ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電車」最新記事一覧

“電車を止めないストライキ”をJR東労組が予告 「それって効果あるの?」「これが現代のストか……」の声も
一体どういうこと?(2018/2/21)

「ムカつく電車の行き先選手権」がTwitterで大盛況 津田沼、新金岡、綾瀬が一気に有名駅に!?
「決して意地悪をしているわけではありません」 阪急電鉄【公式】さんもコメント。(2018/2/21)

Yahoo!乗り換え案内に「異常混雑予報」機能が追加 ビッグデータとAIを活用しイベントによる電車の混雑を予測
当日から5日分の混み具合を10分単位で予測。(2018/2/20)

Yahoo!乗換案内、当日から5日分の混雑を予測する「異常混雑予報」を提供
スマートフォン向け乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」はビッグデータを活用し、AIで当日から5日分の電車内や駅の混雑を予測する「異常混雑予報」を提供開始。対象は首都圏の主要26路線で、混雑度を3段階・10分単位で表示するほか混雑する理由も推測する。(2018/2/19)

「Yahoo!乗換案内」に混雑を予測する新機能 ビッグデータとAIを活用 10分単位で予測
「Yahoo!乗換案内」で、電車内や駅の混雑を予測する機能「異常混雑予報」の提供が始まった。ビッグデータとAIを活用して「どの路線でいつ混雑が起きるか」予測し、10分単位、3段階で表示するという。(2018/2/19)

「子連れでも気軽に電車に乗りたい」 電車での殺伐とした出来事を描いた実話漫画に反響
思い出そう、ぼくらはみんな子どもだった。(2018/2/16)

配達が3時間繰り上がる:
和歌山電鐵とヤマト運輸、電車で宅急便輸送
和歌山電鐵とヤマト運輸は、貴志川線の田中口駅〜神前駅間で客貨混載を開始する。配達開始時刻が早まるなど、住民の利便性が向上するという。(2018/2/5)

ローカル線が宅配便を運ぶ「客貨混載」 ヤマト運輸と和歌山電鉄
ヤマト運輸と和歌山電鉄が、電車が乗客と一緒に宅配便を運ぶ「客貨混載」を始める。物流を効率よくする他、ローカル線の新たな収益源とし、路線の維持につなげる。(2018/2/5)

常磐線で昼下がりに:
JR車内で女児出産 「本人」など続々ツイートの異例の展開に
電車内で突然女性が破水し、出産──千葉県内を走るJR常磐線の車内で起こった突然の出来事。(2018/2/2)

JR車内で女児出産も異例なら「本人」はじめ続々ツイートの異例の展開に
電車内で突然女性が破水し、出産――JRの車内で起こった突然の出来事。出産した女性を名乗るTwitterアカウントから居合わせた乗客らに感謝の投稿がなされるなど、異例の出来事は大きな反響を呼んでいる。(2018/2/1)

JR東日本高崎エリアの115系電車、2018年3月に引退 消費促す「ありがとう115系企画」も続々
高崎エリアで約50年間愛された115系。別途、しなの鉄道も「115系臨時記念列車」を運行。(2018/1/16)

約54年の歴史に幕:
JR東「かぼちゃ列車」引退へ 上越線などで活躍
JR東日本 高崎支社が、緑とオレンジで塗装し「かぼちゃ電車」などの愛称でして親しまれた「115系」の定期運行を3月中に終了すると発表。(2018/1/15)

「甘いものが嫌いなお化けもいると理解して」 不老不死、ゴースト、心が読めるなど特殊な人たちの憂鬱な日常を描いた漫画が話題
心が読める少女「(電車内)めっちゃうるせー!!」(2018/1/9)

2022年に開業:
宇都宮LRTの目玉は何か、不安は何か
宇都宮市と芳賀町が計画しているLRT事業が、2022年に開業する。軽鉄道(路面電車など)が走行すれば、街はどのように変化するのだろうか。宇都宮市の吉田信博副市長に話を聞いた。(2018/1/3)

駅と電車内のマナーに関するアンケート結果が発表 「迷惑行為ランキング」で1位となった迷惑行為は?
「喫煙」「車内での化粧」などもランクインしています。(2017/12/23)

「化粧」「飲食」などランクイン:
電車内での「迷惑行為ランキング」、1位は……?
電車内で乗客が「迷惑だ」と感じる行為は?――日本民営鉄道協会調べ。(2017/12/22)

「存在しない行き先表示を撮りたくて……」 「撮り鉄」2少年逮捕 取り調べ中もうれしそうに電車の話
西武新宿線の駅構内に侵入し、電車の表示板に細工したなどとして、鉄道ファンの少年2人が逮捕された。「存在しない行き先表示を撮りたい」と撮影に成功。犯行写真を閲覧した善良な鉄道ファンが鉄道会社に通報し、御用となった。(2017/12/20)

