ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「販売中止」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「販売中止」に関する情報が集まったページです。

SWATが学校で犯人と撃ち合うPCゲーム、民間人が巻き込まれる内容で物議 慈善団体が販売中止を要請
開発元は「シミュレーターに過ぎない」と弁明。(2018/5/28)

サードウェーブ、Atom搭載8.9型Windowsタブレット「Diginnos Tablet DG-D09IW2SL」を販売再開
サードウェーブは、同社製Windowsタブレット「Diginnos Tablet DG-D09IW2SL」の販売再開を発表した。(2018/5/18)

任天堂「ミニファミコン」販売再開へ 6月28日から
任天堂の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が6月28日から販売再開。(2018/5/14)

オランダ賭博当局がルートボックスの一部を賭博法違反と認定 提供アイテムの市場価値を認める
対象タイトルが6月20日までにルートボックスの仕様を修正しなかった場合、罰金もしくはオランダ国内での販売停止処分が下される可能性がある。(2018/4/21)

神々が直接殴り合う格ゲー「Fight of Gods」にSwitch版登場か 国内開発社がアマテラスの声優募集
一部の国では販売中止になるなどした色んな意味で話題作。(2018/4/3)

サードウェーブ、9.7型Androidタブレット「DG-A97QT」の出荷を再開 1万4980円で販売
サードウェーブは、一時販売停止状態となっていた同社製Androidタブレット端末「Diginnos Tablet DG-A97QT」の販売再開を告知した。(2018/3/23)

CDって無くなるの? 車載プレーヤー廃止に続き、世界最大の家電店ネット通販を中止の背景
米国のCDは今や“風前の灯火”だ。家電量販のベスト・バイがCDの販売を中止。ディスカウントストアのターゲットも縮小する方向という。なぜなのか。(2018/3/16)

「別冊」での連載は継続:
小学館、「コロコロ」3月号を販売中止に 「書店の混乱避ける」
小学館が、「コロコロコミック」3月号の販売を中止すると発表。読み切り作品にチンギス・ハーンに対する不適切な描写があり、批判が殺到していた。小学館は「書店の混乱を避けるため」と説明している。(2018/3/6)

『コロコロコミック』3月号が販売中止 小学館「書店での混乱を避けるため」
書店に対しても返品するよう申し出るとしている。(2018/3/6)

3社が販売中止を決定:
モンゴル大使館抗議の「コロコロコミック」、大手書店チェーンにも余波
大手書店チェーン3社が「コロコロコミック」3月号の販売を中止。同誌掲載の「やりすぎ!!! イタズラくん」において、チンギス・ハーンに対する不適切な表現があったとして、モンゴル大使館が抗議していた。(2018/2/28)

安価なAndroidタブレットは好調
Google「Pixel C」の販売停止が告げるハイエンドAndroidタブレット時代の終わり
Googleは、同社最後のAndroidタブレット兼ノートPC「Pixel C」の販売をひっそりと停止した。400ドル以上という高価なAndroidタブレットは消費者に受け入れられなかったようだ。(2018/1/13)

舞台版「ツキウタ。」が物販と当日券の販売を中止 「ファンに危害加える」脅迫状届き
物販は完売商品の再販を含めた通信販売を実施。(2017/12/20)

ITはみ出しコラム:
さすがのAmazonもYouTube視聴不可は困る? Chromecastの販売を再開へ(Apple TVも)
ユーザー不在のまま激化しつつあったAmazonとGoogleの動画配信サービスを巡るバトル。AmazonのオンラインストアにGoogleのChromecastが並んだことで、終戦の兆しが見えてきました。(2017/12/17)

『殺戮モルフ』2巻発売中止へ 単行本無断黒塗り騒動について原作者の意向が通った形
外薗先生は「秋田には大損失なのにワガママ聞いてもらってありがとうございます」とコメント。(2017/12/16)

Amazon.com、Googleの「Chromecast」販売再開へ 対立解消か
先日はGoogleがAmazon.comの「Fire TV」「Echo Show」へのYouTubeの提供を打ち切る方針を打ち出していました。(2017/12/15)

Amazon、「Apple TV」やGoogleの「Chromecast」の販売を再開
「Fire TV」と競合する「Apple TV」と「Chromecast」を扱っていなかったAmazonが、それらの販売を再開した。Googleは、相互の顧客のためになる合意を目指してAmazonと話し合っているという。(2017/12/15)

