ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「野田佳彦」最新記事一覧

対談集をほぼ一人で作る:
酒井若菜さんが“物書き”として伝えたいこと
女優の酒井若菜さんが文筆家としての一面も持っていることをご存じだろうか。これまでに小説やエッセイを出版し、先月には初の対談集「酒井若菜と8人の男たち」を上梓した。酒井さんが文章を書くことで伝えたい思いとは何だろうか――。(2016/3/30)

烏賀陽弘道の時事日想:
「ネット世論」を分析しても、選挙の結果は“逆”になる理由
衆議院選挙の投票があり、与党(自民党・公明党)の大勝という結果に終わった。大方の予想どおりとも言えるが、筆者の烏賀陽氏はネット上に飛び交う意見を見ていて、あることに気づいたという。それは……。(2014/12/16)

マネーの達人:
1年で2600万円稼ぐ――杉村太蔵氏に学ぶ株投資の極意
2013年の1年間で2600万円もの利益を出したという元衆議院議員の杉村太蔵氏。彼がどんな投資術を用いたかのぞいてみましょう。(2014/10/27)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/9)

候補者を人違い Twitter、参院選ページのミスに謝罪
候補者のTwitterアカウントを表示するはずが、名前が似た別の人になっていた。(2013/7/5)

窪田順生の時事日想:
安倍首相が「左翼の人達」に演説妨害されたワケ
安倍首相が自身のFacebookに投稿した「左翼の人達が演説妨害」が話題になっている。街頭演説の様子を「聴衆の中に左翼の人達が入って来ていて」などと報告したが、翌日、その投稿が閲覧できない状態になった。その理由は……。(2013/6/11)

アベノミクスでどうなるの? 株式市場の行方を探る――ビジネステレビ誠アーカイブ
毎月1回のネット生放送「ビジネステレビ誠」。3月のテーマは「アベノミクスでどうなるの? 株式市場の行方を探る」。マネックス証券チーフ・エコノミストの村上尚己さんをゲストに株式市場の未来を占いました。現在、アーカイブ公開中です。(2013/3/14)

「仲良くしていく以外、道はない」――丹羽宇一郎元大使が語る、今後の日中関係
尖閣諸島をめぐる対立から、まだ回復していない日中関係。2012年12月まで中国大使を務めた丹羽宇一郎氏は日本外国特派員協会で行った会見で、「日中両国は仲良くしていく以外、道はない」と述べ、尖閣諸島問題については棚上げが適切という認識を示した。(2013/1/31)

「復興という状況にはまだない」――陸前高田市長が語る被災地の現状
東日本大震災による大津波などで1700人以上の死者・行方不明者が出た岩手県の陸前高田市。そのトップとして復興の指揮をとってきた戸羽太市長だが、被災から2年が経とうとしている今でも「復興という状況にはまだない」という。【写真追加】(2013/1/26)

ねとらぼが選ぶ「2012年ネットニュース大賞」は「ステマ騒動」に決定! 読者投票上位は「大津いじめ」「ココロコネクト炎上」など
今年1年を振り返り、もっともネットを騒がせたニュースを投票で決める「ネットニュース大賞」。栄えある第1回大賞は――。(2012/12/29)

小中学生が選ぶ2012年重大ニュース、身近で明るい話題が上位に
小学5年生〜中学3年生を対象に「2012年の重大ニュース」を尋ねると、身近で明るいニュースが上位に入った。学校ネット調べ。(2012/12/21)

【連載】“ヤフー・トピックスの中の人”が紹介するヤフー・トピックス:
第4回 ヤフー・トピックスで振り返る2012年――2位に「政局」、8位「シリア」
今年1月から11月末までに、ヤフー・ジャパンのトップページに掲出されたトピックスの数は、2万1679本ありました。今回はこのデータから「トップ掲出回数の多いトピックスランキング」を作成し、今年を振り返ってみたいと思います。(2012/12/27)

ニコ生配信ツールがバージョンアップ NLEことNiconico Live Encoderがアップデート
Niconico Live Encoder(Windows用アプリ)がバージョンアップしてVer2.0(β)となった。(2012/12/17)

Google+で「政治家と話そう」 野田首相、安倍総裁、橋下代表代行など出演
Google+のビデオチャット機能「ハングアウト」で政党代表者と一般参加者が直接話し合う「政治家と話そう」の出演者が決定。(2012/12/13)

野田vs安倍の格ゲー登場 台湾のアニメ会社が制作
「これでいいノダ」「カイケンポウ」など独自の技が設定されています。(2012/12/12)

米国の政治家はどのようにイメージ作りしているのか――『完璧なイメージ』著者に聞く
衆議院総選挙の投票日まであと少しとなったが、多くの人の支持を集めなければならない政治家にとって重要なのがイメージ戦略。映像先進国である米国の政治家はどのようなことを行っているのだろうか。『完璧なイメージ: 映像メディアはいかに社会を変えるか』の著者であるキク・アダット氏に尋ねた。(2012/12/11)

