提供するのか、日立製作所に見る事業創造の手法
製造業といっても製品の製造販売だけではなく、サービスを強化する方針やIoTを利用した新たな価値創造が注目されている。シンクロン・ジャパンらが開催したセミナーより、日立製作所の講演を紹介する。(2017/10/18)

日本システムウエア digicell:
製造業向けセル生産支援システムが「Windows 10」を正式サポート
日本システムウエアは、製造業向けセル生産支援システムの最新バージョン「digicell Ver4.0」の提供開始を発表した。(2017/10/11)

ダイキン工業/日立製作所 ろう付け技能訓練支援システム:
悩ましい技能伝承問題をデジタル化技術で解決、ダイキンが人材育成に活用
ダイキン工業と日立製作所は、IoTを活用して熟練技術者の技能伝承を支援する、次世代生産モデルの確立に向けた協創を発表。空調機器製造における“ろう付け作業”を、画像解析技術などを用いてデジタル化して、熟練技術者と訓練者の技能の違いを比較および分析できるシステムを構築し、2017年10月から共同実証を目的に導入を開始する。(2017/9/29)

信越化学工業:
米国子会社工場のシリコーン生産能力増強と生産設備新設を目的に24億円投資
信越化学工業は、米国でシリコーンを製造・販売する子会社、シンエツ・シリコーンズ・オブ・アメリカ(SESA)のオハイオ州にあるアクロン工場の生産能力を増強すると発表した。(2017/9/29)

キヤノン/宮崎キヤノン:
デジカメの新たな生産拠点を宮崎県に建設、自動化への取り組みを加速
キヤノンと宮崎キヤノンは、宮崎県児湯郡高鍋町にデジタルカメラの新たな生産拠点を設立すると発表した。(2017/9/25)

日本能率協会:
「2017年度 GOOD FACTORY賞」受賞の優良6工場を発表、NEC、花王、ダイキンなど
日本能率協会は、「2017年度 GOOD FACTORY賞」の受賞企業として、6社(工場)を発表した。(2017/9/1)

ディスコ:
IoTや自動車分野での半導体需要増を見込み、長野県茅野市に工場新設
半導体製造装置メーカーのディスコは、生産能力増強を目的に、長野県茅野市に半導体製造装置工場を新設すると発表した。(2017/8/29)

カシオ計算機:
生産効率を高めるため、山形カシオに新工場を建設
カシオ計算機は、国内生産拠点の山形カシオにおいて、時計の生産効率を高めるため、新工場を建設することを発表した。(2017/8/17)

イノベーション量産化技術開発:
パナソニック、次の百年の計「ヨコパナ」でイノベーションを量産化
製造業のビジネスモデルが「モノづくり」から「コトづくり」へとシフトする中、パナソニックは、これまで日本の製造業が世界をリードしてきた生産技術/量産化技術をヒントに“イノベーションの量産化技術”を実現し、同社の成長の源泉であるクロスバリューイノベーションの取り組みを加速させようとしている。(2017/8/3)

アマダホールディングス:
フランス工場を拡張、欧州SCMセンターにより欧州各地域への販売供給体制を強化
アマダホールディングスは、フランスにあるアマダヨーロッパのCHV工場を拡張し、リニューアルオープン。また、同工場の新機能として欧州SCMセンターを完成させた。(2017/8/3)

NTN:
熱処理工場の増設により能登地区での一貫生産体制を確立
NTNは、石川県羽咋郡志賀町のNTN能登製作所で行われていた熱処理工場の増設工事が完了したと発表した。(2017/7/31)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年6月版】:
匠の技と自動化が支えるパナソニックのモノづくり
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、「ビエラ史上最高画質」をうたうパナソニックの4K有機ELテレビ「TH-65EZ1000」の生産拠点「モノづくり革新センター」を取り上げた記事が人気を集めました。(2017/7/13)

TechFactory 1周年記念特別企画:
どうしても気になる! ニッポン製造業のガラパゴス化問題と「Nintendo Switch」採用技術
「TechFactory」開設1周年を記念して、サイトがオープンした2016年4月4日から2017年4月3日までの期間で掲載されたTechFactoryオリジナルコンテンツの人気/注目記事ランキングを発表します。きっと気になる記事が見つかるはず!?(2017/4/4)

2016年国内タブレット端末出荷は初の前年割れ MM総研の調査から
MM総研は、2016年1月〜12月の国内タブレット端末出荷台数を調査。総出荷台数は前年比9.8%減の851万台で、2010年の出荷統計開始から初の前年割れとなった。また、メーカー別台数はAppleが7年連続シェア1位となっている。(2017/2/28)

TechFactory 人気記事TOP10【2016年12月版】:
「PC-9801」の開発拠点が保守サービスの“マザー工場”へ
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回は、レノボ製品の修理業務の統合を開始したNECパーソナルコンピュータ 群馬事業場の取り組みを紹介した記事が第1位となりました。工場内修理を1日で完了させる“1日修理”の実現を目指し、効率化とCS向上を追求した修理工場の様子をぜひご覧ください!(2017/1/13)

