ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

スマートウォッチ に関する記事 スマートウォッチ に関する質問

「スマートウォッチ」最新記事一覧

間もなく発表…:
「iPhone 6」はどう変わる?
2014年9月に正式に発表されるとみられている「iPhone 6」。これまでの機種に比べてどのように変わるのか。ディスプレイから充電方法まで、複数の情報がある。(2014/8/27)

エネルギー技術 太陽電池:
布状の色素増感型太陽電池を開発――韓国電気研究院
韓国電気研究院(The Korea Electrotechnology Research Institute)は2014年8月、「布状の色素増感型太陽電池」を開発したと発表した。(2014/8/27)

週末アップルPickUp!:
WWDCで発表された「Health」ってどうなった?
そういえば。(2014/8/22)

Apple、幹部紹介ページに女性2人を含む副社長5人を追加(ダイバーシティのアピールか)
これまで女性が1人だけだったAppleの幹部紹介ページにティム・クックCEO直属の副社長5人が加わったことで、女性が3人になった。(2014/8/18)

Google Glass着用で起訴されるケースも
弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク
ウェアラブルテクノロジーは新たなプライバシー問題を引き起こすと、業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのようなことが起こり得るのか?(2014/8/18)

円形Android Wear「Moto 360」の発表は9月4日
3月の「Android Wear」発表当時、唯一のラウンドフェイス端末として注目を集めたMotorola Mobilityの「Moto 360」が9月にようやく発売されるようだ。(2014/8/15)

Android Wear搭載スマートウオッチを検証
徹底レビュー:「Samsung Gear Live」の毎日着けたくなる使用感と痛過ぎる欠点
韓国Samsung ElectronicsのAndroid Wear搭載スマートウオッチ「Samsung Gear Live」は、ウェアラブルデバイスの可能性を示すことができるだろうか。Gear Liveは優れた製品だが、大きな欠点もある。果たしてそれは何だろうか。(2014/8/15)

ウェアラブル+ビッグデータ:
Intelとマイケル・J・フォックス財団、パーキンソン病研究で協力
Intelがパーキンソン病研究のマイケル・J・フォックス財団と協力し、数千人の患者が装着するウェアラブル端末で症状データを収集し、クラウド上で解析するビッグデータ解析プラットフォームを研究者に提供する。(2014/8/14)

EE Times Japan Weekly Top10:
復調の兆し見せるルネサス
EE Times Japanで先週(2014年8月2〜8日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/8/12)

現場革新 次の一手:
ウェアラブル端末とモノのインターネットは「現場」の救世主となるか?【前編】
製造現場や保守現場、建築現場など、多くの業種においてさまざまな「現場」が存在しているが、その現場が今“悲鳴”を上げていることをご存じだろうか。その救世主として今急速に注目を浴び始めたのが、ウェアラブル端末とIoT(モノのインターネット)だ。本稿では、前編で「現場」の現状となぜウェアラブル端末に注目が集まるのかについて、後編でICTを活用した「現場」の将来像について解説する。(2014/8/11)

ものになるモノ、ならないモノ(56):
アイデアを世に問う試金石? クラウドファンディングの可能性
読者の中には、自分の中に秘めたアイデアをクラウドファンディングを利用して形にしてみたいと考えている人も少なからずいるだろう。日本のクラウドファンディング事情を複数の事業者に尋ねてみた。(2014/8/7)

Pebble、ピンク、緑、青の蛍光カラーモデルを個数限定発売
昨年7月に一般発売された150ドルのスマートウォッチ「Pebble」に、蛍光色の緑、ピンク、青モデルが個数限定で登場。(2014/8/6)

次期iPhoneの発表イベントは9月9日──Re/code報道
4.7インチと5.5インチの2モデルあるとうわさされている次期iPhoneの発表イベントが9月9日に開催されるとRe/code他複数のメディアが報じた。(2014/8/6)

Computer Weekly:
弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク
ウェアラブルテクノロジーは新たなプライバシー問題を引き起こすと、業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのようなことが起こり得るのか?(2014/8/6)

