ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「薄型テレビ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
薄型テレビ - ITmedia LifeStyle
質問!テレビ・レコーダー →ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でテレビ・レコーダー 関連の質問をチェック

関連キーワード

テレビに“重低音”を追加する「バズーカウーファー」、東芝が単体販売
東芝は、同社製薄型テレビのオプションとして、“バズーカウーファー”「RSS-BA51」を12月上旬に発売する。150Hz以下の低域を再生することで、人の声も聞き取りやすいという。(2017/11/7)

スーファミやセガサターンの画面を鮮明に サンコー「RGB21-HDMI変換アダプタ」
スーパーファミコン、プレイステーション、そしてセガサターン……1990年代の懐かしいゲーム機を現代の薄型テレビに蘇らせるアイテムが登場。(2017/10/19)

オーディオの設計思想をテレビに、新生オリオン電機から「極音」登場
オリオン電機は、液晶テレビの新シリーズ「極音」(きわね)を10月に発売する。オーディオ製品の設計思想を持ち込み、薄型テレビの音質改善に取り組んだ意欲作だ。(2017/9/1)

薄型テレビの音を改善する、安くて効果的な方法
なぜ多くの薄型テレビは音が貧弱なのでしょうか。あまりお金をかけずに音を改善する方法を教えます。ちなみにサウンドバーや台座型スピーカーではありません。(2017/2/4)

場所をとらない洒落たサウンドバー、ソニーが発売
ソニーは薄型テレビ向けのサウンドシステムとして、「HT-MT500」および「HT-MT300」を発売する。インテリアのトレンドにマッチした丸みを帯びた柔らかなデザイン。深みのある暖かなカラーリングを採用したモデルだ。(2017/1/25)

CES 2017:
日本でも販売へ!――ソニーの有機ELテレビ「A1E」を見てきた
ソニーが“有機ELブラビア”「A1E」シリーズをはじめとする薄型テレビ製品群を発表した。それぞれにどんな“ソニーの最新テレビ”なのか、現地で発表された製品を取材して分かったことをまとめてみよう。(2017/1/6)

CES 2017:
LGエレが“壁紙テレビ”を発表――有機ELテレビの新製品「OLED TV W」シリーズ
LGエレクトロニクスが「CES 2017」で薄型テレビの新製品を大量に発表。コンセプトが「“Wallpaper” TV」という、薄くて軽量な「OLED TV W」シリーズも披露した。(2017/1/5)

Will Smart Will-Sign for ブラビア:
家庭用テレビをPCやSTBなしでデジタルサイネージに
ゼンリングループのWill Smartはソニーの薄型テレビ「BRAVIA」をデジタルサイネージとする配信システムの提供を開始した。(2016/11/22)

ヤマハ、高さ11cmの“薄型AVアンプ”にホワイトモデルを追加
ヤマハはネットワーク対応のAVアンプ「RX-S601(W)」を発表した。シルバー系の薄型テレビや、トレンドのホワイトカラー系AVラックなどとの組み合わせに最適だという。(2016/3/22)

「レグザがレグザであり続けるために」――10周年を迎えた東芝レグザの現在と未来
10周年を迎えた東芝の薄型テレビ「REGZA」(レグザ)だが、東芝が構造改革を進める中、「レグザは大丈夫か」という声も多く聞かれる。今回は、10年前から“レグザの顔”として知られる東芝ライフスタイルの本村裕史氏に、レグザを取り巻く状況と今後について話を聞いた。(2016/3/9)

2015年の販売台数、4Kテレビは前年の3.2倍、ハイレゾ対応ヘッドフォンは2倍に――GfKジャパン調べ
AV機器は2015年も薄型テレビやBlu-ray Disk/DVDなどの主要製品で販売数量の減少が継続したものの、4Kテレビやハイレゾ関連オーディオ機器など高付加価値製品の需要は増加傾向にあるという。(2016/2/12)

