ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ファブレット に関する記事 ファブレット に関する質問

「ファブレット」最新記事一覧

PC USER Pro特別企画:
2014年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
SOHO/中小企業に役立つPC、スマートデバイス、周辺機器、ソフトウェア、サービスなどの情報をお届けする「PC USER Pro」。今回は趣向を変えて、2014年に筆者が触れた製品から、個人で購入できて仕事の効率化に貢献するタブレットや周辺機器を選んでみた。(2014/12/19)

あの時社長はこう言った:
時系列で振り返る2014年モバイル業界
キャッシュバック戦争に始まり、キャリア3社による通話定額の新料金プラン、大型化したiPhone、ワイモバイル誕生など2014年もさまざまな出来事があった。時系列でモバイル業界の2014年を振り返っていきたい。(2014/12/19)

200万ダウンロード超「Yahoo!カーナビ」にタブレット向けUI 新機能も続々追加
スマホ/タブレット向けアプリ「Yahoo!カーナビ」にタブレット向けUIが登場した。ユーザーの反響や要望を踏まえ、今後も新機能を追加していくという。(2014/12/18)

あの娘さんはね……、ガチでしたよ……(聞き手 談):
山下まみの「G-GEAR」でゲームの世界が広がるの!
このうら若くてかわいいお嬢さんは、“つくる女”の声優でPCショップのイベントでPCの自作もしちゃう、ゲームの大好きな“ボクたちの仲間”だったりする。(2014/12/18)

KDDIが参入した理由とは?:
「アジア最後のフロンティア」――ミャンマーの携帯電話市場を探索する
ミャンマーはあらゆる産業の外資への開放が遅れ、携帯電話の普及も10%台とアジア各国の中でも出遅れていた。だが2014年夏から海外資本による2社が携帯電話事業に参入したことで急速な発展が見込まれている。アジア最後のフロンティアと言われるミャンマーの携帯電話市場は今、どうなっているのだろうか。(2014/12/8)

「楽天モバイル」端末拡充 IGZOスマホなど追加 激化するMVNO競争、楽天の生き残り策は
「楽天モバイル」に、IGZOディスプレイを搭載したシャープ製「AQUOS SH-M01」と、Huawei製ファブレット「Ascend Mate7」が追加。MVNO競争が激化する中、楽天グループの資産を生かして差別化していく。(2014/12/5)

日本でも発売間近!――「Nexus 6」開封の儀&ファーストインプレッション
日本でもGoogleとワイモバイルから発売される「Nexus 6」。一足先に米国で発売されたモデルを入手したので、さっそく開封。ファーストインプレッションをお届けします。(2014/12/4)

セキュリティと管理機能はどうなる?
「Android 5.0 Lollipop」、ユーザーの“そこが知りたい”に答える
米Googleの最新モバイルOS「Android 5.0 Lollipop」のうち、大きく機能強化されたエンタープライズ用セキュリティと管理機能について解説する。(2014/12/2)

注目集める新型ファブレット:
Nexus 6とiPhone 6 Plus、使いやすいのはどっち?
GoogleとAppleが2014年秋に発表した新型ファブレット「Nexus 6」と「iPhone 6 Plus」。両方の機種を約1カ月使ってみた筆者が、使用感を比較する。(2014/12/1)

iPhone 6 PlusユーザーはiPadよりiPhoneでの動画閲覧が圧倒的に長い──Pocket調べ
大画面が特徴のiPhone 6/6 Plusユーザーは先代iPhoneでよりも多く動画コンテンツを視聴し、iPadも持っていてもiPhoneでの視聴の方が圧倒的に多いという調査結果をコンテンツ保存アプリのPocketが発表した。(2014/11/27)

ビジネスニュース 企業動向:
Intel、モバイル向けチップ部門とPC向けチップ部門を統合へ
モバイル向けチップ事業で苦戦するIntelは、同事業をPC向けチップ事業に統合する。(2014/11/25)

SIM通:
ハイスペックなリファレンス機 Nexus 6登場。iPhone 6Plusと比較
Googleの最新OS「Android 5.0」を搭載した「Nexus 6」が、まもなく日本で発売されます。その特徴を紹介するとともに、画面サイズの近いiPhone 6 Plusと比較してみました。(2014/11/21)

