ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「遠隔地」最新記事一覧

エネルギー管理:
ごみ発電にビッグデータとAIを生かす、遠隔地から発電量を自動で調整
全国各地のごみ焼却施設にバイオマス発電設備が拡大中だ。ごみ発電設備の建設・運転を支援するJFEエンジニアリングは、遠隔地のセンターから発電状況を監視・操作するサービスを提供する。ビッグデータやAIなどの最新技術を駆使して、発電量の自動調整やトラブルの事前検知を可能にした。(2016/7/19)

IT活用:
真夏の作業現場を襲う熱中症、ウェアラブル端末で防ぐ
真夏に行う電力設備の設置や点検保守作業では、熱中症に気をつけたい。富士通と関電工は現場作業員の熱中症対策にウェアラブル端末を活用する実証実験を開始する。アームバンド型の端末を各作業員が装着し、熱ストレスなどを遠隔地でも把握できるようにして熱中症などの防止に役立てる。(2016/5/23)

DRBDの仕組みを学ぶ(10):
災害対策システム構築に向けた、パブリッククラウドの仮想マシンの準備手順
DRBDとDRBD Proxyを軸に、データを遠隔地にもバックアップして万が一の事態に備える「災害対策システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、“遠隔地”に据えるPaaS型クラウドサービスの仮想マシンの準備手順を解説します。(2016/5/23)

Raspberry Piがテレヘルス普及を加速
心不全患者を守るテレヘルスシステムを実現したRaspberry Pi
遠隔地に医療サービスを提供するテレヘルスの課題はコストだ。HSCICが開発した「MediPi」は、Raspberry Piをベースとすることで大幅なコストダウンを実現。テレヘルス普及の原動力となるか?(2016/5/23)

BCP/DR対策の一環、重複排除・データ圧縮などの機能が有効:
ソリッドファイアー、オールフラッシュストレージを用いた遠隔地レプリケーション実証実験を実施
ソリッドファイアージャパンが通信事業者3者と共同で、オールフラッシュストレージを活用した遠隔地レプリケーションの実証実験を実施。災害発生時の運用に関する知見が得られたという。(2016/4/27)

HoloLens応用の「ホロポーテーション」、Microsoftがデモ
複数の3Dカメラで撮影した人物の3Dモデルをリアルタイムで転送することで、遠隔地にいる人同士があたかも同室にいるようにして会話できるHoloLens応用技術「holoportation」をMicrosoft Researchが発表した。(2016/3/27)

タブレットのカメラ画像と内蔵センサーで:
遠隔地の現場を見渡す技術、ARも活用で作業支援
富士通研究所は、保守点検などにおいて、遠隔地から現場を見渡して作業支援ができる技術を開発したと発表した。同技術は、タブレット端末のカメラ画像と内蔵するセンサー情報からパノラマを構成。作業員の位置と構成したパノラマをもとに、ARを用いて指示を行うことができる。(2016/3/18)

DRBDの仕組みを学ぶ(8):
クラウドサーバと結ぶVPN環境を「OpenVPN」で構築する(前編)
万一の時にも、業務に影響を与えない/自動的に復旧することを目指す「災害対策システム」。今回はオープンソースのVPNソフトウェア「OpenVPN」を使い、遠隔地のサーバとのVPN環境を構築する具体的な方法を説明します。(2016/3/16)

医療機器ニュース:
4K超高精細映像伝送による血管内治療の遠隔指導システムを共同研究
EIZOは、金沢大学およびPFUビジネスフォアランナーと、4K超高精細映像伝送による血管内治療・遠隔指導システムの共同研究契約を締結した。遠隔地からの手技指導を可能にするシステムを開発し、2017年の実用化を目指す。(2016/1/6)

FAニュース:
メガネ型端末で、遠隔地から現場へ作業支援
富士電機は、現場作業者のウェアラブル端末を使用し、遠隔地からインターネットを通じて作業の支援・指導ができる「ウェアラブル型遠隔作業支援パッケージ」を発売した。(2015/12/17)

安全と安心を低コストで
遠隔地サーバを「導入10分」で監視する方法
リプレースを機にサーバを外部データセンターに移行するケースが増えている。しかし、可用性確保で必須となる外部サーバ監視システムはコストを圧迫する。コストを抑えスタッフの労力を軽減するツールが不可欠だ。(2015/12/15)

