ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルCRM」最新記事一覧

持続可能な検定事業のために:
日本医師会監修の「日本健康マスター検定」が「モニプラ」を活用する理由
超高齢化社会を迎え「健康」がブームになる中、2017年にスタートする「日本健康マスター検定」がSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」を全面採用した。その理由とは。(2016/9/19)

【連載】CCOが日本のCRMを変える:
第1回 CRMプロジェクトからの学びとCCO(Chief Customer Officer)の登場
CRMが日本に登場して約20年、企業は常に“成功事例”を模索しています。本連載では企業のこの20年のCRMへの取り組みを振り返ると共に、CRM成功への鍵となるCCO(Chief Customer Officer)について紹介していきたいと思います。(2014/9/19)

「Lead Initiative 2014」レポート:
PR:日本でも企業間のデータ共有を! データエクスチェンジ・コンソーシアムの橋本理事長
IIJ主催イベント「Lead Initiative 2014」のスペシャルセッションで講演したデータエクスチェンジ・コンソーシアムの橋本大也理事長は、さらなるビッグデータ活用に向けた考えを聴衆に示した。(2014/7/16)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第17回 リアルタイム・マーケティング――ブランドにとっての「リアルタイム」とはいつか?
これまで、マーケティング活動のROIを最大化のための「サイレントマジョリティの活性化」や「Social CRM」について述べてきた。今回は、より効果的で効率的なマーケティング活動の重要な要素であるリアルタイム・マーケティングについて考察する。(2014/2/27)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第16回 手軽に楽しく、パーソナライズされたコミュニケーション――2014年のマーケティングトレンド
ソーシャルメディアで交わされるコミュニケーション作法を注意深く観察すると、デジタルマーケティングのヒントが見えてくる。ポイントは「ディスポーザル・コンテンツ」「ブランド・バンター」「細分化社会コミュニティ」の3つ。手軽に、楽しく、そしてパーソナライズされたコミュニケーションが2014年のマーケティングトレンドだ。(2014/1/28)

「Smarter CRM」「CRMインテグレーション」:
2014年、CRMにおける機能進化/ユーザーニーズ7つのトレンド
2014年のCRM分野の進化トレンドは、昨年から引き続き「ソーシャル」「モバイル」分野の勢いが続きそうだ。それ以外に注目されるのが、「Smarter CRM」と「CRMインテグレーション」だ。(2014/1/9)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第15回 Social CRM最前線――海外事例に学ぶカスタマー・エンゲージメント
これまで2回に渡り、ソーシャルメディアのマーケティング活用をSocial CRMという観点から考察してきた。今回はそんなSocial CRMの実際の先進事例をいくつか紹介する。キーワードは「カスタマー・エンゲージメント」である。(2013/12/26)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第14回 Social CRMによるネットワーク価値の最大化――Influencer(インフルエンサー)を探せ
従来のCRMは需要予測モデルであるのに対し、Social CRMはニーズ喚起モデルである。Social CRMについては前回のコラムにて紹介したので、詳しくはそちらをご参照いただきたい。今回は続編として、Social CRMに課された重要な目的の1つ「お客さまのネットワーク価値の最大化」について考察する。(2013/11/25)

クーポンなどの配信機能:
日立ソリューションズ、O2Oを支援する小売向けCRMのクラウド提供を開始
日立ソリューションズは11月14日、O2Oマーケティングを支援する小売業向けソーシャルCRMサービス「ReBee」をクラウド経由で提供することを発表した。(2013/11/15)

顧客マネジメント再考:
【最終回】顧客に最も近い企業が勝つ!
これから先、顧客接点力の最大化を図るために企業がとるべきCRM戦略とは――。(2013/10/1)

ICT業界の中核に:
進化するモバイルCRM――2014年には500%成長?
米ガートナーは「CRM市場は2012年から拡大しており、特にモバイルCRM分野でいうと、2014年には500%の成長に達する見込み」という見解を示しているという。(2013/9/12)

中小企業/大企業で違いも:
今後5年間のCRM市場の成長率は7.1%、ソーシャルCRM市場は36.5%――米調査会社がレポート
本レポートでは、中堅/中小企業市場と大企業市場の2つの観点で調査したところ、今後5年間でソーシャルCRM市場は、年平均成長率は36.5%になると予想している。(2013/5/30)