「ジャンプフェスタ」の『るろうに剣心』グッズ、販売中止が決定
作者の和月伸宏さんは、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で書類送検されていました。(2017/12/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
顧客優先か労務管理優先か? ハイラックス復活の背景
トヨタが13年ぶりにハイラックスの国内販売を再開した。世間一般には国内再投入の理由はおろか、そもそもなぜハイラックスの国内販売が中止されたのかすら知らないだろう。そこには何があったのだろうか?(2017/11/20)

約8カ月ぶり:
湖池屋「リッチコンソメ」復活 ジャガイモ不足解消で
湖池屋は11月20日に、3月にいったん終売したポテトチップス「リッチコンソメ」の販売を再開すると発表した。ジャガイモ不足を解消したためという。(2017/11/16)

過度の加温による変色か:
ローソン、変色問題の缶スープを一時販売中止
変色問題が報告されていた缶スープ「ポッカサッポロ じっくりコトコトコーンポタージュ 190g」。ローソンが調査結果を発表した。(2017/11/7)

コンポタ缶が茶色に変色、ローソンが販売中止 「加温で変色」
ローソンで販売していた温めてコンポタ缶の中身が茶色に変色していたとTwitterで話題に。ローソンがメーカーと調査し、「長時間または高温の加温で変化した」と結論づけた。(2017/11/7)

「コピック、世界的な需要増大で販売中止」ってホント? 担当者「古い情報なので今は問題ない」
2016年に、画材業界で深刻な品不足が発生していました。(2017/11/6)

幻の明治エッセルスーパーカップ「Sweet‘s 苺ショートケーキ」が販売再開! レギュラー化も決定
やったぜ……!(2017/10/6)

製造マネジメントニュース:
日産の国内21モデル6万台の在庫が販売停止、全工場で完成検査が正規に実施されず
日産自動車は、軽自動車を除いた国内向けの車両について日産販売会社が持つ在庫の販売を一時停止すると発表した。販売停止となったのは、ほぼ全車種となる21モデル6万台。(2017/10/2)

基準値以上の放射性物質含む商品、Amazonで無届け販売 原子力規制委、販売停止を指導
Amazon.co.jpで、基準値を超える放射性物質を含む商品が無届けで販売されていたとして、原子力規制委員会は20日、アマゾンジャパンなどに対して、販売停止と回収を指導したと発表した。(2017/9/21)

サントリー「阿蘇の天然水」、熊本地震以来1年5カ月ぶりの販売再開へ
「サントリー天然水」シリーズの3種類がようやくそろう。(2017/9/19)

サードウェーブデジノス、一時品切れとなっていたペン入力対応12.2型2in1ノート「Diginnos DGM-S12Y」を販売再開
サードウェーブデジノスは、Core m3を搭載した12.2型2in1ノートPC「Diginnos DGM-S12Y」の販売再開を告知した。(2017/9/6)

想定超える販売で出荷停止していた「クラフトボス ラテ」が販売再開
10月3日から販売再開します。(2017/9/1)

COMPグミ8月15日から販売再開 予想以上の注文で一時販売休止に
8月15日より販売再開です。(2017/8/15)

トーンモバイル、「TONE(m15)」の販売を再開 「不具合ではない」と判断
トーンモバイルが、スマートフォン「TONE(m15)」の販売を再開した。不具合の可能性があったため、8月1日から販売を一時停止していた。調査により、不具合ではないことが分かった。(2017/8/4)

グミタイプ完全食「COMPグミ」一時販売停止 想定を上回る注文に供給追いつかず
販売再開予定日は8月2日、同社公式販売サイトにて予約受付中。(2017/7/18)

韓国で発売の「Galaxy Note7」“ファンエディション”をiFixitが分解 小さくなったバッテリーを確認
Samsungが、発火問題で販売停止になった「Galaxy Note7」の未使用部品で製造し、韓国で発売した「Galaxy Note Fan Edition」をiFixitが分解した。バッテリーが小さく、軽くなった他はNote7と同じだった。(2017/7/17)

タイトル酷似のレシピ本、出荷停止で合意 小学館の要請受け入れ
新星出版社のレシピ本が、小学館のベストセラーシリーズのタイトルやデザインに酷似しているとし、小学館が新星出版社に対して販売停止などを求めていた問題。出荷停止で両社が合意した。(2017/6/15)