「Nexus 6」で伝説の激ムズゲーム(っぽいもの)に出会った
「Nexus 6」のタッチアンドトライイベントで、とりあえずAndroid 5.0のイースターエッグを確認してみた。(2014/11/17)

合言葉は「OK Google」:
腕時計に話しかけろ――Android Wearが思いがけず楽しいぞ
腕時計型端末に向かって話しかける――特撮モノのヒーローのようなあのアクションは、スマートウォッチ「Android Wear」があれば実現可能。先日Googleのイベントで、筆者も初めて体験してみた。腕時計に話しかけるのは、期待以上に楽しいし、予想以上にいろいろなことができてびっくりする。(2014/11/14)

7.95ミリの薄型アルミボディの感触は? :
グーグルの“タッチ・アンド・トライ”で「Nexus 9」をじっくり触る
10月15日に発表した「Nexus 9」と「Nexus 6」が日本でも実機を公開。一般向け販売を開始するASUS、Acer、デルのChromebookも集合した。(2014/11/12)

週間記事ランキング
Apple初の特大スマホ「iPhone 6 Plus」って誰得なの?
米Appleがついに発売したファブレット「iPhone 6 Plus」を使うべき人とはどんな人? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/11/7)

セルフィースティックはアジアの発明物――Googleが注目するアジア市場の可能性
Googleのプレス向けイベント「The Mobile First World」で、スマホ文化をけん引するアジア市場の可能性が語られた。(2014/11/5)

「iPad」に近い操作性を実現
徹底レビュー:注目の「iPhone 6 Plus」、買って幸せになる人と持て余す人の分かれ目
「iPhone 6 Plus」は「iPhone 6」の大型版と考えられているが操作性を見ると「iPad」に近い。米Appleがついに発売したファブレットを使うべき人とは?(2014/11/3)

週間記事ランキング
歴代最高モデル「iPhone 6」のここがすごい
数年前のAndroidスマートフォンと同等のスペックの新型「iPhone 6」ですが、ユーザーが無視できない理由があります。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/10/31)

ものになるモノ、ならないモノ(58):
開発者視点で見る、あのドデカい「iPhone 6/6 Plus」
開発者は新iPhoneの画面サイズに合わせ、UI全てを作り直さないといけないの? アプリ開発者でもある筆者が、その現状を調べてみた。(2014/10/30)

小型タブレットは消え行く運命か
ファブレット躍進、「iPhone 6 Plus」があれば「iPad mini」はもういらない?
5インチ以上の画面を搭載した大型スマートフォン、いわゆるファブレットへの関心が高まっている。こうした消費者の需要の変化は、タブレット市場にどのような影響を及ぼすのだろうか。(2014/10/25)

「Windows Embedded」を企業で使い倒す:
事例で紹介する「Windows Embedded 8.1」の使い倒し方
なかなか知られていない「Windows Embedded」。前回はロックダウン機能などを紹介した。今回は実際に利用されている事例を中心に、Windows Embedded 8.1の使い方を紹介していく。(2014/10/24)

ワイモバイル、Nexus 6を発売へ 国内通信事業者で唯一
ワイモバイルがNexus 6を発売する予定だと発表。(2014/10/16)

「Android L」は「Android 5.0 Lollipop」に 新Nexus端末は11月発売
Googleが、次期Android「Android 5.0 Lollipop」とNexusシリーズの新しいスマートフォン(ファブレット)、タブレット、STB型メディアプレーヤーを発表した。新AndroidはNexus 4以降に対応し、新Nexus端末は11月発売。(2014/10/16)

Google、「Android 5.0 Lollipop」を正式発表
Googleは、Google I/O 2014で発表された次期Android OS「L Developer Preview」の正式名称を「Android 5.0 Lollipop」と発表した。(2014/10/16)

Android新バージョン、間もなく登場 Nexus 6/9も同時発表か
Android Lと呼ばれてきたAndroid新バージョンが間もなく登場することを告知する動画が公開された。ファブレット「Nexus 6」とタブレット「Nexus 9」も同時に発表されるもようだ。(2014/10/15)

