ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PND」最新記事一覧

Personal Navigation Device

製品分解で探るアジアの新トレンド(7):
スマホ市場の“敗者”に残された道
前回に続き、中国iaiwaiの格安スマートウォッチ「C600」について検証する。スマートウォッチをはじめとするウェアラブル機器やIoT(モノのインターネット)機器の市場が開拓された背景には、スマートフォン市場でどうしても勝てなかった者たちの“失地回復”に向けた努力があった。(2016/7/13)

車載情報機器:
ナビコアソフトのNNG、さらなる成長に向け新プロダクトを用意
ハンガリーのナビコアソフトベンダー・NNGの新CEOに就任したGiles Shrimpton(ジャイルズ・シュリンプトン)氏が来日経営方針を説明。ナビコアソフトの他に、新しいプロダクトラインによってさらなる成長を図るという。(2016/5/20)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
ドイツ自動車メーカー3社連合によるHERE買収の意味
“攻め”というより“守り”のイメージが強い買収になりました。(2015/8/4)

自動運転技術 HERE インタビュー:
アウディもBMWもダイムラーも欲しがる高精度地図データの雄、HEREの現在地
HEREは、高精度な3次元地図データをはじめ、自動運転車を実用化する上で重要な技術を持つ企業だ。配車サービスのUberや、アウディ、BMW、ダイムラーの3社連合が買収に名乗りを上げるなど注目を集めているが、そのHEREの現在の事業展開はどのようなものなのか。同社のアジア太平洋地域担当本部長を務めるマンダリ・カレシー氏に話を聞いた。(2015/7/24)

自動運転技術:
自動運転に必要な高精度地図データ、デトロイト市街地で提供へ
PND(Personal Navigation Device)や地図データサービスなどを手掛けるオランダのTomTomは、デトロイトの市街地周辺(Metro Detroit)向けに自動運転技術に対応する高精度地図データを提供する。(2015/6/8)

PR:“スマホの強み”を生かした高性能ナビ――「カーナビタイム」の実力を試す
クラウド型カーナビゲーションサービスの草分けにして、トップランナーと言えるのが、ナビタイムジャパンの「カーナビタイム」。同アプリは何がすごいのか。実際の走行テストも踏まえながらリポートしていきたい。(2015/4/20)

車載情報機器:
NNGが車載情報機器に特化したナビコアソフトを投入、国内メーカーが先行採用
ハンガリーのナビコアソフトベンダー・NNGは、車載情報機器向けに特化したナビコアソフト「iGO primo nextgen」を発表した。同ソフトを先行採用した日本メーカーの車載情報機器は、賞を獲得するほど高い評価を受けているという。(2014/10/16)

スマートテレビの調査も:
カーナビの音声認識使ってる? 運転中の“ながら”SNSに20〜30代が興味
Nuance Communications(以下、ニュアンス)は、日本市場におけるカーナビゲーションシステム(カーナビ)のユーザーを対象にした音声認識機能の利用実態調査を実施。その結果、20〜30歳代のユーザーの使用頻度が高く、特に音声認識機能を使った運転中のSNSメッセージの送信などに興味を持っていることが分かった。(2014/9/29)

すっきりデザインのスマホ車載マウントとカーチャージャーを試す
ドライブシーンでスマホを使うなら、車にどう固定するかが重要。しっかり固定できるのはもちろんだが、車内インテリアの見栄えが悪くならないアイテムを選びたい。(2013/11/28)

ビックデータ活用がポイント:
“スマホでカーナビ”を拡大するドコモとパイオニアの狙い
ドコモとパイオニアが提供する「ドコモ ドライブネットインフォ」。2社はこれまでもスマホ向けの有料ナビサービスを提供している。サービスの発表会ではそれぞれの狙いが語られた。(2013/11/19)

車載情報機器:
「マイクロソフトの存在感が薄れた今がチャンス」、QNXが国内展開に意欲
QNX Software Systems(QNX)は、日本の自動車メーカーやカーナビメーカーに対して、同社の車載情報機器向けプラットフォームを提案する活動を強化している。QNXの自動車部門事業開発ディレクターを務めるAndrew Poliak氏は、「マイクロソフトの存在感が薄れた今がチャンス」と語る。(2013/10/23)

それは調和による進化――iOS7の魅力を引き出す“2つのiPhone”
2013年はiOSとiPhoneのどちらもより洗練され、大きく進化した年だ。新しいiOSと新しいiPhoneから、どのような未来が見えてくるのか。「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の発売に先立ち、じっくりと試す機会を得たので、両機種の魅力をリポートしたい。(2013/9/18)

