ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

「Q&Aサイト」最新記事一覧

全国7拠点、現場や営業も全員参加
実例:経営企画室長、グループウェア導入で組織風土を変える
ツールの導入は簡単だが、定着して効果が出るかは別問題。グループウェア導入から約1年で組織風土を変革、離職率低減の成果を上げた企業は、何に取り組んだのかを取材した。(2017/11/28)

スピン経済の歩き方:
ハッピーセットの「人生ゲーム」をみればマック復活の理由が分かる
日本マクドナルドの業績が急回復している。期限切れ鶏肉や異物混入問題の発生から約3年が経ったが、本当に復活したのか。筆者の窪田氏は同社のあるところに着目し、V字回復の要因を分析している。それは……。(2017/11/21)

オバマ元大統領も投稿 実名制Q&Aサイト「Quora」日本上陸 医療情報などの「信頼性」はどう保つ?
「高品質なコンテンツ」を保つためにやっていることとは?(2017/11/14)

専門性の高さが魅力:
実名制のQ&Aサイト「Quora」、日本進出の勝算は?
米QuoraがQ&Aサイト「Quora(クオーラ)」の日本語版をリリースした。実名制を採用しており、専門性・信頼性の高さが魅力だ。(2017/11/14)

実名制Q&Aサイト「Quora」日本語版スタート
実名制Q&Aサイト「Quora」日本語版のサービス提供が始まった。(2017/11/14)

正式オープン:
専門家が回答するQ&Aサイト「Quora」日本上陸
Q&Aサイト「Quora」(クオーラ)日本語版が正式オープンした。(2017/11/14)

経営陣「AIで業務改革をしろ!」→現場「そう言われても」 JALがAIを“実用化”するまで
JALがAIを活用したチャットbotサービス「マカナちゃん」を開発。「そもそもAIで何ができるのか、肌感がなかった」という担当者が、サービスを実用レベルまで引き上げることができた理由は。(2017/10/28)

今後は有料版に注力:
「サイボウズLive」終了へ システムの老朽化が原因
サイボウズが、無料グループウェア「サイボウズLive」の提供を2019年4月15日に終了すると発表。システムが老朽化したためで、今後は堅調に契約数を伸ばしている有料版グループウェア事業に注力するという。(2017/10/24)

chatbotに話しかけてビジネス文書を作成 Watsonを活用した業務支援ソリューション登場
ソフトバンクは、Watsonを活用した業務支援ソリューションのラインアップに、話しかけるだけで文書を作成できる「SPALO」と、Q&Aサービス用の学習データとチャットbotの構築を支援する「AI導入エントリーパック」を追加した。(2017/10/12)

実名制Q&Aサイト「Quora」日本語版β公開
実名制Q&Aサイト「Quora」日本語β版が公開。欧米以外へは初進出という。(2017/9/26)

上場に必要なチーム力:
はてなの新規上場を支えた「コミュニケーション」
新規上場を実現するまでには、企業の成長性や健全性などをステークホルダーに証明することが必要だ。2016年2月に東証マザーズに上場した、はてなの取り組みとは? キーワードは「コミュニケーション」だ。(2017/9/22)

組み込み開発ニュース:
「VxWorks」がリアルタイム分析エンジン搭載、エッジコンピューティングに対応
ウインドリバーは、組み込みOS「VxWorks」の新機能となるリアルタイム分析エンジン「AXON Predict Analytics」を発表。2017年8月末に正式リリースするVxWorksの新バージョンのオプションとして提供する。(2017/8/29)

ターゲティング広告の精度向上に貢献:
「goo」のビッグデータを活用したユーザーインサイト可視化ツール、クロスリスティングが提供
クロスリスティングはNTTレゾナントと連携し、「goo」の検索データや「教えて!goo」の行動データを活用したユーザー理解・キーワード発掘ツール「MindPick」の提供を開始した。(2017/8/10)

旅行会社のH.I.S.、顧客サポートのチャットボットを開始 人工知能「SENSY」を活用
カラフル・ボードが、ディープラーニングで利用者の“感性”を学ぶAIを活用したチャットボットサービス「SENSY BOT for Biz」を発表。H.I.S.がWebサイトなどの顧客サポートに導入した。(2017/7/26)