Apple、BurberryとNikeのソーシャル立役者をマーケティング幹部に採用
Appleが、現リテール責任者のアーレンツ氏のBurberryのCEO時代に右腕として活躍し、Nikeではソーシャルメディアを駆使したキャンペーンを手掛けたムーサ・タリク氏をデジタルマーケティングディレクターに迎えた。(2014/8/5)

HP、ファッションデザイナーとのコラボスマートウォッチを今秋発売へ
ファッションデザイナーのマイケル・バスティアンがHewlett-Packardとのコラボで開発するスマートウォッチが、今秋に会員制オンラインショップのGilt.comから発売される。(2014/8/4)

とにかく電池が持たない……:
課題が多いスマートウオッチ、OSにAndroidやTizenは向かない?
米国で開催された「Wearable Tech Expo」ではスマートウオッチの課題が浮き彫りとなったようだ。最も重要な課題の1つが電池寿命である。基調講演では、「重いLinuxをベースにしたAndroidやTizenはスマートウオッチには向かない。Cortex-M3/M4と組み合わせたリアルタイムOSが必要だ」との指摘もあった。(2014/8/1)

リクルートポイントをためられる・使えるアプリ「Airウォレット」が「Gear 2」に対応
リクルートポイントをためられる・使えるアプリ「Airウォレット」が、サムスン電子のスマートウォッチ「Gear 2」に対応した。(2014/7/30)

車両デザイン:
マクラーレンが“究極の”サーキット専用車「P1 GTR」を開発、2014年8月に公開
McLaren Automotive(マクラーレン・オートモーティブ)は、プラグインハイブリッドスーパーカー「McLaren P1」をベースとする「究極の」(同社)サーキット専用車「McLaren P1 GTR」を開発していることを明らかにした。(2014/7/29)

想像以上に便利だった:
LG G Watchレビュー(後編)――通知、Google Now、OK Google、Android Wearアプリを試す
Android Wearを搭載した腕時計型デバイス「LG G Watch」のレビュー後編では、ノーティフィケーション(通知)、Google Now、Android Wearアプリなどを使い込んでみた感想を述べていきたいと思います。果たして、腕時計型デバイスとして利用する価値はあるのでしょうか。(2014/7/28)

「OK Google」と声で操作するスマートウオッチ
徹底レビュー:「Android Wear」に感じた “未来っぽさ”と厳し過ぎる現実
米Googleの「Android Wear」はウェアラブルデバイス革命の火付け役となるのだろうか。その先進性や将来性から大きな注目を集めているが、肝心の機能や使い勝手、利便性はどうだろうか。(2014/7/25)

Appleの「Yosemite」リリースは10月末、12インチの新ノートも発表か──9TO5Mac報道
Appleは、高精細ディスプレイに最適化した新デザインのOS「OS X Yosemite」の10月の発表に合わせ、12インチのRetinaノートとRetina搭載Macを発表すると9TO5Macが報じた。(2014/7/24)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「4K/8Kテレビ」と同じにおいがする? 「IoT」
消費者の存在、忘れてないよね……?(2014/7/24)

薄くてフレキシブルなバッテリー技術が電子書籍リーダー端末を強化?
印刷可能な軽量バッテリーの登場で製品デザインは大きく変わる?(2014/7/23)

Xiaomi、スマートスリストバンド「Mi Band」を約1300円で発売へ
中国の新興モバイルメーカーXiaomi(小米科技)が、Android端末と連係するフィットネスリストバンド「Mi Band」を発表した。8月に79元で発売する。同日発表したスマートフォン「Mi 4」と連係し、端末のロック解除にも使える。(2014/7/23)

R25スマホ情報局:
ウェアラブル端末、買うならいくら?
話題のウェアラブルは、果たしてどのくらいの価格であれば買いたくなるのだろう? 使い勝手の違う3製品についてアンケートを行った。(2014/7/22)