特選ブックレットガイド:
工場内修理を1日で完了させるNEC PC 群馬事業場の取り組み
PCが使えなくて困る時間(ダウンタイム)を短縮し、顧客満足度向上を目指す。(2017/1/13)

TechFactory 年間ランキング2016:
新型ゲーム機から超小型EV、巨大ロボットまで――2016年の話題は「IoT」一色ではなかった!?
皆さんにとって2016年はどのような1年でしたか? 製造業、モノづくり領域では、さまざまなテクノロジーの話題やM&Aのニュースなどが飛び込んできましたが、TechFactoryではどのような記事が皆さんに支持されたのでしょうか。年間ランキングをお届けします。(2016/12/28)

PC修理工場見学ツアー:
NEC・レノボ製品の“1日修理”を実現するNECパーソナルコンピュータ 群馬事業場
レノボ・ジャパンは、NEC製PCの保守サポートサービス拠点であるNECパーソナルコンピュータ 群馬事業場(群馬県太田市)でのレノボ製PCの修理サポート業務開始を受け、プレスツアーを開催した。NEC製品とレノボ製品の修理サポートを一手に引き受ける工場内修理の取り組みとは?(2016/12/5)

NEC、営業利益が153億円悪化 16年4〜9月期 円高の影響などで
NECが発表した2016年4〜9月期の連結決算は、営業利益が前年同期比で80.3%減の37億円となった。円高などの影響でテレコムキャリア事業の収益が大きく減少した。(2016/10/31)

データのマーケットプレイス的機能も提供:
さくらのIoT Platformの概要が明らかに。料金がマイナスになる可能性も
さくらインターネットは2016年2月8日、同社が開発中のIoTプラットフォームサービス「さくらのIoT Platform」について、報道関係者に説明した。2016年度中の正式提供開始を予定している。このサービスでは、データのマーケットプレイス的機能も提供する。(2016/2/9)

ニュース解説:
PC事業統合は決定的? 見え隠れする東芝、富士通、VAIO各社の思惑
12月初頭に一部報道のあった東芝、富士通、VAIOのPC事業統合。PC業界に詳しいジャーナリストの大河原克行氏は一連の動向をどう見るか――。(2015/12/15)

国内PC出荷、1998年度以来の1000万台割れへ 落ち込み止まらず MM総研
MM総研によると、4〜9月の国内PC出荷台数は前年同期から3割減の474.1万台に。通期では1998年度以来の1000万台割れを予測する。(2015/11/18)

レノボ・ジャパンとNEC PCが社長交代人事、新社長に留目真伸氏
レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータが社長交代人事を発表。新社長に留目真伸氏が就任する。(2015/3/2)

14年度下期の国内PC市場、大幅落ち込み予測 部品価格高騰がメーカーに追い打ち MM総研
14年度下期(10〜3月)の国内PC市場はXP需要の反動減で前年同期から大幅に落ち込むとMM総研が予測。部品価格の上昇も追い打ちをかけ、PCビジネスは厳しい局面を迎えるとみている。(2014/11/12)

VAIOはやっぱり……:
Dellは好調、ソニーは苦戦――明暗分けた2013年国内PC市場
国内クライアントPC市場の2013年の年間出荷台数は、辛うじて前年比プラス成長(0.2%増)となった。しかし、国内クライアントPC市場をセグメント別で見てみると、家庭市場とビジネス市場とで明暗がはっきりと分かれていることが分かる。(2014/2/12)

NEC PCとレノボ・ジャパンが社長交代、ロードリック・ラピン氏が就任
NEC PCとレノボ・ジャパンで社長交代、ロードリック・ラピン現Lenovo NEC Holdings会長がそれぞれの社長に就任する。(2013/6/18)

2013年1QのPC国内出荷は4.6%減の412万台――IDC調べ
1〜3月期のクライアントPC出荷台数は、ビジネス市場で前年同期比9.0%増となる一方、家庭市場では同比20.0%減になった。(2013/5/27)

国内PC出荷、6年ぶり減少 タブレットに個人需要流出
12年度の国内PC出荷数は、個人向けPCの需要減が顕著で6年ぶり減少。割安なタブレットの需要が流れている。(2013/5/9)

アジア太平洋州とラテンアメリカのトップがTokyoに:
本体の薄さはキーボードに優先する──Lenovo幹部が語る“これからのThinkPad”
2012年になって、ThinkPadはその姿を大きく変えた。「ThinkPadのコンセプトは変わらない」と内藤氏は語るが、その思いはLenovo全体で共通なのだろうか。(2012/9/5)

2011年度のPC出荷台数は5%増、金額は2けた減――MM総研調べ
2011年度の国内PC出荷台数は5.0%増の1529万4000台、金額は11.5%減の1兆1272億円だった。(2012/5/10)

