ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日清食品」最新記事一覧

2016年秋は「上質・ご褒美・リフレッシュ」がトレンド ファミマの新商品を試食!
ファミリーマートでこの秋販売される新商品がイベントにてお披露目されました。このうち、6個の新商品の特徴やこだわりポイントを、ブロガーの感想と共にレポートします。(2016/9/22)

「日清ラ王」の味を擬人化、スマホをかざせば美少女キャラが 声優の「麺をすする音」も収録
カップ麺「日清ラ王」のパッケージにスマホをかざせば、味を擬人化したキャラのAR映像を楽しめるキャンペーン「お湯5分、食べる3分 マジで恋する8分間」がスタート。(2016/9/20)

スピン経済の歩き方:
それでも「カップヌードル謎肉祭」販売休止を「品薄商法」だと疑ってしまう理由
日清食品の「カップヌードル謎肉祭」が販売休止に追い込まれた。ネット上では、多くの人が「品薄商法では?」と疑いをかけているが、その一方で否定する声もある。今回の騒動を「見通しが甘かったのね」と素直に受け取っていいのだろうか。筆者の窪田氏は……。(2016/9/20)

「日清ラ王」が美少女に擬人化! 一緒に麺をすすってくれるARスタート 声優に内田真礼さん、早見沙織さん、洲崎綾さんなど
すごい攻めてます。(2016/9/20)

カップヌードル45周年オリジナルキャラ「カップヌードル大帝」爆誕 ってこれミキサー(略)
なんとなくバックドロップに弱そう。(2016/9/18)

カップヌードル「謎肉祭」、販売休止 売れ過ぎで
日清食品が「カップヌードルビッグ "謎肉祭" 肉盛りペッパーしょうゆ」の販売を一時休止。(2016/9/15)

「謎肉」が10倍入ったカップヌードル、売れすぎで一時販売休止に
10月下旬の販売再開を目指します。(2016/9/15)

目標は1000万ツイート:
播州発“残念”製麺メーカー・イトメン 自虐ネタで販促、知名度アップ
世界で2番目に即席めんを売り出した、食品メーカーのイトメン。主力商品の「チャンポンめん」は発売から50年以上のロングセラー商品だが会社の知名度は今ひとつ。“残念”な面をSNSで紹介する自虐的な販促活動を展開している。(2016/9/15)

日清食品史上最高量の謎肉! 「カップヌードル」45周年を記念して発売するヌードルは「謎肉」マシマシ謝肉祭
噛んだときの独特な歯ごたえと味がクセになるアレが大増量しました。(2016/9/6)

“謎肉”10倍 日清、「カップヌードルビッグ“謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ」を発売
“謎肉”10倍 日清、「カップヌードルビッグ“謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ」を発売(2016/9/5)

ガルパンが日清食品とコラボ 「つるつる作戦、始まります!」
また髪の話ししてる……?(2016/8/29)

それ言いたかっただけだろ! 日清食品が「10分どん兵衛」に対抗して「冷し10時間どん兵衛」のレシピを公開
ラーメンのエキスパートが真面目に考えたそうです。(2016/8/11)

渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
店長や店員が書き残したのか、日清食品に問い合わせてみました。(2016/8/2)

詰め込みすぎだろ! 日清が“バズ動画あるある”だらけのカオスな動画「侍ドローン猫アイドル神業ピタゴラ閲覧注意爆速すぎる女子高生」公開
どっかで見たネタだらけ。(2016/7/26)

スピン経済の歩き方:
「マルちゃん ハイラーメン」が静岡だけで50年以上も売られているワケ
静岡県で発売されている「マルちゃん ハイラーメン」をご存じだろうか。発売は1962年。新商品はたくさん発売されているのに、なぜハイラーメンは静岡県だけで生き残ることができたのだろうか。(2016/7/26)

ネット炎上で「金魚放流イベント」中止 「生態系に影響」「虐待」 主催者は「実施したいが……」
大阪府の犬鳴山の渓流で30年以上実施されている「金魚の放流」が中止に。ネットで問題視する書き込みが相次いだため。(2016/7/25)

フタをめくるとブラックな“あるある” カップヌードルLight+に隠された“裏バナシ”があんまりライトじゃない
お年頃の女性に刺さりそう。(2016/7/23)

「どん兵衛」の東西対決にラッパーが参戦! KEN THE 390、DOTAMAがERONE、KOPERUと激突
日本語ラップブーム来てる。(2016/7/14)

星5つ! 日清食品「カップヌードルライトプラス トマトそうめん」をレビュー!
今回選んだのは日清食品の「カップヌードルライトプラス トマトそうめん」(138円/税込、店頭価格)です。(2016/7/11)

ローソンで「あんさんぶるスターズ!」1周年記念キャンペーン! 7月5日スタート
限定商品の販売やオリジナルグッズのプレゼント。(2016/6/28)

日清、焼きそば「U.F.O.」を浮かせる技術開発に成功 「浮かないのに『U.F.O.』と名乗っていてすみません」
Mr.マリックさんが浮く仕組みを解説。(2016/6/24)

袋麺焼きそばNo.1がついにカップ焼きそばに! 「日清焼そばカップ」発売へ
世界初のインスタント袋麺焼きそばとして誕生した人気商品。(2016/6/13)

星8つ! 日清食品「旨だし膳 おとうふの豆乳仕立てスープ」をレビュー!
今回選んだのは日清食品の「旨だし膳 おとうふの豆乳仕立てスープ」(170円/税別、希望小売価格)だ。(2016/6/2)

「カップヌードルリッチ」1カ月で600万食販売
「カップヌードルリッチ」は、発売1カ月で累計600万食を販売した。(2016/5/30)