ネット選挙活動解禁で何が変わるか 議員や津田大介さんら議論
ニコニコ生放送での党首討論が実現するなど、政治とネットの距離は確実に縮まってきている。ネット選挙活動の解禁を通じ、人々の生活と政治はどう変わるのか。与野党議員や津田大介さんらが議論した。(2012/12/4)

2012年のユーキャン新語流行語大賞 年間大賞は「ワイルドだろぉ」
「ステマ」「いいね!」などのネット関連語は受賞ならず。(2012/12/3)

140万人が見守った「ネット党首討論」 フルオープン、ミラー歓迎……ニコニコらしさの行方
本番のニコニコらしさは控えめ。一方、生主によるミラー配信などその周辺ではニコニコらしさが漂っていた。(2012/11/30)

人気調査データをランキングで紹介:
ソーシャルメディアの口コミを分析した調査が浮上〜調査データランキング〜
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「宅配ピザ業界大手三社のクチコミシェア」や「平成23年度の三大都市圏における鉄道混雑率」がランクインしました。(2012/11/30)

首相の頭上に「8888888」 140万人がみた「ネット党首討論会」
首相の頭上に流れる「8888888」──「ネット党首討論会」がニコファーレで行われ、10党の代表がTPP参加問題などについて議論を交わした。(2012/11/30)

「大増税」時代に備えて:
どうする? サラリーマンの節税
サラリーマンにできる節税はそれほど多くはない。多くはないが、やらないよりやったほうがいいに決まっている。今回は申告書の記載方法や節税の具体的な方法を紹介しよう。(2012/11/29)

ニコ生「ネット党首討論会」140万人が視聴 コメント50万超
「ネット党首討論会」が「ニコファーレ」で行われ、その様子は「ニコニコ生放送」でライブ配信された。配信ページには累計約140万人が来訪。50万超のコメントが集まった。(2012/11/29)

ニコ生「ネット党首討論会」スタート 開始前から20万人超が来訪
ドワンゴが各政党に呼び掛けた「ネット党首討論会」がスタートした。ネットユーザーの注目度は高く、配信ページには開始前から累計20万人以上が来訪した。(2012/11/29)

ニコ生「ネット党首討論会」、非会員にも開放
ドワンゴが各政党に呼び掛けた「ネット党首討論会」が11月29日午後8時に開かれる。非会員でも無制限に視聴可能だ。(2012/11/29)

相場英雄の時事日想:
信金立てこもり事件に見る、過熱報道の危険性
愛知県豊川市の信用金庫で立てこもり事件が発生した。愛知県警の捜査員が支店に突入し、事件は一件落着したが、違和感も覚えた。それは、なぜこの事件が“報道協定”の扱いにならなかったのかということだ。(2012/11/29)

野田首相、ニコ生討論に応じる意向
野田首相が、29日のニコニコ生放送での党首討論に応じる意向を表明した。(2012/11/28)

民主党・マニフェスト発表会見ライブ配信 野田首相ら出席
民主党・マニフェスト発表記者会見をライブ配信する。野田佳彦首相、細野豪志政調会長、馬淵澄夫政調会長代理が出席する。配信は11月27日17時0分〜。(2012/11/27)

ビジネス手帳とプライベート手帳、誰のモノを見たい?
他人の手帳を覗き見することはあまりいいことではないが、もし見れるとしたら誰の手帳を覗いてみたいですか? 手帳を使用しているビジネスパーソンに誰のビジネス手帳を覗いてみたいかを聞いた。高橋書店調べ。(2012/11/27)

ドワンゴ、民主党に抗議 安住氏「極めて偏った動画サイト」発言に反発
民主党の安住幹事長代行がニコ動について「極めて偏った動画サイト」と発言したことについて、ドワンゴは「根拠の無い誹謗中傷」と強く抗議。(2012/11/27)

「ニコ生で党首討論」めぐり自民・民主が火花 安倍総裁の提案に民主は「フルオープン」提案
「ニコ生で党首討論を」──自民・安倍総裁の提案に自民と民主が火花。民主は“アウェイ”を警戒し、全メディアに開放する「フルオープン」での開催を申し入れたという。(2012/11/26)

相場英雄の時事日想:
解散報道に問題はなかったのか “はしょりすぎ”の罪
党首討論の最中、野田首相が解散日程を提示するという一幕があった。その後の解散報道を伝えた主要メディアに、問題はなかったのだろうか。結論から言えば、“はしょりすぎ”の稚拙な速報が目立った。(2012/11/22)

最年少政令市長が経験した地方政治改革(1):
なぜ千葉市で政令市最悪の財政が生み出されたのか
2009年に現役の市長では当時全国最年少、政令市長としては史上最年少の31歳で千葉市長に当選した熊谷俊人氏。若い力が必要とされた背景には約60年間、助役出身市長が続き、役所体質がまん延していた状況があった。(2012/11/21)

