ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オリックス」最新記事一覧

関連キーワード

自然エネルギー:
ゴルフ場が14MWのメガソーラーに、9ホールで3930世帯分を発電
用地を造成する手間が少ないメリットを生かし、ゴルフ場にメガソーラーを建設する事例が増えている。オリックス・ゴルフ・マネジメントは同社が運営する島根県出雲市のゴルフ場に、出力14MWのメガソーラーの建設を開始した。(2016/7/11)

Twitterで大反響のイラストも使える「バファローズポンタ」LINEスタンプが登場
ネットで話題の「バファローズポンタ」LINEスタンプが登場。オリックス・バファローズと共通ポイント「Ponta」のキャラクター「ポンタ」がコラボしたキャラクターだ。(2016/7/4)

エネルギー市場最前線:
通信×エネルギーに勝機、仮想発電所も視野に入れ躍進する通信系施工会社
通信関連の工事会社であるミライト・ホールディングスは、環境・エネルギー関連事業への取り組みを強化。2015年にはオリックスとの合弁でミライト・エックスを設立し家庭用蓄電池の施工で成長する。ミライト・エックスの代表取締役社長である柳澤繁氏に取り組みを聞いた。(2016/6/20)

オリックスが1試合22失点の圧倒的大敗 衝撃の「22-6事件」にバファローズポンタさんから表情が消える
おお、もう……。(2016/5/25)

「うまみのない空港だ」JAL、ANAから冷遇される関空
大阪空港とともに関西国際空港が4月、国内空港として初めて民営化した。オリックスと仏空港運営会社バンシ・エアポートなどが出資する「関西エアポート」による運営は、訪日外国人の増加と格安航空会社の誘致成功を追い風に視界は良好といえるが……。(2016/4/26)

プロ野球のオリックス、スポンサー契約によりヘルメットに「毛髪大作戦」のロゴが入ることに そこにその字入れちゃうのか……
また髪の話してる……。(2016/3/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
松坂は「給料泥棒」の汚名を返上できるのか “日本的補強”に警鐘
福岡ソフトバンクホークスの松坂投手とオリックス・バファローズの中島内野手が崖っぷちに立たされている。昨シーズン、大リーグから帰ってきた2人は期待されながらも、全く結果を残せなかったからだ。それでも高額を手にした両選手に対して、米球界から「?」の声が出ている。(2016/2/25)

「SmartCoin」のOrbが参加:
オリックス、静岡銀行らがブロックチェーンでNTTデータらと共同研究
NTTデータなど5社は、ブロックチェーン技術を活用した新たな金融サービスの開発に向けて共同研究を開始する。(2016/2/23)

1台2200万円の超高級車「マイバッハ」が日本初のレンタカーに 料金は?
オリックス自動車は、超高級車「メルセデス・マイバッハSクラス」を国内で初めてレンタカーとして提供する。(2016/2/15)

PR:「金融業のクラウド化は危険」という時代は終わった――金融大手オリックスが「Office 365」を選んだ理由
これまで「クラウド化が難しい」といわれてきた金融業界に変化の波が起こっている。大手金融系企業のクラウド導入が相次いでいるのだ。業界でもトップクラスのセキュリティ要件が求められるこの業界で、なぜ、クラウドが認められるようになったのか。オリックスの事例から探ってみよう。(2016/2/1)

太陽光:
北海道に18万枚のシャープ製パネル、1万4000世帯分の電力を生む太陽光発電所
北海道苫小牧市でシャープとオリックスの共同出資企業が手掛ける太陽光発電所「シャープ苫東の森太陽光発電所」の建設が完了し、2016年1月から稼働を開始する。18万枚以上のパネルを設置し、年間発電量は1万4100世帯相当を見込んでいる。(2015/12/25)

電力供給サービス:
小売電気事業者に石油最大手のJX、オリックスや三井物産も登録
家庭向けに電力を販売できる小売電気事業者の登録数が早くも50社を超えた。石油元売り最大手のJX日鉱日石エネルギーをはじめ、金融大手のオリックス、総合商社の三井物産が11月6日に審査を通過した。再生可能エネルギーの電力を中心に販売する事業者の登録も増えている。(2015/11/6)

オリックスがペットしか入会できないファンクラブを新設 ペットの種類は問われないもよう
牛の入会はあるか。(2015/10/28)