ピザポテト販売再開 6月19日以降順次
原料のじゃがいも不足で4月から休売していた「ピザポテト」の販売が6月19日以降順次再開へ。(2017/6/15)

ジャガイモ不足で休売していた:
カルビー「ピザポテト」販売再開 6月19日から順次
カルビーが人気商品「ピザポテト」の販売再開を発表。ジャガイモ不足で休売していた。「堅あげポテト ブラックペッパー」「ポテトチップス しあわせバタ〜」も順次販売再開へ。(2017/6/15)

「ピザポテト」が販売再開 6月19日から北・東日本エリア、26日から中・西日本で
やったああああああ!(2017/6/15)

小学館、新星出版社と合意成立 「やせるおかず 作りおき」と酷似したダイエットレシピ本について
類似点が多いレシピ本「やせるおかずの作りおき かんたん177レシピ」の販売停止を求めていました。(2017/6/14)

「誠意あるご対応」:
「やせおか」酷似レシピ本問題、合意が成立
小学館が新星出版社と「やせるおかずの作りおき」についての合意が成立したと発表。大ヒットレシピ本「やせるおかず 作りおき」と酷似しているとして、販売停止を要請していた。「誠意あるご対応」があったという。(2017/6/14)

小学館、「やせるおかず 作りおき」に酷似したダイエットレシピ本の販売停止を申し立て 新星出版社から5月刊行
「やせるおかずの作りおき かんたん177レシピ」というタイトルで、表紙デザインにも共通点が。(2017/6/12)

新星出版社「やせるおかずの作りおき」に対し:
小学館「やせおか」シリーズ 類似書籍に販売停止を要請
小学館が「やせるおかずの作りおき かんたんレシピ177」(新星出版社)に対し、販売停止の申し入れを行った。小学館の「やせるおかず 作りおき」シリーズにタイトルとカバーデザインが酷似しているという。(2017/6/12)

ベストセラー「やせおか」シリーズに酷似 小学館、レシピ本販売停止を申し入れ
小学館は、新星出版社が5月に発売したレシピ本が、小学館のベストセラーシリーズ「やせるおかず 作りおき」に酷似しているとし、新星出版社に対して、同書の販売停止などを求める申し入れを行ったと発表した。(2017/6/12)

売れすぎて販売休止していた湖池屋のポテチ「魅惑の炙り和牛」 販売再開!
やっと会えるね。(2017/5/29)

3種類そろう:
湖池屋、休止していた高級ポテチの販売再開
湖池屋は、ポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」の販売を29日に再開する。(2017/5/24)

AppleとNokia、特許訴訟で和解──複数年のライセンス契約締結
NokiaがAppleを特許侵害で提訴し、AppleはNokiaのヘルスケア製品をオンラインストアから排除していた争いに決着がついた。NokiaはAppleからライセンス料を受けてネットワーク製品を提供し、Appleは排除していたNokia製品の販売を再開する。(2017/5/23)

サイコム、Windows 7の導入にも対応するミニタワーPC「Radiant VX2300B85」を200台限定で再販
サイコムは、ビジネス用途にも向くミニタワー型デスクトップPC「Radiant VX2300B85」の販売再開をアナウンスした。(2017/5/15)

アンビーの“耳をふさがないイヤフォン”販売再開――自分好みに着せ替えも
(2017/5/1)

アニメ「D.Gray-man HALLOW」のBD・DVDが“諸般の事情”により発売中止 ファンブックも発売延期に
一体なぜ……。(2017/3/1)

ニコン「DL」発売中止でTwitterに悲鳴広がる 赤字拡大に「大丈夫か」の声も
ニコンが開発中のコンデジ「DLシリーズ」の発売中止と最終赤字の拡大予想を同日発表。Twitterでは「ニコン大丈夫か」といった声も広がっている。(2017/2/13)

ニコンのコンパクトデジカメ“DLシリーズ”が発売中止に 開発費高騰・販売想定数量の下落により
当初の発売予定美は2016年6月でした。(2017/2/13)

ニコン、開発中のコンデジ「DLシリーズ」発売中止 不具合で収益見込み立たず
発売を延期していた「DLシリーズ」計3モデルが発売中止。(2017/2/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。