ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セクシャルハラスメント」最新記事一覧

ブルマー「恥辱の歴史」 “大人の事情”で女子は恥ずかしい思い……
密着型ブルマーは、なぜ学校で採用され、約30年間も継続されてきたのか。(2017/5/15)

接し方のミスが部下のストレスに:
上司との飲み会で「嫌な経験した」約8割 自慢話は不評
会社の上司との飲み会、何が部下のストレスになる?――福徳長酒類調べ。(2017/5/8)

暴力を受けた経験5割:
暴言にセクハラ、性的被害──訪問看護師、対策急務
1人で患者宅に赴き、看護や介護にあたることが多い訪問看護師が患者や家族から受ける被害が後を絶たない。(2017/4/28)

矢吹健太朗に女子トイレマークを描いてもらうルポ漫画、ジャンプ+で掲載中止に
「作品中に配慮に欠ける箇所がありましたことを深くお詫び申し上げます」(編集部)。(2017/4/23)

Uber競合のLyft、利用者が手軽に寄付できるツールのテストを開始
トラブル続きのUberを尻目に、Lyftがユーザー向けの手軽なチャリティーツール「Round Up & Donate」を大手新聞の一面広告で発表した。料金の端数分をまるめて、差額を自動的に寄付にまわすオプトイン機能だ。(2017/3/27)

Uber、アリゾナ州で自動運転中の事故発生で公道テスト停止
セクハラ問題、特許訴訟、CEOの問題動画公開などが続くUberで、今度は自動運転中の事故が発生した。この事故を受け、同社は公道テストを停止した。(2017/3/27)

本家より布面積少なくないですか!? 叶美香、スケスケ衣装の「ワンピース」カリファをファビュラスに再現
美香さん強すぎます。(2017/3/8)

Uber、COO(最高執行責任者)探しを開始
トラブル続きで「指導者として助けが必要だと認める」としていたUberのトラヴィス・カラニックCEOが、同社としては初めてのCOO(最高執行責任者)を探し始めた。(2017/3/8)

水曜インタビュー劇場(ピョーちゃん公演):
なぜ研修にチカラを入れている会社は、パッとしないのか
上司から「研修があるから受けてきてね」と言われたことがある人もいるはず。ビジネスシーンでよくある光景だが、グーグルで人材開発を担当してきたピョートルさんに言わせると、こうした会社は「イケていない可能性がある」という。なぜかというと……。(2017/3/8)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
神田の居酒屋にロボットが来た日――“飲みニケーションロボット”の作り方
東京・神田の居酒屋「くろきん」に卓上型コミュニケーションロボット「Sota」が登場。飲み会を盛り上げる仕掛けとして、同店の来店者増に一役買っているという。居酒屋にロボット、このプロジェクトはどのようにして始まったのか。その裏側に迫った。(2017/3/7)

Uber、特別プログラム「Greyball」で世界の役人を欺いている?
Uberがサービスを取り締まろうとする地域で、当局関係者によるおとり調査などを回避する目的で特別プログラムを使っているとNew York Timesが報じた。(2017/3/6)

UberのカラニックCEO、ドライバーと口論する動画リークでコミュニティーに謝罪
セクハラ問題やWaymoによる特許訴訟など、問題が続くUber。今度はドライバーとトラヴィス・カラニックCEOとの車中での口論動画が公開された。カラニック氏は公式ブログでドライバーとコミュニティー全体に謝罪した。(2017/3/2)

Uber入りしたばかりの元Google幹部シンハイ氏が退社 過去のセクハラ疑惑で
セクハラ放置問題を社内調査中のUberに1月に入社した元Google幹部のアミット・シンハイ氏が退社したとRecodeが報じた。Googleでのセクハラをめぐる対立を開示しなかったことを理由に、カラニックCEOから辞職を促されたという。(2017/2/28)

仰天“退職阻止”訴訟 辞めると切り出すと「セクハラでっち上げ」「賠償は天文学的やで」
大阪のある企業で、男性社員が「辞めたい」と切り出したことから、とんでもない騒動が勃発した。(2017/2/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
すごい上司の心得。それは、何をするかではなく、何をしないのか
女性社員に嫌われる上司は、自分でも気づかないうちに職場で何をしてしまっているのか? を明らかにすることで、すごい上司の人物像に迫ってみる。(2017/2/23)

キレイでしょ? 「ONE PIECE」の金髪巨乳美女スパイ・カリファがボンテージ風水着姿でフィギュア化うっひょー!
これは同性でもうっかりときめく。あわあわ。(2017/2/21)