Nao Evolution:
アルデバラン「NAO」、オリックスがレンタル
電子機器レンタルなどを手掛けるするオリックス・レンテックが、Aldebaran Robotics「NAO」のレンタルサービスを開始した。法人向け。(2015/9/16)

FAニュース:
FAシステムの販売・導入支援で業務提携
オリックスとドーワテクノスは、産業用ロボットなどのFAシステムの販売・導入支援をめぐって業務提携を結んだ。メーカーに対して、診断から販売・施工・保守までのサービスを総合的に提供することを目的にしている。(2015/7/23)

スマートアグリ:
太陽光を利用した植物工場、年間19回の収穫が可能で出荷量は430トン
スマートアグリカルチャー事業を推進しているオリックスが、長野県諏訪郡で新たに水耕栽培事業を開始する。本多園芸と共同で農業法人を設立し、太陽光利用型の栽培施設でサラダほうれん草やルッコラを生産する予定だ。年間19回の収穫で、合計約430トンの出荷量を見込んでいる。(2015/7/21)

オリックス生命、営業担当者全員にiPad500台を導入
募集代理店からのメールに即座に反応し、商品を分かりやすくプレゼンテーションする。(2015/5/8)

自然エネルギー:
新潟最大のメガソーラーで1万6000世帯以上に電力供給、地域経済や防犯にも貢献
オリックスが新潟市内で最大規模となるメガソーラーの建設を開始する。最大出力は54.6MWで、1万6000世帯以上に電力供給を行う予定だ。同事業による雇用創出に加え、防犯灯や防犯カメラを設置して治安強化を目指すなど地域社会への貢献も推進していく。(2015/5/8)

スマートアグリ:
静岡県磐田市でスマートアグリのモデルケースを創出へ
富士通、オリックス、増田採種場、静岡県磐田市は、新たなスマートアグリカルチャー事業の創出に向けて協業することを発表。オープンイノベーション型農業のモデルケース創出を目指すとともに、先進技術によって実現する新たな農業の姿を模索していくという。(2015/3/30)

医療機器ニュース:
医療機器販売会社「イノメディックス」へ資本参加、企業価値向上を支援
オリックスは、大手医療機器販売会社のイノメディックスの全株式を取得することで合意した。資本参加に加え、複数の役員を派遣し、財務基盤の強化とガバナンス体制の構築を支援する。(2015/1/10)

狙いは小規模事業者:
オリックスはなぜ弥生を買収するのか
オリックスは年内に、会計ソフト大手の弥生を買収する。リースや保険、レンタカーなどを主力事業とするオリックスが、弥生を買収する理由は何なのだろうか。(2014/11/14)

オリックス、会計ソフトの弥生を買収
「弥生会計」などで知られる弥生をオリックスが買収する。(2014/11/13)

【速報】 プロ野球パ・リーグ ソフトバンクが3年ぶりリーグ優勝
延長10回でオリックスにサヨナラ勝ちを決めた。(2014/10/2)

球団ビジネス変革の裏側(後編):
「科学」と「アナログ」の融合でファンを急増させたオリックス・バファローズ
オリックス・バファローズが運営する公式ファンクラブ「BsCLUB」は、この1年間で1万人以上も会員数を伸ばしている。そのわけとは――。(2014/9/29)

球団ビジネス変革の裏側(前編):
オリックス・バファローズはいかにファン会員データを“宝の山”に変えたか
シーズン序盤からの快進撃そのままに、ついには2014年のパ・リーグ優勝に迫りつつあるオリックス・バファローズ。チームの成長に足並みをそろえるかのように球団事業も改革を進めて大きな成果を上げている。そこに至る背景を取材した。(2014/9/26)

App Town 交通:
iOS/Android対応のカーシェアリング予約アプリ「カーシェアマップ for オリックスカーシェア」が登場
カーシェア・マップは、カーシェアリングの予約機能を備えたiOS/Androidアプリ「カーシェアマップ for オリックスカーシェア」をリリース。利用者限定の無料キャンペーンも実施する。(2014/9/17)

電子ブックレット/電気自動車:
規制緩和がレンタカーを改善? 横浜で新サービス登場
アマノとオリックス自動車、メルセデス・ベンツは2014年7月14日、メルセデス・ベンツ日本の2人乗りの電気自動車「スマート電気自動車」を利用したサービス「スマート ワンウェイ カーシェアリング」(smaco)を開始すると発表した。横浜市内の8カ所のステーション(駐車場)で車を15分200円で借りられる。(2014/9/4)

