ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LG G Watch」最新記事一覧

アプリの単体動作も実現 この秋リリースされる「Android Wear 2.0」で変わること
GoogleがAndroid Wearのメジャーバージョンアップを発表しました。この秋リリースする2.0では、スマホなしの単体アプリが作れるようになるほか、ウォッチフェイスのComplications対応、手書きやキーボードでの文字入力対応などが盛り込まれます。(2016/5/19)

Google、Android Wear端末向け1クリック着せ替えバンド「MODE」発売 50ドルから
Googleが、スライドボタンで簡単に着脱できる「Android Wear」向けバンド「MODE」を発表した。バンドを交換できるすべてのAndroid Wear端末で利用できる。米国での販売価格はシリコン製が49.95ドル、革製は59.95ドルだ。(2016/4/27)

「Android Wear」にジェスチャーや音声読み上げ追加のOTAアップデート開始へ
GoogleのスマートウォッチOS「Android Wear」のOTAアップデートが向こう数週間でローリングアウトする。このアップデートで、手首でのジェスチャー操作が増え、音声でのメッセージング入力が可能になり、スピーカー付き端末では通話できるようになる。(2016/2/5)

Android Wear、バージョン1.4でジェスチャー操作やオーディオ対応へ
GoogleのスマートウォチOS「Androie Wear」のバージョン1.4へのアップデートで、端末を装着した腕をひねったり振ったりするアクションでの操作や、マイクとスピーカーを備える端末での音声での通話や時間の読み上げが可能になる。(2015/11/16)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第42回 ウェアラブル
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第42回はウェアラブル機器について解説する。(2015/10/21)

通話もできる:
Android Wear初のLTEサポート端末「LG Watch Urbane 2nd Edition」
LG Electronicsが、Android Wear端末としては初のLTEサポートスマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」を発表した。4月に発表した「Urbane」の後継モデルで、LTEサポートの他、ディスプレイが大きくなり、解像度も高くなった。(2015/10/1)

Samsung、丸顔Tizenスマートウォッチ「Gear S2」発表
Samsungが、Tizen搭載スマートウォッチ「Gear S」の後継モデル「Gear S2」を発表した。直径1.2インチのラウンドフェイスで、上位モデル「Gear S2 classic」は革ベルト仕様だ。3G SIM搭載で通話可能なモデルもある。(2015/9/1)

約15万円の23KゴールドAndroid Wear端末「LG Watch Urbane Luxe」、10月に限定発売
LG Electronicsが4月に発表した“洗練さ”が売りのAndroid Wear「LG Watch Urbane」の限定高級モデル「Luxe」を発表した。約1万ドルの「Apple Watch Edition」より金の純度が高い23K金のボディでベルトはワニ革。価格は1200ドル(約15万円)だ。(2015/9/1)

Google、iPhoneと「Android Wear」端末の連係を可能にするiOSアプリを公開
Googleが「Android Wear for iOS」をAppleのApp Storeで公開した。同日発売のLG製など、新しいAndroid Wear端末をiPhoneと連係できる。高価な「Apple Watch」に手が届かないiPhoneユーザーにとって、ウェアラブル端末の選択肢が広がる。(2015/9/1)

Android Wearのアップデートで「LG G Watch R」がWi-Fiに対応
Bluetoothなしでもネット接続が可能に。(2015/8/28)

“ゼロハリ”竹村教授のつれづれスマートウォッチ(後編):
Apple Watchアプリは「読ませたら負け」
膨大なデジタルガジェットを衝動買いしてきたゼロハリ教授は、Apple Watchをはじめとする現代のスマートウォッチには余計な目的と期待が多すぎるという。(2015/7/10)

“ウェアラブル”の今:
第31回 進化したAndroid Wearが見せる多様性と成熟
常にApple Watchと比較されるAndroid Wear。そんなAndroid Wearだが、先行する腕時計型デバイスとして、多くのユーザーが感じている課題をフィードバックを得ており、それを解決する仕組みを組み込み始めている。(2015/6/1)

