ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

スマートウォッチ に関する記事 スマートウォッチ に関する質問

「スマートウォッチ」最新記事一覧

LG G Watchはスリープせず、色は黒と白の2色
LG Electronicsが6月までに発売する予定のAndroid Wear搭載端末「LG G Watch」のページを公開した。常時オン状態なので、「Ok, Google」と呼びかけるだけで音声でコマンドを入力できる。(2014/4/23)

ドコモ「GALAXY S III α SC-03E」「GALAXY Note II SC-02E」をアップデート――最新サービスに対応
NTTドコモが「GALAXY S III α SC-03E」「GALAXY Note II SC-02E」のアップデートを実施した。(2014/4/18)

2014年は“ウェアラブルガジェット”が本格化
スマートウオッチが命を守る 医療業界が注目する心拍数計測の可能性
心拍数の計測機能を搭載した腕時計やスマートフォンが普及している。運動中や睡眠時など常に心拍数を計測する行為が習慣化したことで、今後の医療を大きく変える可能性が生まれ始めている。(2014/4/18)

ウエアラブルとビッグデータ:
本命は何? リクルートが“未来レストラン“で示した「スマホの次」
ウエアラブルとビッグデータ。ここに次のビジネスチャンスが埋まっていると考える人は多いかもしれない。ただ、形はまだぼんやりしている。先日行われた“未来レストラン“の実証実験イベントより、リクルートが「スマホの次」をどう考えているか、キーマンに話を聞いた。(2014/4/15)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第34回 ウェアラブル端末の革新性、企業のマーケティングに及ぼす変化
次なるデジタルトレンドとして注目を集めるウェアラブル端末。そのポテンシャルと企業のマーケティングにもたらす変化について、「Wearable Tech Expo in Tokyo」を開催した博報堂DYメディアパートナーズのビジネスインキュベーションセンター ビジネスディベロップメントディレクターである上路健介氏に話を聞いた。(2014/4/15)

無線通信技術 Bluetooth World:
IoTではZigBeeよりもBluetooth? 注目技術が勢ぞろい
Bluetooth技術のカンファレンス「Bluetooth World」が米国で開催された。BluetoothとZigBeeはよく比較されるが、モノのインターネット(IoT)分野ではBluetoothの勢いの方が強いようだ。(2014/4/14)

ソニーモバイル、Xperia購入者向けのSmartWatch 2の特別価格キャンペーンを実施
ソニーモバイルコミュニケーションズが、Xperia端末購入者を対象とした「SmartWatch 2 SW2の特別価格キャンペーンを実施している。(2014/4/9)

ビジネスニュース オピニオン:
アップル対サムスン、特許係争再び
アップルとサムスン電子の2回目となる特許裁判が始まった。アップルは、サムスン電子のスマートフォンなど10機種が技術特許を侵害しているとして、20億米ドルの賠償を求めている。一部からは「Appleは単なる訴訟好きの企業」という批判の声も出ているようだ。(2014/4/3)

スマートデバイスをより便利にする!? 注目のウェアラブルデバイス5選
スマートデバイスの次のトレンドとして、「ウェアラブルデバイス」の注目が高まっている。入力デバイスや出力機器など、その形状や役割はさまざまで、ひとくくりにできないが、これから登場する“気になる製品”を紹介しよう。(2014/4/3)

こいつぁすごいぜ!:
イカすクルマニュース2013年度ランキング! 1位は仲村トオル絶賛の三輪バイク
MONOistオートモーティブフォーラムの編集担当が「こいつぁすごいぜ!」と独断で判断した自動車関連のニュース「イカすクルマニュース」のランキングトップ10。今年も発表しちゃいます!!(2014/4/1)

ビジネスニュース 業界動向:
波に乗るBluetooth Smart、IoT市場が後押し
ノキアの近距離通信技術から生まれたBluetoothは、携帯電話機に標準的に搭載されるようになったのはもちろん、モノのインターネット(IoT)機器でも採用が広がっている。(2014/4/1)

プロセッサ:
計測・処理・通信を1パッケージで――東芝がウェアラブル端末向けプロセッサを製品化
東芝は、ウェアラブル端末向けアプリケーションプロセッサ「TZ1001MBG」を製品化し、ApP Liteファミリに追加したことを発表した。(2014/3/31)