ボーズ、Bluetoothを搭載した台座型シアターシステム「Bose Solo 15 Series II TV sound system」
ボーズは、薄型テレビの下に設置できる台座型スピーカーシステムの新製品「Bose Solo 15 Series II TV sound system」を発表した。新たにBluetoothを搭載し、スマートフォンやタブレットなどから楽曲再生が行える。(2015/9/25)

4Kテレビは全体の7.4%:
テレビ復調傾向?――JEITAが4月の民生用電子機器国内出荷実績を発表
薄型テレビ全体の出荷台数は33万9000台で前年比109.5%。4K対応テレビは2万5000台で前年比517.9%と急伸した。(2015/5/25)

9000円でテレビをアップグレード:
オラソニックがテレビ用の卵形スピーカーをブラッシュアップ――「TW-D6TV」発売
東和電子は薄型テレビ向けの小型アクティブスピーカー「TW-D6TV」を12月上旬に発売する。卵形のスピーカーや独自のSCDS方式採用デジタルアンプに変更はなく、アコースティックな部分をブラッシュアップした。(2014/11/13)

4Kテレビ、50V型以上の金額構成比で初めて50%を超える――GfK Japan調査
2014年11月第2週、量販店での薄型テレビ販売において、50インチ以上の金額構成比で4Kテレビが初めて50%を超えた。(2014/11/12)

太陽誘電 PMK432AC6477MMなど:
4532サイズで静電容量470μF、太陽誘電の積層セラミックコンデンサ
太陽誘電の「PMK432AC6477MM」と「AMK432ABJ477MM」は、4532サイズ(4.5×3.2×2.7mm)で静電容量が470μFの積層セラミックコンデンサである。PCや4K対応薄型テレビ、複合プリンタなどに搭載される電源回路の平滑用途に向ける。(2014/9/26)

そしてこの表情ですにゃ 薄型テレビの上に登って足をすべらせたネコちゃんの反応がじわじわくる
こんなときどんな顔すればいいか分からないの。(2014/9/9)

薄型テレビ販売は28カ月ぶりに金額ベースで前年比プラスへ、GfK Japan調査
ジーエフケーマーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)が、薄型テレビの国内販売動向および2013年、2014年の市場見通しを発表。(2013/12/17)

薄型テレビの廃プラスチックをリサイクルする技術、シャープが発表
シャープが関西リサイクルシステムズとともに、薄型テレビから回収したプラスチックのリサイクル技術を開発した。耐久性など新品素材と同等の特性を持った再生材が生み出せるようになった。(2013/11/6)

ヤマハ、Bluetoothに対応した小型アクティブスピーカー「NX-B55」
薄型テレビやPCの音を手軽にアップグレードできるパワードスピーカーにBluetooth対応モデルが登場。利用シーンがさらに広がった。(2013/10/16)

東芝「CELL REGZA」で映像が映らなくなる不具合 無償で訪問修理
薄型テレビ「CELL REGZA X1、X2、XE2シリーズ」の一部で映像が映らなくなる不具合。無償で訪問修理を行う。(2013/10/3)

CEATEC 2013:
厚みが約1mmのピエゾスピーカ、薄型TVや携帯端末、車載用途に期待
京セラは、厚みが約1mmと非常に薄いピエゾフィルムスピーカ「スマートソニックサウンド」のデモ展示を行った。「薄型、軽量で指向性が広い」などの特長を持つ同製品は、すでにLGエレクトロニクス製の55インチ有機ELテレビに搭載されている。今後は車載スピーカ用途などにも提案していく。(2013/10/1)

「かつてない輝度と色彩」、東芝からレグザ「Z8/J8シリーズ」登場
東芝は、薄型テレビ“REGZA”(レグザ)の新製品として、「Z8シリーズ」および「J8シリーズ」を発表した。新開発の広色域直下型LEDバックライトで高輝度と広色域を実現。「“Z”の中では間違いなく過去最強」という。(2013/9/25)

薄型テレビ販売は回復基調へ、週次の金額ベースでプラスに転じる――GfK発表
GfKが家電量販店における薄型テレビの販売動向を発表した。9月第1週は、金額ベースで前年同期を上回り、プラスに転じたという。(2013/9/10)