ホワイトペーパー:
開発者向けWebセミナーを成功に導いた“全部入り”クラウド・サービスとは?
チームスタジオジャパンは、自社イベントの際、遠隔地の参加希望者に対応するため、Webセミナーを選択 。多岐にわたる事務局業務の効率的な運営のために同社が採用したのは、オールインワンで運営機能を備えたSaaS型クラウド・サービスだ。(2015/11/9)

スーツケースの転倒・開閉も遠隔地から分かる!?:
メダル型センサーモジュール、スマホなどと連動
ロームは「CEATEC JAPAN 2015」において、IoT社会の実現に向けて、複数のセンサーと無線通信IC、ローパワーマイコンを搭載した評価キット「センサーメダル」のデモ展示を行った。預けたバッグや荷物の状態を、スマートフォンなどで遠隔地から確認することが可能となる。(2015/10/9)

オノマトペ:
“同僚の忙しさ”を感じ取るテレワークシステム、沖電気ら開発
沖電気工業らは遠隔地でも“同僚の忙しさ”などを感じ取れる「超臨場感テレワークシステム」を共同開発した。音や動きをオノマトペで知らせ“遠隔地間の雰囲気共有”をスムーズに行う。(2015/9/30)

製造ITニュース:
クラウド型機器保守・設備管理サービスを発売、現場作業の安全性向上を支援
日立製作所と日立産業制御ソリューションズは、「Doctor Cloud/巡回・点検支援システム」を発売した。現場作業の効率・安全性向上と遠隔地からの作業指示効率化を支援する機能をパッケージ化し、提供する。(2015/9/14)

WebRTCを活用したオンライングループワーク、ドコモと東大が共同研究 gacco受講者向けにトライアル
WebRTC技術を活用し、遠隔地の受講者を結んでオンラインでグループワークする「gaccatz」をドコモと東大が共同実施する。(2015/8/26)

先端技術:
スマートグラスで視覚障がい者の外出をサポート、現在地を遠隔地でもシェア
パンタグラフは2015年6月1日、メガネ型ウェアラブル端末(スマートグラス)を活用した遠隔ガイドシステム「guide glass」を開発したことを発表した。視野や位置情報を遠隔地にいる他者と共有することができ、主に視覚障がい者の外出をサポートすることを想定している。今後は実証実験などを通じて実用化への取り組みを進め、早期のサービス化を目指す。(2015/6/2)

エネルギー管理:
「仮想メガソーラー」を支援するクラウド型の太陽光発電所管理サービス
富士通は、遠隔地に分散する小規模太陽光発電を一元で管理できるクラウドサービスの販売を開始した。同サービスは、レオパレス21と進めてきた実証実験の成果を生かしたものだという。(2015/4/22)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(6):
BranchCacheで遠隔地からのファイルアクセスを高速化
「BranchCache(ブランチキャッシュ)」は、ブランチオフィスでのファイルサーバーへのアクセスを高速化するWindows Serverの標準機能である。今回は、BranchCacheを解説する。(2015/3/24)

将来のデータセンターのあるべき姿とは
BCP/DR対策にコスト削減効果も――アクティブ/アクティブで運用する仮想データセンター
災害対策や事業継続性確保のため遠隔地に複数のデータセンターを確保する場合、通常は「アクティブ/スタンバイ」で構成されるため、スタンバイのリソースが有効活用されないという課題がある。これを「アクティブ/アクティブ」で運用する試みが実現した。(2015/3/31)

県教育委員会が率先した教育ICT導入の好例 熊本県×Lyncの場合
熊本県教育委員会が、県全域の小学校、中学校、県立高校など計480校にテレビ会議システム「Lync Server」を導入。学校間で交流学習、合同打ち合わせ、教職員の研修や会議などのほか、遠隔地や離島の小規模な学校の勉強や活動に役立て、効果を上げている。(2015/3/17)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly クラウドストレージが仕事を変える
クラウドストレージの意義は、データの保存場所をクラウド化することではない。クラウドストレージにより、遠隔地の拠点とのコラボレーションも円滑化するなど、さまざまな効果がある。クラウドストレージは、仕事の進め方そのものを変えてしまう力を秘めている。(2015/3/16)

うらやましすぎ?:
社員の“花粉疎開”を許した会社――エンジニアに最大限の自由を 「spice life」の働き方
花粉症の社員の一言がきっかけで、遠隔地からでも自由に働ける制度を作ってしまった会社がある。(2015/2/9)

レーザーやLEDを利用:
米大学がレンズ不要の顕微鏡を開発、がん細胞の検出に成功
レンズを使わない顕微鏡を米大学が開発した。レーザーなどの光源、センサーを搭載したマイクロチップ、血液や組織などのサンプルを置くスライドガラスで構成される。従来の光学顕微鏡に比べてずっとシンプルだ。これにより、特に遠隔地での病理検査が容易になる可能性がある。(2014/12/25)

