ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スタートトゥデイ」最新記事一覧

ファッションシェアリングに注目:
「承認されたい!」女性の欲望で育つシェア経済
日本ではやや遅れている「シェアリングエコノミー」。しかし、ファッションシェアリングの分野は成長中だ。ブランドバッグシェアサービス「ラクサス」から、女性をターゲットにしたシェアビジネスを探っていこう。(2017/5/23)

ヤフー・楽天を抑え:
ECサイトのプレミアムサービス利用率、1位はAmazon
主要ECサイトのうち、プレミアムサービスの利用率が最も高いのは「アマゾンプライム会員」――ジャストシステム調べ。(2017/5/12)

成長をけん引するが……:
ZOZOTOWN「ツケ払い」、未払い率「把握していない」
ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの業績が好調。けん引する要因の1つは最大2カ月間支払いを遅らせることができる「ツケ払い」サービス。便利な一方で、支払いが難しくなるケースも起こっているが……。(2017/4/28)

40人の大規模募集:
「ZOZOTOWN作り直しにつき職人求む」のワケ
「ZOZOTOWN作り直しにつき、40名の職人(エンジニア)求む!」――スタートトゥデイが出している一風変わった求人。募集のワケを聞いた。(2017/4/13)

生き残り競争が激化:
「ZOZOフリマ」終了 売り上げ伸びず
スタートトゥデイのフリマアプリ「ZOZOフリマ」が6月30日に終了。大手ファッションECサイト「ZOZOTOWN」の知名度を生かして展開したが、売り上げが伸び悩んだ。(2017/4/12)

“ぽっちゃり女子”向け:
復活期すニッセン、カタログ戦略転換 新ECサイト開設
ニッセンが、女性向けファッションECサイト「Alinoma(アリノマ)」を開設。L〜10Lと、大きめのサイズの取り扱いに特化している点が特徴。(2017/4/7)

トーマスかな? 個性派ブランド「あちゃちゅむ」の顔付きバッグがガン攻めデザインですごい
個性が尊重される時代です。(2017/2/22)

「ジョジョ」第4部のコラボTシャツ登場 正月元旦の朝のようにスゲーッさわやかな気分になれそう
登場人物やスタンドをかたどった11種。杜王町のマークが刺しゅうされたボトムスもあります。(2017/2/10)

API Meetup Tokyo 17:
2016年、オープンになったLINEのチャットボットAPIは、どう活用されたのか
「API Meetup Tokyo #17 〜年末スペシャル〜」で、Web APIの適用事例として「LINEのchatbot展開」をテーマにした講演が行われた。本稿では、この講演の内容についてレポートする。(2017/1/26)

UNiCASE、猫モチーフの落下防止スマホリングを発売
UNiCASEは、雑貨ブランド「Mallow」からスマートフォンリング「CAT SMARTPHONE RING」を発売。丸みと立体感あるネコ耳を表現し、落下を防止するだけでなくスタンドとしても利用できる。(2017/1/19)

ファストリ会長、消費行動の変化に対応「ECを成長エンジンに」
ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は5日、ECを成長エンジンの一つに位置付けると明らかにし、インターネット通販を強化する方針を示した。(2017/1/6)

UNiCASE、雑貨ブランド「Mallow」から端末カラーの映えるホワイト柄クリアケースを発売
UNiCASEは、雑貨ブランド「Mallow」からiPhone 7ケース「Blanc」を発売。端末カラーが映えるクリアケースにストライプ ・ ドット ・ ボーダー柄をホワイトで描いている。(2016/12/20)

IT企業×スポーツ “蜜月”が続くワケ 楽天、DeNA、ZOZO……
楽天がFCバルセロナのスポンサーになり、ZOZOTOWNは千葉マリンの命名権を取得した。IT企業とスポーツの“蜜月”が続くのはなぜか。(2016/12/12)

バルサへの拠出額は約257億円:
スポーツとIT企業――親密な関係の理由
IT企業によるスポーツ関連の取り組みが相次いでいる。楽天、ZOZOTOWN、DeNA――知名度や信用を向上させられる利点があり、インターネットによる情報発信と相性がいいことも魅力になっている。(2016/12/12)

「ZOZOマリン」新ロゴ決定 球場正面にカモメのロゴ設置
「ZOZOマリンスタジアム」の新ロゴが決定。スタートトゥデイの前澤友作社長がTwitterのアンケート機能で、人気投票を行っていた。(2016/12/7)

「UNiCASE」がZOZOTOWNに12月1日オープン 先行販売&タイムセールを開催
スマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」が、12月1日にファッション通販サイト「ZOZOTOWN」でオープン。出店を記念し、新商品の先行販売や一部商品の24時間限定タイムセールを行う。(2016/11/24)