これが、国内トップPCメーカーの役割:
“1日修理”から“8時間修理”へ──「簡単、安心、快適」、NEC製PCサポート体制の裏側
価格、スペック・機能、サイズ、デザイン。PCの購買ポイントは多々あるが、NEC製PCは「ココも知ってほしい」という。月間約6000台の“1日修理”体制を構築した、NECのPC修理拠点「群馬事業場」の裏側を見た。(2012/3/27)

NECパーソナルコンピュータ新社長に高塚栄氏、Lenovo NEC Holdings社長も兼任
NECパーソナルコンピュータは、現常務の高塚氏を新社長とするトップ人事を発表。2012年1月1日に就任する。(2011/12/21)

それなら、NECは「米沢モデル」ですね:
NECのマザーファクトリー「米沢事業場」、国内メーカーのPCが良品質である理由
「マジメで何が悪い」。徹底したIT管理の中に日本人的なアナログ管理がふと混在するNECのPC生産拠点「NEC米沢事業場」を例に、国内メーカーのPCがなぜ良品質なのかを再確認する。(2011/9/28)

「タブレットがPCを侵食? それには違和感がある」:
タッチ+PC「2Wayタブレット」、新ユーザーに新しい使い方を提案──NEC、PC秋冬モデル発表会
NECが秋冬商戦向け新モデルを発表。今回は、既存シリーズに加えて新シリーズ「Windowsタブレット」も製品化し、一般PC層に対して「安心・簡単・快適」を訴求するラインアップに仕上げた。新CMキャラクターは武井咲さんが努める。(2011/9/12)

「NEC レノボ・ジャパングループ」発足 3年で国内シェア30%目指す
NECとLenovoの国内PC事業を統合した「NEC レノボ・ジャパン グループ」が発足。国内PC市場シェアを現在の25%から3年後をめどに30%に引き上げる目標を掲げる。(2011/7/5)

ニュース解説:
NEC レノボ・ジャパン グループ発足、“捲土重来”を期すNECのPC事業
「NEC レノボ・ジャパン グループ」の発足は、NECのPC事業にとって捲土重来を期す新たな戦いの始まりでもあるようだ。(2011/7/5)

まずはNECユーザーのサポート無償化から:
「開発、ブランド、ラインアップ、販売体制は現状維持」──NEC レノボ・ジャパングループ発足説明会
レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータは、7月4日に、両社グループ発足の説明会を行った。それぞれのPCラインアップは現状維持が確認された。(2011/7/4)

相場英雄の時事日想:
NECとレノボの提携報道に見る、経済ニュースの“ガラパゴス化”
NECとレノボが、合弁会社を発足した。各メディアはこのニュースを大きく報じたが、果たしてその“価値”はあったのだろうか。各社が前向きな論調をした背景には、後追い報道の弊害があったのかもしれない。(2011/2/3)

2011年PC春モデル:
“地デジ+3D”のラインアップを強化、Sandy Bridge、新モバイルノートも──NEC「LaVie/VALUESTAR」新モデル
NECのPC春モデルは、新CPUを積極採用した地デジ+BD+3Dの“地デジPC”、家でも外でも使える“新モバイルノート”など「1台複数役」で使える新生活向けのモデルを多数用意。2011年2月3日より順次発売する。(2011/2/1)

Weekly Memo:
NECとレノボが組んだ提携スキームの勘所
PC事業合弁に向けて交渉を進めていたNECとレノボ・グループが先週、戦略的提携を正式に発表した。両社が組んだ提携スキームの勘所とは――。(2011/1/31)

「これまでのブランドはそれぞれ現状維持、買収ではなくイコールパートナー」──NEC遠藤社長、レノボとの合弁会社設立で
NECとレノボが国内PC事業を統合する合弁会社設立を正式発表。発表会にNECの遠藤社長、中国レノボ・グループのヤンCEOらが出席し、提携による戦略的効果や狙いを述べた。(2011/1/28)

「NECにとって大きな広がりのある提携だ」──NECとLenovoの合弁会社
NECとLenovoの提携で、国内で2位以下を大きく突き放すトップシェアのPC事業グループが誕生する。NECの遠藤社長はスケールメリットによる価格競争力の向上などを期待し、対等な提携だと強調。(2011/1/28)

国内最大のPC事業グループへ:
NECとレノボが合弁会社を設立
NECとレノボがPC事業に関する戦略的提携を正式に発表、両社出資による新合弁会社を設立する。NECとレノボの提携により、国内最大のPC事業グループが誕生する。(2011/1/27)

NECとレノボ、合弁会社設立で合意――国内最大のPC事業体が誕生へ
NECとレノボが合弁会社の設立で合意。2011年6月を目処に「NEC レノボ・ジャパン グループ」を発足させる。(2011/1/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。