Apple Watchで感じた心地よさと物足りなさ――待たれる“キラーアプリ”の登場
「スマートウォッチは物足りない」と感じていた筆者がApple Watchを使ってみた。購入したのは「Apple Watch Sport」だ。なぜこのモデルを選んだのか? そして改めてApple Watchを使ってみて感じたことは?(2015/5/18)

Samsung、次期「Gear」スマートウォッチはラウンドフェイスに?
Tizenベースの腕時計型端末「Gear S」の次世代モデル立ち上げに先駆け、Samsungが開発者向けに開設したWebページには、円形のアプリの画像が並んでいる。(2015/4/24)

Mobile World Congress 2015:
30秒で見る!! Android Wear搭載の腕時計型端末「LG Watch Urbane」
LGの「LG Watch Urbane」は、ラウンドフェイスのAndroid Wear端末だ。洗練されたステンレスボディを30秒で見ていこう。(2015/4/14)

iPhoneと「Android Wear」の連係をGoogleが準備中?──The Verge報道
Googleが「Android Wear」搭載スマートウォッチをiPhoneで使えるようにするプロジェクトを進めており、最終段階に入っているとThe Vergeが報じた。(2015/4/10)

「Apple Watch」の登場で変わる?――スマートウォッチが普及しない理由
各メーカーが続々と市場に投入するスマートウォッチ。その一歩で日本ではあまり見かけないのも確かだ。注目のApple Watchの発売を控えてはいるが、今後日本で普及する鍵はどこにあるのだろうか。(2015/3/30)

“すずまり”流ウェアラブル動画解説:
今後発売されるかも!? 開発中のウェアラブル端末を1分動画で総チェック
日々さまざまなウェアラブル端末が開発されているが、現在開発中の端末はどのようなものがあるのだろうか。数多くのウェアラブル端末を使用してきたすずまり氏が解説する。(2015/3/24)

Mobile World Congress 2015:
MWC 2015で見つけたウェアラブル端末を総チェック!
「MWC 2015」の会場には今年もさまざまな最新ウェアラブル端末が集まった。日本上陸が期待されているあのモデルはもちろん、ちょっと変わった世界のスマートウォッチ&活動量計をチェックした。(2015/3/6)

Mobile World Congress 2015:
LGの切り札はVoLTE対応のスマートウォッチ――シニア向けの折りたたみAndroidスマホも
LG ElectronicsがLTE対応のWeb OS搭載スマートウォッチやミッドレンジスマホなどを「MWC 2015」で展示している。日本で話題のAndroid搭載ケータイもすでに韓国で発売されていた。(2015/3/5)

LG、円形メタリックの“都会的な”Android Wear「LG Watch Urbane」
LG Electronicsが、ラウンドフェイスのAndroid Wear端末の第2弾、「Watch Urbane」を発表した。「Watch R」とスペックはほぼ同じだが、薄いステンレスボディでよりurbane(洗練された)なデザインになっている。(2015/2/16)

“ウェアラブル”の今:
第16回 「Apple Watch待ち」のウェアラブル市場
今、Apple関連の情報を発信しているメディアで最も熱い注目を集めているのは、間違いなく「Apple Watch」だ。これほどまでに注目されるのはなぜなのか、考えてみる。(2015/2/15)

Apple Watch待ちのスマートウォッチ市場──Android Wearの2014年出荷台数は72万台
調査会社Canalysによると、2014年1年間に出荷されたAndroid Wear端末はわずか72万台で、7月に中国で発売されたXiaomiの「Mi Band」の100万台に届かなかった。4月の「Apple Watch」発売でスマートウォッチ市場は激変するとCanalysは予測する。(2015/2/12)

ウェアラブル:
「機能」から「ファッション」へ、2015 CESに見る最新ウェアラブル事情
未来的な印象と裏腹に一般向けの本格普及は始まっていないともいわれるウェアラブル機器。世界最大規模のコンシューマ向け展示会「International CES」の会場から、「ウェアラブルのいま」をお伝えする。(2015/1/21)

ITmediaスタッフが選ぶ、2014年の“注目端末&トピック”(ライター房野編):
スマホへの興味がなくなった!? と不安になった1年間
2014年はスマートフォンや周辺機器を購入しない年だった。経済的な影響も大きいのだが、「これは絶対に買いたい!」と思う端末があまりなかったことが理由だ。そんな自分が快適に使った端末は……。(2014/12/27)

