ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アベノミクス」最新記事一覧

株価上昇と生前贈与の推進がカギ:
資産1億円超の「富裕層」が増加中、なぜ?
1億円以上の資産を持つ富裕層が日本社会で増加している――NRI調べ。(2016/11/28)

会員制リゾートホテル復活、人気のワケは「日本人だけ!」
バブル崩壊で憂き目にあった会員制リゾートホテルが、活況を取り戻している。株式相場が一時期の低迷から脱し、富裕層が再びぜいたくを楽しみ始めたほか、安い会員権も増え、市場が広がってきた。(2016/11/4)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「国産」と「外資系」のパッケージソフト、結局何が違う?
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。本題に入る前に、外資系ベンダーと国産ベンダー、両者の製品の違いについておさらいしておこう。(2016/10/31)

空前の「ネコブーム」到来:
「理解難しい」――日本のネコブームに海外メディアは冷ややか
日本の「ネコブーム」に外国メディアも注目。和歌山電鉄貴志駅のネコ駅長「たま」や、大阪・心斎橋の「ネコビル」などを詳しく紹介している。中でも中国メディアは熱心だが、日本のネコブームについて「外国人には理解が難しい」などの冷ややかな見方も。(2016/10/5)

上場企業の年収、6年連続増の622万円 それでも給与上がったと実感できない3つの理由とは……
上場企業の16年3月期の平均年間給与は前期比1.2%増の622万3000円。調査を始めて以来、6年連続の増加だが、給与は上がったと実感するサラリーマンはごくわずかで、個人消費も伸びていない。(2016/9/12)

上場企業の平均年収は6年連続増の622万円 それでも給与上がったと実感できない理由
上場企業2218社の2016年3月期の平均年間給与は前期比1.2%増の622万3000円だったことが、東京商工リサーチの調査で分かった。この6年間で44万8000円上昇したが、「給与は上がった」と実感するサラリーマンは少ないのでは。(2016/8/31)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
シェイクシャックは日本で「第二のスタバ」になれるのか?
昨年11月に日本初上陸したニューヨークの人気ハンバーガーショップ「シェイクシャック」が国内出店を加速させている。本国でもいまだ行列ができるシェイクシャックの強さとは一体何だろうか?(2016/8/31)

法制度・規制:
エネルギー・電力改革と福島・熊本復興を基盤に、2017年度の経済産業政策
経済産業省は2017年度の予算案のベースになる経済産業政策の骨子をまとめた。“道半ば”のアベノミクスを加速させるために、IoTの活用による「第4次産業革命」に向けた投資の拡大など4分野の重点テーマを掲げる一方、基盤の政策としてエネルギー・電力改革と福島・熊本復興を推進していく。(2016/8/25)

マネーの達人:
「ベーシック・インカム」は日本を元気にする秘策になるか
社会保障の1つに「ベーシック・インカム」という考え方がある。ベーシック・インカムとは、政府が全国民に最低生活保障として一定の現金を支給する政策のこと。今回は、日本を元気にする秘策として堀江貴文氏も提唱していたベーシック・インカムについて説明しよう。(2016/7/14)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
モスとマックの業績が急回復 それでも安心できない両社共通の悩みとは?
このところ、モスフードサービスとマクドナルドの業績が急拡大している。その理由とは? この流れは今後も続くの? 経済評論家、加谷珪一が解説する。(2016/7/14)

LINE上場は「最悪のタイミング」? 予想以上に強かった“韓国色”
LINEの上場が決まった。ほとんどの株式を保有しているのは韓国の企業と個人と判明。上場は「最悪のタイミング」との声もある。(2016/7/11)

LINEは予想以上に韓国色が強かった…上場資料から浮かび上がった驚きの実態
無料通話アプリを展開するLINEが15日、東京証券取引所に上場する。同社の決算をみると、79億円の連結最終赤字で、韓国系役員の報酬が52億円超であることも明らかに。(2016/7/11)