車載情報機器:
パナソニックがカーナビ向けヘッドアップディスプレイを発売、価格は6万円
パナソニックは、カーナビゲーションシステム「ストラーダ」のメモリータイプ製品「Rシリーズ」向けに、ヘッドアップディスプレイ(HUD)「フロントインフォディスプレイ」を発売する。市場想定価格は約6万円。(2013/9/2)

車載情報機器 パイオニア インタビュー:
「サイバーナビ」はプローブ情報で進化する、「カメラプローブ」とは何か
カーナビの渋滞予測サービスなどに用いられているプローブ情報。パイオニアは、このプローブ情報を活用して、同社の「サイバーナビ」に新たな機能を追加した。その新機能「スマートループ アイ」はどのようにして誕生したのか。また、ビッグデータとも見なされるプローブ情報をどのように活用しようと考えているのか。担当者に聞いた。(2013/8/9)

車載情報機器:
車載HUD市場が急拡大、新型「アクセラ」やGARMINのスマホナビ連携品も
車載ヘッドアップディスプレイ(HUD)の市場が急拡大している。パイオニアが「サイバーナビ」の機能を拡張するHUDユニットを2012年7月に発売してから、2013年に入ってJVCケンウッドの「彩速ナビ」やマツダの新型「アクセラ」が採用。GARMINは、スマートフォン向けカ―ナビゲーションアプリと無線接続するHUDを130ドルという安価な価格で販売するという。(2013/7/11)

車載情報機器:
パイオニアは再起できるのか、マルチメディアプラットフォームとクラウドが鍵に
パイオニアは、利益率の悪化が続くカーエレクトロニクス事業の構造改革推進を中核とする、2014年度までの2年間の中期計画を策定した。中期計画で鍵を握るのは、マルチメディアプラットフォームを共同開発する三菱電機、車載情報機器のクラウドサービス活用推進で連携するNTTドコモとの業務提携である。(2013/5/14)

車載情報機器:
トヨタが北京で実証実験、「知能ETC端末」とスマホアプリで渋滞緩和
トヨタ自動車は、2013年7月から北京市で、渋滞緩和に向けた交通流シミュレータの実証実験を実施すると発表した。PND(Personal Navigation Device)とETC車載器を一体化した「知能ETC端末」と専用のスマートフォンアプリを用いて、高速道路の交通渋滞を緩和する効果を確認する予定だ。(2013/4/17)

CEATEC JAPAN 2012:
赤外線で手の動きを検知、ジェスチャーで操作できるパイオニア「楽ナビ」
パイオニアは、普及価格帯の市販カーナビゲーションシステム「楽ナビ」の新製品に、手を近づけたり、横に振ったりする動作によって、よく使う機能を操作できる「エアージェスチャー」を搭載した。(2012/10/3)

CEATEC 2012:
赤外線で手の動きを検知、パイオニアがジェスチャー操作可能な「楽ナビ」を発売
パイオニアは、普及価格帯の市販カーナビゲーションシステム「楽ナビ」の新製品に、手を近づけたり、横に振ったりする動作によって、よく使う機能を操作できる「エアージェスチャー」を搭載した。(2012/10/3)

半年の料金は缶コーヒー1本分:
スピードと使いやすさが自慢 ナビ専業企業が作るiPhone向けナビアプリ
昭文社グループのキャンパスマップルは、iPhone向けカーナビアプリ「マップルナビS」を発売した。人気地図「スーパーマップル」と専用機向け地図データ開発のノウハウを生かした使いやすさが特徴。7月13日まではキャンペーン価格の700円で販売する。(2012/6/27)

無線通信技術 M2M:
国境を越えるとM2Mはつながらない? 1枚のSIMカードで問題解決
普及が進むM2M通信には、弱点がある。通信規格や通信に対する規制が異なる国外では、接続できない可能性があるという点だ。長年、M2M通信サービスを提供しているTelenor Connexionは、「たった1枚のSIMカードがあれば、この問題を解決できる」と話す。(2012/6/4)

製品リリース/組み込み機器向け音声合成:
美少女ゲームのヒロインがあなたの名前をリアルタイムに読み上げる、3DS向け音声合成
エーアイは、同社の組み込み機器向け音声合成ライブラリ「micro AITalk」を、任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けに軽量化し、「micro AITalk for ニンテンドー3DS」として販売する。(2012/4/10)

ココが変わったWindows Embedded Compact 7(1):
WEC7で強化された機能とCE6.0との比較
「Windows Embedded Compact 7」は、従来のWindows Embedded CE 6.0と何が、どのように違うのか。あらためて強化された代表的な機能と、Windows Embedded CE 6.0との比較に基づいた違いについて詳しく解説する。(2012/4/10)

センシング技術 GPS測位:
「原子時計の精度をあなたの腕に」、セイコーが業界初のGPS腕時計を開発
同社従来比1/5と消費電力を大幅に削減したGPSモジュールを新たに開発することで、ソーラー充電式の腕時計にGPS測位機能を載せることに成功した。全世界の39のタイムゾーンに対応するとともに、GPS衛星の原子時計の時刻情報を基に腕時計の時刻を自動で修正する機能を搭載した。(2012/3/5)

