ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「腕時計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
あのCEOは今/MIPS ISAのオープン化とその前途/IIoTは難しい……GEの苦悩
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウォッチする連載。相次ぐCEOの辞任が目立った2018年だが彼らのその後はどうなったのか? またWave Computingが発表した「MIPS Open Initiative」の今後も気になるところだ。そして、“身売り”がうわさされていたGEによるGE Digitalの分社化とServiceMaxの売却――。2018年を締めくくるこれら3つのトピックを順に紹介しよう。(2019/1/21)

PR:もっと小さく、もっと便利に カシオが新型スマートウォッチ「WSD-F30」で目指したこと
カシオ計算機のスマートウォッチ“PRO TREK Smart”「WSD-F30」が発売される。先代に比べて小型軽量化を果たし、有機ELディスプレイの採用など機能性も向上した注目機だ。(2019/1/21)

Google、Fossilのスマートウォッチ関連知財と人材を4000万ドルで買収
Googleが、2015年からWear OS搭載スマートウォッチを製造販売しているファッションブランドのFossil Groupのスマートウォッチ関連IPと人材を4000万ドルで買収する。(2019/1/18)

CES 2019:
腕時計型のウェアラブル血圧計、ついに製品化 オムロンヘルスケアが北米で発売
オムロンヘルスケアは、腕時計の形をしたウェアラブル血圧計「HeartGuide」(ハートガイド)を米国で発売した。価格は499ドル。(2019/1/11)

OSS脆弱性ウォッチ(11):
2019年も脆弱性の全公開情報を調べるには2〜3人月かかる――CVE/CWE視点で見る2018年の脆弱性のトレンド
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説する。今回は、2018年の脆弱性のトレンドを、CVE、CWEなどの視点から見てみます。(2019/1/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core iと1TB SSD、16GBメモリが品薄な年始のアキバ
年末年始を大賑わいをへたアキバ自作街を歩いて最新の様子をウォッチ。2018年から続くCore iシリーズの枯渇以外にも、マイニングマザーが保守パーツとして再注目されるなど、さまざまな動きがあった。(2019/1/7)

カシオ、医療カメラ参入 皮膚科向け、撤退のデジカメ技術活用
カシオ計算機が春に医療用カメラ事業に参入する。厚生労働省が昨年12月末に、腕時計などの生産拠点である山形カシオでの製造を認可した。同年に撤退したコンパクトデジタルカメラの技術資産を活用する。(2019/1/7)

Gartner Insights Pickup(90):
ウォッチすべきデータとアナリティクスのトレンドと課題
データとアナリティクスの現状はどうなっているのか。どうすれば成功への障壁を克服できるのか。Gartnerのアナリストでシニア ディレクターのジョーゲン・ハイゼンバーグ氏が解説する。(2018/12/28)

福田昭のデバイス通信(174) Intelの「始まり」を振り返る(7):
Intelの創業5年目(後編)、腕時計メーカーになったIntel
Intelの創業5年目となる1972年。この年で特筆すべきは、Intelが電子式腕時計の開発ベンチャーであるMicromaを買収し、子会社としたことだろう。(2018/12/26)

「インスタ映え」にも対応:
「腕時計は要らない」派の記者がセイコーの新型体験店に行ってみた
セイコーウオッチが12月20日、体験型の店舗「セイコードリームスクエア」をオープンした。同店には腕時計に関するさまざまな展示や体験設備が充実している。ふらっと立ち寄れるようにすることで新規ユーザー獲得を目指す。(2018/12/20)

体当たりッ!スマート家電事始め:
カシオの新型スマートウォッチ「WSD-F30」をスキー場で体験してきた
カシオのスマートウォッチ“PRO TREK Smart”「WSD-F30」を発売前にスキー場で試す機会があった。スキー&スノーボードアプリ「Ski Tracks」を使いながら実際に滑ってみよう。(2018/12/19)

OSS脆弱性ウォッチ(10):
IoT用途で増加?――LibSSHを「サーバとして」用いた場合にのみ発生する脆弱性
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説する。今回は、LibSSHを「サーバとして」用いた場合にのみ発生する脆弱性について。(2018/12/7)