ET2014 開催直前情報:
「Windows Embedded」で実現する遠隔温度管理システム――東京エレクトロン デバイス
2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、東京エレクトロン デバイスは「Windows Embedded」やワイヤレスセンサーネットワーク技術などを利用した、遠隔地温度管理システムのデモンストレーションなどを展示する。(2014/10/21)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第2回】
VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜バックアップデータの遠隔地保管編
DR方式は3つに分類でき、各方式を構成するデータレプリケーションとグローバルクラスタにも複数の実装パターンがある。「バックアップデータの遠隔地保管」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。(2014/9/9)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント
仮想環境の事業継続を実現するための方式および製品選定ポイントについて解説する。災害などによるシステム障害を想定し遠隔地でデータを保護したい方、サービスの復旧時間を短縮するためサイト間でシステムを切り替えたい方の参考にしていただきたい。(2014/11/26)

ESEC2014:
製造装置に遠隔制御機能を簡単に追加できる端末
東京エレクトロン デバイスは、タブレット端末などを使って、遠隔地から製造装置などの稼働状況をチェックしたり、装置を操作したりすることができる「インテリジェントリモートKVM」をESEC2014で紹介した。既設装置の設定などを変更する必要がなく、容易にリモート制御システムを構築することができる。(2014/5/19)

PR:発電量確保に欠かせない「みえるーぷ」、遠隔監視機能が続々増える
メガソーラーはもちろん、ミドルソーラーであっても、日々の発電量確保は欠かせない。金銭的な損失は言うまでもなく、異常を放っておくと状況が悪化する恐れもある。そのためには発電情報を刻一刻と監視し、異常を見つけ出してくれる「助っ人」が必要だ。Looopの発電量遠隔監視サービス「みえるーぷ」を導入すると、遠隔地から発電所の発電状況が分かるようになる。2014年5月から順次、みえるーぷの機能を既存のユーザーにも提供していく。(2014/3/31)

Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:
最終回 遠隔地のAndroid/iOS端末から社内PCにリモートデスクトップ接続する
普段から持ち歩くiOS/Androidスマートフォン/タブレットにとって、外出中にこそリモートデスクトップ接続をする機会は多いはずだ。そこで社外すなわちインターネット経由で社内PCにリモートデスクトップ接続をする方法について解説する。(2014/1/8)

PR:スマートメーターに欠かせないサービスを提供する――オージス総研
消費電力などの電力情報をデジタルデータとして遠隔地から取得可能なスマートメーター。マンションの高圧一括受電サービスや、将来の自由化によって登場する電力小売などさまざまなサービスを提供する事業者に役立つ。だが、電力サービスを構築するにはスマートメーター以外のシステムも必要だ。多数のスマートメーターから情報を収集、管理する他、課金システムと組み合わせる必要がある。オージス総研の管理システムについて紹介する。(2013/11/13)

ホワイトペーパー:
「かんたん」「手軽」にバックアップデータを遠隔地へ保管
「コスト」を押さえて「効率的」にデータを保護する方法とは!? 既存システムを活かしたままデータの遠隔地保管を実現。(2013/9/25)

ホワイトペーパー:
東京と福岡、開発環境2拠点化プロジェクト──刷新したサーバ環境の実力
『グランツーリスモ』シリーズの企画・開発で有名なポリフォニー・デジタル。事業継続性を高めるために開発スタジオの2拠点化プロジェクトにおいて、サーバ環境を刷新。仮想マシンの構築・管理、遠隔地のリモート管理など、大幅な負担削減を実現した理由を探る。(2013/5/29)

導入事例:
福岡県築上町、基幹システムのクラウド化と九州外へのバックアップを実施へ
財務会計と人事給与をクラウドサービスに切り替え、庁舎と遠隔地のデータセンターによるデータバックアップで事業継続性を確保する。(2013/3/26)

導入事例:
鳥取県内の太陽光発電所、クラウド型発電管理システムで遠隔監視を実現
石見東太陽光発電所は、遠隔地からの運用監視や障害対応などを目的に、クラウド型の発電管理システムを導入した。(2013/3/18)

Re:Work !:
朝型生活でメリハリある生活を――遠隔地で働くワーカーのスタイル
「東京で働いていた約20年は、とにかく仕事に追われていた」――。そう話し、今は沖縄でフリーランスとして働く川平勝也さんに、日々過ごす中で見えてきた時間の活用法などについて聞いた。(2013/1/17)

