ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タイトー」最新記事一覧

「ゲーセンの電子マネー」メリットは? コナミとセガが協業検討、タイトーは楽天Edyとタッグ
アミューズメント施設向け電子マネーをめぐり、コナミとセガが協業を検討。タイトーも楽天Edy付きメンバーカードの発行を発表した。(2016/2/19)

「ゲーセンはなくならない」 復活の鍵は電子マネーか
“ゲーセン不況”復活の鍵とは? 全国に店舗を構えるタイトーに聞いた。(2015/12/12)

ゲームをプレイするのに100円玉を入れる時代は終わった タイトーステーションが電子マネー決済を本格導入開始
ゲームセンターに着いたらまずは両替……しなくていいんです!(2015/6/5)

タイトーのゲーセンに電子マネー Suicaやnanacoなど対応
「Suica」「PASMO」「nanaco」など複数の電子マネーに対応した決済端末がゲームセンター「タイトーステーション」登場する。(2015/2/16)

戦うのかよ! タイトーが「アルカノイド VS スペースインベーダー(仮)」発表
ゲーム内容が想像できない……。(2014/11/12)

「ジャパン アミューズメント エキスポ」タイトーブースをライブ配信 M.S.S Projectも登場
最新アーケードゲームの展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ(JAEPO) 2014」より、タイトーブースの模様をライブ配信する。人気ゲーム実況集団「M.S.S Project」によるステージなど。配信は2月15日10時0分〜。(2014/2/14)

リアル脱出ゲーム×アーケードゲーム SCRAPとTAITOが「リアル脱出ゲームセンター」オープン
「リアル脱出ゲームセンター」では、1回500円、制限時間10分でリアル脱出ゲームができる。(2013/9/27)

ゲーム音楽オンリーフェス「JAPAN Game Music Festival」開催 これは俺たちのためのやつ!
セガの[H.]、タイトーのZUNTATAなど、ゲーム音楽バンドが集結。夢の2日間がこの夏。(2013/4/12)

タイトー、メールシステムに「Exchange Online」を採用
クラウド型のメールシステムをタイトーが新規導入した。(2012/6/12)

ゲーセンの感動再び 「スペースインベーダー」筐体風iPadケース、タイトーから
タイトーのiPadケース「iNVADERCADE」では、iOS版「スペースインベーダー」をレバーとボタンでプレイできる。(2011/9/12)

インベーダーゲームのAndroid版「SPACE INVADERS INFINITY GENE」
タイトーは、進化が特徴のインベーダーゲーム「SPACE INVADERS INFINITY GENE(スペースインベーダー インフィニティジーン)」の配信を開始した。(2011/9/9)

GREEと共通仕様のアプリプラットフォームが中国で提供開始 コーエーテクモ、タイトーが進出
「GREE Platform」と仕様を共通化した携帯電話向けプラットフォームが中国で公開された。第1弾としてコーエーテクモゲームス、タイトーがソーシャルゲームをリリースする。(2011/8/5)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ゲイムマンもたまにはガジェットっぽい話をしないと。「クイックス」
ITmediaガジェットの記事の中で、この連載だけどうも浮いてるような気がする。そこで、第95回となる今回はガジェットらしく、ニンテンドー3DSで配信された「クイックス」(タイトー)を取り上げてみよう。(2011/7/29)

タイトー「AOU2011」出展タイトルを発表
2月下旬稼働予定の新作パンチングゲーム「ソニック ブラスト ヒーローズ」のほか、「ホーンテッド ミュージアム II」「ミュージックガンガン2」などが出展される。また、「NESiCAxLive」で配信される18タイトルも登場する。(2011/2/16)

12年の時を越え、ライブ復活――タイトーサウンド開発チーム「ZUNTATA」
「ダライアスバースト アナザークロニクル」発売を記念して、ZUNTATA ライブ&開発者トークショーの開催が決定した。(2011/2/7)

「GREE」スマートフォン向けプラットフォームに171社が参加 「国内最大規模」
「GREE」のスマートフォン向けプラットフォームにセガやタイトーなど171社が参加。「国内最大規模」としている。(2010/12/17)

タイトー、アーケード機向け新システム「NESiCAxLive」にKOFシリーズ2タイトルを今冬配信開始
ゲームを店頭でダウンロードして楽しむ、タイトーの新アーケードシステム「NESiCAxLive」向けに、SNKプレイモアの「THE KING OF FIGHTERS’98 ULTIMATE MATCH FINAL EDITION」と「THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH」の2タイトルが投入されることが決まった。(2010/11/24)