LTE、WiMAX、Wi-Fi、GPS/GLONASS――:
PR:次世代ワイヤレス設計を強力に支援! 脈々と続くアバゴの高周波「DNA」
LTE基地局やフェムトセル/ピコセル、WiMAX/Wi-Fiといったさまざまな無線通信方式に対応したアクセスポイント/端末――。続々と誕生する新たなワイヤレス機器の設計に不可欠なのが、「超低雑音、高線形性」の高周波部品だ。超低雑音/高線形性という特徴が認められ、モバイル端末市場で数多くの実績を有するアバゴ・テクノロジーの高周波部品。これらの高周波部品が、モバイルにとどまらないあらゆるワイヤレス機器の設計を強力に支援する。(2012/2/29)

ビジネスニュース 市場予測:
スマートフォン成長の陰で、低迷続く単一機能の携帯型電子機器
多彩な機能を搭載するスマートフォンやタブレット端末の売上高が増加する一方、音楽プレーヤやカメラといった、単一の機能しか備えない携帯型電子機器は、今後少なくとも5年ほどは低迷が続くとみられる。(2011/8/4)

PR:“クラウドカーナビ”で観光がさらに便利で楽しい――沖縄で「CAR NAVITIME体験モニタープラン」を試した
ナビタイムとOTSレンタカーが9月30日まで実施している「CAR NAVITIME体験モニタープラン」は、レンタカーで沖縄観光をするならぜひ利用したいサービス。CAR NAVITIMEの魅力を存分に感じ、沖縄を堪能できる。(2011/7/25)

PR:いま買える“次世代クラウドカーナビ”――CAR NAVITIMEで実現する4つのスマート
カーナビゲーションに通信機能が融合されると、これまでとはまったく異なる新たな世界が広がる。クラウドサービスと連携する「CAR NAVITIME」は、NAVITIMEユーザーに大きな恩恵をもたらすナビなのだ。(2011/7/11)

センシング技術 GPS測位:
【人とくるま展2011】古野電気の新GPSモジュール、HEV/EVの燃費向上にも一役!?
古野電気は、新開発の車載用GPSチップ「eRideOPUS 5」を採用したGPSモジュールを複数開発し、自動車技術に関する総合展示会「人とくるまのテクノロジー展(2011年5月18〜20日)」に出品した。(2011/5/20)

カーナビ「ゴリラ」新製品がパナソニックから
三洋電機が販売してきたポータブルカーナビ「ゴリラ」の新製品がパナソニックから登場。(2011/5/13)

通信機能付きカーナビ「CAR NAVITIME」を沖縄滞在中無料で使えるキャンペーン
ナビタイムジャパンが、OTSレンタカーでキャンペーン対象車をレンタルすると、通信機能付きカーナビ「CAR NAVITIME」が無料で使えるキャンペーンを6月1日から9月30日まで実施する。(2011/5/12)

パイオニア、ナビ機能を拡充した“カロッツェリア エアーナビ”3機種
パイオニアは、ナビ機能を拡充したPND(パーソナルナビゲーションデバイス)“カロッツェリアエアーナビ”より3機種を新たに発売する。(2011/5/9)

GPSデジカメ生活のススメ(3) 素早く正しい位置を測位できるかテスト
GPS搭載デジカメの短期特集も今回でラスト。今回は、GPSデジカメとして最も大切な「素早く」「正しい位置」を計測して記録できるかについて、チェックしてみることにする。(2011/4/28)

GPSデジカメ生活のススメ(1) 位置情報があると写真が楽しくなる理由
コンパクトデジカメの今春モデルをみていると、目立つのがGPS搭載機の多さ。現在位置を知るという意味では、携帯電話のGPS機能のほうがなじみ深いのだけれども、デジカメがGPSを搭載したからこそできることというのもある。(2011/4/26)

やっぱエミュ:
ゆめのこんぴゅーた「Pandora」でソフトウェアを動かそう!
そろそろPandoraが届いた人も増えてきたはず(と信じたい)。連載第2回ではPandora上で動作するソフトウェアを紹介していく。さあ、いじるぜ。(2011/4/8)

水晶デバイス:
センシング応用進む水晶デバイス、バイオやモバイルなど新市場に向かう
ここ数年、水晶材料をさまざまな分野のセンシングに生かそうという製品開発が進んでいる。センシング分野を対象にした水晶デバイスは、水晶材料の物性の良さを、さまざな物理量の測定に応用したものだ。(2011/3/10)

