ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リテラシー」最新記事一覧

川口玲子の”気になるモノ、者”:
“PCを使えない”学生の鍛え方
スマホのフリック入力が“当たり前”の若者世代に、業務で必要なPCの操作を覚えてもらうには、どのように指導するのがよいのでしょうか?(2016/8/25)

セルフサービスBIの「光と闇」(後編):
機能ばかり見ていると、セルフBIの導入は必ず失敗する
さまざまなツールがある中で、どのようにしてBIツールを選べばよいのか。ガートナーの堀内氏は、ツールだけで考えるのではなく、データ活用の体制と業務部門のコミュニケーションがそのカギを握ると話す。(2016/8/24)

SIM通:
ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート
mineoは、大阪・東京で大規模オフ会「mineoファンの集い」を開催。今回取材した東京会場では、来場者からの質問コーナーやIIJからゲストを招いたトークセッションなどが行われた。(2016/8/18)

SIM通:
祝30周年で BIGLOBEスマホが30年分タダになる!?
BIGLOBEは、30周年を記念して「BIGLOBEスマホ代 30年分タダ!キャンペーン」を開催。実際の契約によるものではなく、相当する現金70万円をプレゼントする。(2016/8/10)

累計会員数は350万を突破:
「au WALLET Market」が開始1周年 さらなるサービス拡充へ
「au WALLET Market」が、8月25日に開始から1周年を迎える。リアル店舗・Webサイト両面で売り上げを伸ばす中、ユーザーの声を踏まえてさらなるサービスの拡充を図る。(2016/8/8)

「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」の狙い
KDDIが7月22日に開始した「世界データ定額」は、対応する国と地域で1日980円でデータ通信が利用できる。その安さはもちろん、予期せぬ高額請求を防げる仕様にした点も注目したい。KDDIの担当者に、サービス提供の狙いや苦労を聞いた。(2016/8/5)

新連載・甲斐寿憲のキニナルモバイル:
「PCを使えない学生が急増」の問題点
「PCを使ったことがない」という新社会人が増えてきている。「若い人のほうがITスキルは高い」と思っている人が多いと思うが、なぜこうした現象が起きているのか。理由を探っていくと……。(2016/8/4)

データで戦う企業のためのIT処方箋:
第13回 システムの運用管理を外部委託するときにIT部門がやるべきこと
ITシステムを自前で管理することは自由度や変更の俊敏さにつながりますが、日々の運用で精一杯の状況では新しい技術の習得などが難しいもの。アウトソースはIT部門の負担を減らす古くからの解決策ですが、丸投げではシステムの柔軟性が損なわれるだけです。今回はデータ爆発時代に合わせてどう変えていくべきかを紹介します。(2016/8/4)

渋谷区、LINEを行政サービスに活用 区役所窓口の混雑状況など配信へ
LINEと東京都渋谷区が、アプリ「LINE」を行政サービスに活用する協定を締結。妊婦検診の案内、区役所窓口の混雑状況などを配信予定という。(2016/8/3)

LINEが地方自治体と初の協定結ぶ 渋谷区の行政サービスをLINEで支援、「妊婦に出産予定日を通知」など
その名も「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」。(2016/8/3)

川口玲子の”気になるモノ、者”:
スマホでリポート作成、「あると思います!」
スマホでの文字入力は“超”高速ながらPCリテラシーは低いといわれる若者世代に、実際にスマホとPCで文字入力をしてもらいました。その結果は……? そして、その能力をもっと活用するには?(2016/8/17)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
4K大画面で味わう「火花」の臨場感と面白さ
「NETFLIX」で配信されている話題のオリジナルドラマ「火花」を3日間かけて一気に観た。当方の予想を上回るチャーミングな演出に触れ、心を完全につかまれてしまったのだ。(2016/7/27)

“ネット炎上”あおるのは誰? 「世界中から攻撃された」は錯覚だった……
どれほどのネットユーザーが、どんな形で炎上に関わっているのだろうか。計量経済学者2人が、大規模アンケートを用いて初めて実証分析を行った異色テーマの学術書が注目されている。(2016/7/27)

