ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「乗り換え」最新記事一覧

「バスタ新宿」オープン1カ月 1日平均2万人が利用、利用者の満足度・渋滞など改善
「バスタ新宿」はオープン1カ月で58万人が利用。鉄道からの乗り換えが楽になった上、新宿駅周辺の渋滞が改善するなどの効果もあったという。(2016/5/23)

あのキャラに花束を:
君には幸せに笑っていてほしい「くまみこ」のクマ・ナツに学ぶ女子中学生育成術
ほんとうは淋しいんだけど、ボクは応援しているよ。(2016/5/16)

石野純也のMobile Eye(4月25日〜5月13日):
ツートップ、iPhone導入、新料金プラン、「+d」構想――ドコモ加藤社長が4年間で成し遂げたこと
ドコモの社長が加藤薫氏から吉澤和弘氏に交代することになった。加藤氏が社長に就任してからの4年でドコモは大きく変わった。加藤氏の発言や打ち出した施策を振り返っていきたい。(2016/5/14)

5月28・29日は蒸気機関車の旅を満喫! 西武鉄道が「SLパレオエクスプレス」イベントを開催
西武鉄道の本線系統駅からSLが出発するのは、約60年ぶりのこと。(2016/5/6)

セルフィーの実力診断も:
「iPhone SE」発売から1カ月使って実感した長所と短所
これまでと違う“小さいけど高性能”な「iPhone SE」には、発売前からさまざまな反応がありました。落ち着いて、発売から1カ月使って実感した長所と短所を紹介します。(2016/5/1)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
世界で失速するWindows 10 Mobile、日本市場の「熱気」は伝わるか
Windows 10 Mobile市場をリードするべきMicrosoftの「Lumia」シリーズが苦戦中。米国では最上位機種を購入するともう1台もらえるという前代未聞のキャンペーンも始まった。(2016/4/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
羽田空港を便利にする「たった200メートル」の延長線計画
国土交通大臣の諮問機関「交通政策審議会」が、2030年を見据えた東京圏の鉄道計画をまとめた。過去の「運輸政策審議会答申18号」をほぼ踏襲しているとはいえ、新しい計画も盛り込まれた。その中に、思わずニヤリとする項目を見つけた。(2016/4/15)

アプリの強制終了に要注意:
iPhoneのホーム画面を活用する方法7選(iOS 9.3版)
iPhoneを便利に使うには、基本とも言えるホーム画面の使いこなしが欠かせません。(2016/4/7)

水曜インタビュー劇場(迷宮公演):
なぜ新宿駅で「迷う」のか 1日364万人をさばけるワケ
新宿駅で迷ったことがある人も多いはず。プラットホームはたくさんあって、改札もたくさんあって……そんな駅で迷うのは当然と思っていたら「駅の構造を理解すれば、迷うことはない」と言う人がいた。詳しく話を聞いたところ……。(2016/3/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道新幹線、JR北海道のH5系電車が2本しか稼働しないワケ
北海道新幹線がらみのビジネスの話題をお伝えしたかったけれど、私の情報力不足のせいかネタが少ない。そこで、今回は鉄道ビジネスの慣例を1つ紹介しよう。鉄道業界で古くから行われている「物々交換」だ。鉄道会社同士で「ある取引」を精算するとき、資金を移動させない方法がある。(2016/3/18)

PR:メタルボディ+指紋センサー搭載で3万円台――高コスパスマホ「HUAWEI GR5」の魅力に迫る
現在、さまざまなSIMロックフリースマホが発売されているが、中でもオススメしたいのが、「HUAWEI GR5」だ。5.5型のフルHD液晶、メタルボディ、指紋センサーを搭載しながら3万円台という安さを実現。SIMロックフリー端末への乗り換え候補に挙げたい。(提供:ファーウェイ・ジャパン株式会社)(2016/3/18)

PR:土地勘のない場所でも安心――「NAVITIME」を上京女子が使ってみた
筆者は地元佐賀県で仕事をしていたが、今春ついに上京することになった。そんな東京で毎回げんなりするのが電車移動。迷路のような路線図、ダンジョンのような駅、人混みの多い場所やたくさんのビル……。そこで使いたいのが「NAVITIME」アプリ。東京初心者の活用術をリポートしたい。(2016/3/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
迷走する長崎新幹線「リレー方式」に利用者のメリットなし
「長崎新幹線」こと九州新幹線(西九州ルート)は、フリーゲージトレインの開発が遅れて2022年の開業が難しくなった。そこでJR九州が提示した代案が「リレー方式」。列車を直通せずに途中駅で乗り換えを強いるという。そんな中途半端な新幹線はいらない。(2016/3/4)

