ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「たんぱく質」最新記事一覧

フルーツビネガー投入:
キユーピーが「酢」で提案する野菜生活とは
キユーピーが果実酢を使ったサラダ用調味料を市場投入。酢をメインにした理由とは……。(2017/2/17)

医療技術ニュース:
認知症の一種、前頭側頭葉変性症(FTLD)の発症メカニズムを解明
名古屋大学は、若年性認知症の2割弱を占めるといわれる前頭側頭葉変性症(FTLD)が発症するメカニズムを解明した。RNAタンパク質のFUSやSFPQの機能喪失マウスモデルでは、FTLDに類似する高次機能障害が起こることを確認した。(2017/2/17)

医療技術ニュース:
メタボで胆石が増えるメカニズムを解明
東北大学は、メタボリックシンドロームで胆石が増えるメカニズムを、遺伝子改変マウスを用いて解明した。脂肪肝に伴う胆石の病態解明や治療法の開発、ひいては胆のうがん発症予防につながることが期待される。(2017/2/9)

食事栄養の専門医師に聞く! 「ストレス食い」の3つの原因と対策
ストレス解消のために「食」に走ってしまう人は、ぜひ原因を知り、対策を行いましょう。(2017/2/3)

ダイエット中、肉が食べたきゃこれ選べ! 部位別「脂肪量」ランキング
肉の部位によって脂肪量には差があります。ダイエットのために自分にちょうどいい脂肪量を含む部位を選びましょう。(2017/1/28)

医療技術ニュース:
アトピー性皮膚炎のかゆみに関わる重要なタンパク質を発見
九州大学は、アトピー性皮膚炎でかゆみを引き起こす物質「IL-31」の産生に、タンパク質「EPAS1」が重要な役割を持つことを発見した。今回見いだされたEPAS1〜IL-31経路が、アトピー性皮膚炎のかゆみを絶つ新たな創薬に役立つことが期待される。(2017/1/27)

医療機器ニュース:
細胞毒性を抑えた量子ドットによる移植幹細胞のイメージングに成功
名古屋大学は、最先端技術を駆使した量子ドット「ZnS-ZAIS-COOH(ZZC)」を開発し、マウス生体内の移植幹細胞を高感度可視化(イメージング)することに成功。カドミウムなどの毒性成分を含まず、細胞毒性を100分の1程度まで低減した。(2017/1/26)

水俣病の原因「メチル水銀中毒」のメカニズム解明 新潟大
水俣病の原因となったメチル水銀中毒の仕組みを、新潟大学の研究グループが解明。原因物質を抑制する新薬の開発につながる可能性があるという。(2017/1/25)

作り置きにぴったりの「マリネ」が料理ベタにもおすすめな理由
SNS映えもする見た目の華やかなマリネは、作るのも簡単。もし料理が苦手だとしてもぜひチャレンジしたいところです。そのマリネの仕組みに迫ります。(2017/1/24)

鉄のように硬い「人工クモ糸」、理研が合成 石油製品を代替へ
鉄のように硬いクモ糸を化学的に合成する方法を理研が開発。微生物などを使ってクモ糸を再現する方法と比べると、低コストで大量生産が可能という。(2017/1/23)

医療技術ニュース:
遺伝子の複雑な優劣関係を決定する新たな仕組みを解明
東北大学は、片方の親の遺伝子の性質だけが子に現れるメンデルの「優性の法則」において、優劣関係を決定する仕組みを解明した。有用な遺伝子を働かせ、有害な遺伝子の働きを抑える技術への応用が期待される。(2017/1/19)

「温泉」が薄毛問題を解決する? 育毛博士に聞く発毛研究の最先端
(2017/1/19)

育毛博士に聞く 薄毛に至る「4つの原因」と改善法
(2017/1/17)

デジタルマイクロミラーデバイス:
モバイル分光計を可能にする2次元MEMSアレイ
化学組成を検出できる分光計を電池駆動で携帯できる小型サイズで実現するテクノロジーを紹介する。デジタルマイクロミラーデバイス(DMD)を空間的な光変調器として使うことで、従来の分光法アーキテクチャの欠点を解消し、モバイル分光計を実現する。(2017/1/13)

高温地域に住む糖尿病患者に朗報:
耐熱性に優れた酵素発見、血糖値センサー向け
東京工科大学の研究グループは、好熱性糸状菌からグルコース脱水素酵素(GDH)を発見した。この酵素は耐熱性と長期安定性に優れており、高温地域で使用される血糖値センサーチップなどへの応用が期待される。(2017/1/12)

アトピー性皮膚炎のかゆみを起こすタンパク質を発見 九州大
アトピー性皮膚炎のかゆみを引き起こすタンパク質を発見したと、九州大学の研究グループが発表。新しい治療薬の開発につながるという。(2017/1/10)