駅に侵入、表示板を細工:
逮捕されてもうれしそうに電車の話 「撮り鉄」2少年が撮影したレア写真
西武新宿線の本川越駅構内に侵入し、電車の表示板に細工したなどとして、器物損壊などの疑いで鉄道ファンの少年2人が埼玉県警に逮捕された。(2017/12/20)

NAVITIME、「終電後に帰れるルート」提供 電車・深夜バス+タクシーのルート
ナビタイムジャパンは、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」のAndroid版で「終電後に帰れるルート」を提供開始。最寄り駅の終電後に電車・深夜バスとタクシーを組み合わせ、料金を抑えて自宅に戻れるルートを検索する。(2017/12/19)

「席譲りアプリ」記者も体験 「妊婦さんが近くにいます」スマホに通知、メトロ銀座線で社会実験
電車内で席に座りたい妊婦と譲りたい乗客をLINEでつなぐ実験が始まった。スムーズに譲ることはできるのか? 記者が実際に使ってみた。(2017/12/13)

航空機の発着情報や電車の位置情報も公開 「公共交通オープンデータコンテスト」開催
公共交通のデータを使ったアプリケーションやアイデアを募るコンテストの募集が始まった。(2017/12/8)

集団痴漢の合言葉は「1902」……埼京線の先頭車両に集まった卑劣な男たち
痴漢情報を交換するネット掲示板を見て集まった男4人が、JR埼京線の電車内で集団で女性に痴漢したとして逮捕された。掲示板ではあくまで「妄想」という体で、痴漢のしやすい車両や、女性の容姿などの情報を交換していた。(2017/12/5)

“体験告白”掲示板:
埼京線 集団痴漢の合言葉は「1902」 先頭車両に集まった卑劣な男たち
ネット上で痴漢情報を交換する掲示板を見て集まった男4人が、JR埼京線の電車内で集団で女性に痴漢したとして、警視庁板橋署に強制わいせつ容疑で逮捕された。(2017/12/5)

同じホームで乗り換えできるルートを表示 「NAVITIME」「乗換NAVITIME」で
ナビタイムジャパンは、「NAVITIME」と乗換案内アプリ「乗換NAVITIME」で「同じホーム乗換」ルートを提供開始。電車の乗り換えを含むルート検索をする際、同じホームでそのまま乗り換えのできるルートがある場合に優先して表示を行う。(2017/12/1)

え!? 電車やバスの運転士さんって「あいさつ返し」しちゃだめなの? 本当のところを確かめてみた
子どもの「しゃしょうさんにけいれいっ」は、微笑ましい光景ですよね……?(2017/12/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
電化路線から架線が消える日
このところ電気自動車の分野で「全固体電池」が話題になっている。リチウムイオン電池より扱いやすく、大容量。高出力。充電も早く良いことばかり。ぜひ鉄道分野でも採用していただきたい。非電化区間だけではなく、電化区間も蓄電池電車にした方がいい。(2017/12/1)

JR埼京線で集団痴漢 4人逮捕 ネットの「痴漢情報掲示板」で集まる?
JR埼京線の電車内で集団で女性に痴漢したとして男4人を逮捕。4人に面識はなく、一部の容疑者の携帯電話に痴漢情報を交換する掲示板の閲覧履歴があった。(2017/11/29)

絵描きさんたちにはこう見えている? 漫画家やイラストレーターの日常での見え方“あるある”が面白い
電車に乗っている時に気になるモノは……?(2017/11/25)

実物大プラレール、本物の線路上に出現
タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」とJR四国の観光電車「鉄道ホビートレイン」がコラボ。実際の線路の上にプラレールを再現した。(2017/11/24)

2位は「電車が遅延すること」:
「通勤電車でイライラすること」 1位は……
通勤電車でイライラすることは?――ビックローブ調べ(2017/11/21)

踏切の異常、AIが検知 運転士へ警告 東急世田谷線で実証実験
東急テクノシステムが、AI(人工知能)が監視カメラの映像から踏切の異常を検知し、付近を走行する電車の運転士などに警告する実証実験を始めた。(2017/11/21)

オリエント急行ならぬオリエント路面電車、大阪の阪堺電車で運行 映画とのコラボ限定車両
モ161型形車166号車が「オリエント急行」カラーに変身。(2017/11/10)