石野純也のMobile Eye(9月29日〜10月10日):
均一化するドコモ、au、ソフトバンクの冬モデル――差別化のポイントは?
この2週間は各社から新製品や新サービスの発表が相次いだ。ドコモが9月30日に冬春モデルを発表し、その翌日にソフトバンクモバイルがXperia Z3を発表。Z3は3社から出そろった。また、Huaweiが発表したSIMロックフリースマホ「Ascend Mate7」にも注目したい。(2014/10/11)

GALAXY WORLD TOUR 2014 TOKYO:
サムスンが「GALAXY Note Edge」を世界で最初に日本で発売する理由
サムスンが「GALAXY WORLD TOUR 2014 TOKYO」を開催し、国内で「GALAXY Note Edge」などの新モデルを披露。Note Edgeを世界で最初に市場投入する理由などを説明した。(2014/10/8)

「ニセiPhone」は卒業、「世界初」スマホ競争へ 「中国メーカーは悪くない」変わる意識
「iPhone 6S」も登場する中国だが、ニセモノに以前ほどの勢いはなく、躍進する中国メーカーからは数々の「世界初」端末が登場している。中国メーカー製端末は「悪くない」と中国人にも受け入れられてきている──山谷氏による現地からのリポート。(2014/10/3)

石野純也のMobile Eye(9月16日〜26日):
ターゲットは先進層――KDDIに聞く「Xperia Z3」「GALAXY Note Edge」投入の狙い
iPhone 6/6 Plusが発売され、それ以外の秋冬モデルの発表でいち早く名乗りを上げたのがKDDIだ。スマホは「Xperia Z3」と「GALAXY Note Edge」、タブレットは「GALAXY Tab S」をラインアップする。これらのモデルを投入する狙いをKDDIに聞いた。(2014/9/26)

iPhone 6 / 6 Plusが変えるビジネスのミライ
Appleの新たなスマートフォンは企業ビジネスシーンにどのような価値をもたらすのだろうか。スマートデバイスのアプリ開発などを手掛けるジェナの手塚康夫社長がリポートする。(2014/9/24)

どっちがどっち?:
名前を間違われやすい2大“主婦”出版社、楽天Koboでコラボ企画を開催
多くの人から社名を間違われてきた主婦と生活社、主婦の友社がコラボ企画を開始。楽天Koboイーブックストアで書評バトルや、社名を間違われたエピソードのほか、配信中の電子書籍900点以上の50%オフフェアも実施中。(2014/9/22)

買い換えるか迷っている人に:
「iPhone 6/6 Plus」は何が変わった?――「iPhone 5s/5c」との違いをおさらい
9月19日に発売される「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」。画面が大きくなったのは分かるが、ほかはどこが変わったのか? Appleが発表した情報をもとに、あらためて進化したポイントをまとめてみた。(2014/9/16)

片手で使える?:
2つのiPhoneをどう選ぶ?――「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」に触れてみた
米国で9月9日に発表された2つのiPhone。イベントで「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」に触れてきたので、ファーストインプレッションをお届けしよう。(2014/9/10)

IFA 2014:
世界シェア3位を目指すHuawei、“プレミアム”な6型モデル「Ascend Mate7」など3製品を発表
HuaweiはIFA 2014の開催前日、新製品発表会を開催した。発表された3モデルはいずれも本体に金属などを多用した高級感を持たせたモデルである。(2014/9/5)

IFA 2014:
何が進化した? Samsungが「GALAXY Note 4」と曲面ディスプレイの「GALAXY Note Edge」をお披露目
SamusngはIFA2014の前々日に新製品発表会を開催。スマートフォン2機種とウェアラブルデバイス2機種、合計4製品を発表した。(2014/9/4)

2560×1440ピクセル:
Samsung、5.7型クアッドHDディスプレイ搭載の「GALAXY Note 4」を発表
Samsungは、5.7型のクアッドHD(2560×1440ピクセル)有機ELを搭載したAndroid 4.4搭載ファブレット「GALAXY Note 4」を発表した。(2014/9/3)

