ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

「QRコード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

楽天、ホームスタジアムでの決済を完全キャッシュレス化
楽天グループは、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」とJ1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアムを完全キャッシュレス化する「スマートスタジアム構想」について発表。2019年の開幕戦から、チケットや飲食などの決済をすべて現金からQRコード決済や各種クレジットカード決済などに順次対応していく。(2019/1/10)

スマートスタジアム構想を打ち出す楽天:
現金利用不可「楽天生命パーク宮城」と「ノエビアスタジアム神戸」が完全キャッシュレスへ
楽天グループのプロ野球、プロサッカーチームのホームスタジアム2カ所が、完全キャッシュレス化に対応。現金決済の取りやめ、QRコード決済「楽天ペイ」、電子マネー「楽天Edy」、ポイントカード「楽天ポイントカード」、各種クレジットカードとデビットカードだけに対応する。(2019/1/10)

コード決済と非接触決済の満足度はどちらが高い? ICT総研が調査
ICT総研は、1月7日に「2019年 モバイルキャッシュレス決済の市場動向調査」の結果を発表した。小額決済での電子マネー利用者は9.2%、スマホのQRコード決済利用者は4.1%となり、比較的高額な買い物ではさらにキャッシュレス決済の利用は減少。よく利用する電子マネーは「Suica」、QRコード決済は「楽天ペイ」となった。(2019/1/7)

ウェアラブルニュース:
手の甲に装着してバーコード読み取り、グローブ型2次元ウェアラブルスキャナー
デンソーウェーブは、グローブ型2次元ウェアラブルスキャナー「Wearable SF1」を発売した。倉庫、工場でのピッキングおよび入荷作業において、手の甲に付けたままバーコードやQRコードを読み取ることができる。(2018/12/27)

イオンモバイル、約170店舗でモバイルバッテリーのシェアリングサービスを開始
イオンモバイルは、本州・四国のイオンモバイル約170店舗でモバイルバッテリーシェアリングサービスを開始。専用アプリでQRコードを読み取ると店舗に設置された専用スタンドから受け取りでき、使用後は好きな店舗へ返却できる。利用料金は1時間以内の利用で108円(税込)から。(2018/12/26)

新入社員のモバイルデバイスを登録するときに
QRコード登録がiPhone、Androidのモバイルデバイス管理ツールで人気のワケ
QRコードを使ってデバイスをモバイルデバイス管理(MDM)に登録する方法は、ベンダーによるサポートも広がり、利用しやすくなってきた。このプロセスにはワークフローの簡素化や利便性などの利点がある。(2018/12/24)

LINE Payが「ビックカメラ」グループ全店で対応 “実質25%還元”の対象
LINE Payが、ビックカメラグループの全店に12月21日から対応。店頭が掲示するQRコードを読み取って支払う。20%還元キャンペーンの対象。(2018/12/20)

Uber、シェアサイクル「JUMP」の新モデルにダッシュボードや交換可能なバッテリー
Uberが米国で提供しているシェアサイクル「JUMP」の新しい自転車は、スマートフォンをセットできるダッシュボードやQRコードでのロック解除、交換可能なバッテリーなどの新機能が追加された。(2018/12/19)

夜間無人のスーパーが開店 トライアルが日本初 QRコードで入店
トライアルカンパニーが、夜間は無人営業になるスーパーマーケットを福岡県大野城市にオープンする。客は入り口で専用アプリのQRコードか、同社のプリペイドカードをかざして入店する。有人レジをなくし、代わりにセルフレジを導入した。(2018/12/11)

スタバ、LINE Pay導入 18年中に一部店舗から
スターバックス店舗で「LINE Pay」のQRコード決済を使えるように。(2018/12/5)

店舗のQRコード決済導入を簡単に ソフトバンクがアプリ提供
ソフトバンク・ペイメント・サービスは、店舗が簡単にQRコード決済を導入できるアプリ「S!can」(スキャン)の提供を12月中に始める。(2018/12/4)

ソフトバンク、店舗向けQR決済アプリ「S!can」提供 第1弾は「銀聯QRコード決済」に対応
ソフトバンク・ペイメント・サービスは、12月中に店舗でのキャッシュレス決済を実現するQRコード決済アプリ「S!can(スキャン)」の提供を開始する。まずは第1弾として「銀聯QRコード決済」に対応し、今後も対応するQRコード決済サービスを拡充していく。(2018/12/4)