新幹線で短縮28分:
何のための新幹線? JR九州、長崎ルートに途中で乗り換え案
JR九州は24日、九州新幹線長崎ルートについて、途中の武雄温泉で在来線と新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」で平成34年春に暫定開業させる案を与党に示した。(2016/2/26)

東海道・山陽新幹線 交通系ICカードで乗車できる新サービス導入
2017年夏を目標に導入する。(2016/1/29)

東海道・山陽新幹線、交通系ICカードでチケットレス乗車 2017年夏をめどに
東海道・山陽新幹線の指定席をスマホやPCから予約・購入し、改札に交通系ICカードをかざすだけで乗車できるサービスが、2017年夏に導入予定だ。(2016/1/28)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015:
SIMフリー・Windows 10 Mobile・iPhone 6s Plus――キーワードで振り返る2015年のスマホ
2014年12月〜2015年11月に発売されたスマホ10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015」。SIMロックフリースマホの躍進と、Windows 10 Mobileが話題となった2015年ですが、「iPhone 6s Plus」は審査対象にすら挙がりませんでした。選考委員の皆さんに、これら3点について自由に討論してもらいました。(2015/12/26)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所「キャリアアップ 転職体験談」新春Special 2016:
PR:きのこる先生×辞め美女 もう「クラリスエンジニア」なんて言わせない。しあわせな転職をしたいエンジニア必読の書
ヘッドハンターからの電話に浮かれる梧籐剛が可愛過ぎる後輩 小布施椎子に連れて行かれた先で待っていたのは、エンジニアのキャリアに詳しい、あの人だった!(2015/12/22)

試験終了は31年度までずれ込む見込み:
長崎新幹線は結局、フル規格? フリーゲージ開発に遅れ
開発が大幅に遅れる新型車両「フリーゲージトレイン」に関して、石井啓一国土交通相は、「なんとか調整をして決めさせていただきたい」と述べ、九州新幹線長崎ルートへの投入について、沿線自治体などとの調整を本格化させる考えを示唆した。(2015/12/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ガンダム、ジェット機、スターウォーズ……南海電鉄「ラピート」の革命
南海電鉄は11月21日から、特急ラピート「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号を運行している。元になった車両は関空特急ラピート専用車「50000系」だ。鉄道車両としては異形のデザインに驚かれたかたも多いだろう。この電車は、20年前に登場し、鉄道車両のデザインに転機をもたらした革命児だ。(2015/11/27)

浮気して改めて “良さ”が身にしみた企業も:
PR:クラウド時代に「desknet's NEO」が選ばれる理由
一度導入すると、なかなか乗り換えられない――。長年、そういわれてきたグループウェアの世界に今、変化が起きている。クラウド化に伴ってコストや機能を見直す機運が高まる中、“選ばれ続けるグループウェア”はどんな進化を遂げているのか。(2015/11/9)

秋葉原駅前で女性が道案内のお礼にジュースを手渡す不審行為が話題に 勧誘行為や美人局のうわさも
Twitterで経緯を説明するユーザーは、不審な男性に付けられていたとも報告。(2015/10/28)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「優先席付近では電源オフ」? 携帯電話利用にみるルールのあり方
電車の優先席付近で長らく携帯電話の電源オフが叫ばれてきたが、ようやく緩和された。それでもこの変更に異議を唱える声が少なくない。ルールがどうあるべきか、紐解いてみたい。(2015/10/2)

使ってみれば、まるで別物――iPhone 6s/6s Plusは“スマートフォンを再発明”した
iPhoneは長足の進歩を遂げたが、根幹となるユーザー体験の部分は「初代iPhone」を改善し洗練させていく道程だったのだ。しかし、iPhone 6s/6s Plusに触れて、その状況が変わるのではないかと感じた。「6s」の真価はどこにあるのだろうか?(2015/9/22)