バラして見ずにはいられない:
「Apple Watch Series 4」を分解して分かった、「3」との違い
「Apple Watch Series 4 GPS + Cellular」、画面サイズ44mmの分解レポートをお届けする。ウォッチはAppleの実験場といわれているが、今回も見どころ満載。特に大きく変わったのが心拍センサーだ。(2018/11/30)

PR:運動・健康をいつでもどこでもサポート! お手頃スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」の実力をチェック
Huaweiが新しいスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」を発表しました。ビジネスでもプライベートでも使えるデザインとバッテリー持ちの良さが特徴であるこの製品を、ウェアラブルデバイスに詳しい女性ライター「すずまり」さんに試してもらいました。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/11/30)

矢野渉の「金属魂」特別編:
PR:金属をまとった「G-SHOCK」――懐古と先進と
35年の歳月を経て登場した初代「G-SHOCK」の金属バージョン「GMW-B5000」。そして最新技術で新しい耐衝撃構造を実現したクロノグラフ「MTG-B1000D」。趣きの異なる2つの腕時計をカメラマンの目線で探ると新しい魅力が見えてきた。(2018/11/29)

胸に時計を装着:
G-SHOCKとトランスフォーマーがコラボ 腕時計と「オプティマス」が変形合体
G-SHOCK・トランスフォーマーがコラボ。「オプティマスプライム」のフィギュアと合体できる腕時計を12月8日に発売する。希望小売価格はセットで税別2万9000円。(2018/11/16)

ディズニー×CITIZENのコラボウォッチ登場 エレガントな「シンデレラ」にかわいい「ミッキー」「ミニー」
ストーリーを感じるデザインがかわいい!(2018/11/8)

ガーミン、MILスペック準拠のタフネスGPSアウトドアウォッチ「INSTINCT」11月15日に発売
ガーミンジャパンがGPSアウトドアウォッチを発売する。米国防総省が定める物資調達規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐水・耐熱・耐衝撃性能を備え、スマートウォッチとしての機能も充実している。3色展開で、価格は3万2800円(税別)だ。(2018/11/1)

トリー バーチのWear OS搭載スマートウォッチ新製品が登場 タッチパネル対応
アメリカンライフスタイルブランド「トリー バーチ」は、Wear OS by Googleを搭載したタッチスクリーンスマートウォッチ「TORYTRACK GIGI TOUCHSCREEN SMARTWATCH」を発売。タッチスクリーンに対応し、各種機能の利用をはじめデザインのカスタマイズも可能となっている。(2018/10/26)

バンナムとアステラス製薬、「継続的な運動」支援するスマホアプリ共同開発 腕時計型端末「Moff Band」活用
アステラス製薬とバンダイナムコエンターエンターテインメントは、継続的な運動を支援するスマートフォンアプリに関する共同開発契約を結んだ。(2018/10/23)

裏ぶたからGT-Rメダリオンがちらり グランドセイコー「NISSAN GT-R50 by Italdesign」コラボ腕時計を発表、価格は2000万円
完全受注生産でカスタムメイド。(2018/10/16)

モンブラン、Snapdragon Wear 3100搭載スマートウォッチ「SUMMIT 2」発表
モンブランは、スマートウォッチ新作「SUMMIT 2」を発売する。ウェアラブルプラットフォーム「Snapdragon Wear 3100」を搭載し、初代モデルのクラシックなデザインを保ちつつ42mmモデルへダウンサイズ。さまざまな革新的な機能や、1週間利用できるバッテリーを搭載している。(2018/10/15)

Garmin、タフネスGPSウォッチ「Instinct」を300ドルで発売
GPSサービスのGarminが、耐久性重視のタフネススマートウォッチ「Instinct」を発売した。米国防総省MIL規格準拠の耐熱性、耐衝撃性、耐水性を備え、価格は299.99ドル(約3万3600円)だ。(2018/10/15)

OSS脆弱性ウォッチ(9):
脆弱性とは呼べない?――OpenSSHでリモートからユーザー名を列挙できる脆弱性
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説する。今回は、OpenSSHでリモートからユーザー名を列挙できる脆弱性について。(2018/10/5)

猫がチョウチョをパクッ チョウチョつかまえたい猫をかわいいイラストで描いた腕時計
アンケートの声を取り入れ大人かわいいデザインに。(2018/10/1)