石野純也のMobile Eye(3月17日〜28日):
新キャリア「Y!mobile」の狙い/Android Wearの可能性/ドコモのパケット接続料値下げの影響
この2週間の中では、3月27日にヤフーがイー・アクセスを買収して新キャリア「Y!mobile」を発表したことが大きなトピックだった。Android WearやWearable Tech EXPOなどでウェアラブル端末も脚光を浴びた。ドコモがMVNOに対してパケット接続料値下げしたことにも触れたい。(2014/3/28)

ビジネスニュース 業界動向:
リチウムイオン電池市場、拡大の鍵はウェアラブル機器
現在、スマートフォンやタブレット端末によって支えられているリチウムイオン電池市場。今後はスマートフォンなどの成長は鈍化することが予測されるため、新たな用途を見つけることが課題となっている。その筆頭に挙がっているのが、ウェアラブル機器だ。(2014/3/27)

なぜかFirefox OSも使い放題:
ABC2014春でAndroid Wearっぽいものを見てOculus Riftで酔う
Androidコミュニティのブース会場では、開発者のイベントだけあって「もうそれ試しましたか!」という興味深い展示が並んでいた。うっぷ。(2014/3/25)

EE Times Japan Weekly Top10:
クルマとスマホがつながる未来
EE Times Japanで先週(2014年3月15日〜21日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/3/24)

LGエレクトロニクス、Android Wear搭載の「LG G Watch」を発表
LGがAndroid Wearを搭載したスマートウォッチ「LG G Watch」を発表。2014年第2四半期中の発売を計画しており、仕様などの詳細は今後公表される。(2014/3/20)

ビジネスニュース 企業動向:
LG、「Android Wear」搭載スマートウオッチを発表
Googleが発表したばかりのウェアラブル機器向けプラットフォーム「Android Wear」。LG Electronicsは、同プラットフォームを搭載したスマートウオッチ「LG G Watch」を発表した。市場への投入は2014年第2四半期になる見込みである。(2014/3/19)

ビジネスニュース 企業動向:
Appleよりも先に――Googleが新プラットフォームでスマートウオッチ開発へ
Googleが、ウェアラブル機器向けのAndroidプラットフォーム「Android Wear」を発表した。まずはスマートウオッチの開発をスタートさせる。ウェアラブル機器市場に意欲を見せてきたGoogleは、何とかAppleよりも先に同市場への参入を果たした。(2014/3/19)

Motorola、「Android Wear」搭載腕時計を今夏発売へ
Google傘下のMotorolaが、ウェアラブル向けAndroid「Android Wear」搭載の腕時計「Moto 360」を今夏世界で発売する。普通のデジタルウォッチのような円形の文字盤が特徴だ。(2014/3/19)

センシング技術:
ソニーのメガネ型端末やGoogle Glassが勢ぞろい、米のウェアラブル機器展示会リポート
ウェアラブル機器の開発者向け展示会「Wearables DevCon」が、米国で開催された。ソニーのメガネ型ウェアラブルコンピュータ「SmartEyeglass」をはじめ、「Google Glass」など話題のウェアラブル端末が勢ぞろいしたようだ。(2014/3/18)

週末アップルPickUp!:
iOS 8のスクリーンショットが流出?
HealthbookやTextEditのアイコンが並んでいます。(2014/3/14)

カシオ2014年春夏新作ウオッチ展示会:
先進センサー技術でさらに先へ──カシオ、2014年春夏新作ウオッチを公開
「デジタルはカシオ」──時計市場参入40周年を迎えるカシオ計算機が、2014年春夏ウオッチの最新モデルを公開。「高機能アナログもカシオ」をアピールした“攻め”のラインアップで展開する。(2014/3/14)

ジュネーブモーターショー2014リポート:
ジュネーブを席巻した「CarPlay」は自動車業界に何をもたらすのか
アップルの「CarPlay」が初披露された「ジュネーブモーターショー2014」は、自動車業界のみならず、世界中のIT関係者の注目をも集めるイベントとなった。本記事では、同ショーで、メルセデス・ベンツ、フェラーリ、ボルボが展示したCarPlay対応車載器を紹介するとともに、CarPlayが今後の自動車業界に何をもたらすのか考えてみたい。(2014/3/14)