初代iPad miniユーザーは乗り換えたい:
最新「iPad mini 4」をiPad Air 2/iPad mini 2と比較
影が薄い? いいえ、そんなことはありません。(2015/9/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
水害復旧に鉄道の出番なし? 利益優先が国土を衰弱させる
今月の台風18号による大雨は鉄道の被害も大きく、関東鉄道常総線の冠水など復旧の目処が立たない路線がいくつかある。そして各方面の復旧作業が進む中、大量のがれき処理問題が浮上した。東日本大震災のように、鉄道貨物によるがれき輸送は実施されないのか?(2015/9/18)

「インサイトエコノミーの時代」そこにデータを資産とする思想はあるか?:
PR:企業価値向上につながるインサイトをIT技術者はどう提供していけるか
クラウドインフラの活用や企業活動データの蓄積が当たり前となったいま、データをどう使い、どう生かすかが問われる時代になった。企業価値向上につながるインサイト(洞察)を提供するプラットフォームは、データに対する思想抜きに選択することはできない。(2015/9/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
最後の夜行急行「はまなす」廃止でどうなる?
JR北海道が札幌〜青森間を結ぶ夜行急行「はまなす」について、来年3月のダイヤ改正で廃止する方針を固めたという。北海道新幹線の開業や車両の老朽化など承前の事情がある。はまなすの乗車経験から、この列車の実用性を考えてみたい。(2015/9/11)

“ウェアラブル”の今:
第43回 Appleが取り組む「人々の健康」への挑戦 Apple ジェイ・ブラニック氏インタビュー(後編)
Appleはなぜ「Apple Watch」を作ったのか。そこには「健康」という人類共通かつ永遠のテーマに本格的に取り組むAppleの思いがあった。Appleのフィットネス・健康技術のディレクター、ジェイ・ブラニック(Jay Blahnik)氏のインタビューをお届けする。(2015/9/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
信州特急「あずさ」に新車が入ると伊豆特急「踊り子」が快適に?
新型電車の登場は明るい話題としてニュースになる。新しいデザインは未来を感じさせてくれるし、新しい技術はスピードと快適な乗り心地を予感させる。でも、鉄道ファンは新型を歓迎するだけではなく、旧型の行方も気になってしまう。(2015/8/21)

医療IT最新トピック
塩野義製薬、治療タイプが分かる糖尿病患者向けスマホアプリを提供
増加する糖尿病患者の治療には、的確な自己分析や毎日の経過記録が重要。医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/7/22)

PR:これぞ新世代の携帯電話!――LINEもできる「AQUOS ケータイ SH-06G」ってどんなケータイ?
スマホにしたいけどケータイの使い勝手も捨てがたい。でもスマホみたいにLINEやfacebookを使ってみたい……。そんな声に応えるのが、シャープの新世代ケータイ「AQUOS ケータイ SH-06G」なのだ。(2015/7/17)

弥生、クラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」リリース 新ユーザー開拓へ
小規模法人向けクラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」がリリース。同社のクラウドソフトとして初の法人向けだ。(2015/7/7)

WWDC 2015で訴えた人間尊重と文化創造:
Appleの新しい方向性――4つの発表と3つのトレンドを林信行が読み解く
WWDC 2015の基調講演を現地で見た林信行氏がその発表内容からこれからのアップルを読み解く。(2015/6/10)

NTTコム、光コラボモデルに関する調査結果を発表――詳しく認識しているのは1割未満
NTTコム リサーチが「光コラボレーションモデル」に関する調査結果を発表。「ドコモ光」「SoftBank光」といったブランド名の認知は広がっているものの、詳しく認識しているのは1割未満となった。(2015/6/9)

ロボットタクシー:
「Googleに負けない」国産ロボットタクシーは自動送迎だけにあらず
DeNAとZMPが無人自動運転車を導入する「株式会社ロボットタクシー」(仮名)の事業概要について説明した。“乗客のための自動運転”を掲げ、「DeNAはユーザー体験の提供でGoogleに負けているとは思っていない」と独自の付加価値を提供する考えだ。(2015/5/28)

重版決定! 父の日を控え特別企画:
父と娘のマジトーク「お父さん、前よりキモさがアップしているよ」
書籍『お父さんがキモい理由を説明するね』の発売から1年、このたび重版が決まったのを機に、中3になった娘と改めて話し合ってみました。締め付けと放任主義どちらの子育てがいいのか、中3女子にスマホは必要なのか、考える力はなぜ大切か。そして父は結局キモいままなのか……?(2015/5/28)

