ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お中元」最新記事一覧

「日本の三大美人!」 柴咲コウ、北川景子、松雪泰子の “着物3ショット”が国宝級の美しさ
もはや神々しい。(2017/10/18)

太陽光:
ペロブスカイト太陽電池の新材料を発見、スパコン「京」を活用
次世代の太陽電池として期待されるペロブスカイト。理研はスーパーコンピュータ「京」を利用し、その新材料候補を発見することに成功した。(2017/10/17)

Netflix「デスノート」プレミアに謎リューク登場 ヒロイン「デスノートに彼の名前を書きます」と死刑宣告
これがハリウッド版リュークか(違う)。(2017/8/25)

後発メーカーの戦略:
市場低迷なのに……お豆のフジッコのゼリーはなぜ売れる?
豆や昆布でおなじみの食品メーカー、フジッコが新たな事業領域の開拓に力を入れている。同社が15年前に発売したゼリー商品「フルーツセラピー」は後発ながらも売り上げを伸ばし、ゼリーブランド別では競合を追い抜いたという。同社の商品はなぜ売れているのだろうか……?(2017/7/11)

既視感あると思ったら…… SCANDALのMAMI「フルーツパーラーのギフトに見える」私服姿が話題
ファン「もうすぐお中元だしね」。(2017/7/5)

週刊「調査のチカラ」:
メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データから見えてくる生活者の今の気分とは?(2017/5/27)

優れたアニメコラボを表彰する「アニものづくりアワード」 総合グランプリは「サントリー天然水×君の名は。」
「浮世絵木版画 初音ミク」「北斗の拳キャラになれるアプリ」「美少女AIに罵倒されるサービス」なども。(2017/5/20)

インタビュー:
佐藤可士和氏が語る、地方発ブランドの成功条件とは?
今治のタオル産業の復活を目指し、2006年にスタートした「今治タオルプロジェクト」。そのブランディングにかかわるクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏に、地方発ブランドが成功するための条件などを聞いた。(2017/5/16)

「ドライバーに電話」が最多:
「宅配ボックス」の利用率、13.6%にとどまる
一般消費者の宅配便利用の現状は?――プラネット調べ。(2017/5/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
残業ゼロでも目標達成!! 本気の「職場の時短術」
ムダなことを効率的にやることほど、ムダなことはない。やめても成果に影響しないことは、勇気をもってやめる、これこそが生産性を高める絶対条件だ。(2017/1/12)

1月9日は成人の日! AKB48に乃木坂46、俳優や女優ら成人を迎えた芸能人の晴れ着姿をまとめてみた
ご成人おめでとうございます!(2017/1/9)

老舗×ソーシャルギフト:
嘉永2年創業 山本海苔店が取り組む「若者のお歳暮離れ」対策としてのO2Oマーケティング
江戸時代から続く老舗海苔店が、スマートフォンで手軽に贈りものができるソーシャルギフトサービスを導入。その背景にある市場の変化と今後の展望について聞いた。(2016/12/21)

銀座で学んだこと:
お金に働いてもらうために、お金を動かす
たくさんの報酬を得ている経営者は、「動けばお金が動くのに動かない手はない」と口をそろえます。「動けばお金が動く」とはどういう意味でしょうか? 私が働く銀座のケースを例に挙げながらご紹介します。(2016/9/6)

3000円以上の商品を扱うカタログギフトも導入:
「ソーシャルギフト」のビジネス向けサービス、韓国SK telecom子会社が提供
SK planet Japanは、ビジネスシーンに特化したソーシャルギフトを集めた「BUSINESS cotoco」の提供を開始した。(2016/8/9)

確かな乃木坂愛を感じる オリラジ藤森、プライベートで乃木坂46の個別握手会へ
番組で共演しているひめたんこと中元さんと生駒さんのレーンに並んだもよう。(2016/7/10)

日本アニメの創成期を知る大ベテラン 「カールおじさん」の生みの親・ひこねのりおさんに聞くアニメ業界秘話【PR】
31年ぶりに公開された「たけのこの里」の新作CM。ベテランアニメーターのひこねのりおさんに貴重なお話を聞きました。(2016/6/20)