タイトーステーション全店舗にソフトバンクWi-Fiスポットを導入
タイトーのアミューズメント施設「タイトーステーション」は、ソフトバンクモバイルの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を2010年11月から全店舗に順次導入する。(2010/10/14)

ゲーセン向けコンテンツダウンロードシステム、タイトーが発売へ
サーバからアーケードゲーム筐体にゲームコンテンツを配信するシステムをタイトーが発売へ。(2010/9/10)

タイトーの本気を見ろ――AMショーに過去最大クラス11機種の新製品を出展
第48回アミューズメントマシンショーに出展しているタイト―は、「ダライアスバースト アナザークロニクル」などを出展している。(2010/9/9)

ついにiPhoneも侵略――タイトー「スペースインベーダー」関連アプリを配信開始
といっても、ゲームでなくお役立ちツールアプリ集です。(2010/6/21)

タイトー、iPhone向けゲームにコミュニティ機能を追加する「OpenFeint」を採用
タイトーは、ディー・エヌ・エーが資本業務提携しているAurora Feintの提供するソーシャルゲーミングプラットフォーム「OpenFeint」を、iPhone/iPod touch向けのゲームに順次搭載していくことを発表した。(2010/1/20)

日々是遊戯:
「バブルボブル」のBGMが、韓国ではラーメンのCMに使われている!?
最近ではWiiやXbox LIVE アーケードでもリメイク版が発売されている、タイトーの名作アクションゲーム「バブルボブル」。そのBGMが、韓国ではCMソングとして使われているという噂を入手しました。(2009/10/28)

日々是遊戯:
「ダライアス」から「レイストーム」まで、タイトーSTG尽くしの「わっしょい4周目」に行ってきました!
今回で4回目となる、シューティングゲームイベント「わっしょい」がまたまた開催に。今回はオマケとして、今話題の「あの人」のショートインタビューも併せてお届けします。(2009/9/2)

App Town ゲーム:
iPhone向け「パズルボブル」が登場――Bluetooth対戦も可能
タイトーのパズルゲーム「パズルボブル」がiPhoneとiPod touch向けに配信された。iPhoneでは初めて採用された「スリングショット」で操作できるほか、Bluetoothによる通信対戦も可能。(2009/9/2)

「ゲーセン市場は縮小する」 タイトーの生き残り策は
「ゲームセンター業界は今後縮小する」――スクウェア・エニックス和田社長は、業界の縮小均衡前提で、タイトーの生き残り戦略を組み立てている。(2009/8/10)

エグゼクティブ会員の横顔:
「新しい発明は努力ではなく技術者の楽しみから生まれるのだ」――タイトー・三部CTO
「根っからの技術オタク」だと自身を評するタイトーの三部氏は、ゲーム産業の発展に寄与したほか、世界初の通信カラオケを生み出した。日本では冷遇されつつあるエンジニアたちにエールを送る。(2009/8/5)

日々是遊戯:
名作ゲームが遊び放題! 一日限りの無料ゲーセン「タイトー・ハッピーステーション」
「スペースインベーダー」や「ナイトストライカー」など、タイトーの歴代アーケードゲームがすべて無料で遊べる夢のようなゲームセンターが秋葉原にオープン! ただし1日限定です。(2009/3/27)

和田氏「次の山はタイトーが作る」――タイトー新プロジェクト/新製品発表会
「スペースインベーダー」30周年記念のファイナルイベント「無料で遊べる!タイトー・ハッピーステーション」の実施に合わせて、「タイトー新プロジェクト/新製品発表会」が開催された。(2009/3/26)

App Town ゲーム:
iPhoneを傾けて迷路を脱出――「キャメルトライ -ザ・ラビリンス・オブ・エニグマ-」
タイトーは、iPhoneとiPod touch向けに「キャラメルトライ」のリメイク版「キャメルトライ -ザ・ラビリンス・オブ・エニグマ-」を配信した。価格は600円。無料の「キャラメルトライ Lite」も配信中。(2009/3/11)

ゲーセンの「構造不況」 タイトーが置かれた厳しい状況
スク・エニの和田社長は、ゲームセンター不振の背景に、業界全体の構造問題があると語る。(2009/2/13)