藤田正美の時事日想:
有権者は何を期待して選挙に臨めばいいのか
11月16日に野田首相が衆議院を解散した。有権者はいったい何を期待してこの総選挙に臨むのか。もはや政治の変化は望むべくもないとすれば、何はともあれまず「ぶっ壊す」ことから始めねばならないということだろうか。(2012/11/19)

日本人写真家の作品がアメリカでも話題に
日本で昨年に発売された写真集「みさおとふくまる」が、日本だけでなく、アメリカでも話題になっているという。(2012/11/17)

アニメ「イナズマイレブンGO」で超展開 「サッカーで大政奉還」に実況大盛り上がり
おれの知ってる大政奉還と違う。(2012/11/14)

藤田正美の時事日想:
日本外交に戦略はあるか?
中国で開かれている共産党第18回党大会。5年に1度の指導部の交代を決める重要な大会だ。この大会に向けて権力闘争が活発だった時期に、日本は尖閣諸島を国有化したが、それがもたらす影響について民主党政権に「読み」はあったのだろうか。(2012/11/12)

「政治もマスコミも“福島”を収束させようとしている」――南相馬市長が語る復興の現実
福島第一原発のすぐ北に位置する南相馬市。いまだ2万3000人以上が避難生活を送っている同市だが、桜井勝延市長は日本外国特派員協会で行った会見で「政治も日本のマスコミも、事故が収束したかのような報道の中で、“福島”を収束させようと思っているかのように感じる」と語った。(2012/11/2)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(20):
早く教科書になりたい! 教育の現場から叫ぼう
教科書は「図書」と定義されていて、紙でないと認められないのだ。現状では、いくらデジタルが頑張っても教科書にはなれない(2012/11/2)

伊吹太歩の世界の歩き方:
小泉進次郎はできる「若いやつ」か?
米政府高官もイラつく日本政界。来日した米国務次官補は、首相や大臣がコロコロ変わる日本政治はまるで「回転ドア」のようだといった。もはや次の世代に期待するしかない。(2012/11/1)

法制度・規制:
グリーン・エネルギーに411億円、コージェネなどへ緊急予算
政府は今年度予算の予備費を使った緊急経済対策の第1弾を発表した。東日本大震災からの復興支援に加えて、グリーン・エネルギーの早期拡大に向けた対策に411億円を割り当てる。家庭向けコージェネレーションや産業分野の廃熱などを再利用するシステムが緊急対策の対象になる。(2012/10/30)

政治家のソーシャルメディアでの影響力、トップは橋下市長……野田総理は?
アジャイルメディア・ネットワークは独自調査をもとにした、政治家のソーシャルメディアでの影響力ランキングを発表。トップは大阪市長で大阪維新の会代表の橋下徹氏だった。(2012/10/25)

法制度・規制:
「グリーンエネルギー革命をロケットスタート」、野田首相が改めて強調
国のエネルギー戦略に関して賛否両論が渦巻く中、野田首相が「グリーンエネルギー革命」にかける強い意気込みを表明した。「原発に依存しない社会を一日も早く実現するために」と強調して、再生可能エネルギーの拡大と省エネルギーの推進を呼びかけた。(2012/10/15)

野田首相の記者会見をライブ配信 新閣僚発表
野田佳彦首相による、第3次改造内閣新閣僚発表に関する記者会見の模様をライブ配信する。配信は10月1日13時15分〜。(2012/10/1)

民主党両院議員総会ライブ配信 党役員人事正式決定へ
野田佳彦代表再選出後初めての民主党両院議員総会が開催。その模様をライブ配信する。この総会で党役員人事を正式に決定する予定。配信は9月28日14時0分〜。(2012/9/28)

第67回国連総会ライブ配信 野田首相が演説
ニューヨークで開催される第67回国連総会の模様をライブ配信する。野田佳彦首相による一般討論演説などが予定されている。映像はAP通信によるもの。配信は9月26日22時0分〜。(2012/9/25)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
原発「ゼロ目標」の愚
原発を稼働させるリスクと、日本の経済のリスクをどう秤量し、どう判断するか。政治家は役割を果たせるだろうか。(2012/9/25)

藤田正美の時事日想:
概算要求100兆円超、歳出削減できない国に未来はない
来年度予算の概算要求は復興費も含めると合計で100兆円を超え、過去最大になった。使う方を絞らなければいくら国民からカネを集めても財政再建などできるはずがない。(2012/9/10)

藤田正美の時事日想:
誰が日本の政治に責任を持つのか
党内をまとめきれていない民主党。一方、野党第一党の自民党も独自政策を打ち出せる雰囲気はない。いったい何をやりたくて政治家になっているのか、一人一人の議員に問いただしたいと考える有権者も少なくないだろう。(2012/8/27)

野田総理、竹島・尖閣問題で会見「遺憾の極み」「不退転の覚悟で臨む」
今後は領土問題に対応するため、政府側の体制強化も検討する。(2012/8/24)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。