ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電車」最新記事一覧

阪急電車で「スヌーピー&フレンズ号」運行! 電車カラーのぬいぐるみなどコラボグッズも登場! 10月1日から
スタンプラリーも開催。(2016/8/31)

DENCHA:
電化していない区間を蓄電池だけで走る電車、JR九州が10月に運行開始
JR九州は環境対策の一環で、蓄電池だけで走行できる電車の営業運転を10月に開始する。蓄電池に充電した電力とブレーキ時の回生エネルギーを使って、約10kmの非電化区間を2両編成で運行する。(2016/8/30)

「荷物、旅客電車で運びます」――有楽町線と東武東上線で実証実験
従来のトラック輸送から、旅客鉄道を活用した貨物輸送への転換を想定する実証実験。大手運送会社と鉄道各社が共同実施する。(2016/8/29)

クリエイターSTUDIO Vol.3:
3Dプリンタで電車模型は作れるか!? 大人も子どもも熱中した「鉄道ワークショップ」フォトレポート
ITmedia ニュース主催のリアルイベント「クリエイターSTUDIO」第3弾は、3D CADソフトと3Dプリンタでオリジナル模型を作るワークショップを開催。その模様を写真多めでお届けします。(2016/8/29)

蓄電・発電機器:
電化していない区間を蓄電池だけで走る電車、JR九州が10月に運行開始
全国各地の電化していない鉄道の路線では、石油を燃料にディーゼル車が走っている。JR九州は環境対策の一環で、蓄電池だけで走行できる電車の営業運転を10月に開始する。蓄電池に充電した電力とブレーキ時の回生エネルギーを使って、約10キロメートルの非電化区間を2両編成で運行する。(2016/8/26)

架線がなくても電池で走る“次世代電車”「DENCHA」、JR九州が運行 10月から
線路上に架線がなくても蓄電池で走る「DENCHA」をJR九州が10月から運行。架線がある区間では走りながら充電する。(2016/8/24)

「電車でGO!」アーケード版最新作が来春稼働 全4画面搭載の大型筐体で運転士の仕事をリアルに体験
タイトルは“!”が1つ増えて「電車でGO!!」。(2016/8/9)

「電車でGO!!」20周年でアーケード最新作 3面大型モニターで車窓をリアル再現
タイトーが、電車の運転業務を体験できるアーケードゲーム「電車でGO!!」と、パズルゲーム「連結!電車でGO!!」(iOS/Android)を発表した。(2016/8/9)

3Dプリンタで電車を作ろう! ITmedia ニュース主催「鉄道ワークショップ」開催
夏休みの宿題もまだ間に合う! ITmedia ニュースは読者参加型イベントとして、鉄道ワークショップ「3Dプリンタで電車を作ろう」を開催します。(2016/8/8)

太田智美がなんかやる:
電車にはハンドルがないのになぜカーブを曲がれるのか 東京大学で勉強してきた
東京メトロと東京大学生産技術研究所が開催した「鉄道ワークショップ」で、電車はハンドルがないのにカーブを曲がることを知る。なぜ、そんなことが可能なのか?(2016/8/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「電車には乗りません」と語った小池都知事は満員電車をゼロにできるか
東京都知事選挙で小池百合子氏が圧勝した。小池氏が選挙運動中に発した「満員電車をなくす、具体的には2階建てにするとか」が鉄道ファンから失笑された。JR東日本は215系という総2階建て電車を運行しているけれど、過酷な通勤需要に耐えられる仕様ではない。しかし小池氏の言う2階建てはもっと奇抜な案だ。そして実現性が低く期待できない。(2016/8/5)

東京メトロ、ベビーカー引きずり事故の再発防止策を追加 シミュレーターから実車訓練に
東京メトロが、電車がベビーカーを挟んだまま走行した事故をめぐり、追加の対策を発表。車掌見習い向けの訓練内容の見直し、対応マニュアルの改定などを盛り込む。(2016/8/4)

東京メトロ、行き先表示器を一新 LEDから液晶に変更、情報量アップ
東京メトロがホーム上で電車の行き先を案内する「行先案内表示器」を全路線で一新。(2016/8/3)

「東京湾震源でマグニチュード9.1」緊急地震速報で一時混乱 電車が止まるなどの影響も
速報はすぐにキャンセルされましたが、いまだ混乱が広がっています。(2016/8/1)

SL文化を後世に――東武鉄道、半世紀ぶりSL復活 その勝算と、支援する鉄道8社の思い
東武鉄道が来夏、蒸気機関車(SL)の運行を半世紀ぶりに復活させる。維持には電車と比較にならないほどのコストを要するが、その勝算と、それを支援する鉄道各社の思いとは――。(2016/7/29)

電車でヱビスの生ビールが2時間飲み放題! 西武鉄道が「ヱビスビール特急」開催
経由地は非公開の「ミステリー行路」を運転。(2016/7/14)

「ヱビスビール飲み放題」特急、西武鉄道が運行
西武鉄道とサッポロビールは9月14・15日、ヱビスビールを飲み放題で楽しめるイベント電車を運行する。(2016/7/14)

