ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電車」最新記事一覧

関連キーワード

阪急電車を描き放題 車体色「マルーンいろ」が入ったクーピーペンシルセットが誕生
ペールブルー、あいいろ、おうどいろ、ぎんいろもラインアップ。(2017/10/20)

あの「ことでん」がまたやってくれた 2017年は「自宅踏切設置権」が買える
自宅にホンモノの踏切を設置できるよろこび。11月3日開催のことでん電車まつりで買える。(2017/10/18)

乗客の勇気:
ホーム下に転落、電車到着目前! 救出劇成功させた偶然の奇跡
地下鉄が到着する寸前、アクション映画さながらのギリギリの救出活動は複数の乗客の勇気ある行動により、30秒間で成し遂げられた。(2017/10/12)

ホーム下に転落、電車到着目前! 乗客による「救出劇」成功させた“偶然の奇跡”
地下鉄が到着する寸前、アクション映画さながらのギリギリの救出活動は30秒間で成し遂げられた。視覚障害のある高齢男性が誤って駅のホーム下に転落した際の一瞬の出来事だ。(2017/10/12)

蓄電・発電機器:
鉄道インフラを蓄電池でスリムに、JR東日本が内房線で実証実験
JR東日本は千葉県の内房線内で、鉄道の変電設備のスリム化を目的とした実証実験を開始する。ブレーキ時に発生する回生電力や、電車の位置情報と蓄電池などを活用し、エネルギーを有効活用できるようにする。(2017/10/12)

イモトアヤコ、インドの満員電車でセルフィーに挑戦も散々な結果に 「苦しい」「カレー臭」
今度の挑戦はインドの満員電車?(2017/10/9)

昭和期あった満員電車に客をすし詰めするバイトの名は? 「昭和の思い出ドリル」が平成生まれには難しい
何問わかりますか?(2017/10/2)

小売・流通アナリストの視点:
路面電車を残した地方都市の共通点
クルマ移動が主流となって以降、中心部が空洞化した地方都市は多い。しかし一方で、依然として中心市街地が存在感を維持している街もないわけではない。共通するポイントは「路面電車」の存在である。(2017/9/20)

炎上する車両……相次ぐ電車トラブル “想定外”で身を守る方法は
乗客を乗せたまま屋根から炎を上げる車両、高さ5メートルの高架上で立ち往生したモノレール……。電車をめぐるトラブルが相次いでいる。乗っている時にトラブルが発生したら、どのように身を守ればよいのだろうか?(2017/9/19)

リュックが顔に「ゴッ」 電車でありがちなテロを描いた2コマ漫画に「あるある」と共感の声
知らぬうちに他人の迷惑にならないよう、リュックは前に抱えたり足下に置いたりするといいですね。(2017/9/14)

電気自動車:
電車の回生電力をEVバスに超急速充電、さいたま市で実証へ
住友商事は電車の減速時のエネルギーが生む回生電力を、EVバスに急速充電するシステムの実証を実施する。(2017/9/14)

大阪環状線「オレンジ色の103系」引退記念スペシャルムービー公開 BGMはチャットモンチー「サラバ青春」
48年間、約9億5千万キロを走ったオレンジ電車の旅が終わりを告げます。(2017/9/5)

「電車を遅延させると、高額な損害賠償金」ってホント? 鉄道会社に聞いてみた
うわさではよく聞きますが……。(2017/9/5)

「手と指の位置」記録:
痴漢冤罪、スマホアプリで“潔白”証明
電車内での痴漢は許されざる犯罪だが、痴漢に間違われたらとの不安は電車を利用する多くの会社員らに共通する悩みだ。(2017/9/5)

怖い痴漢冤罪、アプリで“潔白”証明 弁護士対応付き保険も
「痴漢に間違われたら」との不安は電車を利用する多くの会社員らに共通する悩みだ。手と指の動きを記録して“潔白”の証明を手助けしたり、疑われたときに適切な対応をナビゲートしたりするアプリが誕生した。(2017/9/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京都政「時差Biz」は「都民ファースト」ではない
東京都が実施した「時差Biz」キャンペーンを覚えているだろうか。通年キャンペーンだと思ったら、7月11日から2週間のキャンペーンだった。「満員電車を解消するために、2週間の早朝通勤を試してみませんか」という話だ。このキャンペーンで、都民は満員電車から解放されただろうか。(2017/8/25)