視点:
デジタル時代の次世代顧客接点の構築
「デジタル」は、圧倒的な量と質の顧客との「直接の対話」を可能にした。成熟市場の中での、企業活動の競争力や新しい事業を生み出すきっかけになる。(2016/11/21)

千葉マリンは「ZOZOマリン」に ZOZOTOWN運営元が命名権取得
「千葉マリンスタジアム」の新名称は「ZOZOマリンスタジアム」に。「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが命名権を得た。(2016/11/18)

千葉マリンスタジアムの命名権をZOZOTOWNの運営元が取得 12月から「ZOZOマリンスタジアム」に
「QVCマリン」から「ZOZOマリン」へ。(2016/11/18)

ZOZOTOWN、服の「買い換え割」開始 下取りで割り引き
「ZOZOTOWN」が「ツケ払い」に続き、「買い替え割」を始めた。(2016/11/15)

ZOZOTOWN「ツケ払い、始めました」 注文時は支払いなし、2カ月後までに振り込み
「ZOZOTOWN」で、商品注文日から最大2カ月後に支払いできる新決済サービス「ツケ払い」がスタートした。(2016/11/2)

千葉マリンの命名権、「ZOZOTOWN」のスタートトゥディが優先権
「千葉マリンスタジアム」の次期ネーミングライツの優先交渉権者に、「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが選定。(2016/10/28)

ZOZOTOWNに出店中の「WEGO」モデルがめっちゃ下向く理由が判明 「カメラ目線に慣れてないだけです」
足元にはなにもいないらしい。(2016/8/30)

【連載】脱CPI至上主義のモバイルアプリ広告入門 第1回:
「インストール」はゴールではない――アプリ広告の効果をどう検証するのか?
重要度を増すモバイルアプリにおいて、ビジネス視点から見て合理的なプロモーション効果測定の在り方とは何か。そのためにどうデータを活用していくのか。アプリ内イベントを活用した効果的なマーケティング手法を探ります。(2016/9/27)

めくるとリアル秋田犬がドーン! ジェフ千葉の特製ユニフォームが斬新すぎるリバーシブル仕様
ゴールパフォーマンスが楽しみ。(2016/6/8)

紗栄子「私も今できることを」、熊本県へ約500万円を寄付 被災者からは感謝の声
交際相手の前澤友作さんも1000万円を寄付しています。(2016/4/19)

2015 Access Top 100:
年間アクセスランキングTOP100 金星探査機「あかつき」や五輪エンブレム問題、“未来”の話題も?
ITmedia ニュース年間アクセスランキングTOP100を発表。金星探査機「あかつき」、五輪エンブレム、iPhone新機種などに加え、“未来”のニュースも話題を呼びました。(2016/1/5)

日本の女性活躍に向けた5つの優先施策とは?
日本企業で女性の就労を男性と同じ水準へと増やすだけで、GDPが最低でも9%増加すると言われている。いかにして女性の活躍の場を創出するべきか。5つの優先施策を紹介したい。(2015/12/18)

ZOZOがフリマアプリ参入「ZOZOフリマ」 WEARとも連携
スタートトゥデイがファッションフリマアプリ「ZOZOフリマ」を公開した。既存サービス「ZOZOTOWN」「WEAR」とも連携する。(2015/12/15)

STAR WARSスペシャルキャンペーン:
ZOZOTOWNで買い物をするとストーム・トルーパーが配達してくれるかも
ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」では11月18日から12月20日まで、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開記念「ZOZOTOWNスペシャルキャンペーン」を実施する。(2015/11/18)

ボタン型ビーコンとLINEのビジネスアカウントを連係したサービスを共同展開:
LINEがスタートトゥデイとファッション領域におけるビーコン事業で提携
LINEとスタートトゥデイは2015年11月11日、ファッション領域におけるビーコン事業の推進に向け、業務提携したことを発表した。(2015/11/12)

ショッピング中に気になる服のボタンを押すと――「ボタン型ビーコン」でスマホに情報配信 スタートトゥデイとLINEが提携
スタートトゥデイとLINEが商品に取り付けた「ボタン型ビーコン」を押すと、商品情報をLINEで送信するサービスを発表。アパレル店舗に来春から提供する。(2015/11/11)

「0円で買えなかったお客様へ」 ZOZOTOWN、500円分のポイント配布
ZOZOTOWNは、一部商品の0円での販売の反響を受け、0円で商品を購入できなかったユーザーに500円分のポイントを配布した。(2015/4/24)

「システムエラー?」「本当に届くの?」ZOZOTOWNで0円祭りが発生→10周年のサプライズ企画でした!
乗るしかなかったビッグウェーブ!(2015/4/23)

