ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「松井秀喜」最新記事一覧

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何が起きていたのか? 清原和博容疑者が古巣・巨人を「震撼」させていた
元プロ野球選手・清原和博容疑者が覚醒剤所持容疑で逮捕されたが、その衝撃はいまだ沈静化していない。新たな疑惑がたくさん浮上してきているからだ。その中の1つ……。(2016/2/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
巨人・高橋由伸監督が過去2度に渡って直面した「悲哀な運命」
2016年のプロ野球で注目すべきことのひとつに、12球団で最年少指揮官となった巨人・高橋由伸監督の存在が挙げられる。40歳の若さで人気球団の現場トップとなるわけだが、半生を振り返ってみると、光だけでなく影の部分も見え隠れしてくる。(2016/1/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「高橋新監督」誕生の裏に、巨人の事情
巨人・高橋由伸監督が誕生した。目まぐるしいスピードで実現した“Gの政権交代”だったが、なぜ球団は高橋に「監督」を打診したのか。その理由は……。(2015/10/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ田中将大はメジャーでも通用しているのか
野村監督から「マー君 神の子 不思議な子」と言われた、田中将大投手が大リーグでも活躍している。昨季は途中で戦列を離れたが、ここまでしっかり結果を残している。その理由について、地元メディアは……。(2015/6/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
かつてのスーパースター・清原和博氏は、球界に復帰することができるのか
TBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』に登場した清原和博氏が、自身の現況について語った。週刊誌で薬物疑惑などが報じられ、イメージが悪くなってしまったが、かつてのスーパースターは球界に復帰することができるのだろうか。(2015/4/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
松井氏、ヤンキースのフロント入り――なぜ契約期間は「1年」だったのか
ヤンキースがチームOBの松井秀喜氏のGM特別アドバイザー就任を発表した。松井氏の主な仕事はマイナーチームを巡回し、選手らの打撃相談に乗ることだが、なぜ契約期間は「1年」だったのか。その裏にはさまざまな思惑が……。(2015/3/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
あのゴジラをも説き伏せた、DeNA中畑監督の「力」
ヤンキースや巨人などで活躍した松井秀喜氏が、DeNAのキャンプを視察した。巨人からも臨時コーチ就任のオファーがあったのにもかかわらず、なぜDeNAのキャンプ地を訪れたのか。それは……。(2015/2/12)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
本田圭佑と松井秀喜、スーパースター二人の意外な共通点
星稜高校出身のスポーツ選手と言えば? おそらくゴジラ松井を思い浮かべるだろう。ただ、現在最も期待を集めている日本人の一人、サッカー日本代表のエース本田圭祐も石川県・星稜高校出身だ。本田が貫く“流儀”には、こんな二人の共通項に通じているようだ。(2014/6/12)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
宮崎県 VS. 沖縄県、巨人の春季キャンプ地を巡る戦い
2月1日からプロ野球各球団の春季キャンプが始まった。人気球団・巨人のキャンプ地をめぐって、50年以上の伝統がある宮崎と多くの球団が集まる沖縄との間でしれつな戦いが起きている。(2014/2/6)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
プロスポーツ選手の活躍を陰で支える通訳という存在
セリエAのACミランに入団した本田圭佑選手についてチーム幹部は「ホンダは専属通訳を付けない」と語った。世界で活躍するプロスポーツ選手にとって専属通訳の存在意義とは?(2014/1/9)

モテるようになる“お金の使い方”
『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』著者の大城太さんと、彼が影響を受けたという中谷彰宏さんとの対談の様子をお伝えします。(2013/12/17)

勝者のための鉄則55:
自分の持ち味を磨くことに徹する――完璧になる必要はない
イチローは、20年以上、ヒットを打つことだけに専念し、ホームランなどの余計な欲を持たなかったから、あれだけの大記録を達成できたのだ。自分の素質はどこにあり、何が優れているのか。何を捨て、何に徹するか。それを見きわめることが重要なのだ。(2013/11/7)

勝者のための鉄則55:
松井秀喜は素質を生かし切れなかった……もったいない
松井秀喜がその素質を最大限生かし切ったら、三冠王に3、4回は輝いていたはずだ。(2013/10/31)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
メジャーリーグでMVP級の大活躍――上原浩治はなぜ自らを「雑草」と呼ぶのか?
メジャー5年目となった上原は、レッドソックスのクローザーとして圧倒的な信頼を勝ち得ている。チームはア・リーグ東地区を6年ぶりに制した。だが、海を渡るまでの野球人生は決してバラ色とは言い難かった。(2013/10/3)

「ボクは徳川家康よりエライ」経営の神様が放った言葉の意味とは
“経営の神様”として有名な松下幸之助が放った「ボクは徳川家康よりエライ」という言葉の意味とは? 書籍『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』から紹介します。(2013/9/25)

