ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ファブレット に関する記事 ファブレット に関する質問

「ファブレット」最新記事一覧

大きいことは良いことだ──iPhone 6/6 Plusの大画面化、レビュアーから高い評価
「これで遅れを取り戻せた」──大画面化したiPhone 6/6 Plusについて、米レビュアーは一様に高い評価を与えている。(ロイター)(2014/9/18)

買い換えるか迷っている人に:
「iPhone 6/6 Plus」は何が変わった?――「iPhone 5s/5c」との違いをおさらい
9月19日に発売される「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」。画面が大きくなったのは分かるが、ほかはどこが変わったのか? Appleが発表した情報をもとに、あらためて進化したポイントをまとめてみた。(2014/9/16)

片手で使える?:
2つのiPhoneをどう選ぶ?――「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」に触れてみた
米国で9月9日に発表された2つのiPhone。イベントで「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」に触れてきたので、ファーストインプレッションをお届けしよう。(2014/9/10)

IFA 2014:
世界シェア3位を目指すHuawei、“プレミアム”な6型モデル「Ascend Mate7」など3製品を発表
HuaweiはIFA 2014の開催前日、新製品発表会を開催した。発表された3モデルはいずれも本体に金属などを多用した高級感を持たせたモデルである。(2014/9/5)

IFA 2014:
何が進化した? Samsungが「GALAXY Note 4」と曲面ディスプレイの「GALAXY Note Edge」をお披露目
SamusngはIFA2014の前々日に新製品発表会を開催。スマートフォン2機種とウェアラブルデバイス2機種、合計4製品を発表した。(2014/9/4)

2560×1440ピクセル:
Samsung、5.7型クアッドHDディスプレイ搭載の「GALAXY Note 4」を発表
Samsungは、5.7型のクアッドHD(2560×1440ピクセル)有機ELを搭載したAndroid 4.4搭載ファブレット「GALAXY Note 4」を発表した。(2014/9/3)

Touch Taiwan 2014:
ディスプレイ市場の今後を、台湾の国際展示会から占う
ディスプレイ技術の国際展示会「Touch Taiwan 2014」が台湾で開催された。ディスプレイ市場が今度どうなっていくのか、同展示会で得た情報を基に推測する。(2014/9/2)

ビジネスニュース 企業動向:
Apple、大型iPad投入へ――ノートPCを置き換えるか!?
Appleが大型「iPad」を2015年に投入するとみられている。同社はタブレット端末市場に関しては比較的楽観視しているようだが、それでもファブレットの登場で小型タブレット端末の成長が鈍化しているとは感じているようだ。(2014/8/29)

R25スマホ情報局:
最適だと思う「スマホの画面サイズ」は?
徐々に大型化する傾向にあるスマホのディスプレイ。ユーザーは画面サイズについてどのように感じているのか、アンケート調査を行った。(2014/8/28)

間もなく発表…:
「iPhone 6」はどう変わる?
2014年9月に正式に発表されるとみられている「iPhone 6」。これまでの機種に比べてどのように変わるのか。ディスプレイから充電方法まで、複数の情報がある。(2014/8/27)

ファーウェイ、フラッグシップ機「Ascend P7」など7製品の価格と発売日を公表
ファーウェイ・ジャパンが、日本市場向けに発売するフラッグシップの「Ascend P7」など7製品の価格と発売日を明らかにした。(2014/8/22)

日本から輸出されたコトバも:
Selfie、Tweep、Shelfie――モバイル分野の新しい英語をチェック
次々と新しいコトバが生まれるモバイル業界。日本でも自分撮りを意味するSelfie(セルフィー)が定着しつつある。では最初にSelfieが広まったと言われるSNSは何だろうか?(2014/8/22)

ビジネスニュース 企業動向:
鈍化しつつある中国のタブレット市場、64ビット対応が鍵に
中国ではタブレット端末市場の成長が鈍化し始めている。中国のタブレット端末向けIC市場でIntelとMediaTekがシェアを伸ばす中、Actions Semiconductorは64ビットCPUを武器に、同市場で生き残りをかけようとしている。(2014/8/20)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
3つのOSを1つにする「次期Windows」で何が変わるのか?――消えたSurface Miniの行方
米Microsoftのサティア・ナデラCEOは、「現在3種類あるWindows OSを次期バージョンで1つにする」と発言した。この意味を分析し、次期Windowsの姿を考えてみる。(2014/8/11)

手厚いサポートと低価格端末で攻めるフリービット 5.5型の新端末と東京旗艦店オープンを発表
フリービットが、画面サイズを5.5型に大型化した「PandA 3rd Lot」を8月9日に発売する。同日、渋谷スペイン坂に同社の直営店をオープンすることも発表した。(2014/8/7)

