ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電車」最新記事一覧

橘十徳の「自腹ですがなにか?」:
もう電車で寝過ごすのは嫌だ! キングジム「めざましイヤホン」を試す
今回紹介するのは、キングジムの「めざましイヤホン」。電車やバスに乗って居眠りをしても、設定した時間になるとイヤフォンの振動で時間を知らせてくれる。音が鳴らないので、周りに迷惑をかける心配も不要だ。(2016/5/23)

いくつ知ってる? iPhoneのフリック入力小技まとめ4選
音声入力も便利だけれど、電車の中や街中での音声入力は恥ずかしい。やっぱりフリック入力が便利。今回は知っておくと便利なフリック入力の裏ワザを紹介します。(2016/5/15)

R25スマホ情報局:
耳の中で振動する目覚ましイヤホン
耳の中で振動するため、職場や電車内などで効果を発揮する。(2016/5/11)

ボールにぶつかるボウリング競技もあるよ! 「路面電車ドライバー選手権」が楽しそう
盛り上がっていて楽しそうです。(2016/5/5)

ニコニコ超会議2016:
やっぱり超会議号は寝台ですよ!――2年ぶりの夜行列車はやっぱりアツかった
萌えるよ583系やっぱり萌える電車寝台。(2016/4/29)

「ラブライブ!サンシャイン!!」メンバー紹介PV&プロフィール公開 9人のスリーサイズも明らかに
ユニットシングルは5月リリース、ラッピング電車運行開始。(2016/4/27)

東京メトロ、ベビーカー事故受け再発防止策 ドア検知精度向上、非常停止合図器とATC連動で自動停止
東京メトロは、電車がベビーカーを挟んだまま走行した事故を受け、再発防止策を公表した。(2016/4/27)

今日もまたIoT技術を積んだJR山手線が走る その目的とは?
JR東日本が運行する電車の利用者数は一日あたり約1710万人。しかし、それだけの顧客数がいるにもかかわらず、一人一人の顔はほとんど見えない。そんな中、個々の顧客サービスを高めるために同社がリリースしたサービスが「山手線トレインネット」だ。実はそのサービスの裏には同社が注力するある技術が活用されているという。(2016/4/27)

世界を「数字」で回してみよう 人身事故(29):
大いなるタブーなのか――人身事故を真面目に検証する
電車を日常的な移動手段にしている者にとって、疲れ果てている時、急いでいる時に発生した人身事故ほど、心が疲弊するものはありません。ですが、声を大にして人身事故を批判することはタブーである、という暗黙の了解が、なぜか存在するのです。今回から始まる新シリーズでは、この「(電車での)人身事故」について、「感情的に」ではなく「数学的に」検証したいと思います。(2016/4/25)

姫路駅名物:
うどんでも日本そばでもない――終戦後から創意工夫を重ねた「えきそば」 
1日10万人弱の乗降客が行き交うJR姫路駅。電車を降りてすぐに目に入るのが「えきそば」の文字。戦後の混乱期から現在に至るまで、駅の利用客から愛され続けてきた「姫路のソウルフード」だ。(2016/4/22)

乗換NAVITIMEの「電車混雑予測」が大幅リニューアル――対象路線拡大や混雑アイコンを表示
ナビタイムジャパンが「乗換NAVITIME」で提供している「電車混雑予測」機能が大幅リニューアル。予測対象路線を拡大し、ルート検索結果上で混雑アイコンを表示する。(2016/4/19)

京阪電気鉄道が「響け!ユーフォニアム」とのコラボ乗車券を発売 開催中のスタンプラリーと一緒にいかが?
ギャラリートレイン、リニューアルしたラッピング電車も登場!(2016/4/19)

ベビーカー引きずり事故、なぜ緊急ブレーキかけられなかった? 見過ごされた4つのチェックポイント
九段下駅で電車がドアにベビーカーを挟んだまま走行した事故があった。車掌はなぜ電車を止められなかったのか。(2016/4/6)

東京メトロとドラえもんがコラボ 鉄道事業の使命をドラえもんが分かりやすく教えてくれるよ!
電車ってどこでもドアだと思う。(2016/3/30)

高所の板渡りや電車の運転をバーチャル体験 バンダイナムコがVRエンターテイメント研究施設を台場にオープン
6種類のVRアクティビティを体験可能。(2016/3/29)

電車で同窓会ができる 西武鉄道が「西武線 同窓会電車」
二次会の場所で下車できます。(2016/3/28)

大容量データを今すぐ送れ!! NURO 光 vs, 自転車 vs, 電車【PR】
光回線インターネットサービスの中でも、速さで定評のある「NURO 光」。そのスピードが本物かどうかを確かめるべく、大容量のデータをソネットからねとらぼ編集部まで送ってみました。(2016/3/28)