キャッシュレス普及の切り札となるか?:
QRコード決済の普及に向けた課題とは?
世界に比べて遅れている日本のキャッシュレス決済。その普及に向けて切り札として期待されているのがQRコード決済だ。しかし、そこには課題も数多い。決済関連に詳しいカンムの八巻渉社長による寄稿をお届けする。(2018/12/3)

「PayPay」オンライン決済に対応 「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」で利用可能に
QRコードを使ってスマートフォン決済できるサービス「PayPay」がオンライン決済にも対応へ。「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」では来年2月から、「LOHACO」では同年4月から、PayPayによる決済に対応する。(2018/11/30)

中小の店舗を対象:
消費増税対策のポイント還元、カード業界が猛反発なぜ?
政府は平成31年10月の消費税増税に合わせ、景気対策の一環としてキャッシュレスでの買い物を対象にポイント還元を検討している。キャッシュレス決済は電子マネーやスマートフォンで読み取るQRコードなど幅広く対象となる見通しだが、主力は普及が進むクレジットカードとみられている。構想が明らかになった当初、クレジットカード業界には歓迎ムードが広がった。ところが最近では、カード業界から猛反発の声が上がっている。一体何があったのか――。(2018/11/27)

“キャッシュレス決済の課題”に関する誤解
「○○ペイ」という名前の決済サービスが、続々と登場している日本。特にここ最近は、QRコードやバーコードを使ったサービスが増えている。カンムの八巻渉氏は、よく言われている「キャッシュレス決済の課題」に誤りがあると指摘する。(2018/11/12)

ファンの悩みを解消:
「嵐」のコンサート、物販コーナーの混雑緩和にアプリ導入 欲しいグッズをQRコードで注文
アイドルグループ「嵐」のコンサートに、物販コーナーの混雑緩和に向けたスマホアプリが導入される。欲しいグッズをアプリ上で確認し、店員にQRコードを見せると注文できる。決済機能はないが、購入金額の合計値を自動計算する機能も持つ。(2018/11/8)

Googleの法人向けスマートフォン導入支援プログラム
「Android Enterprise Recommended」の最新情報 高耐久性スマートフォンが対象機種に
「Android Enterprise Recommended」は、ゼロタッチ登録やQRコードで大量のAndroid端末の導入とEMMのインストールを容易にする。対象機種の追加など、拡充も進められている。(2018/11/8)

カード、FeliCa、QRもOK:
Android搭載、LTE対応のマルチ決済端末「PAYGATE Station」登場 何が便利なのか?
大和ハウスグループのロイヤルゲートが、12月7日にモバイル型マルチ決済端末「PAYGATE Station」を発売する。クレジットカード、FeliCa、NFC、QRコードなどの決済サービスに対応するのが特徴。店舗の負担がさらに軽減されることが期待される。(2018/11/5)

Apple PayでPontaカードの利用が可能に 11月7日から
ローソンは、Apple Payの使用で共通ポイントサービス「Ponta」が貯まるサービスを提供開始。PontaカードをiOS 12のApple Walletに追加すれば、Pontaカードの提示やバーコード、QRコードのスキャンを行わずにPontaポイントが貯まる・使えるようになる。(2018/10/31)

口座直結型のQRコード決済サービス「&Pay」、常陽銀行から提供開始
エムティーアイは、10月23日に口座直結型のQRコード決済サービス「&Pay」を提供開始。クレジットカード会社などの中間事業者を介さず、リアルタイムかつ安全に支払いが可能。まずは常陽銀行との連携を開始し、2018年度内に加盟店を1000社、2020年までに国内300の金融機関との連携を目指していく。(2018/10/24)

「LINE Pay 据置端末」申込受付開始 利用料&手数料の無料キャンペーンも
LINE Payは、10月17日にモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」のQRコード決済に対応する決済端末「LINE Pay 据置端末」の申込受付を開始。スタートキャンペーンとして通常月額1500円(税別)の端末利用料が6カ月無料となる他、利用金額の2.45%となる決済手数料を2021年7月31日まで無料とする。(2018/10/18)

QRコード決済の普及は「ポイント還元」に期待 リエールファクトリーの調査
リエールファクトリーは、10月15日に「節約の意識調査・購入意識の調査アンケート」の結果を発表。「QRコード決済」について「ポイント還元率が現金決済などより得であれば利用する」という回答が全体の41%となった一方、QRコード決済が利用できる店舗がまだ少ないことも判明した。(2018/10/16)