自然エネルギー:
昼は発電 夜は星、空港跡地で国内初の太陽光
オリックスと九電工は2014年9月、空港跡地を利用した国内初の太陽光発電所「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」の運転を開始した。滑走路上に太陽電池モジュールを配置し、出力8.2MWを得る。両社は地域貢献策を3つ挙げており、そのうち1つが天文観測所である。(2014/9/3)

電気自動車:
規制緩和がレンタカーを改善? 横浜で新サービス登場
アマノとオリックス自動車、メルセデス・ベンツ日本は2014年7月14日、メルセデス・ベンツ日本の2人乗りの電気自動車「スマート電気自動車」を利用したサービス「スマート ワンウェイ カーシェアリング」(smaco)を開始すると発表した。横浜市内の8カ所のステーション(駐車場)で車を15分200円で借りられる。(2014/7/25)

15分200円、9月1日から:
メルセデス・ベンツ&オリックス、横浜で“乗り捨てOK”なカーシェアリングを開始
メルセデス・ベンツ、オリックス、アマノの3社が、横浜でワンウェイ方式のカーシェアリングを開始する。借りるところと返すところが違ってOK、入会金1000円、15分200分で電気自動車を利用できるこのサービスの課題とは?(2014/7/25)

電気自動車:
「スマートEV」のワンウェイ方式カーシェア、2014年9月から横浜で運用開始
メルセデス・ベンツ日本、オリックス自動車、アマノの3社は、2014年9月1日から神奈川県横浜市内で、ワンウェイ(乗り捨て)方式のカーシェアリングサービス「スマート ワンウェイ カーシェアリング(smaco)」を開始する。(2014/7/24)

自然エネルギー:
地熱発電所を北海道と青森に建設、オリックスが2MW級
太陽光発電を中心に全国各地で再生可能エネルギーを拡大中のオリックスが地熱発電所の建設に向けて2カ所で調査を開始した。地熱資源が豊富な北海道の函館市と青森県の下北半島で、それぞれ発電能力が2MW程度の小規模な地熱発電所を建設する計画だ。(2014/7/24)

自然エネルギー:
物流施設は太陽光向き、7棟の屋根に2.5MW
オリックスは2014年7月、三菱化学物流の倉庫7棟の屋根を賃借し、出力2.5MWの太陽光発電所の運転を開始したと発表した。同社は全国148カ所で、屋根を利用した太陽光発電を計画しており、合計出力は68.9MWに達する。(2014/7/22)

FAニュース:
オリックス、経営再建中の金型大手アークを株式公開買付で買収へ
地域経済活性化支援機構の保有するアークの株式を取得することで、総議決権の過半数を取得、アークを連結子会社とする。今回の公開買付は、アークの株式の上場廃止を目的とするものではなく、企業価値向上を目指すとしている。(2014/7/3)

バファローズの監督や選手が勝手に写ってしまうカメラアプリ「オリックス・バファローズ カメラ」登場
「実用性を無視した」と開発側が認める、バファローズファンのためのアプリ。(2014/6/16)

自然エネルギー:
ゴルフ場の跡地に20万枚の太陽光パネル、1万6000世帯分の電力源に
三重県の津市で2014年1月まで営業していたゴルフ場が巨大なメガソーラーに生まれ変わる。オリックスが120万平方メートルの跡地に20万枚の太陽光パネルを設置して、2年後の2016年5月に発電を開始する計画だ。発電能力51MWのメガソーラーは三重県で最大の規模になる。(2014/6/5)

注目製品/蓄電・発電機器:
電気料金をインターホンに表示するサービス
オリックス電力、2014年4月発売(2014/4/30)

自然エネルギー:
太陽光発電を214カ所で着手、オリックスが400MW展開計画を前倒し
オリックスの太陽光発電事業が2014年3月末時点で214カ所まで拡大した。開発中の設備を含めて発電規模は合計425MWに達し、2015年3月までに計画していた400MWの目標を突破した。すべての設備が稼働すると、年間の発電量は13万世帯分の電力使用量に相当する。(2014/4/9)