ZOZOTOWN、商品2万点を「こっそり」0円で販売 価格誤表示ではなかった
22日夜、ZOZOTOWNで「0円」の商品が多数販売されていると話題に。「価格の誤表示では」と憶測を呼んだが、実際はZOZOTOWNが仕掛けたキャンペーンだった。(2015/4/23)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
“海外”と“LIFE”に集中して取り組む――新社長 出澤氏が語るLINEの新戦略
LINEの代表取締役社長が、森川亮氏から出澤剛氏へと交代した。出澤氏の体制となって、LINEはどのように変わるのだろうか。また現在進めている「LIFE」プラットフォーム事業は、今後どのように変化するのだろうか?(2015/4/6)

零号機・初号機・2号機・Mark.6がモチーフ 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のコラボスニーカーが登場
配色がかっこいい!(2015/3/19)

価格や性能だけの差別化は過去――問題解決型コミュニティで消費者の心をつかむ
作り手である企業がどれだけ価格や性能の優位性をアピールしても、本当の価値は消費者が知っている。それでは消費者の本音をいかに聞き出し、製品に反映して、新たな価値を創出すればよいのか。(2015/3/9)

LINE Pay決済が「ZOZOTOWN」「HMV ONLINE」などに対応
「LINE」と連携した送金・決済サービス「LINE Pay」の決済機能が、「ZOZOTOWN」「HMV ONLINE」など7つのECサイト/アプリに対応する。(2015/3/3)

ITmediaスタッフが選ぶ、2014年の“注目端末&トピック”(ライター佐野編):
スマートフォンと“アプリ”がネットサービスの主戦場となった1年
ゲームだけでなく実用系サービスまでもがアプリ化を進めた2014年。業界全体の動きで印象に残ったのが、テレビCMの急増ぶりだ。(2014/12/22)

ZOZOTOWN 10周年記念動画で鉄拳・ハイ・スタンダードら豪華コラボ実現 心が浄化されるようだ……!
クリスマスって……いいもんなんだなぁ。(2014/12/15)

PR:「まるで友だちのように」── 顧客起点、社員起点で「らしさ」を失わないZOZOTOWN
元プロミュージシャンの創業者が自らの感性を信じ、愚直に続けてきたZOZOTOWNが、この12月には10周年を祝う。日本最大級のファッションショッピングサイトに成長したZOZOTOWNだが、「まるで友だちのように」一人ひとりの顧客に向き合う「らしさ」は今も失われていない。同社の強みと、それを支える「カスタマー・フレンドシップ・マネジメント」やユニークな組織マネジメントについて話を聞いた。(2014/12/8)

ZOZOTOWNでファッション雑誌の販売がスタート
「ZOZOTOWN」でファッション雑誌販売がスタート。各誌が提供するファッション記事をZOZOTOWNのトップページで紹介する「マガジンニュース」の掲載も始めた。(2014/11/26)

新社長が事業戦略方針:
靴ブランドのクラークス、「デザートブーツ」という定着イメージを変えられるか
英国の老舗シューズメーカーのクラークスが日本での事業成長を加速させる。店舗での取り扱い点数を増やし、売上高の倍増を目指す。そのための課題とは……。(2014/11/19)

ZOZOTOWNの「送料全品無料」が終了 2999円以下の買い物は送料必要に
「ZOZOTOWN」の“送料全品無料”が終了。10月1日から、2999円以下の注文には350円の送料がかかるようになる。(2014/9/2)

スタートトゥデイ、電子雑誌書店「マガストア」のヤッパを完全子会社化
スタートトゥデイは、電子雑誌書店「マガストア」を運営するヤッパを株式交換により完全子会社化した。(2014/8/1)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
お客様本位――これこそがユナイテッドアローズの原理原則
日本のセレクトショップとしてトップレベルの売り上げを誇るユナイテッドアローズ。その強さの源泉は何か。同社のコアコンピタンスについて、同社上席執行役員の佐川氏と一橋大学大学院の大薗教授が対談した。(2014/5/27)

ファッションアプリ「WEAR」、商品バーコードスキャン機能廃止 店舗側の懸念大きく
ファッションアプリ「WEAR」のバーコードスキャン機能の廃止が決まった。ブランドや店舗から「盗撮と紛らわしい」「売り上げにつながらない」などの懸念の声が寄せられたという。(2014/4/8)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
白戸家、パズドラ、地域限定……スマホ関連CMの最新事情
好感度調査で常に上位を占めるキャリアのテレビCM。スマホの競争激化でその存在意義は以前よりも高まっているようだ。そして最近は、アプリなど新しい分野のCMも増え始めている。(2014/4/7)

コーディネート共有アプリ「WEAR」、200万ダウンロード突破
スタートトゥデイのコーディネート共有アプリ「WEAR」がリリースから約5カ月で200万ダウンロードを突破した。(2014/4/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。