ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シリア」最新記事一覧

関連キーワード

世界を読み解くニュース・サロン:
どうすれば救えるのか シリアで人質の日本人を
シリアで武装組織に拘束されているとみられるジャーナリスト・安田純平氏の最新映像が公表された。報道によると、武装組織から身代金を請求されているが、日本政府はその要求には応じない方針だという。では、どのようにして安田氏を助け出すのか。(2016/6/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
ISとアルカイダが合併? 最恐テロ組織が誕生する可能性
イスラム原理主義勢力タリバンのリーダーが、米軍の爆撃で死亡した。このニュースは世界中で大きく取り上げられたが、日本ではあまり大きく報じられていない。ただ日本も、テロの脅威に対して、対岸の火事だと片付けるべきではない。なぜなら……。(2016/6/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界で目の敵にされるイスラム教徒が、なぜロンドン市長になれたのか
ロンドンでイスラム教徒の市長が誕生した。市長に選ばれたのは、パキスタン移民2世のサディク・カーン。英国だけでなく欧州の主要都市を見渡しても、いまだかつてイスラム教徒が市長になったことはないのに、なぜ彼は選挙に勝つことができたのか。(2016/5/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
“タダ乗り日本”にイラつくオバマは、安倍政権に何を要求してきたのか
米アトランティック誌が、オバマ大統領の外交に焦点を置いたインタビュー記事を掲載した。このインタビューでオバマは国際情勢のさまざまなトピックについて、これまでになく“ぶっちゃけ気味”に語っている。その中で興味深いのは……。(2016/4/28)

勤務時間中にXVIDEOS閲覧 秋田大副理事に訓告処分 学生のツイートきっかけで発覚
今月1日付で更迭となったそう。(2016/4/12)

米当局、「シリア電子軍」メンバー3人を指名手配
3人は2011年頃から、シリア政府に敵対的とみなした組織を狙ってスピアフィッシング攻撃やコンピュータシステムへの不正侵入を繰り返したとされる。(2016/3/24)

クリスティアーノ・ロナウド、難民の子ども支援を2億人のフォロワーに呼びかけ 1日以内に115万人が「いいね!」
セルフィー1枚でも、影響力が違う。(2016/3/15)

NTT DATA Innovation Conference 2016リポート:
虫の目、鳥の目、歴史の目で見る世界情勢――5年後だけでなく30年後も見据える
海外で活躍するためには何が必要か、何を見習うべきなのか。ジャーナリストの嶌信彦氏が、これまでの取材で得た知識や経験を「鳥、虫、歴史の目」を通して話した(2016/2/25)

主演はどちらも松田翔太さん 不法滞在外国人の自治社会描いた漫画「ディアスポリス─異邦警察─」が実写ドラマ&映画化!
アフロじゃ……ない……?(2016/2/12)

「そうだ難民しよう!」著者のサイン会、中止に
出版社「理由はみなさまご想像のとおりです」。(2016/1/28)

Netflix、プロキシやVPN経由の不正視聴を数週間中に遮断すると発表
1月初頭にシリアと中国を除くほぼ全世界でのサービス提供を発表したストリーミングサービスのNetflixが、プロキシサーバや「アンブロッカー」によるライセンス違反視聴をブロックするツールを導入したと発表した。(2016/1/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
シリア難民問題から感じる「メディア」への違和感
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のトップが来日した。フランス同時テロ後だったので、日本のメディアはこぞって取り上げたが、筆者の山田氏は一連の報道に違和感を覚えたという。なぜなら……。(2015/12/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
「テロへの報復は暴力しか生まない」という主張は、“正しい”のか
フランスで起きた同時多発テロを受けて、「暴力が生み出すのは暴力のみ」といった声が出る一方で、「いや、暴力に対しては暴力しかない」という意見も出ている。果たして、どちらの主張が“正しい”のか。(2015/11/26)

パリ同時テロ実行犯の連絡ツールは暗号化されていない素のSMS──英Telegraph報道
パリ同時テロの1つが発生したバタクラン劇場近くのゴミ箱から発見された実行犯のものとみられる携帯端末から、犯人同士が暗号化されていないSMSで連絡を取り合っていたことが明らかになった。(2015/11/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界は“報復”するのか? 「13日の金曜日」に虎の尾を踏んだイスラム国
「フランス史上最悪」と言われる同時多発テロが発生した。テロが襲った11月13日の金曜日は「歴史的な転換点になる可能性」があり、フランスのオランド大統領はイスラム国への“報復”を断言した。今後の世界情報は……?(2015/11/17)