電力自由化で勝者になるための条件(3):
小売電気事業者のチャネル戦略、対面・訪問・ネット販売も有効
電力を購入する需要家にどのような方法でアプローチするのか。電力市場に参入する小売電気事業者には、競争力のある販売チャネルを構築することが欠かせない。既存の事業で培った対面販売・訪問販売のほか、インターネットやコールセンターを使って効率的に顧客を獲得する事業者も増える。(2016/7/27)

【連載】キーワードで読む「IoT時代のエクスペリエンス・デザイン」 第5回:
シェアエコノミー――「交換価値」から「使用価値」へのシフトで社会全体のエクスペリエンスを最適化する
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で長くつながって行く。全ての産業がサービス業化する時代のマーケティングとはどうあるべきなのか。(2016/7/24)

3年前の「iPhone 5s」がいまだに“現役”の理由
発売から3年がたとうとしている中で、いまだに売れている「iPhone 5s」。Y!mobileとUQ mobileが取り扱い、iPhoneを安価に運用したい層に訴求している。なぜ5sの人気は衰えないのだろうか。(2016/7/21)

MVNOに聞く:
「安くても大手キャリアに負けない」――大攻勢をかける「楽天モバイル」の現在地
MVNOサービス「楽天モバイル」が勢いを加速させている。端末と通信料が一体となった「コミコミプラン」も発表し、Huaweiや富士通の新機種も投入する。そんな楽天モバイルの最新戦略を聞いた。(2016/7/20)

セミナー「小説投稿サイトの現在」:
“出版不況の中でも売れる本”を生み出す「ウェブ小説」の仕組みとは?
出版不況の中でも、毎年ベストセラーは生まれている。映画化もされた川村元気『世界から猫が消えたなら』は累計100万部、又吉直樹の次に売れている新人作家・住野よるの『君の膵臓をたべたい』は累計55万部を突破した。「出版不況でも売れる本」に隠された「ウェブ小説」の秘密とは?(2016/7/15)

女子ヘルプデスク今昔物語 第6話:
Excelの操作、覚えなくてもググればOK?
私が担当する新入社員研修の3回目、テーマはExcel。デジタルネイティブ世代だからリテラシーは高いと思っていたのだが……その期待は見事に裏切られるのであった。でもこの問題って新入社員だけの話じゃないのかも。(2016/7/15)

なぜ日本の学校にITが必要なのか【後編】
なぜ学校は「タブレット」「無線LAN」の導入で満足してはいけないのか
ITが日本の教育に必要な理由とは何なのか。教育機関は今後、何を目指してIT活用やIT教育に取り組んでいくべきなのか。国内外の過去と現状を見据えて考察する。(2016/7/15)

ドコモも自動運転に参入――DeNAと連携し九州大学で自動運転バスの実証実験を計画
NTTドコモ、DeNA、福岡市、九州大学が「スマートモビリティ推進コンソーシアム」の設立に合意。九州大学伊都キャンパスで実証実験を進め、2018年下期に学内自動運転バスのサービスインを目指す。公道での自動運転バスの実現も視野に入れている。(2016/7/11)

女子ヘルプデスク今昔物語 第4話:
チャット文化の新入社員、ビジネスメールに異常アリ!?
初日の研修を終えてヘトヘトになっているわたし。しかし、それに追い打ちをかけるように支離滅裂な日報メールがどっさり。研修課も問題視しているようだけど、最近のIT事情を考えれば“さもありなん”という感じでもあり……?(2016/7/1)

「ゆるゆり」コミック版公式Twitterアカウントが開設も、問題発言で早速担当者が交代
不適切な発言と対応があったとして謝罪しています。(2016/6/25)

PR:ファイルを人質に身代金を要求、猛威をふるうランサムウェアへの対策
今の情報セキュリティ分野における最大の脅威と言えるのが「ランサムウェア」である。被害に遭わないためには、どのような対策を講じる必要があるのだろうか。(2016/6/20)

Facebookがネットの安全啓発パンフレット「シェアする前に考えて」日本語版を公開
青少年に向けて作成されたものです。(2016/6/17)

アンケート結果を公開:
読者に聞いたセキュリティ事情 半数が「サイバー攻撃を受けた(かも)」
ITmedia エンタープライズではセキュリティをテーマに読者アンケートを実施しました。結果からはサイバー攻撃の経験や事故内容、「人が足りない」といった苦悩など、厳しい事情が見えてきました。(2016/6/17)