世界に誇れる日本企業ランキング、1位は?
世界に誇れる日本企業といえば? 20〜60代の男女に聞いたところ、4年連続で1位だったのは……。リスクモンスター調べ。(2016/5/27)

日清「U.F.O.」から「わさびマヨ焼そば」復活販売
日清食品は、要望に応えて「日清焼そばU.F.O.わさびマヨ焼そば」を復活販売する。(2016/5/16)

世界のカップヌードル20種類を食べ比べ! 全味徹底的に検証してみた【PR】
世界各国で販売されているその国ならではの味付けのカップヌードル。特別に20種類を用意してもらい食べ比べてみました。(2016/5/16)

“不謹慎狩り”の背景にあるもの それは共感と共有のディストピア
災害時に寄付を公表した人が「不謹慎狩り」の標的にされ、過去に騒動を起こした人が出演したCMは放映中止に追い込まれる。そんな世の中は息苦しい、「もっと寛容に」という声もあるが、現代を生きる人々にとってそれはそんなにたやすいことではない──と作家の堀田純司さんはみる。(2016/5/2)

姫路駅名物:
うどんでも日本そばでもない――終戦後から創意工夫を重ねた「えきそば」 
1日10万人弱の乗降客が行き交うJR姫路駅。電車を降りてすぐに目に入るのが「えきそば」の文字。戦後の混乱期から現在に至るまで、駅の利用客から愛され続けてきた「姫路のソウルフード」だ。(2016/4/22)

スピン経済の歩き方:
ガリガリ君とカップヌードル「攻めたCM」の命運を分けたものはなにか
先週、2つのCMがネット上で大きな話題となった。値上げ謝罪をした「ガリガリ君」のCMは絶賛の嵐だったのに、ビートたけしさんが学長に扮した「日清カップヌードル」のCMは批判の嵐。この2つのCMは、なぜ命運を分けてしまったのだろうか。(2016/4/12)

カップヌードルの「おバカ」CM取りやめ 「不快な思いを感じさせる表現あった」と謝罪
日清食品は、3月末から放送している「カップヌードル」のCMを取りやめる。(2016/4/8)

虚偽や不倫を擁護? 日清食品、カップヌードルの新CMを中止 「不快な思いを感じさせる表現があった」
ビートたけしさんをはじめ、小林幸子さん、ムツゴロウさん、矢口真里さん、新垣隆さんが出演していた。(2016/4/8)

今年も来ちゃった! 2016年エイプリルフールまとめ
みんなよくやるなーもー。(2016/4/1)

「たわわ揺れ」「みだれ息」「美味もだえ」 濃厚モテ技二十四手が男心を乱しにかかる
この技マスターしなきゃ(使命感)。(2016/3/31)

日清さん攻めすぎィ! 世間の注目を集めた有名人が次々に登場する「カップヌードル」の新CMがいろんな意味でギリギリ
ARE YOU CRAZY?(2016/3/31)

上がれば豪華、下がれば質素 日清食品が株価と連動した社員食堂「カブテリア」を開設
日本初の株価連動型社員食堂。(2016/3/30)

スープがとろっとろでおいしそう! カップヌードルから「スッポン」「フカヒレ」スープ味登場
カップヌードルの新世界開かれる。(2016/3/28)

「日清焼そば U.F.O.」のCMがカオスな予感 ハリウッド進出をもくろみ全編英語の「超B級CM」を制作
まさに「エクストリーム」。(2016/3/23)

日清カレーメシの着ぐるみ「カレーメシくん」の中の人になれる権利をやろう
ジャスティス!(2016/3/21)

星7つ! 日清食品「カップヌードルライトプラス 海老のビスク」をレビュー!
今回選んだのは日清食品の「カップヌードルライトプラス 海老のビスク」(180円/税別、希望小売価格)だ。(2016/3/1)

今度の味はレモンクリーム! スイーツじゃないよ カレーメシの新製品だよ
初恋の味。(2016/2/24)

Mobile Weekly Top10:
猫と会話できるアプリ/イオンが格安スマホ本格参入/2月上旬のニュースピックアップ
猫と会話できるアプリのレビューがトップだった今回のMobile Weekly Top10。イオンが格安スマホに本格参入すると発表しました。(2016/2/22)

星7つ! 日清「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」をレビュー!
今回選んだのは日清食品の「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」(170円/税込、店頭価格)だ。(2016/2/2)

巨大な「日清焼そばU.F.O.」に乗って「ターボ湯切り」体験!? よみうりランドの新アトラクションが楽しそう
3月オープン予定です。(2016/1/18)

「ぼんち揚」製造会社を日清食品HDが子会社化
米菓「ぼんち揚」で知られるぼんちを日清食品HDが子会社化。(2016/1/15)

コンビニで買える2015年最強「健康グルメ」ベスト5
ちまたにあふれる健康に配慮した食品を食べまくり、レビューするという本企画。2016年初回はまず昨年を振り返り、2015年のベストヘルシー食品を決めてしまいます!(2016/1/1)

日清、「10分どん兵衛」は想定外だった 「世の中の多様性を見抜けていなかった」と反省
公式は知らなかった……だと?(2015/12/18)

ポカポカしそう 日清からジンジャーの風味をきかせた「夜食のカレーメシ」新発売
受験生の夜食にも。(2015/12/10)

星5つ! 日清「日清麺職人 ごぼう香る中華そば」をレビュー!
今回選んだのは日清食品の「日清麺職人 ごぼう香る中華そば」(138円/税込、店頭価格)だ。(2015/11/20)

賞味期限、「2016」を「2106」と豪快に誤記 「日清のでかやき大盛 ソース焼そば」が一部回収へ
1世紀弱保存できる奇跡のカップ麺はなかった。(2015/11/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。