Androidスマートウォッチ「GALAXY Gear」のTizen OSへのアップデート、米国でスタート
Samsungが、Android搭載の「GALAXY Gear」のTizen OSへのアップデートを開始した。2代目に当たる「Gear 2」と同様にTizen向けアプリやヘルスケアツールが利用できるようになる。(2014/7/22)

空港スタッフにスマートウォッチを JALが羽田空港で実証実験
スマートフォンとスマートウォッチを使って空港スタッフの業務を効率化する実証実験をJALがスタートした。(2014/7/15)

JAL、羽田空港でスマートウォッチの業務利用を実験
野村総研と共同で、スピーディーな顧客対応や効率的なスタッフ配置におけるウェアラブルデバイスの活用を検証する。(2014/7/14)

山根康宏の中国携帯最新事情:
中国で始まった“Xiaomi包囲網”(後編)──古豪「Coolpad」「Meizu」の反撃
中国の新興メーカー「Xiaomi」が急激にシェアを伸ばしている。大手メーカーも対抗製品の投入を始めているが、Xiaomiの勢いを止めることはできるのだろうか?(2014/7/7)

Apple、高級時計ブランドTAG Heuerの幹部を引き抜き──LVMH幹部が語る
10月に“iWatch”を発売するとみられるAppleが、スイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーの販売担当幹部を引き抜いたと、親会社LVMHの時計部門統括者がCNBCのインタビューで語った。(2014/7/7)

スマートウオッチにAndroid Wearを採用:
TizenからAndroidに切り替えたSamsung、エコシステムの魅力に勝てなかった?
Samsung Electronics(サムスン電子)が発表した最新のスマートウオッチは、TizenではなくAndroid Wearを搭載する。SamsungにとってTizenは製品の差異化を図るための重要なOSではあるものの、巨大なエコシステムを持つAndroidはSamsungにとっても魅力だったのではないだろうか。(2014/7/4)

ふぉーんなハナシ:
使って分かったウェアラブルが“惜しい”理由
さまざまなウェアラブル端末が登場している昨今ですが、周囲を見渡してみるとそこまで普及しているとも思えません。実際に使ってみると、なかなか普及しない理由の一端が見えてきました。(2014/7/3)

「GoPro」の成功で考える:
開発メーカーに聞きたい、なぜ“ウェアラブル”なのか?
続々と市場に投入されるウェアラブル機器。大手電機メーカーも相次いでウェアラブル製品を発表している。しかし、ウェアラブル、つまり“身に着けられる”ことが「ユーザーにとって一番の利点」だと本当に考えて製品を開発しているメーカーは、どれだけあるのだろうか。(2014/7/3)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
目指せ“脱四角”、スマートウオッチ
市場が立ち上がりつつあるスマートウオッチ。でも、ちょっと……。(2014/7/2)

製品解剖:
Samsungの新スマートウオッチ「Gear 2」を分解
2013年に発売され、既にスマートウオッチ市場でトップのシェアを占めるSamsung Electronics(サムスン電子)の「Galaxy Gear」。2014年2月には、後継機種となる「Gear 2」が発表された。iFixitが分解しているので、その様子を見ていこう。(2014/7/2)

ネプコン ジャパンと同時開催:
日本をウェアラブル技術のメッカに――「第1回 ウェアラブル EXPO」説明会開催
リード エグジビション ジャパンは、近年急速に注目を集めているウェアラブル機器・端末に関する開発技術展示会「第1回 ウェアラブル EXPO(装着型デバイス 技術展)」の説明会を開催した。(2014/7/1)

EE Times Japan Weekly Top10:
Appleの参入でまとまる? 玉石混交のウェアラブル市場
EE Times Japanで先週(2014年6月21〜27日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/6/30)

“次の50億人”をつなげるために:
TVや自動車、ウェアラブル機器……裾野広がるAndroid
Googleの開発者向けカンファレンス「Google I/O 2014」では、「Android L」をはじめ、さまざまなアップデートが発表された。そこからは、Androidがスマートフォンだけではなく、TVやウェアラブル機器、自動車といった分野にまで確実に裾野を広げていることがうかがえる。(2014/6/30)

