ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「野村総合研究所」最新記事一覧

通常の半分以下のマイルで:
6000マイルで羽田と“どこか”の国内空港を往復 JALとNRI
日本航空と野村総合研究所は12月12日午前11時から新サービス「どこかにマイル」の提供を開始。6000マイルで羽田空港からJALグループの直行便が運航する全国の“どこか”の空港に行ける。(2016/11/29)

株価上昇と生前贈与の推進がカギ:
資産1億円超の「富裕層」が増加中、なぜ?
1億円以上の資産を持つ富裕層が日本社会で増加している――NRI調べ。(2016/11/28)

IoTセキュリティ:
産業用制御システムのセキュリティ対策支援で協業
NRIセキュアテクノロジーズと米GEデジタル傘下のカナダWurldtech Security Technologiesは、産業用制御システムの制御・運用技術のセキュリティ分野において、日本国内の対策支援で協業する。(2016/11/24)

IoT市場は2022年度に3兆円規模まで拡大:
野村総研、2022年度までの国内ICT市場予測を発表
野村総合研究所が、2022年度までのICTに関連する主要分野についての動向分析と市場規模の予測を発表。主要市場はIoTや携帯端末がけん引し、引き続き成長すると予測する。(2016/11/22)

新人記者(応援団長)が行く:
自動運転の普及で山手線がなくなる日
自動運転の実用化に向けた動きが加速している――。安倍首相は「2020年に東京で完全自動運転車(無人車)を走らせる」と宣言しているが、無人車の普及は社会に、経済にどのようなインパクトを与えるのだろうか。野村総合研究所の「自動運転車の普及による影響」などについて詳しい専門家、晝間敏慎(ひるまとしみつ)氏に話を聞いた。(2016/11/21)

「SAP Hybris Commerce」と連携:
ECにおける優良顧客層囲い込みへ、NRIグループ会社が企画から基盤構築・運用までワンストップで提供
野村総合研究所のグループ会社であるブライアリー・アンド・パートナーズ・ジャパンは、ロイヤリティープログラムの企画からその実現のためのオムニチャネル基盤の構築、運用までをワンストップで提供するサービスを開始した。(2016/11/18)

NRIセキュアテクノロジーズ/GEデジタル:
産業用制御システムのセキュリティ対策支援で協業、「アキレス認証」を行う国内初の第三者機関に
NRIセキュアテクノロジーズとGEデジタル傘下のWurldtech Security Technologies(ワールドテック)は、産業用制御システムの制御・運用技術におけるセキュリティ分野において、日本国内における対策支援の協業について合意した。(2016/11/14)

標的型メールは8人に1人が開封、「開くな」対策に効果なし
NRIセキュアテクノロジーズは、情報セキュリティ対策サービスを通じて蓄積したデータを基に、最新の動向分析と推奨する対策をまとめた「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2016」を発表した。(2016/8/19)

新デジタルビジネスの創造を目指す:
野村総合研究所、デジタル領域に特化した新会社「NRIデジタル」を設立
野村総合研究所は、デジタルビジネスを専門とする「NRIデジタル」をを2016年8月1日付で設立すると発表した。(2016/7/29)

空き家数、2033年に2170万戸へ倍増 
野村総合研究所(NRI)は、2033年の空き家数は約820万戸(2013年時点)から約2170万戸に倍増し、空き家率は13.5%から30.4%に上昇するという推計を発表。(2016/6/7)

NRIメディアフォーラムより:
「サービスロボット」の最新動向【後編】
「第233回NRIメディアフォーラム」(主催:野村総合研究所)の中で紹介された「『サービスロボット』の最新動向」を基に、サービスロボットの今とこれからについて説明する。後編では「サービスロボットの現在の利用シーン」と「今後の展望」について取り上げる。(2016/4/14)