「NAVITIME」アプリでも「ナビタイムマイレージ」開始――電車の混雑緩和でポイント付与
ナビタイムジャパンは、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」でプレミアムコース会員を対象とした「ナビタイムマイレージ」を提供開始。登録された降車駅の一駅前から歩く「ひと駅歩こう」や「電車混雑リポート」への投稿などでポイントがたまる。(2016/7/13)

バキバキ筋肉に触り放題のイベント「マッスルカフェ」が東京で開催 「筋肉満員電車」など雄々しいメニューも
いい筋肉だ(うっとり)。(2016/7/11)

「わき汗」が気になり、つり革恐怖症になる女性が急増している
「満員電車でつり革がつかめない」「暑いのにジャケットが脱げない」……「わき汗」を気にする女性が増え、制汗剤やパッド付きの肌着などの対策商品が人気となっている。(2016/7/8)

電気自動車:
世界初の「電気道路」がスウェーデンに、架線から電力を受けてトラックが走る
スウェーデンの公道が2キロメートルにわたって「電気道路」になった。道路の上に電車の線路と同様の架線を張り、トラックの屋根から伸ばしたパンタグラフで電力を受けて走行する。化石燃料の削減に取り組むスウェーデン政府と民間企業が共同で推進する世界初の試みだ。(2016/7/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東海道新幹線の新型車両「N700S」はリニア時代の布石
JR東海が東海道新幹線向けに新型電車「N700S」を発表した。最高速度は変わらず、最新技術は省エネルギーと安全性と乗り心地に振り向けられた。さらにN700Sには新たな使命として「標準化車両」というキーワードを与えられている。高品質な車両を国内外問わず提供するという。しかし本音は「東海道新幹線の変化に対応し、その価値を維持する」ではないか。(2016/7/1)

「JR東日本 ポケモン謎解きラリー」が夏休みに開催 電車に乗って謎を解いてプレゼントゲットだぜ!
Suica! 君に決めた!(2016/6/30)

PR:東京から電車で約1時間――「ふるさと納税」にオススメしたい小田原市の魅力とは?
使い道を指定したうえで、好きなタイミングで任意の自治体に寄附できる「ふるさと納税」。今回はiPad mini+独自アプリを入手できる小田原市にスポットを当てたい。小田原といえば小田原城やかまぼこがおなじみだが、他にも知られざる魅力があるのだ。(2016/6/30)

R25スマホ情報局:
歩きスマホで電車に接触 「規制せよ」論高まる
先日、「歩きスマホ」を危険性を感じさせる事件が発生し、「いよいよ規制が必要では?」と、議論になっている。(2016/6/29)

福山雅治そっくり? 「乳首おじさん」仰天素顔にネット騒然
電車内でシャツ越しに自らの乳首をいじる――奇行を繰り返していた男が逮捕された。ネットで「乳首おじさん」として話題を集め、衝撃的な写真が投稿されていた。(2016/6/27)

ロサンゼルス地下鉄の歩きスマホ警告動画がシビア
地下鉄のホームで歩きスマホをしている人が電車に跳ね飛ばされてばらばらになったり、駅員の警告を無視してスケートボードに乗る人がやはり跳ね飛ばされたり──。米Los Angeles Metroの安全キャンペーン動画は、かなりのインパクトだ。(2016/6/24)

京急のドレミファも! 「電車の駆動音」奏でる扇風機をファンが工作 再現度も高いが風圧もマジやばい
電車と同種のモーターと自作のVVVFインバーターを組み合わせた本格的な工作。(2016/6/5)

スタンプクリエイターズ・ファイル:
「電車が詰んだ」「頭金だと思ったのに」――将棋指しのあるある用語を集めた「棋界用語」
「電車が詰んだ」「定跡ですよ」など、将棋指しならではのあるある用語や比喩を集めたスタンプ「棋界用語」。「頭金だと思ったのに」には実はこんな元ネタが。(2016/5/30)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」:
もう電車で寝過ごすのは嫌だ! キングジム「めざましイヤホン」を試す
今回紹介するのは、キングジムの「めざましイヤホン」。電車やバスに乗って居眠りをしても、設定した時間になるとイヤフォンの振動で時間を知らせてくれる。音が鳴らないので、周りに迷惑をかける心配も不要だ。(2016/5/23)

いくつ知ってる? iPhoneのフリック入力小技まとめ4選
音声入力も便利だけれど、電車の中や街中での音声入力は恥ずかしい。やっぱりフリック入力が便利。今回は知っておくと便利なフリック入力の裏ワザを紹介します。(2016/5/15)

R25スマホ情報局:
耳の中で振動する目覚ましイヤホン
耳の中で振動するため、職場や電車内などで効果を発揮する。(2016/5/11)

ボールにぶつかるボウリング競技もあるよ! 「路面電車ドライバー選手権」が楽しそう
盛り上がっていて楽しそうです。(2016/5/5)