IFA 2013:
“曲面”は薄型テレビの最先端?――サムスンの場合
韓国のSamsung Electronics(サムスン)は、「IFA 2013」で2つの“曲面”薄型テレビを披露した。発表済みの曲面有機ELテレビに加え、4K液晶パネルを湾曲させた「Curved UHD TV」を参考展示。(2013/9/9)

いまだ地デジ特需の反動大きく、薄型テレビ苦戦——GfK Japan調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは8月14日、2013年上半期の家電およびIT市場の国内販売動向を発表した。上半期の薄型テレビは、前年比33%減の320万台。しかし、平均単価の上昇や4Kテレビの増加などプラス材料も。(2013/8/14)

オーディオ処理技術 D級アンプ:
IRのオーディオアンプ開発責任者「D級アンプはAB級を超えた」
モバイル機器、薄型テレビのオーディオアンプとしてのイメージの強い「D級アンプ」。しかし、最近では、100万円を超えるような高級オーディオ機器でもD級アンプが搭載されそのイメージは変化しつつある。D級アンプでプレミアムオーディオ機器市場を切り開いてきたインターナショナル・レクティファイアーのD級アンプ製品開発責任者に聞いた。(2013/7/25)

本田雅一のTV Style:
薄型テレビ購入ガイド、4K液晶とプラズマの“境界線”
4Kという大きなトレンドの中で埋もれてしまっている製品がある。それがパナソニックのビエラ「VT60シリーズ」だ。「4Kじゃないんだよね」ということで影に隠れてしまっているが、総合的な動画画質としては捨てがたい魅力がある。(2013/7/19)

本田雅一のTV Style:
薄型テレビ購入ガイド、大画面は“4Kを生かす新しいシカケ”に注目
50インチ以上の話題といえば、なんといっても4Kテレビだろう。その中には、映画BDなどを再生したとき、解像度の高いパネルを確実に生かすためのシカケを持った製品が存在する。(2013/7/8)

本田雅一のTV Style:
薄型テレビ購入ガイド、個性派ぞろいの40インチ台!
40インチ台で“甲乙つけがたい”のが、ソニーのブラビア「W900Aシリーズ」と東芝レグザの「Z7シリーズ」。ただし甲乙つけがたいのは総合力であって、個々の個性はまったくといっていいほど違う。(2013/7/1)

本田雅一の「TV Style」:
薄型テレビ購入ガイド、30インチ台の傾向とオススメ機種
今回から久々に各メーカーの商品を見ていくことにしよう。まず、トップシリーズが存在しない30インチ台。意外と個性のある製品がそろっている。(2013/6/24)

50インチ以上が全体の1割近くに、4Kテレビも大きく伸長――GfK Japan調べ
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)が家電量販店における薄型テレビの販売動向を発表した。5月は50インチ以上の大画面テレビが数量構成比で9.6%まで上昇した。(2013/6/3)

本田雅一のIFA GPCリポート:
薄型テレビは“プレミアム家電”になれるのか?
イタリアで開催されたIFAの「Global Press Conference」。4K2Kと並び、テレビの産業の立て直しに有効な手段として紹介されたのが、”プレミアム製品”という軸だ。(2013/4/30)

日立の「Wooo」で本格カラオケ、「JOYSOUND.TV」スタート
日立の薄型テレビ「Wooo」向けに、本格的なカラオケを楽しめるサービス「JOYSOUND.TV」が登場。お手本の歌声が入った「ガイドボーカル楽曲」も多数用意。(2013/3/13)

薄型テレビの販売台数、2012年は前年比4割の水準に
GfKによると2012年の薄型テレビの販売台数は前年比4割の水準に落ち込んだ。(2013/2/21)

2012年の薄型テレビ市場規模は6割減、サウンドバーは4割増──GfK調べ
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは2月20日、2012年の家電・IT市場動向を発表した。国内家電小売市場は前年までのエコポイント制度、アナログ停波の反動を受け、前年比11%減の7兆4800億円にとどまる見込み。(2013/2/20)

