ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「婚活」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:LOVE 誠 チャンネル
質問!結婚→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で結婚関連の質問をチェック
「婚活」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

スクラムに最適化した「オフィス」で働き方はどう変わったか エウレカ新オフィスで仕事がはかどる理由
スクラム開発の導入で働き方が大きく変わったエウレカが、移転を機に「オフィス」をスクラムに最適化。隅々までスクラムの考え方が反映されたオフィスで、働き方はどう変わったのか。(2018/12/13)

AIが理想の相手をマッチング 内面の相関性も重視――婚活サイト「Pairs」と東大山崎研究室、新アルゴリズムの共同開発へ
恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカは、東京大学 大学院情報理工学系研究科 山崎研究室と共同で、マッチングアルゴリズムの研究開発を開始した。学歴、職業、年収などに加え、趣味や価値観、ライフスタイルなどの内面でも相関性を導き出し、より相性の良い相手をマッチングする。(2018/12/11)

「好きかも?」AIで分析 東大と「Pairs」がタッグを組む理由
「Pairs」を運営するエウレカが、東京大学とマッチングアルゴリズムを共同開発する。利用者の行動履歴などをAIを活用して分析し、「質の高いマッチングの実現を目指す」としている。(2018/12/10)

“モテる”メッセージの送り方も分析:
恋の相性を「知」で解明――婚活アプリ「Pairs」が東京大学と提携、マッチング精度向上へ
恋愛マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカと、東京大学 大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦研究室が提携。より相性のよいユーザー同士を結び付けられるサービスのアルゴリズムを共同開発していく。交際につながりやすいメッセージの文面なども分析する。(2018/12/10)

「BL趣味に理解ある男性と出逢える」 オタク女性にヒット、とら婚の新機軸
「BL趣味を理解し(た上でそっとしておい)てくれる男性と出逢える婚活パーティ!」をとら婚が企画し、女性から好評。どのように企画したのか。(2018/12/11)

世界を「数字」で回してみよう(53) 働き方改革(12):
口に出せない介護問題の真実 〜「働き方改革」の問題点とは何なのか
今回は、介護に関する「働き方改革」の問題点に迫ります。本稿をお読みいただき、政府が声高にうたう「働き方改革」が現実に即しているかどうかを、ぜひ皆さまなりに考えてみてください。(2018/11/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスの成功を握るのは、価格戦略だ!
マーケティング理論と行動経済学が、価格戦略の武器になる。(2018/11/22)

大阪府池田市が80周年記念で謎のPR動画「ひよこちゃん vs ウォンバット」を公開 ひよこちゃんが巨大化し観光名所をぶっ壊す
やりたいことと紹介を詰め込みすぎたカオスムービー……!(2018/11/6)

漫画家が婚活で出会った数学者の価値観が異星人すぎる エッセイ漫画に「笑った」「必要以上に誠実」の声
未知との遭遇。恋ってこうやって始まるのか。(2018/10/27)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(52):
愛知編:愛知で生きる、愛に生きる――名古屋を第二の故郷に定めたエンジニアのプライベートと恋愛事情
愛知県で開催される勉強会と街コンは、どちらの方が多いでしょうか?――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」。愛知編最終回は、勉強会や恋愛事情など、プライベートのお話を中心に紹介します。(2018/10/25)

金銭面もネックに:
「結婚式を挙げるのは面倒」と感じる男女は6割 「余興や人前でのキスが嫌」などの声
男女の6割が「結婚式は面倒」と感じていることがパートナーエージェントの調査で判明。金銭面・余興・人前でのキスなどに抵抗を持つ人が多かった。同社はこうしたカップルに対し、式を挙げないという選択肢を提案している。(2018/10/16)

バチェラー久保&小柳津とノンスタ井上が恋愛トーク 小柳津「精進しながら恋を見つけていければ」
「気のない人からの告白をどう断る?」という難しい質問も。(2018/10/9)

「Choose me」「Choose you」の“完璧な物語”の終わり 「バチェラー」シーズン2カップル破局に、それでもファンが思うこと
ままならない……。(2018/9/29)

「結婚して欲しかった」 “バチェラー・ジャパン”2代目カップル、小柳津林太郎&倉田茉美が破局発表
小柳津さん「申し訳ない気持ちでいっぱいです」。(2018/9/28)

「写真を盛り過ぎ」など不満の声も:
「恋活・婚活アプリ」で恋人や結婚相手は見つかった? 男女のリアルな意見は……
「恋活・婚活アプリ」で本当に恋人や結婚相手を見つけられるのか? コロプラが実施した恋活・婚活アプリに関する調査で、アプリを利用した男女の約3割にパートナーができたことが分かった。(2018/9/10)

「自分語り」「決めつけ」はNG:
「婚活パーティーでがっかりする異性」の特徴、1位は……?
婚活パーティーで出会って、マイナスの印象を持つ異性の特徴は?――Bright婚活調べ。(2018/8/21)