撲滅への新たな“武器”は:
「女性専用車両」 痴漢対策に効果なし?
電車内での迷惑行為を防ごうと、各鉄道会社は「女性専用車両」を導入し、広く定着してきた。しかし、痴漢対策効果をめぐって「抑止力にはならない」との指摘がある。(2017/8/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京圏主要区間「混雑率200%未満」のウソ
お盆休みが終わり、帰省先から首都圏に人々が帰ってきた。満員の通勤通学電車も復活した。国も鉄道会社も混雑対策は手詰まり。そもそも混雑の認定基準が現状に見合っていないから、何をやっても成功できそうにない。その原因の1つが現状認識の誤りだ。(2017/8/18)

警視庁が特殊詐欺の「受け子」求人広告に注意喚起 「バイク便・電車便」と称した配達アルバイトとして募集
詐欺に加担することになります。(2017/8/16)

お守りがボロボロになった理由に涙 漫画「おじいちゃんのお守り」にTwitterで感動の声集まる
電車での閲覧注意です。(2017/8/11)

売れ残りの猫ちゃんが出会ったのは…… 漫画「おじさまと猫」に「電車で泣きそうになった」「涙が止まらない」の声
すてきなふたり、すてきな作品にありがとう……!(2017/8/6)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「時差Biz」を成功させるために必要なこと
東京都が2017年7月11〜25日にかけて実施した「時差Biz」――。満員電車を解消するためには何が問われているのか。(2017/7/28)

リタイアは近づくが…:
103系は死なず 支線、ローカル線でまだまだ現役
日本人なら一度は乗ったことがある電車だろう。高度成長期から平成の時代まで、関西や首都圏などの通勤、通学輸送を担った103系は、ローカル線でまだまだ元気だ。(2017/7/26)

ITりてらしぃのすゝめ:
満員電車は危険がいっぱい? 実は深刻なスマホの“のぞき見”
あなたも知らないうちに「ハッキング」をしているかも?(2017/7/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
利益優先?鉄道愛? 鉄道会社の株主総会報道を俯瞰する
「電車の色を変えて」「JR北海道を救って」「あっちの路線ばかり優遇するな」「不採算路線の切り離しを」――これらは鉄道会社の株主の発言だ。株主は会社に投資し、利益の分配を期待する。しかし、株主の中には、利益を生まない改善を要求する提案もある。鉄道会社と株主の関係はどうなっているか。そして今後どうあるべきか。(2017/7/14)

「電車でGO! PLUG & PLAY」2018年2月発売 テレビとHDMI接続で簡単プレイ
価格は税別1万4800円。(2017/7/6)

テレビにつなぐだけ 「電車でGO! PLUG &PLAY」発売 マスコン型のゲーム機
テレビにつなぐだけで「電車でGO!」で遊べる家庭用ゲーム機「電車でGO! PLUG &PLAY」の予約受付が10日にスタート。マスコン型のコントローラーをゲーム機本体として再現した。(2017/7/6)

スピン経済の歩き方:
日本人が「通勤地獄」から抜け出せない、歴史的な背景
暑くなってきたので「満員電車」が辛くなってきた。「働き方改革を実現しよー」「時差出勤をしよー」と叫ばれているのに、なぜ“通勤地獄”は解消されないのか。その歴史をひも解いてみると、意外な事実が……。(2017/6/27)

スマホでのろのろ歩きに、入口に立つけど絶対に降りないマン 電車や駅でイラっとするときのイラストが秀逸
こういう人にずっとイライラしてた!(2017/6/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
あなたが電車内で失った“忘れ物”の運命
梅雨入りを控えて、ということだろうか。阪急電鉄と相模鉄道が、乗客の忘れ物に関するプレスリリースを出した。阪急電鉄は傘の保管期間を短縮するという告知、相模鉄道は2016年度の忘れ物件数が過去最多になったという報告だった。持ち主は忘れていても、忘れ物を預かる側はいろいろ手間がかかる。(2017/6/9)

「就活中?」 電車で声かけ「その会社ならコネがある」と肉体関係要求……卑劣なストーカー男逮捕
ストーカー容疑で逮捕された57歳の男は、大手金融機関の元採用担当者を自称し、就職相談を装って女子大生に近づき、LINEで次々と卑わいなメッセージを送信。繰り返し肉体関係を求めていた。(2017/6/6)