コード決済「PayPay」がスタート 500円相当の電子マネープレゼントも
PayPayが10月5日、バーコードやQRコードを使ったモバイル決済サービス「PayPay」の提供を開始した。同社はソフトバンクとヤフーの合弁会社。新規登録をした人に電子マネー500円相当をプレゼントするキャンペーンも実施する。(2018/10/5)

ゲートを通るだけで決済 楽天とローソンがCEATECで披露
IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2018」でローソンが「ウォークスルー決済」を試験的に披露する。スマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を使用。来場者がQRコードをかざして商品を持ったままゲートを通ると、自動的に会計・決済が行われる。(2018/10/4)

今日のリサーチ:
DMからWebページへのアクセス方法は「QRコード」が1位――トッパン・フォームズ調べ
トッパン・フォームズは、ダイレクトメールに関するトレンド調査を実施しました。(2018/10/4)

QRコードを使って銀行口座間の送金を可能に NTTデータ、バンキングアプリ「My Pallete」で提供へ
NTTデータは、岩手銀行など、地銀など18の金融機関が利用するスマホ用バンキングアプリ「My Pallete」に、QRコードを使って銀行口座間の送金ができる新機能を追加する。(2018/9/27)

【マンガ】QRコードの「QR」って何なの?
使ったことはあるけども。(2018/9/27)

クレジットカード決済未導入の店舗に訴求
Amazon PayがQRコード決済機能を追加 店舗向け専用端末をレンタル無料に
Amazon Payが実店舗向けQRコード決済機能を追加した。利用に必要な専用タブレットのレンタル料と、店舗側の決済手数料の無料キャンペーンも開始。(2018/9/11)

アララ、QRコードリーダーの位置情報利用について謝罪 「適切な説明がなされていなかった」
「公式QRコードリーダー“Q”」で特定のコードを読み取ると位置情報が送信されると判明して物議を醸していました。(2018/9/8)

PayPayとAlipayが連携、訪日中国人のQRコード決済が可能に
ソフトバンクとヤフーの決済サービス「PayPay」が、中国の「Alipay」とサービス連携。「PayPay」の加盟店で訪日中国人が「Alipay」でのQRコード決済が行えるようになる。時期は今秋を予定。(2018/9/6)

ALIPAY DAY 2018:
ソフトバンクとヤフーの決済サービス「PayPay」の強みとは? 中山社長が語る
ソフトバンクとヤフーが合弁会社「PayPay」を設立。このPayPayが、2018年秋からQRコードを使った決済サービスを開始する。コード決済サービスは既に多数存在するが、PayPayの強みはどこにあるのか?(2018/9/6)

JapanTaxi、キャッシュレス決済機付きのタクシー向けタブレットを順次全国展開
JapanTaxiはクレジットカードや交通系IC・電子マネーなど複数決済が可能なカードリーダー端末と、広告タブレットが一体化したタクシー向け「決済機付きタブレット」を9月から順次全国展開する。QRコード決済に対応した「広告タブレット」と合わせ、全国で合計5万台の搭載を目指す。(2018/9/3)

「いつ」「誰と」「予算」は……?:
イオンリカー、デジタル強化でワイン販売加速 AI活用のソムリエ機能導入
イオングループのワイン専門店であるイオンリカー(千葉市)は、デジタル技術を活用したワイン販売を加速する。今秋をめどに人工知能(AI)を活用した「Webソムリエ」サービスを電子商取引(EC)サイトに導入するほか、店頭では2次元バーコード「QRコード」を活用した商品説明を始め、実際の店舗とデジタル技術を連動させていく。これらの施策で現在、年間4億円程度のEC経由の売上高を、数年後には30億円規模に拡大させる方針だ。(2018/9/3)

飲食店や美容院もAmazonアプリでお支払い――「Amazon Pay」がQRコード決済に参入
アマゾンジャパンがECサイト向け決済サービスとして展開していた「Amazon Pay」を、実店舗でのスマホ決済に対応させた。Amazonショッピングアプリに表示されるQRコードを使って、飲食店や美容院、衣料品店などの実店舗でキャッシュレス決済ができるようになる。(2018/8/30)

Amazonの決済サービス「Amazon Pay」、実店舗でのQRコード決済に対応
店頭でスマホにQRコードを表示して支払いができる。(2018/8/29)

「Amazon Pay」が実店舗決済に対応 Amazonショッピングアプリを利用
Amazonの決済サービス「Amazon Pay」が、実店舗での決済に対応する。既存の「Amazonショッピングアプリ」でQRコードを表示し、店頭で読み取ってもらうことでAmazonアカウントにひも付いたクレジットカードで決済できる。(2018/8/29)