CIOへの道:
日本のCIOは「CxO四天王の中で最弱」? この状況はどうしたら変わるのか
クックパッドの情シス部長とITコンサルの、「これからの情シスはどうあるべきか問題」を語る対談の後編。テーマはこれからのIT部門の役割や、攻めの情シスについての考え方、日本の「CIO不在問題」はどうすれば変わるのか――。2人の意見はいかに。(2018/8/20)

説得ではなく、納得:
お客さんがついつい買いたくなる、「ノンクロージング話法」とは?
「営業をしてるけれど、なかなか売れない」といった悩みを抱えている人も多いのでは。そんな人にオススメなのが「ノンクロージング話法」。あまり聞き慣れないこの話法、どういうことかというと……。(2018/8/13)

許された……のか? 岡村隆史、チュート徳井の“アローン会”復帰を報告 帰ってきたハンサムに安堵の声あがる
おかえりハンサム。(2018/7/27)

連載 熱きシニアたちの「転機」:
“リーマンショック解雇”を機にフレンチの道へ 元外資金融マンが描く「第3の人生」
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。2回目はリーマンショックで「クビ」を告げられ、一念発起してビストロを開業した元外資金融マンの両角太郎さん(54)。(2018/7/19)

応援される営業術:
信頼関係を築くにはどうすればいいのか 「聞き方」のテクニック3選
「商品を売る前に自分を売れ」――。このフレーズを聞いたことがあるかと思うが、どのようにしたら自分を売り込むことができるのか。大切なことは、信頼関係を築くこと。お客さんから信頼を得るために、どのようにすればいいのかというと……。(2018/7/9)

PR:あなたの社会的信用はAIが評価する時代に? 統計家・西内啓が語る「信用スコア」の可能性とは
(2018/6/28)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
勝手に“天職”を見つけ出す転職AIがすごい
転職活動をしてもいない人にスカウトのメールが届くscoutyが威力を発揮している。ネット上の個人情報を収集、AIが分析して企業とマッチングする。(2018/6/27)

常見陽平のサラリーマン研究所:
君たちはどうサボるか? 中国の働き方から学ぶ「手抜き」
『ルポ 中国「潜入バイト」日記』(西谷格、小学館新書)を読んで、衝撃を受けた。中国でのテキトーな働きぶりが紹介されているわけだが、働きすぎの日本人も学ぶべきところがあるのではないだろうか。それは……。(2018/6/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
子どもを持つのは国のため? 「3人以上産んで」発言に潜む“幻想”
加藤寛治衆議院議員の「3人以上子どもを産んで」発言。「何が問題なのか」という声も聞こえますが、こうした発言が繰り返される理由を理解しておく必要があります。そこには、戦時中から変わらない「価値観」がはびこっていて……。(2018/6/8)

『30歳の保健体育』に10年越しの続編 『40歳の保健体育』がまさかの刊行
あの“30歳から始める恋愛ハウツー書籍”が、10年の時を経て、40歳向けになって帰ってきた!(2018/5/25)

できる人の共通点:
スゴ腕営業マンが実践する、「振り子の法則」とは何か
モノやサービスが溢れているので、「何を選んでいいのか分からない」といった人も多いのでは。そうした消費者が多いなかで、営業の担当者はどのように売り込んでいけばいいのか。「快」と「不快」の感情を揺さぶることで……。(2018/5/24)

3割は暇つぶしのために利用……:
恋活・婚活マッチングアプリ、平均課金額は約1万1000円
恋活・婚活マッチングアプリの全体平均課金額は1万1293円――調査会社のマクロミルがマッチングアプリ利用経験者にアンケート調査を実施したところ、こんな結果が出た。(2018/5/15)

開発現場に“データ文化”を浸透させる「データ基盤」大解剖(1):
なぜデータ基盤を作ったのか?「ゼクシィ縁結び・恋結び」で必要になった理由
「ゼクシィ縁結び・恋結び」の開発現場において、筆者が実際に行ったことを題材として、「データ基盤」の構築事例を紹介する連載。初回は、サービスの概要とデータ基盤が必要になった理由について。(2018/4/24)

結婚したいのに:
未婚の40・50代、理由は「出会いがない」「経済的な事情」……
結婚したいのに結婚できない人が増えている――婚活支援サービスを展開するパートナーエージェント(東京都品川区)の調査でこんな結果が出た。(2018/4/6)

記者は“イマイチ”73点:
AIで“イケメン度”採点 「SNOW」のセンスタイムが開発 婚活アプリに応用も?
「第2回 AI・人工知能 EXPO」(4月4〜6日、東京ビッグサイト)が開幕。センスタイムジャパン(京都市)は、カメラに顔を写すと、AIが年齢と“顔の魅力”を採点し、鏡に映し出す技術を出展した。勞社長は「婚活アプリに応用できれば面白い」と話す。(2018/4/4)