Windows Embedded Compact 7提供開始:
CEの歴史の新たなマイルストーンとなるCompact 7
先日(米国時間:2011年3月1日)製品版の提供開始が発表された「Windows Embedded Compact 7」。それを受け、日本マイクロソフトはCompact 7に関するセミナーを都内で開催した(2011/3/3)

センシング技術 GPS測位:
複数システムを同時に利用可能、STマイクロが測位用SoCの新シリーズ発表
STマイクロエレクトロニクスは、GPSやGalileo(ガリレオ)、GLONASS(グロナス)といった複数の測位衛星システムに対応した測位用SoC「Teseo II」を発表した。(2011/2/21)

誠編集長ヨシオカのライフタッチ日記:
PR:スマートフォンよりもすごいヤツ、「LifeTouch NOTE」って何だ
スマートフォンにできることは全部できて、しかもSNSやTwitter、ブログの更新もキーボードでラクラクという「LifeTouch NOTE」。まだ発売前の本製品を、Business Media 誠編集長の吉岡綾乃がじっくりテスト。3回にわたり、連載形式でレビューをお届けします!(2011/2/16)

びしっと吸着、位置調整も自在──iPhone車載キット「LUXA2 H5 Car-Mount」を試す
クルマへのiPhone“お遊び”設置には、ある程度工夫された車載キットが必須。ちょい高級な、LUXA2「H5 Car-Mount」がクルマでどう使えるか・遊べるかをチェックする。(2011/1/26)

2年越しの希望:
ぼくがかんがえた ゆめのこんぴゅーた 「Pandora」
自分たちが欲しいものは自分たちで作る――数々の困難を乗り越え、ついに有志の手によって生み落とされた「Pandora」は、コンピュータ好きなら誰もがいつかは思い描き、そしていつの間にか忘れてしまった“ゆめのこんぴゅーた”なのかもしれない。(2011/1/18)

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT):
2つのアプローチで「すべての車に通信を」――ドコモ小森氏
第2回国際自動車通信技術展で、ドコモの小森光修氏が同社の車向け通信サービスを紹介した。同社は車載モジュールや通信対応PND、さらにスマートフォンを使ったサービスに着手しており、徐々に取り組みを拡大している。(2010/12/1)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサスがマイコンの統合で一歩前進、SoCやパワー半導体の成長戦略も明らかに
マイコンの製造コストを抑え、統合のメリットを出すための方策を明らかにした。旧2社の微細化世代ごとの製造プロセス技術を一本化するほか、マイコンの周辺回路を共通化し、ソフトウェア開発環境を統合する。(2010/10/1)

神尾寿の時事日想・特別編:
あと数年で市場が消滅? 市販カーナビを猛追する携帯ナビ
市販カーナビが苦戦している。理由は、割安なPNDとメーカー純正品に挟まれた上、進化する「ケータイナビ」サービスに追い上げられているからだ。格安な料金で高度なサービスを提供する、携帯ナビの今を解説しよう。(2010/8/4)

センシング技術 GPS測位:
つながる広がる位置情報、あなたの機器に測位技術が載る
現在、位置座標を測位するのに広く使われているGPS(Global Positioning System)には、2つの弱点がある。最近になって、GPS測位の2つの弱点を補う新技術が現れてきた。(2010/7/16)

乱立する規格への最適な対処法とは?:
無線機能を機器に組み込む
WiMAX、ZigBee、LTEなど、無線通信の世界には、新たな規格が続々と登場している。その一方で、ワイヤレス機器では古い規格も比較的長く使われる傾向にある。そのため、複数の規格をサポートすることや、規格の変更に伴うアップグレードを容易に実現する実装手法が求められている。では、こうした要求に応えるために、実際にはどのような取り組みが行われているのだろうか。(2010/6/1)

「NAVITIME」がカーナビ端末に参入 au回線活用で地図更新、周辺情報も
「NAVITIME」がカーナビ端末に参入。auの3Gモジュールを内蔵し、ネット版サービスの利便性をカーナビでも実現するのが売り。(2010/5/24)

調査リポート:
国内のスマートフォン出荷、2013年には571万台規模に
矢野経済研究所が、スマートフォン市場に関する調査結果を発表。携帯電話の出荷台数が伸び悩む中で、スマートフォンの出荷は好調に推移しており、2013年には571万台規模に達する見込みだ。(2010/5/12)

TED&XILINX開発者向けセミナーレポート:
FPGAでテレビ開発に“差別化”を
テレビ開発で“差別化”できるザイリンクスのFPGAソリューション「コンシューマ ビデオ キット」とは?(2010/3/23)

ソニー、自転車対応のポータブルナビ サイコン機能搭載
ソニーのポータブルナビ「nav-u」新製品は、防滴仕様に加えてサイクルコンピュータ機能や自転車向けルート案内機能などを備える。(2010/3/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。