「何を言っても女の意見だけで痴漢が成立する」 平井駅で痴漢冤罪? Twitterで多数の無罪証言も男性は警察に連行
満員電車さえなければ。(2017/6/5)

転生したら『シティハンター』の世界だった! 『今日からCITY HUNTER』が連載開始 作者は『3年B組一八先生』錦ソクラ
電車にひかれて目を覚ますと、あこがれの冴羽リョウが目の前に!(2017/6/7)

え、これ実写使ってないんですか!? 電車が進入する駅ホームのアニメーションが信じられないほどリアル
すべて絵で、3DCGも不使用。(2017/6/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
電車の色にはこんな意味がある
普段、何気なく乗っている電車の色。実はそこにはさまざまな理由や鉄道事業者の思いがある。路線案内という機能だったり、ブランドだったり。色を統一した会社も、自由な色使いができる会社も、それなりの理由があるのだ。(2017/6/2)

眼電位から眠気を推定する技術も:
たった60秒で精神状態を見透かす映像処理技術
東芝情報システムは「運輸・交通システムEXPO 2017」で、顔や頸部の微妙な振動から感情を読み取る技術や、眼球の動きから眠気を検知する技術など、飛行機やバス、電車などの事故や事件を未然に防ぐための技術を出展した。(2017/5/30)

ドコモの「5Gトライアルサイト」が東京スカイツリーにオープン 東武グループと実証実験も開始
東武鉄道とNTTドコモが、第5世代移動体通信(5G)の通信技術を体感できるトライアルサイトを開設した。また両社は新型特急電車「リバティー(東武500系)」を使った実証実験も実施する。(2017/5/22)

痴漢申告された男性が電車に跳ねられ死亡……SNS上で議論に 逃走相次ぐ現状「逮捕までの制度を改めるべき」
これまでにも疑いをかけられた人物の逃走が度々報じられていました。(2017/5/16)

JR東、PC1台がサイバー攻撃被害 ランサムウェア「WannaCry」に感染か
電車の運行システムや利用者向けの案内サービスへの影響はないという。(2017/5/15)

「通い方改革」:
全席指定の通勤電車が浮き彫りにする東西格差
鉄道各社が通勤・通学客向けに全席指定座席の導入を進めている。(2017/5/9)

“禁じ手”:
痴漢を疑われても線路に逃げてはいけない リスクだらけ
東京都内で電車内での痴漢を疑われた男が線路を逃走するケースが今年3月以降、少なくとも7件相次いでいる。(2017/5/1)

痴漢疑われても……「線路に逃げる」はリスクだらけ!
電車内での痴漢を疑われた男が線路を逃走するケースが相次いでいるが、専門家は「逃走するリスクは決して小さくない」と指摘する。(2017/5/1)

京王の新型「5000系」9月デビュー 「座れる通勤電車」対応
まずはロングシートの通常列車として運行を始める。(2017/4/27)

「SPAJAM2017」大阪予選が開催 電車内でエクササイズできるアプリが最優秀賞
4月23日〜24日にかけて「スマートフォンアプリジャム2017」大阪会場での予選が開催された。「電車」というテーマでアプリ開発を行い、最優秀賞は電車内でこっそりとエクササイズするアプリ「電車でEx〜アイツは車内でエクササイズ〜」となった。(2017/4/24)

電車遅延に対する反応は路線によって変わる? 「中央総武線、常磐線はSNSの投稿が長引く」という調査結果
「止まった」「遅れてる」などと投稿するタイミングにも傾向が。(2017/4/20)

電車のヘッドマークを自由にデザイン 駅すぱモールがわたらせ渓谷鐵道他5社の「オリジナルヘッドマーク」を発売
実際に使用したヘッドマークを受け取ることもできます。(2017/4/18)

Suicaペンギンが電車の中から「行ってきます」 たまらなくかわいい定期入れ発見!
欲しい。(2017/4/14)

DDTが「電車プロレス」開催 各駅停車ごとに次の選手が乗車して試合に加わるカオスルール
ドアが空いた瞬間選手がホームに吹っ飛んできそう。(2017/4/7)

座らないんじゃなくて座れない―― 親になって分かった「電車でママが座らない理由」漫画に共感の声
育児経験者あるある。(2017/4/4)

比叡山と鞍馬山の「気」:
斬新なデザインの観光車両、叡山電車にデビューへ
叡山電車に斬新なデザインの観光車両が18年春にデビューする。(2017/4/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。