センシング技術:
日本にデザインセンター設置へ、amsが国内車載/医療機器市場へセンサー拡販を強化
amsは、日本市場において車載電子機器や産業機器などに向けたセンサー製品での受注拡大を目指す。全売上高に占める日本の構成比率はまだ小さいが、当面は12〜15%まで高めていく方針だ。また、早ければ2014年中にも日本にデザインセンターを設置する計画も明らかにした。(2014/3/12)

製品開発インタビュー:
iPhoneとつながるスポーツウオッチ、カシオ「STB-1000」はこうして生まれた
iPhoneの通知を受け取ったり、フィットネス系アプリと連携したりできる、Bluetooth Low Energy対応スポーツウオッチ「STB-1000」。スマートフォンとの連携という点で、Bluetooth LE対応G-SHOCKとそっくりな兄弟のようにも思えるが、実はさまざまな違いがある。STB-1000とはどのような製品なのか、カシオ計算機に話を聞いた。(2014/3/12)

センシング技術:
家電を制御する指輪、宙に書いた文字も認識
新興企業のLogbarが、指輪タイプのウェアブル機器を発表した。ジェスチャ認識機能を備えたもので、Bluetooth Low Energyを介して家電などを制御する他、宙に書いた文字も認識できるという。(2014/3/10)

国内では初:
ウェアラブル・テクノロジーに特化した「Wearable Tech EXPO in TOKYO 2014」 が3月25日と26日に開催
3月25日と26日に、東京ミッドタウン内のミッドタウンホールにて「Wearable Tech EXPO in TOKYO 2014」 が開催される。最新のウェアラブルデバイスが多数展示される見込みだ。(2014/3/7)

入門クラウドファンディング:
今、大きな注目を集めるクラウドファンディング
そもそも「クラウドファンディング」とは何でしょうか。本連載では、国内外で大きな話題になった事例を皮切りに、その定義や歴史、現在の市場状況から基本的な実施方法までクラウドファンディングの基礎知識を紹介します。(2014/3/7)

曲面ディスプレーの付け心地は?
触って分かった、Samsungのスマートなリストバンド「Gear Fit」の“出来”
韓国Samsungが発表した新たなリストバンド型デバイス「Gear Fit」は、有機EL(OLED)の曲面ディスプレーが大きな特徴だ。出来の良い未来を感じさせるデバイスに仕上がっている。だが、不満点が全くないわけではない。(2014/3/6)

Mobile Weekly Top10:
2月に最も読まれた記事は? LINEにJK・JD、格安SIMとMWCが入り乱れる展開
2月は定番のLINE特集に加え、「Xperia Z2」や「GALAXY S5」が発表されたMWC 2014関連の記事、女子高生起業家や女子大生に聞いたスマホ事情、そして格安SIMに関する話題が人気だった。(2014/3/3)

石野純也のMobile Eye(2月17日〜28日):
Samsungとソニーの動き/新興国市場への取り組み/明暗分かれる第3のOS――MWC 2014を振り返る
2月17日から2月28日までの大きなトピックは、やはりMobile World Congress 2014だろう。フラッグシップ機を発表したSamsungとソニーモバイル、Microsoft、Nokia、Qualcommなどが取り組む新興国市場、そして“第3のOS”について、MWCで見えてきた動向をお伝えしたい。(2014/3/3)

リアルタイムでコーチングしてくれるフィットネス端末「Moov」
MoovはiPhoneとBluetoothで接続し、センサーで収集した生体データに基づいた音声アドバイスをリアルタイムで行う「バーチャルコーチ」。価格は120ドル(個数限定で59.95ドル)で、日本からも予約できる。(2014/2/28)

MWC 2014:
サムスンの新スマートウオッチ、OSはTizen
「Mobile World Congress」で新しいウェアラブル機器を発表したサムスン電子。同社はOSにAndroidではなくTizenを選んだ。これを「正しい選択」とみるアナリストもいる。(2014/2/28)

ウェアラブルは企業も変える?
期待が高まる「ウェアラブル端末の業務利用」、その用途は?
Google Glassに対する賛否もある中、ウェアラブル端末の開発競争が熱い注目を集めている。コンシューマー用途だけでなく、企業での活用についても検討すべきときがきている。(2014/2/28)

Mobile World Congress 2014:
注目の集まる新興国向け低価格スマホたち――ウェアラブル機器も多様化傾向
Mobile World Congress 2014開幕前日に、「ShowStoppers」「Mobile Focus Global」という展示会が開催された。両イベントで見つけた気になるコンシューマー向け製品を紹介したい。(2014/2/26)