テーマは「生活者の変化が広告にもたらすもの」:
野村総合研究所が 「マーケティング分析コンテスト2016」を開催
野村総合研究所は、「生活者の変化が広告にもたらすもの」をテーマとして、「マーケティング分析コンテスト2016」を開催する。(2016/4/12)

NRIメディアフォーラムより:
「サービスロボット」の最新動向【前編】
「第233回NRIメディアフォーラム」(主催:野村総合研究所)の中で紹介された「『サービスロボット』の最新動向」を基に、サービスロボットの今とこれからについて説明する。前編では「なぜ、今サービスロボットなのか?」について取り上げる。(2016/4/5)

Weekly Memo:
情シスよ、組織の壁を越えよ 「企業のデジタル化」の実態と課題
このところ「企業のデジタル化」が話題に上ることが増えてきた。果たしてその実態はどうなのか。課題は何か。野村総合研究所の最新調査を基に考察してみたい。(2016/3/22)

セキュリティの人材難、ITとセキュリティの担当を分けるべき?
セキュリティ人材の確保が難しくなる状況に企業はどう対応すべきか。NRIセキュアが“あるべき姿”への取り組みを提言している。(2016/2/17)

水曜インタビュー劇場(消える仕事公演):
人工知能と外国人に、私たちの仕事は奪われてしまうのか
人工知能によって、自分の仕事が奪われるかもしれない――。そんな不安を感じたことがある人も多いと思うが、実際のところどうなのか。このテーマを調査した、野村総合研究所の担当者に話を聞いた。(2016/2/10)

羽田空港でNAOがご案内、JALと野村総研が実証実験
日本航空と野村総合研究所が、羽田空港にてサービスロボット「NAO」を利用しての顧客サービス向上の実証実験を期間限定で実施する。(2016/2/8)

住信SBIは実用化向けシナリオを検討、テックビューロはパブリックテストを開始:
ブロックチェーン技術活用の動きが本格化。利点はどこにあるのか
野村総合研究所とさくらインターネットは、それぞれブロックチェーン技術の実証に向けた取り組みを明らかにした。これらの取り組みの核にあるのは「NEM」およびその技術的な成果をベースにしたmijinなどのプラットフォームだ。(2015/12/16)

日本の労働人口の49%、人工知能・ロボットで代替可能に 10〜20年後 NRI試算
10〜20年後、国内労働人口の49%に当たる職業が人工知能やロボットで代替される可能性が高い──NRIが試算を発表。(2015/12/2)

スマートフォンを軸に「ネットとリアルが融け合う」時代:
野村総合研究所が予測、B2C向けEC市場は2021年度に25兆円規模に
野村総合研究所が発表した2021年度までのICT(情報通信技術)市場の動向分析と市場規模の予測から、マーケティング関連分野に関する報告を紹介する。(2015/11/27)

コンサルティングからシステム導入・運用まで一貫したサポート:
野村総合研究所とペガ、デジタルマーケティングの分野で協業
野村総合研究所とペガジャパンは2015年11月24日、デジタルマーケティングの分野で協働を開始すると発表した。(2015/11/24)

野村総合研究所が選択したDB基盤:
PR:金融機関向けSaaSに必要な三つの要件。Oracle Exadataはどう応えたか
金融機関のミッションクリティカルな業務で利用されるクラウドサービスには、当然ながら可用性やパフォーマンス、災害対策などを高いレベルで実現することが求められる。これらの要件を満たしたサービスを提供する野村総合研究所では、国内銀行業界で高いシェアを誇る金融機関向けSaaS「BESTWAY/JJ」のデータベース基盤に「Oracle Exadata」を採用した。[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System](2015/11/13)

アプリケーションレイヤーへの高度なサイバー攻撃を防御:
東京エレクトロン デバイスがWAFのマネージドサービスを発表
東京エレクトロン デバイスは、Webアプリケーションファイアウオールを利用したセキュリィサービスの提供を開始すると発表した。F5ネットワークスジャパンのBIG-IP ASMとNRIセキュアテクノロジーズの運用サービスを組み合わせて、アプリケーションへの攻撃を検知・防御する。(2015/10/22)