製造クラウド:
PR:コストパフォーマンスの高い、製造業向けクラウドサービス「PLEXUS」
遠隔地間で即座に設計データを共有したい、さらには災害時にも事業が継続できるよう備えたい――このような要求が製造業においても高まっている。このため、小規模かつ短期間から導入できるクラウドサービスの利用が広まりつつある。(2012/11/29)

VMware vSphere向けバックアップ・リカバリソフトがvCenterに統合
小規模なサーバ仮想化環境でもバックアップやリカバリの環境が充実してきた。増分復元や遠隔地へのバックアップにも対応する。(2012/11/28)

遠隔地同士で音楽セッション「光☆DUETTO」が個人でも
遠隔地同士で手軽に音楽セッションするためのネットワークオーディオインタフェース「ひかりDUETTO NY1」を発売。NETDUETTOとNGN回線を使ったセッションが個人宅でも可能に。(2012/11/21)

ホワイトペーパー:
システムまるごと! 後付けできるサーバの災害対策
洪水や地震、それに伴う火災など自然災害への備えとしてバックアップは重要です。しかしそれ以上に重要なのは、いざという時、迅速かつ確実にサーバを復旧できるかということです。サーバイメージをまるごと遠隔地に送り、迅速な復旧を行う方法を解説します。(2012/10/9)

18のサービスを紹介
【徹底比較】遠隔バックアップサービスの初期導入・月額コスト
万が一の災害・障害時に備え、重要なデータを遠隔地のデータセンターにバックアップするクラウド型サービス。本稿では、その導入・運用コストを比較する。(2012/6/20)

エネルギー管理:
遠隔地から太陽光発電システムを監視、メンテナンスの省力化が可能に
太陽光発電システムを備える住宅が増えてきた。しかし、太陽光発電システムを販売する業者からすると、大きな課題がある。太陽光発電システムは長期間にわたって利用するもの。点検やメンテナンスに、かなり手間がかかる。その手間を軽減してくれるシステムが登場した。(2012/5/24)

製品ディレクトリ/エネルギー管理:
太陽光発電システムの発電状況を遠隔地から監視可能にするシステム
NTTスマイルエナジー、2012年5月21日発売(2012/5/21)

人間の存在を伝達する研究:
抱きしめ、相手の鼓動を感じながら耳元で対話できる、存在感伝達メディア「ハグビー」
国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は、遠隔地にいる相手の存在を強く感じながら対話することができる存在感伝達メディア「ハグビー」を開発した。声と振動のみの情報伝達でありながら、人らしい存在感を伝達するための必要最小限の要素を具現化した画期的な通信用メディアだという。(2012/4/26)

NEWS
長崎医療センター、災害時の医療継続に向けたバックアップシステムを構築
プライベートクラウド型の医療機関向け災害対策ソリューションを利用し、遠隔地のデータセンターに電子カルテと医事会計システムのデータをバックアップするシステムを構築した。(2012/3/28)

徳島県が遠隔地コミュニケーションを強化 企業誘致にも一役
マイクロソフトが提供するクラウド型コミュニケーションツール「Microsoft Lync Online」を徳島県が導入した。(2012/3/26)

「人の手のぬくもり」も伝える、リアルすぎる「遠隔握手用ロボットハンド」
もしも遠隔地の人と、声や映像だけでなく「人のぬくもり」まで伝えることができたら――。このロボットハンドがあれば、遠隔地の人をもっと身近に感じられる?(2012/3/19)

Exadataを遠隔地から運用管理するサービスを提供 日本オラクル
ユーザー企業が導入したデータベースマシン「Oracle Exadata Database Machine」をオラクルの技術者が遠隔で運用管理するサービスを日本オラクルが発表した。(2012/3/1)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
遠隔地を結ぶ仕組みで新市場を創出 ブイキューブ
企業がコスト削減に躍起になったリーマン・ショック以後、ブイキューブではWeb会議やオンラインセミナーなど「ビジュアルコミュニケーション」システムへの引き合いが増大した。「コミュニケーションがさまざまな問題を解決する」と間下社長は意気込む。(2012/3/1)

無線LANでリモート操作、“Everio”「GZ-VX770」「GZ-EX270」「GZ-EX250」
JVCケンウッドがデジタルビデオカメラ“Everio”の新製品「GZ-VX770」「GZ-EX270」「GZ-EX250」を発売する。無線LANによって撮影映像の転送はもちろん、遠隔地からのリモート操作にも対応した。(2012/2/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。