もはや早着替え! 剛力彩芽、今度はオードリー・ヘプバーン、金八先生、ジュリエットのコスプレを披露
どれだけ衣装あるんだ。(2017/2/21)

Uberでのセクハラ放置問題、元エンジニアがブログで暴露
UberのSREチームで仕事のスキルでは高評価を受けていた女性エンジニアが、上司のセクハラを放置し、女性差別の訴えを聞き入れない人事部に嫌気がさして退社した後、その経験をブログで紹介した。(2017/2/20)

ネットアイドル「娘の夢応援」でも……通学させずアウト! “ステージママ”異例の書類送検のウラ
「ネットアイドル」として活動する中学3年の女子生徒を通学させなかったとして母親が書類送検。その背景は。(2017/2/9)

一般人にはしんどいオタクの「知識量マウンティング」
(2017/2/7)

「コワッ!」客がストーカーに豹変 “営業スマイル”勘違い、1日200件電話攻勢
接客を受けた女性店員に1000回を超える電話をかけ続けた男が逮捕された。ストーカー被害と隣り合わせの従業員を守ろうと対策に乗り出す企業もあるが、自分の身は自分で守るしかないのだろうか。(2016/12/1)

どこで覚えたの!? 幼い娘がYouTubeでいろんな言葉を学んでしまった
(2016/11/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
夫の不貞に耐えたのに、ヒラリーの悲しき末路
2016年の米大統領選が終わった。1年半にわたって繰り広げられた大統領選は、大方の予想に反して、不動産王のドナルド・トランプが大統領に選ばれた。トンデモ大統領が誕生するわけだが、ひとつ気になることがある。それは敗北したヒラリー・クリントンと夫であるビル・クリントン元大統領との関係だ。(2016/11/10)

あくまで実験だから私の尿を飲んで! 恋愛ベタな中学生が明るいエロスを発揮するラブコメ「上野さんは不器用」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第77回。恋愛表現が不器用過ぎる女子中学生が、科学部の実験と称してスカートをのぞかせたりふとももをさすらせたり。(2016/10/23)

管理職の危機対応「パワハラ・セクハラと好意の線引き」
大手広告代理店の過重労働は自殺にまで及んだ痛ましい事件となった。事件の舞台となった環境は論外だが、管理職が自分の職場においてどこまでが過重でどこまでがハラスメントかという線引きで悩むことはある。(2016/10/19)

資生堂「インテグレート」批判受けCM取り下げ 「しんどい生き方助長」「25歳過ぎたら女の子じゃない?」と炎上
「絶対に許しちゃいけない」「クソのようなCM」など一部で批判を浴びていました。(2016/10/8)

“畜ペン”ことつば九郎さんがまさかの公式漫画化 スワローズ監修の下で鬼畜の所行
野球とあまり関係ない、つば九郎の自由な日常が展開。(2016/9/23)

銀座で学んだこと:
お金持ちがリスクを冒してでも買う「資産を秘めた種」とは
成功者と呼ばれる人たちが購入する商品とはどういうモノでしょうか? 今回は、お金持ちの共通点についてご紹介します。(2016/8/16)

プロ棋士が体張りすぎだろ! カメラを意識しすぎる将棋棋士・ハッシーが世界初の将棋バラエティ番組「橋本道場」スタート
「グラビアアイドルの胸をチラ見したら駒没収」など異色の将棋対決を展開。(2016/7/19)

「豊橋市JK広報室」に「JKは性産業のイメージ強い」と改名申し入れ 他県のJKプロジェクトは?
愛知県豊橋市が立ち上げたプロジェクト「豊橋市役所JK広報室」に、地元の女性から反発の声が。2014年に「鯖江市役所JK課」を発足した福井県鯖江市も合わせて、公的機関の“JK”の使用について三者に取材しました。(2016/6/6)

プロ格闘ゲーマーの男性、「カプコンプロツアー」中のセクハラ行為で大会出場禁止に
2度目には永久追放するとしています。(2016/6/5)

「無防備な炎上」を防ぐ「ポリティカル・コレクトネス」入門
毎日のようにインターネットで目につく「炎上」。企業のPRや個人Twitterでのツイートなど、無防備に炎上していく例は多い。炎上を防ぐために必要な「ポリティカル・コレクトネス(PC、ポリコレ)」とは何なのか。(2016/5/26)