マネーの達人:
三菱東京UFJ銀行が、もう国債を買わないって本当?
三菱東京UFJ銀行が「国債市場特別参加者資格」を国に返上しました。今回はその資格と、それを返上することで国債に与える影響についてお話しします。(2016/6/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜいま松屋フーズは“とんかつ”に力を入れるのか
松屋フーズの低価格とんかつ業態「松のや」の出店が加速している――。牛めし業態「松屋」に続く第2の柱として、同社はいま“とんかつ”に力をいれているようだ。その理由とは?(2016/6/2)

エネルギー列島2016年版(6)山形:
バイオマス発電が「モリノミクス」を加速、港の洋上風力と波力にも期待
森林資源が豊富な山形県は木質バイオマスで地域を活性化する「モリノミクス」を推進中だ。木質バイオマス発電所の建設計画が相次いで始まっている。下水を処理する浄化センターではバイオガスで作った電力が増えてきた。日本海に面した港には洋上風力と波力発電の可能性が広がる。(2016/5/17)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
高齢者の5人に1人が貧困 どうすれば老後を守れるのか
高齢者の貧困率が問題になっています。なぜ高齢者が貧困に陥ってしまうのでしょうか。私たちの老後はどう守ればいいのでしょうか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/22)

末は博士かスーパーエンジニアか:
「プログラミング学習塾」に、MITなどが開発した教材を使ったコースが登場
小・中・高校生向けプログラミングスクールのスタープログラミングスクールは、マサチューセッツ工科大学など学術機関が開発した教材を採用したコースを開設する。(2016/3/4)

世界で80万以上の宿を提供:
オーナーが同居しない空き部屋シェアリングは規制強化せよ
「シェアリング・エコノミー」の代表例は配車サービスのUberと、空き部屋シェアサービスのAirbnbであるが、注目を集めると共に論議を呼んできた。今回は、Airbnbのコミュニティーにとってのセキュリティの観点から考えてみよう。(2016/2/26)

マネーの達人:
「マイナス金利」が導入されたけど、お金の運用はどうすればいいの?
2月9日、10年国債利回りが初のマイナスとなり、金利市場に大きな混乱が起きています。そんな中、われわれのお金はどう運用すればいいのでしょうか?(2016/2/19)

スピン経済の歩き方:
「下流老人」「老後破産」報道の正しい受け取り方
「下流老人」「老後破産」といった言葉をよく目にするが、こうしたネガティブなワードを私たちはどのように受け止めればいいのか。筆者の窪田氏は……。(2016/2/2)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
2016年は日系製造業の“夏休み”か!?
頑張れ! 受験生!!(2016/1/12)

2016年 新春インタビュー特集:
Watsonが導く、次世代の“ヘルスケア”ビジネス――IBM・与那嶺社長
IBMが注力するコグニティブ・テクノロジー「Watson」。これは今後どのような価値をわれわれにもたらしてくれるのか。同社のポール与那嶺社長が特に注目しているのは、身近な話題かつ、社会貢献とビジネスが両立しやすい“ヘルスケア分野”への応用だという。(2016/1/2)

介護スタッフ間の円滑な情報共有を実現
地域包括ケアシステムの課題解決を目指し、愛媛県西予市が採用したクラウドとは?
慢性的な介護関連職の人材不足に悩む愛媛県西予市。同市は課題解決のためにクラウドサービスを採用した。その取り組みを紹介する。(2015/12/22)

日本の女性活躍に向けた5つの優先施策とは?
日本企業で女性の就労を男性と同じ水準へと増やすだけで、GDPが最低でも9%増加すると言われている。いかにして女性の活躍の場を創出するべきか。5つの優先施策を紹介したい。(2015/12/18)

CSAJ「テレワークとクラウド」セミナーリポート
“在宅勤務あるある”の課題を解決、中堅・中小企業が本気でテレワークを導入するには?
スマートデバイスやリモートアクセス技術、クラウドサービスの普及で、オフィスにとらわれず自由な場所で働ける環境の実現は困難ではなくなった。しかし企業がテレワーク制度を導入するとなると話は別のようだ。(2015/12/2)

金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
今からでも遅くない? 年収200万円と800万円の分かれ道
サラリーマンの給料が減っていく――。このような話を聞くと、不安を感じる人も多いのでは。人口減少などの影響を受け、大幅な経済成長が見込めない中で、私たちはどのように仕事をしていけばいいのか。リクルートでフェローとして活躍された藤原和博さんに聞いた。(2015/11/13)