中小店舗がターゲット:
Amazon Payが実店舗向け「QRコード決済」に対応 始めやすさで差別化図る
「Amazon Pay」に、実店舗向けのQRコード決済機能が追加。ユーザー側には会計時の利便性向上、店舗側には新規顧客の獲得などのメリットを提供する。中小店舗をターゲットとし、端末を無料で貸し出すなどの施策を展開する。(2018/8/29)

AmazonがQRコード決済に参入 アプリで使える「Amazon Pay」、中小店舗に照準
アマゾンジャパンが実店舗でのキャッシュレス決済に参入する。ユーザーが「Amazonショッピングアプリ」の画面上に表示したQRコードを、店舗側がタブレット端末で読み取ることで支払いが完了する。(2018/8/29)

QRコード“読み取り”で位置情報送信の危険性? 一部アプリで物議、サービス提供社は当該機能を停止に
特定の環境・アプリでQRコードを読み取ると、ユーザーの位置情報がコード作成者に送られる仕組みとなっていました。(2018/8/29)

みずほグループほか、北九州市でQRコード決済の実証実験
みずほフィナンシャルグループらは、9月1日にキャッシュレス決済促進に関する構想の実現性を検証するための実証実験を北九州市で開始。決済アプリ「pring」を利用し、観光客や地元購買客を対象としたQRコード決済の利便性検証を行う。(2018/8/21)

“北九州市の台所”でスマホかざしてQRコード決済――みずほFGなど5行、キャッシュレス決済の実証実験をスタート
外国人にも人気の観光スポットになっている北九州市・小倉の旦過市場、京町・魚町商店街などで、決済アプリを使ったキャッシュレス決済の実証実験がスタートする。みずほFG、みずほ銀行、北九州銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行が共同でQRコード決済の利便性などを検証する。(2018/8/21)

みずほ銀行らがキャッシュレス決済の実証実験 スマホアプリでQRコード読み取り
みずほフィナンシャルグループなど5社がスマホアプリを使ったキャッシュレス決済サービスの実証実験を北九州市で実施する。銀行口座からスマホアプリに電子マネーをチャージして加盟店での支払いに利用。QRコード決済サービスの利便性などを検証する。(2018/8/20)

姿を見せたApple 京都、現地レポート QRコード、格子グラフィック
Apple 京都に格子の形をしたグラフィックが登場した。(2018/8/15)

宅配ピザの支払いをQRコードで楽に ピザーラが「楽天ペイ」導入
宅配ピザ「ピザーラ」が楽天の決済サービス「楽天ペイ」を導入。配達員が提示したQRコードを客がスマホで読み取って決済する。(2018/8/10)

決済ビジネスカンファレンス2018:
乱立する「QRコード決済」 普及の鍵を握るものは?
ここ最近、キャッシュレス決済、特にQRコードを使用した決済サービスの動きが活発だ。大手からベンチャー企業まで多彩なサービスを提供している。QRコード決済を日本で普及させるためには何が必要なのか?(2018/8/9)

「USB」「JPEG」「QRコード」 身近なIT用語、何の略語か知ってる?
使い方は分かるけど、略語しか覚えてない……。(2018/8/8)

ソフトバンクも2年/4年縛りの条件見直し コード決済「PayPay」には自信
ソフトバンクグループは8月6日、2018年第1四半期の決算発表会を開催。他社が見直しをしている2年縛りや4年縛りの条件、2018年秋に開始するQRコード決済「PayPay」について孫正義社長が言及した。(2018/8/7)

ベンチャーが「QRコード決済」に続々参入 「キャッシュレス後進国」日本で普及の起爆剤となるか
「QRコード」によるスマートフォン決済をめぐり、ベンチャー企業が相次いで市場参入している。中国Alibabaの「アリペイ」の日本への本格進出がささやかれる中、ベンチャー各社は隙間的なニーズに特化したサービスで巻き返しを狙う。(2018/8/7)

現金派の約4割がQRコード決済を認知 ネットプロテクションズ調べ
ネットプロテクションズは、7月31日に「キャッシュレス決済に関する意識調査」の結果を発表。実店舗で利用してみたい決済方法TOP3は「後払い決済」「クレジットカード決済」「プリペイド決済」で、現金派ユーザーの半数はQRコード決済に抵抗を感じていないことが分かった。(2018/8/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。