Mobile World Congress 2014:
写真で見る「Gear Fit」
リストバンドタイプのデバイスが多数登場しているMWC 2014だが、曲面ディスプレイを採用したこれは、装着感からしてほかとは違うぞ。(2014/2/25)

Mobile World Congress 2014:
Samsung、曲面ディスプレイの活動量計リストバンド「Gear Fit」を発表
「Giear Fit」は横長曲面ディスプレイが特徴の非Androidスマートウォッチ。フィットネス機能にフォーカスしており、27グラムと軽量だ。(2014/2/25)

Mobile World Congress 2014:
Samsung、指紋認証の「GALAXY S5」と曲面スマートウォッチ「Gear Fit」を発表
Samsungの最新Androidフラッグシップ「GALAXY S5」は、モバイル決済にも利用できる指紋認証機能や心拍センサー、1600万画素のカメラなどを搭載する5.1インチ端末。曲面ディスプレイのフィットネス端末「Gear Fit」とも連係する。(2014/2/25)

Mobile World Congress 2014:
Huawei、“世界最軽量”をうたう7インチタブレット「MediaPad X1」発表 日本でも発売へ
LTE対応で通話もできる7インチで239グラムのAndroidタブレット「MediaPad X1」が3月に日本でも発売される。(2014/2/24)

Mobile World Congress 2014:
Huawei、通話もできるスマートウォッチ「TalkBand B1」を発表 日本でも発売へ
Huaweiのスマートウォッチ「TalkBand B1」には取り外せるBluetoothイヤパッドが付属しており、フリーハンドで通話が可能。AndroidだけでなくiOS端末とも同期できる。(2014/2/24)

Samsung、AndroidではなくTizen搭載のスマートウォッチ「Gear 2」発表
Samsungが昨年9月に発表した「GALAXY Gear」の後継スマートウォッチ「Gear 2」と「Gear 2Neo」を発表した。OSはAndroidではなくTizenで、バッテリー持続時間やカメラ位置などが改善され、単独でのメディアプレーヤー機能などを搭載する。(2014/2/23)

富士通、グローブ型端末を開発 ウエアラブル競争活発に
ポスト・スマートフォンをにらみ、国内メーカーが相次いでウエアラブル端末の開発に乗り出している。(2014/2/19)

Apple、生体センサー付きヘッドフォンの特許を取得
Appleが、イヤパッドなどに組み込んだセンサーでユーザーの体温、発汗、心拍数などの生体情報をモニタリングするヘッドフォン/イヤフォン向けシステムの特許を取得した。(2014/2/19)

Kickstarterに不正アクセス パスワード変更を呼び掛け
クレジットカード番号は盗まれていないが、電話番号や暗号化されたパスワードが流出しており、少なくとも2人のアカウントが不正使用された。(2014/2/17)

週間記事ランキング
「iPhone動画を大画面テレビで見たい」というワガママをかなえる方法
スマートフォンやタブレットで見ていた動画を大画面テレビで楽しむ10の方法を紹介。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/2/14)

iPhoneに最適化されたフィットネスウオッチ、カシオ「STB-1000」ができること
「STB-1000」は、フィットネスアプリと連携したり、iPhoneからさまざまな通知を受け取れたりするスポーツ向けスマートウオッチ。米国では3月から99ドルで発売される。(2014/2/12)

車載情報機器:
iPhoneが売れないインド、地場大手自動車メーカーはサムスンと提携
インドの地場大手自動車メーカーであるTata Motors(タタ・モーターズ)は、次世代の車載情報機器をSamsung Electronics(サムスン電子)と共同で開発する方針を明らかにした。(2014/2/12)

端末としての成熟が必要
期待外れ? スマートウオッチ「GALAXY Gear」が“不発”だったワケ
韓国Samsungのウェアラブルデバイス「GALAXY Gear」は大きな注目を集めた一方で、市場の反応は厳しい。利用条件や価格、機能面など、改善すべき点は多い。だが、スマートウオッチの可能性を判断するのは時期尚早だ。(2014/2/10)

スマートウォッチ「Pebble」に専用アプリストア登場
iPhoneおよびAndroid端末とBluetoothで接続してスマートウォッチ「Pebble」のアプリや文字盤が集まった専用アプリストアが開設された。(2014/2/4)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。