ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セクシャルハラスメント」最新記事一覧

ネット炎上で「金魚放流イベント」中止 「生態系に影響」「虐待」 主催者は「実施したいが……」
大阪府の犬鳴山の渓流で30年以上実施されている「金魚の放流」が中止に。ネットで問題視する書き込みが相次いだため。(2016/7/25)

プロ棋士が体張りすぎだろ! カメラを意識しすぎる将棋棋士・ハッシーが世界初の将棋バラエティ番組「橋本道場」スタート
「グラビアアイドルの胸をチラ見したら駒没収」など異色の将棋対決を展開。(2016/7/19)

福山雅治そっくり? 「乳首おじさん」仰天素顔にネット騒然
電車内でシャツ越しに自らの乳首をいじる――奇行を繰り返していた男が逮捕された。ネットで「乳首おじさん」として話題を集め、衝撃的な写真が投稿されていた。(2016/6/27)

「豊橋市JK広報室」に「JKは性産業のイメージ強い」と改名申し入れ 他県のJKプロジェクトは?
愛知県豊橋市が立ち上げたプロジェクト「豊橋市役所JK広報室」に、地元の女性から反発の声が。2014年に「鯖江市役所JK課」を発足した福井県鯖江市も合わせて、公的機関の“JK”の使用について三者に取材しました。(2016/6/6)

プロ格闘ゲーマーの男性、「カプコンプロツアー」中のセクハラ行為で大会出場禁止に
2度目には永久追放するとしています。(2016/6/5)

「無防備な炎上」を防ぐ「ポリティカル・コレクトネス」入門
毎日のようにインターネットで目につく「炎上」。企業のPRや個人Twitterでのツイートなど、無防備に炎上していく例は多い。炎上を防ぐために必要な「ポリティカル・コレクトネス(PC、ポリコレ)」とは何なのか。(2016/5/26)

「セクハラ」と批判 「ちょうどいい感じの美人な人事担当者」会社説明会が中止に
「ちょうどいい感じの美人な人事担当者が採用のウラ側を色々とぶっちゃけます」と企画されていた会社説明会が公開から半日足らずで中止になりました。(2016/5/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
列車の車内販売を終わらせてはいけない理由
鳥取県の若桜鉄道で2016年5月から車内販売が始まった。山陰地方で唯一の車内販売だという。全国的に車内販売は縮小傾向にある中で、地方のローカル線やJR東日本の首都圏のグリーン車で車内販売を実施している。車内販売の廃止と開始、その違いは付帯サービスか付加価値か、という考え方の違いでもある。(2016/5/20)

「東大美女が隣に座るフライト企画」抗議相次ぎ即日撤回 HISが謝罪
HISは、東大の女子大生が隣に座ってくれるキャンペーンを即日撤回した。(2016/5/12)

HISの「東大美女が隣に座ってくれる」キャンペーン 「セクハラ」批判受け即日中止に
「不快な思いをさせる企画内容」だったとして謝罪しています。(2016/5/11)

俳優、声優、お笑い芸人―― 芸能人のエイプリルフールまとめ
なんだかんだ皆この日が好き。(2016/4/1)

声優・上坂すみれさん、Twitterを休止 「心ないリプライが看過できない数に」
声優の上坂すみれさんがTwitterアカウントの更新を休止すると発表。中傷やセクハラにあたるリプライが「看過できない数になった」ためだという。(2016/3/4)

性的表現含む漢字問題集、駿台文庫が新規の出荷停止と自主回収を決定
「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた」「彼女の体のユルやかなラインが僕をほっとさせる」といった例文を掲載していた。(2016/1/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
新・上司力は、女性活躍だけではない
男性中心のピラミッド構造で通用していた上司力はもはや古い。女性の育成や活躍支援だけでは不十分。広がり続ける多様な部下を理解し、育て活かせる新しい上司力が求められている。(2016/1/7)

2015 Access Top 100:
年間アクセスランキングTOP100 金星探査機「あかつき」や五輪エンブレム問題、“未来”の話題も?
ITmedia ニュース年間アクセスランキングTOP100を発表。金星探査機「あかつき」、五輪エンブレム、iPhone新機種などに加え、“未来”のニュースも話題を呼びました。(2016/1/5)

批判受けた「のうりん!」と美濃加茂市コラボポスター、新デザインを掲出 「作品自体は適切なもの」と企画は続行
ポスターのキャラの胸が強調されてセクシーすぎないかと批判を受けていましたが、デザインを一新しました。(2015/12/8)