電力供給サービス:
料金が1割安くなれば16%の家庭が新電力へ、移行額は8900億円
野村総合研究所は2016年4月から始まる電力の小売全面自由化に向け一般家庭を対象に、新たな電気料金プランの値引き率と、電力会社の乗り換え(スイッチング)の相関性に関する調査結果を発表した。調査結果では約10%の値引きがスイッチングを促す目安になるとしている。(2015/10/13)

ポイント・マイレージの年間発行額、2020年度に1兆円突破へ
野村総合研究所は9月10日、企業が1年間に発行するポイント・マイレージを現金換算した「年間最少発行額」を発表した。(2015/9/10)

セキュリティ意識や情報リテラシの低さが原因か:
役員の標的型メール開封率は従業員の1.5倍――NRIセキュア調査結果
NRIセキュアテクノロジーズは2015年7月17日、自社のセキュリティサービスを通じて得られたデータを基にした調査リポート、「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2015」を発表した。標的型メールの開封率を調査した結果、役員の開封率が従業員の約1.5倍だった。(2015/7/17)

国内の乗用車保有数、2030年までに350万台減少 世帯減少率を上回る 野村総研が予測
全国の乗用車保有台数は2030年までに350万台以上減少し、減少率は世帯減少率を上回るという予測を野村総研が発表した。高齢化と都市部への集中が影響。(2015/6/5)

野村證券、“脱メインフレーム”へ 基幹系システムをASPに
野村證券は、ホールセールバックオフィスシステムをNRIが提供するASPサービスに移行。メインフレーム上で稼働する証券基幹系システムを完全に停止させた。(2015/5/8)

20代男性は「お酒、タバコ、ギャンブル」に興味なし? 野村総合研究所調べ
今の若い男性はアルコールをあまり飲まない、ギャンブルをあまりしない、といった声があるが、実際のところどうなのか。好きなこと・習慣にしていることを聞いたところ……。野村総合研究所調べ。(2015/1/14)

製造マネジメントニュース:
東洋ビジネスエンジニアリングが、野村総研、図研と資本業務提携
東洋ビジネスエンジニアリングは、野村総研および図研と資本業務提携を行うことを発表した。(2014/12/19)

スマホ以外のコンテンツ配信市場は衰退期へ:
2020年、国内ICT市場はどうなる?──野村総研が予測
野村総合研究所が、2020年までの国内ICT主要市場予測を公表。スマートデバイスとコンテンツ配信市場、ウエアラブルやM2M市場が成長する半面、多くの分野で成熟期を迎え、一部の既存市場は衰退していく。(2014/12/4)

NRI、企業向け「マイナンバー登録・管理サービス」をスタート
2016年1月に始まる「個人番号(マイナンバー)」制度について、金融や民間企業などに求められる安全管理や事務をサポートするという。(2014/11/20)

企業が把握できていないWebサイトは約5割、脆弱性の温床になる恐れ
NRIセキュアテクノロジーズの報告書によれば、企業が存在を把握していないWebサイトが多数存在し、早急な棚卸しが必要だという。(2014/8/20)

JAL、羽田空港でスマートウォッチの業務利用を実験
野村総研と共同で、スピーディーな顧客対応や効率的なスタッフ配置におけるウェアラブルデバイスの活用を検証する。(2014/7/14)

「ビッグデータ」の基礎知識(2):
今、ビッグデータが注目される3つの理由
ビッグデータという言葉の定義は分かったが、どうしてこんなに注目されているのかイマイチ分からない。その理由をNRIの鈴木氏に解説してもらった。(2014/6/30)

ワイヤレスジャパン2014:
ユーザー獲得競争、求められる高度な接客、人材不足――悲鳴を上げるキャリアショップ
MNPによる過度なキャッシュバック戦争など、キャリア間でし烈なユーザー獲得争いを見せる携帯電話の販売業界。キャリアや野村総研の担当者が、キャリアショップが抱える苦悩と今後の展開を語った。(2014/5/30)