小さくても無線LAN内蔵、パナソニックが“ビエラ”「X6シリーズ」2機種を発売
パナソニックは、薄型テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、パーソナルサイズながら無線LANを内蔵した「X6シリーズ」2機種を発表した。32V型と24V型をラインアップ。(2013/2/12)

外付けHDD録画も:
ベーシックモデルもスリムデザインに! “ビエラ”「C60/C6シリーズ」
パナソニックは、薄型テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、「C60/C6シリーズ」4機種を3月上旬から順次発売する。(2013/2/12)

パナソニック、北米向けの薄型テレビに「DTS 2.0+Digital Out」を採用
dts Japanは、パナソニックが北米で展開するテレビ製品ラインに米DTSのデコーディング機能「DTS 2.0+Digital Out」を採用したと発表した。(2013/2/1)

意外と新しい:
パッシブなサウンドバー、オンキヨー「D-059LCR」登場
オンキヨーは、薄型テレビ向けスピーカーシステム「D-059LCR」を2月上旬に発売する。サウンドバーのスタイルを採用しながら、アンプを内蔵しないパッシブタイプだ。(2013/1/17)

テレビ周りがこれですっきり!――上海問屋、「薄型TV用 ケーブル収納 オーガナイザー」を11月30日発売
テレビの背面に取り付け、テーブルタップやケーブルなどをまとめて収納できる便利なボックスが、上海問屋から発売される。(2012/12/1)

テレビの背面に取り付け可能:
AVラックまわりのケーブルをまとめて収納――「薄型TV用 ケーブル収納 オーガナイザー」
上海問屋から、テレビ周辺の電源ケーブルや電源タップをまとめる収納ボックスが発売された。テレビの背面に設置できる。価格は2999円。(2012/11/30)

自分の顔も映りません:
「モスアイパネル」搭載、シャープがアクオスの新フラグシップ「XL9シリーズ」を発表
シャープは、薄型テレビの新しいフラグシップモデル“AQUOSクアトロン3D”「XL9シリーズ」を発表した。“蛾の目”の構造を研究して映り込みを防ぐ「モスアイパネル」を搭載した。(2012/10/25)

ビジネスニュース オピニオン:
テレビ業界に新たな脅威、挿し込むだけでテレビを“スマート化”するスティック
薄型テレビに挿し込むだけで、そのテレビを“スマートテレビ化”することができる――。そんなスティック型の製品が登場している。テレビに新しい機能を安価に追加できるという手軽さがある反面、テレビメーカーに深刻な影響を与える可能性も否定できない。(2012/10/18)

PCやテレビにつなぐだけ:
ヤマハ、コンパクトサイズのお手軽パワードスピーカー「NX-50」を発売
ヤマハは、薄型テレビやPCとの組み合わせを想定した小型のパワードスピーカー「NX-50」を11月上旬に発売する。(2012/10/16)

REGZAの高画質技術を採用、タッチ操作が可能に――「フォトパネル 05」
フォトパネルの最新モデルはタッチ操作に対応。直感的な操作で写真や動画を楽しめるようになった。薄型テレビ「REGZA」で培った映像技術も採用している。(2012/10/11)

あ、ぬこさんは乗らないでください:
薄型テレビの上を有効活用──「液晶TV上ボード」
上海問屋で、薄型テレビの上部を有効活用できる台が発売された。価格は3999円。(2012/9/11)

ありそうでなかった:
センタースピーカーをすっきり設置できるAVボード、ヤマハ「DLC-AV1300」
ヤマハエレクトロニクスマーケティングは、単品センタースピーカーをすっきりと設置できるAVボード「DLC-AV1300」を発売する。55V型までの薄型テレビにぴったり。(2012/9/10)

接続は光ケーブル1本:
ボーズ、手軽に薄型テレビの音を強化できるサウンドシステム「Solo TV sound system」
ボーズは、薄型テレビ用のシンプルなスピーカーシステム「Solo TV sound system」を9月7日に発売する。(2012/9/4)

テレビが薄いから民芸品も薄型化しちゃいました
薄型テレビの上にも置ける。そう、「薄型民芸」ならね。(2012/8/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。