ウェアラブルニュース:
健康管理アプリの検証効率化へ、心電図など測れる開発用ウェアラブル端末
Maxim Integrated Products(マキシム)は2018年9月26日、ヘルスケア向け腕時計型ウェアラブル端末の開発プラットフォーム「Health Sensor Platform 2.0(HSP2.0)」を発表した。心電図や心拍数、体温を計測するマキシムのセンサーを、ウェアラブル端末の腕時計部分に収めた。(2018/9/26)

Googleさん:
「Pixel 3」と同時にスマートウォッチも発表? Made by Googleイベントに期待
Androidユーザーとしては、快適そうな「Apple Watch Series 4」がちょっとうらやましい。でも、Androidユーザーにも、もうすぐ自慢できるスマートウォッチがやってきます。Qualcommが「Wear OS」に最適化した新プロセッサ「Snapdragon Wear 3100」搭載の新端末が、モンブランやルイ・ヴィトン、Fossilからもうすぐ発売の予定です。(2018/9/24)

「Apple Watch Series 4」 時計業界を席巻したスマートウォッチの最大の進化
林信行氏による「Apple Watch Series 4」の詳細レビュー。今や世界一の時計メーカーでもあるAppleは、第4世代のApple Watchでさらなる飛躍を遂げる。(2018/9/19)

ソニーの電子ペーパー腕時計に低価格モデル 「FES Watch UL」3万7000円で発売
ソニーが文字盤とベルトに電子ペーパーを使った腕時計「FES Watch」のエントリーモデルを発売する。FES Watch Uと同様の機能を備える。3万7000円(税別)。(2018/9/19)

人気はうなぎ上り:
ビジネスにも「大坂なおみ旋風」 ラケット、腕時計……関連商戦が過熱
テニスの全米オープンで日本勢初の四大大会シングルス優勝を飾った大坂なおみ選手に経済界も熱視線を送っている。天真爛漫(てんしんらんまん)な人柄もあり、人気はうなぎ上りで、関連商品の商戦は既に過熱気味。大坂選手を企業ブランドの広告塔「ブランドアンバサダー」に起用し、自社の取り組みをアピールする動きも出ており、ビジネスでも「大坂旋風」が続きそうだ。(2018/9/19)

かわいい顔したスグレモノ ドラえもんの腕時計「ドラッチ」 SEAとMOONの2種類が登場
それぞれ2112個の限定販売です。(2018/9/18)

バイク乗りのあるあるを解消 リューズが逆位置にあるライダー向け腕時計「MOTO-R」CFで先行販売スタート
こういうの欲しかった!(2018/9/17)

見ててください! 俺の!「変身!腕時計」 「仮面ライダークウガ」のベルト「アークル」が腕時計に
シリーズ第2弾はファイズ、第3弾は響鬼を予定。(2018/9/6)

アナログ時計とタッチ液晶を組み合わせたスマートウォッチ「ZeTime」実機レビュー スイス生まれの実力は?
アナログ針とディスプレイが同居するユニークなスマートウォッチが登場。その実力を試した。(2018/8/31)

IFA 2018:
カシオ「プロトレック スマート」が“小顔”になった理由
「IFA2018」でカシオ計算機がWear OSを採用したアウトドア向けスマートウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F30」を発表。コンパクト化と進化のポイントを開発者に聞いた。(2018/8/30)

最大3日間使えるカシオのスマートウォッチ「WSD-F30」、2019年1月に発売
カシオ計算機は、最大3日間のカラー地図とGPS利用を可能にする「エクステンドモード」を搭載したアウトドア向けスマートウォッチ「WSD-F30」を2019年1月に発売。カラー画面には有機ELを採用し、従来モデルからさらに軽量化したスマートなデザインに仕上がっている。(2018/8/30)

トリー バーチのハイブリッドスマートウォッチ「TORYTRACK」8月18日に発売
アメリカンライフスタイルブランド「トリー バーチ」が、8月18日にハイブリッドスマートウォッチ「TORYTRACK」を発売。モダンかつヴィンテージなデザインを取り入れ、スマートフォンとBluetooth接続することで音楽プレーヤーの操作や運動・睡眠のモニタリングなどを利用できる。(2018/8/17)