タイトー、ゲーセンで値上げをテスト 100円→120円に
タイトーは2月から、首都圏の一部のゲームセンターで、100円のゲームを120円に値上げした。ユーザーの反応を見るためのテストという。(2009/2/6)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
まるでアクション映画「エレベーターアクション」
この連載が単行本化されました! 現在発売中の「レトロゲームが大好きだ 昭和編」では「スペースインベーダー」など、昭和に発売されたゲームを取り上げています。さて今回は、スペースインベーダーと同じタイトーの「エレベーターアクション」です。(2009/1/20)

タイトー、「電車でGO!函館本線 雪景色編/雪景色SL編」を配信
(2009/1/14)

無料体験版も――タイトー、ドコモ向けに「英雄伝説 空の軌跡FC 序章」を配信
(2008/12/25)

敵キャラが主人公に――タイトー、ドコモ向けに「イース・オリジン 鉤爪の男編」を配信
タイトーは、「イース・オリジン 鉤爪の男編」を11月27日から配信する。原作PC版の第1話と第2話で敵キャラとして登場する「鉤爪の男」が主人公となる。(2008/11/27)

タイトー、au向けに「レインボーアイランド」「まわしてコロン」を配信
(2008/11/21)

ケータイで手軽にクラシックを演奏――タイトー、「直感クラシック」を配信
(2008/11/5)

タイトー、指紋認証による勤怠管理で500万円のコスト削減目指す
タイトーは、指紋認証の勤怠管理システムを導入した。勤怠管理の業務における負担軽減やコスト削減を見込む。(2008/10/31)

東京ゲームショウ2008 タイトーブース:
バブルボールを“ゲッツ!ナイスゲッツ!”「スペース パズルボブル」ゲーム大会
タイトーブースの「スペース パズルボブル」ゲーム大会にダンディ坂野さんが登場し、ゲッツをふりまいた。来場者参加のゲーム大会では、賞品のバブルボールを巡って“5秒”に賭ける熱いプレイが繰り広げられた。(2008/10/12)

東京ゲームショウ2008 タイトーブース:
“ゲッツ”で鍛えた指でガーデニング――ダンディ坂野さん、タイトーブースに現る
(2008/10/11)

東京ゲームショウ2008:
タイトーブースの目玉は「ガーデニング」と「クッキング」!?
「庭」をイメージしたと思われる、ゆったりしたブース構成が特徴だったタイトー。今年の主役はズバリ、「ガーデニング」と「クッキング」だ。(2008/10/11)

東京ゲームショウ2008 タイトーブース:
山ちゃんが料理の腕前を披露――「クッキングママ 2」イベント
タイトーブースに登場したのは、南海キャンディーズの山ちゃん。「クッキングママ 2たいへん!! ママはおおいそがし!」で「きなこもち」を作ってみせた。(2008/10/10)

タイトー、心理・占いサイト「動物キャラナビ」を3キャリアで配信
(2008/9/18)

CMSを採用:
タイトー、ゲームコンテンツなどを紹介するWebサイトをリニューアル
自社サイトをリニューアルしたタイトー。その構築基盤にはアシストのCMS製品が採用された。サイト全体のデザインを統一できるなどの効果があったという。(2008/8/21)

NEWS
タイトーがCMS導入、数千ページの既存Webコンテンツの短期移行を実現
Webサイトコンテンツのリアルタイム更新、Webサイトデザインの統一を目的にCMS導入を検討。数千の既存コンテンツ移行が、専門技術者の常駐支援により短期間で実現した。(2008/8/21)

スペースインベーダー、HMV渋谷に襲来──タイトーとHMVがアニバーサリーコラボ企画
(2008/8/8)

長く丁寧に遊んでもらうために――「ロード オブ ヴァーミリオン」オープニングセレモニー開催
スクウェア・エニックス初のオリジナル業務用ゲーム機「ロード オブ ヴァーミリオン」のオープニングセレモニーが、新宿のタイトーステーションで催された。(2008/6/17)

雨が降っても大丈夫――タイトー直営アミューズメント施設でインベーダーの傘無料貸し出し
タイトー直営アミューズメント施設では、スペースインベーダー30周年記念企画として、スペースインベーダーモデルのビニール傘の無料貸出サービスを実施する。(2008/5/22)

タイトー、モバゲータウンでFlash爆笑RPG「ロードクエスト」配信
(2008/4/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。