バリキャリ志向は少数派:
「夫が専業主夫になってもいい」働く女性の3人に1人
「結婚後に夫が専業主夫になってもいい」と働く女性の3人に1人が考えている──日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施した、働く女性の意識調査でこんな結果が出た。(2018/3/16)

それでも結婚はしたい……:
イマドキの大学生、「恋人いて当然」は少数派
イマドキの大学生にとって恋愛は面倒、結婚は当たり前ではない――婚活支援サービスのパートナーエージェント(東証マザーズ)が実施した調査でこんな結果が出た。(2018/3/15)

「AbemaTV」黒字化はいつ? 藤田社長「成長には特番よりレギュラー」
サイバーエージェントが2017年10月〜12月期の連結決算を発表。藤田社長が「AbemaTV」の戦略について説明した。(2018/1/25)

PR:2018年は「お見せ合い婚」が増える? 今どきの“ネット婚活”事情とは
(2018/1/23)

【増補】真説・人工知能に関する12の誤解(13):
人工知能に人間を「裁く」ことはできるのか?
人工知能に判断を任せられる領域が広がってきています。しかし、それが「信頼できる」ものかどうかは考え続けなければいけません。先日も、人工知能が“思い込み”で判断していると疑われる例が「司法」の現場で飛び出しました。(2017/12/21)

Webサービスから生まれた若者文化:
恋愛流行語、1位は「公開告白」 どういう意味?
マッチングアプリ「タップル誕生」の利用者を対象に「2017年の恋愛流行語」を調査。1位は「公開告白」。どういう意味か分かりますか?(2017/12/6)

SNSだらけの「恋愛流行語2017」公開 「公開告白」「#プレ花嫁さんとつながりたい」など
マッチングサービス「タップル誕生」で、「恋愛流行語2017」を調査。「公開告白」「婚活アカウント」などSNS用語が上位にランクインした。(2017/12/6)

「結婚っていうステータスがほしくて婚活してるんでしょ?」に答えます マンガ『合理的な婚活』著者インタビュー(5)
「幸せという武器でボッコボコに殴る」ことはできたのか?(2017/11/29)

「他とは違う夫婦契約=イケてる」という“気持ち悪い自意識”に酔えるか? マンガ『合理的な婚活』著者インタビュー(4)
「せめて仮説を持てよ!」(2017/11/22)

「子どもなし別居希望? それ結婚する意味あるの?」に対する答え、逆風に立ち向かうということ マンガ『合理的な婚活』著者インタビュー(3)
親切な人たちからの、辛辣な言葉。(2017/11/15)

「婚活は営業と一緒。アポ取って週5で会いまくった」 マンガ『合理的な婚活』著者インタビュー(2)
「婚活まじかよ。困ってる人全員始めるべきだな!!!」(2017/11/8)

「引かないガチャは当たらないんです!」 マンガ『合理的な婚活』横嶋じゃのめ先生インタビュー(1)
効率を追い求めた婚活の先には何がある?(2017/11/3)

生産的な恋バナ(3):
嫉妬が渦巻くネット社会 「モテすぎる」美女の苦悩
「モテすぎる」美女の切実な悩みとは? 恋愛相談のプロ・桃山商事に聞く。(2017/10/23)

生産的な恋バナ(2):
ネットの出会いが“取り扱い注意”な理由
ネット経由の出会いが取り扱い注意な理由は? 恋愛相談のプロ・桃山商事に聞く。(2017/10/22)

生産的な恋バナ(1):
“正体不明”の相手と結婚? ネット恋愛の罠
ネット恋愛に潜むワナとは? 恋愛相談のプロ・桃山商事に聞く。(2017/10/21)

需要高まる「墓テック」:
蔵前に「ICカードで参拝」の納骨堂 最新ITで墓参り
東京都内の“墓不足”の解消策として注目を浴びている「納骨堂」。東京・蔵前の歴史ある寺がICカードで墓参できる納骨堂「蔵前陵苑」の運営を始めた。「最新の墓参り」を体験してきた。(2017/10/12)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
婚活業界の常識を覆し、マッチングサービスを世の中の当たり前にする!「ゼクシィなび」が挑戦する婚活事業の全貌
業界の常識を覆す取り組みによって「恥ずかしい」「怪しい」「高い」という従来のイメージを変え、新たな層のユーザーを獲得した。急成長を支える取組みについて、代表取締役社長の貝瀬雄一氏に話を聞いた。(2017/10/4)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
広井王子氏が顧問のゲオネットワークス、2.6億円の黒字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/29)

Over the AI ―― AIの向こう側に(15):
心を組み込まれた人工知能 〜人間の心理を数式化したマッチング技術
「マッチング」と聞くと、合コンやお見合いなどを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、もちろん、それだけではありません。今回は、ゲーム理論、オークション理論、行動経済学を「マッチング技術」として解説します。実はこれらの技術は、“人間の心理を数式として組み込むこと”に成功していて、幅広い分野で成功事例がみられる、とても興味深く珍しいAI(人工知能)技術なのです。(2017/9/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。