運転士業務も体験可能に:
20周年の「電車でGO!」 最新作が全国で稼働開始
タイトーが「電車でGO!」シリーズの最新作を全国のアミューズメント施設で稼働開始した。(2017/11/7)

最新作「電車でGO!!」きょうから稼働 全国の路線追加も
最新作のアーケードゲーム「電車でGO!!」が11月7日から稼働する。(2017/11/7)

阪急電車を描き放題 車体色「マルーンいろ」が入ったクーピーペンシルセットが誕生
ペールブルー、あいいろ、おうどいろ、ぎんいろもラインアップ。(2017/10/20)

あの「ことでん」がまたやってくれた 2017年は「自宅踏切設置権」が買える
自宅にホンモノの踏切を設置できるよろこび。11月3日開催のことでん電車まつりで買える。(2017/10/18)

乗客の勇気:
ホーム下に転落、電車到着目前! 救出劇成功させた偶然の奇跡
地下鉄が到着する寸前、アクション映画さながらのギリギリの救出活動は複数の乗客の勇気ある行動により、30秒間で成し遂げられた。(2017/10/12)

ホーム下に転落、電車到着目前! 乗客による「救出劇」成功させた“偶然の奇跡”
地下鉄が到着する寸前、アクション映画さながらのギリギリの救出活動は30秒間で成し遂げられた。視覚障害のある高齢男性が誤って駅のホーム下に転落した際の一瞬の出来事だ。(2017/10/12)

蓄電・発電機器:
鉄道インフラを蓄電池でスリムに、JR東日本が内房線で実証実験
JR東日本は千葉県の内房線内で、鉄道の変電設備のスリム化を目的とした実証実験を開始する。ブレーキ時に発生する回生電力や、電車の位置情報と蓄電池などを活用し、エネルギーを有効活用できるようにする。(2017/10/12)

イモトアヤコ、インドの満員電車でセルフィーに挑戦も散々な結果に 「苦しい」「カレー臭」
今度の挑戦はインドの満員電車?(2017/10/9)

昭和期あった満員電車に客をすし詰めするバイトの名は? 「昭和の思い出ドリル」が平成生まれには難しい
何問わかりますか?(2017/10/2)

小売・流通アナリストの視点:
路面電車を残した地方都市の共通点
クルマ移動が主流となって以降、中心部が空洞化した地方都市は多い。しかし一方で、依然として中心市街地が存在感を維持している街もないわけではない。共通するポイントは「路面電車」の存在である。(2017/9/20)

炎上する車両……相次ぐ電車トラブル “想定外”で身を守る方法は
乗客を乗せたまま屋根から炎を上げる車両、高さ5メートルの高架上で立ち往生したモノレール……。電車をめぐるトラブルが相次いでいる。乗っている時にトラブルが発生したら、どのように身を守ればよいのだろうか?(2017/9/19)

リュックが顔に「ゴッ」 電車でありがちなテロを描いた2コマ漫画に「あるある」と共感の声
知らぬうちに他人の迷惑にならないよう、リュックは前に抱えたり足下に置いたりするといいですね。(2017/9/14)

電気自動車:
電車の回生電力をEVバスに超急速充電、さいたま市で実証へ
住友商事は電車の減速時のエネルギーが生む回生電力を、EVバスに急速充電するシステムの実証を実施する。(2017/9/14)

大阪環状線「オレンジ色の103系」引退記念スペシャルムービー公開 BGMはチャットモンチー「サラバ青春」
48年間、約9億5千万キロを走ったオレンジ電車の旅が終わりを告げます。(2017/9/5)

「電車を遅延させると、高額な損害賠償金」ってホント? 鉄道会社に聞いてみた
うわさではよく聞きますが……。(2017/9/5)

「手と指の位置」記録:
痴漢冤罪、スマホアプリで“潔白”証明
電車内での痴漢は許されざる犯罪だが、痴漢に間違われたらとの不安は電車を利用する多くの会社員らに共通する悩みだ。(2017/9/5)

怖い痴漢冤罪、アプリで“潔白”証明 弁護士対応付き保険も
「痴漢に間違われたら」との不安は電車を利用する多くの会社員らに共通する悩みだ。手と指の動きを記録して“潔白”の証明を手助けしたり、疑われたときに適切な対応をナビゲートしたりするアプリが誕生した。(2017/9/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京都政「時差Biz」は「都民ファースト」ではない
東京都が実施した「時差Biz」キャンペーンを覚えているだろうか。通年キャンペーンだと思ったら、7月11日から2週間のキャンペーンだった。「満員電車を解消するために、2週間の早朝通勤を試してみませんか」という話だ。このキャンペーンで、都民は満員電車から解放されただろうか。(2017/8/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。