ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セクシャルハラスメント」最新記事一覧

ラブリーマイエンジェルあやせたんを現世へ “俺妹”あやせと会話できるAI搭載Gatebox「ニコニコ超会議」に登場
「ぶち殺しますよ」とか言ってくれるのでしょうか。(2018/1/18)

「嫌がらせする自由」を主張するカトリーヌ・ドヌーヴらの寄稿記事、フランス国内で批判相次ぐ
トラウマのある人にはつらい内容だったかも。(2018/1/16)

やらしいことでも考えてた? アニメ「からかい上手の高木さん」第2話の“からかいポイント”
【ネタバレあり】思春期男子は不意打ちに弱い。(2018/1/15)

魔王の「害種絶滅計画」始動……目標は違法サイト!? より良い世の中を目指す魔王の漫画に支持集まる
セクハラやパワハラにも厳しい実直な魔王。(2018/1/10)

ゴールデングローブ賞、黒づくめドレスで「TIME’S UP」と大盛況 陰では批判もちらり
翌日セクハラを告発された賛同者も。(2018/1/10)

「MeeToo」に続く新たな流れ 2018年、ハリウッドで一斉にスタートした「TIME’S UP」
ナタリー・ポートマンもInstagram開設。(2018/1/4)

被害の大半は届け出なし:
見過ごされる飛行機内の性被害、航空各社は対策を
インド映画界「ボリウッド」の17歳の女優が今週、飛行機に乗っていてわいせつ行為の被害にあったとソーシャルメディアで訴えた際、航空業界は不意を突かれたように見えた。(2017/12/21)

セクハラ告発「#MeToo」日本でも広がる 加害認め謝罪する著名人も
SNSなどを通じてセクハラ被害を告発する海外発の動き「#MeToo」が日本でも広がっている。はあちゅうさんによる告発がきっかけだ。加害者と名指しされた著名人が謝罪する動きも出ている。(2017/12/20)

電通時代のセクハラを告発された広告クリエイター・岸勇希さん 刻キタルの代表を辞任・退職
ライター・作家のはあちゅうさんからセクハラ・パワハラ行為を告発されていました。(2017/12/19)

スピン経済の歩き方:
なぜカルビーは「やめられない、とまらない」を社員が考えたことにしたのか
「やめられない、とまらない」――。かっぱえびせんのCMコピーを編み出したという元広告マンが、「名誉」を傷つけられたとしてカルビーを訴えた。カルビー側は「コピーは社員が考えた」としており、両者は争うことに。この問題、なぜモヤモヤするのかというと……。(2017/12/19)

帰ってきたパパに「羽だー!!」 幼い女の子と羽が生えたパパの漫画が胸にグッとくる切なさ
温かくも切ないお話です。(2017/12/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ゲリラ・ジャーナリスト」が日本に上陸する日
米国で「ゲリラ・ジャーナリスト」が話題になっていることをご存じだろうか。ジャーナリストの手法とは呼べない無茶苦茶なやり方で、大手メディアの記者などを標的にして、トンデモな映像を公開している。もしゲリラ・ジャーナリストが日本に上陸したら……。(2017/12/14)

これはご褒美ですか? 牧瀬里穂が“逆セクハラ”、笑福亭鶴瓶の至福顔スイッチを押してしまう
満面の笑みで「逆セクハラです」。(2017/12/12)

「ファンタビ」ジョニ―・デップ降板を望む声に作者J・K・ローリングが正式声明 ファン「本当にがっかり」
元配偶者アンバー・ハードに対するDV報道を理由に。(2017/12/9)

男性も1割が被害に:
働く女性の4割「セクハラされた」経験あり
働く女性の4割がセクハラをされた経験がある――ビッグローブ調べ。(2017/12/7)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本のおじさんは、貴乃花親方にイラついてしまうのか
貴乃花親方が「おじさん」から叩かれている。「理事のくせに協会に協力しないのは組織人失格」「改革したいからって、飲み屋のケンカを大騒ぎしすぎだ」といった主張を聞いていると、筆者の窪田氏は「何かに似ているな」と感じたという。それが何かというと……。(2017/12/5)

「そんなんじゃどこ行っても同じだぞ」は絶対NG 転職の決定打を語り合う「転職を心に決めたきっかけ」が流行 
「そんなんじゃどこ行っても同じだぞ」→「じゃあ辞めます」。(2017/12/4)