週末アップルPickUp!:
アップルとGoogle、空から見下ろした東京を比べてみた
「パチンコガンダム駅」、そんな時代もありました。(2014/6/29)

Google I/O 2014で見えた、Googleとライバル企業の勢力図
Google I/O 2014では、新しいAndroid OSのプレビュー版やウェアラブル端末などが発表された。今回の発表で、Apple、Microsoft、Mozillaといったライバル企業との勢力図に、どんな影響を及ぼすのだろうか。(2014/6/27)

Android OSの次期バージョンは「L」――新たな“マテリアルデザイン”を採用
Googleの開発者向けイベント「Google I/O 2014」で、KitKatに続く次期Android OSの見どころが紹介された。(2014/6/26)

Android Wear端末、LGとSamsungは本日予約開始、Motorolaは今夏
Android Wear搭載スマートウォッチ、「LG G Watch」と「Samsung Gear Live」の予約が本日開始する。Google I/Oでは、音声でのメモ入力やペアリングしたスマートフォンの音楽再生、Google Nowカード表示などのデモが行われた。(2014/6/26)

Google、サムスンに続き:
Appleもいよいよウェアラブルに参入? まずはスマートウオッチを発表か
Appleがウェアラブル機器市場に参入する気配が濃厚だ。早ければ秋にもスマートウオッチを発表するという見方もある。Appleは同市場では後発となるが、これまでの実績から市場を再定義するような製品を投入してくる可能性もある。(2014/6/24)

「人生に気付きを与える腕時計」――ヴェルトの“アナログ思想”な新型スマートウォッチ
ヴェルトがスマホと連動する新型スマートウォッチを発表した。必要最低限の情報を盛り込むことで、情報社会におけるライフスタイルをサポートするという。(2014/6/23)

IoTのその先へ:
Bluetooth 4.1が切り開く新しいIoTの世界――“あらゆるモノのインターネット”
2010年に発表されたBluetooth Smartは、モノのインターネット(IoT)の担い手となった。2013年12月に策定が完了したBluetooth 4.1は、IoTをさらに一歩進め、「1対1」だけでなく「1対多数」の接続を実現している。全てのモノが常時つながる“あらゆるモノのインターネット”時代が本格的に到来しようとしている今、Bluetooth 4.1がその根幹となる技術として注目を集めている。(2014/6/23)

やや乗り遅れた感はあるものの……?:
サムスンがスマートヘルスケアに本腰
ヘルスケア向けリストバンド「Simband」を発表したばかりのSamsung Electronics(サムスン電子)。AppleやGoogleもスマートヘルスケア分野に積極的に乗り出す中、Samsungもやはり同分野に狙いを定めているようだ。(2014/6/20)

ビジネスニュース 企業動向:
「誇らしく」「使いたくなる」製品を提供、エプソンのウェアラブル事業戦略
セイコーエプソン(以下、エプソン)は、ウェアラブル事業戦略について説明会を開催した。「センサー技術」や「マイクロディスプレイ技術」および「省エネルギ、小型化、高精度を実現する技術」をベースに、これらを融合したウェアラブル機器を開発していく。数年後には同事業で100億円の売り上げ規模を見込む。(2014/6/20)

Xperia A2購入者に、SmartWatch 2とスマートイメージングスタンドを特別価格で
「Xperia A2 SO-04F」購入者を対象としたSmartWatch 2「SW2」とスマートイメージングスタンド「IPT-DS10M」の特別価格キャンペーンが始まった(2014/6/19)

音声認識のNuance、Samsungに身売り交渉中との報道
AppleのSiriやトヨタやBMWの車載システム向けに音声認識技術を提供するNuance CommunicationsがSamsung Electronicsと企業売却で交渉中とWall Street Journalが伝えた。(2014/6/17)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。