明治の「ごち!グミ」がスマホゲーム「栄冠へのキセキ」とコラボ
明治のお菓子「ごち!グミ」が、DeNAのスマートフォン向けゲーム「栄冠へのキセキ」中に回復アイテムとして登場する。(2013/9/10)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
灼熱の甲子園に似合うのは「完投の美学」? それとも「球数制限」?
必死に白球を追う高校球児の姿は素晴らしい。だが、気温35度に迫るような炎天下、1試合150球近くの「投げ込み」は野球人としてのキャリアにどう影響するのだろうか?(2013/8/22)

急上昇した人は? 最も好きなスポーツ選手ランキング
最も好きなスポーツ選手は誰ですか? 20歳以上の男女に聞いたところ「イチロー」が9年連続でトップ。では昨年の結果から急上昇した人は? 中央調査社調べ。(2013/8/21)

ネット広告の先駆者に聞く:
デジタルマーケッターよ、自社がどうやって稼いでいるか知っているか?
マーケティングは長嶋監督の「カンピュータ」から野村監督の「ID野球」に変わるべきだ。日本のインターネット広告業界を常に一歩早く歩んできた横山隆治氏に、デジタルマーケッターのあるべき姿を聞いた。(2013/8/9)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
青木宣親、屈辱のトライアウトからはい上がったメジャーリーガー
日本人メジャーリーガーとして、イチローに次ぐ200安打を達成しそうなのがブルワーズの青木だ。エリートの地位を捨て、夢を追い海を渡ったオトコがいた。(2013/7/11)

D89クリップ(61):
生物学からMakerムーブメントまで、ニコニコ学会βの範囲がさらに広がる!
インターフェイス系の研究が多かったニコニコ学会βが、生物学・データ分析などのセッションを加え、ますます広がった。10万人を集めた第4回シンポジウムをレポートする。(2013/6/5)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
松井秀喜と巨人の「和解」、それは長嶋茂雄との師弟愛
多くの野球ファンが感動した長嶋氏と松井氏の国民栄誉賞授与式。この日は同時に松井氏と巨人とが和解した歴史的な日でもあった。ただし、この和解が新たな火種にもなり得るという。(2013/5/16)

「進撃の巨人」の作者・諫山創さんが日テレ「未来シアター」に登場
作品誕生の裏側が明かされる。(2013/5/10)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
イチロー引退までのカウントダウン
米国のメジャーリーグ関係者の間で物議を醸している話がある。ヤンキースのイチロー外野手が「2シーズン以内に引退を表明するのではないか」という怪情報だ。(2013/4/18)

行動力を高めるための習慣2つ
行動し、結果を出し、それを継続するためのコツを書籍『ビジネスマンのための「実行力」養成講座』から紹介。(2013/3/19)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
松井秀喜がバットを置いたワケ
松井氏の身体は限界を迎えていたのだ。日本に戻ってプレーするには「自信が強くは持てませんでした」と彼はいう。2009年秋から急速に衰えていった理由は何だったのか。(2013/1/24)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
メジャーリーグか日本野球か…… 大谷翔平の選択
日本球界で1人の高校生の決断が注目されている。メジャーリーグ挑戦を表明している花巻東のエース・大谷翔平だ。「オオタニは5億円超の契約を手にするだろう」ともいわれているが……。(2012/11/8)

「こら」←ドヤ顔に見えると話題に
あなたには見えますか?(2012/10/4)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
巨人と松井、今もなお吹くすきま風
3年ぶりのリーグ優勝を決めた「無敵ジャイアンツ」。一方、今オフの去就が取りざたされるかつての4番打者、松井秀喜。巨人を巣立つときのゴタゴタが、今もなお両者の間に影を落としている。(2012/9/27)

読書感想文が宿題の君に:
「学研電子ストア」で児童書など最大50%オフ 「夏休み読み物フェア」
学研ホールディングスおよび学研教育出版は、iPad/iPhone向け電子書籍アプリ「学研電子ストア」で、児童書などが最大50%オフになる「夏休み読み物フェア」をスタート。(2012/7/26)

「キャリアはある意味、行き当たりばったりでいい」――キャリア教育を再考する
「キャリアデザイン」なる概念が矮小化する流れにあるように感じる。そこに「プロフェッショナルシップ」という新概念を持ち込んで、キャリア教育について少し考えてみたい。(2012/7/25)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
転職先は“世界”――そうした時代がやって来る
年収1000万円以上の転職サイト、そこでは転職希望者が利用料金を支払う。楽天イーグルス立ち上げにも関わった、とある日本人が目指すものとは?(2012/7/5)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
“広告新聞”じゃダメ、こんなニュースサイトが欲しい!
アクセスはしやすいものの、情報の深堀りといった意味では不満が残ることも多いニュースサイト。どんなニュースサイトが読者に優しく、収益もあげられるのか、考えてみた。(2012/3/15)