東京メトロアプリ、電車の現在地がリアルタイムで確認可能に
東京メトロが、スマホ向けアプリ「東京メトロアプリ」に、電車の走行位置がリアルタイムで分かる機能を追加した。電車の行き先や遅延時間などの詳細も確認できる。(2016/3/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道新幹線、JR北海道のH5系電車が2本しか稼働しないワケ
北海道新幹線がらみのビジネスの話題をお伝えしたかったけれど、私の情報力不足のせいかネタが少ない。そこで、今回は鉄道ビジネスの慣例を1つ紹介しよう。鉄道業界で古くから行われている「物々交換」だ。鉄道会社同士で「ある取引」を精算するとき、資金を移動させない方法がある。(2016/3/18)

PR:土地勘のない場所でも安心――「NAVITIME」を上京女子が使ってみた
筆者は地元佐賀県で仕事をしていたが、今春ついに上京することになった。そんな東京で毎回げんなりするのが電車移動。迷路のような路線図、ダンジョンのような駅、人混みの多い場所やたくさんのビル……。そこで使いたいのが「NAVITIME」アプリ。東京初心者の活用術をリポートしたい。(2016/3/11)

電車になったリラックマがきゃわわ! 「リラックマ×阪急電車」のコラボグッズ第3弾、3月10日に登場!
スタンプラリーやフォトコンテストも実施。(2016/2/25)

R25スマホ情報局:
「他人のLINE覗き見」4割以上が経験
KUROCK NETWORKがLINEのぞき見に関する調査を実施。その結果、電車の中でのやりとりや新着のポップアップなどをのぞいた経験のある人は4割以上ということが分かりました。(2016/2/9)

どうしてそうなった!! 10人の作家陣が広告を1分間で覚えて描きつなぐ「記憶イラストリレー」にツッコミが間に合わない
しりあがり寿さんや、森田まさのりさんらが参加。電車がロールケーキになったり忍者がクマに。(2016/2/8)

蓄電・発電機器:
架線で充電し蓄電池で走る、架線式蓄電池電車が今秋に営業運転開始
JR九州は、気道車に代わる次世代の車両として、架線の電気による走行と搭載した蓄電池による走行を併用できる架線式蓄電池電車「DENCHA」を2016年秋から導入することを発表した。(2016/2/5)

安心してください、肌色ですよ 「とにかく明るい安村」のわりとギリギリっぽいキーボードアプリ登場
電車の中では安心して使えなさそう!(2016/2/3)

ベビーカーの鉄道利用は「悪」か……国推奨「たたまずOK」掲示少なく、理解伸び悩む
国は、電車でのベビーカーを折りたたまず“堂々”と乗ることを推奨しているが、認知度は伸び悩む。専門家からは「配慮を検討すべきだ」との声が漏れる。(2016/2/1)

電気がない区間は蓄電池で走る 非電化区間の次世代車両「819系 DENCHA」、車両デザインをJR九州が発表
エコに優しい架線式蓄電池電車、いよいよデザインが明らかに。(2016/1/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
一円電車から6400キロ超えの弾丸ツアーまで 「鉄旅オブザイヤー2015」をおさらい
旅行会社による鉄道系企画旅行を品評する「鉄旅オブザイヤー」の表彰式が開催された。受賞作品、ノミネート作品から、旅行会社が取り組む市場が見えてきた。それは鉄道、旅に限らず、趣味性の市場に共通のキーワードかもしれない。(2016/1/29)

電車の先頭に雪だるまの装飾 南海電鉄の駅員の遊び心、Twitter民をほっこりさせる
駅員さんが先頭車両の前で何かやっていると思ったら――。(2016/1/27)

週刊「調査のチカラ」:
アイドル市場1186億円、今どきの「オタク」ビジネスはどうなっている?
通勤時間帯を大雪が直撃。電車の運行状況をSNSで知るのも当たり前になりました。そんなTwitterの利用状況からオタク市場まで、今週も「調査のチカラ」で振り返ります。(2016/1/23)

電車の形のコンビニ、山陽電車の板宿駅にオープン
電車型コンビニはローソン初。(2016/1/21)

NEC、満員電車でも潰れないカーボン天板採用の軽量頑強ノート「VersaPro UltraLite タイプVM」など8製品
NECは、第6世代Coreプロセッサを採用したWindows 10搭載ビジネスPC計8シリーズの販売を開始する。(2016/1/21)

駅と電車内の迷惑行為ランキング
日本民営鉄道協会は「2015年度 駅と電車内の迷惑行為ランキング」を発表した。(2015/12/18)