第1弾としてH.I.S.が導入:
カラフルボード、パーソナル人工知能「SENSY」活用したチャットbotサービスを提供
カラフル・ボードは、同社のパーソナル人工知能(AI)「SENSY」を活用したチャットbotサービス「SENSY BOT for Biz」をリリースした(2017/7/26)

日本テレビ、ドラマ主人公とおしゃべり「AIカホコ」提供 放送回が進むと返答変化
日本テレビのドラマ「過保護のカホコ」と連動する「AIカホコ」は、LINEで会話が楽しめるサービス。放送回を重ねるごとに、脚本、ユーザーとの会話履歴を学習し、返答内容が変わっていく。(2017/7/7)

まとめサイトや知恵袋が引っかからない検索サイト「Nyafoo!」登場 開発者自身にとって使える検索を目指した結果
猫の手も借りたいときの検索サイト?(2017/7/3)

ITライフch:
auから新しいIoT体験!「au HOME」で毎日をもっと便利に楽しく
auは、「au 2017 Summer Selection」を開催し、新機種および新サービスを発表した。新端末は、スマホ7機種とガラケー2機種の計9機種。サービス面では、IoTを活用した「au HOME」がauライフデザインに新たに加わる。(2017/6/23)

ITライフch:
スポーツジムのノウハウを自宅でもAndroidアプリ「WEBGYM」で本格トレーニング
フィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」は、Android専用アプリ「WEBGYM」をリリースした。自宅でも本格的なトレーニングができたり、スポーツクラブの仲間と交流できる。(2017/6/21)

ITライフch:
ますます楽しい!BIGLOBE SIMが「エンタメフリー・オプション」などオプション適用範囲を拡大
BIGLOBE SIMは、6月1日よりオプションの適用範囲を拡大。これまで6ギガプラン以上を契約する必要があった「エンタメフリー・オプション」、「シェアSIMカード追加オプション」が、3ギガプランから利用可能になった。(2017/6/20)

iPhone 6を月額1500円でレンタルできる「かりスマ」 OKWAVEのサポートサービスも
オウケイウェイヴとオーバー・ザ・エアーはスマートフォンレンタルサービス「かりスマ」の開始に合わせ、MVNO関連サポートサービスの提供を開始した。第1弾として「かりスマ」サービス全般に関するFAQを中心としたWebサポートを提供していく。(2017/6/16)

ITライフch:
順調に拡大する裏に潜むMVNO市場の問題とは? MMD研究所 第5回MVNO勉強会
MMD研究所は、メディアを対象にしたMVNO勉強会を開催した。ゲストに迎えた「OCN モバイル ONE」「mineo」「イオンモバイル」「LINEモバイル」の各代表者が、各社の日頃の取り組みを説明したほか、質疑応答を行った。(2017/6/15)

ITライフch:
痴漢えん罪に巻き込まれた!そんな時は逃げずに相談 スマートフォンアプリ「弁護士トーク」iOS版に新機能追加
弁護士に無料相談できるチャットアプリ「弁護士トーク」のデザインが一新された。「よりカンタンに」「よりわかりやすく」相談内容を弁護士に伝えられるように変更されている。痴漢をめぐる線路内逃走などが社会問題化していることが背景にあるという。(2017/6/14)

ITライフch:
登山愛好者必見!スタンプラリーアプリ「ヤマスタ」で尾瀬散策スタンプラリーを実施!
登頂記念スタンプラリーアプリ「ヤマスタ」は、10月22日まで尾瀬の人気スポットをめぐる「尾瀬散策スタンプラリー」を実施する。条件クリアで「尾瀬国立公園10周年記念」特製ピンズや尾瀬の特産品の抽選に応募できる。(2017/6/13)

ITライフch:
Spotifyが新機能「Release Radar」の提供開始 お気に入りアーティストの最新曲が毎週届く
音楽ストリーミングサービス「Spotify」に新機能「Release Radar(リリース・レーダー)」が追加された。お気に入りのアーティストの最新曲などをまとめたプレイリストが、毎週金曜日に届けられる。(2017/6/2)

ITライフch:
SIMフリースマホはJアラート受信できず? 大手MVNO、総務省が推奨する対策は
総務省は、Jアラートについて一部のスマホなどで受信できない可能性があると発表。この発表を受け、IIJmioは公式ブログで、緊急速報受信の可否の仕組みや、対応外の機種での受信方法を解説した。(2017/6/1)