女性の3人に1人「ネットでセクハラ」被害 30歳未満は4割が経験
シマンテックが、オンラインハラスメントに関する調査結果を発表した。(2017/11/28)

不祥事続きだが:
Uber、日本のタクシー市場参入へ方策検討
米配車大手Uberは、ソフトバンクグループからの投資を歓迎するとともに、日本のタクシー市場参入へ引き続き方策を検討している。(2017/11/28)

“モンスター化”した客:
「死ね、辞めろ」暴言や脅迫 「悪質クレーム」の実態
「このババア」「お前はバカか」「死ね、辞めろ」──悪質クレームに悩む従業員の声。(2017/11/24)

Pixar共同創業者のジョン・ラセターCCO、“過失”で半年休職へ
PixarおよびWalt Disney Animation StudiosのCCO(最高クリエイティブ責任者)を務めるジョン・ラセター氏が、セクハラ報道を受けて半年間休職すると従業員に告げた。(2017/11/22)

「このババア」「死ね、辞めろ」……「悪質クレーム」仰天の実態
「このババア」「お前はバカか」「死ね、辞めろ」――労働組合で作るUAゼンセンが関係業界の組合員に実施しアンケートには、悪質クレームに悩む従業員らの字があふれていた。(2017/11/17)

Uberの新CEO、ボトムアップの「文化規範」を発表
8月にUberのCEOに就任したダラ・コスロシャヒ氏が、Uberをレベルアップするための「文化規範」を発表した。(2017/11/9)

女性にとって居心地のよい業界へ
「プログラミング女子」の授業料を半額に? 教育機関がIT業界“脱・男社会”化に本気
米国のプログラミング専門校Flatiron Schoolは、IT分野での活躍を目指す女性技術者に対して学費割引を実施している。男性中心の分野に女性の進出を促すのが狙いだ。(2017/11/8)

Twitter、ルールを更新 「自殺や自傷行為」部分など
「写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ」についても。(2017/11/4)

健全な環境は健全な社内文化から生まれる
UberのCEO辞任から学ぶ健全な社内文化の作り方
女性にとって安全で快適な環境は、そのまま企業の働きやすさにつながる。問題はどのようにすれば安全で快適な環境を構築できるか、ということだ。セクハラ問題を起こした企業を反面教師としてその解決方法を探る。(2017/11/1)

「ハウス・オブ・カード」次シーズンで終了に ケビン・スペイシーのスキャンダル翌日にNetflixが声明
このタイミングで発表されるとは。(2017/10/31)

著名ITジャーナリストのロバート・スコーブル氏、セクハラ発覚で謝罪
MicrosoftのChannel9を皮切りにテクノロジー業界でジャーナリストとして活躍するロバート・スコーブル氏の過去のセクハラ行為を複数の女性がカミングアウトした。スコーブル氏はFacebookで謝罪の言葉を述べた。(2017/10/23)

Twitter、嫌がらせ対策強化へ 凍結への異議申し立てにも変更
ルールを変更してセクハラや暴力への対策を強化。また凍結への異議申し立てには、何がルール違反なのかを詳しく説明するようになります。(2017/10/20)

常見陽平のサラリーマン研究所:
やっぱり政治家の「プレゼン力」はスゴい
ビジネスパーソンは投票に行くだけでなく、候補者の演説を聴きに行ってほしい。政党や政治家の方針を聞く場である一方、プレゼンテーションの技術を学ぶ場にもなるからだ。(2017/10/20)

#WomenBoycottTwitterを受けて:
TwitterのドーシーCEO、「嫌がらせ対策をさらに強化する」とツイート
セクハラについてツイートする女優のアカウントが制限を受けたことをきっかけに拡散した#WomenBoycottTwitter運動に対し、TwitterのドーシーCEOが嫌がらせや暴力扇動ツイートに関するルールをさらに強化するとツイートした。(2017/10/14)

Twitterが新ルール導入へ 女優の一時凍結めぐるボイコット運動を受けて
「もっとアグレッシブなスタンスを取ることに決めた」とTwitterのCEO。(2017/10/14)

Amazon、セクハラ発覚のAmazon Studiosトップを解任
Amazon Studioのトップ、ロイ・プライス氏が突然解任された。Amazonのオリジナルコンテンツの製作総指揮を担う女性がプライス氏にセクハラを受けたと語ったインタビューが公開され、女優のローズ・マッゴーワン氏も同氏の問題を訴えるツイートをジェフ・ベゾスCEO宛に投稿した後のことだ。(2017/10/13)