自然エネルギー:
「ノリの養殖」と太陽光発電の接点とは? 佐賀県で2.7MWを設置
オリックスは地上に設置するメガソーラーの合計容量を300MWまで伸ばし、加えて、屋根を借りて設置する太陽光発電システムの規模を100MWまで増やす計画を立てている。2014年5月には佐賀県の漁業協同組合が所有する30カ所の施設を借り受け、合計容量2.7MWの発電所を作り上げる。(2014/4/3)

電力供給サービス:
電力小売で中部にも進出、オリックスが電力会社の値上げに対抗
2009年から電力市場に参入したオリックスが東京・関西・中国に続いて中部でも小売事業を開始した。中部電力が企業向けの電気料金を4月から値上げしたのを機に顧客獲得を目指す。企業や自治体の省エネを支援するESCO事業とも組み合わせて、電力コストの削減ニーズに対応していく。(2014/4/2)

自然エネルギー:
大型店舗の屋根上で発電、オリックスが2カ所に合計2.7MW
オリックスは地上設置型の他に、屋根上設置型のメガソーラーを全国に建設中だ。2013年9月には福井県を中心にスーパーセンターを展開するPLANTとの契約について、具体的な建設計画を発表した。(2013/9/20)

自然エネルギー:
石炭の街を太陽光の街へ、有明海沿岸で11.7MWのメガソーラー
オリックスと九電工は石炭で栄えた歴史のある福岡県大牟田市に出力11.7MWのメガソーラーを建設する。石炭関連の企業から土地の賃貸を受けた。(2013/9/9)

自然エネルギー:
18カ所の倉庫屋根に5.6MWの太陽光、オリックスがセイノーと協力
オリックスはセイノーホールディングスのグループ6社が所有する物流センターなどの屋根18物件を賃借し、太陽光発電システム5.6MWを設置する。地上設置のメガソーラーと合わせて、屋根設置型のシステムで売電事業を進めていく。(2013/7/26)

自然エネルギー:
「十勝スピードウェイ」が太陽光サーキットに変身、出力21MW
北海道更別村に位置する十勝スピードウェイは3年前から大規模太陽光発電の企画を温めてきた。オリックスは十勝スピードウェイから20年契約で土地を賃借、北海道でも最大級となる出力21MWのメガソーラーを立ち上げる。(2013/7/8)

自然エネルギー:
オリックスが太陽光で400MWを狙う、屋根設置でも100MW
大規模太陽光発電システムを計画するオリックスは、メガソーラーで140MW、倉庫などの屋根に27MWのプロジェクトを進行中であり、顧客企業向けの支援サービスとしても92MWを販売した。メガソーラーと屋根向けに3年間で400MWの設置を狙う。(2013/7/1)

電気自動車:
「スマート電気自動車」をカーシェア、大阪で15分150円
メルセデス・ベンツ日本とオリックス自動車は大阪で「スマート」を利用したカーシェアリングを開始した。時間料金のみを必要とするカーシェアリングである。(2013/6/24)

電子ブックレット/蓄電・発電機器:
初期費用0円の家庭用蓄電池、月額2900円から
蓄電池や太陽光発電を導入するメリットは大きい。しかし、初期費用が数百万円にも上る。このハードルは高い。オリックスとNEC、エプコは、蓄電池にレンタルサービスを採り入れることで、スマートフォンなみの月額料金を実現した。太陽光発電システムの屋根貸し契約と組み合わせることで、実質0円にすることも可能だという(2013/5/30)

オリックス・バファローズや中小企業庁が取り組む「ソーシャル革命」とは?
salesforce.comのマーク・ベニオフ氏が来日し、オリックス・バファローズや中小企業庁などのゲストとともに「カスタマーカンパニー」(顧客中心企業)への変革について語った。(2013/5/29)

蓄電・発電機器:
初期費用0円の家庭用蓄電池、月額2900円から
蓄電池や太陽光発電を導入するメリットは大きい。しかし、初期費用が数百万円にも上る。このハードルは高い。オリックスとNEC、エプコは、蓄電池にレンタルサービスを採り入れることで、スマートフォンなみの月額料金を実現した。太陽光発電システムの屋根貸し契約と組み合わせることで、実質0円にすることも可能だという。(2013/5/2)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
糸井は本当に「メジャー志望」が強くてトレードされたのか?
2013年シーズンのキャンプイン直前に日ハムとオリックスの間で決まった大型トレード。日ハムの中心選手、糸井の電撃移籍の背景には何があったのか?(2013/2/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。