オリックス・バファローズや中小企業庁が取り組む「ソーシャル革命」とは?
salesforce.comのマーク・ベニオフ氏が来日し、オリックス・バファローズや中小企業庁などのゲストとともに「カスタマーカンパニー」(顧客中心企業)への変革について語った。(2013/5/29)

世界最大の飲食チェーン「SUBWAY」のソーシャルCRM戦略とは?
世界で3万9000店舗を構えるサンドイッチ店「SUBWAY」。その日本展開を担当する日本サブウェイは、ソーシャルメディア上での顧客の声を事業展開に取り入れる“ソーシャルCRM”の仕組みを活用しているという。(2013/5/22)

90%はソーシャル対応:
ソーシャルメディア対応CRMと従来型CRM、3つの違いとは?
現在中小企業のビジネスコミュニティの中で、「最新型のソーシャルCRM対従来型CRMのどちらが良いか」という議論が盛んだという。(2013/5/21)

顧客の声からの洞察をアクションにつなぐソーシャル・テクノロジー【後編】
ソーシャルメディアの企業活用について、前編に続き、ITRの三浦シニア・アナリストが解説する。(2013/4/23)

ソーシャルCRM分野での業務提携:
ホットリンクがセールスフォースおよびシナジーマーケティングと資本業務提携
ホットリンクは12月6日、セールスフォース・ドットコム(セールスフォース)およびシナジーマーケティングと資本業務提携を結んだと発表した。ソーシャルCRM領域へのビジネス展開を目的とする。(2012/12/6)

ソーシャルメディア、仕事で使ってますか?:
ソーシャルメディア活用、「失敗した」6割強、NTTデータ経営研究所調査
ソーシャルメディア活用に成功している企業は「導入のタイミング」「他部署との連携」「ノウハウのある社員」「業務プロセスの改定」などを成功の要因だと考えていることが分かった。NTTデータ経営研究所発表。(2012/11/20)

ホワイトペーパー:
最新トータルCRMツール「カスタマーリングス」
顧客管理、メール送信、アンケート作成・収集、そして顧客分析からテキストマイニングまでワンストップで提供する最新トータルCRMシステム。(2012/10/24)

ホワイトペーパー:
メールマーケティングとソーシャルCRMをワンストップで提供するトータルCRMツール
「顧客管理システム」「メール配信システム」「アンケート収集システム」「データマイニング」「テキストマイニング」「ソーシャルCRM」……。これまでバラバラに存在していたCRM関連の仕組みをワンストップで提供するトータルCRMツール「カスタマーリングス」の機能を解説する。(2012/10/1)

「ITmedia マーケティング」プレスリリース:
NTTコムグループが「NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション」を設立
NTTコミュニケーションズグループでは、企業のマーケティング活動を支援するオンラインマーケティングソリューション事業を強化し、ビッグデータ時代における市場の変化や企業のグローバル展開に対応するために、NTTコミュニケーションズ、NTTナビスペース、NTTレゾナントおよびデジタルフォレストの関連事業を統合し、新会社「NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション」を設立し、2012年10月1日より営業開始する。(2012/8/1)

【連載】今度こそマスターするぞ! データ分析:
第2回 ソーシャルメディアの”感情”分析で「ブランティングの第3の波」を乗りきる
ソーシャルメディア上のデータを分析して、失業率増加のタイミングを予測する国連。企業は膨大な会話データをブランディングに活用する。いまやソーシャルメディアは分析対象の宝庫である。SAS Institute Japan マーケティング本部長 北川裕康氏が最新事例を交えてソーシャルメディア分析の最前線を紹介する。(2012/7/25)

「マーケティング」に関する読者アンケート調査リポート:
新たなテクノロジーを売り上げに結び付けられるか?――マーケティング部門へのアンケート調査
アイティメディアは2012年2月8日から3月25日の期間で読者を対象に「マーケティング部門が抱える課題とツールの利用環境に関するアンケート調査」を実施した。本調査からは、マーケティング部門が抱えている現状の課題や、マーケティング活動のために導入を予定しているツールなどが明らかとなった。(2012/4/23)

ホワイトペーパーレビュー
ソーシャルメディアの企業活用を支援する3つのホワイトペーパー
これまでにない顧客接点を生み出したソーシャルメディア。登場して日は浅いながらもユーザーは爆発的に増え続けている。ソーシャルメディアを企業活用する上で目を通しておきたいホワイトペーパーを紹介する。(2012/4/26)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
コールセンターが変わるクラウドとソーシャルメディアの威力──ベルシステム24
30年の歴史で培った現場力と最新の情報技術は、チャレンジし続ける文化の中で新たなサービスを生み出し続けた。グローバルも視野に入れた今後の取り組みとは。(2012/2/24)