TwitterのドーシーCEO、アカウント規制について「透明性強化の必要がある」とツイート
Twitterが、大物プロデューサーからのセクハラをカミングアウトした女優のアカウントを一時制限したことが物議を醸した。同社は制限の理由を説明して制限を撤廃し、ジャック・ドーシーCEOはこの件について「行動をもっと透明にする必要がある」とツイートした。(2017/10/13)

“セクハラやじ”飛ばした相手と自撮りしインスタ投稿 オランダの女性が路上セクハラ問題訴え
写っている男性には、笑顔で楽しそうな人も。相手を不快にさせているという自覚がないようです。(2017/10/8)

「10まんボルトォォオ!」「ほんっとうるさい!」 浅野忠信と芦田愛菜、「ポッ拳」新CMでガチバトル
浅野さん「負けたらなんでもするから」。(2017/9/14)

人事評価に「臭い」の項目も:
増えるスメハラ、悩める経営者 対応次第では人権侵害に
セクハラ、パワハラに続いて、臭いで周囲に不快な思いをさせる「スメルハラスメント」(スメハラ)の対策に乗り出す企業が増えてきた。(2017/9/12)

「上司が臭い」 増えるスメハラ、悩む経営者 人事評価に「臭い」加えた企業も
臭いで周囲に不快な思いをさせる「スメハラ」対策に乗り出す企業が増えてきた。ただ、対応次第では人権侵害につながる恐れもあり、悩む経営者は多い。(2017/9/12)

Uber、新CEOにダラ・コスロシャヒ氏を迎えると正式発表
Uberが、約2カ月のCEO不在状態からようやく抜け、Expediaのダラ・コスロシャヒCEOを新CEOに迎えると発表した。(2017/8/30)

PR:おじさんたちを性に目覚めさせた伝説の漫画『まいっちんぐマチコ先生』が無料読み放題 振り返ったら不覚にもほろりときた
「いや〜ん、まいっちんぐ」ばかりの漫画じゃなかった。(2017/8/30)

アップルPickUp!:
Appleオリジナル番組「Planet of the Apps」が面白いのに全然注目されていない件
日本語字幕もあります。(2017/8/29)

トラブル続きのUber、次期トップはExpediaのコスロシャヒCEOに
Uberの選出委員会が新CEOを決定したことが判明した。(2017/8/28)

大手VCとのセクハラ裁判で敗訴したエレン・パオ氏、体験談「Reset」出版へ
米大手VCのKPCBを女性差別とセクハラで提訴し、敗訴した元ジュニアパートナーのエレン・パオ氏が「ようやく詳細を書く気になった」として体験談を9月に出版する。女性の会議からの締め出しや有望投資先の横取りなどの実態が綴られている。(2017/8/22)

ネットのPR動画はなぜ「炎上」するのか テレビCMとの違いとは
企業や自治体のインターネット動画で、表現が問題視される例が増えている。表現を理由に削除に追い込まれた動画は少なくない。一方で、奇抜さが成功を呼んだ例もある。一線を分けるのは何か。(2017/8/22)

「社畜スキル」で「リストラ突入率アップ」修得 ドラクエ11風「サラリーマンスキルパネル」の設定がシビア
どの方面に伸ばしても苦難しかない。(2017/8/15)

文化的な対立改めて鮮明に:
Google「メモ職員」解雇に揺れるシリコンバレー
Googleが会社の女性雇用方針を批判するメモを書いた男性技術者を解雇したことを受け、シリコンバレーでは文化的な対立が改めて鮮明になっている。(2017/8/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
Uberのセクハラ騒動が、私たちに教えてくれたこと
世界的なIT企業が集まるカリフォルニア州のシリコンバレーがざわついている。「セクハラ問題」だ。騒動の発端は……。(2017/8/3)

悠木碧、今秋アニメ「僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件」で主題歌、メインキャストでも出演
これ以上の詳細はまだイッちゃダメなんです?(2017/7/21)

江川達也「大事なことは、子どもに自分で考えさせること」 ジャンプ掲載の作品批判めぐり苛評
「いろんなモノを読むことで人は大人になるのだ」。(2017/7/8)

明確な行動理念を打ち出すことが重要
UberのCEO辞任が証明する「企業文化が病めば企業全体が病む」
Uberのトラビス・カラニックCEOの辞任は、企業文化の重要性を浮き彫りにした。CIOは企業文化の育成にどう貢献できるのだろうか。(2017/7/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。