IDCフロンティア×freeeトップ対談:
PR:事業成長の陰にあるもの、ビジネスイノベーションを起こす組織の条件とは?
伸び悩む日本経済、少子高齢化などで先細りする日本市場――。将来が不透明なこの時代に企業リーダーは何を指針に経営に取り組むべきか。クラウド/データセンター事業を手掛けるIDCフロンティアの中山社長と、クラウド会計ソフトスタートアップのfreee・佐々木社長が対談した。(2015/10/30)

【連載コラム】医療ITの現場から
2016年度診療報酬改定で気になる「医療IT」への評価付け
2016年(平成28年)度診療報酬改定について、医療IT業界ではIT関連の点数が新設されるのではという期待が高まっている。中医協での議論を基にその行方を占う。(2015/10/20)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
SIPをご存じですか?
ああ、肩に貼るやつね……。(2015/10/13)

アパレルメーカー事例に学ぶ:
PR:中堅・中小企業だからこそ海外展開で業務クラウドが必須な理由
収益を上げるために海外市場に打って出たいが、コストも時間もかけられない……。そんな悩みを抱える中堅・中小企業を支援するクラウドサービスをご存じだろうか。アパレルメーカーの成功事例などを基に紹介する。(2015/10/1)

生活定点のデータは1992年から:
博報堂が公開する”生活定点”、データと日経平均との関連性から分かることとは?
日々の経済状況は、私たちの生活を如実に反映したものです。しかし、自分の意思や心理が経済状況とどのような関係性にあるかを、感覚として把握するのは難しいです。本稿では、その関連性を数字で明らかにします。(2015/9/30)

水曜インタビュー劇場(マネー公演):
“大きな三角形”をつくった人が、圧倒的に稼ぎまくるワケ
「稼ぐ力」というフレーズが注目されているが、どうすればいいのか分からない人も多いのでは。そこで、リクルートでフェローとして活躍し、その後中学校の校長を務めた藤原和博さんに“稼ぐ方法”について聞いてきた。(2015/8/26)

水曜インタビュー劇場(マネー公演):
なぜ、あの人は「稼ぐ力」があるのか? 1万分の1の存在になる方法
「稼ぐ力」というフレーズが注目されているが、どうすればいいのかなあと感じている人も多いのでは。リクルートでフェローとして活躍し、その後中学校の校長を務めた藤原和博さんに“稼ぐ方法”について聞いてきた。(2015/8/19)

「オフィスにしばられない働き方」をITで実現
多様な人財が活躍できる環境づくりとは? 今求められる「新しい働き方」のススメ
少子高齢化による労働人口減少が顕在化しつつある日本では、人財リスク対策として、ワークタイル変革が企業にとって喫緊の経営課題となっている。課題解決に向けたヒントとして、具体的な取り組みを紹介する。(2015/8/4)

“戦略的IT活用”が生き残りのカギ:
「このままだと企業の4割が消える」――経産省が“攻めのIT”を後押しするワケ(前編)
攻めのITに取り組む企業を選出したり、企業のIT投資についての調査を行うなど、経済産業省が「攻めのIT」を推進しようと活発に動いている。国として、今「攻めのIT」を推進するのはなぜなのか。経産省の担当者に聞いてみた。(2015/7/30)

水曜インタビュー劇場(観光公演):
日本人のここがズレている! このままでは「観光立国」になれません
「訪日客が1300万人を突破」といったニュースを目にすると、「日本は観光立国になったなあ」と思われる人もいるだろうが、本当にそうなのか。文化財を修繕する小西美術工藝社のアトキンソン社長は「日本は『観光後進国』だ」と指摘する。その意味とは……。(2015/7/15)

2015年上半期「希望・早期退職者募集」状況」
2015年上半期に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業の数は? 東京商工リサーチが調べたところ……。(2015/7/9)

世帯純資産1億円以上:
日本の富裕層女性って、どんなタイプが多い?
富裕層女性(世帯純資産1億円以上、世帯年収2000万円以上)はどんなタイプが多いのだろうか。一般女性と富裕層女性に、1カ月当たりの自由に使えるお金を聞いたところ……。電通とハースト婦人画報社調べ。(2015/6/24)