Touch Taiwan 2014:
ディスプレイ市場の今後を、台湾の国際展示会から占う
ディスプレイ技術の国際展示会「Touch Taiwan 2014」が台湾で開催された。ディスプレイ市場が今度どうなっていくのか、同展示会で得た情報を基に推測する。(2014/9/2)

ビジネスニュース 企業動向:
Apple、大型iPad投入へ――ノートPCを置き換えるか!?
Appleが大型「iPad」を2015年に投入するとみられている。同社はタブレット端末市場に関しては比較的楽観視しているようだが、それでもファブレットの登場で小型タブレット端末の成長が鈍化しているとは感じているようだ。(2014/8/29)

R25スマホ情報局:
最適だと思う「スマホの画面サイズ」は?
徐々に大型化する傾向にあるスマホのディスプレイ。ユーザーは画面サイズについてどのように感じているのか、アンケート調査を行った。(2014/8/28)

間もなく発表…:
「iPhone 6」はどう変わる?
2014年9月に正式に発表されるとみられている「iPhone 6」。これまでの機種に比べてどのように変わるのか。ディスプレイから充電方法まで、複数の情報がある。(2014/8/27)

ファーウェイ、フラッグシップ機「Ascend P7」など7製品の価格と発売日を公表
ファーウェイ・ジャパンが、日本市場向けに発売するフラッグシップの「Ascend P7」など7製品の価格と発売日を明らかにした。(2014/8/22)

日本から輸出されたコトバも:
Selfie、Tweep、Shelfie――モバイル分野の新しい英語をチェック
次々と新しいコトバが生まれるモバイル業界。日本でも自分撮りを意味するSelfie(セルフィー)が定着しつつある。では最初にSelfieが広まったと言われるSNSは何だろうか?(2014/8/22)

ビジネスニュース 企業動向:
鈍化しつつある中国のタブレット市場、64ビット対応が鍵に
中国ではタブレット端末市場の成長が鈍化し始めている。中国のタブレット端末向けIC市場でIntelとMediaTekがシェアを伸ばす中、Actions Semiconductorは64ビットCPUを武器に、同市場で生き残りをかけようとしている。(2014/8/20)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
3つのOSを1つにする「次期Windows」で何が変わるのか?――消えたSurface Miniの行方
米Microsoftのサティア・ナデラCEOは、「現在3種類あるWindows OSを次期バージョンで1つにする」と発言した。この意味を分析し、次期Windowsの姿を考えてみる。(2014/8/11)

手厚いサポートと低価格端末で攻めるフリービット 5.5型の新端末と東京旗艦店オープンを発表
フリービットが、画面サイズを5.5型に大型化した「PandA 3rd Lot」を8月9日に発売する。同日、渋谷スペイン坂に同社の直営店をオープンすることも発表した。(2014/8/7)

ビジネスニュース 業界動向:
スマートフォン市場を席巻する“Android”と“中国勢”
2014年4〜6月に出荷されたスマートフォンに占めるAndroid搭載機の割合は85%に達し、さらにスマートフォンメーカー上位6社のうち3社を“中国勢”が占めた。Android優位が鮮明にありつつある中で、メーカーの顔ぶれも変わりつつある。(2014/8/4)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第14回:
Huawei、LG、ASUS、freetel――注目メーカーの最新SIMロックフリースマホ
2014年は、さまざまなメーカーがSIMロックフリーのスマートフォンを投入し始めた。ミッドレンジからローエンドモデルが中心だが、キャリアが販売する端末よりも安く購入できるのが魅力でもある。4月以降に発表された注目機種と注意点などを紹介したい。(2014/7/25)

PC USERアワード:
2014年上半期の「タブレット」おすすめ“10選”
さまざまなタブレット新モデルが市場をにぎわせた2014年上半期。今回はその中からITmedia PC USER編集部が特におすすめのモデルを選出する(PC USER 20周年特別企画)。(2014/7/8)

山根康宏の中国携帯最新事情:
中国で始まった“Xiaomi包囲網”(後編)──古豪「Coolpad」「Meizu」の反撃
中国の新興メーカー「Xiaomi」が急激にシェアを伸ばしている。大手メーカーも対抗製品の投入を始めているが、Xiaomiの勢いを止めることはできるのだろうか?(2014/7/7)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。