ITライフch:
赤ちゃんの予防接種スケジュールをアプリで簡単管理 「予防接種スケジューラー」
月齢に応じて受ける予防接種は、種類の把握やスケジュール管理が大変なもの。その手助けになるアプリ「予防接種スケジューラー」を紹介します。(2017/5/31)

ITライフch:
世界最小!?LTE対応スマホ「Jelly」が登場
アメリカのクラウドファンディングサイトに、「世界最小サイズ」をうたうAndroidスマホ「Jelly」が登場した。公開わずか57分で目標の3万ドルを達成。注目を集めているJellyのスペックとは?(2017/5/30)

ITライフch:
Androidスマホで迫力のサラウンド動画を!U-NEXTがドルビーオーディオ対応コンテンツを配信開始
U-NEXTは、「ドルビーオーディオ Androidモバイルアプリケーション」を採用。同社が提供する動画サービス「U-NEXT」で、ドルビーオーディオ対応コンテンツを100作品以上視聴できるようなる。(2017/5/26)

A02は「発売見合わせ」:
「UPQ Phone A01X」の焼損事故対策が決定 ソフト更新+バッテリー交換で対応
「UPQ Phone A01X」で4件(メーカー発表)発生した焼損事故。その原因が「バッテリー」と「充電制御」にあることが最終的に特定できたことを受けて、同端末のソフトウェア更新とバッテリー交換が決定した。本件を受けて「UPQ Phone A02」は発売を見送ることになった。(2017/5/25)

ITライフch:
2秒“なまって”動画を作成!方言共有アプリ「namarii」
株式会社カラフルカンパニーは、スマホアプリ「namarii(ナマリー)」を発表した。“なまり”をテーマにした動画共有サービスで、日本各地の方言を2秒間の動画にして投稿、閲覧できる。(2017/5/24)

ITライフch:
ゲーマーのための格安SIM「LinksMate」が登場!ゲームプレイ時の通信量が90%カウントフリーに
スマホでゲームを楽しむ全ユーザーが、諸手を挙げて歓迎するような新MVNOサービスが登場する。基本のプランに月額500円のオプションをプラスすると、「ゲーム」「コンテンツ」「SNS」のデータ通信量が90%以上OFFになる。(2017/5/18)

ITライフch:
中古携帯端末購入に対しての抵抗感は男女で差 利用率は1.7%
MMD研究所は、「2017年中古端末に関する購買動向調査」の結果を発表した。中古端末の利用率は1.7%で、中古端末購入に対しての抵抗感には男女で差があるという結果になっている。(2017/5/17)

ITライフch:
トラブル多発のMVNOサービス 違いを理解するためのチェックポイントを公開
キャリアとは異なるサービス内容などから、トラブル相談が急増しているというMVNOサービス。こうした状況を受けテレコムサービス協会は、MVNOサービスの利用を考えているユーザーに向けたチェックポイントをホームページに掲載した。(2017/5/11)

OKWAVEが格安SIMのAIコンシェルジュサービスを開発 Q&Aのビッグデータを活用
オウケイウェイヴが、Q&Aサイト「OKWAVE」のデータを生かした、格安SIMのAIコンシェルジュサービスを開発。質問を入力すると、Q&Aでのやりとりをもとに、最適な回答を返してくれる。各社のFAQも取り込める。(2017/4/25)

ITライフch:
無料で本格的な楽器演奏を学べる「ON-KATSU@home」
EYS-STYLEは、iPhone向けに音楽練習アプリをリリースした。ピアノやサックスなど、39種類の楽器練習に対応。また、プロミュージシャンによる奏法の動画解説、譜面の閲覧とダウンロードが可能となっている。(2017/4/25)

ITライフch:
若年層のSNS利用調査 電話番号よりLINE交換が多数派の一方で「SNS疲れ」も
テスティーは、10〜20代を対象にSNSの使い方に関するアンケートを実施。10代で76.1%、20代で76.0%がSNSを利用していると回答。多くがSNSを活用している一方で、「SNS疲れ」を思わせる回答も見られたという。(2017/4/14)