TwitterやFacebookの書き込みもCRMに活用:
PR:テキストマイニング技術×信頼のメール配信システムで生まれた「トータルCRM」の全貌とは
プラスアルファ・コンサルティングが提供する「カスタマーリングス」は、ソーシャルメディア上のユーザー情報や投稿情報などを含め、顧客からもたらされる情報を一元管理し、テキストマイニング機能で分析できるCRMシステムだ。本稿では、テキストマイニングに強みを持つ同社と、メール配信システム一筋で歩んできたエイケア・システムズの連携が実現する「トータルCRM」の全貌と、生み出す価値を紹介する。(2012/2/23)

複数SNSを分析・管理できる「Social Insight」法人版、ユーザーローカルがリリース
複数のソーシャルメディアを横断的に分析・管理可能な解析ツール「Social Insight」の法人版をユーザーローカルがリリース。(2012/1/25)

オウケイウェイヴ、ソーシャルCRMサービス「おけったーエンタープライズ」を提供開始
オウケイウェイヴは、企業がQ&Aサービス「おけったー」上で公認アカウントを持てるサービス「おけったーエンタープライズ」を開始。併せて、ソーシャルQ&Aサイト「Q&Aなう」の事業を取得したことも発表した。(2011/12/14)

ERP NOW!【第8回】
「ソーシャルERP」は仕事に使えるTwitter、Facebook?
ERPパッケージに追加されることが増えてきたソーシャル機能。人と人の関係から意味ある情報を抽出し、共同作業を効率化する機能です。SAP、Oracleの製品から「ソーシャルERP」の今後を見てみましょう。(2011/6/29)

Oracle、Web体験管理ツールのFatWireを買収
FatWireのWebエクスペリエンス管理ツールにより、Web、モバイル、ソーシャルサービスなど複数のチャンネルをリ利用した顧客体験管理ソリューションを提供できるとしている。(2011/6/22)

SAP、コラボレーションツール「SAP StreamWork」のアプリ連携を強化
クラウドベースのコラボレーションツール「SAP StreamWork」とSAPの業務アプリケーションとの連携が可能になった。(2011/6/15)

Facebookの人間関係を活用したCRMサービス 電通イーマーケティングワンが提供
電通イーマーケティングワンら3社は、Facebookの人間関係(ソーシャルグラフ)を活用したマーケティング支援サービスを開始した。(2011/5/24)

ツイートを全て記録、過去の会話も再現 “ソーシャルCRM”を目指すTwitterクライアント「Kizna」
Twitterクライアント「Kizna」は、Twitterを積極活用しているしゃぶしゃぶ屋「豚組」のオーナーが開発した。個々の顧客との会話履歴を全て記録しておくなど、顧客対応に役立つ機能を備えた「ソーシャルCRM」だ。(2011/3/1)

ソーシャルCRMツールの「CoTweet」、NTT Comが提供開始
NTTコミュニケーションズは、FacebookやTwitterからマーケティングに関わる情報を収集し、顧客との対話や分析な可能なCRMツール「CoTweet」の国内提供を開始する。(2011/2/24)

Cisco、ソーシャル情報をCRMに統合する「SocialMiner」を発表
Ciscoが発表したコラボレーションツール「SocialMiner」を利用することで、企業はTwitterやFacebook上の投稿に迅速に対応できるようになる。(2010/11/5)

1位はクラウドコンピューティング:
米Gartner、2011年に注目すべきテクノロジートップ10を発表
米調査会社のGartnerが、企業・組織にとって戦略的な重要性を持つテクノロジーのトップ10を発表した。1位はクラウドコンピューティング、2位にはiPadなどを含むモバイル・アプリケーションおよびメディア・タブレットが入った。(2010/10/26)

Twitter活用の鍵――「顧客の心をつかみたいなら顧客先に行くべし」
Twitterに代表されるソーシャルメディアが社会に強い影響を与える昨今、企業の「顧客重視」が問われるようになってきている。企業が本当に顧客の心をつかむためには、何が求められているのだろうか。(2010/9/24)

CRMやアクセス管理:
企業でのTwitter活用を促進するツールが続々登場
企業向けソーシャルツールを採用する大手企業が増えつつある。あなたの会社にはソーシャルメディアに関する戦略があるだろうか。(2009/9/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。