Weekly Access Top10:
ハイテクと戯れる
「ウィーンガチャン」みたいな音を立てるロボットはいませんでした。(2015/12/8)

アニメ「のうりん」のコラボポスターで批判を受けた美濃加茂市 公式サイトに謝罪文を掲載
スタンプラリー自体は継続するとのこと。(2015/12/4)

美濃加茂市、アニメ「のうりん」コラボポスター撤去 ネット上の「セクハラ」「不適切」批判受け
美濃加茂市観光協会は、ネット上での「セクハラ」「不適切」といった批判から、アニメ「のうりん」と連携したスタンプラリーのポスターを撤去した。(2015/12/1)

胸元を強調したポスターが不適切 美濃加茂市によるアニメ「のうりん」のコラボに批判の声
キャラクターのキービジュアルを使用。セクシーな格好をしており、人目に触れるポスターには不適切だとする反応が現れています。(2015/11/30)

有能なSiriにも「禁則事項」があった!
(2015/10/23)

Blendyの動画、なぜ炎上したのか理解できない人々
牛という「家畜」を擬人化したら、そのまま「成果主義の社会」を描いただけになってしまったブレンディのWeb限定ムービー。自分たちは「家畜」なのだという現実を思い知らされて怒る人々と、その怒りを理解できない人々がいる。(2015/10/8)

世界を「数字」で回してみよう(20) ダイエット:
部分痩せは可能なのか? (後編)
後編では、「部分痩せ」について、かなり突っ込んだ検証をしてみたいと思います。そもそも、体のある特定の部位だけ、『脂肪の増加方向と減少方向に異なる加速度が生じる』ことがあり得るのでしょうか。今回はこれについて、数字を回しまくってみました。(2015/9/29)

「尊敬する人物は親です」という答えが損な理由
面接でかつてはよく聞かれた質問に「尊敬する人物は誰ですか?」というものがあります。この質問に対し「親」と答える人が多く、特に新卒学生のように年齢が若くなればなるほど、比率は高い傾向があります。この答えはどう受け取られるのか考えてみましょう。(2015/9/16)

水曜インタビュー劇場(LGBT公演):
「どんな人がタイプ?」といった“恋バナ”ができなくなる(かも) 職場のLGBT問題
「彼氏いるの? どんな男性がタイプ?」――。日常的に交わされているこうした会話が、数年後NGになるかもしれない。その理由は……。(2015/9/16)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
夏休みに注意するセキュリティの脅威、傾向と対策は(前編)
夏休みに入り、いつもとは違う環境ではネット犯罪など様々な危険に遭いやすい。保護者や子どもが知っておくべき最近の犯罪や危険行為などの特徴と対策や注意点を紹介しよう。(2015/7/17)

これを読んだらほぼ網羅! バドミントンが題材のマンガ6作
(2015/6/3)

ネット記事があなたの人生を台無しに? 知っておきたいネットの権利
(2015/6/2)

【シナモンいじめリプライ問題】シナモンの「中の人」の写真が拡散→デマでした
シナモンのアカウントの「中の人」として、全く関係のない女性の写真が拡散されていました。(2015/5/26)

ニコニコ超会議2015:
Pepperくんのおっぱいペタペタ 「ニコつく」でぺっぱい触ってきた
ふぅ……。(2015/4/25)

ルミネの「働く女性応援」動画が炎上、YouTubeから削除 「不快な表現あった」とルミネが謝罪
ルミネが「働く女性たちを応援」として公開したYouTube動画がネットで批判を浴び、ルミネは動画を非公開にて謝罪した。(2015/3/20)

ルミネの“女性応援CM”が炎上──女性をけなす第1話に非難殺到、一方2話目では……
「働く女性たちを応援するスペシャルムービー」が批判の的に。(2015/3/20)

ああ、絶望(前編):
エリート集団の裁判所が、「ブラック企業」と呼ばれても仕方がない理由
「裁判所」と聞いて「誠実で公平な人ばかりが集まっている」と想像する人も多だろう。しかし、本当にそうなのか。最高裁などを歴任した瀬木比呂志氏に、ジャーナリストの烏賀陽弘道氏が迫ったところ、信じられない事実が……。(2015/3/2)

こじらせ!上司図鑑:
新人研修からやり直せ! 太古のルールに固執する“ソースはオレ”上司
20代の若手社員に、上司に関するあれこれを語ってもらう本連載。今回、登場するのはインフラ系企業にお勤めの桜井さん(仮名)。はるか昔のルールを振りかざす上司に悩まされているようで……。(2015/2/17)