ITライフch:
中古iPhone7を実際に購入してみてわかった!失敗しないためのチェックポイントと心がまえ
iPhone 7/7plusが、発売から約半年経ち、条件を満たしているキャリアモデルの端末はSIMロック解除が可能になる。iPhone 7/7plusを安く入手する方法のひとつに「中古端末の購入」があるが、中古端末にはどんなメリット、デメリットがあるのだろうか?(2017/4/12)

ITライフch:
スマホでのマンガコンテンツ閲覧拡大 30〜40代中心に”回帰”加速 LINE調べ
LINEは、スマホでのマンガコンテンツ利用動向について調査を実施。2年前と比べスマホでのマンガ閲覧率は約1.5倍になり、なかでも30〜40代の利用が7割増加したと発表した。(2017/4/7)

画像の人気度、校正支援、チャットボットなど:
PR:リクルートが社内で育てたDeep Learning/機械学習API群「A3RT」を無料で公開した理由
リクルートテクノロジーズは2017年3月16日、「機械学習」「Deep Learning」にまつわるサービスAPI群「A3RT」の無料公開を開始した。A3RTは、これまでリクルートグループ内で開発や展開が行われてきたAPI群のブランド名である。今回「A3RT」の社外向け無料公開に踏み切った理由と、各APIの活用イメージについて、同社でA3RTの開発に携わる石川信行氏と白井祐典氏に話を聞いた。(2017/3/30)

「何となく旅行したい」――人工知能が気分を推察、旅行プランを提案 gooが新サービス
AIがユーザーと対話を繰り返しながら、気持ちを推察し、旅行プランを提案。AIは「教えて!goo」「gooブログ」「goo旅行」などのデータを学習しているという。(2017/3/27)

Pinterestが買収したJelly、4月3日にシャットダウン
Pinterestが買収したソーシャルサービス「Jelly」が4月3日に閉鎖される。創業者のビズ・ストーン氏はユーザー宛のメールで「Jellyの精神はPinterestの中で生き続ける」と語った。(2017/3/21)

Pinterest、Twitter共同創業者ビズ・ストーン氏のJellyを買収
Twitterの共同創業者、ビズ・ストーン氏が立ち上げた人力検索サービスJellyをPinterestが買収した。ストーン氏はPinterestのアドバイザーになる。(2017/3/9)

Twitter、Googleにモバイルプラットフォーム「Fabric」を売却
Twitterが、開発者向けモバイルプラットフォーム「Fabric」をGoogleに売却する。長期的な成長のために重要な製品と事業に集中するためとしている。同社は「Vine」のサービスを終了したばかりだ。(2017/1/19)

ITライフch:
ポケモンGO新登場メタモンでジムバトル メタモンとメタモンを戦わせると?
ポケモンGOに「メタモン」が追加投入された。ジムバトル時には対戦相手のポケモンに擬態するメタモン同士で対戦したら一体どうなるのか、試してみました。(2016/12/16)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニ「Amazon GO」になれるのか
米Amazonが、レジ決済を必要としない店舗「Amazon GO」を2017年に開始すると発表した。今回は、Amazon Goのシステムが現コンビニに導入されたらどうなるかを考えてみたい。(2016/12/15)

ET2016 開催直前情報:
リネオ、展示の注目は「Yoctoコンシェルジュ」
リネオソリューションズは、2016年11月16〜18日にパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2016(ET 2016)」「IoT Technology 2016」で、「Yocto Project」開発者を支援する新サービス「Yoctoコンシェルジュ」をキーワードに展示する。(2016/11/14)

人工知能「あい」が質問の意図をくんで返答 OKWAVEが新サービス
オウケイウェイヴが、対話型AI「あい」を活用したQ&Aサービスを開始。利用者の質問に対し、「OKWAVE」の過去の回答データから最適なものを選定する。(2016/11/10)

セミナーレポート:
Webで見込み客を探す・育てる「鉄板」のシナリオ設計法
2016年10月にアイティメディアとNECマネジメントパートナーおよびランドスケイプの3社が共催したセミナー「Webで見込み客を探す・育てる『鉄板』のシナリオ設計法」の概要をお届けする。(2016/11/8)

ぷらっとホーム OpenBlocks IoT VX1:
処理能力を強化したIoTゲートウェイ、機械学習や分散処理にも
ぷらっとホームがデュアルコアの1.33GHz駆動SoCを搭載したIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX1」を販売。ソフトも大幅に強化され、各種センサーやクラウドとの接続も容易だ。(2016/10/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。