ニコニコ超会議2016:
やっぱり超会議号は寝台ですよ!――2年ぶりの夜行列車はやっぱりアツかった
萌えるよ583系やっぱり萌える電車寝台。(2016/4/29)

「ラブライブ!サンシャイン!!」メンバー紹介PV&プロフィール公開 9人のスリーサイズも明らかに
ユニットシングルは5月リリース、ラッピング電車運行開始。(2016/4/27)

東京メトロ、ベビーカー事故受け再発防止策 ドア検知精度向上、非常停止合図器とATC連動で自動停止
東京メトロは、電車がベビーカーを挟んだまま走行した事故を受け、再発防止策を公表した。(2016/4/27)

今日もまたIoT技術を積んだJR山手線が走る その目的とは?
JR東日本が運行する電車の利用者数は一日あたり約1710万人。しかし、それだけの顧客数がいるにもかかわらず、一人一人の顔はほとんど見えない。そんな中、個々の顧客サービスを高めるために同社がリリースしたサービスが「山手線トレインネット」だ。実はそのサービスの裏には同社が注力するある技術が活用されているという。(2016/4/27)

世界を「数字」で回してみよう 人身事故(29):
大いなるタブーなのか――人身事故を真面目に検証する
電車を日常的な移動手段にしている者にとって、疲れ果てている時、急いでいる時に発生した人身事故ほど、心が疲弊するものはありません。ですが、声を大にして人身事故を批判することはタブーである、という暗黙の了解が、なぜか存在するのです。今回から始まる新シリーズでは、この「(電車での)人身事故」について、「感情的に」ではなく「数学的に」検証したいと思います。(2016/4/25)

姫路駅名物:
うどんでも日本そばでもない――終戦後から創意工夫を重ねた「えきそば」 
1日10万人弱の乗降客が行き交うJR姫路駅。電車を降りてすぐに目に入るのが「えきそば」の文字。戦後の混乱期から現在に至るまで、駅の利用客から愛され続けてきた「姫路のソウルフード」だ。(2016/4/22)

乗換NAVITIMEの「電車混雑予測」が大幅リニューアル――対象路線拡大や混雑アイコンを表示
ナビタイムジャパンが「乗換NAVITIME」で提供している「電車混雑予測」機能が大幅リニューアル。予測対象路線を拡大し、ルート検索結果上で混雑アイコンを表示する。(2016/4/19)

京阪電気鉄道が「響け!ユーフォニアム」とのコラボ乗車券を発売 開催中のスタンプラリーと一緒にいかが?
ギャラリートレイン、リニューアルしたラッピング電車も登場!(2016/4/19)

ベビーカー引きずり事故、なぜ緊急ブレーキかけられなかった? 見過ごされた4つのチェックポイント
九段下駅で電車がドアにベビーカーを挟んだまま走行した事故があった。車掌はなぜ電車を止められなかったのか。(2016/4/6)

東京メトロとドラえもんがコラボ 鉄道事業の使命をドラえもんが分かりやすく教えてくれるよ!
電車ってどこでもドアだと思う。(2016/3/30)

高所の板渡りや電車の運転をバーチャル体験 バンダイナムコがVRエンターテイメント研究施設を台場にオープン
6種類のVRアクティビティを体験可能。(2016/3/29)

電車で同窓会ができる 西武鉄道が「西武線 同窓会電車」
二次会の場所で下車できます。(2016/3/28)

大容量データを今すぐ送れ!! NURO 光 vs, 自転車 vs, 電車【PR】
光回線インターネットサービスの中でも、速さで定評のある「NURO 光」。そのスピードが本物かどうかを確かめるべく、大容量のデータをソネットからねとらぼ編集部まで送ってみました。(2016/3/28)

東京メトロアプリ、電車の現在地がリアルタイムで確認可能に
東京メトロが、スマホ向けアプリ「東京メトロアプリ」に、電車の走行位置がリアルタイムで分かる機能を追加した。電車の行き先や遅延時間などの詳細も確認できる。(2016/3/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道新幹線、JR北海道のH5系電車が2本しか稼働しないワケ
北海道新幹線がらみのビジネスの話題をお伝えしたかったけれど、私の情報力不足のせいかネタが少ない。そこで、今回は鉄道ビジネスの慣例を1つ紹介しよう。鉄道業界で古くから行われている「物々交換」だ。鉄道会社同士で「ある取引」を精算するとき、資金を移動させない方法がある。(2016/3/18)

PR:土地勘のない場所でも安心――「NAVITIME」を上京女子が使ってみた
筆者は地元佐賀県で仕事をしていたが、今春ついに上京することになった。そんな東京で毎回げんなりするのが電車移動。迷路のような路線図、ダンジョンのような駅、人混みの多い場所やたくさんのビル……。そこで使いたいのが「NAVITIME」アプリ。東京初心者の活用術をリポートしたい。(2016/3/11)

電車になったリラックマがきゃわわ! 「リラックマ×阪急電車」のコラボグッズ第3弾、3月10日に登場!
スタンプラリーやフォトコンテストも実施。(2016/2/25)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。