Facebook、プロフィール写真のフランス国旗化機能に「パリだけではない」の声も
Facebookが、11月13日にパリで起きた同時多発テロを受け、プロフィール写真をフランス国旗のトリコロールカラーにする機能の提供を始めた。支持する声もあるが「パレスチナやシリアでも多くの人々が犠牲になっているのになぜパリだけ」という批判も。(2015/11/15)

新連載・世界を読み解くニュース・サロン:
対中国だけではない? お金が欲しくて“魂”を売ったイギリス
10月末、中国の習近平・国家主席が英国を訪問して大歓迎を受けた。英国は中国の人権問題を不問にして、カネになびいたと非難されたが、中国以外にも英国が骨抜きにされている国がある。それは……。(2015/11/5)

New York Times、Googleとの提携でVRコンテンツ提供へ
New York Timesが100万人以上の購読者にGoogle Cardboardのゴーグルを無償提供し、専用アプリ経由でVRコンテンツを提供する「NYT VR」プロジェクトを立ち上げた。(2015/10/21)

「深い悲しみと憤りを覚えました」 NGO「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が「そうだ難民しよう」イラストに言及
元写真を撮影したのは「セーブ・ザ・チルドレン」のメンバーだったとのこと。(2015/10/9)

「そうだ難民しよう!」イラストの作者、当該画像を削除 元写真の撮影者に配慮
イラストは全ての難民を否定するものではなく、偽装難民を揶揄(やゆ)したものだったとのこと。(2015/10/8)

「そうだ難民しよう!」 シリア難民を「不法移民」扱いするイラストが物議、元写真の撮影者からは怒りの声
Facebookに画像の削除を求める署名活動も行われています。(2015/10/5)

EE Times Japan Weekly Top10:
Apple製品の分解記事がトップ3を占める
EE Times Japanで2015年9月26日〜10月2日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/10/5)

FacebookのザッカーバーグCEO、「いいね!」以外のボタンを間もなくテスト開始と発表
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、悲しかったりつらかったりする投稿に共感を表せる「いいね!」以外のボタンのテストを間もなくスタートすると語った。(2015/9/16)

エジプトの富豪が難民の受け入れ先に「島を丸ごと買う」と提案 無人島を難民たちのための新しい国に
なんと大胆な発想。(2015/9/7)

世界遺産パルミラ遺跡のベル神殿がISILにより破壊 国連訓練調査研究所が衛星写真を公開
8月25日にもISILによる破壊行為が判明したばかりでした。(2015/9/1)

「1分間の沈黙」がオーストリアのiTunesで発売前にもかかわらず1位に 難民待遇への抗議として
現代の“4分33秒”。(2015/8/22)

あの国の美の基準は? 1人のモデルをレタッチして18カ国の理想を表現
中国やイタリアでは細身の体型が魅力的とされ、スペインやルーマニアなどではふっくら体型が好まれるようです。(2015/8/15)

最大で2万ドルの報奨金:
LINE、脆弱性の公募プログラム実施を発表
LINEは2015年8月5日、ユーザーが発見した脆弱性の公募プログラム「LINE Bug Bounty」の実施を発表した。脆弱性の報告者には、最大で2万ドルの報奨金が支払われるという。(2015/8/5)

村上春樹がスペイン・アストゥリアス皇太子賞の候補に
(2015/6/11)

ビジネスユーザー向けのツールが拡充
「地図+データ」は言葉の壁を超える、ロケーションインテリジェンス活用法
地理情報の活用はとりわけ新しいものではない。だが、「ロケーションインテリジェンス」(LI)と呼ばれる一般のビジネスユーザー向けの手軽なツールによって、新たな形で地理情報の活用が拡大している。(2015/4/13)

専門家が語る「対イスラム国」本当の戦況
イスラム国については、その戦況や今後についてなど、報道だけでは分らない部分が多い。現代イスラム研究センター理事長の宮田律さんにイスラム国や「テロ」にまつわる疑問や不安をぶつけてみた。(2015/4/2)

法的、経済的には課題も:
ドローンを人道支援に活用、食料や医薬品をシリアへ
紛争現場などでの人道支援に無人航空機(ドローン)を活用するプロジェクトが進んでいる。内戦状態が続くシリアの都市に、トルコから食料や医薬品を、ドローンを使って運び、空中投下することを目指す。(2015/3/27)