ITmediaスタッフが選ぶ、2014年の“注目端末&トピック”(ライター山根編):
スマートフォンの大画面化が目立った2014年――ウェアラブルの“左腕争奪戦”も
2年ぶりにフルモデルチェンジしたiPhoneを筆頭に、今年のスマートフォンはディスプレイの大型化が目立った。またGoogleの本格参入が始まったスマートウォッチは新製品が相次ぎ、市場がようやく盛り上がりを見せ始めている。(2014/12/25)

話題のAndroid Wearデバイスをレビュー! 使って分かった意外な弱点
続々と登場するAndroid Wear搭載のウェアラブル端末だが、その使い勝手はどうなのか。主要な4デバイスをピックアップし、実際に使ってみて感じたことを紹介したい。(2014/12/25)

SIM通:
デザイン良のスマートウォッチ、ASUS ZenWatchレビュー
ZenFone 5で格安スマホ界隈を賑わせているASUSのスマートウォッチ「ASUS ZenWatch」。その使い勝手を検証しました。(2014/12/10)

KDDI、フル円形P-OLEDディスプレイ搭載のAndroidウェアラブル端末「LG G Watch R」を12月5日に発売
KDDIは、フル円型のプラスチック有機ELディスプレイや心拍検出センサーを搭載したAndroidウェアラブル端末「LG G Watch R」を12月5日に発売した。(2014/12/5)

“ウェアラブル”の今:
第5回 見えてきた「Apple Watch」でできること
Apple Watch向けのアプリケーションを開発するための「WatchKit」が公開され、Apple Watchでどんな機能が利用できるのか、具体的にどんな動きをするのかが少しずつ分かってきた。(2014/11/23)

“ウェアラブル”の今:
第4回 Android Wear搭載スマートウォッチ、最大の武器とは
腕時計型デバイスの分野で先行しているのは「Android Wear」を搭載した製品だ。Android Wear搭載デバイスには、どんな優位性があるのか。実際に使用した経験から考える。(2014/11/19)

数字で見るウェアラブル:
買うならどれ? 価格別に見るAndroid Wear端末まとめ
続々と新モデルが登場するAndroid Wear端末。各端末の価格やスペックを一覧表でまとめ、それぞれの違いを比べてみた。(2014/11/18)

合言葉は「OK Google」:
腕時計に話しかけろ――Android Wearが思いがけず楽しいぞ
腕時計型端末に向かって話しかける――特撮モノのヒーローのようなあのアクションは、スマートウォッチ「Android Wear」があれば実現可能。先日Googleのイベントで、筆者も初めて体験してみた。腕時計に話しかけるのは、期待以上に楽しいし、予想以上にいろいろなことができてびっくりする。(2014/11/14)

Mobile Weekly Top10:
今回のアクセストップは「Moto 360」開封の儀
円形ディスプレイを採用したAndroid Wear搭載スマートウォッチ「Moto 360」。先週は、その開封リポートが1番読まれました。(2014/11/10)

これぞ本命! モトローラ製Android Wear搭載スマートウォッチ「Moto 360」開封リポート
日本では未発売ですが、モトローラ製のAndroid Wear搭載スマートウォッチ「Moto 360」を米国で入手しました。少し時間がたってしまいましたが、開封リポートをお届けしましょう。使い勝手もチェックしました。(2014/11/4)

円形の有機ELディスプレイ搭載スマートウォッチ「LG G Watch R」、KDDIから国内発売
LG製のAndroid Wear搭載スマートウォッチ「LG G Watch R」が「au+1 collection」から発売される。(2014/10/27)

「LG G Watch R」、12月初旬にau +1 collectionで発売
LGエレクトロニクス・ジャパンは、フル円形P-OLEDディスプレイを搭載した腕時計型のウェアラブル端末「LG G Watch R」を12月初旬に発売。取り扱いは「au+1 collection」。【19:27更新】(2014/10/27)