格安SIM定点観測:
手厚いサポートのMVNOが登場 端末のレンタルサービスも――2016年4月・5月音声通話
音声通話対応のMVNOサービス(格安SIM)も、競争の軸が「サービス改善」中心となった感がある。新年度に入っても、サポート、端末の提供方法、通話定額など、料金の「外」での動きが活発だ。(2016/6/16)

格安SIM定点観測:
自然災害時の対応もバロメーターになるか――2016年4月・5月データ通信編
サービス改善が大きな軸が移ったMVNOサービス(格安SIM)。単にサービスを拡充するだけではなく、従来にはないサービスのあり方の模索も始まっている。また、4月の「熊本地震」を通して格安SIMの選び方に新たな評価軸が出てきた。(2016/6/13)

どの画面でも同じコンテンツを楽しめる世界を――Nextbitが「Robin」を作った理由
GoogleやHTCの元従業員が創業したベンチャー企業「Nextbit」。同社が開発したAndroidスマートフォンが日本でも注目を集めている。“クラウドファースト”をうたうスマホは、どのような経緯で生まれたのか。トム・モスCEOから話を伺った。(2016/6/10)

石川温のスマホ業界新聞:
「総務省の議論は本当に正しいかと言えば、そうでもない」――田中社長が夏商戦向け発表会で「auは大きく変わる」と宣言
KDDIがauの2016年夏商戦に向けた新端末・新サービスの発表会を開催した。会の終了後に囲み取材に応じた同社の田中孝司社長は、改めて発表内容の意図を説明した。(2016/6/10)

村上福之の「Botと人工知能と俺様」:
Chatbotは“第4の産業革命“、乗り遅れてはならない
Chatbotを取り巻く技術やサービスが大きな注目を集めている。facebook、Google、Microsoft、Googleといった大手IT企業が次々と関連製品をリリースし、この分野への投資も急増している。なぜ今、Chatbotなのか――。その理由をさまざまな視点から見ていこう。(2016/6/10)

単に「安いから」だけでは動かない――女性が「格安SIM」に乗り換えたきっかけ
テレビCMやWeb広告などを通して日に日に認知度が高まっている、いわゆる「格安SIM」。そのユーザーは大きく男性に偏っていたが、昨今では女性ユーザーも増えている。女性の格安SIMユーザーは、何をきっかけに格安SIMに乗り換えたのだろうか。(2016/6/9)

MCバトルブームから考える、若者たちの「言葉」に対する意識の高さ
若者は本当に「ボキャ貧」化しているのか? 連載「ネットは1日25時間」。(2016/6/5)

月額基本料7万9800円:
オウンドメディアを4ステップで構築、トライベック・ストラテジーが新サービスを提供開始
トライベック・ストラテジーは、企業サイト、採用サイト、キャンペーンサイト、LPなどを簡単に構築できるサービス「HIRAMEKI experience」の提供を開始した。(2016/6/1)

学習ポータルサイトとしてグループウェアを活用
立命館宇治中高が「無料グループウェア」でアクティブラーニングに挑戦、その中身とは?
生徒1人1台のタブレット環境を生かすべく、無料のグループウェアを使って学習ポータルサイトを構築したのが立命館宇治中学校・高等学校だ。その選定理由や活用方法とは。(2016/5/30)

備忘録:
iPhoneを使いこなせない妻が陥ったワナ5選
ITオンチな女性がiPhoneに奮闘するシリーズ「彼女はiPhoneを使いこなせない」。その中からiPhone初心者が悩みがちなトピックをまとめてご紹介!(2016/5/26)

【連載コラム】医療ITの現場から
在宅医療では「いつでも」「どこでも」「誰でも」使えるシステムが普及のカギ
タブレット端末の普及により、クラウド型電子カルテが広く使われ始めている。このように「いつでも」「どこでも」「誰でも」という3つの条件をクリアしたシステムが、在宅医療では普及するかもしれない。(2016/5/26)

YouTuberにあこがれる子どもから、可能性の芽を摘まないために
子どもはみんなダイヤモンドの原石です。連載「ネットは1日25時間」。(2016/5/21)