キャリアニュース:
「人前で注意」(28%)「噂話、悪口」(26%)が職場でのストレスに
日本法規情報が自社の運営サイトを使って調査を実施。職場のストレスの実態について分析している。(2015/2/3)

こじらせ! 上司図鑑:
もはや厄災!? 過去の栄光に守られたハザード上司
イマドキの若いものは……なんて愚痴っている上司のみなさん、そんなあなたが“どう見られているか”考えたことはありますか? 厳しい就職戦線をくぐり抜けてきた若手社員の目は案外、厳しいようで……。(2015/2/3)

あの名作マンガ「まいっちんぐマチコ先生」がLINEクリエイターズスタンプに登場 えびはら武司先生の描き下ろし!
オッサンホイホイ!(2014/12/18)

「STAP細胞はあります」「妖怪ウォッチ」「JKビジネス」──流行語大賞候補50語発表
「STAP細胞はあります」「妖怪ウォッチ」など50語が、今年の流行語大賞候補に選ばれた。(2014/11/19)

「壁ドン」「レリゴー」「号泣会見」 新語・流行語大賞の候補発表
ほかにも「妖怪ウォッチ」「ダメよ〜ダメダメ」などなど。(2014/11/19)

モスバーガー店頭黒板に「人や国を中傷する」内容、モスフードサービスが謝罪
Twitterで批判が集まっていた。(2014/11/12)

窪田順生の時事日想:
世界最速! 「リアルタイム文字おこしサービス」で日本の未来が変わる?
モバイル型情報保障サービス「e-ミミ」をご存じだろうか。沖縄県うるま市にある株式会社アイセック・ジャパンが提供しているこのサービスを見て、筆者の窪田氏は驚いたという。何がスゴいかというと……。(2014/11/11)

上司はツラいよ:
女性社員へのその配慮、実は“余計なお世話”です
「女性に夜勤させていいのか」「女性にどこまでやらせていいのか」――。言った本人にしてみれば“善意の発言”なのだろうが、実はこれは“間違った”配慮。女性部下の成長の芽を摘むことになりかねないのだ。(2014/10/16)

サカタカツミの新しい会社のオキテ:
「あなたが嫌い」だから部下が会社を辞める――その3つの理由
「上司が嫌で、仕事を辞めたい」という相談はよくあるもの。話を聞くと「確かにそういう上司なら辞めたくもなるね」というポイントが3つあるといいます。その3つとは?(2014/10/6)

モンスター上司図鑑(3):
デリー
セクハラ発言や自慢話で人の時間を奪うモンスター「デリー」、あなたの周りにもいるでしょう?(2014/9/29)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
まだまだ続くヤジ・暴言問題 「昔は良かった」の思考にしがみつくな
都議会でのセクハラ発言事件で対策が進むと思いきや、今度は「男女共同参画社会推進議員連盟」の会長がトンデモ発言をした。日本のおじさんたちはなんでこうしたヤジや暴言を繰り返してしまうのか。(2014/9/19)

辞める:
「ブラック企業大賞」を受賞したヤマダ電機――ネット上にどんな書き込みがあった?
ブラック企業実行委員会は9月6日、「第3回 ブラック企業大賞」を発表した。大賞にはヤマダ電機が選ばれたが、ネット上にはどんな書き込みが多かったのだろうか。ネクストリンクが分析したところ……。(2014/9/8)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
相手7、自分3の聞き上手になる──大切なのは「またあの人に逢いたい」と思わせること
気持ちよく話して帰る道すがら、今日はおもしろかったなと思う。その中には相手の気配りが溢れている。どうすればおもしろい話ができるようになるのか。(2014/8/27)

キャリアニュース:
7月から施行の改正「男女雇用機会均等法」。企業が積極対応したい事項は「セクハラ指針の改正」
エン・ジャパンが人事担当者269人を対象にした調査を発表。2014年7月1日に施行された改正「男女雇用機会均等法」に対する、各企業の取り組みについて伝えている。(2014/8/20)

「第3回 ブラック企業大賞」ネット投票スタート セクハラやじ問題で東京都議会もノミネート
公式サイトにはそれぞれのノミネート理由が掲載されています。(2014/7/30)

誠 Weekly Access Top10(2014年6月30日〜7月6日):
2014年上半期を、検索キーワードで振り返る
先週のBusiness Media 誠は、「きかんしゃトーマス」やコンビニについての記事、そしてFacebookのセキュリティ自衛策についての記事に注目が集まりました。(2014/7/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。