Google Glassを航空機の整備に活用 JALとNRIが実証実験
JALとNRIが、Google Glassを活用した業務スタイルの実証実験を開始。航空機の整備士などJALの実務スタッフが装着し、現場作業の効率向上や負担軽減を図る。(2014/5/7)

FAニュース:
Google Glassで飛行機を整備、JALとNRIがウェアラブルデバイス活用の実証実験
日本航空と野村総合研究所は、米国ホノルル空港でGoogle Glassなどウェアラブルデバイスを活用した先進的な現場作業の実証実験を開始した。(2014/5/7)

録画を含めると番組視聴数はリアルタイムの1.2倍に BSアニメは3.5倍 野村総研調査
テレビ番組を録画して後から見る人を加えると、実際の視聴者はリアルタイムの1.2倍になるという調査結果を野村総研が発表した。(2014/4/22)

ファイル共有コラボツール「Box」が日本展開を強化 NRIセキュアが販売
クラウド型のファイル共有/コラボレーションサービス「Box」がパートナー戦略を強化し、新たにNRIセキュアが国内販売を始める。(2014/3/18)

企業のIT活用は2極化傾向が浮き彫りに――野村総研調べ
野村総合研究所の大手企業に対するIT活用度調査で、情報投資が伸び悩む中、ITを積極的に事業創造や変革に利用する企業と、そうではない企業との2極化が進んでいるという結果が出た。(2014/2/28)

丸紅とNRI、システム開発保守/クラウドサービスの合弁会社を設立
丸紅と丸紅情報システムズ、野村総合研究所がITサービスの新会社を設立。社外顧客向けクラウドサービスなども展開する。(2014/2/17)

NRIセキュア、企業でのセキュリティ対応組織の構築を支援する新サービス
情報セキュリティインシデントの対応にあたる「CSIRT」の構築や運用などを支援する。(2014/2/13)

企業のセキュリティ投資意欲は過去5年で最大――NRIセキュア調べ
NRIセキュアテクノロジーズが東証一部・二部上場企業を中心に実施した情報セキュリティ実態調査によれば、セキュリティ関連投資への意欲が高まる一方で、人材不足などの課題も浮かび上がった。(2014/1/27)

電子書籍市場、成長続き2018年に約5000億円規模へ――NRI調査
野村総合研究所が市場動向分析リポートを発表。電子書籍市場は年次成長率で20%超を維持し、2018年には約5000億円市場になるとしている。(2013/12/2)

NRIが5年後を予測:
スマホ普及で激変するICT市場、ウェアラブル端末やECサービスが“成長株”
NRIが今後5年間はICT市場の展望を発表した。スマートフォンの普及に後押しされる形で、ウェアラブル端末やECサービスの市場が成長するとしている。成熟化した分野も増えており、既存の枠にとらわれない戦略が企業の生き残りを左右するという。(2013/11/28)

NRI、オープンソースのサポート対応を24時間体制に拡大
「OpenStandia」サービスでの日本語サポートの提供時間を拡大し、24時間365日化する。(2013/11/26)

日本型データサイエンティスト、CDO、CAO:
日本型データサイエンティストの登場を契機に活用が進展、野村総合研究所が予想
野村総合研究所(NRI)は、2018年度までに企業などでデータ分析のビジネス活用動向がどのように進展するかを予想した「ITロードマップ」を発表した。(2013/11/22)

日本型データ活用企業になるには? 2018年までのロードマップ
データ分析のビジネスへの活用が注目される中、NRIが示したロードマップには「日本型」というキーワードが登場している。(2013/11/22)

PCやスマートデバイスのセキュリティを診断、NRIセキュアが新サービス
PCやスマートフォン、タブレット端末の脆弱性を“サイバー攻撃者の視点”で診断するというサービスを開始した。(2013/10/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。