医療・介護分野における“IT化の徹底”を狙う日本政府
マイナンバーのインフラ活用が不安材料? 「医療等ID」が2018年に始動
日本政府は2015年5月29日、「医療等ID」に関する方針を決定した。マイナンバー制度のインフラを活用し、2018年4月から段階的な運用を始め、2020年の本格運用を目指す。(2015/6/24)

水曜インタビュー劇場(読書公演):
知らず知らずのうちに“あの本”を読んでいる? ビジネス書の10年を振り返る
ビジネス書のベストセラーをみると、ちょっと気になることがあった。10年ほど前には「お金」に関する本が上位に並んでいるのに、いまは少ない。5年ほど前には「仕事術」に関する本が目立っていたのに、いまは少ない。その理由は……。(2015/5/27)

マネーの達人:
「かっぱ寿司」でクレジットカード・電子マネー決済が可能に――そのメリットは?
回転寿司の「かっぱ寿司」で、クレジットカードと電子マネーでの決済が可能になりました。今回は、サービス開始の背景と利用者側のメリットについて考えます。(2015/5/21)

国際CIO学会10周年記念講演会:
日本再興戦略の成功と超高齢社会の問題解決――鍵になる女性の活躍とICTの活用
国際CIO学会創立10周年記念公開講演会「日本経済社会の未来」のセッションでは、「超高齢社会における女性とICT」をテーマにパネルディスカッションが行われた。(2015/5/19)

農業ERPや遺伝子解析:
今、IBMが注目するスタートアップ企業5社
IBMのスタートアップ支援プログラム「BlueHub」の第1期が終了。農業ERPや遺伝子解析など、新進気鋭の5チームが自身が展開するサービスの概要を説明した。(2015/5/13)

製造マネジメントニュース:
“意志ある踊り場”から踏み出すトヨタが育てたい“打者”
トヨタ自動車が2014年度の連結決算を発表。売上高、営業利益、当期純利益ともに過去最高を更新するなど好調な結果となった。2014年度を“意志ある踊り場”と位置付けていた同社だが、代表取締役社長の豊田章男氏は「意志ある踊り場から実践の段階に入った」と語った。(2015/5/8)

ユーロ圏もデフレで世界デフレに突入? 最新の世界経済予測
(2015/4/23)

ハノーバーメッセ2015:
インダストリー4.0で日独の協力関係はあり得るのか(前編)
ハノーバーメッセ2015において第9回となる日独経済フォーラムが開催された。毎年両国のさまざまな経済トピックがテーマとされているが今回は「インダストリー4.0」がテーマとされた。(2015/4/17)

マネーの達人:
得する預金――少しでも高い金利で預金するポイント
最近、「預金で得するコツ」について問い合わせがありました。預金金利が過去最低水準にあるなか、少しでも高い金利で預金することに関心が集まりつつあるようです。今回は、少しでも高い金利で預金するポイントについてお話しします。(2015/3/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
僕たちは「会社」でどこまでできるのか?――モーニングピッチ「創業者」塩見哲志氏は、いかにしてイントレプレナーになったか?
日本はベンチャーが育ちにくい環境にある。資金面、大企業と取引するための信用など実績重視の評価はベンチャーには不利である。このようなベンチャーの過酷な環境を改善したいと、企業をまたがって立ち上がった20代の若者がいた。(2015/3/12)

「すかいらーく」がデータ分析基盤を刷新したワケ
成熟しつつある外食産業でどう売り上げを伸ばすか。各社、プレミアム路線や新業態への進出などさまざまな施策を展開しているが、すかいらーくはデータ分析でマーケティングの効果を向上させようとしている。そんな同社が導入したデータ分析基盤とは。(2015/2/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
権威を後ろ盾とした思考停止は、一刻も早く改めたほうがいい
経済政策とはいったい誰のために存在するのか考えてみてほしい。すべての人々や企業に平等に恩恵をもたらすユートピア的な経済政策などは存在しないことは分かっているが、このままでいいのだろうか。(2015/2/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。