これカタログだったの!? 高島屋のお中元カタログがアニメ柄に
一部では「同人誌が届いたかと思った」の声も。(2016/6/2)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニが恵方巻きの販売に力を入れる、もうひとつの理由
正月も明け、コンビニ各社では節分の恵方巻きの予約活動が佳境に入ったころだろう。比較的安価な恵方巻きは手軽な催事商品の1つ。数百本販売する店舗も珍しくない。今回は、コンビニが恵方巻き販売に夢中になる理由を探った。(2016/1/21)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第484話 贈答品のゆくえ
お中元とか、お歳暮の時期は、ティータイムがリッチになって、毎年心躍るわよねぇ…。あっ、また来たわ!(2015/11/10)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
韓国で人気のソーシャルギフト、日本での普及には何が求められているのか
ネットでギフトを贈り合う“ソーシャルギフト”。韓国などでは人気だが、日本でままだまだ広がっていない。ソーシャルギフトを展開している各事業者は、どこに普及の鍵があると見ているのだろうか。(2015/8/14)

ねとめし:
夏にピッタリ、宝石のようにキラキラ光るお菓子「琥珀糖」を作ってみた
なんと美しいことでしょう!(2015/8/13)

クッキングパパからのお中元&扉絵複製原画つき! 100セット限定全巻ボックスセットが発売
1巻から132巻まで収納できる特製ボックスもついてきます。(2015/7/14)

銀座で学んだこと:
「出世」するのは誰? “試す”ことができる人
出世する人というのは、何にでも興味を持って知ろう、試そうとします。富士山の裾が広いのと同じように、志を高くすると人としての裾が広がり、何に対しても対応できる人になれるのです。(2015/7/13)

実はお中元は「迷惑」? ズレとカブりを回避するには……
せっかく贈ったお中元も、相手が「欲しいもの」と自分が「贈りたいもの」とでは少しズレがあるようです。さらに約50%の人は「カブり」が起きているのだそう。そんなお中元の実態に迫ります。(2015/7/11)

アサヒビールからのお中元にTwitter企業アカがノリノリで受け取り
違うものがいいと言う企業も。(2015/7/3)

週刊「調査のチカラ」:
サラリーマンのお小遣いが過去2番目の低水準に
楽しい夏休みの計画はもう立てましたか? 夏を待ちきれない人にも夏を諦めた人にも降り注ぐ太陽光線は平等。ということで、今週は夏にまつわる調査を中心にまとめました。(2015/7/3)

おっさん2人の珍道中、再び! 「水曜どうでしょうキャラバン2015」開催決定
今夏もどうでしょう。(2015/5/22)

パイロット気分を味うチャンス 岡山県「久米の里」イベントで巨大モビルスーツに搭乗できるぞ!
全高は約7メートル。コックピットもあるよ。(2015/4/21)

あと3週間:
母の日の贈り物に迷ったら「人間ドックのギフト券」 健診予約サイト「MRSO」が発売
人間ドック・健診予約サイト「MRSO」が、人間ドックに利用できる「ギフト券」を発売。(2015/4/21)

事務ごよみ:
年賀状や歳暮の手配、各種申請のチェックリスト作成を――11月の事務ごよみ【総務・法務】
営業に渡すカレンダーや手帳の手配、印刷に時間のかかる年賀状の準備、火災予防週間への備えや各種申請のチェックリスト作成など、総務・法務部門が11月に処理しておきたいトピックをまとめました。(2014/10/29)

週末アキバ特価リポート:
そろそろラストの4万円切り960GバイトSSD&じわじわ安くなる大容量HDD
TSUKUMO eX.の週末特価で話題になっていた960GバイトSSD特価がそろそろ終わりを迎えそう。一方、大容量HDDの週末特価は最安ラインがじわじわ下がっている。(2014/7/12)

ハイサワーの焼き印入りレモン果汁たっぷりの「ハイサワーレモンどら焼き」販売
お中元やお土産に。(2014/7/3)

博報堂生活総研・吉川昌孝の「常識の変わり目」:
その「贈りもの」、誰のため? もしかして「自分へのごほうび」?
「昔はこうだったのに」──。これまでの常識とは違うことが常識になりつつあると感じる事象はありませんか。データで読み解くと、常識の変わり目が見えてきます。今回はお中元の季節ということで「贈答」の変わり目を探ります。(2014/7/1)

今年も「冷やしTENGA」はじめました
COOL TENGAも3年目に突入。(2014/5/29)