IoTはレゴで学べ? 子供向けプログラミング教材「レゴWeDo 2.0」を見てきた
最近のレゴブロックはプログラミングを学べる教材に進化しているのをご存じだろうか。センサーを組み込んだモデルをプログラムで制御し、課題を解決する過程を遊びながら体験できる。小学生向けの教材ながら、ちょっとしたIoTを学ぶことができそうだ。(2016/5/19)

「iTeachersカンファレンス2016」レポート
「オンライン教育」があれば学校は不要か? 学校IT活用の先駆者が白熱議論
IT活用を進める上で、教育関係者が直面する課題は少なくない。ITを活用した学習手段の充実を前に、保護者や学習者が抱く疑問もある。先駆的なIT活用を進める教育者集団が、こうした課題や疑問を議論する。(2016/5/16)

LGBTをマーケティング視点でサポートする:
博報堂DYグループ、セクシャルマイノリティーに関するシンクタンクを設立
博報堂DYホールディングス傘下のAD plus VENTUREは、LGBTに代表されるセクシャルマイノリティー(LGBT)に関するシンクタンク、LGBT総合研究所を設立したと発表した。(2016/5/9)

本音で議論、学生×教員IT活用座談会【第4回】
現役大学生と先生が議論、「学校IT活用」の理想像とは?
メリットも課題もある教育機関のIT活用。こうした中、教育機関は今後どのようにIT活用を進めていくべきなのか。玉川大学とデジタルハリウッド大学の教員と学生による座談会から探る。(2016/5/9)

多くの企業がVDI導入で失敗する理由は……?
まずは情報の整理から、VDI検討「ワークショップ」のススメ
VDIブームに乗って取りあえず製品を導入したものの、設計や製品選びに失敗したというケースは多い。そこでおすすめしたいのがワークショップの活用だ。専門家によって短期間で網羅的かつ効率的に情報整理ができる。(2016/4/27)

学校が知るべき「家庭内IT」の今【前編】
中高生の家庭では「LINE禁止」「ネット制限」は“常識”ではない
教育機関がIT活用やIT教育を進めるためには、学習者の家庭でのIT環境も考慮する必要がある。保護者によってIT活用の考え方は異なり、家庭内IT環境はさまざまだ。今回は筆者の家庭での実例を紹介する。(2016/4/26)

新卒にカルチャーショックを受けた情シス集まれ!:
俺情第6弾のテーマは新人教育、俺情的(?)新卒補完計画を始動します!
「新人の気持ちが分からん!」「どう教えれば……」――。今回は新人さんをうまく育てる情シスになりたい人にオススメのリアル交流会です。(2016/4/21)

ハギーのデジタル道しるべ:
新人に教えるためのノウハウ、「物差し」の壊し方
ベテランと新人の間には経験や考え方に大きな違いがある。その違いを踏まえて、新人にマナーやリテラシーをどのように教えていけばいいのだろうか。(2016/4/15)

「セキュリティ心理学」入門(4):
その「セキュリティ教育」、本当に効果ありますか?
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。昨今、「標的型メール攻撃訓練」などのセキュリティ教育・訓練が盛んに行われていますが、こうした教育・訓練はただ行えばよいというものではありません。あらためて、「セキュリティ教育・訓練」の目的や効果について考えてみましょう。(2016/4/11)

情報リテラシーは不要な未来? “人工知能の衝撃”5選
知らず知らずのうちに、発達してきた人工知能。未来がどうなるのか目が離せませんね。(2016/4/7)

ハギーのデジタル道しるべ:
PCの使い方が分からない(?)新人にマナーをうまく伝える知恵
システムエンジニア教育や情報セキュリティ教育、コンプライアンス教育、内部不正対策など40年近く手掛けてきた経験からいえる、いまの新人にITリテラシーやマナーを知ってもえるためのヒントとは?(2016/4/1)

俺たちの情シス“出張版スペシャル”リポート:
「デートの予定が丸見え」 “グループウェアあるある”に沸く情シスたちの夜
3月3日に開催された情シスのためのリアル交流イベント、「俺たちの情シス」は1周年を記念したスペシャル版。サイボウズのオフィスでぶっちゃけられた「グループウェアあるある」とは?(2016/3/29)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。