PR:これがF1レーシングチームが求めた腕時計 カシオ“エディフィス”「ECB-800」の攻め方
「EDIFICE」(エディフィス)シリーズは、数あるカシオの腕時計の中でも、とりわけ男性のハートをくすぐるメカニカルなデザインが特徴だ。8月に発売される新製品「ECB-800」の詳細について、3人のキーパーソンに話を聞いた。(2018/8/10)

カシオ、人気の腕時計生産を自動化 メード・イン・ジャパンと海外並みの低コスト両立
デジタル腕時計の国内生産の一部に自動組み立てラインを導入すると発表した。(2018/8/10)

Samsung、新スマートウォッチ「Galaxy Watch」は2サイズで330ドルから
Samsungが新スマートウォッチ「Galaxy Watch」を発表した。「Gear」ブランドではなくなったがTizen OSベースであることに変わりはない。46mmと42mmの2サイズでLTEモデルも発売予定だ。(2018/8/10)

カシオ計算機:
山形カシオで“チープカシオ”の自動組み立てラインが稼働、生産効率が約3倍に
カシオ計算機は、国内生産拠点である山形カシオにおいて、普及価格帯のデジタル腕時計を自動で組み立てる生産ラインが2018年8月下旬から稼働開始すると発表した。(2018/8/10)

OSS脆弱性ウォッチ(8):
2018年上半期に話題になったSpectreとその変異、Linuxカーネルでの対応まとめ
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説していく。2018年の上半期は、「Meltdown」「Spectre」とその変異(Variant)の脆弱性に悩まされた。今回はいつもとは異なり、上半期のまとめも兼ねて、Meltdown/Spectreの各変異をバージョンを追いかけながら整理する。(2018/8/14)

Fossil、「Wear OS」スマートウォッチ第4世代発表 心拍計やGoogle Pay、防滴追加
米ライフスタイルブランドのFossilが、GoogleのウェアラブルOS搭載の新スマートウォッチ「Q Venture HR」と「Q Explorist HR」の第4世代を発表。心拍計やGoogle Pay、GPSなどが追加された。米国での販売価格は275ドル。(2018/8/8)

OSS脆弱性ウォッチ(7):
OSSのメールリーダーなどに使われる暗号化ソフト「GNU Privacy Guard」の脆弱性
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説していく。今回は、2018年6月9日に公開された「GNU Privacy Guard」の脆弱性(CVE-2018-12020)を取り上げる。(2018/8/7)

「Galaxy Gear S3 frontier」に「Golf edition」登場 8月2日発売
サムスン電子ジャパンは、8月2日にスマートウォッチ「Galaxy Gear S3」にゴルフ用の距離計測アプリ「Golf with SMART CADDIE」を搭載した「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」を発売。全世界6万カ所以上のゴルフコースに対応する。(2018/7/26)

Facebook、みんなで一緒に動画を見る「ウォッチパーティ」を全グループで利用可能に
Facebookがグループの仲間と一緒にライブ動画や録画動画を見ながら話し合う「ウォッチパーティ」機能を追加した。今後、Facebookページや個人ユーザーも利用できるようにしていく計画だ。(2018/7/26)

Fitbitのスマートウォッチ「Versa」向けにファッションブランド「PH5」のニット製ベルト6種類
Fitbitが、スマートウォッチ「Versa」向けの新しいベルトを発表した。ファッションブランド「PH5」とのコラボで誕生した6種類のベルトはいずれもニット製だ。価格は39.95ドル。(2018/7/24)

Garmin、シリーズ初の音楽機能を搭載したGPSウォッチ「vivoactive 3Music」7月26日発売
Garminは、7月26日にGPSウォッチ「vivoactive 3Music」を発売する。シリーズ初の音楽機能を搭載し、デバイス前面をカバーする特殊強化レンズを採用。非接触型決済「Garmin Pay」やマルチスポーツ機能、タッチスクリーン機能なども利用できる。(2018/7/12)

記念すべき第1号「ポルシェ356」をモチーフに ポルシェ70周年記念のデザイン腕時計が限定発売
限定1948本のみ。(2018/7/10)

妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」登場 全国の妖怪を収集
ガンホーとレベルファイブは、6月27日に妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」を配信開始した。「Google Maps Platform」を採用し、従来の位置情報ゲームよりも立体的かつリアルなマップで楽しめる。(2018/6/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。