ビジネスニュース 業界動向:
スマートフォン市場を席巻する“Android”と“中国勢”
2014年4〜6月に出荷されたスマートフォンに占めるAndroid搭載機の割合は85%に達し、さらにスマートフォンメーカー上位6社のうち3社を“中国勢”が占めた。Android優位が鮮明にありつつある中で、メーカーの顔ぶれも変わりつつある。(2014/8/4)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第14回:
Huawei、LG、ASUS、freetel――注目メーカーの最新SIMロックフリースマホ
2014年は、さまざまなメーカーがSIMロックフリーのスマートフォンを投入し始めた。ミッドレンジからローエンドモデルが中心だが、キャリアが販売する端末よりも安く購入できるのが魅力でもある。4月以降に発表された注目機種と注意点などを紹介したい。(2014/7/25)

PC USERアワード:
2014年上半期の「タブレット」おすすめ“10選”
さまざまなタブレット新モデルが市場をにぎわせた2014年上半期。今回はその中からITmedia PC USER編集部が特におすすめのモデルを選出する(PC USER 20周年特別企画)。(2014/7/8)

山根康宏の中国携帯最新事情:
中国で始まった“Xiaomi包囲網”(後編)──古豪「Coolpad」「Meizu」の反撃
中国の新興メーカー「Xiaomi」が急激にシェアを伸ばしている。大手メーカーも対抗製品の投入を始めているが、Xiaomiの勢いを止めることはできるのだろうか?(2014/7/7)

「Xperia Z Ultra SGP412JP」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「Fonepad ME371MG」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「Xperia Z Ultra SOL24」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「G Flex LGL23」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「GALAXY Note 3 SC-01F」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「GALAXY Note 3 SCL22」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「GALAXY Note II SC-02E」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

R25スマホ情報局:
「ファブレット」の魅力とは?
“ファブレット”とは、フォン(電話機能)が付いたタブレットのこと。大画面だけど片手で持てるサイズで、ゲームや動画を楽しむのにちょうど良い大きさなんです。(2014/6/25)

山根康宏の中国携帯最新事情:
中国で始まった“Xiaomi包囲網”(前編)──「紅米」「Mi3」を追撃するHuawei
中国の新興メーカー「Xiaomi」が急激にシェアを伸ばしている。大手メーカーも対抗製品の投入を始めているが、Xiaomiの勢いを止めることはできるのだろうか?(2014/6/23)

「グローバルでの競争力」と「日本での経験」が強み――SIMフリー市場を攻めるHuaweiの勝算
Huaweiが6月下旬に発売を予定しているSIMロックフリースマホの「Ascend G6」の価格は2万9800円(税別)で、キャリアが販売する端末よりもはるかに安い。ファーウェイ・ジャパンの担当者が、SIMフリー市場参入の背景を説明した。(2014/6/18)

振って操作の新UIも:
とにかく高解像度なWQHD液晶を搭載 写真で解説する「isai FL LGL24」
KDDIとLGが共同開発した「isai FL LGL24」は、5.5型WQHDの大画面・高精細な液晶を搭載したモデル。isaiスクリーンなど独自のUIが進化したほか、振って操作する「isaiモーション」も追加された。(2014/6/12)

2014年4月〜6月:
「2014年は価値訴求の年」「HTC“J”新作に乞うご期待」――あのとき社長はこう言った(KDDI編)
「CA」および「WiMAX 2+」対応端末や「au WALLET」の登場など、独自の付加価値で「価値訴求」を狙うKDDI。田中社長の発言を中心に、同社の取り組みを振り返る。(2014/6/12)

EDGEST×IGZO×PureLED:
PR:世界最軽量な“全身スクリーン”タブレットはビジネスでもプライベートでも大活躍――「AQUOS PAD SH-06F」の魅力
7インチ以上のLTE対応タブレットとして世界最軽量の「AQUOS PAD SH-06F」。通話やおサイフケータイにも対応し、オンオフを問わず、まるでスマホと同じように使えるのが特徴だ。(2014/6/2)

写真で解説する「AQUOS PAD SH-06F」
7型タブレットとして世界最軽量を実現したシャープ製の「AQUOS PAD SH-06F」。防水、フルセグに加え、注目の「VoLTE」にも対応。“大画面ファブレット”としてフル活用できる充実仕様だ。(2014/5/27)

2007年をピークに右肩下がり:
液晶モニター市場の縮小続く、スマホ普及の波に勝てず
デスクトップPC向け液晶モニター市場の縮小が続いている。ノートPCの普及による影響はそれほどでもなかったが、スマートフォンやタブレット端末の台頭は大きく影響したようだ。(2014/5/26)

au×LGのisaiな第2弾:
ノックでロック解除、振って着せ替え――5.5型WQHD液晶を搭載した「isai FL LGL24」【写真追加】
auとLGが共同開発する「isai」シリーズの第2弾が登場。5.5型WQHD液晶を搭載した「isai FL LGL24」は、ノックでロックを解除するノックコードや、ボディを振って付近の情報を入手するisaiモーションなど、シンプルな操作でスマホを活用できる1台だ。(2014/5/8)

山根康宏の中国携帯最新事情:
移行を促進するのはiPhoneなのか?──主要3キャリアが争う中国TD-LTE(前編)
中国の通信事業者が4Gサービスを相次いで開始している。2013年12月の中国移動に続き、中国電信が2月に、中国聯通が3月に開始。本格的な4G“競争”時代が始まった。(2014/5/7)