円形の有機ELを採用した「LG G Watch R」、11月初旬から海外で順次発売
1.3型の円形有機ELディスプレイを搭載した「LG G Watch R」が、11月初旬から順次発売される。一部地域ではGoogle Playからも購入できる。(2014/10/24)

Mobile Weekly Top10:
“Android派”の皆さんはIFA 2014特集ページで新製品のおさらいを
「Xperia Z3」シリーズなど注目のAndroidスマホ・タブレットが発表されたIFA 2014。iPhone 6とApple Watchが発表されましたが、“Android派”の方は特集ページでおさらいしましょう。(2014/9/11)

IFA 2014:
話題の「G Watch R」が人気のLGブース もう1つのウェアラブルデバイスも発見!?
「IFA 2014」のLG Electronicsブースでは、Android Wear搭載の腕時計型デバイス「LG G Watch R」を始め、LGスマホ「LG G3」の派生モデルなどが展示されていた。(2014/9/8)

スマホ活用の新しいカタチ 「Android Wear」搭載スマートウォッチ6選
Androidスマートフォンと連携し、必要な情報を腕で確認できるスマートウォッチが注目を集めています。現在発表されている、Android Wearに対応したスマートウォッチをご紹介します。(2014/9/8)

Android Wear、年内のアップデートでオフライン音楽再生やGPS対応
Googleが、Android Wearのアップデートを年内に2回は実施し、端末内の音楽再生機能、GPSのサポート、Google Playでのカスタマイズ用ウォッチフェイスの提供を追加すると発表した。(2014/9/8)

Motorola、ラウンドフェイスAndroid Wear「Moto 360」や無線ヘッドセット「Moto Hint」を発表
待望のMoto 360の価格は革バンド製が249.99ドル、ステンレスは299.99ドル。Android端末向け無線ヘッドセットはイヤインタイプで目立たず、音声でスマートフォンに命令を入力し、回答を聞くことができる。(2014/9/5)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(54):
ウェアラブル端末用Android Wearアプリ開発の基礎知識
続々と対応腕時計端末が発表されるAndroid Wear。アプリ開発の始め方や開発環境、動作確認の仕方、注意点をまとめて解説します。(2014/9/5)

Googleの「Android Wear」戦略:
スマートウオッチは“歩きスマホ”を減らす?
Googleの「Android Wear」を搭載したスマートウオッチの発売が続いている。腕時計で時間を確認する感覚でメッセージを確認できるスマートウオッチは、増加する“歩きスマホ”による事故の件数を減らすことにつながるのだろうか。(2014/9/4)

ASUS、Android Wear端末「ZenWatch」を9月3日に発表へ
ASUSがAndroid Wear搭載スマートウォッチ「ZenWatch」を9月3日に独ベルリンで発表すると、ティーザー動画で明らかにした。(2014/9/2)

LGが「IFA 2014」でAndroid Wear搭載のウェアラブル端末「LG G Watch R」をお披露目
韓国LG Electronicsは、9月に開催される「IFA 2014」でAndroid Wear端末「LG G Watch R」を公開する。(2014/8/28)

LG Electronicsも円形Android Wearを9月のIFAで発表へ
角型のAndroid Wear端末「G Watch」を販売するLG Electconicsが9月5日から開催のIFAで発表するラウンドフェイスの新モデルのティーザー動画を公開した。前日にはMotorolaの円形端末「Moto 360」が発表される見込みだ。(動画あり)(2014/8/25)

動画で360度チェック:
腕時計だけど時計じゃない「Gear Live」を買って開けてみた
Android Wear搭載デバイスの「Samsung Gear Live」。そのパッケージや開封の模様を動画で見ていこう。(2014/8/14)

想像以上に便利だった:
LG G Watchレビュー(後編)――通知、Google Now、OK Google、Android Wearアプリを試す
Android Wearを搭載した腕時計型デバイス「LG G Watch」のレビュー後編では、ノーティフィケーション(通知)、Google Now、Android Wearアプリなどを使い込んでみた感想を述べていきたいと思います。果たして、腕時計型デバイスとして利用する価値はあるのでしょうか。(2014/7/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。