外務省がチュニジア首都チュニスの危険情報を引き上げ 日本人死傷者も出た武装集団襲撃事件を受けて
テロや不測の事態に巻き込まれないよう、チュニジアへの渡航・滞在への注意を呼びかけています。(2015/3/19)

イスラム過激派組織「ISIL」 イラク、モスルの博物館の石像など破壊する動画公開 ユネスコが非難声明
声明を出したボコバ事務局長は、文化的な悲劇をはるかに越えた安全保障問題だとしています(2015/2/27)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

「情勢に配慮」で放送見合わせの「探偵歌劇 ミルキィホームズTD」第5話 2月21日から放送
第5話「キャロルの身代金」は1月31日から放送予定だったが放送休止となっていた。(2015/2/16)

ハッカー集団のAnonymous、ISIS攻撃を宣言
Anonymousが「オペレーションISIS」を展開し、「ISIS(イスラム国)」のWebサイトやアカウント、電子メールをダウンさせて暴露すると宣言した。(2015/2/10)

「『イスラム国』表現、誤解を招きかねない」トルコ大使館、報道各社に呼びかけ
イスラム教やイスラム教徒への偏見が生じかねない、との理由から。(2015/2/8)

邦人人質事件に便乗したスパムツイートに注意
ニコニコニュースを名乗るスパムも報告されている。(2015/2/1)

「10億円BIG」CM放送自粛 登場人物名「ゴトウ」に配慮 シリア邦人拘束で
「五島」という人物が10億円を当てた? という設定でした。(2015/1/30)

「イスラム国」の謎の指導者 バグダーディーとは何者なのか?
「イスラム国」の実像が分かる書籍3冊を紹介します。(2015/1/27)

湯川遥菜さん殺害か、YouTubeに映像 シリア邦人拘束で
安倍首相の声明も発表されています。(2015/1/25)

米中央軍のTwitterとYouTubeが乗っ取り被害、イスラム過激派が声明
米中央軍のTwitterとYouTubeの公式アカウントが何者かに乗っ取られ、アカウントが凍結された。イスラム過激派ISISは脅迫めいた声明をPastebinに掲載した。(2015/1/13)

海外オタク見聞録:
サウジアラビア人が描いた日本風マンガも! アラブのマンガ事情
戒律が厳しいイメージのあるアラブの国々。規制もありますが、そうした中でマンガやアニメを楽しんでいるファンも。(2014/12/17)

「シリア電子軍」のWebハッキング、Gigyaのドメイン情報改ざんが原因
ドメイン登録業者がハッキングされ、大手サイトにソーシャル化プラットフォームを提供する米GigyaのWHOIS情報が書き換えられていたことが分かった。(2014/11/28)

国内大手サイトでハッキング?報告相次ぐ 「シリア電子軍」か 世界的に影響
毎日新聞など国内の複数の大手企業サイトで11月27日夜、アクセスすると「シリア電子軍」のものと思われる画像に飛ばされるとの報告が相次いだ。海外の大手報道機関サイトでも同様の報告がある。(2014/11/28)

新連載・烏賀陽弘道の時事日想:
朝日やNHKが選ばれない時代に、私たちが注意しなければいけないこと
インターネットが勃興し、新聞やテレビといった旧型マスメディアが衰退しつつあると言われている。結果、何が変わったのか。筆者の烏賀陽氏は「ニュース・センターが消滅した」という。その意味は……。(2014/11/20)

「紛争地帯で少女を救ったシリアの少年」の動画が話題に→フェイクでした
シリアの英雄的少年を描いた動画は、ノルウェーの映画監督が制作した映像でした。(2014/11/17)

Twitterの10月25日のダウン、シリア電子軍とは恐らく無関係
Twitterが日本時間の10月25日に約1時間ダウンした。昨年8月の記事を引用して「原因はシリア電子軍による攻撃」というツイートが拡散したが、今回はシリア電子軍からの犯行声明は出ていない。(2014/10/26)

藤田正美の時事日想:
ロシアの機嫌を損ねると、世界で「エネルギー危機」が起こる?
欧米ではイスラム国への対応に苦慮しているが、ウクライナ危機も終結したわけではない。対ロシアへの制裁を強める中、制裁のデメリットを指摘する声も上がり始めた。経済界では「世界的なエネルギー不足を招く」と心配する声があるが、その理由とは?(2014/9/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。