「freebit mobile」もバージョンアップ:
フリービットが目指す“キャリア型MVNO”とは?――石田社長が事業戦略を語る
端末からネットワーク、そして販売までをトータルでサポートする「キャリア型MVNO」を目指す――。そんな狙いでスタートした「freebit mobile」。既存のMVNOサービスとは何が違うのか。4月23日の戦略説明会で、フリービットの石田社長が語った。(2014/4/24)

同質化の戦いから新しい価値の訴求へ――KDDI田中社長に聞く、2014年度の戦略
2014年度は「ガツンと行く」。そう力強く話すKDDIの田中社長。社長就任以降、2011年は事業基盤の立て直し、2012年は成長起点の年、2013年は新たなステージの初年度と位置づけて取り組んできたが、2014年度はどんな年を目指すのか。(2014/4/4)

ビジネスニュース オピニオン:
アップル対サムスン、特許係争再び
アップルとサムスン電子の2回目となる特許裁判が始まった。アップルは、サムスン電子のスマートフォンなど10機種が技術特許を侵害しているとして、20億米ドルの賠償を求めている。一部からは「Appleは単なる訴訟好きの企業」という批判の声も出ているようだ。(2014/4/3)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
今後のMicrosoftに期待すること――「Build 2014」間もなく開催
Microsoftの開発者カンファレンス「Build 2014」が、4月2日(現地時間)より米カリフォルニア州サンフランシスコでスタートする。これまでの予想に加え、いくつか新発表に関する情報が集まってきたのでまとめてみたい。(2014/4/2)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第5回:
Nexus 5、iPhone 5sから1万円台の格安モデルまで――日本で購入できるSIMフリースマホ
格安SIMを使うには、当然ながら対応するスマートフォンが必要になる。日本ではどんなSIMフリースマホを購入できるのだろうか。主なモデルをまとめてみた。(2014/3/20)

ふぉーんなハナシ:
フリスクケータイに続く?――“ミンティアスマホ”を夢想する
肥大化が進むスマートフォン。片手サイズどころか、もっと小型のモデルがあってもいいのでは? ってなことで、フリスクケータイにヒントを得て、ミンティアスマホを“試作”してみました。(2014/3/17)

市場調査/予測:
スマホ市場は、ローエンドとハイエンド製品の2極化へ
矢野経済研究所はスマートフォン/タブレット端末市場に関する調査を実施し、市場規模の推移と今後の予測を発表した。2013年の世界市場におけるスマートフォンの出荷台数は10億8821万台で、タブレット端末は2億2090万台であった。(2014/3/14)

「Xperia Z Ultra SOL24」の“ここ”が知りたい 第4回:
Xperia Z1よりバッテリーは持つ? 普段使いのスタミナは?――「Xperia Z Ultra SOL24」
Xperia Z Ultra SOL24とXperia Z1 SOL23は、ともに3000mAhのバッテリーを備えているが、どちらの方がスタミナがあるのか。また普段使いでXperia Z Ultraは、どれだけバッテリーが持つのだろうか。(2014/3/13)

Mobile Weekly Top10:
MNPはどれだけおトク? LINE電話、ライバルの反応は
ケータイ販売店の店頭で良く目にするキャッシュバックは、どれくらいお得なのか? またLINE電話の登場にライバル各社はどんな反応を示したのか、そんな記事が人気だった。(2014/3/10)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
auファブレット3機種レビュー(第2回)――片手操作、大画面の工夫、手書きアプリを比較する
G Flex、GALAXY Note 3、Xperia Z Ultraはいずれも大きなディスプレイを搭載しており、一般的なスマートフォンとは操作感が異なる。そこで、今回は片手での操作性や大画面を生かした工夫、そして手書きアプリを検証した。(2014/3/6)

Samsung、11インチと13インチの「Chromebook 2」を発表
Googleが2011年にChromebookを立ち上げて以来のパートナーであるSamsungが1年半ぶりに新モデルを発表した。GALAXY Noteシリーズのような背面のレザー風味が特徴だ。(2014/3/4)

Mobile Weekly Top10:
1000円以下でどこまで使える? 格安SIMの通信速度をチェック
先週のMobile Weekly Top10は、月額1000円以下で使える格安SIMの通信速度チェックが首位だった。(2014/2/27)

現役女子大生に聞くスマホ事情(1):
「本当はタブレット+ガラケーがいい」「買う機種を自分で選びたくない」――女子大生がスマホに思うこと
スマートフォンほど、性別や環境によって使い方が異なるデバイスはないかもしれない。若者のスマホ事情を探るべく、女子大生にインタビューしてみた。取材にご協力いただいたのは“ミラクル☆ガールズ”の4人。今回は「端末」に焦点を当てた。(2014/2/24)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
5インチ以上でも小さくて軽い機種は?――冬春スマートフォン28機種を比較
いよいよ出そろった、2013年冬〜2014年春モデル。5キャリアのスマートフォンにiPhone 5s/5cを加えると、その数は28機種にも及ぶ。あらためて、28機種のスペックを見比べていきたい。今回はサイズと重さをチェックした。(2014/2/23)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。