イチロー、松井出場の東日本震災チャリティー試合、YouTubeでフル配信
イチロー選手や松井秀喜選手が出場したメジャーリーグのチャリティー試合をYouTubeで見ることができる。(2011/4/8)

ゴジラ松井の移籍を予言? キリン ファイアの広告
大リーグのオークランド・アスレチックス入りが決まった松井秀喜選手。しかし今回の移籍を“予言”するかのような広告があったという。それは……?(2010/12/16)

メジャーリーグ全試合をYouTubeでノーカット公開 日本限定
メジャーリーグの全試合のノーカット映像をYouTubeで見られるようになった。(2010/8/30)

【新連載】ビジネスマンの悩み相談室:
働かないバブル世代に悩む部下
日々奮闘するビジネスマンに悩みは絶えない。中でも特に厄介なのは、上司や部下に対する問題など職場における悩みである。新連載ではビジネスコーチングの見地から解決策を施していく。(2010/2/24)

「現場の仕事」を見える化する:
人事異動の繰り返しで「マニュアル」を見える化する
マニュアル作りは、組織の「総合力」を高めるのに必須事項。武蔵野のマニュアルは、人事異動を繰り返すことによって進化するしくみになっています。(2010/1/22)

景気探検:
松井秀の活躍が日米の景気に貢献
ワールドシリーズで大活躍し、日本人で初のシリーズMVPを獲得した松井秀喜選手。彼の活躍は、日米の景気を大いに刺激してくれたのだ。(2010/1/6)

高校野球のマンガと聞いて、思い浮かべる作品は?
夏の甲子園で優勝する高校はどこ? 高校生に予想してもらったところ「PL学園」が最も多く、次いで「帝京」「智弁和歌山」と続いた。ネットエイジア調べ。(2009/8/7)

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(7):
クランボルツ理論の「計画された偶然」
本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。(2008/11/19)

人気ナンバーワンのチームはどこ? プロ野球とJリーグ
最も好きなスポーツを聞いたところ、5年連続で「野球」と「サッカー」が1位と2位。しかし「サッカー」と答えた人は減少傾向にある中、人気が上昇しているスポーツとは? 三菱UFJリサーチ&コンサルティングとC-NEWSの調べ。(2008/10/16)

20〜30代のビジネスパーソンが、最も参考にしている仕事の情報源は?
仕事上の情報源として、20〜30代のビジネスパーソンが最も参考にしているのはWebであることが分かった。インターネット関連企業勤務の人に限ると、約3割はブログを参考にしている。イーキャリアプラス調べ。(2007/12/5)

成功するのに目標はいらない:
ビジョン型と価値観型 タイプ別アクションプラン──価値観型・前編
「ビジョン型」のアクションプランに続き、今回から「価値観型」のアクションプランの立て方を紹介します。ビジョン型のアクションプランはビジネス書、自己啓発書などでおなじみですが、価値観型については本邦初公開です!(2007/10/29)

この1年間でもっとも印象深かったスポーツ関連のできごとは何ですか?
プロ野球ファン約4200万人のうち、最も多いのは阪神ファン。それではJリーグファンで最も人口が多いチームは? 観戦・参加など、日本のスポーツ参加市場の規模は約3.9兆円といわれる。日本人はどのようにスポーツに関わっているのだろうか。(2007/10/5)

景気探検:
ヤンキース奇跡の大逆転が日本の景気を左右する!?
景気は今年に入ってすっきりしない状況が続いてきた。しかし、今後も緩やかな拡大を続けていきそうだ。そして、人気球団ヤンキースの動向が注目される。(2007/8/13)

Mobile Weekly Top10:
“松井秀喜似”の社長って誰だろう
携帯4キャリアの社長を“顔ちぇき”してみると……。(2007/6/4)

「実況パワフルメジャーリーグ」レビュー:
パワプロシリーズ、ついに海を越える――野球の本場メジャーリーグの風を感じろ
軽快な実況とコミカルなキャラクター。しかしそのかわいらしい見た目とは裏腹に、かなり本格的な野球的思考を要求される「実況パワフルプロ野球」シリーズ。そのコミカルさとストイックさをあわせもった大人気シリーズの、メジャーリーグ版がついに登場。(2006/6/2)

ビッダーズとポケットビッダーズ、第7回 「横浜市公売オークション」開催
(2006/4/21)

「もう打っちゃうよ」「ちょっとタイム!」――東芝の新CMはアノ人に
東芝は4月18日、デジタルハイビジョンテレビ「ちょっとタイム face」を発表した。新しいCMキャラクターに抜擢されたのは、ちょっと見逃した隙にホームランを打ってしまうかもしれない、あの人だ。(2005/4/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。