アトピー性皮膚炎のかゆみのメカニズム、九大研究グループが解明 新たな治療薬に期待
国民の15%近くというアトピー性皮膚炎患者にはありがたい発見……!(2017/1/10)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「人工知能とロボット」
人工知能(Artificial Intelligence)とロボットの機能や実用例などを整理しながら、それらが実現する未来について考察します。人間の仕事を奪うのではないかといったAIやロボットに対する疑問への“現実解”を導くヒントにもなります。(2017/1/10)

糖質制限ダイエット中でも食べていい! 意外なコッテリ食べ物4つ
糖質オフダイエット中は、糖質の少ないタンパク質や野菜、乳製品がメインの食事に。中でも、「これ食べていいの?」と驚く意外な食べ物を医師に聞きました。(2017/1/9)

MEC食は糖質制限とどう違う? 医師に聞く「最初の3日間」の始め方
肉、卵、チーズの3つの食品を中心に食べ、一口につき30回よくかむ「MEC食」。糖質制限とはどう違うのか、提唱した医師に聞きました。(2017/1/7)

医療技術ニュース:
タンパク質の動きを捉える世界最小の人工バネ
理化学研究所は、世界最小のコイル状人工バネ「ナノスプリング」を開発し、それを用いて聴覚に関わるメカノセンサータンパク質の動きを捉えることに成功した。タンパク質に力を加えながら、分子構造や動態を観察できる。(2017/1/6)

がん細胞を正常細胞が“排除”するメカニズム、京大が解明 新治療法へ
正常細胞ががん化する細胞を組織から排除する仕組みを、京都大学の研究グループがショウジョウバエの実験で解明した。(2016/12/27)

医療技術ニュース:
トラウマ記憶を光操作によって消去する新技術
横浜市立大学は、トラウマ記憶を光操作によって消去する新しい技術の開発に成功した。記憶形成のメカニズム解明や、心の傷に起因した精神障害をコントロールする新規治療法開発の糸口になり得る研究成果だ。(2016/12/27)

「ウイルス」が本来の意味に立ち戻る日
不正なコンピュータプログラムを「ウイルス」と呼びますが、その由来とは? 生物学的検知から考えてみます。(2016/12/27)

医療技術ニュース:
メラニン色素が表皮細胞に運ばれる仕組みの解明
京都大学は、メラニンが輸送されるメカニズムの一端を解明したと発表した。これは、尋常性白斑や皮膚ガンなどの研究や、しみやそばかす対策など、幅広い領域への応用が期待される研究成果となる。(2016/12/26)

医療機器ニュース:
蚊の嗅覚受容体を用いた、ヒトの汗の匂いを感知するセンサー
東京大学は、蚊の嗅覚受容体を組み込んだ匂いセンサーを開発し、それを移動ロボットに搭載して、ヒトの汗の匂いでロボットを動かすことに成功した。画像探査ができない災害現場などで、不明者を探すセンサーとしての応用が期待される。(2016/12/23)

人工知能ニュース:
NECがAIで創薬事業に参入できた理由は「20年以上の積み重ね」
NECは、独自の先進AI(人工知能)技術の成果を基に創薬事業に参入する。新会社「サイトリミック株式会社」を設立し、がん治療用ペプチドワクチンの開発と実用化を推進していく。今回の創薬事業への参入は、NECが20年以上積み重ねてきたAI技術やバイオIT事業の結晶ともいえるものだ。(2016/12/20)

医療技術ニュース:
結核菌を感知するセンサー分子を発見
九州大学は、結核菌を感知するセンサー分子を発見した。この研究成果は、体が結核菌を認識し、排除する仕組みを解明したもので、次世代の結核ワクチン開発に加え、感染症やがんを治療する薬剤開発への応用が期待される。(2016/12/20)

医療技術ニュース:
引きこもり状態のストレスが不安を増強する神経回路メカニズムをマウスで解明
京都大学は、社会隔離ストレスが不安増強を招く神経回路メカニズムをマウスで解明した。長期化する引きこもり状態の解消に貢献する成果であり、抗不安薬の開発や、不安を減らす認知行動療法の開発につながることが期待される。(2016/12/19)

痩せないのはアレ不足? プロに聞く「賢く食べて痩せる」方法
食事量を減らしているのに一向に痩せない……。そんな人は、ある栄養素が足りていないかもしれません。ダイエットの専門家に賢く食べて痩せる方法を聞きました。(2016/12/13)

医療技術ニュース:
痛みのシグナルを強めるタンパク質を発見
大阪大学は、脊髄内の介在神経からネトリン4というタンパク質が分泌され、痛みを増幅させることを発見した。既存の薬では治療しきれない慢性疼痛に対する治療薬の開発につながることが期待される。(2016/12/12)

ビールの苦味成分、アルツハイマー病に予防効果 キリン、東大など研究
キリン、東京大学、学習院大学の研究グループが、ビールの苦味成分にアルツハイマー病の予防効果があると発表。脳内の老廃物を除去する細胞の活性化を促すという。(2016/11/28)