J-POPが売れるための歌詞の作り方
J-POPの中でもセールスを維持している「ビジュアル系」バンド。「ビジュアル系」の人気の秘密とは? 芸人でありながら音楽にも精通する才人、マキタスポーツさんの著書から紹介します。(2014/2/4)

夜間バッチ処理も短縮:
京阪百貨店、対面受注システムのデータベース基盤に「Oracle Database Appliance」を採用
日本オラクルは1月15日、同社が提供する「Oracle Database Appliance」を京阪百貨店のデータベース基盤に採用されたことを発表した。(2014/1/17)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちは、自分のお金を使わない
お金、仕事、時間、すべての成功法則に欠かせないのが「コミュニケーション術」なのです。一度でもいいので、物々交換でお金を使わずに欲しいものを手に入れる面白さを経験してみてください。(2013/12/4)

世間から必要とされない“ガラパゴス社員”になっていないか?
企業がリストラを考えたとき、真っ先にクビになるのは変化を拒絶する社員だ! 「フリーで働く前に! 読む本」などの著者である中山マコト氏が、会社にはびこる“ガラパゴス社員”に警鐘を鳴らす。(2013/11/20)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
83.7%が赤字の飲食業に朗報!? 交際費が変わる?
今、日本にある法人数はおよそ250万社、うち約73%が赤字です。業種別では、最も多いのが料理飲食業で83.7%。景気の停滞で企業が会食や接待などにお金を使わなくなったのでしょう。先日「財務省が来年度から大企業が交際費の一部を、税法上の費用に算入することを認める検討に入った」との報道がありました。今回は、交際費とは何かを改めて考えてみます。(2013/10/22)

できることは、まだある!:
半沢直樹もチェックしていた! 訪問先の「来客応対」
会社の印象は1人1人の社員によって作られています。特に注意なのが来客対応時。今回は「来客の出迎え」をワンランクアップさせるポイントを紹介します。(2013/10/2)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第384話 スズメ百まで
「さあさあ、今日の3時休みは、お中元にもらったカルピスをみんなで作って飲みましょうよ!」「そりゃいいねっ!」(2013/10/1)

マァマ! こいつハムなんか作ってらぁ! 「天空の城ラピュタ」の“ドーラハム”を本気で再現した動画
嫁はいらねぇ、ドーラハムさ!(2013/8/7)

Biz.ID Weekly Top10:
自分の地元の名産品ってどのくらい知っていますか?
渋谷ヒカリエで開催している47都道府県のギフトを集めた展示「47 GIFT 2013 -お中元-」に行ってきました。地元の名産品についてはよく知っていたつもりが、意外な発見もあり面白かったです。(2013/7/29)

プレゼントをなんでもお肉に リアルな“ステーキ肉包装紙”が遊び心満点
お中元のそうめんもビールも、包んでしまえばお肉です。(2013/7/21)

7割がお中元贈らず:
若手社会人、「お中元」と「サマーギフト」をどう使い分ける?
お盆の時期にお世話になった人に贈り物をする習慣が「お中元」。最近では同時期に「サマーギフト」市場も活発になる。この2つの夏の贈り物、何が違うのか?(2013/7/10)

これで連邦軍に勝てる:
ジオン公国軍のモビルアーマー「ビグ・ザム」、ついに量産化に成功する(ただしとうふで)
大豆は“オデッサ”産をごく微量使用する謎のこだわり。(2013/6/6)

戦局が変わる:
「ビグ・ザム」量産に成功、しかもアボカド風味
食わせはせん、食わせはせんぞー!?(2013/6/6)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
感想を求める場合は「Do you ……?」より「Any thoughts?」
第15回は、出張や商談など、営業の際によく使われるフレーズです。(2013/3/13)

震災で人とのつながりを再認識!? ギフト市場が活性化
矢野経済研究所のギフト市場に関する調査結果によると、2011年度の市場規模は前年度比2.1%増の17兆400億円となったことが分かった。(2013/1/9)

ブラウザゲームの雄、ONE-UPが動き出す! 同社初のオリジナルパブリッシングタイトル「メガミエンゲイジ!」&「戦国zero」発表!
長く沈黙を守っていた、「ブラウザ三国志」のONE-UPがついに動きを見せた。そんな「動き」の第1弾である、初の自社パブリッシングタイトル「メガミエンゲイジ!」、「戦国zero」の情報をお伝えする。(2012/8/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。