PR:「NAVITIME」「乗換NAVITIME」「カーナビタイム」はApple Watchと連携すればもっと便利に!
iPhone連携が可能なApple Watchは、「NAVITIME」「乗換NAVITIME」「カーナビタイム」に対応している。どんな機能を搭載しているのか紹介しよう。(2015/5/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本がクルマの自動運転に参入する日が来る?
クルマの自動運転はすばらしい。未来の移動手段だ。しかし、鉄道ファンの私としては心がざわつく。クルマを自分で運転する必要がなく、鉄道並みの安全性と定時性が確保されたら列車は不要になるからだ。(2015/5/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
地下よりも空が最適? 都市型ロープウェーに注目だ
箱根山の噴火警戒レベルが2になって、箱根ロープウェイが全面運休になった。ところで、ロープウェーのメリットは観光地だけではなく、都市でも有効だ。東京都江東区が都市型ロープウェーを提案している。区長は「夢」と言うけれど、意外と良い案かもしれない。(2015/5/8)

次の電車の発車時間をすぐ確認できるApple Watchアプリ『Yahoo!乗換案内』が非常に有能だった
出勤時間、退社時間につぎの電車の時間を毎度確認するのは面倒ですよね。Apple Watchで素早く確認してはいかがでしょうか?(2015/5/5)

「Apple Watch」世界先行レビュー続編:
Apple Watchを使って2週間――林信行の生活はどう変わったか
日々の生活を便利にする実用系アプリや注目のヘルスケア機能を紹介。Apple Watchのおかげで腰痛も軽くなる!(2015/4/17)

脱初心者!スマホの使いこなし講座 第6回:
iPhoneのホーム画面を活用しよう(応用編)
iPhoneを便利に使うには、基本とも言えるホーム画面の使いこなしが欠かせません。応用編の今回は「通知センター」の使い方とカスタマイズの仕方、そしておすすめウィジェットを紹介します。(2015/4/15)

Apple Watch対応が進むiPhoneアプリ 腕でも見やすい?
Apple Watchで機能の一部が利用できたり、Apple Watch用に独自機能を用意したりするアプリが増えています。今回は、第2弾として編集部で確認できたApple Watch対応アプリを紹介します。(2015/4/14)

PR:地図&UI刷新でさらにスマートに――洗練された新しいNAVITIMEの魅力とは?
総合ナビゲーションアプリの「NAVITIME」がこの春、大きくバージョンアップ。iOS版、Android版ともに、さらに使いやすいアプリにリニューアルを果たした。新しいNAVITIMEはどこが変わったのか? その詳細を徹底リポートしたい。(2015/3/30)

iPhoneアプリがApple Watchに続々対応 意外な連携機能も!
一部のiPhoneアプリのアップデート版の中に、「Apple Watch対応」をうたうアプリが出てきました。具体的な機能を紹介しているものもあるので、まとめてご紹介します。(2015/3/27)

杉山淳一の時事日想:
“火中の栗拾い”に立ち向かう――WILLER TRAINSの「京都丹後鉄道」に期待
ピンクの高速バスとして親しまれているウィラーグループが「京都丹後鉄道」として鉄道事業に参入する。それは「ピンクの列車を走らせる」「高速路線バスと連携した観光促進」という単純な話ではなかった。赤字に苦しむ地方鉄道再生の手本になるかもしれない。(2015/3/27)

これって便利? Apple Watchの地図とナビ
iPhoneと連携して利用するApple Watchの注目機能の1つがマップです。iPhoneを取り出すことなく、地図の確認やナビゲーション機能が利用できます。ぜひ動画でその雰囲気を確認してみて下さい。(2015/3/12)

お金もセンス:
「お金美人」になるために……3つのヒント
「お金美人」とは、お金に関してセンスのある人のこと指す。お金との向き合い方やコントロールの仕方がうまく、同じ収入でも、他人より素敵な生活を送ることができる。そんな人っているの? と思われるかもしれないが、今回は「お金美人」になるヒントを紹介しよう。(2015/3/12)

PR:かゆいところに手の届く機能が充実――新生活のお供に「NAVITIME」を入れよう
数あるナビサービスのなかでも人気の高い「NAVITIME」は、有料会員になることでより総合的なナビゲーション機能を利用できる。ルート検索だけでなく、多彩な検索に対応した有料会員向けメニューを使いこなして、新生活を満喫しよう。(2015/2/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。