「体重が増えてから戻らない」30代以上が見直すべきこと
なかなか体重が減らない、増えると戻りにくいと感じている30代以上の人がやるべきダイエット法を専門家に聞いてみました。(2016/11/27)

医療機器ニュース:
大脳皮質基底核症候群におけるタウ凝集体の蓄積の画像化に成功
東北大学は、新しく開発されたタウPETプローブを用いて、大脳皮質基底核症候群におけるタウ凝集体の蓄積を画像化することに成功したと発表した。同研究は、新たな画像診断法の確立や治療薬の開発につながる。(2016/11/18)

魚・野菜中心の日本食が「疲労回復」に最適な理由
なんだか疲れが取れずいつも疲れている……。そんな悩みは、今、多くの日本人が抱えていることです。(2016/11/18)

おつまみ「やみつきホルモン」が「人類文明が滅んだ後に食べる高級食みたいな味」としてネットでじわじわ人気 実際のお味は?
SF作品みたいな謎の口コミが広がっている「やみつきホルモン」。実際に食べたり、アサヒグループ食品もこの状況をどう思っているか取材してみた。(2016/11/16)

平均睡眠時間が6時間未満の割合増加、主要因は就労時間と家事 厚労省が「国民健康・栄養調査」発表
若い世代ほど外食の利用頻度が高く、栄養バランスに課題があるとも。(2016/11/15)

「ホクサイと飯さえあれば」ドラマ化決定! 主演は上白石萌音、監督は「孤独のグルメ」の宝来忠昭
グルメドラマなのに食べるシーンが一切無し!? “グルメのD.I.Y.”にフィーチャーした作品です。(2016/11/15)

医療技術ニュース:
尿や血液から、酸化ストレスを簡便に検出
理化学研究所は、酸化ストレス疾患のマーカーを、抗体を使わず市販の安価な試薬だけで簡便に検出する方法を開発した。大量のサンプルを一度に短時間で測定でき、従来の手法に比べて1万分の1以下のコストで実施できる。(2016/11/15)

低糖質なクリスマスを過ごす3つのアイデア
最近糖質オフダイエットをはじめたという人は、クリスマスをどう過ごすか迷うかもしれません。そこで、低糖質なクリスマスを過ごすアイデアをご紹介します。(2016/11/15)

歯のエナメル質の人工形成に成功 虫歯治療に応用へ 東北大
歯の表面にあるエナメル質を人工的に形成することに成功。虫歯治療などへの応用に期待される。(2016/11/9)

自然エネルギー:
ラン藻を使うバイオ燃料生産を効率化、凍りにくい燃料も実現
ラン藻は光合成により軽油燃料に相当する炭化水素を生産することが知られている。東京大学は炭化水素生産に関わる酵素のアミノ酸配列を変えるとその生産効率化を向上できることを発見した。再生可能エネルギーであるバイオ燃料の生産効率化や、凍りにくい燃料の生産に応用できる発見だという。(2016/11/7)

星9つ! 花王「ヘルシアスパークリング バレンシアオレンジフレーバー」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシアスパークリング バレンシアオレンジフレーバー」(193円/税込、店頭価格)です。(2016/10/28)

星7つ! サンガリア「炭酸水スパークオーα」をレビュー!
今回選んだのはサンガリアの「炭酸水スパークオーα」(88円/税別、店頭価格)です。(2016/10/27)

星8つ! 東洋水産「うまいつゆ 塩分オフ 天ぷらそば」をレビュー!
今回選んだのは東洋水産の「うまいつゆ 塩分オフ 天ぷらそば」(122円/税込、店頭価格)です。(2016/10/26)

なんでパンイチで料理してんだ! 筋肉アピールがすごい元モデルのシェフがムキムキのイケメンすぎる
まず服を脱ぎます。(2016/10/25)

星5つ! 大塚食品「マッチ セットポジション 240ml 缶」をレビュー!
今回選んだのは大塚食品の「マッチ セットポジション 240ml 缶」(200円/税込、店頭価格)です。(2016/10/25)

「スプーンとフォークでくるくる?」「乾燥麺のほうが太りにくい?」 日本パスタ協会、日本人にありがちな誤解を発表
生麺、乾燥麺って原料から違うんですね。(2016/10/24)

星9つ! イオン「やさしさ思いスイーツ〜おいしさと糖質のバランス〜シュークリーム」をレビュー!
今回選んだのはイオンの「やさしさ思いスイーツ〜おいしさと糖質のバランス〜シュークリーム」(105円/税込、店頭価格)です。(2016/10/24)

星6つ! サントリー「澄みわたる梅酒」をレビュー!
今回選んだのはサントリースピリッツの「澄みわたる梅酒」(842円/税込、店頭価格)です。(2016/10/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。