本丸や池田屋が再現! 京都にて「刀剣乱舞-ONLINE- 京の軌跡スタンプラリー」が来年1月23日より開催決定
ラッピング電車も運行予定。これは出陣するしかない……!(2015/12/2)

蓄電・発電機器:
「なまはげライン」をバッテリー電車が走る、架線いらずでローカル線にメリット
JR東日本は秋田県西部の男鹿半島を走る男鹿線に、2017年春から新型の蓄電池電車を導入する。リチウムイオンバッテリーを搭載し、架線が整備されていない非電化区間でも電力を使ってクリーンに走行できる。(2015/11/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ガンダム、ジェット機、スターウォーズ……南海電鉄「ラピート」の革命
南海電鉄は11月21日から、特急ラピート「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号を運行している。元になった車両は関空特急ラピート専用車「50000系」だ。鉄道車両としては異形のデザインに驚かれたかたも多いだろう。この電車は、20年前に登場し、鉄道車両のデザインに転機をもたらした革命児だ。(2015/11/27)

なんだそれやってみたい! 19駅周辺の施設や企業、イベントが登場する「大阪環状線版モノポリー」が発売決定
プレイヤーコマはもちろん電車。「ディープな大阪」を味わえそう。(2015/11/24)

売れなすぎて崖っぷちのお菓子「JACK」が新たな暴挙 列車内をお菓子の匂いで埋め尽くす「食べたくなるトレイン」キャンペーン開始
まさに電車ジャック。(2015/11/19)

北海道を走る貴重な“電車”「はこだてライナー」 来春運行開始
来春運行を開始する「はこだてライナー」。鉄道の電化率が低く、汽車が多い北海道で貴重な電車となります。(2015/11/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
決戦兵器「エヴァンゲリオン」は山陽新幹線を救えるか
11月7日、山陽新幹線に独特な仕様の電車が現れた。かつて東京駅にも発着していた500系電車が、アニメ作品「新世紀エヴァンゲリオン」の主要メカをモチーフに塗装された。このコラボレーションは山陽新幹線にとって大きな意味がある。(2015/11/13)

切符のパンチくずで作った電車のドット絵が圧巻 使った数は15万枚以上、製作職員「もう二度としない」
すげええええええ! これは作業が大変だ!! (2015/11/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2019年、東海道新幹線に大変革が訪れる
JR東海は10月22日、東海道新幹線のN700A追加投入と700系の2019年引退を発表した。東海道新幹線の電車が最高時速285キロメートルのN700Aに統一されると、東海道新幹線に劇的な変化が起きる。それは「のぞみ」所要時間の短縮だけにはとどまらない。(2015/11/6)

ネットは1日25時間:
人間こわい! 「電車内ベビーカー問題」が解決する日は本当にくるのか?
ちょっと長いダイイングメッセージだと思って読んでいただければ幸いです。(2015/10/29)

日立がIoT向けソリューションを強化、車載・屋外対応のデータ転送サービス
日立がIoTシステム基盤の構築ソリューションを拡充。LTEを利用し、大容量のファイルを安定して高速転送できるサービスを開始した。電車や自動車といった車両や屋外における大容量データの収集、送信がより迅速にできるようになる。(2015/10/23)

なんじゃこりゃ! ディテール凝りまくりの内装模型シリーズ「通勤電車(青色シート)」の再現度がやばい
これはワクワクする……!(2015/10/21)

自動運転の無人タクシーが過疎地の老人を救う? 日本の「ロボットタクシー」のコンセプトムービーが海外で話題
電車やバスが廃止された地域で働く「タクシードライバー」のお話。(2015/10/7)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
バッグをソファーの上に置いてはいけない
バッグは、道路、電車、公園、トイレなど、地面に直接置く可能性があります。そういうことに無頓着ではいけません。底に金具があるものは床に置きましょう。(2015/10/7)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「優先席付近では電源オフ」? 携帯電話利用にみるルールのあり方
電車の優先席付近で長らく携帯電話の電源オフが叫ばれてきたが、ようやく緩和された。それでもこの変更に異議を唱える声が少なくない。ルールがどうあるべきか、紐解いてみたい。(2015/10/2)

総合車両製作所とJINSがコラボ 電車窓枠の端材を使用したメガネ販売
これはいいアイデア。(2015/9/17)

スマートシティ:
富士山望む片道21分のローカル線を舞台にしたスマートシティが始動
岳南電車、富士市、NEC、ヒラテ技研は、鉄道用施設を生かしたスマートシティ構築に関する調査を開始する。(2015/9/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。