「セクハラ」と批判 「ちょうどいい感じの美人な人事担当者」会社説明会が中止に
「ちょうどいい感じの美人な人事担当者が採用のウラ側を色々とぶっちゃけます」と企画されていた会社説明会が公開から半日足らずで中止になりました。(2016/5/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
列車の車内販売を終わらせてはいけない理由
鳥取県の若桜鉄道で2016年5月から車内販売が始まった。山陰地方で唯一の車内販売だという。全国的に車内販売は縮小傾向にある中で、地方のローカル線やJR東日本の首都圏のグリーン車で車内販売を実施している。車内販売の廃止と開始、その違いは付帯サービスか付加価値か、という考え方の違いでもある。(2016/5/20)

「東大美女が隣に座るフライト企画」抗議相次ぎ即日撤回 HISが謝罪
HISは、東大の女子大生が隣に座ってくれるキャンペーンを即日撤回した。(2016/5/12)

HISの「東大美女が隣に座ってくれる」キャンペーン 「セクハラ」批判受け即日中止に
「不快な思いをさせる企画内容」だったとして謝罪しています。(2016/5/11)

俳優、声優、お笑い芸人―― 芸能人のエイプリルフールまとめ
なんだかんだ皆この日が好き。(2016/4/1)

声優・上坂すみれさん、Twitterを休止 「心ないリプライが看過できない数に」
声優の上坂すみれさんがTwitterアカウントの更新を休止すると発表。中傷やセクハラにあたるリプライが「看過できない数になった」ためだという。(2016/3/4)

性的表現含む漢字問題集、駿台文庫が新規の出荷停止と自主回収を決定
「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた」「彼女の体のユルやかなラインが僕をほっとさせる」といった例文を掲載していた。(2016/1/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
新・上司力は、女性活躍だけではない
男性中心のピラミッド構造で通用していた上司力はもはや古い。女性の育成や活躍支援だけでは不十分。広がり続ける多様な部下を理解し、育て活かせる新しい上司力が求められている。(2016/1/7)

2015 Access Top 100:
年間アクセスランキングTOP100 金星探査機「あかつき」や五輪エンブレム問題、“未来”の話題も?
ITmedia ニュース年間アクセスランキングTOP100を発表。金星探査機「あかつき」、五輪エンブレム、iPhone新機種などに加え、“未来”のニュースも話題を呼びました。(2016/1/5)

批判受けた「のうりん!」と美濃加茂市コラボポスター、新デザインを掲出 「作品自体は適切なもの」と企画は続行
ポスターのキャラの胸が強調されてセクシーすぎないかと批判を受けていましたが、デザインを一新しました。(2015/12/8)

Weekly Access Top10:
ハイテクと戯れる
「ウィーンガチャン」みたいな音を立てるロボットはいませんでした。(2015/12/8)

アニメ「のうりん」のコラボポスターで批判を受けた美濃加茂市 公式サイトに謝罪文を掲載
スタンプラリー自体は継続するとのこと。(2015/12/4)

美濃加茂市、アニメ「のうりん」コラボポスター撤去 ネット上の「セクハラ」「不適切」批判受け
美濃加茂市観光協会は、ネット上での「セクハラ」「不適切」といった批判から、アニメ「のうりん」と連携したスタンプラリーのポスターを撤去した。(2015/12/1)

胸元を強調したポスターが不適切 美濃加茂市によるアニメ「のうりん」のコラボに批判の声
キャラクターのキービジュアルを使用。セクシーな格好をしており、人目に触れるポスターには不適切だとする反応が現れています。(2015/11/30)

有能なSiriにも「禁則事項」があった!
(2015/10/23)

Blendyの動画、なぜ炎上したのか理解できない人々
牛という「家畜」を擬人化したら、そのまま「成果主義の社会」を描いただけになってしまったブレンディのWeb限定ムービー。自分たちは「家畜」なのだという現実を思い知らされて怒る人々と、その怒りを理解できない人々がいる。(2015/10/8)

世界を「数字」で回してみよう(20) ダイエット:
部分痩せは可能なのか? (後編)
後編では、「部分痩せ」について、かなり突っ込んだ検証をしてみたいと思います。そもそも、体のある特定の部位だけ、『脂肪の増加方向と減少方向に異なる加速度が生じる』ことがあり得るのでしょうか。今回はこれについて、数字を回しまくってみました。(2015/9/29)

「尊敬する人物は親です」という答えが損な理由
面接でかつてはよく聞かれた質問に「尊敬する人物は誰ですか?」というものがあります。この質問に対し「親」と答える人が多く、特に新卒学生のように年齢が若くなればなるほど、比率は高い傾向があります。この答えはどう受け取られるのか考えてみましょう。(2015/9/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。